Calendar

2006年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Entries

« INSIDER No.336《TODAY!》NHK衛星第一で今日!
メイン
INSIDER No.337-2《FROM THE EDITOR》あけましておめでとうございます・その2 »

INSIDER No.337-1《FROM THE EDITOR》あけましておめでとうございます・その1

 あけましておめでとうございます。昨年11月に始まったこの《ざ・こもんず》サイトの実験運用が続く中で新しい年を迎えました。これを内容的にもビジネス的にも1日も早く確立して、「これでいいのか、日本!」の声を大きくしていくことが、今年最大の課題です。みなさまのご支援、ご協力を心からお願いいたします。

 今後の進め方ですが、まず第1に、ご覧頂けば分かるとおり、すでにメニューに上がっているのにスタートしていないブログがいくつかあって、それを遅くとも1月中にスタートさせます。それぞれに事情があって、日刊ゲンダイの二木啓孝さんは、一番最初に声をかけて「よーし、珠玉のコラムを書くぞ!」とか張り切っていたのですが、12月に入って胃から出血して全身の血液の3分の1を失う重大事態に陥り、いまリハビリ中で、もう少し時間がかかります。毎日新聞の岸井成格さんは、まず私が一緒に秋葉原に行ってパソコンを買って、自宅でネットに繋いで、そこですぐさま当方から美女インストラクターを派遣してキーボード操作やメール送受信を身に付けて貰って、その上でブログ管理画面からエントリー投稿できるようにして頂く予定になっているのですが、どうも本人の存命中にそこまで達するかどうか分からないので、取り敢えず手書きの原稿をファックスで受け取って当方スタッフが入力するという形で立ち上げるしかないようです。他の方々も、原稿をワープロで書いてメールで送ることは出来ても、ブログ管理画面となると途端に怯えるというケースが多くて、1人1人美女か野獣かのインストラクターを刺客として送り込んで奮い立たせて行かなければなりません。

 第2に、その上で、さらに執筆者=ブロガーの数を増やし分野も(多少柔らかめのものを含め)広げて行きます。このサイトも少しずつネット上で話題になりつつあり、中には「彼らは21世紀の論客というよりも、20世紀にマスコミにうまく乗っただけで、真のジャーナリストとしてブレない自論を吐き続け、常に体制批判ができる骨のある人たちだろうか?と思うと、多少の疑問も感じます」という唐澤豊さんのコメントもありましたが、まあこれは基本的に、私(や岸井など昭和19年生まれ)から団塊の世代の次の世代、次の次の世代への贈り物という意味合いが大きいので、私を含め20世紀人が発信人となるのは仕方がないですね。とはいえ、別に世代的なことにこだわっているわけではないので、地主である私が「面白い!」と思う人は10代であろうと20代であろうと発信人=入会権者として登場して頂くようお願いしていくことになるでしょう。

 第3に、いまサーバの拡充を図っていて、それが3月中に完遂すれば、ある程度まで動画を発信出来るようになります。田原総一朗さんの「タハラ・インタラクティブ」は元々、動画で田原さんの日常——サンプロの打合せ風景とか地方での講演の様子とか——をビデオクリップで流すことを主眼として企画したもので、いずれ文字と映像を織り交えたブログに発展していくことになります。今はインターネット放送でやっている「国会テレビ」もここから観られるようになりますし、時事コント集団「THE NEWSPAPAER」も参加することになっています。

 以上のようなことを進めていくだけでも、正直言って膨大な作業なので、どのくらいのテンポで実現していくか分からないのですが、一応3月一杯で大筋目途をつけて、同時に《サポーター企業》の募集も進めてビジネス的基盤も固め、桜が咲く頃には全体の形がある程度見えてくるところまで行きたいと考えています。よろしくお願いします。▲

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/439

この一覧は、次のエントリーを参照しています: INSIDER No.337-1《FROM THE EDITOR》あけましておめでとうございます・その1:

» テレビ 送信元 ブロぐんぐん
今年は、輪をかけてテレビがおもしろくない... どうしたんだろう...ここ数年感じる事なのですが、ネットの出現の影響もあると... [詳しくはこちら]

コメント (5)

あけましておめでとうございます
岸井サンのコメントには対して期待しておりません。
あの方は現状追認のコメントしか出来ないでしょう。
The commonsには不適切であると思います。

二木啓孝さん大丈夫でしょうか?
ネットで、こうやって見ていると、遠い人なのに、身近に感じてしまうのも、ネットの魅力のようなきがします。
こもんずのうわさがあちこちのブログや、掲示板でうわさになっています。
どんどん、作家さんを増やして、女子供も、楽しく読めるような、バラエティ豊かなものになることを、期待しています。

おめでとうございます!

今年は、こもんずのブログがにぎわって、既存メディアに負けないサイトになる事を願っています。

<雪だるま>さん同様、いろんなジャンルが増えてくると、もっと親しみやすくなると思います。

おめでとうございます

岸井さんのは 僕は 是非読みたいです

早くコメント陣充実させてください

動画まで見れるようになるなんて楽しみです。
いろんなジャンルの方のblogが増えてくると、私達女性陣、もっと若い世代の方達も親しめるものとなるでしょうね。

これからのこもんずには期待大です。頑張って下さい!!

Profile

現在、INSIDERニュースレターの内容は、ご覧の《THE JOURNAL》内でブログの形で公開されております。
誰でも無料で閲覧し、またそれについて感想や意見を書き込むことが出来るようになっておりますが、従来通り、お手元に電子(Eメール)版配信もしくは印刷版郵送の形で講読を希望される方は、引き続きEメール版:年間6,300円(税込)、ペーパー(紙)版:年間12,600円(税込)をお支払いください。[法人購読の場合は年間105,000円(税込)になります]
ウェブ上で無料で閲覧できるものが、Eメール版・ペーパー(紙)版が有料なのはどういうわけだと思われるかもしれませんが、後者の場合、読者名簿管理と請求の事務、配信と郵送の手間が必要であり、とりわけ印刷版の場合は紙代、封筒代、印刷代、郵便代のほか宛名を印刷して封筒に貼り、印刷されたものを三つ折りして封入し、糊付けし、紐で束ねて郵便局に運び込むのに膨大な手間とコストがかかっていることをご理解下さい。
また、無料で閲覧できるならそちらに切り替えたいという方もおられると思いますが、残余の購読期間は引き続きEメール版もしくはペーパー(紙)版を配信させて頂き、購読料を途中返還することは致しませんのでご了解下さい。

BookMarks

TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER(インサイダー)
http://www.smn.co.jp/insider/

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.