« 2009年2月 | メイン | 2009年4月 »

2009年3月25日

WBC2連覇達成!

監督選出から何かと騒がれた「第2回ワールドベースボールクラッシック」。
終わってみれば日本にとって最高に近い形で幕を閉じた。
この2連覇で間違いなく日本球界の位置づけは変わり、日本投手陣のレベルの高さを世界は
改めて感じたはずである。
しかしアメリカは「ワールドシリーズ」こそが、世界最高峰の試合という位置づけは変えてはいないようである。
今後WBCを発展させるためには参加国を増やし、サッカーのように世界へ向けた野球の普及などの課題は残る。

それにしても・・・
個人的には元野球少年の血が騒ぎ、連日関心を持って応援。
序盤のイチローの不振、選手の起用法、メディアの取り上げ方等も関心を引いた。
今回は絶対的な4番がいないことが幸いし、相手投手やチーム内の状態を考慮しながらオーダーを組めたことが
数ある勝因の1つであると感じた。
今までの国際試合では、選手個人のメンツやご機嫌を伺った場面もあったように感じた。
しかし今回のイチローについては原監督の”イチロー中心のチーム”という発言から、
彼と心中もやむなし!といった覚悟が感じられ、イチローを中心に選手たちが一丸となって応えた。

しかし逆の結果だった場合を想像すると恐ろしい気もする。
戦犯探しに始まり、監督の選出・采配批判と、当面メディアは叩いたことだろう。
まさに”終わり良ければ全て良し!”である。

そう考えると遼君のスイング改造、吉と出るか?凶と出るか?
これについてはもう少し見守りたいと思う。

2009年3月11日

ゴルファーのカラダの老化

「老化は足から」とは人間の衰える様を言った言葉ですが、ゴルファーとて例外ではない。
ただゴルファーの老化は何も”足だけ”に限ったことではないのです。

足は体を支える土台として、二足歩行の人間には欠かせない機能である。
そしてそれらに匹敵するゴルファーの生命線である”捻転力”、これも”ゴルファーの老化”に
大いに関係がある!

ここには肩幅の存在が大きく関わっており、背中と胸部の柔軟性が求められる。

スイングプレーンに問題がある場合は胸部と肩関節、そしてスイングアークに問題がある場合は
肩甲骨に機能的な問題がある。

足の鍛錬と上半身の柔軟性は「若いゴルファー」のバロメーター!

Profile

石渡俊彦(いしわた・としひこ)

-----<経歴>-----

プロゴルファー&フィジカルトレーナー。
スポーツコンディショニング研究所代表。
1965年千葉県生まれ。
高校時代、野球で甲子園をめざすも肩の故障で断念。
地元のゴルフ練習場で働きながらプロをめざし、その練習場で知り合った中嶋常幸プロの門下生に。
95年、30歳でプロテストに合格したが、3年後に背中を痛めツァープロの道を断たれる。
しかしその体験を元に専門学校に通って整体、運動医療を学び、スイングのことも体のことも分かるフィジカル・トレーナーとして独自の世界を拓く。
中嶋や服部道子のコーチとして復活・優勝を助けたことが高く評価され、04年「レッスン・オブ・ザ・イヤー」を受賞。
現在ヴィクトリアゴルフ五反田店、青山店、世田谷店において「けんこう寺子屋ゴルフスクール」を主宰。
また05年10月に千葉駅前に「Golf Studio "f"」を開設した。

BookMarks

石渡俊彦のスポーツコンディショニング研究所
http://www.sc-labo.com/

→ブック・こもんず←

当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.