« 2008年9月 | メイン | 2008年11月 »

2008年10月31日

田母神俊雄・航空幕僚長のトンデモ論文を公開!

浜田靖一防衛相は31日夜、田母神俊雄航空幕僚長の更迭を表明した。
田母神氏は、アパグループが主催する懸賞論文『真の近現代史観』に「我が国が侵略国家だったなどというのは正に濡れ衣」といった論文を応募し、最優秀賞を受賞していたことが問題とされた。

受賞した論文では、張作霖爆殺事件はコミンテルンが主謀したとする説を「極めて有力になってきている」と紹介したり、「私たちは多くのアジア諸国が大東亜戦争を肯定的に評価していることを認識しておく必要がある」と、歴史家の間ではあまり認められていない学説を披露している。ちなみに、その学説の根拠となっているのは櫻井よしこ、黄文雄、ユン・チアンなどの著作で、田母神氏自身が一次資料にあたって研究したものではない。

問題となった論文はアパグループのHP内に公開されており、ダウンロードも可能。今後、アパグループが発行する雑誌にも掲載されるという。

■問題となった論文「日本は侵略国家であったのか」
論文をダウンロード(PDF)

■アパグループ第一回「真の近現代史観」懸賞論文受賞者発表
http://www.apa.co.jp/book_report/index.html

Profile

Inside & Insight

BookMarks

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.