Calendar

2011年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

メイン

REGIME CHANGE アーカイブ

2009年7月 6日

INSIDER No.498《REGIME CHANGE》民主党は郷原信郎を法務大臣にしたらどうか/その2──第三者委員会報告書の問題提起

 造船疑獄は、戦時中に大量の船腹を失って疲弊していた海運業界を立て直して貿易立国の道を突き進むべく、政府が商船建造のための長期低利資金を提供して計画的に造船を促す「計画造船」政策の一環として、「外航船建造利子補給法」を制定するにあたって、飯野海運はじめ業界から政治家・官僚に莫大な賄賂が贈られたとして、東京地検特捜部が1954年1月強制捜査を開始、政財官71人を逮捕するという、史上稀に見る一大贈収賄事件となった。

 その中で、検察は4月、当時の第5次吉田内閣の与党=自由党幹事長だった佐藤栄作(後の首相)を逮捕する方針を固めたが、佐藤の求めに応じて吉田首相が犬養健法相に「指揮権発動」を指示、佐藤逮捕は中止された。が、野党とマスコミの反発は激しく、非難囂々の中で犬養法相は辞任、それをきっかけに政局不安が続く中で、結局、吉田内閣は8カ月後に倒壊した。

続きを読む "INSIDER No.498《REGIME CHANGE》民主党は郷原信郎を法務大臣にしたらどうか/その2──第三者委員会報告書の問題提起" »

2009年7月 5日

INSIDER No.497《REGIME CHANGE》民主党は郷原信郎を法務大臣にしたらどうか/その1──検察の横暴に対する新政権の回答

 実はこのところThe Journal同人の一部で、政権交代を果たした暁には民主党は、郷原信郎弁護士(元検事、名城大学教授)を法務大臣にすべきであるという声が盛り上がっている。

●林幹雄告発の裏側

 別項の宮崎学による林幹雄=国家公安委員長に対する告発も、元はと言えば(これは言っちゃっていいのか悪いのか分からないが)、郷原と宮崎の個人的対話の中から生まれたアクションで、郷原が原案を起草して宮崎が自分の名前で告発状を提出した。

 宮崎は早稲田大学の60年代後半の学生運動の時代を通じて、ずっと私の直近の子分で、私らがアイデアを出すと、率先「それは俺がやる」と買って出て、突撃隊というか、ヤクザ世界の用語で言えば鉄砲玉となって飛んでいくのが役目だった。そのへんは、つい先日の朝日新聞夕刊「ニッポン人脈記」に宮崎ら日共系全学連の3人が取り上げられている中にも表出されている。

続きを読む "INSIDER No.497《REGIME CHANGE》民主党は郷原信郎を法務大臣にしたらどうか/その1──検察の横暴に対する新政権の回答" »

Profile

現在、INSIDERニュースレターの内容は、ご覧の《THE JOURNAL》内でブログの形で公開されております。
誰でも無料で閲覧し、またそれについて感想や意見を書き込むことが出来るようになっておりますが、従来通り、お手元に電子(Eメール)版配信もしくは印刷版郵送の形で講読を希望される方は、引き続きEメール版:年間6,300円(税込)、ペーパー(紙)版:年間12,600円(税込)をお支払いください。[法人購読の場合は年間105,000円(税込)になります]
ウェブ上で無料で閲覧できるものが、Eメール版・ペーパー(紙)版が有料なのはどういうわけだと思われるかもしれませんが、後者の場合、読者名簿管理と請求の事務、配信と郵送の手間が必要であり、とりわけ印刷版の場合は紙代、封筒代、印刷代、郵便代のほか宛名を印刷して封筒に貼り、印刷されたものを三つ折りして封入し、糊付けし、紐で束ねて郵便局に運び込むのに膨大な手間とコストがかかっていることをご理解下さい。
また、無料で閲覧できるならそちらに切り替えたいという方もおられると思いますが、残余の購読期間は引き続きEメール版もしくはペーパー(紙)版を配信させて頂き、購読料を途中返還することは致しませんのでご了解下さい。

BookMarks

TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER(インサイダー)
http://www.smn.co.jp/insider/

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.