Calendar

2005年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Entries

Recent Comments

« INSIDER No.311《ELECTION RESULT》“勝ちすぎ”に困惑する自民党——民主党は前原・野田体制へ
メイン
INSIDER No.313《FROM THE EDITOR》 »

INSIDER No.312《AIKOKU》中国“反日教育基地”とは?——200カ所の全リスト

 本誌No.301で中国の「愛国教育イコール反日教育ではない」ことを指摘した。

 反中国派の人々は、江沢民時代の94年に中国共産党が「愛国主義教育実施綱要」を策定し、それに基づいて2次に分けて「愛国主義教育基地」約200カ所を指定したことを“反日教育”の実例として盛んに取り上げ、安倍晋三もそれを真に受けて7月にサンプロに出演した際に「中国は200カ所もの“反日教育基地”を作って反日を煽っている」などと発言した。私は番組中にそれについて発言する暇がなかったので、終了後に安倍に、「安倍さん、あれは文字通り“愛国教育基地”で、孔子廟とかとか中国共産党史の記念物とかの言わば歴史遺産のリストであって、その中で露骨に“反日的”なのは4カ所だけなんですよ」と教えてやった。安倍は「え、そうなんですか」と驚き、「それは精査しなければいけませんね」と言った。彼らがいかに事実を調べもせずに反中国感情を掻き立てようとしているかの一例である。

 その後彼が精査したかどうかは知らないが、ここに97年6月公示の第1次指定103カ所と01年6月公示の第2次指定100カ所の全リストを掲げ、第1次に関しては、日本の中国専門家の判断に依拠して、

(1)直接的な“反日”記念施設(4カ所)、
(2)抗日戦争の記述・展示を含む近代史関連施設(5カ所)、
(3)中国共産党の歴史を語ることが主眼でその関連で“抗日英雄”なども登場することもある党史関連施設(63カ所)、
(4)抗日戦争以外の侵略関連施設(8カ所)、
(5)文明遺産、歴史上の偉人関連施設(23カ所)、

……の5種類に分類する。(3)が63カ所で圧倒的に多く、次に(5)の博物館などの23カ所が多い。日本関連は(1)が4カ所、(2)の5カ所を合わせても9カ所で、アヘン戦争など他の外国の侵略に関連した(4)の8カ所と比べて特に多いわけでなく、これらを「200カ所の“反日教育基地”」と呼ぶのは事実とかけ離れている。第2次については専門家による分類が間に合わなかったので、本誌で分かる限りで仮に同様の分類をし、不明のものは?とした。

---------------------------------------------------------------

■第1次指定

種類 施設

《北京市》
3 天安門広場
5 中国歴史博物館
3 中国革命博物館
3 中国人民革命軍事博物館
1 中国人民抗日戦争記念館
5 故宮博物院
5 円明園遺跡公園
5 八達嶺長城
5 周口店遺跡博物館

《天津市》
3 盤山烈士陵園

《河北省》
3 李大釟記念館
3 129師司令部旧跡
3 白求恩・柯棣華記念館
2 冉庄地下道戦遺跡
3 西柏坡中国共産党中央旧跡
3 薫胡蘭記念館

《山西省》
2 百団大戦記念館
3 八路軍太行記念館
3 劉胡蘭記念館

《内蒙古自治区》
3 烏蘭夫同志記念館

《遼寧省》
1 九・一八事変博物館
2 旅順万忠墓記念館
3 遼沈戦役記念館
4 抗美援朝記念館
3 雷峰記念館

《吉林省》
3 楊靖宇烈士陵園

《黒竜江省》
1 中国侵略日本軍第731部隊罪証陳列館
3 東北烈士記念館
3 鉄人王進喜同志記念館
4 援琿歴史陳列館(援=王へんに同じつくり[エン])

《上海市》
3 中国共産党第1回大会会場跡記念館
3 宋慶齢記念館
3 龍華烈士陵園
5 上海博物館

《江蘇省》
3 中山陵
3 周恩来記念館
3 新四軍記念館
1 中国侵略日本軍南京大虐殺記念館
3 雨花台烈士陵園
3 淮海戦役烈士記念塔
4 南京条約史料陳列館

《浙江省》
5 魯迅旧居及び記念館
5 禹王陵
3 南湖革命記念館
4 鎮海口海防遺跡
5 河姆渡遺跡博物館

《安徽省》
3 陶行知記念館

《福建省》
3 古田会議記念館
4 林則徐記念館
3 陳嘉庚生涯業績陳列館
5 鄭成功記念館
5 泉州海外交通史博物館

《江西省》
3 安源路鉱山労働者運動記念館
3 八一蜂起記念館
3 井岡山革命記念館
3 中央革命根拠地記念館

《山東省》
3 孔繁森同志記念館
2 台児庄大戦記念館
2 中国甲午戦争博物館
5 孔子旧居

《河南省》
3 紅旗水路記念館
3 焦裕禄烈士陵園
5 殷墟博物苑

《湖北省》
3 二七事件記念館
3 辛亥革命武昌蜂起記念館
3 武昌中央農民運動講習所旧跡記念館
5 李時珍記念館
3 黄麻蜂起及び鄂豫皖蘇区革命烈士陵園

《湖南省》
3 毛沢東同志記念館
3 劉少奇同志記念館
5 炎帝陵

《広東省》
3 孫中山旧居記念館
3 広州蜂起烈士陵園
4 三元里人民抗英闘争記念館
4 アヘン戦争博物館

《広西チワン族自治区》
3 中国工農紅軍第7軍軍部旧跡
3 紅軍長征突破湘江歴史記念碑園

《海南省》
3 中国工農紅軍崖瓊縦隊改編旧跡

《四川省》
3 登小平同志旧居(登=登へんにおおざと)
3 朱徳旧居及び朱徳銅像記念碑園
3 趙一曼記念館
3 黄継光記念館
5 都江堰水利工程

《重慶市》
3 紅岩革命記念館
3 邱少雲烈士記念館
3 歌楽山烈士陵園

《雲南省》
3 一二・一烈士墓及び記念館

《チベット自治区》
3 山南烈士陵園
4 江孜抗英遺跡

《陜西省》
3 延安革命記念館
3 八路軍西安事務所記念館
3 西安事変記念館
5 陜西歴史博物館
5 西安半坡博物館
5 秦始皇帝兵馬俑博物館
5 黄帝陵

《寧夏回教自治区》
5 寧夏博物館

《甘粛省》
5 嘉峪関
3 会寧紅軍会師旧跡
5 莫高窟

《青海省》
3 中国工農紅軍西路軍記念館

《新疆ウイグル自治区》
3 ウルムチ市革命烈士陵園

《貴州省》
3 遵義会議記念館

■第2次指定

種類 施設

《北京市》
3 李大釟烈士陵園(釟=金へんにりっとう[ショウ])
1 焦庄戸地下道戦旧跡記念館
5 北京自然博物館
5 中国航空博物館
5 中国科学技術館

《天津市》
3 平津戦役記念館
3 周恩来・穎超記念館
5 天津自然博物館
5 天津科学技術館

《河北省》
3 華北軍区烈士陵園
1 潘家峪惨案記念館
2 中国人民抗日軍事政治大学陳列館
5 河北省博物館
5 唐山抗震記念館

《山西省》
3 黄崖洞革命記念地
3 太原解放記念館
2 平型関戦役旧跡
3 太行太岳烈士陵園
3 山西国民師範旧跡革命活動記念館

《内蒙古自治区》
5 内蒙古博物館

《遼寧省》
4 丹東鴨緑江断橋
4 瀋陽抗美援朝烈士陵園
3 黒山狙撃戦烈士陵園
3 葫蘆島市塔山烈士陵園
3 関向応旧居記念館

《吉林省》
3 四平戦役記念館・四平烈士陵園
3 延辺革命烈士陵園
3 四保臨江烈士陵園

《黒竜江省》
3 ハルピン烈士陵園
3 馬駿記念館

《上海市》
3 南京路上好八連事跡展覧館
3 海軍上海博覧館
3 陳雲旧居及び青浦革命歴史記念館
5 魯迅記念館

《江蘇省》
3 梅園新村記念館
2 沙家浜革命歴史記念館
3 茅山新四軍記念館
5 南京博物院

《浙江省》
3 解放一江山島烈士陵園
3 勤県四明山革命烈士陵園(勤=同じへんにおおざと)
4 舟山アヘン戦争記念館

《安徽省》
3 新四軍軍部旧跡記念館及び烈士陵園
3 王稼祥記念館
3 準海戦役双堆烈士陵園
5 安徽省博物館

《福建省》
3 福建省革命歴史記念館
3 毛沢東才渓郷調査記念館
3 瞿秋白烈士記念碑
3 二七烈士林祥謙陵園
5 華僑博物院

《江西省》
3 秋収起義記念地
? 永新三湾改編旧跡
3 興国革命歴史記念地
3 上饒集中営革命烈士陵園
3 方志敏記念館

《山東省》
3 華東革命烈士陵園
2 中国人民解放軍海軍博物館
3 済南革命烈士陵園
3 莱蕪戦役記念館
5 山東省博物館

《河南省》
3 新県革命記念地
5 河南博物院

《湖北省》
3 八七会議跡地記念館
3 聞一多記念館
5 湖北省博物館

《湖南省》
3 平江起義記念館
3 湘鄂川黔革命根拠地記念館
3 秋収起義文家市会師旧跡記念館
3 中共湘区委員会旧跡
3 湘南暴動指揮部旧跡
3 彭徳懐記念館
5 湖南省博物館

《広東省》
3 毛沢東同志主弁農民運動講習所旧跡
3 葉剣英元帥記念館
3 葉挺記念館

《広西チワン族自治区》
3 竜州県紅八軍軍部旧跡
3 八路軍桂林弁事処旧跡
? 百色起義記念館

《海南省》
3 瓊海市紅色娘子軍記念園
3 母瑞山革命根拠地記念園

《四川省》
3 紅四方面軍指揮部旧跡記念館
3 濾定橋革命文物陳列館
3 紅軍四渡赤水太平渡陳列館
3 安順場紅軍強渡大渡河記念地
3 蒼渓紅軍渡記念館
? 万源保衛戦戦史陳列館
3 陳毅旧居

《重慶市》
3 劉伯承同志記念館
3 聶栄臻元帥陳列館
3 趙世炎烈士旧居

《雲南省》
3 扎西会議記念館

《陜西省》
3 洛川会議記念館

《甘粛省》
3 宕昌県哈達鋪紅軍長征記念館
3 八路軍駐蘭州弁事処記念館
3 蘭州市烈士陵園
3 華池県南梁革命記念館
3 高台県烈士陵園

《新疆ウイグル自治区》
5 新疆ウイグル自治区博物館

《貴州省》
3 息烽集中営革命歴史記念館
3 王若飛旧居

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/414

Profile

現在、INSIDERニュースレターの内容は、ご覧の《THE JOURNAL》内でブログの形で公開されております。
誰でも無料で閲覧し、またそれについて感想や意見を書き込むことが出来るようになっておりますが、従来通り、お手元に電子(Eメール)版配信もしくは印刷版郵送の形で講読を希望される方は、引き続きEメール版:年間6,300円(税込)、ペーパー(紙)版:年間12,600円(税込)をお支払いください。[法人購読の場合は年間105,000円(税込)になります]
ウェブ上で無料で閲覧できるものが、Eメール版・ペーパー(紙)版が有料なのはどういうわけだと思われるかもしれませんが、後者の場合、読者名簿管理と請求の事務、配信と郵送の手間が必要であり、とりわけ印刷版の場合は紙代、封筒代、印刷代、郵便代のほか宛名を印刷して封筒に貼り、印刷されたものを三つ折りして封入し、糊付けし、紐で束ねて郵便局に運び込むのに膨大な手間とコストがかかっていることをご理解下さい。
また、無料で閲覧できるならそちらに切り替えたいという方もおられると思いますが、残余の購読期間は引き続きEメール版もしくはペーパー(紙)版を配信させて頂き、購読料を途中返還することは致しませんのでご了解下さい。

BookMarks

TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER(インサイダー)
http://www.smn.co.jp/insider/

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.