Calendar

2011年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

メイン

CHIKUSHI アーカイブ

2008年11月16日

INSIDER No.468《CHIKUSHI》筑紫哲也さんが亡くなって想うこと──ジャーナリストたちの世代論

 筑紫さんとは細いけれども長い付き合いで、突然1年か2年ぶりに電話がかかってきて「高野君、ちょっとこういうこと考えているだけど知恵を貸してくれない?」と言われたりしたことも何度かあった。

 彼がニューヨーク勤務中の頃、都内某ホテルのエレベーターの扉が開いて乗ろうとしたら、筑紫さんがほろ酔い加減で妙齢の女性の肩を抱いていて、悪びれもせずに「おー、高野君。2日間だけ東京に帰って来たけど明日はNYに戻るんだよ」とか言って、私はどう挨拶したらいいかも分からず、こちらが恥じ入るような気分になって自分の階で「じゃ、失礼します」と降りたこともあった。天真爛漫な人だった。

続きを読む "INSIDER No.468《CHIKUSHI》筑紫哲也さんが亡くなって想うこと──ジャーナリストたちの世代論" »

Profile

現在、INSIDERニュースレターの内容は、ご覧の《THE JOURNAL》内でブログの形で公開されております。
誰でも無料で閲覧し、またそれについて感想や意見を書き込むことが出来るようになっておりますが、従来通り、お手元に電子(Eメール)版配信もしくは印刷版郵送の形で講読を希望される方は、引き続きEメール版:年間6,300円(税込)、ペーパー(紙)版:年間12,600円(税込)をお支払いください。[法人購読の場合は年間105,000円(税込)になります]
ウェブ上で無料で閲覧できるものが、Eメール版・ペーパー(紙)版が有料なのはどういうわけだと思われるかもしれませんが、後者の場合、読者名簿管理と請求の事務、配信と郵送の手間が必要であり、とりわけ印刷版の場合は紙代、封筒代、印刷代、郵便代のほか宛名を印刷して封筒に貼り、印刷されたものを三つ折りして封入し、糊付けし、紐で束ねて郵便局に運び込むのに膨大な手間とコストがかかっていることをご理解下さい。
また、無料で閲覧できるならそちらに切り替えたいという方もおられると思いますが、残余の購読期間は引き続きEメール版もしくはペーパー(紙)版を配信させて頂き、購読料を途中返還することは致しませんのでご了解下さい。

BookMarks

TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER(インサイダー)
http://www.smn.co.jp/insider/

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.