Calendar

2009年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Comments

これでもあなたは投票に行きませんか
Revokution 08/30
70翁 08/30
ハレー彗星 08/30
ken 08/30
中尾友次郎 08/30
Rio 08/30
鉄馬 08/30
匿名 08/31
Rio 08/31
鉄馬 08/31

« 権力が移動する時首相官邸で起きていること
メイン
高速道路無料化のすべての疑問に答えます »

これでもあなたは投票に行きませんか

marugeki_438_morikawa.jpgマル激トーク・オン・ディマンド
第438回(2009年08月28日)
これでもあなたは投票に行きませんか
総選挙特別企画 無料放送中

 総選挙直前となる今回のマル激は、この選挙で投票に行かないことが、とりわけ若い世代にとってどれだけ損なことかを、世代会計の観点から考えてみた。

 格差問題が取り沙汰されるようになって久しいが、その中でももっとも深刻なものの一つが世代間格差だ。急速な少子高齢化によって、若い世代ほど社会保障負担が重くなる一方で、その受益は年々目減りしている。それを世代別に収支計算をしてみると、現時点から将来にわたって年金や医療、教育など政府から受ける受益と、税金や保険料など政府に支払う負担との収支は、現在65~70歳の世代がプラス1500万円になるのに対し、25~30歳の世代はマイナス2500万円となり、世代間の収支に4000万円もの開きが出るという。高齢世代が払った分より遙かに多くの受益を受ける一方で、若い世代は実際に支払った分さえ取り返せないということになる。

 なぜ、世代間でこれほど不公平な制度が、まかり通っているのか。政治学者で新著「若者は、選挙に行かないせいで、4000万円も損している?!」著者の森川友義早稲田大学国際教養学部教授は、それは若者が選挙に行かないからだと言い切る。

 そもそも20歳代の人口は60歳代の半分から3分の2程度しかない。にもかかわらず20代の投票率は60代の投票率の半分しかない。となると、20代と60代では投票する人の数に3倍もの開きが出ることになる。

 「もしあなたが政治家なら、どっちの声に耳を傾けますか」と、森川氏は問いかける。

 より多くの票を投じ自らの意思を表明している60代の声が、人口も少なく投票にも行かない20代よりも政策に反映されるのは、民主主義の前提として当然のことだと森川氏は言う。

 実は現在の格差はまだ序の口の可能性が大きい。現在の投票率がそのまま続き、少子高齢化も今のペースで進んだ場合、2050年には70代の投票総数が2000万票を超えるのに対して、20代のそれは300万にまで減少する。20代の利害はほとんどまったくと言っていいほど政治に反映されなくなる可能性も、あり得る状況なのだ。

 既に今の日本は、世界的に見ても高い水準にある社会保障制度を誇る一方で、OECD加盟国で最低水準の子育て支援や教育支援、高い非正規雇用率など、すでに高齢者に有利な制度が目白押しだ。そして、それが今後更に高齢者に手厚い制度に変わる可能性があるというのだ。それはまた、若者には今よりも更に重い負担を強いることを意味する。

 そのような馬鹿げた状況を避けるためには、今回の選挙が一つのカギになると森川氏は言う。森川氏の予想ではこの選挙を境に、若年層と高齢層の投票総数の乖離が一気に広がる可能性が高く、そのトレンドを逆転させるには、この選挙が最後のチャンスになるかもしれないと、森川氏は言うのだ。

 もし、現在のこの状況を不公平でおかしいと考え、そのような政策の転換を望むならば、それを実現する唯一の方法は、若い世代が年寄り世代よりも高い投票率で投票に行き、自分たちの意思を鮮明に表明する以外にない。

 森川氏は、若者が選挙に行かない理由として、政治リテラシーの低さをあげる。政治に関心が無ければ、投票する気にならないのはわからなくはないが、しかし、森川氏の調査では20代の政治リテラシーのレベルは60代、70代とほとんど変わらないと言う。高齢者は政治がわからなくても投票だけするのに対して、若者は「わからない」や「興味がない」ことを理由に投票に行かない。その差が、不公平な社会制度という形で、顕在化しているのだ。

 無関心から来る政治への不参加が生んだものこそが、お任せ民主主義だ。日本では市民の政治参加の度合いが低い分だけ、利益団体や官僚の政治参加を許してしまっている。昨今批判が高まっている官僚主導の政治とは、裏を返せば、市民の怠慢に他ならない。そして、その結果が860兆円の財政赤字であり、一人あたりGDPの世界第19位への転落に他ならないのだ。

 この選挙は、これからも市民が本来果たすべき領域を官僚や利益団体に占領されたまま、将来世代にツケを回し続けることをよしとするのか、お任せ政治をやめて市民が引き受ける政治へと舵を切れるかどうかを問う、最初で最後の選挙になる可能性が高い。これ以上の問題の先送りは、将来世代に対して倫理的に許されないばかりか、もはや問題の解決そのものが不可能になる可能性すらある。それだけ重要な、日本の将来を左右すると言っても過言ではない選挙が、2日後に投票日を迎える。

 これでもあなたは選挙に行きませんか?

今週のニュース・コメンタリー
・最高裁国民審査続報 「国民審査公報」は自画自賛だった
・沖縄密約訴訟 吉野局長が密約の存在認める陳述書を提出
・菅家さんの録音テープが開示されない理由

関連番組
特集 衆院選09

<ゲスト プロフィール>
森川 友義(もりかわ とものり)早稲田大学国際教養学部教授
1955年群馬県生まれ。79年早稲田大学政治経済学部卒業。83年ボストン大学政治学部修士号、93年オレゴン大学政治学部博士号取得。国連開発計画、国際農業開発基金、アイダホ州立ルイス・クラーク大学助教授、オレゴン大学客員准教授を経て、00年より現職。政治学博士。著書に』、『若者は、選挙に行かないせいで、四〇〇〇万円も損してる!?』、『どうする!依存大国ニッポン』など。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5442

この一覧は、次のエントリーを参照しています: これでもあなたは投票に行きませんか:

» 【決戦総選挙】主権者としての自覚をもって、自らの意志を一票に込めよう!【投票に行こうぜ】 送信元 ステイメンの雑記帖 
 夜が明け、いよいよ戦後最大の政治決戦である第45回衆院総選挙の投票がスタートした!  今回の総選挙は、日本中がどうしようもない閉塞感に包まれ、国民が疲弊... [詳しくはこちら]

コメント (20)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 さても、我が家の恒例にしたがい、孫たちをひきつれて、一族郎党で投票を済ませてきたが、いつもなら待つこともない受付けで多少の待ち、同じく記帳台前でも待たねばならないほどだから、出足は速く、投票率も相当高いことになるだろう。

 で投票所では、孫たちが大きな声で、「ジジィ、○○○さーん」、ジジ=「シーッ」、孫=「ミンシュトウ?」、ジジ「=「シーッ」、会場では失笑がもれたが、これも違反ではない作戦のうち。
 投票所内に3~40人は居られたから、1~2票は稼げたかな。

豊後の小兵衛

インフルも大事にならず、台風も地震も無く、爽快な選挙日和でよかった。

投票率は高まりそうだ。

私の息子も選挙権を得ました。
彼の最初の投票がこの歴史的な選挙だったことを幸運だと思っています。
ところが彼の友人達は8割方投票に行かないようです。
「何で?」と聞くと、「めんどくさい…」だそうです。
悲しいですが現実です。
コンビニ投票が可能になれば…

ですが、何にしても『世の中がどう廻っているか』が解らないとなかなか若者は投票しないのじゃないかと思います。
やはり教育ですね。

拙者恒例の早朝ジョギングの後,屋敷畑の野菜屑置き場辺りに自生せる蔓紫,採り置きのズッキーニ等で玄米粥の朝食の後,家内共々,朝歩きと略等距離の投票所へ。子供が通う学区内の略中央にも関らず,何んと車で来所の輩の多きことか。
是までも地元民主党候補者はその人物定か為らず,オールドガールフレンドが縁者とて進める自民党候補者に入れてきたが,今回も民主党派?の浮かれ振りにツイツイ天邪鬼振りが首を擡げ,無駄票かと思いつつも己より年配の老人に投票させられる自民の無策に腹を立てながらも投票。
己を含め,終戦時に25歳辺り迄であった老人組みの我儘振りには神保氏に言われるまでもなく,苦々しく想う所。
戦後の復興に功あっただと?,その上の世代の苦労に盲目に従ったに過ぎないのでは。
つい昨日も,日頃購入の地方紙に年金問題を解説するとあるに,84歳老が300万円の年金も,この頃は徴収される納付金が多く老後が心配とあった。
拙者とて,若い時,安月給で頑張った故か,曲りなりにも今は時めく?企業の役員をも過って務めたが,安月給だった故か年金は300万円にはみたない。其れでも何の不平,不安も無く暮らして居る。
老人を,徒に弱者に仕立てて,若者を悲観させている元凶は誰か。

 先ほど、私も投票所に参じて、魂を込め一票を投じてきました!

 今回、2年前の参院選よりも多くの人が来ているなと率直に感じました!

 ただ、ノモトSABOユウジさんが書かれておられるように、20代の青年層が「めんどくさい…」とか言って投票に参加しないことは嘆かわしい限りですね!

 自公政権の経済失政、後先考えないバラマキによって、我が國の財政は破綻寸前です。
 そして、自公政権が続く限りそのツケは確実に若者に回されます。

 それなのに「めんどくさい」だの「どうせ変わらない」などとして選挙権を放棄するのは、真の愚者といって良いでしょう!

 我が國が議会制民主主義を採る以上、選挙に参加することは主権者としての権利であり義務です!
 それを放棄することは、白紙委任することであり、政治に文句を言う資格はありません!

 「政治を軽んじるものは政治に報復される」
 この事を肝に銘じ、今からでも投票所に足を向け、自らの意志で一票を投じましょう!

なぜ、若者が選挙にいかないのか?

これまでの政府・自民党は、マスコミも巻き込みながらあらゆる手段を弄して、政治意識をそいできた(見えない形で)、このように思います。

教育もそうです。試験問題は、マル・バツ式が多く、考えさせるものは少ない。つまり自分の頭で考える人間をつくらず、平均的平等な思考を植え付けることに腐心してきたのではないか。

特に高度経済成長時代、大企業の都合の良い人間とは、従う人間、きっちりものを言わない人間、そのような人間の大量増産が求められていた、に違いない。

これからの21Cは、個性的で創造的若者の育成が肝要でしょう。

政権交代により、何もかもゼロベースで、いろいろ政策を検討して欲しいものだ。

若者がおしなべて損をしているのに対し、高齢者の方は両方いらっしゃるように思います。
うまく逃げ切れた方もいらっしゃるし、終身雇用と年功序列を前提とした人生設計が狂い、辛い目にあっておられる方もいらっしゃる。
高齢者がつくった資産も借金も、いずれは若者のものになり、若者もいずれは高齢者になります。
世代間対立を煽るだけでは問題解決にはなりません。

ノモトSABOユウジさまに一票。
>『世の中がどう廻っているか』が解らないと
やはり、家族を養ったり、従業員に給料を払ったり、親の介護をしたりしないと切実感は持ちにくいのではないかと思います。
「なぜ」を真剣に考える必要に迫られないモラトリアム期間なのでしょう。

「世代間格差」については年金問題絡みでここ数年よく耳にするようになりましたが、ここまで広がっているとは思いませんでした。これでは若い人達はあまりにも気の毒です。「高齢者に優しい政治」といえば耳障りはいいのですが大票田である高齢者に迎合する政策ばかり打っていると社会の活力が失われてしまいます。年金や医療の補償はもちろん手厚いにこしたことはありませんが、高齢者も現役時代と変わらない生活を年金だけで賄おうとするのは世代間の公平を考えると無理があります。若い人達は危機感を持って積極的に政治参加し自分たちの主張をきちんと述べていくことが大切です。そのためには新政権にもこれまでの閉塞感を払拭し若者の意見をもっと反映させるシステムを是非考えていただきたいと思います。

追記:
私は学校教育にディベートをとり入れるべきだと思います。教師が自分の政治的信条を生徒に刷り込むことは禁じられていますが、(政党支持とは切り離して)社会問題について年齢に応じた客観的な情報を与え、それに従って賛成と反対両サイドに立った意見を述べさせる訓練は政治リテラシーを育む一つの有効な方法だと思います。是非考えていただきたいです。

私の近所の二十代(後半かな?)の若い世代は、さも当然のように選挙に行く話をしていました。いかに今回の選挙が自分たちにとって大切かを理解しているようで、今回選挙権を得たノモトSABOユウジさんのご子息の友人の方はまだ、自分たちに政策の直撃が無い分、ことの重大さを理解するのが難しいのかもしれません。生まれたときから消費税がありますし、払う国民年金も高くなったものですし、あと、まだ親の援助で生活しているとか、本当の意味で『自分で生活している』状況にないのかもしれません。
これから働くようになって、初めて選挙の大切さを知ることになると思います。
それまでは辛抱強く選挙のことを教えるしかないでしょう。


ちなみに私の妹は三十を過ぎたというのに、どれだけ言ってもまだ選挙の大切さを少しも理解しようともしません。言うと逆ギレする始末でどうにもなりません。今日も平気な顔して棄権しそうです。(溜息)

中学や高校でのディベート賛成。いくつもの新聞の読み比べもいい。
ある高校生が「わかっているつもりだったが、わからなくなった。でもわからなくなったことがなぜかうれしい」といっていた。「おもしろい」でなく「うれしい」だった。

神保殿にお尋ねします。

①『政治リテラシー』はウィキペディア にも有りません。
正確は語彙を示してください。

②『世代間の社会保障負担/受益』ですが、給与水準を算入してますか??

神保さん、若者を投票所に向かわせる努力をしてくださって、ありがとうございます。
この切り口はとても効果的だと思いますし、実際その通りだと思います。

いつもながら今回のマル激トークも他にない切り口でありがたく拝聴いたしました。いやしかし、例の超簡単な四択問題の正答率たるや、まるで投票権を得るための試験が必要かと思われるほど由々しきことがら。唖然としました。どうやれば何も知らずにいられるのかわからない。

選挙投票に行かない若者のうち、
「親の脛齧り」をしている学生は、景気とか不況とかに関係なく親から金がもらえるせいで、投票の必要性が実感できない。
就職活動するときになって、失政が我が身に降りかかってくる。そのときになってからでも投票に行こうと思う若者はまだ良い方。
就職浪人の身になっても投票に行かない若者は、単に自業自得でしかない。そんな鈍感ノー天気な若者は、会社としても採用したくないでしょう。

たしかに選挙に行ってまいりましたが。

二階俊博当選は、他県とはいえ、ガックリです。

鉄馬さま

民主党圧勝は「勝利の美酒」ですが、「え?なんでこんな人が当選しているの!?」というのがあるので、微妙な勝利の美酒になってしまいますよね。

率直に言って個人的には、「何でだよぉぉおおおおおーーーーっっっ!!!!!」と、ビックリマークを連打したいくらいの気分です。

鉄馬さま

民主党圧勝は「勝利の美酒」ですが、「え?なんでこんな人が当選しているの!?」というのがあるので、微妙な勝利の美酒になってしまいますよね。

率直に言って個人的には、「何でだよぉぉおおおおおーーーーっっっ!!!!!」と、ビックリマークを連打したいくらいの気分です。

Rioさん、こんにちは。

昨日の過去の事なので、その事は気にしない事にしました。(きっこさんをまねて今日はビールを沢山飲もう)

さて、先日は自民公明与党の終焉の日であったのですが、記者クラブ撤廃の誕生日でもありました。

それだけでも、面白そうな予感がします。

よいマスコミが育ちますように。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

神保哲生(じんぼう・てつお)

-----<経歴>-----

1961年東京生まれ。
15歳で渡米。コロンビア大学ジャーナリズム大学院修士課程修了。
クリスチャン・サイエンス・モニター記者、AP通信記者を経て独立。
ビデオジャーナリストの草分けとして、日米の放送局に映像リポートやドキュメンタリーを多数提供。
2000年1月、世界初のニュース専門インターネット放送局『ビデオニュース・ドットコム』を立ち上げ代表に就任。
2001年4月より『ビデオニュース・ドットコム』で宮台真司氏と人気ニュース番組「マル激トーク・オン・ディマンド」のキャスターを務め、現在にいたる。
2005年4月より立命館大学産業社会学部教授を兼務。
2008年4月より、早稲田大学ジャーナリズム大学 院非常勤講師を兼務。
専門は地球環境問題、開発経済、メディア倫理、日米政治関係。

BookMarks

ビデオニュース・ドットコム(有料会員登録制)
http://www.videonews.com/

ビデオジャーナリスト神保哲生のブログ
http://www.jimbo.tv/

マル激!メールマガジン
↓ ↓ ↓


-----<著書>-----

新刊!
↓ ↓ ↓

『格差社会という不幸』
2009年12月、春秋社、共著


『民主党が約束する99の政策で日本はどう変わるか?』
2009年7月、ダイヤモンド社


『オルタナティブ・メディア―変革のための市民メディア入門』
2008年12月、大月書店、翻訳・解説


『教育をめぐる虚構と真実』
2008年10月、春秋社、共著


『ツバル―地球温暖化に沈む国』
2007年7月、春秋社、増補版


『ビデオジャーナリズム―カメラを持って世界に飛び出そう』
2006年7月、明石書店


『中国―隣りの大国とのつきあいかた』
2007年6月、春秋社、共著


『アメリカン・ディストピア―21世紀の戦争とジャーナリズム』
2003年9月、春秋社、共著


『天皇と日本のナショナリズム』
2006年11月、春秋社、共著


『ネット社会の未来像』
2006年1月、春秋社、共著

『粉飾戦争―ブッシュ政権と幻の大量破壊兵器』
2004年3月、インフォバーン、監訳

『プロパガンダ株式会社―アメリカ文化の広告代理店』
2004年8月、明石書店、解説

『漂流するメディア政治―情報利権と新世紀の世界秩序』
2002年10月、春秋社、共著

『地雷リポート』
1997年11月、築地書館

『ビデオジャーナリストの挑戦』
1995年11月、ほんの木

『重要政策全比較―シリウス・日本新党・平成維新の会』
1993年7月、ほんの木

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.