Calendar

2009年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Comments

« "黒Google"!? 
メイン
ウィルス飛沫を99%カット! »

オリオン座流星群

1018.jpg 今年はいくつ見えるかな-。

2006年以降、出現数が急増したオリオン座流星群。国立天文台は16日までに特設ホームページ(HP)を設置し、ピークを迎える19~23日夜の観測を呼び掛けている。

同流星群はハレー彗星(すいせい)が地球接近時に残したちりが起源で、毎年10月20日前後に出現する。例年は条件が良ければ1時間に20個程度の出現数だが、06年以降、最大50個以上に急増。ペルセウス座流星群などの「三大流星群」に匹敵する数だという。
国立天文台が計算したところ、約70年に1度、ハレー彗星の残したちりの多くが地球の公転軌道と交差することが判明。現在はこの時期に当たり、数年間は流星の出現数が増える可能性が高いことが分かった。 

19~23日夜、空を見上げてみてください!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6070

コメントを投稿

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

Inside & Insight

BookMarks

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.