Calendar

2010年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« オバマの民主党は何に敗れたのか
メイン
内部情報流出の時代 »

マル激の10年で日本と世界はどう変わったか

神保哲生・宮台真司
マル激トーク・オン・ディマンド
第500回(2010年11月13日)
マル激の10年で日本と世界はどう変わったか

 ジャーナリスト神保哲生と社会学者宮台真司が司会を務める『マル激トーク・オン・ディマンド』が、01年の放送開始から500回目の放送を迎えた。

 第1回の放送で菅直人現首相(当時民主党幹事長)が電話出演し、「国民主導で国のカタチを変えていきたい」と抱負を述べていたり、早くも2002年の段階で検察の暴走に警鐘を鳴らすなど、今振り返ると感慨深い番組は数多い。

 初期マル激は、「メディアが機能不全に陥っている」という神保・宮台両名の現状認識のもと、記者クラブ問題などメディア自身の問題が主要なテーマとなった。01年9月の同時多発テロ以降は、テロ事件直後から「アメリカは無罪なのか」という論陣を張り、大手メディアでは報じないオルタナティブな視点から世界や日本のあり方を問う役割を担ってきた。また、先述の検察問題をはじめ、天皇制、同性愛など大手メディアがタブー視してきたテーマを、専門家や当事者を交えて存分に議論し発信してきた。

 しかし、500回を経る間にメディアや政治、社会、そして国際情勢は大きく変化し、かつて確固たる権威として君臨した自民党、特捜検察、大手メディア、アメリカは急速に影響力を失いつつある。また、日本社会にはまだまだ課題が山積していることは、500回のマル激が明らかにしている。それが、一度や二度の政権交代や景気回復程度で簡単に乗り越えられるようなものではないことも、明らかになった。そうした状況の下で、マル激は今、新たな役割を演じる必要性を感じ始めている。それは単にオルタナティブな視点を提供し、現行システムの問題点を指摘したり批判するだけではなく、問題解決に向けた行動を市民が起こすための糸口を提供する役割に他ならない。
 500回の節目を迎えた今回のマル激では、この500回の間に、社会の何が変わり、何が変わらなかったのか。また、その中でマル激は何を報じてきたのか。メディア、検察・司法、政治の各テーマから、特に印象に残る回をVTRで振り返った。土井たか子衆院議員(当時)と宮台氏の憲法バトル、実際にスタジオで試作品を試食した「食品添加物」の問題を論じた回、番外編として、話題になったアイドル論、オタク入門、今年ご逝去された政治学者の小室直樹氏のVTRなどもあらためてご紹介する。
 マル激500回を振り返ると共に、現在のわれわれの課題とは何か。そして、その課題を解決していく際に道筋となるキーワード、501回からのマル激が果たす役割について、神保・宮台両司会が議論した。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7515

コメント (5)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。投稿される方は、投稿前に下記のリンクの内容をご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

過去の十年ではなく、過去一年とここ数日で思い知らされたこと。

1.先程(11/14夕)の日経電子版【枝野幸男幹事長代理:『政治主導』なんてうかつなことを言ったら大変なことになった】
迂闊の上塗りとは此の事だ! 唖然!
未熟が過ぎたら何になる?一日も早く「無」になって政権と与党の座を下りなさい!
その後は心配ご無用、「善き政治家」の糾合が「善き政界再編」を造り出す。


2.APECでの首脳会議の総括:
国益視点は複眼で観て複雑思考で考えることを迫る、其れを遣り遂げるから外交の場で外国が一目置く。
其れには広く深く永い知見の在庫と知的集団の存在が必須になる。単に4百人内閣にしただけでは適えられない。
従って、「善き政界再編」が必須になる。

権力と金は人を変える。
権力を拒絶すればオミットされる。
初志貫徹する事が難しい事が解かる。
しかし、民主主義国家と言うものは権力が変質しなければ国民が望めば権力にも勝利する事が出来る。
マスコミは権力側の存在と知り、国民こそが変わる事が必要なのだ。

このサイトを良く訪れるものです。今日の予算委員会も「昼寝」のご様子ですから、本日は趣向を変えた書き込みします。
白鵬が今、双葉山の記録を塗り替えようとしており、マスコミの対談を目にするようになった。
政治の喧騒やスキャンダルの報道に嫌毛がさしたこともあり、白鳳と松岡修造との対談と相撲道の実技を見て心が洗われた。
実に、堂々とした人格者に育ち、風貌も風格もどっしりしてきた。本人の努力もさることながら、父親はモンゴル相撲のチャンピオン母親はお医者という、育ちの良さが表れており、一服の清涼剤となった。
モンゴルから来日した細身の少年が、相撲史に残る横綱にまで成長した。彼のモットーとするところは「「泰然自若」と「無」だという。後援者の一人から教わった「何事も動じない人間」言葉の意味を必死に念じ、勉強してきた。独身時代に生活した宮城野部屋の4階にある6畳一間の自室には、毛筆でこの「泰然自若」の四字熟語が大きな紙書かれ貼っていた。
「どんな状況に置かれても平常心でいることが大事なんです。それがどれだけ難しいか…。「自分の目標は泰然自若であることです」。このため、自問自答を繰り返し、現在の自身を築き上げ、現在では「無」という境地を大切と思うようになった。「泰然自若」の意味するところは「木鷄」とまったく同じです。ここでも『真理はひとつ』であるという想いを強くしました。

そしてこうも言う、白鵬という力士は、相撲界ではあまり「力持ちでない」しかし、相手の力を利用することにより、勝つことが可能といい、その極意を松岡と実技を行ってみせた。そして相撲は、最初は「意識すること」、それ習慣がつけば「無意識」のうちに体得できるという、これが「無」の境地であるという。モンゴルから来日した細身の少年が、間違いなく双葉山を乗り越えるような、相撲史に残る横綱にまで成長した。
白鳳が目標とする、「昭和の角聖」双葉山は少年時代の負傷が元で右目が半失明状態(5歳の時吹矢が右目に当たったという)だったことや、右手の小指が不自由(事故で2度も右手の小指に重傷を負いその後遺症による)といったハンデを抱えながら、「木鷄」(もっけい=『荘子』にでてくる鍛えられた闘鶏が木彫りの鶏のように静かであるさま)を目標に相撲道に精進し、昭和屈指の大力士となった
双葉山は、約3年ぶりに黒星を喫し、69連勝で止められたにもかかわらず、普段通り一礼をし、まったく表情も変えずに東の花道を引き揚げていった。同ある一番、東方の支度部屋を使っていて、この一番の後の取組の為に土俵下に控えていた横綱男女ノ川は、取組後に「あの男は勝っても負けてもまったく変わらないな」と語っている。

双葉山は、「平成」を命名した安岡正篤と親交があり、連勝が途切れたその日の夜、師と仰ぐ安岡正篤に「イマダモッケイタリエズ(未だ木鶏たりえず)」と打電したという逸話がある。
これには双葉山の言葉を友人が取り次いだものという説もある。同夜、双葉山は以前から約束されていた大分県人会主催の激励会に出席しており、後者の説を採るなら、同会で発せられた言葉であったことになる。70連勝ならずのその夜のことになってしまったため、急遽敗戦をなぐさめる会の雰囲気になったが、いつもと変わらず現れた双葉山の態度に列席者は感銘を受けたという。なお双葉山自身は著書の中で、友人に宛てて打電したもので、友人が共通の師である安岡に取り次いだものと見える、と述べている。
さて、これに比べて、我が国の政府高官および野党の政権奪還との間で、誠に見苦しい大活劇といった葛藤を繰返している。それに加えて口の軽さや人品の卑しさ、白鳳や双葉山の爪の垢でも煎じて飲み、大に反省して自己改革をなし、グレードアップしてもらいたい。このような状態では信用失墜で大切な外交や商談が流れてしまう、ビジネスの世界では通らない話と思う今日だ。政治も人間のなせる技、「無」の境地を体得してほしい。

””自民党が仙谷由人官房長官、馬淵澄夫国土交通相への不信任決議案を衆院に提出した””


すんなり否決とは面白くない。何故、民主党の中の勇気有る議員が不信任案に同調しなかったのか?


こんな内閣を本当にいつまでも続けて良いと思っているのか?


後は野となれ山となれ・・・・・。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

神保哲生(じんぼう・てつお)

-----<経歴>-----

1961年東京生まれ。
15歳で渡米。コロンビア大学ジャーナリズム大学院修士課程修了。
クリスチャン・サイエンス・モニター記者、AP通信記者を経て独立。
ビデオジャーナリストの草分けとして、日米の放送局に映像リポートやドキュメンタリーを多数提供。
2000年1月、世界初のニュース専門インターネット放送局『ビデオニュース・ドットコム』を立ち上げ代表に就任。
2001年4月より『ビデオニュース・ドットコム』で宮台真司氏と人気ニュース番組「マル激トーク・オン・ディマンド」のキャスターを務め、現在にいたる。
2005年4月より立命館大学産業社会学部教授を兼務。
2008年4月より、早稲田大学ジャーナリズム大学 院非常勤講師を兼務。
専門は地球環境問題、開発経済、メディア倫理、日米政治関係。

BookMarks

ビデオニュース・ドットコム(有料会員登録制)
http://www.videonews.com/

ビデオジャーナリスト神保哲生のブログ
http://www.jimbo.tv/

マル激!メールマガジン
↓ ↓ ↓


-----<著書>-----

新刊!
↓ ↓ ↓

『格差社会という不幸』
2009年12月、春秋社、共著


『民主党が約束する99の政策で日本はどう変わるか?』
2009年7月、ダイヤモンド社


『オルタナティブ・メディア―変革のための市民メディア入門』
2008年12月、大月書店、翻訳・解説


『教育をめぐる虚構と真実』
2008年10月、春秋社、共著


『ツバル―地球温暖化に沈む国』
2007年7月、春秋社、増補版


『ビデオジャーナリズム―カメラを持って世界に飛び出そう』
2006年7月、明石書店


『中国―隣りの大国とのつきあいかた』
2007年6月、春秋社、共著


『アメリカン・ディストピア―21世紀の戦争とジャーナリズム』
2003年9月、春秋社、共著


『天皇と日本のナショナリズム』
2006年11月、春秋社、共著


『ネット社会の未来像』
2006年1月、春秋社、共著

『粉飾戦争―ブッシュ政権と幻の大量破壊兵器』
2004年3月、インフォバーン、監訳

『プロパガンダ株式会社―アメリカ文化の広告代理店』
2004年8月、明石書店、解説

『漂流するメディア政治―情報利権と新世紀の世界秩序』
2002年10月、春秋社、共著

『地雷リポート』
1997年11月、築地書館

『ビデオジャーナリストの挑戦』
1995年11月、ほんの木

『重要政策全比較―シリウス・日本新党・平成維新の会』
1993年7月、ほんの木

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.