Calendar

2008年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Entries

« INSIDER No.455《ELECTION》200議席割れ確実な自民党──それでも早期解散に追い込まれる?福田グズ内閣
メイン
INSIDER No.457《FUKUDA》福田首相もプッツン辞任──10月解散・総選挙か? »

INSIDER No.456《ISHIHARA BANK》新銀行東京のずさん融資の裏にブローカーが暗躍──読売がスクープ!

 31日付読売新聞一面トップ「新銀行東京、融資にブローカー暗躍、都議に口利き依頼も」は、新聞界久々のクリーンヒットという感じのスクープである。東京都が1400億円を注ぎながらずさん極まりない融資の乱発で破綻寸前のイシハラ銀行だが、そのずさん融資の陰に「少なくとも5人のブローカー」が介在し、「政治家に顔が利くので簡単に融資が下りる」などと中小企業経営者などに持ちかけ、実際に自民党都議の名前を出したり、都議会の公明党控室に都庁の新銀行担当課長を呼びつけて支店を紹介させたりして、出資法が定める上限5%を超える手数料を融資先から受け取ったりしていた。

 イシハラ銀行を食い物にしたのは石原慎太郎知事の周辺や自公両党の都議であるという噂は、問題が表面化した当初から囁かれていたが、ブローカーを介在させた具体的な手口が明らかにされたのは初めてのこと。折しも同銀行は金融庁が検査に入っている最中で、今後、これを氷山の一角としたそのデタラメな実態が暴かれていくことになろう。

 来年7月の都議選の焦点はまさにこれになるはずで、それでなくとも苦しい選挙となる自公両党は、薄氷を踏む思いでこれからの10カ月を過ごすことになろう。本誌前号で書いたように、都議選大事でそのために総選挙を早くやりたい公明党だが、その都議選の方が危なくなってきているのは相当頭が痛いだろう。

読売記事:
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080830-OYT1T00796.htm

 ちなみに、YOMIURI ONLINEに出ているのは一面トップの記事全文。本紙では社会面でもより具体的なブローカーの暗躍ぶりと背景解説が出ているので必読です。やっぱり新聞は紙で読まないと。▲

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/560

コメント (1)

埼玉県制度融資1500万の不正使用
・埼玉県馬主会 高見富男 川口信金本店上層部に口利きした人物
・藤田竹雄 偽造見積書と偽造注文請書を発行
・渡辺修吾 不正融資仲介、偽造工事指示
・セブンイレブン南越谷駅北口店 佐藤真人 埼玉県制度融資の不正使用
・川口信用金庫南越谷支店 金子美明 高際由明 森泉豊 山崎晃

平成19年9月9日
さいたま市岩槻区にある高見邸で高見と渡辺仲介の佐藤が打合せ
9月12日
佐藤が川口信金南越谷支店、金子支店長と森泉副支店長らと融資申込の打合せ
(高見から川信本店上層部への口利き済)
9月25から26日
川口信金南越谷支店での制度融資申込書類完了し審査受付受理
10月15日
埼玉県信用保証協会を通して埼玉県制度融資の融資決定
10月17日
佐藤が高見の口利きにより、川口信金南越谷支店から埼玉県制度融資1500万円の
融資を受けて仲介料として渡辺に300万円を支払う。
10月19日
川口信金南越谷支店から偽造の見積書と注文請書を出した藤田の関係の
千野コーポレーションへ工事代金1060万円を振込
(千野亘の新宿の事務所で藤田はフィリピン千野亘の日本窓口をしている。)
11月11日
見積書から工事期限を御下命後15日とあるが工事が行われたのはこの日で期限超過。
店外であり見える事から自動ドアの工事を行いあとは見積書に無いトイレ工事を行う。
店内においては冷蔵庫ショーケースの製造番号等を記したプレートの貼替えにより
偽装工作を行う。その他床工事解体処理、天井工事解体処理、電気工事等は一切行わず。
金融機関、保証協会、埼玉県に対する偽装工作と虚偽報告を行い実際は設備資金から
200から350万円程を使い、残金を他へ流用する制度融資の不正使用を行う。
埼玉県知事や県産業労働部金融課、県信用保証協会業務統括部には報告済ではあるが
公には未発表のまま

これは預金等に係る不当契約の取締に関する法律に抵触する可能性が有るか
あと制度融資を受けた佐藤が店舗の改装工事を見積もり通りに行わず1年も
ほったらかしになっているのは制度融資を監視する埼玉県や貸し付けた
川口信用金庫などに責任があるかと思います。
公にはなっていませんが、このようなずさんな制度融資で貸付金額を上げられても
一般国民は迷惑な話です。

Profile

現在、INSIDERニュースレターの内容は、ご覧の《THE JOURNAL》内でブログの形で公開されております。
誰でも無料で閲覧し、またそれについて感想や意見を書き込むことが出来るようになっておりますが、従来通り、お手元に電子(Eメール)版配信もしくは印刷版郵送の形で講読を希望される方は、引き続きEメール版:年間6,300円(税込)、ペーパー(紙)版:年間12,600円(税込)をお支払いください。[法人購読の場合は年間105,000円(税込)になります]
ウェブ上で無料で閲覧できるものが、Eメール版・ペーパー(紙)版が有料なのはどういうわけだと思われるかもしれませんが、後者の場合、読者名簿管理と請求の事務、配信と郵送の手間が必要であり、とりわけ印刷版の場合は紙代、封筒代、印刷代、郵便代のほか宛名を印刷して封筒に貼り、印刷されたものを三つ折りして封入し、糊付けし、紐で束ねて郵便局に運び込むのに膨大な手間とコストがかかっていることをご理解下さい。
また、無料で閲覧できるならそちらに切り替えたいという方もおられると思いますが、残余の購読期間は引き続きEメール版もしくはペーパー(紙)版を配信させて頂き、購読料を途中返還することは致しませんのでご了解下さい。

BookMarks

TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER(インサイダー)
http://www.smn.co.jp/insider/

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.