Calendar

2010年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Comments

« 在沖米海兵隊の抑止力とは何なのか
メイン
脱・脱官僚のすすめ »

鳩山政権は何に躓いたのか-新政権の課題

マル激トーク・オン・ディマンド 第477回(2010年06月05日)
マル激トーク・オン・ディマンド
第477回(2010年06月05日)
鳩山政権は何に躓いたのか-新政権の課題
ゲスト:松井孝治氏(内閣官房副長官)、
    長谷川幸洋氏(東京新聞・中日新聞論説委員)、
    福山哲郎氏(外務副大臣)、
    山口二郎氏(北海道大学教授)

プレビュー

 民主党政権発足から8ヶ月余り。社民党の連立政権離脱の激震も収まらないうちに、今度は鳩山首相が辞任、そして小沢幹事長も辞任した。鳩山首相は2日の辞意表明演説で政権交代の成果を訴える一方、それでも「国民に聞く耳を持たれなくなってしまった」原因として、政治とカネの問題と普天間移設問題の二つを挙げた。

 辞任表明の前日、鳩山首相から直接辞意を伝えられたという松井官房副長官は、辞任の理由として特に首相が強調したのが政治とカネの問題だったと明かす。クリーンな政治を目指して自民党を飛び出し、民主党を結党したはずだったのに、自分と小沢幹事長が抱える政治とカネの問題で国民の指弾を受け、党を窮地に立たせている。このままでは民主党も自民党と同じように見られ、政策の実行もままならない。もう一度民主党の原点を取り戻し、党の再生を図るためには、小沢幹事長と共に辞任するしかない。そう述べた鳩山首相は、スピーチライター役の松井氏が用意する演説原稿を持たずに辞意表明の演説に臨んだという。

 確かに政権与党のトップ2人が政治とカネの問題を抱えたことが、政権の求心力にボディブローのように効いていたことはまちがいないが、鳩山政権を退陣に追い込む決定打となったのは、普天間飛行場の移設問題だった。なぜならば、これが政権のガバナンス(統治)能力を問う問題にまで発展してしまったからだ。

 「鳩山首相は普天間問題に関して、日米安保体制をアジアとの信頼関係の中に位置づけてより深化させるという大きなビジョンの中でが県外・国外を模索していた」。松井氏はこう言って首相を弁護する。そもそも先進国が自国の安全保障を他国任せにした上に、駐留基地を永続的に国内に配置させておくのはおかしいというのが首相の持論。戦後初の政権交代を成し遂げた以上、基地問題の解決を一歩でも前に進めるのが使命であるとして、民主党がマニフェストで落とした「県外移設」をあえて個人の思いとして公言したのが「最低でも県外」という言葉だったという。

 しかし、鳩山政権迷走の内実を追いかけた『官邸敗北』の著者で、東京新聞・中日新聞論説委員の長谷川幸洋氏は、マニフェストにないことを首相が公言したことで政権が迷走するのは目に見えていたと言い切る。長谷川氏によれば、政治とは政策という目標を決定し、その実行に至るまでの工程管理であるという。そのプロセスで対立が生じたり、それを調整するのもまた政治だが、マニフェストという党全体で共有されたものから首相が勝手に踏み出してしまえば、最初から内閣としてのゴールが定まらず、迷走するのも当たり前だというのだ。

 しかし松井氏は、最終的に鳩山政権がつまずいた本質的な原因は、マニフェストを忠実に実行することを優先し、政策を遂行するための制度改革を後回しにしたことだと言う。具体的には、当初は民主党政権の鳴り物入りだったはずの国家戦略局が全く機能しなかったことだ。政権交代とは本来ならば、統治構造の変革を可能にするほどインパクトのあるものであるにもかかわらず、民主党議員の多くが、システム変革に関心を持たなかった。
 首相辞任後わずか2日で菅直人氏が新首相に選出されたが、どのような組閣を行うにせよ、鳩山政権の轍を踏まないために、新政権は真っ先に制度改革に着手すべきだと松井氏は提案する。

 今週はまず、首相の片腕として鳩山政権を支えた松井氏を迎え(Part1)、鳩山政権がどこでつまずいたのかを検証した上で、長谷川氏とともにその議論をさらに深めた(Part2)。

 その上で、福山哲郎外務副大臣をゲストに迎え、鳩山政権の政治主導のあり方などについて議論をした。(Part3)

 さらに、結党時以来民主党のブレーンを務める山口二郎北海道大学教授を迎え、今回の鳩山辞任劇のもう一人の主役である小沢氏に焦点を当て、鳩山政権がなぜ破綻したのかを検証した。

 山口氏は、民主党の政権交代には、自民党的な政治のあり方を変えるという命題と、自民党的な手法に訴えてでも自民党を徹底的に潰すという2つの命題が存在しており、その矛盾を、小沢氏を政権与党内に抱えた鳩山首相が乗り越えられなかったことが政権の破綻につながったと指摘する。

 小沢氏が民主党に何をもたらしたのか、ひいては日本の政治においてどのような役割を果たしたのかについて山口氏と議論した。(Part4)

(今週は特別編成のため、ニュース・コメンタリーはありません。ご了承ください。)


関連番組
プレスクラブ(2010年06月02日)
鳩山首相辞任表明

プレスクラブ(2010年06月04日)
菅民主党新代表就任会見

<ゲスト プロフィール>
松井 孝治(まつい・こうじ)内閣官房副長官
1960年京都府生まれ。83年東京大学教養学部卒業。90年ノースウェスタン大学経営大学院修士課程修了。83年通商産業省(現経済産業省)入省。通商政策局、機械情報産業局、内閣官房内閣副参事官(羽田・村山・橋本内閣)、行政改革会議事務局(橋本内閣)などを経て00年退官。01年参院初当選(京都選挙区)。党政策調査会副会長、ネクスト内閣府担当大臣、参院内閣委員会筆頭理事などを歴任。09年より現職。 著書に『この国のかたちを変える』。当選参院2回。

長谷川 幸洋(はせがわ・ゆきひろ)東京新聞・中日新聞論説委員
1953年千葉県生まれ。76年慶応義塾大学経済学部卒業。89年ジョンズホプキンス大学高等国際問題研究大学院で国際公共政策修士取得。77年中日新聞社に入社。経済部、外報部、ブリュッセル支局長などを経て99年より現職。財政制度等審議会臨時委員、政府税制調査会委員などを歴任。『日本国の正体 政治家・官僚・メディア----本当の権力者は誰か』、『官邸敗北』など。

福山 哲郎(ふくやま・てつろう)外務副大臣
1962年東京都生まれ。86年同志社大学法学部卒業。95年京都大学大学院法学研究科修士課程修了。大和証券、松下政経塾塾生を経て98年参院初当選(無所属)。99年民主党入党。参院環境委員長、党政調会長代理などを歴任。当選2回(京都選挙区)。

山口 二郎(やまぐち・じろう)北海道大学法学部教授
1958年岡山県生まれ。81年東京大学法学部卒業。同年同大学助手。北海道大学法学部助教授を経て93年より現職。著書に『民主党政権は何をなすべきか』、『政権交代論』など。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7000

コメント (11)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

山口二郎様

せっかく小沢さんにかけてみようと思ったのだから、この残り3年と少しも見てみたらいかがですか。
事実として、小沢さんは民主党の党勢を拡大し、政権獲得までやってきました。
この事実を無視するのは間違っています。
60年間のしこり・ウミ・塊を、溶きほぐし、新しい形を作ろうというモノを、たった半年で結論付けるなど、少々乱暴なんじゃないでしょうか。
これからも、綺麗事ではいかない事が、いくらでも出てきますよ。
その度に、綺麗事に帰れ、と云うのでしょうか。
人と云うモノは、常に2面性も3面性も持つものです。
まして、相手は政治家じゃないですか。
綺麗事で何が出来ますか、これほどの混乱はいりませんね。国民にとって不幸な事ですよ。
それを承知で、自民党と官僚機構の既得権益者との戦いを応援したんじゃないのですか。
政策の一部変更は、税収の大幅減少を考えれば、いたしかたない事でしょう。小沢さんは、困ってる鳩山さんに「強面の助け舟」を出したのですよ。

今更小沢を批判するなら、最初から民主党の支持者なんかにならなければ良かった。

私は、そう思います。

宮台君についても、同じ。

政治は汚いよね、渡辺恒三なんかはどう評価するんですか。
神保さん
山口さん
宮台さん
松井さん
長谷川さん
福山さん


今日の世に儚む日日を読んだが、妄想だとは思うが、疑心暗鬼な状態だけにすべてがありそうに思える。憂鬱な日々が続く。

鳩山政権が終わって残念です。28年間米国で暮らしている私の感想は、米国で大統領が変わると、トップ官僚3千人近くが入れ替えられるように、鳩山政権もトップ官僚千人位を入れ変えられなかったのかと思います。長らく自民党政権を作ってきた官僚達を、そのまま使って民主党が維持できるわけがない。鳩山政権のために誰も動かなかったように見えるのです。

<忘恩の輩には崩壊しかない>
政権獲得のため心血を注ぎ、政権政党の器には程遠い同好会政党を政権政党の座に押し上げた。その小沢一郎を恐れる清和会中心の連合での攻撃に、党として一切守る体制を取らず、ましてや弁護士であるにも関わらず、事有る後とに落とし込める言動を繰り返してきた連中である。彼らに偉そうに政治を語る資格はありません。鳩山政権崩壊は自業自得です。「棚ボタ」を口をあけて待っていた連中の責任です。連中が政治の恐ろしさを知るのは是からです。政治はお子様たちが只飴をしゃぶっていて出来るほど甘いものではありません。人の道理が解からず、踏み外している連中の落ちる瞬間の前には思いっきり楽しい出来事が与えられるのです。一つの厳正なる道理です。

今日の枝野進幹事長の記者会見、記者からの質問ではほとんど小沢さんに対するスタンスを聞かれていましたが、しどろもどろに小沢さんを持ち上げていました。じゃあ今までの誹謗中傷は何だったのでしょうか?おそらく幹事長職の想定外の大変さに右往左往しているというのが本音ではないかと思います。小沢さんの協力なくして選挙が仕切れるとは思えません。一度やってみたらいいんですよ。
それから渡部恒三氏の過去の経歴は公職選挙法違反を皮切りに最近の事務所費の虚偽記載で最高顧問を辞めた事実などひどいものです。メディアはこの人に小沢批判をさせて重宝していますがもっとこの事実を知れば視聴者もこの人の言い分を鵜呑みにすることはないはすなんですけどね。私も元株やさんと同じくゲストの方々に渡部氏とそれを利用するメディアについての評価をお聞きしたいです。それともすでに論外と言うことでしょうか?

最後はマスコミも
[政治とカネ]
というワードを多用して事件の本質の説明を避けてましたね。

人材不足、というのも大きかったのではないでしょうか。閣僚の発言を数ヶ月の間、聞いていると、能力不足から官僚を頼り、結局、官僚に取り込まれてしまったような印象があります。

<山口二郎氏に反論する>
小沢的なもの=自民党的とするには、いかにも短絡ではないだろうか?
もともと帝国議会は、地元の名士、農民、商売人様々な職業で構成されていた事を考えれば、大手企業労働組合、マスコミ業界、政治家家業、官界出身者が跋扈する議会構成こそが、民を代表する議会といえるのだろうか?
小沢氏が各業界団体を自民党から引き剥がし、業界団体内候補を立てる事は、当たり前のことである。各業界とはそこに働く人がいて、国民生活そのものだから・・・。
一方、小沢氏が幾度も会食の誘いを断り続けているのは、これこそがザ 自民党の最大支援組織である経団連です。
経団連は、消費税アップ、企業減税、ホワイトエグゼンブション等々、国民生活とは無縁の要求を付きつけ、バックにはアメリカ他の外資が大株主としてついている。
小沢氏の経団連排除は徹底していて、党幹部にも会わない様に要請している。この禁を破ったのが岡田氏、前原氏、仙谷氏、直嶋氏であり、政権交代以前は藤井氏である。
この点で、小沢氏は最も自民党から遠い政治家であり、一方自民党に近い政治家は反小沢の狼煙をあげる政治家達である。
もうひとつ上げるなら、小沢さんに特定の番記者はいない。小沢さん程の大政治家なら、子飼いの番記者の数名がいない事はまったく不思議である。
自民党の大物政治家たちは、番記者と食事をし、時には審議会の委員をあてがってお小遣いを稼がせ、時にはスクープネタを渡したりして、何があっても裏切らない、味方を得ている。
しかるに(私は不器用すぎて、どうにかしろ!と思うのだが・・・)小沢氏は、徹底した合理主義者ゆえ、記者に媚びない、議論を挑む、記者が勉強不足だと相手にしない・・・。記者に対する懐柔策を行わない政治家が、それ故にマスコミを敵に廻し、庇いたてする論説委員もいないとは、全く自民党的ではない。
山口氏の自民党的・民主党的の基準はとても表層的ではないだろうか?

恵美さんの意見に賛同です。
 このままでは、一部の官僚、マスコミ、司法官僚の横暴が白日の元にさらされません。民主党に託された最大の使命は政治の’見える化’であったはずで、真実を公表する努力を怠るのであれば、政治実務未経験者ばかりの民主党を応援する意味がありません。
 素人でも、失敗しても国民に判り易く現状の真実とその問題点を解決する政策の意図、その経過と結果を知らしめることが最大の使命であるし、そのことが今まで続いてきた”よらしむべし、知らしむべからず”の政治から国民参加の政治への転換だったはずです。既得権者のプロパガンダ機関に成り下がったマスコミだけでなく、もっとオープンに積極的な情報発信を新内閣には期待します。

小沢外しとか脱小沢とか言ってますが、
宮台さんではありませんが、
小沢グループ内で総理候補となるような人材はいるのですか?
幹事長や重要閣僚にふさわしい人材もさほど多いとは思えません。
いるなら各ポストについて名前を挙げてください。
前に聞いたけどまともな答えはありませんでした。
私もあまり詳しくないので、素直に知りたいと思っています。


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

神保哲生(じんぼう・てつお)

-----<経歴>-----

1961年東京生まれ。
15歳で渡米。コロンビア大学ジャーナリズム大学院修士課程修了。
クリスチャン・サイエンス・モニター記者、AP通信記者を経て独立。
ビデオジャーナリストの草分けとして、日米の放送局に映像リポートやドキュメンタリーを多数提供。
2000年1月、世界初のニュース専門インターネット放送局『ビデオニュース・ドットコム』を立ち上げ代表に就任。
2001年4月より『ビデオニュース・ドットコム』で宮台真司氏と人気ニュース番組「マル激トーク・オン・ディマンド」のキャスターを務め、現在にいたる。
2005年4月より立命館大学産業社会学部教授を兼務。
2008年4月より、早稲田大学ジャーナリズム大学 院非常勤講師を兼務。
専門は地球環境問題、開発経済、メディア倫理、日米政治関係。

BookMarks

ビデオニュース・ドットコム(有料会員登録制)
http://www.videonews.com/

ビデオジャーナリスト神保哲生のブログ
http://www.jimbo.tv/

マル激!メールマガジン
↓ ↓ ↓


-----<著書>-----

新刊!
↓ ↓ ↓

『格差社会という不幸』
2009年12月、春秋社、共著


『民主党が約束する99の政策で日本はどう変わるか?』
2009年7月、ダイヤモンド社


『オルタナティブ・メディア―変革のための市民メディア入門』
2008年12月、大月書店、翻訳・解説


『教育をめぐる虚構と真実』
2008年10月、春秋社、共著


『ツバル―地球温暖化に沈む国』
2007年7月、春秋社、増補版


『ビデオジャーナリズム―カメラを持って世界に飛び出そう』
2006年7月、明石書店


『中国―隣りの大国とのつきあいかた』
2007年6月、春秋社、共著


『アメリカン・ディストピア―21世紀の戦争とジャーナリズム』
2003年9月、春秋社、共著


『天皇と日本のナショナリズム』
2006年11月、春秋社、共著


『ネット社会の未来像』
2006年1月、春秋社、共著

『粉飾戦争―ブッシュ政権と幻の大量破壊兵器』
2004年3月、インフォバーン、監訳

『プロパガンダ株式会社―アメリカ文化の広告代理店』
2004年8月、明石書店、解説

『漂流するメディア政治―情報利権と新世紀の世界秩序』
2002年10月、春秋社、共著

『地雷リポート』
1997年11月、築地書館

『ビデオジャーナリストの挑戦』
1995年11月、ほんの木

『重要政策全比較―シリウス・日本新党・平成維新の会』
1993年7月、ほんの木

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.