Calendar

2011年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

メイン

AIKOKU アーカイブ

2005年9月15日

INSIDER No.312《AIKOKU》中国“反日教育基地”とは?——200カ所の全リスト

 本誌No.301で中国の「愛国教育イコール反日教育ではない」ことを指摘した。

 反中国派の人々は、江沢民時代の94年に中国共産党が「愛国主義教育実施綱要」を策定し、それに基づいて2次に分けて「愛国主義教育基地」約200カ所を指定したことを“反日教育”の実例として盛んに取り上げ、安倍晋三もそれを真に受けて7月にサンプロに出演した際に「中国は200カ所もの“反日教育基地”を作って反日を煽っている」などと発言した。私は番組中にそれについて発言する暇がなかったので、終了後に安倍に、「安倍さん、あれは文字通り“愛国教育基地”で、孔子廟とかとか中国共産党史の記念物とかの言わば歴史遺産のリストであって、その中で露骨に“反日的”なのは4カ所だけなんですよ」と教えてやった。安倍は「え、そうなんですか」と驚き、「それは精査しなければいけませんね」と言った。彼らがいかに事実を調べもせずに反中国感情を掻き立てようとしているかの一例である。

続きを読む "INSIDER No.312《AIKOKU》中国“反日教育基地”とは?——200カ所の全リスト" »

Profile

現在、INSIDERニュースレターの内容は、ご覧の《THE JOURNAL》内でブログの形で公開されております。
誰でも無料で閲覧し、またそれについて感想や意見を書き込むことが出来るようになっておりますが、従来通り、お手元に電子(Eメール)版配信もしくは印刷版郵送の形で講読を希望される方は、引き続きEメール版:年間6,300円(税込)、ペーパー(紙)版:年間12,600円(税込)をお支払いください。[法人購読の場合は年間105,000円(税込)になります]
ウェブ上で無料で閲覧できるものが、Eメール版・ペーパー(紙)版が有料なのはどういうわけだと思われるかもしれませんが、後者の場合、読者名簿管理と請求の事務、配信と郵送の手間が必要であり、とりわけ印刷版の場合は紙代、封筒代、印刷代、郵便代のほか宛名を印刷して封筒に貼り、印刷されたものを三つ折りして封入し、糊付けし、紐で束ねて郵便局に運び込むのに膨大な手間とコストがかかっていることをご理解下さい。
また、無料で閲覧できるならそちらに切り替えたいという方もおられると思いますが、残余の購読期間は引き続きEメール版もしくはペーパー(紙)版を配信させて頂き、購読料を途中返還することは致しませんのでご了解下さい。

BookMarks

TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER(インサイダー)
http://www.smn.co.jp/insider/

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.