Calendar

2009年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Comments

« 裁判員法廷の傍聴席はメディアに独占されていた
メイン
権力が移動する時首相官邸で起きていること »

最高裁国民審査を審査する

marugeki_436_nagamine.jpgマル激トーク・オン・ディマンド
第436回(2009年08月15日)
最高裁国民審査を審査する

プレビュー

 総選挙前の恒例企画となった最高裁判所裁判官の国民審査特集。前回の国民審査以降の主要な最高裁判決を取り上げ、どの裁判官がどのような判断を下し、どのような意見を述べたかを、詳しく検証する。

 最高裁判所裁判官の国民審査は不信任の総数が投票総数の過半を超えた時に罷免となるが、それ以外は実質的な効力は何も持たない。いろいろな意味で、明らかに形骸化した制度であることは否めない。

 しかし、マル激で繰り返し見てきたように、最高裁の決定がさまざまな形で現在の日本の社会の在り方を規定していることは間違いない。首をかしげたくなる判決を下したり、おかしな意見を述べたり、あるいは批判を恐れずに勇気ある決定を下した裁判官に対しては、われわれはしっかりと意志表示をする必要がある。

 今回の国民審査の対象となる最高裁判所裁判官9名を、本邦メディアでは初めて(?)顔写真付きで一人ひとりのプロフィールを紹介するとともに、2005年の国民審査以降の主要事件として、一票の格差訴訟や和歌山カレー事件、情報公開訴訟、痴漢冤罪事件、催涙スプレー携帯事件における各裁判官の判断と意見を採り上げ、その内容を検証した。

 と、そこまではやるべきことをやってみたのだが、検証の過程で、あり得ないほど国民審査の制度が欠陥に満ちていることが明らかになった。そのような重大な問題が、これまで明らかにならなかったこと自体が、もしかすると国民審査を誰も真剣に受け止めてこなかった証左なのかもしれない。そう思えるほど、決定的な欠陥があるのだ。

 最高裁裁判官の国民審査は、まず裁判官任官後の最初の総選挙で審査にかけられ、その後10年間は審査がない。2度目の審査を受けるのは、最初の審査から最低でも10年以上経過した後になるが、ほぼ例外なく最高裁の裁判官には60歳以上の人が就任している。そして、最高裁裁判官は70歳が定年であるため、ほとんどの最高裁裁判官は、任官直後の総選挙時に一度だけ審査を受け、それ以降は審査を気にせずに悠々と裁判官を務めることになる。

 さて、問題は、その唯一の国民審査では多くの裁判官が任官からそれほど日が経っていないため、審査の判断材料となる主要な裁判にほとんど関わっていない場合が多いことだ。今回も過去4年間で主要な裁判に関わった裁判官の大半は、今回の国民審査の対象になっていない。仮に最高裁の決定に不服があっても、国民審査を通じて特定の裁判官に対してその意志表示をすることが、事実上不可能になっているのが、この制度の実情なのだ。

 また、最高裁は仕組みそのものに、大きな問題を抱えている。これまで数多くの裁判を傍聴し、最高裁をウォッチしてきた司法ライターの長嶺超輝氏によると、最高裁への上告申立て件数は年間数千件~1万件近くにも及ぶという。わずか3つの小法廷に15名のみの裁判官(1名の長官と14名の判事)では、個々の案件を十分に審理することは、そもそも不可能なのだ。驚いたことに、最高裁がそれらを処理するスピードは、年間1万件とすると、1日あたり40件という計算になる。それを3つの小法廷で分担することを考慮に入れても、1つの小法廷で1日に13~14件、1件あたり30~40分に過ぎない。

 30分そこそこで地裁、高裁での審理を全て再検証し、最高裁として独自の判断を下すことなど、あり得るはずがない。そこで、実際には裁判官の補佐役として任命される調査官が、予め膨大な裁判記録を読み、裁判官に争点を説明した上で過去の判例を提示し、選択肢を示すことになる。それが裁判官の判断に決定的な影響を与えるであろうことは、想像に難くない。そもそも最高裁の裁判官は、調査官からあがってきた情報をじっくりと精査する時間すら無いはずだ。

 つまり、早い話が、最高裁の実質的な意思決定は、政治任命を受けた最高裁裁判官ではなく、司法官僚制度の中で人選された調査官によって機械的に下されている可能性が否定できないのだ。これでは、せっかく最高裁という権威のある裁判所を設置して、三権の長の一人として首相待遇の長官と大臣待遇の判事を並べてみても、下級審や過去の判例から外れた大胆な決定など下るはずがない。日本の司法判断が陳腐化し、時代の潮流からずれていると感じる人が多いのも、やむを得ないことなのかもしれない。アメリカなどに比べて日本では最高裁の顔が見えないと言われる所以も、そのあたりにあるのだろうか。 もはや有名無実化した最高裁を改革する術はあるのか。長嶺氏は、次の総選挙で民主党が勝った場合、慣例化した裁判官の人事システムに政治が介入することが突破口になる可能性があるという。

 最高裁判所の裁判官は、憲法上、内閣が任命することとなっているが、実際は最高裁事務総局という密室の中で司法官僚によって決められている。自民党政権下では、内閣は事務総局があげてくるリストを追認するだけだったが、政権交代を果たした民主党には、原理原則に立ち返り、内閣が独自の判断で裁判官を任命することで国民の関心を集めてほしいと、長嶺氏は注文をつける。まずは物議を醸すことで、世論を喚起し、マスメディアがそれを報じることから始めないと変わらないというのだ。それは、国民やメディアの関心の薄さが、最高裁の有名無実化や国民審査の陳腐化を招いてきたからだ。

 さらに、法律自体の違憲審査を行う「憲法裁判所」の創設や、十分な審理を行うために裁判官の人数を増員するなど、司法改革として手をつけるべきことはたくさんある。もしかすると裁判員制度などを導入する前に、日本の司法権力の頂点にある最高裁判所のこのような深刻な問題を改革することの方が、遙かに優先順位の高い問題だったのかもしれない。

 限られた事件の中で、最高裁裁判官の判決内容を検証するとともに、国民審査の欠陥と、そこから見えてくる最高裁や司法全体の問題について、長嶺氏とともに考えた。

今週のニュース・コメンタリー
・総務省検討委が番組制作の認定制を答申へ
・裁判員を無断で欠席すると罰を受けるのか
・議員の質問主意書にまともに回答しない政府
・鳩山代表が民主党の理念を語れないのはなぜか

関連番組
マル激トーク・オン・ディマンド 第420回(2009年04月25日)
和歌山カレー事件はまだ終わっていない
ゲスト:安田好弘氏(弁護士・林真須美被告主任弁護人)
インタビューズ (2009年04月25日)
「ヒ素は自分で呑んだ。真須美はやっていない」
真須美被告の夫・健治さんが最高裁判決の不当性を訴え

<ゲストプロフィール>
長嶺 超輝(ながみね まさき)司法ライター
1975年長崎県生まれ。98年九州大学法学部卒業。司法試験浪人を経て04年より現職。著書に『裁判官の爆笑お言葉集』、『サイコーですか?最高裁!』など。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/4357

コメント (10)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認いただきますよう、お願いします。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

なお、投稿されたコメントは、このサイトを構築するシステムの関係上、「毎時5分と35分」に自動更新されるよう設定されています。投稿されてもすぐに反映されませんが、上記の時刻になれば自動で書き込まれます。

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

>問題は、その唯一の国民審査では多くの裁判官が任官からそれほど日が経っていないため、審査の判断材料となる主要な裁判にほとんど関わっていない場合が多いことだ

そうだったのか。
「主要な裁判の判決内容ぐらい教えてもらわんと判断できんわ」と思っていたら・・・。

>最高裁の実質的な意思決定は、政治任命を受けた最高裁裁判官ではなく、司法官僚制度の中で人選された調査官によって機械的に下されている可能性が否定できないのだ

そうだったのか(その2)。
びっくりです。

この実態がこれまで世間一般に知らされてこなかったこと自体が問題ですね。

 冤罪がほぼ確定した「足利事件」をみると、菅家さんのDNA鑑定(犯人のものと一致しない)を、5人の最高裁判事が一人の異論もなく誤認した不注意が際立っています。これは神保さんが指摘するように、裁判官補佐役の調査官(下級審判事任官後15年の経験ありという)の能力と少なすぎる人員配置が原因かもしれません。
 海野晋吉事務所の新進気鋭弁護士だった大野正男氏とは、氏が総評弁護団の一員の頃、大変お世話になり、この方がその後、司法研修所の教官になり、93年には最高裁の裁判官にまでなられたことは、当時の司法官僚の中にもリベラルな考え方の人がいた(最高裁事務総局が任用を決めている)ことの証明でしょう。
 最近の最高裁の判例から想像すると、裁判官、調査官ともかなり保守的、右傾化していることが伺えます。
 時あたかも米国では、オバマ大統領が最高裁判事にヒスパニック系女性のマイヨール氏を指名、上院司法委員会の公聴会を経て、承認されたとのニュースに接しました。かの国では、人種隔離政策など最高裁が国論を二分する裁定をしてきた歴史があるので、国民の関心も高く、共和党政権では保守派判事、民主党政権ではリベラル派判事を選ぶ傾向が強いといわれています。
 日本においても、民主党が政権につき「憲法上、内閣が最高裁判事を任命する仕組み」を文字通り生かして、偏向のない公正な裁判所を下級審から上級審まで構築する手助けを、是非実現してほしいと願っています。
 そして最高裁判所裁判官国民審査制度も、抜本的に見直してみるよい機会にしたいと心から念願するものです。

一回国民審査をしのぎさえすれば、後はどんな判決を出そうが定年まで安泰って…

くっそー!そういう仕組みになっていたのか!!

こうなりゃ全員に『×』付けてやるっ!

こんな大事な発言に3件しかコメントが付いていないとは驚きました。
ここの読者は自分で考える人が多いと思っていましたが、それでさえこの低調さです。一般人に国民審査が知られていないのもむべなるかな。
それにしても、裁判官一人当たりでは1回しか審査の機会がないとか、判断材料が不十分な新任の裁判官しか審査されていないなど、学校社会科の憲法教育では教えられなかったことが分かりました。感謝します。

4番目のコメントです。

私は、だいぶ前から、弁護士出身者以外の方は、バツをつけています。
当初は、判決内容をチェックしていたのですが、どうやら判決内容が出身組織に引きずられるようなので、手抜きをするようになりました。
もちろん、そうでない方も居ると思いますが、面倒になって。

しかし、官僚にとっては、最高裁判事の職も、天下り先の一つかもしれませんね。
天下りが必ずしも悪いとは思っていませんが。

神保さま
こんばんは。
今までは国民審判は、出来るだけ調べて○×はつけていましたが、やはり制度に限界があったのですね。
かねてから、この制度で罷免される人いるのかしら?と思っていましたから、納得しました。しかし、戦後60年良くも、国民にばれないようにじわじわと自分たちの都合のいい制度を構築してきたのかと思うと、あきれながら感心します。これを一つ一つ直さなければならないとは....。こういう問題を指摘してきた方も、過去にはいたのでしょうけれど、私は、情報に出会うことは有りませんでした。知ることに、遅いということは無いのでしょうから、ネットは本当にありがたいです。

すみません、ビデオは見てないのですが...
私も選挙に行った時に毎回「これがあったか〜」と驚きます。で、正直その場でいきなり選べと言われても訳わからず、本当にテキト〜に◯×してた時もありました。
少し前に別サイトでこの事を思い出し、ちょっと気になっていた所でした。やっぱりおかしいですよね。いろいろ勉強になります。ありがとうございます。
制度的にももっとわかりやすくちゃんとして欲しいし、事前告知的にももっと一般メディアでも詳しく紹介して欲しい!
で、結局よくわからない場合は、×つけるより用紙をいったんもらって返すと棄権になっていいのでしょうか?

考えたんですが、こんなふうに分けられると思います。


1.よく調べた人の信任票

2.よく調べた人の不信任票

3.よく分からないから無記名で入れちゃお!という名の信任票(無自覚な僕は今までコレ)

4.よく分からないから全員に×つけちゃお!という名の不信任票(投票テロみたいな(笑)


現実は、「圧倒的な数の3に対して、2が戦いを挑む」みたいな…なんじゃコリャって感じなのでは?

僕は今まで何気なく3でしたが、今回は棄権してみようと思います。

このサイトでは民主党の応援記事にはみんなで大賛成、批判記事はみんなでバッシング、そしてこの最高裁国民審査のような、重要だけど民主党に直接関係のない記事はほとんど放置なのですね。

このサイトの(ユーザー)の本質が見えたような気がしました。


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

神保哲生(じんぼう・てつお)

-----<経歴>-----

1961年東京生まれ。
15歳で渡米。コロンビア大学ジャーナリズム大学院修士課程修了。
クリスチャン・サイエンス・モニター記者、AP通信記者を経て独立。
ビデオジャーナリストの草分けとして、日米の放送局に映像リポートやドキュメンタリーを多数提供。
2000年1月、世界初のニュース専門インターネット放送局『ビデオニュース・ドットコム』を立ち上げ代表に就任。
2001年4月より『ビデオニュース・ドットコム』で宮台真司氏と人気ニュース番組「マル激トーク・オン・ディマンド」のキャスターを務め、現在にいたる。
2005年4月より立命館大学産業社会学部教授を兼務。
2008年4月より、早稲田大学ジャーナリズム大学 院非常勤講師を兼務。
専門は地球環境問題、開発経済、メディア倫理、日米政治関係。

BookMarks

ビデオニュース・ドットコム(有料会員登録制)
http://www.videonews.com/

ビデオジャーナリスト神保哲生のブログ
http://www.jimbo.tv/

マル激!メールマガジン
↓ ↓ ↓


-----<著書>-----

新刊!
↓ ↓ ↓

『格差社会という不幸』
2009年12月、春秋社、共著


『民主党が約束する99の政策で日本はどう変わるか?』
2009年7月、ダイヤモンド社


『オルタナティブ・メディア―変革のための市民メディア入門』
2008年12月、大月書店、翻訳・解説


『教育をめぐる虚構と真実』
2008年10月、春秋社、共著


『ツバル―地球温暖化に沈む国』
2007年7月、春秋社、増補版


『ビデオジャーナリズム―カメラを持って世界に飛び出そう』
2006年7月、明石書店


『中国―隣りの大国とのつきあいかた』
2007年6月、春秋社、共著


『アメリカン・ディストピア―21世紀の戦争とジャーナリズム』
2003年9月、春秋社、共著


『天皇と日本のナショナリズム』
2006年11月、春秋社、共著


『ネット社会の未来像』
2006年1月、春秋社、共著

『粉飾戦争―ブッシュ政権と幻の大量破壊兵器』
2004年3月、インフォバーン、監訳

『プロパガンダ株式会社―アメリカ文化の広告代理店』
2004年8月、明石書店、解説

『漂流するメディア政治―情報利権と新世紀の世界秩序』
2002年10月、春秋社、共著

『地雷リポート』
1997年11月、築地書館

『ビデオジャーナリストの挑戦』
1995年11月、ほんの木

『重要政策全比較―シリウス・日本新党・平成維新の会』
1993年7月、ほんの木

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.