Calendar

2009年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Comments

« 遼君プレジデントカップ出場
メイン
若手2人の活躍! »

ヒーロー誕生!?

コカ・コーラ東海クラッシックはまれに見る好勝負と劇的な幕切れであった。
16番のボギーで萎えることなく、17・18番と連続バーディーで勝ちをもぎ取った遼君にあっぱれ!!
特に最終18番のセカンドは右ラフからの190ヤード、ピンはグリーン右サイドでグリーン右は池という状況であのショットを打てますか?

遼君に聞いてみたい「あのショットはピンを狙ったの?」。
手堅くいけばプレーオフ覚悟で安全策のセンターやや右狙い、しかしラフからグリーンに ボールを止めるにはフェードをイメージしたショットが用いられることが多い。

しかし!しかしである、あの表情は勝負をしに行っていた。18番に関しては無 駄も隙もない完璧な勝負師であった。
明らかに今までの日本人プロゴルファーを超えたゴルフ!これが世界で勝負するプレーヤーなんだと背筋がぞっとした試合であった。

プレジデントカップが益々楽しみだ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6032

コメント (5)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

石川遼選手は、日本のゴルフ場でプレイしている時は、タイガー・ウッズですね。
実況でなくて録画放送だったのは残念でしたが、それでも、私は、テレビ画面の彼のプレイに興奮しました。

18番ホールも、もちろん、素晴らしかったですが、私は、ロングホールの2打目、左足下がりを4番アイアン、高い弾道でピン下にピタリとつけた画面で鳥肌が立ちました。

まさしく、タイガー・ウッズのショットでした。
現在の日本人プロであのボールを打てるのは、石川選手だけでしょう。

5番アイアンからしかバックに入れず、9番ウッドを駆使する賞金王も、日本人の体力からすればしょうがないけれども、やっぱり、男子プロにはロングアイアンを使ってほしい。

石川遼プロは、まさしく、そういったゴルフファンの夢を実現してくれました。

来年は、ぜひ、PGAツアーかメジャー大会の舞台で、ロングホールの第2打、3番か4番のアイアンで、高々と打ち上げ、グリーンにぴたりと止めてほしい。
そして、20歳までに日本のゴルフ界を完全制覇し(怪我さえなければ十分可能)、21歳からは米国(世界)でプレイしてもらいたい。

遼君、期待しています。

青山様

遼君の素晴らしい活躍、日本人にとってこんなに楽しみな選手は過去 居ませんでしたね。

ジャンボ、青木、中島、ジョー、丸ちゃん、伊沢、片山・・・
期待して見守った、当時の日本チャンピオンがメジャー大会では悉く苦渋を呑まされ続けた。

飛距離の差・アイアンの正確性・ミスパット、忍耐力、どれを比較しても世界のトップ選手に及ばなかった。

何よりも勝つときに起きるミラクルを起こす強運!これら全てが遼君には備わっているように見えるのは私だけでは無いでしょう。

日本男子ゴルフ協会にとって見れば救世主。視聴率・ギャラリーを呼ぶ魅力は手放したくないでしょう。しかし日本のゴルフが、世界に挑戦出来る逸材。なるべく早いアメリカツアー参戦が 夢のメジャー制覇に繋がる道だと思います。

スポーツは本当に良いですね。支持政党の垣根もなく純粋に日本人の活躍を応援できます。

>ウー 様
>スポーツは本当に良いですね。支持政党の垣根もなく純粋に日本人の活躍を応援できます。

まさにその通りですね。

今朝、石川選手はプレジデンツ・カップ2回戦でアメリカ選手に圧勝しましたね。
国際映像の英語のインタビューにも真面目に流暢な英語で答えていたし、ますます将来が楽しみです。

昨日終了した「プレジデンツ・カップ」での石川遼選手の活躍は見事でした。
世界選抜主将のグレッグ・ノーマンは大会終了式で「もうみんな覚えたと思うけど、これから何度でもこのチームで活躍する選手だ」と紹介し、場内の拍手を浴びた由。誠に頼もしい18歳。
「日本の誇り」といわれるよう、今後もますます「心・技・体」に磨きをかけてほしいと願っています。

コメントを投稿

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

石渡俊彦(いしわた・としひこ)

-----<経歴>-----

プロゴルファー&フィジカルトレーナー。
スポーツコンディショニング研究所代表。
1965年千葉県生まれ。
高校時代、野球で甲子園をめざすも肩の故障で断念。
地元のゴルフ練習場で働きながらプロをめざし、その練習場で知り合った中嶋常幸プロの門下生に。
95年、30歳でプロテストに合格したが、3年後に背中を痛めツァープロの道を断たれる。
しかしその体験を元に専門学校に通って整体、運動医療を学び、スイングのことも体のことも分かるフィジカル・トレーナーとして独自の世界を拓く。
中嶋や服部道子のコーチとして復活・優勝を助けたことが高く評価され、04年「レッスン・オブ・ザ・イヤー」を受賞。
現在ヴィクトリアゴルフ五反田店、青山店、世田谷店において「けんこう寺子屋ゴルフスクール」を主宰。
また05年10月に千葉駅前に「Golf Studio "f"」を開設した。

BookMarks

石渡俊彦のスポーツコンディショニング研究所
http://www.sc-labo.com/

→ブック・こもんず←

当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.