Calendar

2009年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Comments

「物言う知事」はなぜ抹殺されたのか
Rio 10/18
PACO 10/18
山中閉居 10/18
中庸 10/18
猪倉徹 10/19
赤虎頭巾 10/19
K.T. 10/19
戸村 達 10/20
ゴンゲン 10/21
K.T. 11/03

« 河野太郎の自民党復活計画
メイン
今、自殺対策は政治の出番だ »

「物言う知事」はなぜ抹殺されたのか

佐藤栄佐久氏マル激トーク・オン・ディマンド
第445回(2009年10月17日)
「物言う知事」はなぜ抹殺されたのか
ゲスト:佐藤栄佐久氏(前福島県知事)

プレビュー

 佐藤栄佐久氏はクリーンさを売りものに福島県知事を5期も務めた名物知事だった。しかし、それと同時に佐藤氏は、国が推進する原子力発電のプルサーマル計画に反対し事実上これを止めてみたり、地方主権を主張してことごとく中央政府に反旗を翻すなど、中央政界や電力、ゼネコンなどの有力企業にとっては、まったくもって邪魔な存在だった。

 その佐藤知事に収賄疑惑が浮上し、5期目の任期半ばで辞職に追い込まれた後、逮捕・起訴された。ダム工事発注をめぐる収賄罪だった。知事は無罪を主張したが、一審は執行猶予付きの有罪判決だった。そして、その控訴審判決が14日、東京高裁で下された。

 今回は一審からやや減刑されたが、依然として懲役2年、執行猶予4年の有罪判決だった。主要メディアもほぼ例外なく「前福島県知事、二審も有罪」の見出しでこのニュースを報じていたので、最近は知事の不祥事が頻発していたこともあり、必ずしも世間の耳目を引く大きなニュースとはならなかったかもしれない。

 しかし、この判決の中身を詳細に見た時に、その内容の異常さに驚かされる人は多いはずだ。判決文からは「無形の賄賂」や「換金の利益」などの驚くような言葉が次々飛び出してくるからだ。判決文は、佐藤前知事が一体何の罪で有罪になったのかが、全くわからないような内容になっているのだ。

 もっとも驚かされるのは、二審では一審で佐藤前知事が弟の土地取引を通じて得ていたと認定されていた賄賂の存在が否定されたにもかかわらず、「無形の賄賂」があったとして、裁判所が有罪判決に踏み切ったことだ。

 元々その賄賂の根拠というのは、佐藤氏の弟が経営する会社が水谷建設に土地を売却した際、その売却額が市価よりも1割ほど高かったので、その差額が佐藤氏に対する賄賂に当たるというものだった。ところが、その建設会社はその後更に高い値段で土地を売却していることがわかり、「市価より高い値段による賄賂」の大前提が崩れてしまったのだ。

 そこで検察は「換金の利益」つまり、仮に正当な値段であったとしても、土地を買い取ってあげたことが「無形の賄賂」の供与にあたると主張し、裁判所もそれを認めた。つまり、取引が正当な価格でなされていたとしても、土地取引そのものが賄賂にあたると認定されたわけだ。

 「セミの抜け殻のような判決」。二審判決についてそう話す佐藤氏は、そもそも事件そのものが検察によってでっち上げられた作り話だと主張し、一審から徹底して無罪を争ってきた。

 他にもこの事件は、そもそもこのダム事業が一般競争入札案件であるにもかかわらず、佐藤氏の「天の声」を認定していたり、弟の土地取引から得た利益を佐藤氏自身が受け取ったわけではないことを認定しながら、佐藤氏を収賄で有罪としているなど、不可解な点は多い。

 にもかかわらず、「換金の利益」だの「無形の賄賂」だのといった不可思議な論理まで弄して裁判所が佐藤氏を二審でも佐藤氏を有罪としなければならなかった最大の理由は、佐藤氏自身が取り調べ段階で、自白調書に署名をしていることだったにちがいない。

 今回宮台氏のピンチヒッターとしてマル激の司会初登場となった元検事で名城大学教授の郷原信郎氏は、「佐藤氏のような高い地位にあった方が、罪を認めていることの意味はとても重い。自白があるなかで裁判所が無罪を言い渡すことがどれほど難しいか」と、とかく自白偏重主義が指摘される日本の司法の問題点を強調する。

 しかし、佐藤氏はこの点については、苛酷な取り調べによって自白に追い込まれたのではなく、自分を応援してきてくれた人達が検察の厳しい取り調べに苦しめられていることを知り、それをやめさせるために自白調書にサインをしたと言う。また、早い段階で自白をしたおかげで、真実を求めて戦う気力を残したまま、拘置所から出てくることができたと、自白調書に署名をしたこと自体は悔やんでいないと言い切る。

 佐藤氏が原発に反対し、原発銀座とまで呼ばれ10基もの原発を有する福島県で原発が止まってしまったことが、日本の原発政策全体に多大な影響を与えていたことも、今回の事件と関係があるのではないかと疑う声がある。しかし、これについても郷原氏は、「今検察はそれほど高級な論理で動いてはいない」と一笑に付す。

 恐らく、東京地検特捜部はある見込みに基づいて、かなりの予算と時間と人員をかけて捜査に着手したのはよかったが、見込み違いがあったのか、なかなか大物が捕まえられずにいたところを、敵が多く、恐らくたれ込みネタも豊富であろう佐藤氏に白羽の矢がたったのだろうと、郷原氏は見る。「見込み違い」「幹部の保身」「筋の悪いたれ込み情報に振り回された結果」といったところが実情だったのではないかと言うのだ。

 佐藤氏自身は、自分が検察に狙われなければならない理由はわからないとしながらも、1年以上もの長期にわたり、佐藤氏の周辺を検察が捜査しているとの情報はあったと言い、最初から佐藤氏を狙った捜査であった可能性を排除はしていない。しかし、いずれにしても佐藤氏は最後まで無罪を主張して闘う意向を明らかにしている。

 今週はマル激特別版として、郷原信郎氏を司会陣に迎え、今回の判決が露わにした数多くの「なぜ?」とその背後にある日本の刑事司法の病理を佐藤栄佐久前福島県知事と議論した。

今週のニュース・コメンタリー
・「無形の賄賂」と「換金の利益」で福島県知事汚職は二審も有罪
・やっぱりウィニーは悪くなかった
・テレビショッピングが広告ではない理由
・記者クラブアップデート
 ・自民党は総裁会見のみオープンに
 ・記者クラブ問題に対する小沢氏の残念な回答

関連番組
マル激トーク・オン・ディマンド 第416回(2009年03月26日)
検察は説明責任を果たしているか
ゲスト:郷原信郎氏(桐蔭横浜大学法科大学院教授)
マル激トーク・オン・ディマンド 第278回(2006年07月25日)
Winnyは悪くない
ゲスト:金子勇氏(Winny開発者)

プロフィール
佐藤 栄佐久さとうえいさく
(前福島県知事)1939年福島県生まれ。63年東京大学法学部卒業。日本青年会議所地区会長、同副会頭を経て、83年に参議院議員選挙で初当選。87年大蔵政務次官。88年、福島県知事選挙に出馬し当選。第5期18年目の06年に辞職後、ダム工事発注をめぐる収賄容疑で逮捕・起訴。著書に『知事抹殺 つくられた福島県汚職事件』。

郷原 信郎ごうはら のぶお
(名城大学教授・コンプライアンス研究センター長)1955年島根県生まれ。77年東京大学理学部卒業。同年三井鉱山入社。80年司法試験合格。83年検事任官。公正取引委員会事務局審査部付検事、東京地検検事、広島地検特別刑事部長、長崎地検次席検事などを経て06年退官し、09年より現職。著書に『思考停止社会』、『検察の正義』など。

飯田 哲也いいだ てつなり
(環境エネルギー政策研究所所長)1959年山口県生まれ。83年京都大学工学部原子核工学科卒業。同年神戸製鋼入社。電力中央研究所勤務を経て、96年東京大学大学院先端科学技術センター博士課程単位取得満期退学。00年NPO法人環境エネルギー政策研究所を設立し、現職。92~06年日本総合研究所主任研究員を兼務。90~92年スウェーデンルンド大学環境エネルギーシステム研究所客員研究員。著書に『北欧のエネルギーデモクラシー』、編著に『自然エネルギー市場』、共著に『日本版グリーン革命で雇用・経済を立て直す』など。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6077

コメント (17)

「無形の賄賂」とか「天の声」とか
いろいろ面白いの考えますね。

検察内部の調査活動費の裏金の不正流用等の公金横領問題を指摘されるや、検察庁は現金出納帳を処分してしまい、証拠を全て消した。これなど検察腐敗の氷山の一角である。また全国規模で起きているでっちあげによる冤罪事件は数え切れない。今や国策捏造、国策逮捕、国策冤罪は日常茶飯事となっている。このような検察暴力が許されていいはずはなかろう。今や検察は戦時中の関東軍と言われており、暴走しているとしかいいようがない。

佐藤栄佐久氏の抹殺はいわずもがなの検察と経産省の官僚がくるんだ原発推進のための、お得意の捏造による国策捜査、逮捕である。過去の類似の事例には事欠かない。最近では小沢秘書の国策逮捕も検察官僚のでっちあげであったことは国民の広く知るところである。

日本の検察官僚の行っていることは民主主義国家にあって、行政、司法権力を暴力的に駆使し、法の正義から逸脱しており、且つその事例の多さは異常である。これは検事総長をはじめ検察官の問題もあるが、やはり検察庁に根ざす構造的問題として捉えなければならない。

民主党連立政権は主権国民のために、検察の数多の無法問題を検証するため中立・公正な外部委員会を早期に立ち上げ侃々諤々の議論を行い、早々に検察組織改革を断行する責務がある。

<検察改革を>
民主党は、取り調べの可視化をスタートに、取り調べ前の弁護士の接見を義務化、最終的には検察特捜部を解体して、検察から逮捕権を奪うべきです。
日本の国民を検察ファッショから守れ!

佐藤福島県知事の事件は覚えています。報道情報しか知らないため多選により腐敗した極悪知事の印象しかありません。

西松問題がなければ、検察が間違ったことをするはずがないと思っていたので、この記事を読んでも俄かには信じられません。

神保様
【本編について】
某ゼネコンが黒いとの情報→政治家を挙げ、自らの権威を保てるとの見込→捜査→空振り寸前→安易に政治家のネガティブ情報に乗る→無理強いの逮捕、公判 というパターンが、
西松事件に酷似していると思いました。

検察は、正義の味方というよりも、自分たちの権威保持の為に捜査を行っているとしか思えず、官報宜しく大マスコミからしか情報を得られなかった時代には通用した手法かもしれません。

しかしながら、ネット社会の現在において、旧来の方法で振る舞っても、あまりにも魂胆がミエミエな為、逆に検察自身が、結果的に自らの権威低下のPRをに行っており、ギャクにしか見えません。

天の声や無形の賄賂という言葉を使った論証過程や、自白第一主義を安易に貫いていく検察や裁判所は、果たして公平な裁判を行い、冤罪撲滅を考えているのでしょうか。

もっというなら心底国民のことを考えて公務についているのか甚だ疑問です。

特高警察―検察―裁判所がつながっていた戦前から、時間の経過に比例して近代化されていないこと自体、国民にとって大きな損失だと思います。

【Nコメについて】
J-CASTの記者が、小沢さん鳩山さんそれぞれが民主党代表の時に記者会見オープンを公言していたが、政府は何故オープンにしないのか、これからはオープンにしていくのかとの質問を小沢さんに行った際、「自分はずっとオープンです。これからもオープンです。政府のことは総理大臣に聞いてください。」と小沢さんが答えたのには驚きました。

小沢さんがどのようなシナリオを考え、このような回答をしたのか定かではありませんが、「政権発足し、一夜にして180度変わることはありませんが、みなさん承知の通り、一部の省庁ではオープンになっています。今後はこの傾向が徐々に広がっていくのではないでしょうか。未だ政権発足して一月足らずです。温かく見守ってください。」と言えば済む話だと思います。

いくら口下手の小沢さんとは言え、公約違反を問われているのに何故もう少し上手に鳩山さん擁護ができないのでしょうか。

鳩山さんというよりむしろ、官邸と小沢さんとの間には溝があるように思えてなりません。

ただ、官邸にいる労働貴族が民主党の中で幅を利かせられるのもせいぜい参議院選挙迄だと思うので、それまでは見守っていくつもりです。

佐藤栄佐久氏はクリーンかどうかは疑問があるし、大体人材がいない村の村長さんでもあるまいに5期も知事をやること自体が間違いであると言える。これは本人のみならず県民の民度の低さも否定できないと思われる。このたぐいの役職はせいぜいやっても3期がいいところだと思いますよ。しかも国が審査を終えた案件を「俺がチェックする」なんてことを言ったりちょっとのぼせ上がりの傾向もみられたようだ。私はこれは身から出たさびで晩節を汚したと見ております。

連立政権は検察の恐怖支配を早く解体することです。検察のやってることは裏社会と同じで、犯罪者集団というべきでしょう。ベンジャミン・フルフォードが言ってるように、「真実委員会」を作って旧政権時代の悪事を洗いざらい白日の下に晒さないと腐敗はいつまでも止まらない。

民主党がやるべきことは沢山あるが、この国の膿を出すことを最初にしないと無辜の犠牲者が出続ける。正義の仮面を被った悪党を撲滅すべし。

個人所有の土地を売るのも買うのも、憲法で保証された自由であり権利であるはず。それが、検察や裁判所の手にかかると「無形の賄賂」になってしまうとは、驚きです。
形の無いものが賄賂になってしまうのであれば、そのうち検察は、霊魂賄賂とか、思念賄賂とか、テレパシー賄賂とか、異次元賄賂とか、パラレルワールド賄賂とか、前世賄賂とか言い出しそうですね。
もはや、検察は新興宗教団体と化したということでしょうか…。貴重な税金をかけてまで雇うような団体ではありませんね。

検察と司法は地に堕ちている。政権交代を機に、徹底的に警察・検察・司法の闇を暴いて国民の目に晒して欲しい。

最悪なのは、記者クラブがこれら官僚組織の僕となって世論を操作してることだろう。

目を覆いたくなるような惨状だ。

Rio 様
検察にはだいぶ某新興宗教大学の卒業生が入っていると聞きましたが、まさしくご指摘の通り新興宗教団体に化けているのです。

そのうち、「裏司法取引」で全ての「国策捜査」を終結させるから、某宗教団体の事実上指導者の国会し証人喚問をやめてくれと、言い出すのではないでしょうか。

山中閑居さんのご指摘のこと、内部に通じている人から聞いています。それを聞いてから、日本という国が信用できなくなりました。

佐藤知事の逮捕直前に大野病院事件があったのですが、一般の方は認識されていないかも知れません。

http://plaza.umin.ac.jp/~perinate/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?page=FrontPage

大野病院事件も無理筋をゴリ押しした産科医逮捕劇でした。検察側の立証は笑えるほど弱かった。徹底的な反撃に会い、福島地検は惨敗。無罪が確定しました。

福島だけでなく地検レベルの仕事って、この手が多いのかな。好い加減な立証でも検察が勝てる仕組みができている。地裁は地検とお友達。やられた側は、すべてを投げ打って反撃すればなんとか勝てるけど、普通はやられ損。

両方トウデンが関与してるのも、まあ偶然でしょうかねえ。

英国の歴史学者、アクトン卿の言葉に「権力は腐敗する。絶対的な権力は絶対的に腐敗する」とあります。三権分立の考え方は、この権力の腐敗を防止するために考え出されたと聞いたことがありますが、それだけでは国家権力のチェックは不十分ということの表れではないでしょうか。

立法機関の選出は、選挙によっているわけですが、司法、行政機関についても、本来は国民による直接選出が行われるべきでしょう、所謂大統領制は行政機関の長を国民が選出するというシステムです。

民主党の、官僚支配の打破により、行政機関の権力の腐敗は制限されていくのでしょうが、司法権力のチェックは諸外国を含めて、制度的に極めて不十分です。

IT革命により、情報伝達のコストは、飛躍的に低減されています、少なくとも最高裁判所長官、最高検察庁長官、警察庁長官については立法或いは行政の裁量に任せるのではなく、直接主権者たる国民の投票により管理・選出されるべきではないでしょうか。

猪倉徹様 | 2009年10月19日 01:11
佐藤前知事の事件は、東京地検特捜の仕事です。
純粋に県内限定の事件なのに、何で特捜が???
普通は検察の発表を無批判に信じる純朴な県民の中にも、当初からこの点で疑問を持つ人が多くいました。

政権変わった事で、検察の実情を変える事はできないのですか?

 「無形の賄賂」や「換金の利益」など、よく考えますね。特捜本部は”国策謀略本部”と改名すべきですね。郷原弁護士(元検事)は、最初からの”謀略”ではないと、言われるが、検察や司法の”質”も”謀略部隊”へ変化しているのでは、と思える。
 こういうメチャクチャな事件(検察の逮捕、司法の判決)に対して、マスメデイアが抗議どころか、真実の事実さえ伝えなくなっている。事は深刻である。
 ネットメデイアからの報道がないとしたら、こんなおかしな話も知らないことになる。ぞっとする現実である。まさに暗黒政治に暗黒裁判である。
 民主党も”会見のオープン化”では、後退したままで、ぴりっとしない。
 ネットメデイアをもっともっと大きな力にしながら、近くの人たちに”真実”を知らせていくしかないのだろうか?
 

もうこのコメントを読まれる方もいないでしょうが、書くだけは書いておきます。
前知事の裁判で、特捜が「タ〇ティス」の記事を証拠採用していたことを知りました。
「タ〇ティス」はいわゆる赤新聞の類ですが、その中でも一番たちの悪い、殆どカツアゲ屋もどきの雑誌です。
その記事をもって有罪の証拠の一環とするとは、特捜も二足の草鞋といわれても仕方の無い堕落振りではないでしょうか。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

神保哲生(じんぼう・てつお)

-----<経歴>-----

1961年東京生まれ。
15歳で渡米。コロンビア大学ジャーナリズム大学院修士課程修了。
クリスチャン・サイエンス・モニター記者、AP通信記者を経て独立。
ビデオジャーナリストの草分けとして、日米の放送局に映像リポートやドキュメンタリーを多数提供。
2000年1月、世界初のニュース専門インターネット放送局『ビデオニュース・ドットコム』を立ち上げ代表に就任。
2001年4月より『ビデオニュース・ドットコム』で宮台真司氏と人気ニュース番組「マル激トーク・オン・ディマンド」のキャスターを務め、現在にいたる。
2005年4月より立命館大学産業社会学部教授を兼務。
2008年4月より、早稲田大学ジャーナリズム大学 院非常勤講師を兼務。
専門は地球環境問題、開発経済、メディア倫理、日米政治関係。

BookMarks

ビデオニュース・ドットコム(有料会員登録制)
http://www.videonews.com/

ビデオジャーナリスト神保哲生のブログ
http://www.jimbo.tv/

マル激!メールマガジン
↓ ↓ ↓


-----<著書>-----

新刊!
↓ ↓ ↓

『格差社会という不幸』
2009年12月、春秋社、共著


『民主党が約束する99の政策で日本はどう変わるか?』
2009年7月、ダイヤモンド社


『オルタナティブ・メディア―変革のための市民メディア入門』
2008年12月、大月書店、翻訳・解説


『教育をめぐる虚構と真実』
2008年10月、春秋社、共著


『ツバル―地球温暖化に沈む国』
2007年7月、春秋社、増補版


『ビデオジャーナリズム―カメラを持って世界に飛び出そう』
2006年7月、明石書店


『中国―隣りの大国とのつきあいかた』
2007年6月、春秋社、共著


『アメリカン・ディストピア―21世紀の戦争とジャーナリズム』
2003年9月、春秋社、共著


『天皇と日本のナショナリズム』
2006年11月、春秋社、共著


『ネット社会の未来像』
2006年1月、春秋社、共著

『粉飾戦争―ブッシュ政権と幻の大量破壊兵器』
2004年3月、インフォバーン、監訳

『プロパガンダ株式会社―アメリカ文化の広告代理店』
2004年8月、明石書店、解説

『漂流するメディア政治―情報利権と新世紀の世界秩序』
2002年10月、春秋社、共著

『地雷リポート』
1997年11月、築地書館

『ビデオジャーナリストの挑戦』
1995年11月、ほんの木

『重要政策全比較―シリウス・日本新党・平成維新の会』
1993年7月、ほんの木

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.