Calendar

2011年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

メイン

TERRORISM アーカイブ

2008年8月18日

INSIDER No.453《TERRORISM》今頃になって「戦争ではテロを防げない」だと……──遅きに失した米「ランド・コーポレーション」の最新レポート

 ペンタゴンに直結する米シンクタンク「ランド・コーポレーション」がこのほど発表した研究レポート「テロ集団はいかにして壊滅するか」によると、1968年から2006年までの期間に世界中に存在した648のテロ集団のうち同期間内に消滅した268組織についてその原因を調べたところ、43%は政治的プロセスへの参加(交渉など)、40%は警察や情報機関による主要メンバーの逮捕・殺害、10%はテロリスト側が勝利して目的達成などの理由によって消滅しており、軍事作戦が奏功して壊滅させたケースはわずか7%だった。その結果に基づいて同レポートは、政治的解決が可能なのはテロ集団の目的が限定されていて妥協しやすいケースがほとんどで、アルカイーダのような規模が大きく重武装して活動範囲も広い組織に対しては、戦争でなく、警察と情報機関による作戦を中心に対処すべきであって、「対テロ戦争」という言葉はもう使わないほうがいいと米政府に勧告している。「テロを解決できる戦場は存在しない。軍事力は通常、その狙いとは正反対の効果をもたらす」と。

RANDCorp.:
http://www.rand.org/

同レポートの記者発表:
http://www.rand.org/news/press/2008/07/29/

 今頃になって何を言ってるんだ。そんなことは『インサイダー』が最初っからさんざん書いているじゃないか。

続きを読む "INSIDER No.453《TERRORISM》今頃になって「戦争ではテロを防げない」だと……──遅きに失した米「ランド・コーポレーション」の最新レポート" »

2001年9月17日

INSIDER No.27-2《TERRORISM》計り知れぬ米同時多発テロの衝撃──“唯一超大国”幻想の崩壊

 『ニューヨーク・タイムズ』13日付社説は「11日の一瞬の出来事は歴史の分岐点となった」と書いた。何と何の分岐点であるかについては、いろいろな物差しの当て方がありうるが、米国人にほぼ共通する捉え方は、この日を境に「戦争の概念」が一変したということだろう。同紙は「従来型の軍事力では阻止できない脅威に対して、開かれた民主社会がいかにして自分を守ることが出来るか」がこれからの課題だと指摘した。

 ウェストファーレン条約以来、戦争はまずもって「主権国家間の国際法に則った武力行使による闘争」であり、それ以外には、1つの主権国家の内部で2つ以上の集団が覇を求めて殺し合う内戦しかなかった。しかし、そのような国家間戦争の3世紀半は今回の事件で明示的に終わって、これからは、核兵器もミサイルも持つわけではない、ただ剃刀の刃をポケットに忍ばせただけの数人のNGO(!?)メンバーでも、世界中の任意の場所をいつでも大量殺戮のための地獄の戦場と化すことが出来るような、見えない敵との際限のない戦争の時代が始まる。ラムズフェルド米国務長官は12日の会見で「これが21世紀の戦争の姿だ」と言い、『NYタイムズ』翌13日付はこの事件を 「第3次世界大戦の最初の一撃」と規定し、しかし通常兵器による攻撃は今回限りで、第2撃以降は生物・化学兵器かスーツケース核爆弾のようなものが使われて、遙かに悲惨な事態が引き起こされるかもしれないという深刻な不安を示唆した。

●反グローバリズム

続きを読む "INSIDER No.27-2《TERRORISM》計り知れぬ米同時多発テロの衝撃──“唯一超大国”幻想の崩壊" »

Profile

現在、INSIDERニュースレターの内容は、ご覧の《THE JOURNAL》内でブログの形で公開されております。
誰でも無料で閲覧し、またそれについて感想や意見を書き込むことが出来るようになっておりますが、従来通り、お手元に電子(Eメール)版配信もしくは印刷版郵送の形で講読を希望される方は、引き続きEメール版:年間6,300円(税込)、ペーパー(紙)版:年間12,600円(税込)をお支払いください。[法人購読の場合は年間105,000円(税込)になります]
ウェブ上で無料で閲覧できるものが、Eメール版・ペーパー(紙)版が有料なのはどういうわけだと思われるかもしれませんが、後者の場合、読者名簿管理と請求の事務、配信と郵送の手間が必要であり、とりわけ印刷版の場合は紙代、封筒代、印刷代、郵便代のほか宛名を印刷して封筒に貼り、印刷されたものを三つ折りして封入し、糊付けし、紐で束ねて郵便局に運び込むのに膨大な手間とコストがかかっていることをご理解下さい。
また、無料で閲覧できるならそちらに切り替えたいという方もおられると思いますが、残余の購読期間は引き続きEメール版もしくはペーパー(紙)版を配信させて頂き、購読料を途中返還することは致しませんのでご了解下さい。

BookMarks

TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER(インサイダー)
http://www.smn.co.jp/insider/

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.