Calendar

2010年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Comments

« 東京スカイツリー、日本一の高さに
メイン
遺言書ブーム »

お名残惜しや 東京・歌舞伎座

20100428.jpg

老朽化のため建て替えられる歌舞伎座、千秋楽を迎えた。

数々の名舞台を生んだ歌舞伎の殿堂には終日多くの人々が詰めかけ、名残を惜しんだ。
最終公演となった今月の「御名残四月大歌舞伎」は初日から連日の大入り。
この日も当日券売り場に長い列ができ、あちこちで記念写真を撮る人の姿が見られた。

最後の演目は歌舞伎十八番の「助六」。
大向こうから盛んに掛け声が掛かる中、市川団十郎さん、坂東玉三郎さんら人気俳優が華やかさの中にも気迫のこもった舞台を繰り広げ、有終の美を飾った。
29日は関係者による神事、30日には閉場式が行われる。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6888

コメントを投稿

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

Inside & Insight

BookMarks

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.