Calendar

2009年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Comments

河野太郎の自民党復活計画
河野次郎 10/11
GON 10/11
梅光 10/11
Rio 10/12
Rio 10/12
浅山 in 武蔵野の大地 10/12
yoshida 10/12
英二 10/12
(日本人を止めた)無国籍人 10/12
山中閉居 10/12

« 子どもを生みたくなる国に変わるための処方箋
メイン
「物言う知事」はなぜ抹殺されたのか »

河野太郎の自民党復活計画

河野太郎氏マル激トーク・オン・ディマンド
第444回(2009年10月10日)
河野太郎の自民党復活計画
ゲスト:河野太郎氏(衆議院議員)

プレビュー

 先の総選挙で壊滅的な敗北を喫した自民党は、果たして復活できるのか。そして、それを可能にするためには、自民党はどのような理念を持った政党に生まれ変わる必要があるのか。

 総選挙後に実施された自民党総裁選は、谷垣禎一元財務大臣が大差で勝利した。今回のマル激ゲストの河野太郎氏は世代交代と脱派閥を訴え、党を舞台裏から支配する長老達に容赦の無い批判を浴びせたものの、結果的に党の長老の支持を受けた谷垣氏に大敗した。

 その河野氏は、「小さな政府」こそが自民党の採るべき路線であり、日本復活の路線だと自信を持って言い切る。小泉改革についても、構造改革路線そのものは間違っていなかったが、セーフティネットが不十分なまま再配分を廃止したことで、その負の側面が一気に吹き出したと位置づけている。

 河野氏の主張は明確だが、小泉改革の痛みを記憶する人々、特に地域の疲弊に苦しむ人々にとっては、なかなか受け入れがたいことかもしれない。しかし、河野氏はあえて厳しいことを言わなければ、日本はこのまま衰退の道を辿るだけだという。現実を直視せず、従来の図式で乗り切ろうという選択肢は今の日本にはもうない。いずれ民主党政権で「大きな政府」の歪みが生じてきたとき、自民党の出番がやってくる。それまでに党改革を断行し、自民党を全く新しい政党に作り変えるのだと河野氏は意気込む。

 冷戦下の高度成長期には、自由主義と資本主義、そして日米同盟の3つを堅持するだけで自民党のアイデンティティは十分維持が可能だった。ところが、20世紀後半になると、冷戦や高度成長といった前提条件が崩れたために、自明だった自民党の路線が見えにくくなってしまった。そして最後に残った自民党のアイデンティティが、「政権与党であることだけになってしまった」ことが、今回の総選挙での自民党の歴史的な敗北につながったと河野氏は分析する。

 野党に落ち、唯一のアイデンティティだった「政権与党」の地位も失った今、自民党はアイデンティティ・クライシスに陥っているかに見える。依然として、従来の公共事業による再分配を主張する議員も、自民党に少なからず残っている。しかし、河野氏は、小さく無駄のない政府を作り、経済成長を促すために規制緩和を進めなければ、この先日本は、借金に頼らずに国民を養っていけるような国にはなれないと主張する。そして、いずれ民主党政権の「大きな政府」の歪みが生じてきたとき、再び自民党の出番がやってくるというのが、河野氏の見立てだ。

 「リベラル再分配」路線を採る民主党が政権の座に就いた今、「保守政党」の果たすべき役割とは何なのか。次の総裁選に向けて全国行脚を始めたという河野氏をゲストに迎え、「健全な保守」とは何か、そして自民党再生のための処方箋とは何なのかなどを議論した。

今週のニュース・コメンタリー
・光市母子殺害事件 元少年が実名本の出版差止請求
・証拠開示を求めグリーンピースが特別抗告
・最高裁判例ウォッチ
・記者クラブアップデート 亀井金融大臣が2回の会見

関連番組
マル激トーク・オン・ディマンド 第432回(2009年07月18日)
やっぱり日本にも保守政党が必要だ
ゲスト:杉田敦氏(法政大学法学部教授)

マル激トーク・オン・ディマンド 第391回(2008年09月27日)
自民党システムの終焉
ゲスト:野中尚人氏(学習院大学教授)

ゲストプロフィール
河野 太郎(こうの たろう)衆議院議員
1963年神奈川県生まれ。85年ジョージタウン大学国際学部卒業。富士ゼロックス、日本端子を経て96年衆院初当選(自民党)。02年総務大臣政務官、05年法務副大臣、08年衆院外務委員長を歴任。当選5回(神奈川15区)。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6053

コメント (22)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

河野氏による党再生は有り得ないでしょう。これまでテレビタックルなどの報道番組での彼の発言を聞いていると、一見大衆受けするような意見を言うが、何となく胡散臭さ・ドンキホーテ的なものを感じました。ましてや、今回「年寄りは引っ込め」的な発言をしていましたが、これからますます高齢化が進む中で、この様な高齢者をバカにする発言をするという事は繊細さに欠け、到底リーダーの器ではないと思います。その上、彼を担いだ山本一太・大村・世耕などが推すような人間はこれまでの総理を見れば明らかです。


西村氏なら復活の可能性が一番高かったでしょうが、自民党の崩壊・旧社会党化を選んだのは自民党の人たちです。

             合掌

大きな政府、小さな政府論議は理念足りえるんでしょうか?
今の時代は分配の方式転換が求められ、役人差配の再転換が求められ、必然的に政府の関わりも見直されざるをえないという、始めに理念ありきということではなくそうしなければ立ち行かないという国民生活に根ざしたものであると思います。
権力総体が変われば旧権力に巣食っておこぼれに預かってきた人々はナダレをうって旧政権を見限り、新しい政権に旗色を変え始めましたが、おこぼれに預かろうと尻尾を振っているだけの利益団体に惑わされず、毅然とした態度で励んでいただきたい。
さて蛇足ながら、野党に堕ちた自民党はかつての民主党に倣い、シャドーキャビネットを立ち上げようと谷垣新総裁がぶち上げたら、ポストをめぐって党内で争いが生まれるとかナントカで結局見送られたとか・・・・。
河野さんは野党に堕ちてまでなお派閥意識の抜けないお仲間のこうしたテイタラクをどう思われるんでしょうか?
神保さんにはそちらも問いただしていただきたかったんですけどね。

米国の地方紙が「グータラ政権放り出される」と見出しをつけたという。
実に的確な表現だ。

河野云々など問題にならない。
自民党は下野した時点で終わっている。

今後は消滅の一途を辿るだろう。

<河野様>
ひと言、覚悟が足りない。離党すべき。

自民党かァ、、、もうギャグすら思い浮かばないなァ。
参議院選挙が終わった後、目が覚めるのかなァ。
いずれにせよ、安心出来る年金システムが早い段階で導入され、それにより日本経済が活性化し、消費税が国民に受け入れられたら、自民党の出る幕は当分無いだろう。

結局自民党は具体的に何もかわっていない。『みんなでやろうよ』なんてそのサイたるものだ。結局河野太郎があれだけ言った。だからまるく収める表現だ。国会が始まったら又鳩山故人献金徹底的追及なんてTVで言っていた。自民党への国民の期待は民主党のスキャンダル追及では無いという事を選挙を通じて気付かなかったのか?国民の自民党への期待は、保守としての国民が信用出来る政策で与党と競う事ではないのか?選挙で誹謗中傷びらをまいたり、日の丸事件等選挙で展開した結果大負けした事を反省していないのか?これでは自民党は無くなるという事に気付かない。国民は、やっぱり官僚任せのマル投げ政策で遣ってきた自民党に何の政策作成能力が無いと判断し自民党には期待が出来ないと云う事に成ってしまいますね。

現実を直視できていないのは、河野氏ではないでしょうか?
自民党を全く新しい政党に作り変える努力をする時間があるのなら、国民生活をなんとかするための努力をしてほしいものです。そのためには離党しかないと思います。

今日の「たかじん」で司会の辛坊治郎が生意気にも西村議員を泡沫候補扱いにしていたが、自民党の再生にはどれだけ他のの二人よりマシなのかをもう少し勉強してから話されたら、、、と思いました。

河野さんは野党(当時)から何か指摘されると
「だから超党派で考えていかなければいけない」とか
「だから自民党内でも協議を始めた」とか言っておきながら
実際には党議拘束に従って粛々と賛成票を投じてきただけの人です。
あからさますぎるパフォーマンスは三文芝居の見本という感じで見ていてイタいです。
おまけに「暖かで小さな政府」とか自分で言ってる言葉の意味を理解してるんでしょうか?

民主党との二大政党を目指すなら、小泉・竹中構造改革路線を進むのがよいと思います。

都市部の浮動票は確保できると思います。従来の自民支持層も離れると思いますが!

「逃げ出しトットコ太郎」とは関係ありませんが。
今週末のニュースバラエティー番組で、故・中川昭一の告別式やら足跡やら一律に肯定的に報道していた。
普段「国益」を声高に叫ぶメディアが、盟友・晋三のスピーチを放映したり、もうワヤ。
酔いどれ会見を思い出して苦笑してしまった、「国益」って何?

河野氏には日頃の発言から期待していたのですが、結局「みんなでやる」ことにしたんですね。
「みんなでやろうぜ!」が政党スローガンって何ですか。
何をやるかが必要であって、「みんなで・・・」は方法です。
利権腐敗政治に戻るのを民主の敵失待ちする執行部に巻き取られたようにしか見えません。

自称改革派は中川秀直にしても、口だけです。
本気なら渡辺氏のように党を出て、政策本位な政党を作ってこそ期待できると思います。
行動する政治家を応援します。

言うだけ番長とか?(笑)

””遊説局長代理に小泉元首相の次男で、先の衆院選で初当選した小泉進次郎衆院議員と産休中の小渕優子・前少子化相(同4回)を起用した””・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんなに自民党には人材がいないのですか?

衆院選挙前にマスコミや自民系の評論家が民主党には人材がいないと言っていましたが、とんでもない。民主党には野党時代に勉強してきた多くの人材がいました。

大臣・副大臣・政務官それぞれかなり期待できる議員がそろっています。

自民党の再生はもう無理でしょう!

彼は、出来レースで、ガス抜き役を仰せつかっただけのボンボンです。何もできないでしょう。

梅光さま

自民党は、今こそ「人寄せパンダ党」に改名すべきだと思います。
政治家としての人材はいないけれども、タレント議員などの人寄せパンダとしての人材は豊富だからです。
赤ちゃん(世襲一年生議員)がちやほやされ、前面にディスプレイされる様は、まるで動物園みたいだし、名は体をあらわす「人寄せパンダ党」という政党名は、ぴったりじゃないでしょうかね。

欧米の二大政党制の基準でいくと、 一方が再配分政党ならば、他方が いかに稼ぐかを重視する
自由主義路線をとる政党でなければならない。 まあ、しかし、自民党は谷垣さんを選んだことによって
再配分の路を行くことになりましたね。 ということで、日本は 再配分の政党しか存在しないことになった。
ということで、河野太郎さんが 自民党を主導することに期待していたのですけどね、残念。
日本の国の借金は830兆円。その利払いだけで 10兆円以上。

日本には1300兆円の貯金があるので大丈夫だとする意見があるけど、この利払いのことを考慮に入れていないのでは。借金が 増加すればするほど、利払いが多くなる。 

毎年 10兆円利払いのことを考えると、借金の額を減らしておくことが重要です。
この10兆円の利払いが 福祉政策にも悪影響を与える。
再配分では、 借金の総額を減らすことは出来ない。

やはり、再配分の元になる稼ぎの額を大きくしないといけない。 そのためには、 河野太郎氏の路線が有効です。もはや再配分しか言わなくなった日本の政党の中にあって、河野路線は一服の清涼剤だ。

河野さんは自衛隊イラク派兵のとき、個人的には反対だが党議拘束があるので賛成したと記憶しています。一見リベラル、良識派というのが一番最悪です。
自民関係でぎりぎりセーフなのは与党時代に離党した渡辺喜美までです。
後藤田さんといい河野さんといい自民に本当に人材がいませんね。

神保様
今週のマル激で、河野さんの政治に対する熱い思いと信条がとてもよく伝わってきました。

特に、外国人労働者問題については、とても分かりやすく、是非とも国会にて提起して頂きたいと思いました。

ただ、話を聞いているうちに、河野さんの信条は、自民党よりも民主党に近しく、逆に、何故自民党にこだわるのかは、全く理解できませんでした。

疲弊した今の日本を、ある程度のところ迄立ち直らせる為の選択肢は、実は、各論点につき、其々一つずつしかないと思っております。
(それゆえに、日本がある程度のところ迄立ち直らない限り、「日本版」保守とリベラルの概念の区別を明確にし、政策の旗印を明確化することは困難だと思います。)

自民党から民主党に政権交代し、政官財既得権益のトライアングルを壊すための第一段階のハードルはクリアできました。

ただ、このハードルが結構高く、飛び越えるために既得権益側の人である労働貴族を民主党が取り込んできた弊害が、現段階ではわずかながらも、出てきている感は否めません。

自民民主を問わず、政治家は、きれいごとをいう人と現実的に厳しいことをいう人に分かれるという宮台さんの言葉がとても印象的でした。

近い将来、民主党が自民党に手を突っ込んで自らに手繰り寄せた際、河野さんがその中に入っているかどうか分かりませんが、いずれにしても、河野さんが国会論戦党を通じて、民主党のお尻を叩き、改革を進める一助になって頂きたいです。

神保哲生さん
河野太郎さん・・Videoを拝見しました。

「馬鹿正直」と「欺瞞」

このTheJournalでは河野さんに厳しいコメントが続いていますが、私には河野太郎という政治家は言われる程には「ダメな政治家」とは思えない・・、的外れな批判や避難が少なくない。
河野さんが発言されていることは、論理的な整合性が高い部分が多い。少なくない民主党のベテランといわれる議員より余程本質が確っかりと整理されていて、信頼感がある。

但し、「健全な批判」をすれば:
1.正直に「馬鹿」が付くのは、要修正。
将来の国家リーダーを志す者としては、種々の現状を的確に認識出来るのは当然だが、その認識と対策を、「近しく完全な同士」以外に、例えば近い存在ではない政治家たちや広く国民に対して口に出して発言する「切り口や論理や言葉使い」は、棘を丸めて聞き易くする工夫をお勧めします。
多くの日本国民は、「耳に心地よいこと」が好き、「それらを言う人」が好きなのだから・・、有意な者といえども、「馬鹿正直」では大事は為せないのが日本国だと思います。

2.やや些事に亘るかも知れませんが・・、河野さんが屡々口に出しておられる「自民政治の富の再配分」の「欺瞞」について。
「富の再配分」が国家の経済政策として認知されるケースは、「全体最適」を含めた「公正」が確保されている場合に限られるべきです。高度成長期での再配分の「不公正や偏り」はどさくさに紛れることを含めて見逃しましょう。然しながら、「失われた20年」時代における自民党の「姑息で犯罪に等しい略奪行為」を美しく「再配分」と表現されたのは、河野さんの「欺瞞」と申し上げます。

3.「馬鹿正直」と「欺瞞」が同居していては、多数の信頼は得られまい。

確か父親に生体肝移植したことが唯一の履歴の御仁でしたな?

それ以外に何も思いつかない。
そうそう、確かこの間の選挙の時ネガティブキャンペーンを行った自民党広報の責任者でしたな?

長野県(自由)民主党県連と否応なく戦うことになる立場としては、(本家)自由民主党のお坊ちゃまの戯言を真面目に聞くゆとりはない。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

神保哲生(じんぼう・てつお)

-----<経歴>-----

1961年東京生まれ。
15歳で渡米。コロンビア大学ジャーナリズム大学院修士課程修了。
クリスチャン・サイエンス・モニター記者、AP通信記者を経て独立。
ビデオジャーナリストの草分けとして、日米の放送局に映像リポートやドキュメンタリーを多数提供。
2000年1月、世界初のニュース専門インターネット放送局『ビデオニュース・ドットコム』を立ち上げ代表に就任。
2001年4月より『ビデオニュース・ドットコム』で宮台真司氏と人気ニュース番組「マル激トーク・オン・ディマンド」のキャスターを務め、現在にいたる。
2005年4月より立命館大学産業社会学部教授を兼務。
2008年4月より、早稲田大学ジャーナリズム大学 院非常勤講師を兼務。
専門は地球環境問題、開発経済、メディア倫理、日米政治関係。

BookMarks

ビデオニュース・ドットコム(有料会員登録制)
http://www.videonews.com/

ビデオジャーナリスト神保哲生のブログ
http://www.jimbo.tv/

マル激!メールマガジン
↓ ↓ ↓


-----<著書>-----

新刊!
↓ ↓ ↓

『格差社会という不幸』
2009年12月、春秋社、共著


『民主党が約束する99の政策で日本はどう変わるか?』
2009年7月、ダイヤモンド社


『オルタナティブ・メディア―変革のための市民メディア入門』
2008年12月、大月書店、翻訳・解説


『教育をめぐる虚構と真実』
2008年10月、春秋社、共著


『ツバル―地球温暖化に沈む国』
2007年7月、春秋社、増補版


『ビデオジャーナリズム―カメラを持って世界に飛び出そう』
2006年7月、明石書店


『中国―隣りの大国とのつきあいかた』
2007年6月、春秋社、共著


『アメリカン・ディストピア―21世紀の戦争とジャーナリズム』
2003年9月、春秋社、共著


『天皇と日本のナショナリズム』
2006年11月、春秋社、共著


『ネット社会の未来像』
2006年1月、春秋社、共著

『粉飾戦争―ブッシュ政権と幻の大量破壊兵器』
2004年3月、インフォバーン、監訳

『プロパガンダ株式会社―アメリカ文化の広告代理店』
2004年8月、明石書店、解説

『漂流するメディア政治―情報利権と新世紀の世界秩序』
2002年10月、春秋社、共著

『地雷リポート』
1997年11月、築地書館

『ビデオジャーナリストの挑戦』
1995年11月、ほんの木

『重要政策全比較―シリウス・日本新党・平成維新の会』
1993年7月、ほんの木

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.