Calendar

2011年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

メイン

AGING SOCIETY アーカイブ

2001年6月28日

INSIDER No.24-2《AGING SOCIETY》「少子高齢化社会」を寿ぐ──菊池哲郎の論説

■高齢化は幸せの証し、少子化は成熟の証拠

 少子高齢化がいけないこと、「問題」として扱われている。おかしい。間違っている。高齢化とは、長生きする人が増えるということ。少子化とはことわざにもある「貧乏人の子沢山」が減ったということ、つまり金持ちが増えた証拠だ。子供たちにとっては過剰な競争にさらされず、のびのびと人生を送れる環境が整うということだ。

 まことにけっこうなことではないか。豊かさを求めて皆でがんばってきた結果、たどり着いたひとつの理想郷だ。だれが言い出したのか、それを「問題だ」と定義する。それこそ大問題ではないか。そもそも少子といっても毎年120万人もの子どもが生まれている。そのどこが少ないのか。同じ年生まれが270万人。しかも3年連続だから、800万人が団子になって激烈な競争をしてきた団塊世代として私から見れば、同学年120万人はうらやましい。間もなく大学は定員で見れば、全員合格の時代になる。思う存分自分の好みと能力を活かして、好きなことに専念できそうではないか。

続きを読む "INSIDER No.24-2《AGING SOCIETY》「少子高齢化社会」を寿ぐ──菊池哲郎の論説" »

Profile

現在、INSIDERニュースレターの内容は、ご覧の《THE JOURNAL》内でブログの形で公開されております。
誰でも無料で閲覧し、またそれについて感想や意見を書き込むことが出来るようになっておりますが、従来通り、お手元に電子(Eメール)版配信もしくは印刷版郵送の形で講読を希望される方は、引き続きEメール版:年間6,300円(税込)、ペーパー(紙)版:年間12,600円(税込)をお支払いください。[法人購読の場合は年間105,000円(税込)になります]
ウェブ上で無料で閲覧できるものが、Eメール版・ペーパー(紙)版が有料なのはどういうわけだと思われるかもしれませんが、後者の場合、読者名簿管理と請求の事務、配信と郵送の手間が必要であり、とりわけ印刷版の場合は紙代、封筒代、印刷代、郵便代のほか宛名を印刷して封筒に貼り、印刷されたものを三つ折りして封入し、糊付けし、紐で束ねて郵便局に運び込むのに膨大な手間とコストがかかっていることをご理解下さい。
また、無料で閲覧できるならそちらに切り替えたいという方もおられると思いますが、残余の購読期間は引き続きEメール版もしくはペーパー(紙)版を配信させて頂き、購読料を途中返還することは致しませんのでご了解下さい。

BookMarks

TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER(インサイダー)
http://www.smn.co.jp/insider/

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.