Calendar

2009年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Recent Comments

« ネット口座が1500万突破
メイン
ちりりん、一服の涼 »

オーガニックコットンと普通の違い

0619_1.jpg
オーガニックコットンとは...

日本オーガニックコットン協会によれば、「オーガニックコットンとは、無農薬の畑で作られたコットンのこと。3年間、農薬や化学肥料を使用していない土地で栽培し、収穫したもののことをさす。

通常、コットンを作る際には、土作りから害虫駆除などの目的で大量の化学肥料や農薬が必要になる。除草剤や枯れ葉剤を使用し、栽培から収穫までスピーディに行われるが、これは地球環境にとってかなりのダメージ。。。

しかしオーガニックコットンは、人手による除草や自然落葉による肥料で綿花を育てる。時間と手間はかかるが、地球環境にとって優しい有機栽培のコットンが出来上がる。
また、日本オーガニックコットン協会は独自の認証基準を設け、それをクリアした製品に3つの認証マークをつけている。

収穫まで時間やコストがかかるので、なかなか大量生産ができず、普通のコットン製品より割高になってしまい、一般的に受け入れられにくかったが、近年のエコブームに乗りだいぶ身近な存在となったオーガニックコットン、一度手にとってみてはいかがですか?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5139

コメントを投稿

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

Inside & Insight

BookMarks

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.