« 2009年4月 | メイン | 2009年6月 »

2009年5月12日

”危機管理”

GW直前に広がり始めた豚インフルエンザ。
海外旅行に若干の影響を与えたようではありますが、それでも4%増だったとか。
そして昨日はとうとう国内初の感染者、これから2次感染の対応も必要になるでしょう。
幸いにして弱毒性ということですが、ここで学ぶことは危機管理の対策と対応。
情報源となるマスコミは公正な立場で正確な情報を、私心を交えずに伝えていただきたいと・・・

先日ある本で「これぞ危機管理の極意」なる言葉を見たのでご紹介します。
それは”悲観的に準備し、楽観的に対応する”
まさに!

これゴルフにもぴったりの言葉です。
ゴルフはリスクマネジメントのゲームですから。

Profile

石渡俊彦(いしわた・としひこ)

-----<経歴>-----

プロゴルファー&フィジカルトレーナー。
スポーツコンディショニング研究所代表。
1965年千葉県生まれ。
高校時代、野球で甲子園をめざすも肩の故障で断念。
地元のゴルフ練習場で働きながらプロをめざし、その練習場で知り合った中嶋常幸プロの門下生に。
95年、30歳でプロテストに合格したが、3年後に背中を痛めツァープロの道を断たれる。
しかしその体験を元に専門学校に通って整体、運動医療を学び、スイングのことも体のことも分かるフィジカル・トレーナーとして独自の世界を拓く。
中嶋や服部道子のコーチとして復活・優勝を助けたことが高く評価され、04年「レッスン・オブ・ザ・イヤー」を受賞。
現在ヴィクトリアゴルフ五反田店、青山店、世田谷店において「けんこう寺子屋ゴルフスクール」を主宰。
また05年10月に千葉駅前に「Golf Studio "f"」を開設した。

BookMarks

石渡俊彦のスポーツコンディショニング研究所
http://www.sc-labo.com/

→ブック・こもんず←

当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.