Calendar

2009年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Comments

« 2009全米プロ
メイン
ヒーロー誕生!? »

遼君プレジデントカップ出場

フジサンケイクラッシック最終日が山梨の富士桜CCで6日行われました。
通産11アンダーで単独首位スタートの石川プロは最終日1アンダー70でまとめ、2位に5打差をつける圧勝で今季3勝目をあげた。
これにより賞金ランキングもトップに躍り出た遼君だが、世界の石川遼に近づく更なるビックニュースが。

10月8日から(11日まで)サンフランシスコで開催されるプレジデントカップに出場が決まった。これはアメリカ vs 世界選抜(ヨーロッパを除く)の形で行われるが、今回は世界選抜代表のキャプテンであるG・ノーマンが2つの推薦枠の1つで遼君を指名した。
評価対象として全英オープンでのタイガーとまわったときの対応や対処を評価している。
もちろん18歳で参加するのは最年少であり、世界も注目するであろう。

この短い2年という間に彼はどれほど進化したのだろうか?
青木さんの解説も予想できないプレーは従来の日本人ゴルファーの枠を超えている。
フジサンケイのショットの内容を見れば一目瞭然である。
この1人の若者が世界でどこまでのぼり詰めるのか?そんな勝手な想像をせずにはいられない。

今回指名してくれたG・ノーマン、いつしか遼君が世界選抜チームのキャプテンになる日が来るのではないか。

*世界選抜にヨーロッパが入っていないのは、ヨーロッパ vs アメリカで戦う"ライダーカップ"があるためです。

ライダーカップの歴史は古く1927年に第1回大会がイギリス vs アメリカの形で開催。その後西暦の奇数年にホーム・アンド・アウェー方式で開催されており、メンバーに選出されることが選手の誇りと言われる格式高い大会である。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5922

コメントを投稿

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

石渡俊彦(いしわた・としひこ)

-----<経歴>-----

プロゴルファー&フィジカルトレーナー。
スポーツコンディショニング研究所代表。
1965年千葉県生まれ。
高校時代、野球で甲子園をめざすも肩の故障で断念。
地元のゴルフ練習場で働きながらプロをめざし、その練習場で知り合った中嶋常幸プロの門下生に。
95年、30歳でプロテストに合格したが、3年後に背中を痛めツァープロの道を断たれる。
しかしその体験を元に専門学校に通って整体、運動医療を学び、スイングのことも体のことも分かるフィジカル・トレーナーとして独自の世界を拓く。
中嶋や服部道子のコーチとして復活・優勝を助けたことが高く評価され、04年「レッスン・オブ・ザ・イヤー」を受賞。
現在ヴィクトリアゴルフ五反田店、青山店、世田谷店において「けんこう寺子屋ゴルフスクール」を主宰。
また05年10月に千葉駅前に「Golf Studio "f"」を開設した。

BookMarks

石渡俊彦のスポーツコンディショニング研究所
http://www.sc-labo.com/

→ブック・こもんず←

当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.