Calendar

2011年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Entries

Recent Comments

« 2月26日13時〜《中野剛志さん講演!》あたり前に生きたい、ムラでも、マチでも ── TPPでは生きられない! 座談会
メイン
森達也×高橋源一郎トークショー:オウム、原発、東日本大震災・・・・・・この社会が目をそむけてきたこと。そして目をそむけてはいけないこと。 »

加藤登紀子・甲斐良治・リックタナカ・高野孟ほか豪華講師陣が集結!:5月13~15日『里山帰農塾 ── 3.11後の社会とライフスタイル』参加者募集中!

鴨川自然王国よりお知らせです。

来週末の5/13(金)・14(土)・15(日)に、里山帰農塾を開催します。

今回のテーマは「食」だったのですが、「3.11後の社会とライフスタイル」に変更しました。

塾長のジャーナリストの高野孟氏は、「3.11後と原発」について、農文協の甲斐良治氏は、「3.11後とTPP」について、加藤登紀子は、「3.11後のライフスタイル」について、パンクなパーマカルチャー伝道師のリック・タナカ氏は、「3.11後とピークオイル」についての充実した講義があります。

また、里山に囲まれた美しい棚田での田植えと畑での野菜作りの実習や、半農半X実践者であり、鴨川でコミュニティカフェ「awanova」を運営する二人の女性佐久間康栄さんの講義「私の半農半X」と米山美穂さんの実習「雑穀料理」もあります。

14日の夜には、満点の星空の下でたき火を囲み、お酒を飲みながら、これからの生き方について真剣に、そして楽しく語り合いましょう。

最終日には、毎回人気の鴨川に移住した半農半X達の暮らしに触れる移住者訪問ツアーで締めくくられます。今回は、廃校を利用した東北支援の「鴨川市大山支援村」へ訪れます。地元住民と移住者の垣根を越えた市民ボランティア活動は、鴨川の特徴の一つでもあります。

■鴨川市大山支援村事務局
http://hinansho.awanowa.jp/

また、スピーディに市民ボランティアが動き出すことが出来たのは、地域通貨「安房マネー」のネットワークがあったのも鴨川ならではです。安房マネーは現在、鴨川及び南房総を中心に170世帯約300名の会員がいる生活に根差した創造のネットワークになっています。

講座料金は、2泊3日の宿泊費・食事代込みで3万円です。申し込みの最終期限は、一週間前の6日(金)ですので、どうぞ奮ってご参加ください。

3.11後の社会と人生の新しいビジョンを、大地の上で描きましょう。

お申し込みは、鴨川自然王国まで。

〒296-0237 千葉県鴨川市大山平塚乙2-732-2
Tel:04-7099-9011
Fax:04-7098-1560
E-mail:kingdom@viola.ocn.ne.jp
http://www.k-sizenohkoku.com

春の里山でお待ちしています。

鴨川自然王国事務局

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8029

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

ここは《THE JOURNAL》運営事務局からのお知らせが中心になります。
コメントも入れていただけますので、もしご質問等ありましたら、お気軽に書き込んでください。
お答えできる範囲内の事は、できる限り対応させていただきます。
個人情報を含んだものに関しましては、こちらではなく、トップページから「お問い合わせ」にて送信ください。

BookMarks

東京万華鏡:TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER(インサイダー)
http://www.smn.co.jp/insider/

株式会社ジェイトランス
http://www.jtrance.co.jp/





当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.