Calendar

2010年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Recent Comments

« 内部情報流出の時代
メイン
ウィキリークス問題への一考察 »

検察改革はかくあるべし

指宿信氏(成城大学法学部教授)
マル激トーク・オン・ディマンド
第502回(2010年11月27日)
検察改革はかくあるべし
ゲスト:指宿信氏(成城大学法学部教授)

プレビュー

 戦後一度も手が加えられなかった検察制度の見直しが、行われている。11月25日には2回目の「検察の在り方検討会議」が法務省で開催され、具体的な改革議論の骨格が話し合われた。ここで検察のどこを変え、どこを守るべきかをあらためて考えてみたい。

 各国の検察制度に詳しい成城大学の指宿信教授は、検察に権限が集中しすぎたことが、一連の検察不祥事の底流にあるとの見方を示し、特に公訴権の独占と、捜査から公判までチェックが入りにくい特捜部機能、可視化されていない取り調べなどを、喫緊の改革課題として挙げる。

 中でも捜査の透明化は待ったなしだ。日本ではそもそも取調べの段階で23日間という先進国では異常に長期な勾留が許され、その間、取り調べには弁護士の立ち会いも認められない。しかも、取り調べの様子は録音録画されていないため、全ては密室の中だ。その結果作成されるのが検面調書と言われるもので、裁判ではこれが決定的な効力を発揮する。公判段階でいくら自白が強要されたと主張してみても、裁判所はほとんど取り合ってくれないのが実情だ。そうした捜査のあり方が、無理な取り調べや自白の強要の温床となっているとの指摘は根強い。

 また、特捜検察については、特捜が扱う事件は検察という同一組織が捜査から公判まで全てを引き受けることになるため、捜査内容にチェックが入りにくい。ホワイトカラー犯罪を取り締まる何らかの特捜警察的な組織は残すとしても、それは検察から切り離す必要があると指宿氏は言う。

 検察の問題点を検証していくと、検察問題は裁判所も深く関わっていることが見えてくる。長期の拘留も裁判所が令状を出すから可能となっているものだし、検察がいかにおかしな捜査をしようが、裁判所がそれを認めずに無罪判決を下していれば、検察問題はここまで深刻化することはなかっただろう。その意味では、検察問題と並行して裁判所の問題も検証する必要がありそうだ。

 そもそも検察の機能とはどのようなものなのか、検察の改革はどうあるべきか、取り調べの可視化には具体的にどのような制度設計が必要になるかなどを、指宿氏と議論した。

今週のニュース・コメンタリー
•原口条項を削除した放送法改正案が成立
解説:砂川浩慶氏(立教大学准教授)
•2011年1月からNPO寄付税制を導入へ
•柳田法相辞任のもう一つの資質問題


関連番組

緊急特集 揺れる検察の正義

ニュース・コメンタリー (2010年11月20日)
政権幹部の相次ぐ失言が意味するもの

ニュース・コメンタリー (2010年05月29日)
インターネットを政府の規制下に置く放送法改正が衆院を通過

ビデオニュース・オン・ディマンド (2010年01月14日)
総務相が新聞社の放送局への出資禁止を明言

<ゲスト プロフィール>
指宿 信(いぶすき まこと)成城大学法学部教授
1959年京都府生まれ。82年島根大学法文学部卒業。84年金沢大学大学院法学研究科修士課程修了。89年北海道大学大学院法学研究科単位取得退学。91年同法学博士。91年鹿児島大学助教授、00年同教授、02年立命館大学教授などを経て、09年より現職。著書に、『刑事手続打切り論の展開:ポスト公訴権濫用論のゆくえ』、訳書に『極刑:死刑をめぐる一法律家の思索』など。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7548

コメント (7)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。投稿される方は、投稿前に下記のリンクの内容をご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

我々国民が期待した民主党は何処へ行ってしまったのか?小沢前代表を狙った検察は、以後、大阪の村木事件を初め、どれだけの冤罪を作り、それを放置しているのか?民主党はこの1年半、政治と金の、検察、マスゴミのデッチ上げに何か投じたことが有るのか?千葉、柳田、相変わらず自民党時代の流れで人事し、無能な大臣ばかりが据えられる。検察に何か粛正を国民に約束したか?ここから民主党は、官僚に舐められ始めた。外務省、防衛省も何も報告せず、公務員の情報漏えいに対しても何も出来ない。官僚のやりたい放題。国民が期待した公務員改革の入り口さえ、手も付けられあい管政権、是非検察改革を忘れずに、と言っても無理だろうな、と言わしめる無能な政権に成り下がってしまった。支持率1%になっても辞任しない?国民から見放されても自分のプライドだけで?それなら無給でやれば?といいたい。
こんな状況の中、裁判官のダメさを聞くと、もう国民を救う者は居ないと諦めるしかないのだろうか?

オリジナル民主に検察改革なんてできるはずもない。
座長が千葉景子前法相とはどういうことですか。
法相の時何をしてたんですか。
ガス抜きのためだけの検討会は不要です。

雇用!雇用!といってやったのは首相のご子息に政策秘書資格を与えて、菅家の雇用確保をしただけですね。
利益誘導だけが、政治家の本質であることだけはよく分かりました。

どんな職業であれ、其の職業に対する矜持、誇りがなくては、其の職業が貶められたものになってしまう。

特に、公僕である公務員にあって、「誇り」が「お金」に対して優位性を保ち得ないとき、どんどん堕落の道を歩んでいくのを、防ぐ方法などありません。

今検察の問題が大きく取り上げられ其の腐敗振りが報道され、国民の信頼はおちていくばかりです。

今まで官僚の優秀さが、三流政治を救ってきたのです。官僚をたたくばかりでは、建設的ではありません。

腐敗がおきやすい組織を見直し,再度同じ事が起きないようにする事は重要でありますが、もっと重要なことは、官僚のおかれた立場が、矜持と誇りを持てる職業になっているかどうかなのです。

国民は、自分と比較して、優位な立場にある人を批判しますが、其の職業に対して、敬意を持つことも大切です。

お互いに、他を批判し、足の引っ張り合いのような人間性にかけた行動が満ち溢れ、殺伐とした人間関係が、社会を覆い尽くしたならば、誠に住みにくい社会になります。

脱落者がどんどん増え、社会不安が増大していくのではないかと危惧しています。他を批判することも大切ではありますが、それ以上に共存関係を如何に育成するかのほうが、もっと大切だと思います。

米国軍人が犯罪を犯した時に日米地位協定をめぐって両国政府で犯罪を犯した米国軍人を日本の警察に引き渡すと話し合いで決めても、米国軍人が日本の司法制度の前近代性を指摘し人権を盾に日本の警察の取り調べを拒否する現状を目撃した段階で日本人はいいかげんに気が付くべきだった。ましてや政権交代に前後して仕掛けられた?西松・陸山会事件を目撃して、もうはっきりと特捜検察の背中に乗り移っている特務の存在に気が付くべきなのだ。ましてや、第2特捜かと思わずにはいられない改正検察審査会法により新たに誕生した検察審査会のおかしさを目撃して、もういいかげんに我が国の司法制度のおかしさに気が付くべきなのだ。

今の検審の制度では、不法な濫訴を防止できない。
医療行為などが濫訴に晒されると、医療に従事する人がいなくなって医療が崩壊してしまう。
検審を改めるために、諸外国の「予備審問」や「大陪審」を研究する必要がある。

神保さん、宮台さんがジャーナリストとしてがんばっていらっしゃるのはよくわかります。
 先の民主党党首選では菅直人を支持していらしたと記憶しています。
 そして菅直人内閣のていたらく。尊敬する神保さん宮台さんであればこそ小沢よりは菅直人としたことの反省を言葉でハッキリとしめしていただきたいところです。それでこそビデオニュースへの信頼感がますと言うものです。
 まーもちろん今でも小沢より管の方がましだと信じて疑われないのならそうおっしゃていただけばいいだけですが。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

神保哲生(じんぼう・てつお)

-----<経歴>-----

1961年東京生まれ。
15歳で渡米。コロンビア大学ジャーナリズム大学院修士課程修了。
クリスチャン・サイエンス・モニター記者、AP通信記者を経て独立。
ビデオジャーナリストの草分けとして、日米の放送局に映像リポートやドキュメンタリーを多数提供。
2000年1月、世界初のニュース専門インターネット放送局『ビデオニュース・ドットコム』を立ち上げ代表に就任。
2001年4月より『ビデオニュース・ドットコム』で宮台真司氏と人気ニュース番組「マル激トーク・オン・ディマンド」のキャスターを務め、現在にいたる。
2005年4月より立命館大学産業社会学部教授を兼務。
2008年4月より、早稲田大学ジャーナリズム大学 院非常勤講師を兼務。
専門は地球環境問題、開発経済、メディア倫理、日米政治関係。

BookMarks

ビデオニュース・ドットコム(有料会員登録制)
http://www.videonews.com/

ビデオジャーナリスト神保哲生のブログ
http://www.jimbo.tv/

マル激!メールマガジン
↓ ↓ ↓


-----<著書>-----

新刊!
↓ ↓ ↓

『格差社会という不幸』
2009年12月、春秋社、共著


『民主党が約束する99の政策で日本はどう変わるか?』
2009年7月、ダイヤモンド社


『オルタナティブ・メディア―変革のための市民メディア入門』
2008年12月、大月書店、翻訳・解説


『教育をめぐる虚構と真実』
2008年10月、春秋社、共著


『ツバル―地球温暖化に沈む国』
2007年7月、春秋社、増補版


『ビデオジャーナリズム―カメラを持って世界に飛び出そう』
2006年7月、明石書店


『中国―隣りの大国とのつきあいかた』
2007年6月、春秋社、共著


『アメリカン・ディストピア―21世紀の戦争とジャーナリズム』
2003年9月、春秋社、共著


『天皇と日本のナショナリズム』
2006年11月、春秋社、共著


『ネット社会の未来像』
2006年1月、春秋社、共著

『粉飾戦争―ブッシュ政権と幻の大量破壊兵器』
2004年3月、インフォバーン、監訳

『プロパガンダ株式会社―アメリカ文化の広告代理店』
2004年8月、明石書店、解説

『漂流するメディア政治―情報利権と新世紀の世界秩序』
2002年10月、春秋社、共著

『地雷リポート』
1997年11月、築地書館

『ビデオジャーナリストの挑戦』
1995年11月、ほんの木

『重要政策全比較―シリウス・日本新党・平成維新の会』
1993年7月、ほんの木

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.