Calendar

2009年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Recent Comments

« 「喫煙カフェ」盛況
メイン
めざめるカラダ朝カレー »

「洗えるスーツ」商戦

0606.jpg
不況ゆえクリーニング代を節約したい.

日本気象協会の3ヵ月長期予報(5月25日発表)によれば、この夏の関東甲信地方の気温は平年並みかそれ以上とのこと。
早くも、夏本番のような陽射しが容赦なく照りつける季節となったが、猛暑の到来を前に戦々恐々としているビジネスマン諸氏は多いだろう。

エコやクールビズが浸透しつつあるとはいえ、真夏の炎天下でさえもスーツ着用がまだまだ当然視されているのが、日本のビジネス社会の現実.
夏用の涼しいスーツはすっかり一般化したが、2008年2月にコナカが世界で初めて販売開始した“洗えるウールスーツ”、『シャワークリーンスーツ』はウールの質感を損なわずに、温水シャワーのみで汚れをとり、洗剤もアイロンも不要という手軽さが受けた。
その第二弾として「プレミアムウォッシュスーツ」を発売。
シャワーのみならず洗濯機での丸洗いが可能で、型崩れに強いという特色をもつ。
青山商事も、関東地方の約200店舗限定で「アクアウォッシュスーツ」を発売し、質感にこだわったウール100%の素材で勝負をかける。
さらに続くのが百貨店のPB商品。
高島屋は洗濯機で洗える「ヴェールライン」をオンワード樫山と共同で企画。高級ウールの特殊加工技術で、従来の風合いをずっとキープできる。
伊勢丹も女性向けに「ウォッシャブルウールスーツ」を投入。値ごろなラインで参戦を図る。
涼しげが売りの下で繰り広げられているアツイ商戦、これからが本番となる。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5129

コメントを投稿

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

Inside & Insight

BookMarks

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.