Calendar

2009年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 賞金王レースも大詰め
メイン
2010年ゴルフ界は!? »

史上最年少の賞金王

2009年男子ツアーの全日程が終了し、石川遼プロの最年少賞金王が決定した。
今年はマスターズに始まり世界を経験する中で目覚ましい進化を遂げた?

いや進化し続けた年であった。
彼のすごさの源は何か?いつも考えることであるが、やはり思考の深さなのではないかと思っている。

考える深さの分だけ成果の高さがあるというのが私の持論であるが、彼の思考の深さを知りたくなる。いつか質問できる時が来るとありがたい。
また後半戦、怪我に悩まされた池田勇太プロの健闘も賞賛に値するものであった。

今後この2人はライバルとして日本を代表するプレーヤーになってくれるであろう。
それにしても最終戦で10年ぶりに日本で優勝した、丸ちゃんこと丸山茂樹プロの涙のスピーチもよかった。

イケイケの丸ちゃんとは違った深みを感じるものであるとともに、世界を見てきた彼の今後の活動も注目したい。

みなさん1年間お疲れ様でした。

まずはゆっくり体と心を休めてください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6328

コメント (4)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

今年の男子ツアーは地元千葉出身の池田勇太プロの参戦でとても面白かったですね。石川プロだけだとつまらなかった。やはりライバルの存在は大きい。女子プロのように彼らに続く若手の台頭、ミドルクラスの奮起、マルちゃんのようなベテランのがんばり、に期待しています。お疲れ様でした。

突然に失礼します。
いつも、ゴルフネットワークの番組を見て参考にさせていただいてます。非常にわかりやすいので大ファンです。それで、先日の番組の中で、腕に力が入りすぎる?と鎖骨の下あたりを通っている血管?が圧迫されて、腕がしびれるようなことを聞きました。実は、私自身1年前から左腕に痺れが出ています。(毎日、素振りを何十回も続けていました)痺れはほとんど常時感じて、結構苦痛です。当時はムズムズ症候群かと神経内科・整形外科・整骨院等いろいろ行ってみましたが、これといった効果はありません。素振りと関係があるのでしょうか?。大変深刻に悩んでいます。突然あつかましい質問ですが何かご助言いただければ幸いです。なにとぞよろしくお願いします

ミヤケ様
メール拝見いたしました。
いつも番組を見ていただきありがとうございます。メールを拝見したところ左腕に常時しびれがあるとのこと。ゴルフ歴や練習の頻度またスイングを見ていないのではっきりとお答えできませんが、左首のコリが強くありませんか?特に斜角筋と言われる左鎖骨のすぐ上のあたり、また左脇の下も同様です。これらは腕の神経が通る場所で、スイングもしくはインパクトの衝撃により筋肉や周辺の組織が硬化しやすく、そのような症状が出るケースがあります。後は頚椎の問題からしびれが出るケースもあります。整形外科でレントゲンを撮ることと、評判の良いマッサージに場所を伝えほぐしてもらうのもよいかと思います。千葉に来られるようでしたら対応も可能ですので参考になさってください。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

石渡俊彦(いしわた・としひこ)

-----<経歴>-----

プロゴルファー&フィジカルトレーナー。
スポーツコンディショニング研究所代表。
1965年千葉県生まれ。
高校時代、野球で甲子園をめざすも肩の故障で断念。
地元のゴルフ練習場で働きながらプロをめざし、その練習場で知り合った中嶋常幸プロの門下生に。
95年、30歳でプロテストに合格したが、3年後に背中を痛めツァープロの道を断たれる。
しかしその体験を元に専門学校に通って整体、運動医療を学び、スイングのことも体のことも分かるフィジカル・トレーナーとして独自の世界を拓く。
中嶋や服部道子のコーチとして復活・優勝を助けたことが高く評価され、04年「レッスン・オブ・ザ・イヤー」を受賞。
現在ヴィクトリアゴルフ五反田店、青山店、世田谷店において「けんこう寺子屋ゴルフスクール」を主宰。
また05年10月に千葉駅前に「Golf Studio "f"」を開設した。

BookMarks

石渡俊彦のスポーツコンディショニング研究所
http://www.sc-labo.com/

→ブック・こもんず←

当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.