Calendar

2009年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Comments

« 「腰にやさしいイス作り」
メイン
石川遼君マスターズへ »

プレー巧者とは?

ある番組で興味深いコメントを耳にした!
声の主は原巨人を支える主砲ラミレスである。彼は遠征先のホテルにパソコンを持ち込み何やら研究中である。その研究対象こそが私の興味を引いた。
通常のバッターは投手の研究をする。バッターのタイプによる攻め方や癖である。メジャーリーグでは研究の対象はほぼピッチャーである。何故か?ゲームを支配している割合が1番高いから。しかし、日本の野球を違うとラミレスは言う。日本の野球はキャッチャーが支配していると。ゆえに対ピッチャーではなく、対キャッチャーの研究をするようになって安定した成績を出せるようになったのだと。私の癖で何でもゴルフにつなげる習慣があり、そのコメントこそが“うまく(コースで)プレーできない”ゴルファーを救う手だてになるのではと直観的に閃いた!なぜかと言うと以下のとおりである。

ゴルファーのほとんどは、その貴重な練習時間をスイング作りに費やしている。特に今の日本人ゴルファーにはこの傾向が強い。コースでうまくプレーするための練習ではなく、いいスイングを身につけるのが第一の目的となっている。これは以前にも指摘したとおりである。しかしながらそのようなスイングをさせてくれる場面はほとんどないのがコースでのプレー。野球に例えればブルペンではいい球放るけど、バッターがいるとからっきしダメなタイプ。そう多くのゴルファーは“ブルペンゴルファー”に陥っている。今回私が伝えたいのはゴルフコースの要求に合わせたプレーや発想が大切ですよ!ということです。研究の対象を“スイング”から“コースマネジメント”へ移行しよう!

コースでのレッスンをするたびに思うのはそこで、「このロケーションでは低いスライスをイメージして」「ここはフックしてもいいやぁ、と思いながら打ってみてください」など、私のコースレッスンでは「あっ!今のはクラブが外から入ったからフックしました」などのコメントは無い。なぜならそういうスイングにした原因に目を向け、その対処法を理屈ではなくイメージしやすい言葉で伝えて終わりだからである。理屈や数字が頭に入ると左脳が優位に立ち、体の動きがぎこちなくなるのである。状況に応じた球筋のイメージは、ハンディキャップの多い少ないに関係なく必要で、そう思えることでナイスショットの確率は天地の差ほど変わる。後は球の出だしをどこにするか?そこに目線とクラブフェースを合わせると100を切れるかどうかのゴルファーでも軽いダウンヒルをスプーンでナイスショットするのである。コースの攻め方は多岐にわたるが基本的な考えは“広いほうから曲げる”である。ということは普段の練習で何をすべきか?「右に曲がるボールを打つ・左に曲がるボールを打つ」言い方を変えれば「絶対左に行かないボール・絶対右に行かないボール」を練習すべきである。

Profile

石渡俊彦(いしわた・としひこ)

-----<経歴>-----

プロゴルファー&フィジカルトレーナー。
スポーツコンディショニング研究所代表。
1965年千葉県生まれ。
高校時代、野球で甲子園をめざすも肩の故障で断念。
地元のゴルフ練習場で働きながらプロをめざし、その練習場で知り合った中嶋常幸プロの門下生に。
95年、30歳でプロテストに合格したが、3年後に背中を痛めツァープロの道を断たれる。
しかしその体験を元に専門学校に通って整体、運動医療を学び、スイングのことも体のことも分かるフィジカル・トレーナーとして独自の世界を拓く。
中嶋や服部道子のコーチとして復活・優勝を助けたことが高く評価され、04年「レッスン・オブ・ザ・イヤー」を受賞。
現在ヴィクトリアゴルフ五反田店、青山店、世田谷店において「けんこう寺子屋ゴルフスクール」を主宰。
また05年10月に千葉駅前に「Golf Studio "f"」を開設した。

BookMarks

石渡俊彦のスポーツコンディショニング研究所
http://www.sc-labo.com/

→ブック・こもんず←

当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.