Calendar

2009年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Comments

« 「11種のビタミン」配合したタブレット
メイン
激闘!四国のゆるキャラ運動会 »

国会のすべてを見守り続けてきた「氏名標」

090919.jpg9月16日から行われてる特別国会。
議員が座っている前には、真新しい氏名標(黒い四角柱の名札)が立っている。

この氏名標、1936年に国会議事堂ができてからずっと、同じものが使われていることをご存知だろうか。文字を消しては書いてを繰り返し、70年以上前の木が今も使われている。

戦後から氏名標作りを請け負っている、東京都台東区の漆器店「ぬしさ製作所」の竹俣社長は言う。
「国会の歴史をずーっと見てるのが氏名標。吉田茂や田中角栄、福田さんだ、大平さんだ、亡くなったり辞められたら名前を消して、それでまた新しい議員の名前が書かれて、議席のとこに立つ。氏名標によっては泣いてるものもあったり、もっとしっかりせい! っていうのもあるだろうね。口がないから言えないけどさ」

選挙のたび、落選議員の名前は消され、漆が塗られ、白いエナメルの塗料で名前が書き入れられる。正確には、漆を何重も塗るのに時間がかかるから、名前が消された氏名標は国会に保管され、次回以降に使われる。今回書き入れられたのは、前回までのもの。

「1947年、戦後最初の衆議院では、焼け野原の中、書家さんたちが2人かな、書く場所がないからってことで、毛布と米を持って、国会議事堂の中で徹夜で書いてやっていたそうですよ。ウチがやり始めたのは、その後選挙で入れ替わったときで。漆器がないかということで、ウチにヒノキの板があったもんですから。当時は本職ではない親父が書いてたけど」

今回は、9人の書家によって名前が入れられた。昔より議員の数が増えているうえ、選挙から開会までの期間が短いからだ。また、今に限らないけど、現職議員の氏名標も新しくすることがあるから作業量は膨らむ。

「今回は麻生さんのが傷ついてたから、新しいのに書き直してね。あと昔になるけど、机んとこにバタンバタンやってた人もいたじゃない。すると傷ついたりへこんだりするから、書き直すことが多かったよね。ハマコーさんなんかは、毎回書き直し」

ちなみに基準は不明ながら、次の選挙で受かるかもしれない議員の氏名標は、名前を消さずにそのまま保管されることもあるんだとか。だから今回も、元職の議員で保管されていたものをそのまま使う人もいるという。

最後に竹俣社長は、氏名標への思いを語ってくれた。

「国会の他の設備は新しくなったり、新規で作ったりとかあるけれど、氏名標だけはずっと使われ続けてる。だから議員でちゃらんぽらんなのがいると、このバカ! と思うこともあるよね。我々も氏名標をピシッと塗って書いて、かわいがってもらうんだって思う」


議員が変われば、真新しいものに生まれ変わる氏名標。
ただ重みだけは、書き込まれた名前の分だけ増し続けているようです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5913

コメントを投稿

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

Inside & Insight

BookMarks

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.