Calendar

2010年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Comments

密約は本当に必要だったのか
おやおや 04/04
mochizuki 04/04
辻 隆 04/04
匿名 04/04
放火犯=英雄視 04/04
vega 04/05
mochizuki 04/05
春霞寿 04/05
vega 04/06
匿名 04/12

« 元通産官僚が明かす「霞ヶ関文学」という名の官僚支配の奥義
メイン
なぜ日本はデフレを脱することができないのか »

密約は本当に必要だったのか

春名幹男氏(ジャーナリスト・外務省密約有識者委員会委員)
マル激トーク・オン・ディマンド
第468回(2010年04月03日)
密約は本当に必要だったのか
ゲスト:春名幹男氏(ジャーナリスト・外務省密約有識者委員会委員)

 これこそが政権交代の最大の成果なのかもしれない。
 岡田外務大臣は、自らの肝いりで立ち上げた日米密約に関する有識者委員会が、核の持ち込み、朝鮮有事の際の日本からの米軍の出撃、沖縄返還時の現状回復費の肩代わりの3つの密約が、日米間で交わされていたとする検証結果を、3月9日、発表した。

 特に日米安保条約改定時の核の持ち込みと、沖縄返還時の原状回復費の肩代わりの2つの分野では、「広義」との条件付きながらも、過去の自民党政権がその存在を言下に否定してきた密約の存在を政府が正式に認めたことは、戦後史の中でも特筆すべき出来事と言っていいだろう。

 有識者委員会のメンバーとして、密約の検証作業に携わったジャーナリストの春名幹男氏は、核持ち込みの事前協議に対する認識が密約に当たるかどうかをめぐり、委員の間にも意見の相違はあったが、春名氏自身は、これは事実上核の持ち込みを容認するものであり、明確な密約だったとの認識を示した。

 今回の検証作業で新たに発見された引き継ぎ文書などによれば、事前協議に対して日米間の認識に違いがあることは初めから双方とも理解しており、あえてその違いを「お互いに深追いしない」ことが記録されていたという。核兵器の存在を「肯定も否定もしない」アメリカのNDCD政策を知りながら、核の持ち込みついての事前協議の申し入れがないので、核の持ち込みはないと言い切ることが密約そのものであり、日本は国際的には非核三原則を謳いながら、実際は核の寄港や通過は黙認する非核2.5原則だったと春名氏は言う。

 1959年から1960年当時、安保条約改定交渉をめぐって国内は騒然としていた。国会は紛糾し、デモも毎日のように起きていた。とてもではないが、核兵器を搭載した艦船の日本への寄港を公然と容認できるような政治状況ではなかった。

 また、そもそも日米では核に対する感情や考え方が180度異なっていた。その原点は広島・長崎への原爆投下にあるとの見方を春名氏は示す。日本人の誰もが核の恐怖を脳裏に焼き付けた原爆投下は、米国にとって兵器としての核の有効性を確認するものだった。それ以後アメリカは、戦後の軍事戦略を核兵器を中心に組み立てていった。

 日本国民の核アレルギーは簡単に取り除けるものではない。しかし、冷戦下において東西両陣営の核開発競争が進む中、日本の安全保障の確実なものにするためには核兵器を戦略の中心に据えるアメリカの加護を受けるしかない。密約はそう判断した当時の政権の苦渋の決断であり、密約そのものは合理的なものだったと春名氏は言う。

 しかし、国会や国民のチェックを受けないばかりか、事実上国民を騙すことになる密約の妥当性を判断するためには、後世まで記録が保存され、それが一定の期間と条件の下で開示されることが不可欠となる。今回の密約騒動も、まずアメリカ側で機密が解除された密約文書が見つかったことがきっかけだった。

 ところが日本側の調査では、密約の証拠を裏付ける重要文書の多くが破棄されるなどして行方不明になっていることが判明した。3月19日の衆院外務委員会では東郷和彦元条約局長が、自らが整理し後任に引き継いだはずの密約ファイルのうち、最も重要な文書のいくつかが消えていることを明らかにしている。また、外務省が大量の文書を廃棄していたという情報を東郷氏が証言している。

 外務省は何を隠したかったのか。春名氏によると、情報施行前の文書大量廃棄は、各省庁でも起きており、外務省に限らないとはいうが、特に外交密約は文書が破棄されてしまえば、真実は永遠に闇の中に葬られてしまう。脱官僚、政治主導を標榜する民主党政権の岡田外相が、外交文書の保存・公開基準を定める省令の制定を急いでいることは評価に値するだろう。

 また、今回の密約調査で、政と官の関係にも問題があったことが明らかになった。高度な政治判断だったはずの外交密約が、いつの間にか官僚の引き継ぎ事項となってしまったために、説明責任を負いたくない官僚が、その証拠を隠滅するというようなことが起きてしまったからだ。仮に密約を認めるとしても、なぜそれが政治家から政治家へと引き継いでいくことができなかったのかは検証を要するはずだ。 戦後史上初めて明らかになった密約の内容とその妥当性を、委員の1人として実際の検証作業にあたった春名氏とともに議論した。


今週のニュース・コメンタリー
国松長官狙撃事件に見る公安警察の劣化
 報告・青木理氏(ジャーナリスト)

自殺について警察資料から見えてきたもの
 解説・清水康之氏(ライフリンク代表、内閣府参与)

普天間移設問題におけるアメリカの真意
 解説・神浦元彰氏(軍事ジャーナリスト)

記者会見オープン化調査への疑問


関連番組
マル激トーク・オン・ディマンド 第465回(2010年03月11日)
マル激スペシャルウィークin沖縄
沖縄密約と普天間移設問題の接点
ゲスト:我部政明氏(琉球大学法文学部教授)

マル激トーク・オン・ディマンド 第446回(2009年10月24日)
シリーズ・民主党政権の課題5
今、自殺対策は政治の出番だ
ゲスト:清水康之氏(自殺対策NPO法人ライフリンク代表)

マル激トーク・オン・ディマンド 第433回(2009年07月25日)
密約問題が示す無法地帯と化した日本外交の現実
ゲスト:河辺一郎氏(愛知大学現代中国学部教授)

マル激トーク・オン・ディマンド 第256回(2006年02月23日)
日米偽装同盟はここから始まった
ゲスト:西山太吉氏(元毎日新聞記者)

ビデオニュース・オン・ディマンド (2009年12月03日)
歴史の事実を伝えることが日本の将来に有益
吉野元アメリカ局長が沖縄密約の存在を法廷で証言

プレスクラブ (2009年07月13日)
核密約を否定した政府答弁は修正を
河野太郎 衆院外務委員長記者会見

<ゲスト プロフィール>
春名 幹男(はるな みきお)ジャーナリスト・外務省「いわゆる「密約」問題に関する有識者委員会」委員
1946年京都府生まれ。69年大阪外国語大学(現・大阪大学)卒業。同年共同通信社入社。本社外信部、ワシントン支局長、特別編集委員などを経て07年退社。同年名古屋大学大学院国際言語文化研究科教授に就任。10年3月退官し、4月より同特任教授。著書に『秘密のファイル-CIAの対日工作』、『ヒバクシャ・イン・USA』など。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6803

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 密約は本当に必要だったのか:

» 【日米密約】追従外交の残滓を一掃するためにも徹底的な調査を再開すべきだ【属国化】 送信元 ステイメンの雑記帖 
 戦後の日米関係における最大の闇とも呼べる4密約問題に関しては、これまで拙ブログでも幾度となく取り上げてきたところである。  そして、外務省に設置された有... [詳しくはこちら]

» 【立川事件】情報公開を徹底して旧政権時代の闇を解明せねばならない!【内政干渉】 送信元 ステイメンの雑記帖 
 他地域に居住する者にとっては馴染みが薄いが、東京都の立川市と秋川市に跨る地域に国営昭和記念公園という国営公園が整備中である。  これは、先帝陛下のご在位... [詳しくはこちら]

コメント (11)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

あらら、消されちゃった。

まあ、短く書き直すと、検証するならしっかりと。くれぐれも「現状肯定」のための道具にしないようにお願いしたいな、ということ。

それが識者としてのモラルなんじゃないかな。

新保哲生様

 現実に存在する在る物事が、本当に必用であったか否かを論ずるならば、先ず、その物事がなかったと仮定したとき如何なる情況になっていたかについての事実関係を特定し、次に、個々の事実の真否について、因果の道理と証文に基づいて、自分の頭で論理的に考えて、合理的に推察した論拠と結論をだし、次に、一つ一つ事実について、現実の証拠を提示して裏付けをして真否を明らかにしていただきたいと思います。

 核の持ち込み、朝鮮有事の際の日本からの米軍の出撃の密約は本当に必要だったのかについては、いわゆる『核の傘』に本当の抑止力があるのか、それとも、実体は、差すに差せない破れ傘、挿せそで挿せない美人局の類かの判断資料になると思います。

 また、沖縄返還時の現状回復費の肩代わりの3つの密約が密約は本当に必要だったのかについては、アメリカ合州国が、本当に日本の安全保障のために沖縄の基地を使用しているのか、それとも、単に米軍の軍事戦略のための利権を維持しているのかの判断資料になると思います。

密約は自民党のためのもの。
民主党は徹底的に追及してください。

噛み付いたのが原因で返り討ちに遭ったの?
逆の立場だったら?噛み付いたあの勢いだら?
大国で銃社会で自分たちで救済できる国で・・・ある程度自力救済出来て・・・
ひねりつぶされなかったほうが
不思議ジャマイカ?
経済的にもこんちくしょうめって思った時だってあったろう。
中国はメンツが物凄いらしいじゃん。どうすんのこんなことでメリケントああだくだって、向こうはこんなこと話題すらないらしいじゃん。なんかの目くらまし的話題じゃないの?

You Tube の
「100323郷原信郎」見たよ~

郷原さんによると
検察は
放火犯。

マスコミはその火事を
手助けする共犯者らしい。

そしてその「成果」を毎回
世論調査で確認。

この繰り返しなんだろうね。

それにしても・・

民主党の議員ばかりを狙う
検察を
国民は何故もっと疑わない!?

きっと国民の頭の中・・
「小泉フィーバー」でまだ
時が止まってるんだろうね笑

官房機密費も公開しないくせに、なにを偉そうに言う資格があるのか
当時の政権が今の民主党だったとしてもやっぱり密約はあっただろ、という話にすぎない

vega様(2010年4月 5日 00:56)

> 官房機密費も公開しないくせに、なにを偉そうに言う資格があるのか<

 『機密費』とは、“支出の内容を明らかにしないで、機密の用途に充てる費用”のことだから、公開するのは『間抜け』の仕業です。

> 当時の政権が今の民主党だったとしてもやっぱり密約はあっただろ、という話にすぎない<

 問題を摩り替えて他に転嫁するのは『間抜け』の常套手段だが、問題の本質は、民主党だったら如何だったかではなく、機密にすべき内容か否かと、機密事項が漏れたことでしょう、やっぱし。

vega様:

日本も原爆開発に成功していればきっと使ったに違いない、とアメリカ人もよく言いますな。

仮定で事実を目くらましにできるのは、相手が9歳くらいまで。ここに9歳の読者はいないと思いますよ。

いちいち釣られるもんだ
まじめな人が多いんですね~

悪いが基本的に書きっ放しだから。だいたいどこに書いたのか忘れてること多いしw

Vega
そういう君も釣られてる
俺もだけど

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

神保哲生(じんぼう・てつお)

-----<経歴>-----

1961年東京生まれ。
15歳で渡米。コロンビア大学ジャーナリズム大学院修士課程修了。
クリスチャン・サイエンス・モニター記者、AP通信記者を経て独立。
ビデオジャーナリストの草分けとして、日米の放送局に映像リポートやドキュメンタリーを多数提供。
2000年1月、世界初のニュース専門インターネット放送局『ビデオニュース・ドットコム』を立ち上げ代表に就任。
2001年4月より『ビデオニュース・ドットコム』で宮台真司氏と人気ニュース番組「マル激トーク・オン・ディマンド」のキャスターを務め、現在にいたる。
2005年4月より立命館大学産業社会学部教授を兼務。
2008年4月より、早稲田大学ジャーナリズム大学 院非常勤講師を兼務。
専門は地球環境問題、開発経済、メディア倫理、日米政治関係。

BookMarks

ビデオニュース・ドットコム(有料会員登録制)
http://www.videonews.com/

ビデオジャーナリスト神保哲生のブログ
http://www.jimbo.tv/

マル激!メールマガジン
↓ ↓ ↓


-----<著書>-----

新刊!
↓ ↓ ↓

『格差社会という不幸』
2009年12月、春秋社、共著


『民主党が約束する99の政策で日本はどう変わるか?』
2009年7月、ダイヤモンド社


『オルタナティブ・メディア―変革のための市民メディア入門』
2008年12月、大月書店、翻訳・解説


『教育をめぐる虚構と真実』
2008年10月、春秋社、共著


『ツバル―地球温暖化に沈む国』
2007年7月、春秋社、増補版


『ビデオジャーナリズム―カメラを持って世界に飛び出そう』
2006年7月、明石書店


『中国―隣りの大国とのつきあいかた』
2007年6月、春秋社、共著


『アメリカン・ディストピア―21世紀の戦争とジャーナリズム』
2003年9月、春秋社、共著


『天皇と日本のナショナリズム』
2006年11月、春秋社、共著


『ネット社会の未来像』
2006年1月、春秋社、共著

『粉飾戦争―ブッシュ政権と幻の大量破壊兵器』
2004年3月、インフォバーン、監訳

『プロパガンダ株式会社―アメリカ文化の広告代理店』
2004年8月、明石書店、解説

『漂流するメディア政治―情報利権と新世紀の世界秩序』
2002年10月、春秋社、共著

『地雷リポート』
1997年11月、築地書館

『ビデオジャーナリストの挑戦』
1995年11月、ほんの木

『重要政策全比較―シリウス・日本新党・平成維新の会』
1993年7月、ほんの木

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.