Calendar

2004年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

« 2004年9月 | メイン | 2005年8月 »

2004年10月28日

INSIDER No.236《DOUBLE-CROPPING》人生二毛作開墾記・その14──「いい家」とはどんな家なのか?

 地盤の不安にどう対処するかについてひとまず決着を見て、さて私が人生二毛作目を生きてそこに骨を埋めるであろう「いい家」をどう作るかである。本連載ではすでに、第4回から第9回にかけて山口昌伴を、第12回では中川武を引きながらそのことを考え巡らせてきたが、さらにいま私の机の上には、
▼宮脇檀『宮脇檀の「いい家」の本』(PHP文庫、2004年8月刊)
▼神崎隆洋『いい家は無垢の木と漆喰で建てる』(ダイヤモンド社、2002年8月刊)
▼吉田桂二『民家に学ぶ家づくり』(平凡社新書、2001年6月刊)
▼道塚元嘉『房総の民家歳時記』(崙書房、1996年10月刊)
……といった本や、50冊は優に超えていたと思われる雑誌などから切り抜いて台紙に張ってコメントを記した分厚い切貼帳が積まれているので、繰り返しになるところもあるかもしれないけれども、改めて、「いい家」とはどんな家なのかについて、頭の体操を始めることにしよう。

●日本伝統の民家に学ぶ

 基本コンセプトははっきりしていて、日本の伝統的な民家の造りに学ぶ、ということである。「民家は、かつては、日本の住まいの総体であった。それがなぜ滅びなければならなかったのか。今、建てられている多くの家が、なぜ民家と何の関わりもない姿になり変わってしまっているのか。その不自然な変化の中に、ある種の不気味ささえ、感じとることができる」と、吉田桂二は書いている。

 日本の民家のの原点は、縄文時代の竪穴式住居で、茅か草で葺いた円錐形の屋根に覆われた円形の土間の真ん中に火があって、それを囲んで家族は集い、食べ、そして寝た。

(1)イメージの基本は“田の字”型の土間のある家

 ただし、あくまで構造・機能としての“田の字”型であって、外見上の造りを古民家風の「これでもか」という感じにする必要はないし、したいとも思わない。従ってまた、古民家をそのまま再生・移築するというのも、私の選択肢には入らない。土間部分の吹き抜けには梁を組むかもしれないが、すっきりとした、黒っぽい材と白い壁のコントラストが鮮やかな美しい木組みが出来るといいだろう。Sさんが言うように「簡潔な美しさ」が全体のキーワードとなるだろう。

 大きさ(建坪)は、田園住宅の“モデル”ということを考えると、低コストで無駄のない造りということになるが、そうは言っても、それなりの人生を送ってきた熟年夫婦が心のゆとりを求めて移り住もうというわけだし、あれだけの広さの土地があるのだから、無理に小さな家を建てる必要はない。むしろ今よりも余程、お客の多い家になるに決まっていて、しかもお客にせよ娘夫婦や親戚にせよ来れば泊まるということになるから、安心して泊まってもらえるだけの座敷なり、ロフトの寝室なり、別棟のゲストハウスなり、初めからよく考えておかなければならない。また風呂・洗面所もある程度広い方がいい。今の横浜の家は、前に「田舎暮らし」の雑誌の編集者とカメラマンが取材に訪れて「ここで十分に田舎暮らしじゃないですか」と言った、吹き抜けの大きな、本格木造の家だが、客がゆっくり泊まる部屋がないのと、風呂・洗面所が狭いのが弱点なので、余計にそう思うのに違いない。それらを満足させるために、当初考えた予算よりオーバーするのは仕方があるまい。

 地元農家で鴨川自然王国代表、大山千枚田保存会会長の石田三示さんも「田舎暮らし願望の人が見て、こういう家に住みたいよなあと憧れるようなものでないとモデルとは言えないし、かと言って、これは高野さんだから建てられたので、自分じゃあとてもここまでは……と言われるようでは、やっぱりモデルにならないし、その兼ね合いがむずかしいよね」と言うが、その通りである。

 単純に8畳間を単位とすると、×8で32坪、×10で40坪、×12で48坪、そのへんが上限だろう。32坪でも、仮に土間が8畳×4、上がり部分が8畳×4として上がり部分にロフトがあるともう8畳×4増えて48坪分の家になる。

(2)土間から考え始めたい

 そこで、一応、土間が32畳として考え始めたい。

 土間は、居間、食堂、応接間がそのまま台所に繋がっている1つの大きな開放的な空間で、そこで仕事をしたり、ぼんやりしたり、音楽を聴いたり、テレビを観たり、食事をしたり、家族が団欒したり、お客と接したり、宴会をしたりして、結局、一番多くの過ごすことになる家全体の中心となる。「家でしかできない、または主として家でこそ行われるべき行為、それが家族の団欒、家族同士が家族としてデレデレし合うこと」と宮脇檀は言うが、その伝で言えば、自分がダラダラと好きなことをするのも、家族とデレデレとのんびりした時間を過ごすのも、友達とガヤガヤと酒を飲むのも、みなそこだということである。

 特別の玄関は要らなくて、土間の一角、地形からするとアプローチに面した北西の角あたりが大きな引き戸の出入り口で、外に向かって開かれていて、外部と内部は連続している。となると土間の南側が台所で、南西の角あたりにもまた開口部があって、それは裏の作業用の庇のあるヤードに繋がっているのだろう。風は主に南北方向に吹き抜ける。

 基本的な要素としては……

(1)大きな天然木のテーブル(8人、出来れば10人が囲めるような)
(2)薪ストーブ
(3)南側に調理スペースと機器
(4)貯蔵スペースもしくは貯蔵室
(5)山口昌伴の言う玄関脇の“変身”スペースもしくは小部屋
(6)洗濯機

 調理機器については、既製のシステムキッチンは、山口や宮脇があれほど悪し様に言っているのだから、使わない。業務用のステンレス機器を入れるか、木材を使ってオリジナルに作るか、だろう。いわゆるオープンキッチン型で、アイランドを設けるのは悪くないが、その主唱者であった宮脇によると、アイランドには洗い場ではなくレンジが置かれるべきだという。食事中に主婦もしくは主夫が台所に立っても食卓の様子が見えているのがアイランドの利点であるけれども、台所に行くのは煮炊きの途中だからで、洗い物は客がいなくなってからするので、こちらを向いている必要がない場合が多いし、それまで汚れた食器が置いてあると目ざわりだというのである。ところがそうすると、排気口を天井から吊さなければならないのが面倒でコストがかかる、と宮脇は言う。ま、業務用の大火力のガスレンジや大きな流しは窓際(壁沿い)に、小鍋をかけたり湯を沸かしたりする小さなレンジと薬缶に水を汲む程度の小さな流しをアイランドに、と区分けすればいいのかもしれないが、どうなのだろうか。

 冷蔵庫も、寿司屋にあるような業務用の上が調理・配膳台になっているのが便利だろう。すぐ使うものはすべてそこにあって、それとは別に貯蔵用の普通の縦型冷凍冷蔵庫があってもいいのかもしれない。

 食器類の収納は、あちこち分散しないで、大きな水屋箪笥か壁面一杯の作り付け戸棚に納めてしまうのがいいだろう。逆に言うと、そこに収まらないほどたくさんの食器は要らないということだ。食器は放っておくとどんどん増えていくもので、今の家にあるものを半分持っていけばそれで十分なはずである。

 食品の貯蔵と普段は余り使わない食器・調理具の収納のために小部屋(昔の民家で言えば「みそべや」の感じ)を設けるケースがあるが、土間を区切ると狭くなるので、単にそういうスペースに棚などがあればいいのか。

 山口の言う“変身”室は、要するに、外と内との狭間で着脱したり出し入れしたりするものは、入口近くの一個所にまとめておくのが合理的ということだが、そう考えると、要素としては、帽子、コート、作業着、靴、装身具・小物入れ、郵便・宅配・洗濯屋対応の印鑑・切手・封筒・書類・通帳など事務用品入れ、洗濯屋用の袋、ゴルフのバッグ・ウェア・小道具、たまにしか使わない旅行用品・トランク、登山用・キャンプ用・乗馬用・ラグビー用等々の衣服・道具箱、等々いろいろありそうだ。山口は電話機もそこに置けと言っているが、どうなのか。

 洗濯機は台所をしながら使えるのが便利だろう。風呂場の脱衣所から洗濯機へ、裏のヤードの干し場へ、そして取り込んでアイロン、そして収納、という流れがてんでんバラバラでないほうがいい。

 以上が土間中心の暮らしのための考慮事項である。▲

Profile

現在、INSIDERニュースレターの内容は、ご覧の《THE JOURNAL》内でブログの形で公開されております。
誰でも無料で閲覧し、またそれについて感想や意見を書き込むことが出来るようになっておりますが、従来通り、お手元に電子(Eメール)版配信もしくは印刷版郵送の形で講読を希望される方は、引き続きEメール版:年間6,300円(税込)、ペーパー(紙)版:年間12,600円(税込)をお支払いください。[法人購読の場合は年間105,000円(税込)になります]
ウェブ上で無料で閲覧できるものが、Eメール版・ペーパー(紙)版が有料なのはどういうわけだと思われるかもしれませんが、後者の場合、読者名簿管理と請求の事務、配信と郵送の手間が必要であり、とりわけ印刷版の場合は紙代、封筒代、印刷代、郵便代のほか宛名を印刷して封筒に貼り、印刷されたものを三つ折りして封入し、糊付けし、紐で束ねて郵便局に運び込むのに膨大な手間とコストがかかっていることをご理解下さい。
また、無料で閲覧できるならそちらに切り替えたいという方もおられると思いますが、残余の購読期間は引き続きEメール版もしくはペーパー(紙)版を配信させて頂き、購読料を途中返還することは致しませんのでご了解下さい。

BookMarks

TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER(インサイダー)
http://www.smn.co.jp/insider/

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.