Calendar

2009年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Comments

ファンクショナルゴルフ終了
Ki-chi 04/22
石渡俊彦 04/23
tani 05/05
石渡 05/07
tani 05/08

« 2009マスターズ
メイン
”危機管理” »

ファンクショナルゴルフ終了


4年にわたりお送りしましたゴルフネットワークでの「ファンクショナルゴルフ」
、4月10日をもって残念ながら終了となりました。
既存のレッスン番組とは違った視点で、ゴルフを皆さんへお伝えしてきました。
ゴルフ場でも多くの方に励ましや温かい声を頂きありがとうございました。
また素晴らしい機会を作ってくださった番組制作の皆さんにはこの場を借りてお礼を申し上げます。
これからもゴルファーに望まれる情報を様々な形で発信していきますので、今後とも応援よろしくお願いします。

石渡俊彦

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/3444

コメント (5)

4年間、本当にお疲れ様でした。

たまたまインターネットで石渡プロの番組を見てからゴルフとは、スイング理論やギアだけではなく体に関する知識、ストレッチ等も大事だと知らされました。
*仙腸間接と言う言葉は、番組で始めて知りました(笑)

これからも日々のストレッチを続けて楽しいゴルフライフを過ごしていきます。

本当に為になる番組をありがとうございました。これからも益々のご活躍を願っております。

コメントありがとうございます。
アマチュアゴルファーの皆さんにとってゴルフとは、単に”息抜き”ではなく”生きる力”だと感じることが多々あります。これからも参考になる情報を発信していきますので楽しみにしていてくださいね。

4年間ありがとうございました。
コメントもずいぶん遅れてに、なりますが。
お礼がいいたくて・・・。
自分は、番組が始まる、少し前に、右手の指を失い、スポーツをするのを辞めてしまいました。しかし、ある時、この番組をしり、夢中になって、見始め、でも、クラブを握れなくて、番組終了となってしましました。
でも、教えて頂いた事など、振り返って、勇気を出して、クラブを握ってみました。
初めて握って一ヶ月、練習場の、80ヤードの看板に、確実に、真っ直ぐ乗せれるようになりました。
障害者でも、目指すレベルは、違うでしょうが、ゴルフを楽しく、学び、プレー出来ることを、教えて頂いた、番組並びに、石渡プロ殿ありがとうございました。長々となりましたが、本当に、お礼が言いたくて、投稿させて、頂ました。是非又機会があれば、このような番組、企画して頂ければと、思っております。
これからも、ますますの、ご活躍願っております。

tani様

メールありがとうございました。
また文章から怪我の大きさ、心の痛みを感じました。今までできたことができないもどかしさはご本人しかわからない部分が多いと思います。実は個人的にお世話になっている方が、昨年秋に脳梗塞で倒れ右半身と言葉が不自由になりました。先日、病後初めて会った時は少しショックでした。なぜ少しかというと顔の表情がしっかりしていたので、「コースへ再デビューしましょう!」と直感的に感じたからです。人間の生きる力ってすごいんですよ!taniさんどうかがんばっていただきtani流ゴルフを極めてください。陰ながら応援しています。また番組もカンバックできるよう頑張りますので、その時はぜひ見てくださいね!

石渡殿
返信コメントありがとうございました。まさか、返事頂けるとは思わず、飛び上がってしまいました。確かに人の体ははかりしれないものがあると思います。友人様にも、がんばっていただけるように願っております。自分も、がんばります、人生的のも、又ゴルフも!!夢であるドライバーが打てるようになりましたら、真っ先にコメント入れさせて頂きます。どれくらい先になるかわかりませんが。がんばります!!!暖かいお言葉ありがとうございました。

コメントを投稿

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

石渡俊彦(いしわた・としひこ)

-----<経歴>-----

プロゴルファー&フィジカルトレーナー。
スポーツコンディショニング研究所代表。
1965年千葉県生まれ。
高校時代、野球で甲子園をめざすも肩の故障で断念。
地元のゴルフ練習場で働きながらプロをめざし、その練習場で知り合った中嶋常幸プロの門下生に。
95年、30歳でプロテストに合格したが、3年後に背中を痛めツァープロの道を断たれる。
しかしその体験を元に専門学校に通って整体、運動医療を学び、スイングのことも体のことも分かるフィジカル・トレーナーとして独自の世界を拓く。
中嶋や服部道子のコーチとして復活・優勝を助けたことが高く評価され、04年「レッスン・オブ・ザ・イヤー」を受賞。
現在ヴィクトリアゴルフ五反田店、青山店、世田谷店において「けんこう寺子屋ゴルフスクール」を主宰。
また05年10月に千葉駅前に「Golf Studio "f"」を開設した。

BookMarks

石渡俊彦のスポーツコンディショニング研究所
http://www.sc-labo.com/

→ブック・こもんず←

当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.