Calendar

2010年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Comments

« 職業政治家には日本は変えられない
メイン
5金スペシャル 映画特集豊かな国日本がかくも不幸せなのはなぜか »

交渉の全てを知る守屋元次官が語る
普天間移設問題の深淵

守屋武昌氏(元防衛事務次官)
マル激トーク・オン・ディマンド
第471回(2010年04月24日)
交渉の全てを知る守屋元次官が語る
普天間移設問題の深淵

ゲスト:守屋武昌氏(元防衛事務次官)

 普天間移設交渉のすべてを知る男が、ついに重い口を開いた。

 鳩山首相が5月末までの決着を約束した普天間移設問題は、依然迷走を続けているが、沖縄とアメリカの双方を満足させられる解決策が事実上あり得ない状況となった今、この問題が政権の屋台骨を根幹から揺るがす事態はもはや避けられそうにない。

 そもそもなぜこのような事態に立ち至ったのかについては、鳩山首相を含む与党民主党の未熟さやブレに非があったことは論を俟たない。

 しかし、自民党政権下で4年余の長きにわたり防衛事務次官を務め、そもそも普天間移設問題の発端となった1995年の沖縄少女暴行事件以来、最前線で沖縄とアメリカ政府との交渉に当たってきた守屋武昌氏は、昨年まで安全保障情報へのアクセスが制約される野党の座にあった民主党が、この問題の複雑さや怖さを理解できていなかったとしても、それを責めることはできないと同情的な立場をとる。それは、「防衛省の天皇」の異名を取るまでに日本の防衛のトップに君臨した守屋氏にさえ、「結局最後まで自分は沖縄に手玉に取られた」と言わしめるほど、この交渉がいかに複雑かつ手強いものだったかを、氏自身が身をもって知っているからに他ならない。

 10年以上も普天間移設交渉に関わってきた守屋氏は、交渉の困難さをしみじみと語るが、中でも驚愕の事実として氏があげるのが、一旦キャンプシュワブ陸上案で決まりかけていた普天間の移設案が、地元沖縄の自治体や経済団体がアメリカ政府を動かすことで、ひっくり返されてしまったことだった。

 守屋氏は当初から、沖縄県内に米軍基地を新設することなど、沖縄県民が許すはずがないとの前提に立ち、普天間の移設先は既存の米軍基地内しかあり得ないと考えていた。そして、嘉手納基地統合案、嘉手納弾薬庫案などを経て、キャンプシュワブ陸上案というものが浮上した。基地の新設にあたらず、しかも海の埋め立てによる環境破壊も伴わないもっとも合理的と思われたこの案で、日本側がほぼ固まりかけていたその時、突如守屋氏の元に、現在の辺野古沖案の元になる、海の埋め立てを前提とする別の案が、アメリカ側と地元沖縄からほぼ同時に提示されたという。

 いくら守屋氏と言えども、地元沖縄と米政府が共に推す案に反対できるはずがない。実はこの案は米軍基地との親交が深い沖縄の自治体や経済団体が、基地の司令官らを説得し、現場の司令官らの要望に応える形で、米政府が正式に推してきた。地元住民との融和を優先する米政府の弱みをついた見事な交渉術だったと守屋氏は苦笑するが、日本政府がベストと考えていたキャンプシュワブ陸上案は、このようにいとも簡単にひっくり返されたのだった。

 こうして、日本政府は困難が伴うことを知りながら、沖縄県の経済団体とアメリカ政府が推す辺野古沖案が、L字案、V字案などの変遷を経て、最終合意案となっていく。

 もともとこの案は埋め立て工事を伴うために、地元の土建業者が潤うという背景があることはわかっていた。、しかし、より大きな問題は、この「辺野古沖」案が、いくつもの無理筋を含んでいることだった。そもそもこれでは基地の新設になり、一般の沖縄県民の反発は必至だった。しかも、埋め立てを伴うため、環境団体などの反対運動に拍車がかかるのも目に見えていた。

 基地の新設にあたるこの案を、沖縄の一般市民が歓迎するはずもない。現行案への根強い反対運動と環境破壊への懸念は、当然のことながら、野党時代の民主党議員たちの耳に入ってくる。そして、この問題の怖さも底深さも知らない民主党は、政権獲得を前に「県外」などというナイーブな公約を打ち上げてしまう。

 鳩山政権が抱える難題の解決方法について「沖縄への思いは人一倍強い」と言う守屋氏は、本当の意味で沖縄の人の利益に叶う対応とは何かを今あらためて考えるべきだと言う。

 沖縄には基地で潤う人と基地に苦しむ人がいて、これまでは主に基地で潤う人が沖縄を動かしてきたと守屋氏は言う。しかし、氏の試算では年間6000億円を超えるという公共事業等を通じて彼らに配分してきたお金を、これからは基地で苦しんでいる個人に直接手渡すような政策が必要だと守屋氏はいう。

 その一方で、防衛当局のトップを務めた守屋氏は、安全保障面でこの問題を甘くみてはいけないと警鐘を鳴らす。

 沖縄は東アジアからインド洋に至る、今やグローバル経済の中心とも言うべき大経済圏の中心的な位置にあり、周辺には数々の不安定な要素が存在する。そのどこかで紛争が起き、経済活動が影響を受けるようなことがあれば、世界経済が壊滅的な打撃を受けることは必至だ。95年に普天間返還を決定した当時、北朝鮮の核開発を東アジアにおける最大の脅威と考えていたアメリカは、9・11以降沖縄の地政学的重要性の認識を新たにしている。そのアメリカは、グローバルな安全保障のためにいち早く展開できる海兵隊を一定規模で沖縄に配備することが必要だと考えているし、それは、アジア全域が望むことでもあると守屋氏は言う。

 鳩山政権は泣いても笑っても5月末までには、一見解が存在しないかに見えるこの連立方程式の答えを出さなければならない。その難問を解くカギを、守屋氏との議論の中に探してみた。

今週のニュース・コメンタリー
・明石歩道橋事件で初の強制起訴
 検察役を務める安原浩弁護士に聞く
・郵政民営化法案のどこが問題なのか
 町田徹氏(経済ジャーナリスト)
・記者クラブアップデート
 検察が記者会見開放を決定

関連番組
マル激トーク・オン・ディマンド 第459回(2010年01月30日)
なぜ普天間問題がこじれるのか
ゲスト:鈴木宗男氏(衆議院外務委員長)
マル激トーク・オン・ディマンド 第465回(2010年03月13日)
マル激スペシャルウィークin沖縄

<ゲスト プロフィール>
守屋 武昌(もりや たけまさ)元防衛事務次官
1944年宮城県生まれ。69年東北大学法学部卒業。日本通運を経て71年防衛庁入庁。防衛施設庁施設部長、官房長などを経て03年事務次官に就任、07年退官。同年11月収賄罪などで逮捕・起訴され、08年11月東京地裁で懲役2年6ヶ月の実刑判決、最高裁に上告準備中。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6876

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 交渉の全てを知る守屋元次官が語る
普天間移設問題の深淵
:

» 【普天間】鳩山政権及び連立与党は一致団結して沖縄県民の期待に応えなければならない!【地位協定】 送信元 ステイメンの雑記帖 
   去る24日、先に鳩山首相を愚弄するコラムを掲載した米ワシントン・ポスト紙が、普天間の辺野古沖移設という現行案を鳩山政権が容認する方針であるという記事... [詳しくはこちら]

» 【与太新聞】売国新聞惨経が安保マフィアの広報紙でありその主張する「保守」は紛い物だ!【普天間】 送信元 ステイメンの雑記帖 
 昨日25日、沖縄で普天間基地の県外・国外移設と不平等極まる地位協定見直しを求める県民集会が行われ、 主催者発表で9万人が参加 した。  ところが、これを... [詳しくはこちら]

コメント (95)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 国民新党の下地幹郎議員(沖縄1区)も同様にシュワブ陸上案を提起してますね。内情をよく解ってのことだったのだろう。

<守屋様>
守屋さんは、キャンプシュワブ陸上案の推進派だったとは、意外です。
報道では、守屋さんは、仲井眞知事や地元業者とゴルフなどを度々していて、沖縄利権に深くコミットしていると書かれていたからです。
日本の報道機関ほどアテにならないものはありませんから、誤報だったのかもしれません。
さて、キャンプシュワブ陸上案について、ですが…。
①確かに新しい基地ではありませんが、陸上は山を切り崩したり、赤土が大量に海に流れ出ると言われています。環境への負荷は大丈夫なのでしょうか?
②キャンプシュワブ陸上案は、守屋さんが言う所の「基地で儲ける人」の為の案ではないのか?下地議員は、キャンプシュワブの山の地主を平野官房長官に逢わせています。また、下地議員自身も地主だとの事。結局、従来の沖縄の基地で儲ける人サイドに立っているのではありませんか?
③沖縄に配備が予定されているオスプレイは、凄まじい騒音を出すと言われています。拓殖大学の森本教授は、陸上案など有り得ない。オスプレイの騒音問題をどうするのか?!と疑問を投げかけている。基地で儲けない一般の住民にとって、最良の選択なのでしょうか?
④そもそも論として、沖縄に残る海兵隊800人程度の役割は、台湾や北朝鮮有事の際に、当該地域において強襲して、港や空港を一時的に抑え、在留米国人を救出するのが、目的と言われています。
つまるところ、日本の防衛には、何ら寄与せず、アメリカの為のアメリカの海兵隊です。その為に、何故沖縄県民が苦しまなければならないのでしょう。属国主義の固まりではありませんか?
などなど、疑問だらけなのです。
機会があれば、お答え頂きたいと思います。

やっぱり、ガセ情報だつたのだ。! 昨日の朝日・夕刊一面トップは、岡田外相が現行辺野古移設案に一部変更を加えたうえで受け入れる考えのあることを米側に伝えたとの記事が出ているので、正直いって驚いた。 沖縄県民集会を明日に控えているというのに・
・。鳩山首相を出し抜いての外相発言は不思議におもえたのである。ワシントン・ポスト紙によると、とはなっているが ? 確たる裏付けあってのことか・・。誤報であれば直ぐに判るというのに。
 朝日の民主党連立政権への報道姿勢には前々から不愉快であったが、改めて幻滅を感じた。  今日3時からの県民大会"沖縄の声"
が見物である。

沖縄に米軍施設が引き続き残る事に個人的には賛成しかねます。旧日本が台湾を支配下に置いたのは50年程と聞いております。そこには今でも日本の面影が多く残っております。沖縄は米軍が駐留してから70年目がすぐそこまでやってきております。軍の施設や要員を介して血縁のつながりが深まっております。家族があり生活があります。沖縄の行政の予算は軍施設およびそれに関わる地方交付税が大きな部分を占めていると聞いております。
確かに軍備に対しては神経質であるべきですが、沖縄県の経営が軍関連を無視しては立ちいかない現実も考えなければいけないと思います。物言う否定派と物言わぬ肯定派は、今では腫れ物に触るように感じております。本土の方々は嘗ての沖縄戦を神聖化して純粋に反対を叫んでおりますが、しかし私たち島人には現実の生活があるのです。過去を瞬時にゼロにオフセットせよとのメディアの論調は現実を知らせようとしない哀しい言葉に感じます。
物言うみなさんには厳しい沖縄生活を体験する事をお勧めします。南国のパラダイスとは観光用語でしかないことを味わって下さい。
そしてこの島で生きる事の難しさも。

hal2001 様のご意見に賛同します。
守屋氏は防衛官僚の発想そのもので、未だその域を一歩も超えられずにいらっしゃいます。先ずは「アメリカ様」「米軍基地」ありきの発想が伝わってきます。特に海兵隊の沖縄配備の必要性についてのご認識は、近未来を含めた現在のアジア情勢からみて、海兵隊に対する守屋氏の認識に違和感を覚えざるをえません。
おそらく防衛省に限らず他省庁の官僚も、同じような柔軟性のない思考を持って事にあたっているとすれば、民主党内閣も大変なことがよく分かります。

[hal2001] 氏 ( 2010 年4月25日 09:08) の反論のほうにリアリティを感じるのは, 否めない。 しかも, 崩壊した自民党ではない政権与党の民主党の鳩山首相は 「辺野古の海が埋め立てられる事は, 自然に対する冒涜である。 あそこに立った人は, 誰しも, あの海が埋め立てられたら, たまったもんじゃない, と感じた, と思う」 (発言要旨) と言明したからである。 またキャンプ・シュワブ陸上案は, 沖縄県民こぞっての反対運動と, オスプレイの騒音問題等でも不可能である。 結局は, 北マリアナ連邦の下院議会による来る27日の, 米軍普天間飛行場の移設先の最適地として, 北マリアナを検討するよう求める, という趣旨の上院議会同様の誘致決議に期待するしかないだろう。 そしてこの案が最良にして, 最善である事は, 論を待たない。

<事務局様>
hal2001様のコメントが削除されたのは、何故ですか?合理的な理由はあるのでしょうか?
確かに氏の投稿は「べらんめぇ調」で、守屋氏に対する失礼な言葉も散見されましたが、論点も明白であり、読むに値するものと私は思いました。
勿論、編集権はTHE JOURNALにあり、口を挟む事は失礼かと思います。
しかし、それを踏まえた上で、あえて申し上げます。多少の筆の滑りはあろうと、議論を深める可能性のあるコメントは、削除しないで頂けないでしょうか?
<ちゅら様>
沖縄で暮らす厳しさを教えて頂きありがとうございます。
とかく、理論が先走りがちな基地問題ですが、そこで暮らす沖縄の方々の生活を置き忘れた議論は、机上の空論にすぎません。
基地がなくても生活が成り立つ様にするのも、また政治です。私自身「政治とは生活そのものである」との基本を忘れない様にしたいと気付かされました。
また、沖縄島人の生の声を教えてください。

>em5467-2こと恵美

ご指摘ありがとうございます。ただ、削除基準に明記してありますように、記事執筆者(ゲスト含む)や他のコメント投稿者に対する失礼な言動は、すばらしい意見であっても削除するようにしています。匿名・仮名のコミュニティーであるからこそ、現実社会のコミュニティー以上に他者に対する心配りをしていただかない限り、ネット上での議論は深まらないだろうと考えているためです。もちろん異論・反論は自由ですので、コメントの内容によって削除することはありません。ご理解・ご了承のほどよろしくお願いいたします。

[hal2001] 様

《THE JOURNAL》編集部 に削除されたコメントを, 意に反して苦痛でしょうが, 要旨だけに絞って, 再投稿して頂けませんでしょうか。 そうでないと, あなたを支持する投稿者達のコメントが, 無駄になります。 守屋武昌氏に対する鬱憤は, 別なところで晴らしてください。 勿論, あなたの鬱憤にも同感した読者, 投稿者はいたし, いるはずです。

<事務局様>
さっそく、ご回答を頂きありがとうございました。
あくまでも、編集権はTHE JOURNAL編集部様にあります。
編集部様のご指摘を基準に、コメントを書いていこうと思います。私は度々、筆が滑りますので…。

大変、ナイーブな問題になりつつある普天間問題、全国民が関心を持つに至っています。

見方を変えれば、本問題が日米双方のマスメディアにより、利権に与る人でなく、沖縄県民の生の反対意見がクローズアップされ、普天間問題に全国民の関心が高まり、本問題の全貌を知らしめることとなったことは、政権交代した民主党、そして鳩山政権の大きな成果であり、旧自民党政権下では決して成し得なかった事であることは間違いないのではないでしょうか。

以上のことが、問題解決の良き流れに動いていく駆動力になることを願わずにおれません。

このような大きな国民の関心事に対し、現在は昔と異なり、国会、米国大使館前でのデモ行進につながったように思いますが、いまでは、ネットを解したブログ、ツイッター、掲示板等々のIT技術に置き換わったと見るべきでしょうか。

「普天間移設交渉のすべてを知る男」が、「昨年まで安全保障情報へのアクセスが制約される野党の座にあった民主党が、この問題の複雑さや怖さを理解できていなかった」と言うところから、守屋氏は、怪しすぎる。

海上基地にまとめていったのが、小渕政権であり、その時連立していた自由党党首は、小沢一郎である。小沢氏は、普天間の問題を、当初から知っていたはずである。

また、「そもそもなぜこのような事態に立ち至ったのかについては、鳩山首相を含む与党民主党の未熟さやブレに非があったことは論を俟たない」、とする神保氏に対しても全く同意できない。

普天間の問題は、それこそ15年越しの問題であり、鳩山首相が、谷垣自民党総裁に、「杭一本打てていないではないか」、と指摘したように、自民党政権で移転先を決めたことと、これから移転完了できることとは全く違う。むしろ、いざ着工ともなれば、成田のような抵抗闘争さえ起きかねない状態で、まさか神保氏まで、「寝たままにしておけばよかったものを、鳩山が寝ていた子を起こした」、とでも言いたいのだろうか。

それから「政権の屋台骨を根幹から揺るがす事態はもはや避けられそうにない」、と言うが、鳩山首相が沖縄県民の負担軽減のために県外移設を打ち出して、それに対しどこか沖縄県民の負担を少しでも引き受けようとした所はあったのか。それは、政権だけの責任なのか。

鳩山首相が期限を切ったことは、国民にも問うていることだ。5月末になったら、アメリカに「米軍基地は要らない、と言うのが日本国民の意思であり、その意思にしたがって決断します」、と鳩山首相は答えればいいだけだ。これまで主張してきた駐留なき日米安保に一歩近づく。

逆に日米同盟の危機を叫ぶ自民党は、地元議員含め徳之島住民を説得するどころか、反基地闘争に立ち上がってしまった。普天間問題で足を引っ張ることしかできない自民党こそ、党の安全保障政策の屋台骨が根幹から既に折れてしまっている。

今日の「米軍普天間飛行場の県内移設に反対する沖縄県民大会」だが、(民主党)政府に対してイエローカードを突きつけるということで、黄色をテーマカラーにしているとマスゴミ報道は書いている。しかし、このイベントの本質は、

・旧自民党・公明党連立政府、そしてなによりも米軍に対してのレッドカード

なのではないだろうか???
このイベントの実行委員会および報道マスゴミの感覚はズレていなか?

日本の防衛のためとの大義名分で沢山の基地を沖縄に置くのはどう考えてもおかしい。戦闘状態に有るのなら分かるが、今は平和な時です。本当に日本を守るなら日本海側の佐渡島や能登半島に基地を作るべきでしょう。沖縄の基地は日本を守る為の基地でなく、アメリカの世界戦略の為の基地です。

日本にとって【普天間の海兵隊は、必要か】、権威ある世論調査を実施すべきです。

自公政権以来の、【アメリカの海兵隊が、日本の防衛にとって必要である】と考えるから、では何処へ移転するか、その場その場の議論が、事態の混乱を招いているのです。

真実、アメリカの海兵隊が日本にとって必要なのか、様々な識者の意見を聴取して、新聞社は、いや政府当局は【大規模な世論調査】を実施すべきです。
決して、アメリカの世界戦略の必要から、海兵隊の存続を容認するものであってはなりません。
まして、海兵隊存続による一部個人の利害から、存続を望む議論に振り回されてはあってはなりません。

その厳正な【世論調査の結果】を持って、納得できる日本国民の態度を決める必要があります。

野党と化した自民党ほか、その他の乱立新党も、アメリカの海兵隊を必要と考えるなら、その主張を明確に示す必要があります。

来る参院選挙で、自民党ほか乱立新党は【アメリカの、海兵隊は必要である】と、明確な意思を国民に示さなければなりません。

「アメリカの海兵隊はいらない」と言うのは結構。
だったら、その代わりになる「日本の海兵隊」をどうやって配備するか。
憲法をどう改正するのか、予算はどうするのか。その辺を示してほしい。

「海兵隊的なものはいらない」とおっしゃる方、それなら中国の日本に向けられている核ミサイルを、

いつまでに

撤去させるのか、具体的な道筋を示して欲しいですね。そうすれば安心できるから。
(北朝鮮はどうでもいいです。どうせ回答出来ないだろうから)

>厳正な【世論調査の結果】

常連さんに申し訳ありませんが、投票行動以外の世論調査による意思決定は害があるだけです。選挙での付託を受け、議員内閣制のもとで政策が貫徹されるべきです。個別の感情と憲法の民主主義を守る手続は区別されるべきです。

編集部さま。
この意見は削除対象ですか?

グァム全面移転でよろしいんでないですか。民主党政権なんだし。

4月25日20:11のおやおやさんに賛成です。基本は何処に移すかどうかではなく日本の国防をどうするかということで無ければなりません。今までの政府がそれに目をつぶってきたため議論が矮小化され、変な方向に進んでいます。アメリカ無しで行くならそれなりの国防の覚悟がいります。今の国民にそれだけの覚悟があるかどうかが問題でしょう。

ふと、テレビの番組欄を見ていたら、
本日午後10時からNHK教育TVで
「ETV特集 普天間基地問題 沖縄から本土への問いかけ」
という番組が放映されます。

こちらを見て、今日は眠るとします。

[おやおや]  氏  (2010 年4月25日 20:11)への回答

日本における 「米軍基地撤退」 ないし 「米軍基地廃止」 は,  日本国憲法が明記している 「非戦」 「平和」 へ向けて, 世界各国を促し, その方向に持って行く, という積極的な平和活動である。 [無責任な 「非武装」 などという論理は, 世界には通用しない」] とか 「中国の日本に向けられている核ミサイルをどうするか」 などという, 日米の 「軍産複合協力体」 の好戦的な挑発, 宣伝に無批判に迎合する見解を, まことしやかに, もっともらしく述べるのは, 「非戦」 「平和」 への意志の放棄であり, 一般大衆の平和で安定した生活への希求を踏みにじる反動的言動でしかない。 従って, 「憲法の改正まで考え, 責任ある独立を考えなければならない」 というたぐいの 「憲法改正論」 は, 小沢幹事長の平和維持活動としての国連待機軍構想における憲法第九条に新たな項目 (下記参照) を付ける 「改正」 と同等ではないし, そればかりか, 極めて危険な, なし崩しの 「改憲」 論である。 すなわち, 米軍撤退論や日米安保条約破棄が話題にのぼると, 必ずしゃしゃり出てくる旧日本軍的 「再軍備」 論にほかならない。  そのような 「再軍備」 論には, 断乎として反対する。 小沢幹事長の平和維持活動としての国連待機軍構想とは, 似ても似つかない主張である。 なお, 現在すでに日本には, 自衛隊が存在していて, 防衛力を保持しており, また日本が 「自衛」 のために, 自衛隊の武力を行使する戦争など, 起こるはずもない事は, 東アジア情勢の冷静な考察から, 至極当然である。 

【小沢一郎 : 『日本改造計画』 (123ページ~125ページ) 講談社 】

[私は二つの案を持っている。 一つは, 憲法第九条に新たに 「第三項」 を付け加える案である]

「第三項  ただし, 前二項の規定は, 平和創出のために活動する自衛隊を保有すること, また, 要請をうけて国連の指揮下で活動するための国際連合待機軍を保有すること, さらに国連の指揮下において, この国際連合待機軍が活動することを妨げない」

「もう一つの案として, 憲法はそのままにして, 平和安全保障基本法といった法律をつくること」  基本法には 「すべての基本国家に固有の権利として, 日本が個別的自衛権を持ち, そのための最小限度の軍事力として自衛隊を持つこと, また国連の一員として平和維持活動には積極的に協力し, そのために国連待機軍を持つこと」 を明記し, さらに  「軍縮, 核兵器の廃絶といった目標や, 軍事に対する政治の優位といった原則も」 盛り込む。

>投稿者: 良心派 | 2010年4月25日 22:32

よくわかりません。
簡単に答えて欲しい。

日本が軍備を放棄するなら、そして現在のアメリカの日本防衛も追い出すなら、
中国・ロシアに対して、

いつまでに日本に攻め込まない確約を取るのか
いつまでに軍のコントロールを透明化させるのか
いつまでに軍備放棄させるのか

それを示してくれないと安心して眠れませんよ。

あたりまえに施錠して、更にセコム契約してる家に
「解約しろ」「鍵なんてかけるな」と言うナンセンスさ、自覚してます?

お花畑で夢想するのは勝手ですが、自分以外の安全をどう保証してくれますか?

理想に酔って現実逃避するのは、20世紀後半でいい加減卒業して欲しかったです。

沖縄の海兵隊が中国の核ミサイルを撤去する予定だったとは知らなかった 

<専守防衛に海兵隊は不要>
そもそも、海兵隊は、敵地への強襲部隊です。揚陸艦で上陸作戦を行うか、ヘリコプターで海兵隊員が攻撃します。
日本にとっては抑止力には関係なく、今、現在イラクやアフガンで民間人を含む人殺しに従事しています。
時々、沖縄に下がり、リゾート地でのんびりしたり、訓練をしたりしています。
日本独自の海兵隊など有り得ない。日本が再び大陸を侵犯するなら別ですが…。憲法違反になります。
日本がアメリカに守られているなど、笑止であり、アメリカにお願いしているのは、実質核の傘だけである。
日米安保条約では、日本は自衛隊が守ると定められており、今現在も日本は自衛隊が防衛している。
日本にとって、海兵隊など無用の長物であり、百害あって一利なしである。
その上、首都の管制権までアメリカに握られているから、日本の航空機は、わざわざ遠回りを強いられている。日本は、昔も今もアメリカの属国であり、独立国と思わされているだけである。
中曽根氏の証言ではアメリカへのエネルギー依存から脱しようとした田中角栄はアメリカメジャーの虎の尾を踏んだ為、葬られたとの事。彼の末路を見れば明らかであるが、アメリカへの忠誠心は、総理の資質の上位に位置し、アメリカ軍産複合体を背景に持つ清和研の総理は長期政権を維持する事が許され、一方、常にアメリカと中国の全方位外交を志向する田中派⇒竹下派⇒橋本派総理の末路は必ず検察からの攻撃に晒されてきた。
その流れは、鳩山・小沢に受け継がれており、政権が再び脅かされようとしている。
昨年、小沢氏が西松事件に巻き込まれた時は、「在留米軍は第七艦隊だけでいい」と発言したすぐ後であり、郵政の金の流れが表面化しようとしていた正にその時であった事を考えれば、小沢がアメリカの軍産複合体及び背後の巨大金融資本にとっては、誠に都合が悪い人物と認定したのではないかとの想像に難くない。
沖縄の海兵隊の移転については、少なくとも県外を受け入れさせるか否かの試金石であり、多少の修正はあるものの辺野古沖で決着する様なら、日本は未来永劫、アメリカの属国のままになるだろう。

 日本の国防は日米安全保障条約が基礎となっており、この安保体制を否定するなら憲法9条の改正論になりますね。しかし今回の問題は、「海兵隊の普天間飛行場」の移設です。核ミサイルと海兵隊の飛行場は、直接的には結びつきません。間接的に影響するかもしれませんが限定的です。

ETV特集、感銘を受けた。何故かNHKの最後の良心は、このETV特集にのみひっそりと登場する。こんな番組こそ、NHKの午後7時に放送すべきだと思う。辺見庸に語らせた特集も素晴らしかったが、何故ETV特集だけなのだろうか?
腰をすえて本質を議論し、決して政局とするな、と。結語も明確であった。

おやおや | 2010年4月25日 23:10

現実の米国、中国、日本の国家間の経済の成り立ちをすっかり無視した世捨て人、仙人のような、現実離れした固定観念をいつまで持ち続ければ気が済むのかいな。!!!
そこからは歪な国家像を妄想するしかなく、架空脅威論を振りかざす日米軍産複合体の手先として動くしかなくなる。合掌。!!!

日米安保、沖縄に基地がある意味
わかってますかね?
日米安保はなにも日本だけを守る
ものではないのに。アジアの安全保障の重要な核なのに

〝ルーピー〟鳩山の宇宙人ぶりに韓国も台湾も気をもんでいるだろうよ
てか日本ほど領土問題を幅広く抱えている国もないんだが、小沢民主党は選挙にしか興味ないのか?

少なくとも軍事的に整合性がなければアメリカも納得しないだろう。「自然への冒涜」?寝言は寝てから言え、ルーピー民主党

日本が核武装するなら米軍の撤退を認めてもいいが、そこまでの覚悟もなかろう、このアホ政権は

参院選では民主に絶対投票しない。国民の怒りと失望を思い知るがいいさ

 海兵隊と領土問題は直接関係あるのですか?誰かわかる方教えていただけませんか?

「民衆などというものは、いつでも支配者の思い通りになる。
 ・・・攻撃されるぞと恐怖をあおり、平和主義者の奴らには
 愛国心がなく、国を危険に晒していると非難しておけばいい。
 このやり方は、どこの国でもうまくいく」
 
          by ナチスドイツ国家元帥ヘルマン・ゲーリング

「みんなの党」もそうですが、日本創新党にも期待します。首長など実務者が多いところに説得力がありますね

さきの選挙で投票した民主にはとことん失望しました。結局自民の「裏返し」なんだよね。田中派と社会党のコラボ政党でしかなかった。しかも経験不足は致命的だしね。
民主政権は「終わりの始まり」ということだろうね。次のステップに期待します
こんな利権政治、国民の期待したものではない

有事法制関連法が成立しているのであるから、守屋氏らが進めてきた米軍基地移転案の前提条件は崩れている。
西南諸島には多数の空港が有るので、有事には迅速に接収使用すればよいだけです、ただし給油施設の整備などが必要かもしれない。
掩体壕もあればよいのかもしれませんが、航空自衛隊の基地でもあまり見ないですね。

守屋さんが言っている、個別補償は防衛問題にかぎらず重要だと思います。

ヘリコプタあるいはV/STOLを運用する150m程度の航空基地が必要なら、戦時中のMACシップ(商船空母)(Merchant aircraft carrier)のようなものでも、代替できるのではないでしょうか?

おやおや さん 2010年4月25日 23:10

冷戦時代に言い古された「鍵かけ論」ですね。21世紀になのに、前世紀の話とはおやおやです。

もう冷戦が終わってから20年以上。かつての仮想敵国中国は、共産党支配下ながらも資本主義国家になり、日本の対中貿易は、アメリカとの貿易を超えました。

一方で、世界最強の米軍が、ベトナムで負けてまた再び、アフガニスタンでの戦争にも勝利の目処が全く立っていません。かつて国家崩壊につながったソ連のアフガン戦争のように。

あなたは、中国製のパジャマを着て中国が攻めてくるなんて妄想で夜も眠れないんじゃ、頼るべきは、セコムじゃないんじゃないですか。

中国が、元を切り上げれば、日本を軍事力で制圧するまでもなく、株や不動産を買い占めればいいだけのこと。いつの間にか、おやおやさんの会社が中国資本に買い占められ、中国人のボスになっているかも知れませんよ。IBMなどと同じ外資系と言うことになりますが。

そんな時代を迎えようとしている現在、中国とは、軍事力の対決の時代から、経済を中心とした共生の時代に向かわざるを得ないのは、もはや歴史の流れです。

アメリカが、自分の戦争で手一杯で、中東以外に戦線を広げられない状況(2正面戦略の見直し)で、それでもアメリカが守ってくれると信じ込む前世紀の思考はもう変えてもいいのでは。

>投稿者: T.T | 2010年4月26日 01:25 さん

>共生の時代に向かわざるを得ないのは、もはや歴史の流れです。

はいはい、そりゃ素晴らしいですね。
で、アメリカ、日本の軍備削減はわかりました。

中国の軍隊はいつどうやって減らすの?
彼らだって「共生」だかなんだかで必要無いものでしょ。
それとも何?かっての「綺麗な核」「正義の軍隊」だからそれは必要だっていう冷戦期の論理かな。

・・・そういった提案すらしてない現状、
そしてそれについてまったく言及しないあなたみたいな論。
バランスよくないですね。

仮想敵国論はひとまず置いておいて、
隣国の中国、ここの軍備増強はどんな意味があるの?
そして必要なこと?

これに納得のいく答えを出して欲しいなぁ。

T.T様 2010年4月26日 01:25

全面的に同意します。


県民大会の仲井間知事の発言に注目していたが、自分から、早い段階から訪米したり、利権防衛族と繋がっていると睨んでいたのが的中したようだ。 また、前原の発言も、中身はアメリカ安保マフィアたちを支持し、鳩山首相に反旗を翻す親米派と言われる、奴の本性がハッキリしたといえる。やはり、民主党にとって危険分子であり、厄介な存在だ。

ビデオニュース見ました。

さすが、宮台さん!鋭く突っこみを入れていましたね。

ノルマンディー上陸作戦みたいなこと、現代にありますか?みたいな感じで。

守屋さんが動揺されていたように見えたのは私の気のせいでしょうか。

守屋さんは南西諸島有事まで口に出していましたね。

敵がやってくる前に、いち早くそこに上陸する必要があるのだ、その備えが必要なんだということなのでしょうが、そんなこと、そもそも、ありますか???と思います。万万が一の備えに、沖縄に新基地建設して備えておく必要があるのですかね。甚だ疑問です。
それにいち早く対応するとされている31MEUは一年の半分は海外へ演習、訓練に大忙しで、沖縄に居ないのですよ。
どうして、沖縄にそれを常時駐留させる基地が必要なんですか???まったく理解できません。


台湾海峡有事はいうまでもなく、第7艦隊であって、在沖海兵隊ではありません。

2010QDRでグアムをハブ(拠点)とすると明記されています。

中国の軍事力の向上に対処するうえでも、グアムに下がる必要があるのです。
中国、北朝鮮の通常弾道ミサイルの射程外となるグアムに下がるのです。
なぜ、それは言わないのでしょうか???

グアムが前方展開戦略の拠点にたるのです。それがアメリカの計画です。沖縄ではありません。

中東、アフリカに近く、日本、台湾、フィリピンにも等距離に位置するグアム。グアムに下がっても、それまでのプレゼンスは失われないように配慮された計画なのです。
それは言わないのはなぜ、なのでしょうか???
普天間問題を理由に下がるわけではないのです。

ちなみに、南西諸島有事に対処することになっているのは、自衛隊でいえば、中央即応集団という特殊部隊です。つい最近では、ハイチの地震の緊急支援に大活躍しました。

在沖海兵隊を居させるための新基地はまったくいらないのです。
伊波市長の調べでは、31MEUもヘリ部隊もグアムに移転することになると説明されています。それをアメリカにどうなっているのか、と問いただせばいいではないですか?

沖縄、日本ではまともな訓練もできないので、グアム、テニアンでやることになるのです。

グアムの全面移転することになります。
現行案の基地を作りたいのは、リゾート地としての場所にすぎないのです。基地も作ってくれるし、お金もくれる。それが理由。抑止力が理由ではまったくない。

昨日、沖縄の県民大会は9万人が集まり、大成功しました。これが沖縄の民意です。

これを日本政府のみならず、アメリカ政府は重く受け止めるべきです。
沖縄は本気です。

5月末まで待ちゃいいのだ。
来日するキャンベルでさえ、「深く国民県民の意志を尊重して」と明言し始めた。

10万人の県民集会で「県内移転反対」を宣言する、そこに社民や共産は参加しても、さすがに自民公明は参加しない。そして政権与党の民主党は?で、外から「集会宣言支持」を表明する。
マスゴミは、とりあげるべきか取り上げざるべきか、逡巡を示しながら、各局にばらつきが出てきている。そしてそれを「県内移設反対」に収斂することは「現行案反対」を意味し、従来の自公政権時代の「現行案が唯一の選択肢」という自らが意図した利権主義者の代表的意見とも自己矛盾を起こす事を認めざるを得なくなる。少なくとも「抑止力」や「安保」の問題の次元は通り越した。

普通、「反対集会」は政府の方針に反対する、から政府は集会に賛意を示すことはない。
にもかかわらず今回は、この「反対集会」を遠巻きに政府が後押ししている。

もはやここに至っては、どうやら小沢民主の作戦勝ちだろう。
知ってかしらずか、仲井間知事や市長らの発言が妙に自信に満ち溢れている。
そしてきょう今日、わが国で10万人の規模の集会が開催されることに、驚きつつ感銘を受けた。

オバマの「広島宣言」の際には唯一の被曝国民としてぜひこれを上回る規模の「反核集会」を成功させよう。

[おやおや] さん

「隣国の中国, ここの軍備増強はどんな意味があるの?  そして必要なこと?」

旧社会党 「村山富市」 首相が自衛隊を合憲と認めて, 憲法第九条を踏みにじり, 日本の海外派兵の道を切り開いたのを, 知らないのですか。 1994年9月, アフリカのルアンダ難民救済のために, 自衛隊が派遣されましたね。 中国が日米安保条約国の日本を軍事上敵視するのは, 当然ではないですか。 日本の自衛隊は, 実質的には, 強大な軍備を備えている 「軍隊」 になってしまっているのです。 「自衛隊」 =  「軍隊」 です。 旧社会党 「村山富市」 首相が 「憲法改正」 もしないで, 認めてしまったからです。 だから, 現実問題としては, 現憲法に記されているとおりに, 「非戦」 と 「平和」 のために, 鳩山政権は努力しないといけないのです。 「戦争屋」 のアメリカに対して, 中国は軍事的に対抗するでしょう。 しかし, 日本がそれに呼応する必要はありません。 アメリカと中国に対して, ブレーキをかけないといけないのです。 日米安保条約は破棄する必要があります。 国際平和に貢献する意味で, 小沢幹事長の 「日本改造計画」 に記されている 「国連待機軍」 構想は極めて有意義である, と思われます。  
 

下記の集会があることを知りました。時間の都合がつく方は是非ともご参加下さい。

「沖縄県民大会政府要請団と連帯する4.26東京集会」へ参加を
4・25沖縄県民大会の政府要請団が、26日と27日の2日間に上京します。
この要請団を迎えて、下記の通り集会を開催します。急な連絡ですが、ぜひ参加してください。
●名称  沖縄県民大会政府要請団と連帯する4.26東京集会
●日時  4月26日(月)午後6:30~8:30
●会場  全電通労働会館 ホール
住所  東京都千代田区神田駿河台3-6
最寄り駅 JR「御茶ノ水駅」(総武線・中央線) 聖橋口出口から徒歩5分
東京メトロ「新御茶ノ水駅」(千代田線) B3出口から徒歩2分
●主催  4.25県民大会実行委員会
■4月27日には、衆議院議員会館前での座り込み行動を計画しています。
13:00~14:00までは、ミニ集会を行います。 こちらにも参加してください。

http://blogs.yahoo.co.jp/rodojoho05/60627733.html

追伸:

4月25日の沖縄県民大会翌日、実行委員代表団の皆さんが東京・国会議員会館で、緊急院内集会を行うとのことです。是非ご関心を!!

【緊急院内集会のお知らせ】
沖縄・徳之島の民意は国外!普天間基地問題院内緊急集会
日時 : 4月26日(月)16~17時
場所 : 衆議院第一議員会館 第一会議室

http://jucon.exblog.jp/13510367/


これを世論といわずして何を世論というか。

沖縄では、少なくとも10万人が「県内反対、現行案反対」と宣言し行動している。政権はこれを支持し、「県外移設」といい、その政府の支持率が下がり、おまけに「現行案」の自民党が民主党の支持率を追い抜いた、という。

では、沖縄だけが例外なのか。
あるいはそれでも沖縄でも現行案の自民党支持が民主党を上回ったというのか。
そして「県外移転」の支持は20%に満たなく、「現行案支持」「民主政権打倒」の桝添が70%以上の支持で総理に最もふさわしい、と思っているというのか。

いいかげん馬鹿も休み休みいえ!

守屋さん

柳沢協二さん、次官の最有力候補だったが、 守屋さんに嫌われ、内閣官房に遠ざけられたという話があるのですが、守屋さん、本当ですか?

さて、沖縄県民のみなさんは、鳩山さんに対し、怒っているのではないと思います。
県民の思い、願いを応えて、国外、県外移設、普天間基地早期閉鎖、返還を求めている。鳩山さんにその民意を受け、アメリカと交渉してほしいと願っているのだと思います。

だから、鳩山さん、がんばれ!と応援しているのです。

この9万人の結集は、その沖縄県民の声を聞いてくれ!という思いなのだと思います。
鳩山さん、ぜひとも、その声を聞き、その願いを叶えてほしいです。

鳩山さんのおっしゃるように、現行案はありえない。

自民は何いってんだ!という感じです。


上記匿名さんが示されている集会に、私も参加します。

沖縄と連帯して、沖縄のみなさんの願いを叶えるべく応援し、行動します。

鳩山さん、その願いに応えるようがんばってください。ぜひとも、お願いします。

民主党の支持率は10%に急降下?

さすがの自分も最近は少し「不安」を禁じえない、情けない面もあるのですが、このまま行けば、鳩山政権支持率の「世論調査」なる「世論操作」では近々10%台にまで落とされる見込みです。そして逆転した自民党支持は18~20%台へと押し上げられ「自民逆転」の大キャンペーンが繰り広げられることになるでしょう。そして浮動層は皆「新党」へ流れるという大プロパガンダの始まりです。

「窮鼠猫をかむ」じゃないですが、もはやマスゴミ連合は「破れかぶれ」の(自滅への)戦いに突入したのではないでしょうか。もはや正当な論戦とか論理の世界ではありません。

<親愛なる編集部様へ>
…実を申しますと、不肖私、どの程度“罵倒”すると投稿削除になるか試してみたんです。より正直に申しますと、<守屋氏>への反論を書いているうちに< 良心派 様 2010年4月25日 11:50 >がお見通しのように「憤懣やる方ない気持ち」にムラムラと襲われて、じゃぁ、一発カマシテみるかってんでトライしてみたわけ…なにしろ性根がヤクザなモンでね?ですから、不肖私が<守屋氏>を悪し様に罵ったのは最後の二行か三行の筈です。
で、<守屋様>に一点だけ謝罪しなければならないのは『そもそもなぜこのような事態に立ち至ったのかについては、鳩山首相を含む与党民主党の未熟さやブレに非があったことは論を俟たない。』というコメントは貴兄のものではなく、<神保氏>のコメントであったことです。不肖私が突っかかるべき相手は<神保氏>だったってことです。事実誤認でした…ごめんなさい。
<神保氏>には機会を改めて突っかかることにいたしましょう。
しかしながら、<守屋氏が無能官僚の典型>であるという私見は譲るわけにはまいりません。(この表現は“削除”の対象になるんでしょうか?興味津々ですね…)

<守屋氏>に対する私の反論は二点。
一点目は、日本の「防衛」と「日米安全保障条約」の在り方を日米相互が根本的に問い直すべき時代に入っているにも拘らず、<守屋氏>の防衛論・米軍基地論は、冷戦構造を脱却できない旧態依然とした時代錯誤であり、官僚サマ特有の「その場しのぎ」の説明でしかないんじゃないの?ってことなんです。
その論拠は、<守屋氏>の思考回路の中に、「オバマ政権のアメリカが経済的にも軍事的にも世界戦略を転換しつつある」って現状分析が皆無だってことを言いたいのです。
オバマ民主党政権の世界戦略は、ブッシュ親子の共和党政権から180°とまでは言いませんが90°は方向転換しつつあります。アメリカはオバマ政権の任期中に、イラクは勿論、アフガニスタンからも兵を引きます。「パックスアメリカーナ~世界の警察」の時代はもう終わっています。何でかって言いますと、アメリカにはもうそんな経済的余裕もないし、そのことが著しく「国益」を損なうってことにアメリカ自身が気付いた…「軍事費と戦費」がアメリカ経済を逼迫させている最大の重荷になってきたからです。
「スペースシャトル」を中断したのも同様の「軍事的意味が無い」という理由からだと、不肖私は睨んでいます。また「軍事費の予算執行」に関してオバマ政権は“留保”をつけています。更に言えば「金融制度改革」に着手しましたし、その端緒として“クレイジーファンド”に対する訴訟を起こしましたが、これは不肖私に言わせて頂ければ、「イスラエル・中東問題」解決の糸口なんだとヤマカン予測しております。
勿論、アメリカの軍産共同体やイスラエル系資本は超強力な“既得権益派”ですから、スンナリって訳にはいかないでしょうが、その「構図」は日本の民主党政権が置かれている状況とほぼ同じですから、是非とも<オバマ大統領閣下>には踏ん張っていただきたいと思う次第です。
そうした「変化」はアメリカだけでなく中国にも台湾にも韓国にも北朝鮮にも…ロシアにだってあります。外交・防衛問題ではこうした時代の変化を読み取り対応して行くのが、政治家と“エリートを自認なさっている”官僚サマのお努めですよ。

反論の第二点は「沖縄の地政学的重要性」についてです。
「北朝鮮の脅威」を仮想した場合に、地政学的に最適なのは、韓国~対馬~北九州なんじゃありませんか?
もっと言えば、アメリカ(軍部)は北朝鮮を逼迫した「軍事的な脅威」だなんて思ってはいませんよ。<守屋様>には悪いけどアメリカは“戦争のプロ”でっせ?北朝鮮の軍事的実力なんてとっくに見切っていますよ。アメリカが北朝鮮を「潰しにかからない」唯一つの理由は、中国に対する配慮だと不肖私は確信しております。アメリカも恐らく当事者である韓国も、北朝鮮が「暴走」或いは「自壊」してくれることを待っている…というのがおそらく本音でしょう。「暴走」すれば軍事的に一気に叩ける…中国が北朝鮮を軍事的に援護することはない…北朝鮮だってそれっ位のことは解ってますからそんな自殺的行為は起こしませんって。問題は「自壊」した時に朝鮮半島の南北統一が成就するか、それとも中国或いはロシアが北朝鮮を自国の影響下に置こうとするか…その綱引きにあると不肖私は睨んでおります。この場合の軍事紛争の危険性は0ではありませんが極めて低い…だってそんなことをやってたら、国際社会から総すかんを食らってしまうでしょうし、経済的ダメージの方が大きすぎるってことです。
次に「9.11」と沖縄の地政学的重要性は殆ど「妄想」或いは「タメにする議論」で全く関係の無いことです。そんな暇があったら、今アメリカのネットメディアで盛んに情報発信されている「9.11疑惑」の方にもっと眼を向けたらいかがですか?と申し上げたい。
沖縄の地政学的重要性が有効だと想定できるのは唯一点「対中国」でしょう。しかし、中国が一方的に日本を軍事的に侵略してくる「理由」はなんなんでしょう?「領土紛争?」「経済摩擦?」「前の戦争の報復?」「日本の国土が欲しいから?」…こうした国家間の疑心暗鬼を解決してゆく方法は現在の国際社会では「外交」しかあり得ません。
前記<T.T様>始め多くの方がご指摘のように「軍事力の対決の時代から、経済を中心とした共生の時代に向かわざるを得ないのは、もはや歴史の流れ」なんです。
<守屋様>に申し上げたいのは、時代の変化に取り残された貴兄の思考回路の硬直化を、少しは自省なさってみたら…ということがひとつ…そして、「防衛」を利権化・公共事業化してきたのは政治家・官僚サマの「防衛族」の責任なんですから、今更『一旦キャンプシュワブ陸上案で決まりかけていた普天間の移設案が、地元沖縄の自治体や経済団体がアメリカ政府を動かすことで、ひっくり返されてしまったことだった。』等と弁解なさいますな…ってことです。(ちなみに<神保様>に申し上げておきますが、この情報は当時から囁かれていたことで、別段「驚愕の事実」と言うほどのものではありませんよ。)

最後に「普天間基地移設問題」の本質は「米軍基地~日米安保条約~日本の防衛」を根本から再検討することにあり、民主党政権の本来の目的もここにあるのです。
移転先をどこにするかは、二の次、三の次の問題なんです。このサイトである方が「移転先はいっそのことと“立候補制”か“くじ引き制”にしたらどうか」って仰っていましたが、こちらのほうがよっぽど真っ当で本質をついたグッドアイディアです。
マスメディアが、本質を見失った「移転先迷走」バッシングを展開することの愚に不肖私は、ほとほと呆れ果てているのです。

グダグダした長文になってしまい、失礼…ご声援くださった方々に深謝いたします。

WLIの風(15:31)さまの予測によりますと、民主党の支持率は10%に転落し、自民党の

支持率と逆転する、とあります。

これでは、昨年秋の衆院選挙に期待した革命的【政権交代】は、なんだったのか。悲しみに耐えません。

この非常事態を打開する唯一の逆転は、鳩山首相の【普天間基地、国外移転】をアメリカ・オバマ大統領に要求するしかありません。

これには、親米的な財界・評論家、さらにはマスコミ各界の猛反発、当然のように自民党はじめ民主党内部からの反対もあるでしょうが、圧倒的な国民の支持を受け、怒涛のような声援を受けること間違いありません。

なにも、日米安保条約の改定や破棄を要求するのでないのです。ただ、日本の防衛に寄与していない【普天間の、海兵隊の撤去】を求めるだけなんです。

決して、民主党の支持率アップだけに提案するのでありません。

これが、日本国民の圧倒的な世論であり、戦後65年間の宿願なんです。

hal2001さん

健在でしたね。 安心しました。

山口七郎様

私のいう「10%」というのはあくまでデタラメな世論操作、つまりは調査もせずに鉛筆をなめておこなう世論調査の意味です。

世論調査=世論操作=効果測定アンケート という基本的な「世論調査」のデタラメさを前提とした場合、数字はいくらでも意図的に改ざんされ、発表されるも反証ができない、ことを前提とするならば、いくらでも数字は下げられるしいじれるということです。

マスゴミはそこまでやるはずですので
「覚悟」が必要ということを問題提起しました。

追伸 山口七郎様

現在の私の職業柄の経験的推測では
民主党の支持率は35~40%前後だと思います。悲観することはありません。

ネット調査ではもっと上です。ちなみに阿修羅でやれば70%以上
おまけに「マスメディアを信用しない」のはニフティで90%を超えています。

それを検証する術が選挙しかないのが残念ですが。小沢秘書軍団が日々感じている「フィールド調査」がおそらく最も信頼度が高いはずです。

ちゅらさん
あなたが仰ることよくわかります。私も本土の基地の街で生まれ育ちましたが、米軍は日常生活の一部でした。多くの人が基地関連の事業で生業を立て、米軍人と婚姻する女性もたくさんいる。小学校には方言を話すハーフの子もいる。確かに地位協定の問題はあるが犯罪発生率が米軍とりわけ海兵隊だから高いわけでもない。
本土とは言え、地方経済は疲弊しており実のところ米軍に出て行ってもらったら困るという現実もそこにはあります。
沖縄振興策がカジノ特区…お金持ちの遊び・社交の場ではね、利権の匂いは基地建設と同じで、そこに地元の意見が反映されているようにはとても思えません。

しかし、このたび鳩山首相がのらりくらりと対処することで、普天間基地移設問題から米軍完全撤退へと世論を意図的に誘導してきたのならその政治手腕は大したもんだと思います。

米国の弱点=地元の明確な民意をはっきりと形成し米国に示すことで、自民党とマスコミが押す辺野古案どころか米軍駐留に地元の言葉で「NO」と言わせる事に成功した訳で、結果としてマスコミや自民党は与党を攻撃しているつもりが利用されていた事になる。
そして鳩山が逃げ道を断ちきり自らを追い込めば追い込むほどその効果も大きくなる訳で、その民意を背にして米軍完全撤退を求め、憲法改定・日米安保・自衛隊・基地の街の経済復興を含めた包括的国民的議論へと進む事が出来れば日本は一挙に新しいステージへと進めるのではないでしょうか?
そうなるのなら私は歓迎します。

良心派様(2010年4月26日 11:19)

> 旧社会党 「村山富市」 首相が自衛隊を合憲と認めて, 憲法第九条を踏みにじり, 日本の海外派兵の道を切り開いたのを, 知らないのですか。>

 憲法で『国の交戦権を認めない』と制約がある日本国の自衛隊は、『戦力((兵力・兵器など軍需品の生産力・戦争物資輸送力を含めて、総合的な戦争遂行能力)』にはなりえないから、『軍事組織: Paramilitary(国家が有する軍事力の主力部隊として編制された軍隊とは別個に、国境・領海の警備、暴動鎮圧・治安維持などに専門化された補助的な役割を担う武装組織)』に過ぎず、また、『長沼ナイキ事件』で札幌高等裁判所は1976年8月5日に自衛隊の違憲性について「本来は裁判の対象となり得るが、高度に政治性のある国家行為は、極めて明白に違憲無効であると認められない限り、司法審査の範囲外にある」とする統治行為論を判決に併記し、原告が上告したが、最高裁判所は1982年9月9日「原告適格の観点から、原告住民に訴えの利益なし」として上告を棄却したから、「自衛隊は違憲とはいえない」というのが、日本国の『正義』だと、私は理解します。

 尚、主権者の意思を無視した政府の違憲行為によって再び戦争の惨禍が起こることのあるようにしてしまったのは、インド洋で自衛権を行使して『不朽の自由作戦』を展開する有志連合国に参加して海上自衛隊に補給支援活動をさせ、また、侵略的な『イラクで戦争』を展開する有志連合軍に参加して航空自衛隊に兵力の空輸活動をさせた小泉純一郎内閣と、安部晋三内閣、福田康夫内閣および、それに与した自民党と公明党の国会議員ならびに、それらの国会議員を選んだ選挙民たちであるという法解釈が、日本国の『正義』だと、私は理解します。

 日本国憲法の『正義』を無視した、根拠のない主観的な信念や固定概念に基く『独断/臆見/思い做し/ドクサ(doxa)』に依る邪論・邪説・邪義が跳梁跋扈し、裁判所の違憲判定に対して、「そんなのかんけーねー!」とほざく航空幕僚長が持て囃されるに至り、『正義』が廃れたことで、『秩序』は壊乱され、日本国民の世論をして『不毛痴態』に沈没することを、私は危惧します。

> 1994年9月, アフリカのルアンダ難民救済のために, 自衛隊が派遣されましたね。<

 ルワンダ共和国における内戦を契機に周辺国に流出した大量の難民は、コレラ、赤痢などの蔓延により多数の死者が出るなど、極めて悲惨な状況にあり、日本国は、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の要請を受け、国際平和協力法に基づく初めての「人道的な国際救援活動」への協力として、医療、防疫、給水、空輸などの分野で救援活動を行うため、1994(平成6)年9月から12月までの間、ザイール共和国(現コンゴ民主共和国)のゴマなどに、自衛隊の部隊などを派遣したのは,公知の事実ですが、何か?

 因みに、国連加盟国の行動の原則として、国際連合憲章の第2条第5項に「すべての加盟国は、国際連合がこの憲章に従ってとるいかなる行動についても国際連合にあらゆる援助を与え、…」と規定されており、国連に加入する以前のサンフランシスコ講和条約の第5条(a)に「日本国は、国際連合憲章第2条に掲げる義務、特に次の義務を受諾する」と規定されており、さらに、日本国憲法の前文に「われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる」という崇高な理想と目的を掲げて、「日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓う」と誓願していますよね…。

> 中国が日米安保条約国の日本を軍事上敵視するのは, 当然ではないですか。<

 あの~、日中国交正常化交渉(1972年9月)で中国首相の周恩来さんは、日米安保条約を是認ていますよね、日中共同声明での反覇権条項明記していますし…。また、日中首脳会談(1997年9月?)で、中国総理の李鵬さんから、「日米安保を防御的な性質のものとしてほしい、台湾問題については日中共同声明や日中平和友好条約を遵守することを希望する」旨の要望に対して、日本総理の橋本龍太郎さんは「日米安保については自分の訪中時やその他様々な機会に日本側から説明しているとおりであり、台湾については日本側は日中共同声明の立場を遵守していく、安保に関し、今後も対話を通じて理解を促進し、透明性を向上させていきたい」とうい旨で回答していますよね。

 然し、貴方様の言を借りて反対解釈すれば、日米は、中国を軍事上敵視するのは当然ではないですかと言う事になるから、ばかばかしい『敵味方概念論(固定した概念で敵と味方について区別した考え方)』は止めた方がよいでしょうね。

 因みに、『敵味方概念論』に捉われると、現実に自己の実存を脅かす敵と、現実に自己の実存を保障する味方の識別ができなくなり、冷静な議論・客観的な判断ができなくなります、即ち、現実の問題としては、『敵の敵は味方』とは限らず、また、『敵の味方は敵』とは限らず、さらに、『味方の敵は敵』とは限らず、また、『味方の味方は味方』とは限らず、更に、強力な競争相手の存在が自己の成長の糧となる場合は『強敵は最大の味方』と見做すことができますよね。

さらに、味方が一人でも多けりゃいいから『昨日の敵は今日の友』とするための交渉をするという方策は、因果の道理に最も適っており、また、その時々の状況に応じていくつかの勢力が結び合うたねのかけひきを指す『合従連衡』は、古来、政治の醍醐味・政治の王道であるが、然し、『敵味方概念』に捉われて『不毛痴態』にはまると、おおきな失敗を犯す危険性が高くなることは自明の理ですから、所詮は『正義を行う』ということに至でしょうね…。

> 日本の自衛隊は, 実質的には, 強大な軍備を備えている 「軍隊」 になってしまっているのです。<

 いくら強大な軍備を備えて「軍隊」と見做されようとも、主権者が『国の交戦権』を認めなければ『戦力』にはなりませんよね。

> 「自衛隊」 =  「軍隊」 です。 旧社会党 「村山富市」 首相が 「憲法改正」 もしないで, 認めてしまったからです。 だから, 現実問題としては, 現憲法に記されているとおりに, 「非戦」 と 「平和」 のために, 鳩山政権は努力しないといけないのです。<

 自衛隊が存在しようとしまいと、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、その実現に向けて努力しなければなりませんよね、然し、自衛隊を廃止すれば、『平和(心配や揉め事がなく、おだやかなこと)』が実現して維持できると信ずるほど楽観的な人間は、少ないでしょうね、たぶん。

> 「戦争屋」 のアメリカに対して, 中国は軍事的に対抗するでしょう。<

 反対解釈をすれば、『武力紛争屋』の中国に対して、『世界の警察』を自認するアメリカは、軍事的に対抗するでしょう。

> しかし, 日本がそれに呼応する必要はありません。 アメリカと中国に対して, ブレーキをかけないといけないのです。<

 国連加盟国の行動の原則として、国際連合憲章の第2条第5項に「すべての加盟国は、…、且つ、国際連合の防止行動又は強制行動の対象となっているいかなる国に対しても援助の供与を慎まなければならない」と規定されており、国連に加入する以前のサンフランシスコ講和条約の第5条(a)に「日本国は、国際連合憲章第2条に掲げる義務、特に次の義務を受諾する」と規定されておりますから、米中の武力紛争が勃発しても、『自衛権』が是認される事態以外で日本国はが呼応することは禁止されていますよね、日米安保条約も国連憲章の遵守が前提ですから…。

然し、『武力紛争法(戦時国際法)の中立法規』に依ると、中立国は戦争に参加してはならず、また交戦当事国のいずれにも援助を行ってはならず、平等に接しなければならず、一般に、『回避の義務(直接、間接を問わず交戦当事国に援助を行わない義務)』と、『防止の義務(自国の領域を交戦国に利用させない義務)』および、『黙認の義務(交戦国が行う戦争遂行の過程において、ある一定の範囲で不利益を被っても黙認する義務)』を負い、その義務に違反すれば交戦国となるので、米国の陸海空軍の駐留を許可し且つ米軍を間接的援助している日本国は、現実に米中の武力紛争が勃発した場合は『交戦当事国』と見做されると、私は思量します。

 そこで、日本はアメリカと中国に対して,米中の武力紛争が勃発を抑止しなければならないが、その具体的な方法としては、所詮は『正三角形トラスの外交構造』の構築と、国連中心の『集団安全保障』の健全な発達に積極的に寄与する事に至ると、私は思量します。

> 日米安保条約は破棄する必要があります。 国際平和に貢献する意味で, 小沢幹事長の 「日本改造計画」 に記されている 「国連待機軍」 構想は極めて有意義である, と思われます。<

 現実の問題として、アメリカの軍事力なくして国連中心の『集団安全保障』の健全な発達が実現できるとは考えられませんので、日米安保条約は破棄するというよりも、国連の安全保守理事会および米国と調整して、在日米軍を『国連待機部隊』または『常設国連軍』に変換させながら、日米安保条約は発展的に解消するのが効果的だと、私は思量します。

因みに、小沢一郎さんは、「国連派遣予備部隊は装備、人員、訓練ともに自衛隊と表裏一体に行うべきだと考えます」(小沢返信b 日時 : 2006年6月7日 22:49)と、掲示板に投稿した、私の意見に回答してくれましたが、『国連待機軍』を創設したからといって、自衛隊を廃止できる訳がないことは、『国連軍』を動かすには国連の安全保障理事会の決議が必要であることことを鑑みれば当然の事だと、私は理解します。

[mochizuki] 様

私のコメントは, 正面切っての論説ではなくて, 「おやおや」 氏の半ば揶揄的なちょっかい程度の反論に対するワンポイントの反撃的なヒントですので, その点をお含み置きください。 勿論, 焦点からの踏み外しはないはずです。 説明および言葉足りずではありますが。  例えば, ルアンダに関する場合は, 「空輸派遣隊」 の件が議論になりましたね。 だから, いろいろとややこしい問題は出てくるのです。 「国連の安全保障理事会および米国と調整して, 在日米軍を 『国連待機部隊』 または 『常設国連軍』 に変換させながら, 日米安保条約は発展的に解消するのが効果的」 というあなたの考え方には, 一理ある, と思いますよ。 そういう細かい問題は, 緻密に議論立てて, 論理を展開する必要があり, このような場には, ふさわしくないのではないでしょうか。 兎に角, ここでは, 幼稚なネット右翼の意見に対して, 考える切っ掛けとしての茶々を入れる程度のコメントしかできませんね。 ご了解ください。

>投稿者: 良心派 | 2010年4月26日 11:19 さん

誤魔化さないでください。
アメリカ・日本は軍備を削減するべき、とな。
なら、中国の軍備が増強し続けることについての意味は?
中国がチキンレースを続けることについては、まったく意味のある答えが出来てないですね。
(まあ、答えられない、誤魔化し続けたいというのは知ってて聞いてますが)

>投稿者: 良心派 | 2010年4月26日 21:16

誤魔化し逃げ回った挙句、こういう自慰的投稿をするのは勝手ですが、ちょっとは羞恥心を持った方がいいんじゃないですか?

「青春の反米」で天下国家語られても、残念ながら共感できないし、理解もできないんですが。
荒唐無稽すぎて。

> 突如守屋氏の元に、現在の辺野古沖案の元になる、海の埋め立てを前提とする別の案が、アメリカ側と地元沖縄からほぼ同時に提示されたという。

ここ知らないとなると、「交渉の全てを知る」とは言えないですよね。


まぁ、グアムとかテニアンに移転になりそうですね。

横からすみませんがおやおやさん  中国の軍備の増強  チキンレース  その前の投稿も意味がわからない国の意志として行う軍備に他国が干渉できないのではないかと思うけど、軍拡競争か外交しかないのではありませんか、アメリカもソ連も核削減交渉とゆう形でしかお互いの核を削減できなかった。日本も核を持ち軍備競争をしますか、私はアメリカの軍事基地はあっても良いと思っていますがあまりにも沖縄は負担が多すぎます。心情的にですがね他にもいろいろ聴きたい事があるのだけど、疲れるのでこの辺でやめますところであなた本当にあのおやおやさんですか、中国の事になると随分頭に血がのぼるねえ、少し前に普天間の事であなたの意見を聴いた時とは違うような。

>投稿者: 良心派 | 2010年4月26日 21:42

「書かない」なんて言ってないですよ。削除されまくるから「書けなくなるかも」とは言いましたが。
で、その後の部分は完全な捏造ですね。

非を認めて謝罪してくれませんかね?

>投稿者: 匿名 | 2010年4月26日 22:43 さん

>中国の事になると随分頭に血がのぼるねえ

そっくりそのままお言葉を返します。
米ソの軍縮は語っても、何が何でも中国の軍拡軍縮については、話を逸らすのに必死ですよね。
(一言も説明しようとしない)

軍拡競争は無駄というなら、何故例外(中国)を認めるんですか?
で、何故その話題から話しを逸らそうとするんですか?

こういう態度続ける限り、私をいくら罵倒しようが、誤魔化せないですよ。

そろそろ、諦めて中国の軍拡について説明してくださいな。

だから守屋氏が小池とガチャガチャやって、シッポ切りされた時に、当時野党だった民主党は間髪いれずに氏の「身柄」を確保しておけばよかったんだ。いないだろ、今の政権内で実務レベルで防衛安全保障を語れる人物は。当時、政策立案アドバイザーかあるいは議員として、守屋氏を党に取り込む為には何をすればいいか、そのためにぶち上げた理想の着地点とリアリズムとの間に何のすり合わせが必要になってくるを考えておけば、今の混迷も相当すっきりしたものになってたはず。この特定分野の人材(防衛&安全保障を政治家視線で語らない人)が、すっかり欠け落ちてるというのは、検察との関係でも同じことがいえる。比例名簿の中にに労働組合が推す同じ「系統」の人材ばかりでは、特にアメリカの民主党に比べてみた場合、実際の政権政党としては甚だ未熟だ。今からでも遅くないから守屋氏の「身柄」を民主党として確保するようにするべきだ。

~4・25沖縄県民大会の意義と目的を捻じ曲げる新聞、無視するテレビ~

罵倒する気などありませんし中国の擁護をする気もないです、軍拡競争は無駄ではなく経済的に無理でないでしょうか、あの頃アメリカはソ連に対し経済的にも軍事力でも圧倒的優位に立っていました。例外を認めるわけでなく今の日本の国力ではくやしいけれど中国に対抗できないのではないのですか、と言ってるだけです。中国の軍拡の説明といわれてもできません、中国人の意思としか おやおやさんはどうしたいのですか 

 中国に限らず、一国の軍拡を他国が武力を使って防ぐことなどできない。抑止力で防ぐということは軍拡競争そのもので、際限なく広がり続いていくだけです。アメリカも中国も国連安保理の常任理事国であり、安全保障は外交とセットで議論すべき。

>投稿者: 匿名 | 2010年4月27日 00:06 さん

「中国人の意志」? まさか!中国政府の意思でしょ。
こういう言葉の使い方にも現れてますよ、誤魔化しが。いかにも”中国人民”が軍拡を支持してるように見せかける欺瞞。人民解放軍なる呼び方で中国共産党軍という本質を隠す。あんまりよくありませんね。

他国の軍隊を武力以外ではどうにも出来ないというのは変な論ですね。さんざん主張してる「軍隊によるパワーゲームは無意味」に反しません?
直接武装解除しろなどと言ってるわけじゃないんですよ、日本政府が中国に「日本も軍縮するのと同時に、中国も軍縮してくれ」などと呼びかけたことありましたか?
(ありえない話だけど)
で、あなたのような意見の人が、政府に「日米の軍縮を行うのと同時に、中国にも軍縮を呼びかけてくれ」なんてことを主張したことあります?

それが無いから「ああ、好きな軍隊と嫌いな軍隊があるんだな」と思われるんですよ。

ダブルスタンダードな情緒論でしかないことに自覚してくださいな。

「青春の反米反日」に付き合わされるのは迷惑なんです。

おやおやさんに感心が無ければスルー。感心が有れば具体的に指摘をしましょう。ツッコミどころ満載じゃぁありませんか。なぜ、ジャーナルのコメント欄は「議論」の場にならんのでしょうか?コメント欄が縦長で使い辛い(削除対象になる?)こともあるでしょうが、別の理由も考えてみたら。

おやおやさんに関しては私的にはスルーです。

投稿者: WL1の風 | 2010年4月26日 15:31さま


<「世論調査」なる「世論操作」では近々10%台にまで落とされる見込みです。そして逆転した自民党支持は18~20%台へと押し上げられ「自民逆転」の大キャンペーンが繰り広げられることになるでしょう。そして浮動層は皆「新党」へ流れるという大プロパガンダの始まりです。


新党や自民党は政策的な物では無く、反小沢を第一に訴えている気がします

マスコミの「政治と金」「小沢=汚い」のイメージ戦略と連携しているのでしょうね

マスコミ、自民、新党、その他は「政治と金」を本気で検証する気が有るのか
団体献金はどうするのか、記載漏れを本気で無くしたいなら全部の政治家の過去5年位の収支報告書を全部調べ検証・発表し、今後記載漏れは全員逮捕するとか、、、

「政治と金」のイメージ戦略で「小沢叩き」をするのがこの人たちには都合が良いのかと思えます

マスゴミもどうしょうも無いし、本当のジャーナリストが少ないのが悲しいです

普天間、同盟への悪影響懸念…米元国務副長官
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100427-OYT1T00111.htm
ついに、タルボットがでてきた。
この人物はクリントンから今のオバマ政権につながるアメリカ民主党の外交・防衛政策に大きな影響を与えてる、アメリカのシンクタンク、ブルックリン研究所というところの所長さんだ。
今までの何回も同じフレーズを使って騒いでた米シンクタンクの人やメディア、WSJといったようなアメリカ共和党系筋からの警告は、現オバマ政権とはほとんどの政策において距離を置いてるので、「門前の小僧」と無視できたかもしれないだろうが、タルボットは現オバマ政権の意思決定にも影響力を持っている。この警告は無視できない。小沢も最近になって、政府関係筋からいらだってるということを確認した、というようなことを述べてたりする。そんなところにこの分野で実務レベルの段取りや交渉のプロが民主党にはいないのだから、もはやアメリカから恫喝されるまま唯々諾々と従うか、あるいはこの警告さえも無視するかの幼稚なオプションしか無い訳で。
その上で、中国かアメリカかという大雑把な2項選択で全て処理してしまおうとすれば、いつか大火傷をする。そしてその代償は日本国民が支払う事になる。
人材において内政に特化したような構成の民主党には特定分野の人材がすっぽりと欠け落ちてるのが痛いところだな。
このまま状況が進行して何らかの意思決定が首相からなされても、自民党時代の政策のフォローに終始し、この分野においても民主党独自の色を出せないまま終わってしまうかもしれない。

激論おつかれさまです。

私の見た感じでは率直に申し上げるとどうもほとんどの日本人は報道にまんまと乗せられた様に見えます。
そもそも沖縄の負担とは何でしょうか?
私も聞きかじりなので正確ではないかも知れませんが、先日の集会を見ていて”安全”というものが米軍基地の為に損なわれているように見えます。
分りやすく言うと今の沖縄は”占領された国””終戦後の日本”ではないかと思います。
私は”地位協定”これこそが諸悪の根源だと思います。

沖縄の経済に米兵が多大な恩恵を与えている事も事実であるのに何故こんなに米軍基地アレルギーがあるのか?
彼ら米兵は”治外法権”つまり”外交官特権”があたえられてるようなものなのです。
封建時代の土地の権力者が領民に対し乱暴狼藉を働いてもお咎めなしの様なものです。
既得権益を持つ者がどうのこうのいうよりも”沖縄に住む人々の安全”を日本国憲法に則り保証する日米地位協定の改定こそがこの問題の”一丁目一番地”なのだろうと思います。
地位協定の改定が沖縄のいや日本国に住む全ての人々の”安全”を保証することができるような状況になってから米軍基地問題を考えるべきだと私は考えます。
今の沖縄も含む日本はマスコミのミスリードにうまうまと引っかかり、白黒をハッキリ付けることばかりに夢中になり”在日米軍基地”という絡まった糸を解く事を考えず”ちょん切る”か”そのままで仕方ない”かにしか頭が廻っていないようだ。
勿論、前政権や現政権やマスコミの問題が一番なのだが、私たち日本人、日本国に住む人間が奴等の口車に乗らず冷静に事の本質を見極めていかなければならないと思わざるを得ない状況だと言えます。

迷惑でしたかそれはどうも と言うしかないけれどベトナムとポルポトの記憶がある世代ですから情緒的と言われればそうです、好き嫌いは好きな国嫌いな国とゆう意味でそれはあります、仕事なのでここで失礼します、今度はあなたの考えを投稿してください。

良心派(2010年4月26日 21:16)

> 私のコメントは, 正面切っての論説ではなくて, 「おやおや」 氏の半ば揶揄的なちょっかい程度の反論に対するワンポイントの反撃的なヒントですので, その点をお含み置きください。<

 その点は理解しているつもりですが、ただ、貴方様の論から推察し「自衛隊を保持することは違憲である」と唱えていと思しき点が、ありましましたので抗議させていただきました。

> 勿論, 焦点からの踏み外しはないはずです。<

 貴方様の論旨は、人々の注意や関心の集まるところを踏み外してはいなくても、所論のいちばん重要な点であるはずの日本国憲法の『正義(理想または目的とする物事の正しい意義や正しい解釈)』から逸脱していると、私は思量します。

 因みに、法律の解釈は、前近代的な『概念法学』を離れて、須らく、文字列の意味を国語的・文法的に明らかにして、論理的な配列を考慮し、『自由法論』や『利益法学』、『法社会学』などを基調として事実関係を検討した上で、法律を制定した目的や基本理念、趣旨などに従って合理的な判断をしなければならないが、日本国憲法の第9条の規定から「自衛隊を保持することは違憲である」と判断するのは、『概念法学』の範疇に捉われ過ぎだと、私は思量します。

ここで、『概念法学』とは、制定法の無欠陥性と論理的完結性とを仮定し、法令の条文を忠実に検討し、法概念の体系を形式論理によって構成することを法学の任務とする立場を指し、19世紀後半から20世紀初頭にかけて欧州で主流であったが現代では陳腐化しています。

一方の『自由法論』とは、法は固定した概念に捉われるべきものでなく、条理や社会的現実面に即するように、自由に運用されるべきであるとする立場を指し、日本国憲法の第76条第3項に「すべて裁判官は、その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、この憲法及び法律にのみ拘束される」と規定されています。

また、『利益法学』とは、すべての法的基準は、特定の社会的あるいは経済上の利益闘争を視野に入れながら整備されたと理解すべきであるが、抽象的に表現された法的基準から不十分な点が見つかった際は、それを埋めるために、法的基準の論理的な配列を考慮して法的基準を整備した目的や基本理念に従がって、拡張解釈・反対解釈・類推解釈・縮小解釈などの技法を用いて法基準の中に記録され残っている利益闘争解決のための判定が手本・基礎とすることを法学の任務とする立場を指します。

さらに、『法社会学』とは、法を他の社会現象との関連において考察し、法の機能・構造などを社会学的な方法・理論により経験科学的に研究しようとする学問を指します。

 従って、日本国憲法の第9条の規定からは「交戦権を保持しない自衛隊を保持することは違憲とはいえない」という判断が妥当であり、正義と秩序を誠実に希求し、自衛隊が存在しなくても、それを『自力本願』で達成できることの確証・根拠がない限り、主観的な信念や固定概念に基く『独断/臆見/思い做し/ドクサ(doxa)』に依る「ドクサイ」的な判断の妄想に過ぎず、有害無益の存在だと、私は思量します。

> 説明および言葉足りずではありますが。
> 例えば, ルアンダに関する場合は, 「空輸派遣隊」 の件が議論になりましたね。
> だから, いろいろとややこしい問題は出てくるのです。<

 国際紛争に関与すればいろいろややこしい問題が出てくるのは当然のことでしょうね。

 因みに、『空輸派遣隊』の件でどのような議論がされたか知りませんが、要は、敵と見做したら構わず加害行為をすることを正当化する『交戦権』を許可しない限り、医療物資を空輸する必要があるなら『空輸部隊』を派遣すりの葉当然であり、活動中の要員などが襲撃さてる危険性が現実に存在するならば正当防衛のために必要な武器の携帯を許可するのは当然だと、私は思量します。

> 「国連の安全保障理事会および米国と調整して, 在日米軍を 『国連待機部隊』 または 『常設国連軍』 に変換させながら, 日米安保条約は発展的に解消するのが効果的」 というあなたの考え方には, 一理ある, と思いますよ。 そういう細かい問題は, 緻密に議論立てて, 論理を展開する必要があり, このような場には, ふさわしくないのではないでしょうか。 兎に角, ここでは, 幼稚なネット右翼の意見に対して, 考える切っ掛けとしての茶々を入れる程度のコメントしかできませんね。 ご了解ください。<

 何処でも、自分の信ずる『正義』を貫くうえで、古来「凡そ争は正で合って奇で勝つ」といいますから、論争には『正論』と『奇論』は必要せすが、邪論・邪説を垂れ流す幼稚なネット右翼と幼稚なネット左翼の茶々の入れ合いの『不毛痴態』は、『正義』が廃れて『邪義』が蔓延る因縁に過ぎないと、私は思量します。

《THE JOURNAL》編集部様(2010年4月25日 11:29)

 [hal2001]様のご意見は拝見していないし、編集権は貴方にありますので、削除した処置について了承はしますが、その根拠について理解はできませんので、横槍を入れさせていただきます。

> ただ、削除基準に明記してありますように、記事執筆者(ゲスト含む)や他のコメント投稿者に対する失礼な言動は、すばらしい意見であっても削除するようにしています。<

 先ず、『失礼』に対する価値判断基準は何でしょうか?

 因みに、此処に掲載されている記事執筆者(ゲスト含む)や他のコメント投稿者の言動は、須らく公共の利害に係わる問題だと、私は認識していますが、私の認識は間違っているでしょうか?

 前記、認識が正しいことを前提にすれば、仮令、人の名誉を毀損する言動であっても、それが公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、事実の真否を確認してから処分を決めるのがご政道に則る正しい作法であり、「すばらしい意見であっても削除するようにしています」という態度は信用を喪失して『自殺行為』の因縁に過ぎないと、私は思量します。

> 匿名・仮名のコミュニティーであるからこそ、現実社会のコミュニティー以上に他者に対する心配りをしていただかない限り、ネット上での議論は深まらないだろうと考えているためです。もちろん異論・反論は自由ですので、コメントの内容によって削除することはありません。<

 次に、『自由』に対する価値判断基準は何でしょうか?

 因みに、『自由』とは、法律の範囲内で許容される随意の行為だと、私は認識していますが、私の認識は間違っているでしょうか?

 前記、認識が正しいことを前提にすれば、仮令、議論は深まらなくとも、「コメントの内容によって削除することはありません」という考え方は、『自由』な作法に反すると、私は思量します。

 尤も、議論を深めたいのならば、記事執筆者(ゲスト含む)や他のコメント投稿者の全員が対等の立場で『諍友(諌め正すためには互いに何でも言える友)』となって、『自由』な言動を寛容できる雰囲気を作ることが大切ではないでようか…、言論が商売になると難しいかも知れませんが…。

[mochizuki] 様

私があなたと議論したくないのは, あなたは 「と, 私は思量します」 と必ず書かれていますね。 「どうぞ, そうお考えください」 と私は言うしかないでしょう。 なぜなら, このブログは, 各人の解釈を巡って, 議論する場所ではない, と考えているからです。 「事実認識」 の真偽だけを論議するしか余裕がありません。 投稿者は多人数ですし, スペースは限られていますし, あとからあとから問題は出てきます。 簡単な感想を付け加える事は許されるでしょうが。 あなたは場所柄をわきまえたほうがいいのではないですか。 ご自分のブログを開設されて, そこで大論説を発表されたら, 如何でしょう。 あなたは再三に渡って, このブログに長大なコメントを記述されていますが, 誰もまともには目を通してはいないでしょうね。

なお,私は 「幼稚なネット左翼」 ではありませんよ。 小沢幹事長の 「憲法第九条第三項」 の追加等を, 筋が通っている提言である, として, それなりに評価しております。 それがあなたには理解できないとしたら, 「『正義』が廃れて『邪義』が蔓延る」 のも, 故なきにあらず, ですね。

「交戦権を保持しない自衛隊」 とは何ですか?  ルアンダの 「空輸派遣隊」 は, 正当防衛のために必要な武器を携帯しましたが, 万一応戦した場合には,  相手を 「敵と見做して」 「加害行為を加える」 交戦権を行使するのではなかったのですか。 ご自分一人でお考えください。 あなたと論争しても始まらないので, 回答は無用です。

良心派様 mochizuki様

この掲示板は、文章量で評価されるものではなく、相手に影響を与えられるかの基準で皆が参加してます。
「無益な論争」でなく、もっと普通に対処したらいかがですか。私も長い文章は基本的にスルーです。

おやおやとかボケ爺さんへの基本的スタンスは、「スルー」です。
面倒な話は原則に戻ってください。

日本の国防をどうするかなんて
政権交代を完成してからの議論のテーマでしょ。その時には私も付き合いますが、今はそんなときじゃない、という「認識」を問われています。

マスゴミは、昨日の「テレビタックル」もいよいよ鮮明に反政府、民主党こき下ろし路線に純化しました。ますます露骨になるマスゴミの暴虐にどう対処するのか、そのことの方が先です。

昨日の沖縄代表団の政府訪問や集会を報じたのは、テレ朝だけでした。もはや都合の悪いことは無視し、政府批判のネタになることをクローズアップするのがマスゴミの使命です。

我々は対抗メディアとしてあるいは対抗手段として何ができるのか、もしこの政権交代を支持するものならば、そのことに集中すべきです。

<良心派様>
スレ違いをご容赦ください。村山富市、懐かしい名前を聞き、少し書きたくなりました。
あの時の社会党左派は、とてつもない失態を行いましたし、小沢氏は、後悔してもしきれない社会党離脱によって政権を手放す羽目になりました。
新進党は、政権を手放さぜるを得ず、議員を一本釣りされ、衆議院選挙においても1万票以下の得票差で落選した議員が70人を越えるなど、選挙戦術を間違えました。
今、小沢さんは、当時を猛烈に反省しているから、福島瑞穂ちゃんの携帯には必ず出るし、社民党をとても大切にしています。「選挙において、最後は社民党の5千票が役にたつんだ。だから僕は君たちを大切にします」と、辻元議員に語ったのです。
まだ脂ぎっていて、イケイケだった当時と、今の小沢さんは違います。勝って驕らず、少数意見にも耳を傾ける謙虚さがあります。
そこが、政治家として未熟な前原氏や岡田氏とは違う所です。
「何であんな少数党に配慮するんだ」と、民主党の中堅議員が考えているなら、まったく筋違いです。
かつての自民党は、社会党の政策で国民の支持が高いものについては、少しだけ修正して法案として通しました。7割は、他党のいう事を聞き、3割は自党の政策を上げる。こうして、日本は素晴らしい国として発展してきました。
少数意見にこそ、真実がある。という格言を実行したから、自民党は長く政権を手中にしていたのです。
今でも、平野貞夫さんは、国民の3割に反対があったら、やるべきではない。ガバナンス能力とは、究極には我慢する事だと語っています。
力の大きいもの、声の強いものに従った政策を行い、日本を沈没させた清和研政治とは、そこが違うのです。
スレ違いで申し訳ありませんでした。

普天間問題に対する鳩山政権の官房長官の諸行、普天間基地移設に関する日米の状況を鑑みた「池田香代子ブログ」を引用したい。

2010年4月19日 
中略
引用開始:
鳩山さんが緊急記者会見を開いて、こう発言すれば。

「本日、官房長官を解任し、新たに○○を任命することにいたしました。

新政権が発足してからこれまで、米軍基地にかんする沖縄のみなさまの負担軽減のために八方手を尽くし、検討をかさねてまいりましたが、その結果、沖縄、徳之島をはじめ、国民のみなさまが米軍基地を受け入れがたいと考えていることがよくわかりました。主権者たるみなさまの意志を踏まえ、わたくしは、国民の厳粛な信託によって国政をになう者として、日米の旧政権が交わしたSACO合意を見直すことを、オバマ大統領に提案することにいたしました。

大統領には、普天間基地はそもそも無条件に返還されるべきものであったことを、想起していただきます。当面は、基地運用の米国内法を適用し、普天間基地の運用を停止していただきます。民主主義の盟主であるアメリカの大統領は、この事の理(ことわり)をきっと理解してくださると確信します。

交渉には困難が予測されますが、アメリカ政府も基地の立地条件として、地元の受け入れを挙げています。これはもちろん、わたくしども日本政府の最大の条件でありますので、日米の考え方にいささかの径庭もありません。これから新官房長官を筆頭に、関係閣僚はみなさまの民意をうけて、ぞんぶんに働いてくれるものと信じています。

今後とも、日米関係は大切にしてまいります。一例を挙げますと、今年中に償還が予定される30兆円の米国債につきましては、わが国の財政はきわめてきびしい状態にありますが、できるかぎりの買い換えの交渉に、誠意をもって応じるつもりです。国民のみなさまからは、そんな金があるなら景気浮揚や財政立て直しに使え、とお叱りをいただくと思いますが、ここはぜひご理解をいただきたいと思います。
引用終

http://blog.livedoor.jp/ikedakayoko/archives/51392368.html

恵美さんへ

反代々木で社会党の傍流と言われていた組織に属していた自分としては、あの社会党が自民党と手を組んだことは口惜しくて仕方ありませんでした。俺達は誰のために汗と血を流したのか、生涯忘れることはないでしょう。

がゆえに、私はこの「連立」に期待してきました。小数であろうとなかろうと、意見が違おうと、組んだ相手はとことん信じ、切磋琢磨していく、そう真の「民主集中制」という現実を実践してくれるのではないかという期待は、益々報われた気がします。

だから、「文句は言えばいい」「論争は意見の異なるとこからしか生まれない」の趣旨で、少数タリとも遠慮なく物言いをしている亀井さんを尊敬しています。福島さんは危なっかしいけど、穂坂さんもいるし、言うべきことはもっと主張すべきと感じていますし、宗雄氏や田中氏が外の会派としていいバランスでものを言ってくれています。なかなかいい感じです。

対する、むしろ民主党内のごく一部の方が、基本的に問題あり、と感じていますが、その歴史を考えれば、「虫」の紛れ込むことも「敵の工作」に乗じる輩も当然生まれてくるのも仕方ないのでしょう。ちなみに私達の組織には結党時代からの「草」が存在していました。

昨日小沢氏は「前原の発言なんかには関心がない」と言い放ちました。「もし自分だったら」と思うと胸のすく思いです。小沢氏は意気軒昂、正道を貫いています。

>投稿者: WL1の風 | 2010年4月27日 11:02

失敬だね。自分だってたいしたこと書いてないくせに。

結局誰も軍備は減らせ、軍事的解決はナンセンスといいながら、中国の軍拡に限っては非難せず、軍縮なんて言い出せないのがよくわかりましたよ。

軍事抑止力が不要なら、中国も軍事力必要ないんじゃないの?
経済的に力があればいいなら、中国も軍事力必要ないんじゃないの?
紛争もすべて平和的・政治的に解決するというなら、中国も軍事力必要ないんじゃないの?

簡単なこの質問に答えられる、罵倒重ねたり捨て台詞空いたりしたりして逃げてる様は、果たして国家天下を語るには、先に身につけるべきことがあるんじゃないですかね。
と思います。

WL1の風さん   em5467-2こと恵美さん

ご忠告, ご意見, ありがとうございます。 「社青同解放派」 とか 「フロント」 とか, いろいろありましたね。 しかし, 「村山富市」 首相には, 今でも憤懣やるかたない思いです。 自民党も手控えていた 「自衛隊」 = 「軍隊」 論を, いけしゃあしゃあとして, 容認したからです。 ばかめ, という思いでした。

中国の軍備拡張と同じくして、アメリカの軍備拡張も同時に語る必要がある。
アメリカの軍備戦略として、核兵器開発維持費削減した分、通常兵器の開発増強がある。
悲しいかな、冷戦構造がアメリカー中国になってきていることはゆがめない。
この背景には、軍需産業がある意味経済を支えている実情がある。
コンピューターにしろ、GPSやインターネットの技術は、軍事産業の開発から生まれてきた。
相手が、より強度に軍備を配置・開発すれば、更に相手はそれより上を目指す。
普天間の問題の背景にあるのは、いずれにしても軍備による経済構造であると私は思っています。
経済の活性化と軍事施設の地域生活安全性この相反するものの両立はなく、どちらに重きを置くかでも解決方法は異なる。

良心派様(2010年4月27日 10:04)

 先ず、貴方様が去れと議論をし、誰とは議論をしないかは、貴方様の『自由』であり、私が誰の論説に対して異論・反論・抗議を唱えるか唱えないか、またそれを如何に表現するかは、私の『自由』であるが、『自由』には能力と責任が必ず付随することを弁えて下さい。

因みに、「…と、私は思量します」と書くのは、誰某かいうからではなく、私自身が、自分の頭で論理的に考えて、自分自身の『正義』に照らして出した合理的な結論であることを明示し、他に転嫁せずに文責を自覚するための表現に過ぎませんので、批判されることは、むしろ、歓迎します、『正義』は、誤りを、憚りに逃げ込まずに、改めることにより確立するものでしょうから…。

 次に、このブログの目的を如何に理解するかは、人其々の『自由』ですが、或る物事の『正義』についての解釈を巡って論ずることを一義的な目的としての設けて頂いた、在り難い場であると、私は弁えております。

因みに、「事実認識」の真偽を判断するには、事実関係を特定して収集した個々の情報の情報源の確実性と情報変化容量および情報量を勘定して信頼性を高めるための個人個人の能力が一義的な問題であり、論議して決めなければならないというのは、能力不足を他に転嫁しているに過ぎないのでは…。

尚、売文屋ではない私は、他人の論説についての感想を書くごとに何の価値もなく、それを読む価値などはさらないと弁えていますが、誰もまともには目を通してはいないと思しき私の拙い文章を、ご精読頂いたとはとても思えない良心派様から、ご親切な感想文を頂きましたが、ご指摘の点は、在り難く拒絶させていただきます。

 貴方様が「ネット左翼」か「ネット左翼」か「ネット中道」かを私は存じ上げませんし、そんなことに私は興味はございませんが、貴方の憲法第9条の解釈についてのご見解が幼稚であると、私は評価させていいただきました、悪しからず。

因みに、小沢一郎さんの『「日本国憲法改正試案」を拝読し、「小沢一郎が言ったからでなく、自分の頭で論理的に考えて、結論を出してほしい」というご要望に応えて、『自由党ひろば』に異論・反論を投稿させていただきましたが、「日本の平和活動は世界の国々が加盟し、唯一の平和機構である国連を中心にやっていくしかないと、私は考えている。全文で書かれている国際協調主義は、遂条にも具体的に盛り込まれることが望ましい。そこで日本国憲法第二章第九条に続いて、『国際平和』侵略行為から、国際の平和と安全の維持、回復のため国際社会の平和活動に率先して参加し、兵力の提供をふくむあらゆる手段を通じ、世界平和のため積極的に貢献しなければならないというような一条を創設することにより、憲法の目指す国際協調主義の理念はより明確になるだろう」という趣旨の件は、既に、憲法第98条の第2項に「日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする」と規定されていますので、右翼・左翼・中道を問わず普遍的な『正義』であり、態々憲法を改定するほどの重大事ではないというのが、私の感想です。

然し、「直接的に武力攻撃を受けたときの反撃手段のため、最小限度の軍事力として自衛隊を持つ。加えて国連の一員として平和維持活動に協力して「国連常備軍」の創設を計画したり、軍縮や核兵器廃絶などの具体的な目標を法律(安全保障基本法)に織り込むことも可能である」という件について、仮に、国連が日本に対する制裁決議をしたとき、日本は、どのように対応するかについて投稿しましたが、明確な反応はありませんでした、然し、最近になって、「日本の本質を変えずに生き遺すためには、仮令、国が滅んでも『正義』を行わなければならない」と覚悟し、また、特別の事情がある場合に『交戦権』を例外的に認める事案の可否は、主権者たる国民の直接投票で決定するのが日本国憲法の『正義』だと確信しました。

WL1の風様(2010年4月27日 10:46)

> この掲示板は、文章量で評価されるものではなく、相手に影響を与えられるかの基準で皆が参加してます。「無益な論争」でなく、もっと普通に対処したらいかがですか。私も長い文章は基本的にスルーです。<

 その通りですね。
 然し、有益と無益、普通と特殊の判断基準は何でしょうか…?

> おやおやとかボケ爺さんへの基本的スタンスは、「スルー」です<。

 ボケ爺さんは知りませんが、おやおやさんの意見は、『正義』の方便を考える契機になります…。

> 面倒な話は原則に戻ってください。

 然し、『正義』が何かを明確にしなければ『原則;standard(立脚点・集合場所)」には戻れませんよね…。

mochizuki様

貴殿の主張には基本的に私は同意しています。ですからそのテーマに関して論ずるときにはつき合わせていただきますが、良心派様も含めてこの掲示板の趣旨は参加者達同志の議論での自己満足ではいけないのです。

ROMということをご存知でしょうか?
発言するまでもないが、このThe Jornalに興味を持って、閲覧されている、発言者の数十倍の方々へのメッセージ伝達手段として、新たなネットメディアとしての伝達の場としてお考えいただけないでしょうか。

それには皆にわかりやすく、読みやすく、皆が参加でき発言しやすくなるような「配慮」が望まれているのです。そういう「配慮」がされた書き方をされると、Mochizuki様の発言は更に評価が高まると思います。

最近の世論調査=世論操作とネガティブキャンペーン効果測定アンケート=マッチポンプ
はまったく充てになりませんが、昨年の政権交代後の歪曲の激化する前の数字では、自民旧政権支持者は約18%存在したと思います。それが増えたか減ったのか、もはや二度とまともな数字は出てこないと思いますが、
そのことは、常に18%ほどの旧政権、コアな旧政権信奉者が存在しているということです。
つまりはいかなる掲示板や露出するメディアにおいても必ず同程度の「異端分子」は存在するのです。
 その類のコアな信奉者達のマインドをやすやすと変革することはできないと思いますが、
我々の目標はひとりでも多くのそういう信奉者や一般B層、特に私も含めて「小泉改革」に「騙された」浮動層の意識を少しでも「政権交代」の意義を感じ取っていただくことにテーマはあります。
 ですから、必ず旧政権信奉者はその種のことが気に食わないから「意見が異なる」相手に自分の主張をごり押しして自分の正当性を主張するために「工作」やら「プロパガンダ」やら「デマゴキ宣伝」を繰り返すのです。
 いまや、それがこれまでの「ネットウヨ」なんぞの規模ではなく、マスゴミ全てが、「妨害者」に舵をきり、風前の灯の「放送利権」を駆使して、反政府ネガティブキャンペーンを開始しているのです。

政権交代後に国民の生活は、自公時代に比べて悪化しているのでしょうか。
自民からも「除名」されたような御仁達が本当に未来の日本をリードしてくれるのでしょうか、あるいは国民の7割もの人が首相にふさわしい、と本当に思っているのでしょうか。
少なくとも除名した自民党及びその支持者たちは、彼らを今更首相にふさわしい、とは思いませんよね。それだけで残りの母数は8割をきります。そして民主党支持が仮に25%としても残りは55%でしかありません。こんな小学校の「学力テスト」レベルの算数すらできない輩のマスゴミ関係者が、政権打倒に向けてネガキャンに邁進しているのです。

「なにをなすべきか」今こそ問われています。

WL1の風氏の言うボケ爺さんとは、 mochizuki さん、 あんたのことだよ。 わかんないの?  そうか、 ボケ爺さんだもんね。 「おやおやさんの意見は、 『正義』の方便を考える契機になります」 ?  なんだ、 あんた達は同じ穴のムジナか。 「おやおやとかボケ爺さん」 と、 WL1の風氏が同列に置いた訳だな。 良心派氏の憲法第9条の解釈についての見解が幼稚である、 とあんたが悪口言ってるので、 このサイトの良心派氏のコメントを読んでみたけど、 憲法第9条の解釈は書いてなくて、 小沢一郎の国連待機軍構想を引用して、 自衛隊を国連の平和維持活動に利用できる、 と評価してるだけで、 あんたが自分勝手に熱くなってるだけだね。 最後に、 立脚点が集合場所だなんて、 聞いたことないよ。      

WL1の風様( 2010年4月27日 14:12)

 はい、『ROM』ということは存知ている積りですが、WL1の風は『RAM』ということをご存知でしょうか?

因みに、単なる娯楽が目的ならば読むだけでも満足できるでしょうが、真の『正義』を求めたいなら、分からない事が生じたら、「1回道に迷うよりは、10回投稿して質問した方がよい』ではないでしょうか?

根拠が不明確な固定概念や主観に依る独断的な『正義』による快楽を求めるならば別ですが…。

今回の守屋氏の話を聞いて、目から鱗のような感じがしました。

マスコミの報道では、沖縄の基地問題について、沖縄の人々は被害者しかいないような
ことをさんざん垂れ流していますが、現実はそうではないようですね。

特に興味深かったのは、国から沖縄へ約6000億円もの基地負担金が投入されているという事実です。

そして、それらは特定の地元有力者のみを潤しているだけで、
直接被害を被っている基地周辺住民には行き届いていないとう事実です。

守屋氏のお話の中で、言われてみればその通りだと思ったことは、
基地周辺に住んでいる人々は、お金が無いからそのような場所に住まざるを得ないわけで、
お金があればもっと快適な場所へ引っ越せば良いだけです。

逆を言えば、国からの巨額の負担金が、基地周辺住民に行き届いていないことの
証拠とも言えるのでしょう。

基地周辺住民の人々ははこのような事実に気づいているのだろうか?

反対決起集会などで政府への抗議活動を行っているが、
結局、地元有力者のみを潤すだけの為に利用されているだけではないか?
という危惧を感じています。

新聞・テレビには、このような私の危惧を検証するような報道を期待しています。

匿名 様(2010年4月27日 14:47)

 おやおや、WL1の風様のご意見の真意について、ご親切なご教授ありがとうございます。
 『ボケ爺さん』で検索したが見当たりせんでしたので不思議に思っていたのですが、おかげさまで、疑念が解消してすっきりしました。

 然し、良心派様は、≪旧社会党 「村山富市」 首相が自衛隊を合憲と認めて, 憲法第九条を踏みにじり, 日本の海外派兵の道を切り開いたのを, 知らないのですか≫(2010年4月26日 11:19投稿)と発言しておりますが、憲法解釈をしていないならば、当事首相の村山富市さんが自衛隊を合憲と認めたことが、何故に憲法第九条を踏みにじったことになるのでしょうか?

 因みに、ルワンダ共和国における内戦を契機に周辺国に流出した大量の難民は、コレラ、赤痢などの蔓延により多数の死者が出るなど、極めて悲惨な状況にあり、日本国は、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の要請を受け、国際平和協力法に基づく初めての「人道的な国際救援活動」への協力として、医療、防疫、給水、空輸などの分野で救援活動を行うため、1994(平成6)年9月から12月までの間、ザイール共和国(現コンゴ民主共和国)のゴマなどに、自衛隊の部隊などを派遣したの活動は、自衛隊を国連の平和維持活動に利用した実績ですが、良心派様は,ご自分の幼稚な発言の結果を、小沢一郎さんの『国連待機軍構想』に転嫁して、憚りに逃げ込む準備をしたのでしょうか?

 尚、立脚点が集合場所だなんて、人から直接聞いたことは私にもありませんが、昔、英和辞書で「standard」という単語を調べたとき、≪standと関連して、元は「立脚点」の意→(軍隊の集合地点)→(その場所を示す)「旗印」≫という趣旨の説明があったのを、『ボケ爺さん』が記憶していただけですが、最近の辞書にも≪旗, (特に)王旗;《紋章》スタンダード, 軍旗;《軍》旗, 軍旗, 隊旗, (特に)騎兵連隊旗≫という訳語はあるようですね。

 最後に、句読点の代わりに空白を使うような独特の作文形態は、匿名 様(2010年4月27日 14:47)の他に、最近どこかで見たような気がするのですが『ボケ爺さん』には思い出せません…。

mochizuki さん

「根拠が不明確な固定概念や主観に依る独断的な『正義』による快楽を求めるならば別ですが」

ほかならぬ mochizuki さん、 あんた自身がその快楽を求めてるじゃないか。 参考書からせっせと書き写した自分のコメントを読んだら、 わかりそうなもんだよ。 自己満足的な正義とやらを、 他人に押しつけるのは、 誇大妄想狂だよ。 WL1の風氏があんたをからかっているのが、 わかんないの?

mochizuki様

ボケじいさんは貴方ではありません。
「時間軸」でわかる人にはわかるし
わからない人は、新しい「匿名」さんであることを意味します。また少なくともオヤオヤさんはボケ爺とは同一人物ではないことが判明しました。

「賛意」を示す相手に「ボケ爺」なんていいませんのであしからず。

WL1の風様(2010年4月27日 14:46)

>「なにをなすべきか」今こそ問われています。<

 で、具体的には何をすべきでしょうか? 是非お聞かせ下さい。

 因みに、2001年に小泉純一郎さんが内閣総理大臣に就任した当時、『ボケ爺さん』こと私奴は、日本国民は今何をするべきかを考え、『サル大国の主権者』としては、取り敢えず、日本国憲法の『正義』についての自分の確信するところの意見を唱えるしかないと考え、『自由党ひろば』を最初とし『小沢一郎掲示板』、『飛騨チャンネル』、『産経‐iZa』、《THE JOURNAL》などに投稿を続けております,ほかに手段がないものですから…。

おやおやさんへまず 中国の事になると頭云々 はあやまります茶化してはいけませんね失礼しました。それで私が青春の反米と思われたかもしれません、それから中国人の意思云々は変換になれてないせいです、がそれで中国政府も軍隊も体制もひと括りにしたつもりでした。で 本題です軍縮とゆうのは散々軍拡をやってオーバーキルか経済的にきびしくなってやっと軍縮のテーブルにつくと思ったので無理でしょうと言ったのです。それと純粋に今の時点で日米の軍事力は質量圧倒していると思っています。人口は別だけど、そこの認識が違うのでしょうか    
これっぽっち書いても私は疲れます。いつもは見ているだけなんだすがたまに疑問を感じたりすると投稿したくなります。じゃまだったかもしれません失礼しました。

沖縄の基地負担の減る事を願っています 

もう何度になるか忘れましたが、私は「軍事力学者」です。
すべての戦闘の勝敗は軍事技術の優位性において担保される、と考えています。
その上で、日米共同軍に対して、中国軍および北朝鮮軍は取るに足りない戦力です。
したがって両者の軍事的脅威は今はありません。その根拠は電子戦能力とC3&Iの蓄積と経験の差にあります。また核戦争における戦術的優位技術においても、日米にはあっても、中国にはあるべき技術がまったくありません。

しかし米国は同時に15億の民のいる中国本土を侵略し支配することはもはや不可能ということを悟り、かつての帝国主義的な占領目的の対中国戦争は完全に否定しています。その一方で「局地戦」であれば、勃発的に対応することは可能であり、「停戦協議」を前提とした「衝突」はありえるかもしれないと想定しています。一方中国は、万が一の場合、弾頭非搭載のミサイルを的確に東京湾のど真ん中に撃ち込み、いつでも「中国につくか米国につくか」日本政府に選択を迫ることを想定しているようです。

かつてベトナムと戦争をし、人海戦術で苦戦した反省として中国は軍の近代化をテーマとしました。その後軍拡に走ったのは言うまでもありませんが、「近代化」の実戦経験はゼロです。あくまで「自衛の為の軍備である」というのはあながち嘘ではないと思います。核保有国の超大国とさしで渡り合う為の必要最小限の軍備は必要なのでしょう。現在は戦闘機のスティルス化と航空母艦の建造に躍起となっていますが、肝心の主幹技術の部分でどうしても日本の技術と材料が欲しい、今、影に隠れて日本企業との秘密調達交渉に余念がありません。北朝鮮でさえ日本から調達できるのだから中国ができないわけがないとしてかなりの専門部隊を日本に潜入させています。「金になればいい」という平和ボケした企業人は日本には五万といます。

北朝鮮も「射出魚雷」を作ってみたものの、金もなく無駄に軍事訓練もできないので、試してみたい衝動に駆られて、安易に試したら、一発で駆逐艦が沈没してしまって慌てふためいているのです。その原因は当初から判明し、米軍も確認しているものの、政治的配慮から、どうするかの判断に戸惑っているのが実際のようです。

既に個別国輸出総額で中国輸出はアメリカを超えている。これからもこの差は開く一方だろう。中国脅威論を振りかざし、成功裏のうちに自公政権時代に戻ったらそれこそ、中国におもちゃやお菓子を輸出するのでさえ言いがかりをつけられてパクられかねん。
そういったことをされるのを嫌がる企業は中国輸出依存度が増えるにしたがって増えていき、ヤマハだけではなく比例して当然増えていくはずだ。つまり今までは自民党と呉越同舟だった経団連といったバックアップ団体にしても、中国脅威論を振りかざせばかざすほど、それは異論を呼ぶ結果となって、しまいには第二経団連構想なるものが現実となるだろう。

一発で駆逐艦が沈没 とゆうのは韓国のですか外部爆発とか言ってるので機雷か魚雷かと そうだったんですかでもどこからの情報ですか教えて下さい。

守屋武昌様 神保哲生様 

 内閣総理大臣の鳩山由起夫さんは、本当に『迷走』しているのでしょうか?

 因みに、誰が、定めた道や予想した道を大きく外れて進めば『迷走』と呼ぶに値するのでしょうか?

 困難な事態の中で物事の進むべき方向が容易に定まらないのは間々あることですが、何時までに結論が出ない場合は『迷走』と呼ぶに値するのでしょうか?

 内閣総理大臣の鳩山由起夫さんが『迷走』しているように見えるのは、守屋武昌様のように優秀な官僚が定めた道と 神保哲生様のように優秀なジャーナリストが予想した道にの上を進むだけの旧来の自民党内閣の『従順走』に慣れ親しんだ所為ではないでしょうか。

 困難な問題は困難なりに、曲がりくねった道でも道なりに、分かりやすく走るののは、むしろ『順走』と呼ぶに値するのではないかと、私は思量します。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

神保哲生(じんぼう・てつお)

-----<経歴>-----

1961年東京生まれ。
15歳で渡米。コロンビア大学ジャーナリズム大学院修士課程修了。
クリスチャン・サイエンス・モニター記者、AP通信記者を経て独立。
ビデオジャーナリストの草分けとして、日米の放送局に映像リポートやドキュメンタリーを多数提供。
2000年1月、世界初のニュース専門インターネット放送局『ビデオニュース・ドットコム』を立ち上げ代表に就任。
2001年4月より『ビデオニュース・ドットコム』で宮台真司氏と人気ニュース番組「マル激トーク・オン・ディマンド」のキャスターを務め、現在にいたる。
2005年4月より立命館大学産業社会学部教授を兼務。
2008年4月より、早稲田大学ジャーナリズム大学 院非常勤講師を兼務。
専門は地球環境問題、開発経済、メディア倫理、日米政治関係。

BookMarks

ビデオニュース・ドットコム(有料会員登録制)
http://www.videonews.com/

ビデオジャーナリスト神保哲生のブログ
http://www.jimbo.tv/

マル激!メールマガジン
↓ ↓ ↓


-----<著書>-----

新刊!
↓ ↓ ↓

『格差社会という不幸』
2009年12月、春秋社、共著


『民主党が約束する99の政策で日本はどう変わるか?』
2009年7月、ダイヤモンド社


『オルタナティブ・メディア―変革のための市民メディア入門』
2008年12月、大月書店、翻訳・解説


『教育をめぐる虚構と真実』
2008年10月、春秋社、共著


『ツバル―地球温暖化に沈む国』
2007年7月、春秋社、増補版


『ビデオジャーナリズム―カメラを持って世界に飛び出そう』
2006年7月、明石書店


『中国―隣りの大国とのつきあいかた』
2007年6月、春秋社、共著


『アメリカン・ディストピア―21世紀の戦争とジャーナリズム』
2003年9月、春秋社、共著


『天皇と日本のナショナリズム』
2006年11月、春秋社、共著


『ネット社会の未来像』
2006年1月、春秋社、共著

『粉飾戦争―ブッシュ政権と幻の大量破壊兵器』
2004年3月、インフォバーン、監訳

『プロパガンダ株式会社―アメリカ文化の広告代理店』
2004年8月、明石書店、解説

『漂流するメディア政治―情報利権と新世紀の世界秩序』
2002年10月、春秋社、共著

『地雷リポート』
1997年11月、築地書館

『ビデオジャーナリストの挑戦』
1995年11月、ほんの木

『重要政策全比較―シリウス・日本新党・平成維新の会』
1993年7月、ほんの木

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.