Calendar

2009年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Comments

« 忌野清志郎さん爆音16曲のロック葬
メイン
白クマさんが新たな遊びを. »

小室哲哉被告に懲役3年,執行猶予5年の判決

0511.jpg
5億円詐欺の決着

音楽著作権の売却話を巡る詐欺事件で、兵庫県芦屋市の会社社長から5億円をだまし取ったとして詐欺罪に問われた音楽プロデューサー・小室哲哉被告(50)に対し、大阪地裁は11日、懲役3年、執行猶予5年(求刑・懲役5年)の有罪判決を言い渡した。

小室被告は起訴事実を認め、慰謝料を加えた6億円余りを被害弁済しており、量刑判断が焦点だった。判決が確定すれば、音楽活動に復帰する見通し。
杉田裁判長は犯行について、「著作権取引制度を悪用したずるがしこい犯行で、音楽家としての矜持をかなぐり捨て、自らの歌の数々を詐欺の道具に用いたことは嘆かわしい」と指摘。
また被告人を師と仰ぐエイベックス・エンタテインメント社長の松浦勝人氏が、被告人になり代わり、慰謝料などを含めて総額6億4000万円を耳をそろえて支払っており、完璧に被害弁償を終えていることは特筆すべきものがある。
なお、被害男性は共犯者からも1億2000万円を支払いを受けており、総額2億5000万円もの慰謝料を得ている。
松浦社長らは、いわばエイベックスが丸抱えで被告人を更生させることを誓約しており、被告人の将来の更生に大きな期待を抱かせるものがある。

この後は大阪弁護士会館で記者会見し、「みなさまに深く、深くおわび申し上げます」と改めて謝罪。判決について、「真摯に受け止めこれからの人生を歩んでいきたい。被害者の方やファンの方に曲を作れる機会ができたのかなと思います」と語った。

前夜はいろいろなことを考えて一睡もできず、「刑務所に行く覚悟もしていた」という。報道陣から「最大の恩人は」と問われ、「被害者の方が恩人。寛大に私の音楽のことを考えてくださった」。
今後については「何が何でも再起して、私の音楽を気に入ってくださった方のプライドを守りたい」と語気を強めた。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5109

コメントを投稿

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

Inside & Insight

BookMarks

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.