Calendar

2008年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Recent Comments

« ガチャピンがヒマラヤ山脈の登頂に成功
メイン
政治家ブログ、芸能人並み人気? »

東京が世界一の美食の街?

1119.jpg


レストランを星で格付けして紹介する「ミシュランガイド東京2009」が21日に発売されるのに先立ち、日本ミシュランタイヤは18日、その概要を発表した。

最高ランクの三つ星は1店増え、9店になった。
昨年二つ星だった和食の「石かわ」(東京都新宿区)が、新たに三つ星入りを果たした。

続く二つ星には36店、一つ星には128店が選出された。昨年の都市版ガイドでは、パリやニューヨークと比較しても圧倒的な星を獲得した東京。

星の総数は227個になり今年も「美食の都・東京」を見せつける形となった。

誰が決めているのか

ミシュランガイドは、「客観的な味の評価」を売りにしている。
その担保となるのが、身分を明かさない「覆面調査」である。
今年は4人の日本人と2人のフランス人、計6人の調査員が自腹で調査をしたという。

昨年から始まった東京編。
料理研究家の間では、いいかげんな形でグローバルになっている日本料理が、正しく世界に発信され、評価されるきっかけの一つになれば、という期待の声もあったが

たとえば出版後に産地偽装の問題で新聞に報じられた店が二つ星。
偽物のわさびを使っていた別の店にも平気で星を付けていたりする。

それでも世界的権威の『ミシュラン』に
これだけ東京が「美食の都」として評価されると、
東京に対する世界的なイメージが一段とアップすることになる。

日本にグルメ文化を根付かせるのは、本当の意味で
日本人のこれからの課題だろう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/4967

コメントを投稿

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

Inside & Insight

BookMarks

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.