Calendar

2010年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

Recent Entries

« 三井環・元大阪高検公安部長が出所後初講演!
メイン
東京新聞の「こち特」を要チェック! 「『小沢VS検察』にみる検察と報道のあり方」が特集記事に »

本日19時より生中継!「第1回 朝までダダ漏れ討論会 ── どうなるこれからのジャーナリズム!」開催!

 Twitter & Ustream界で"ダダ漏れ女子"として知られる @ksorano さんが、本日19時より「どうなるこれからのジャーナリズム!」をテーマに大討論会を開催し、生中継を行います。参加者には田原総一朗さん、神保哲生さん、山口一臣さん、上杉隆さんなど《THE JOURNAL》でもおなじみのメンバーが登場します。ぜひご覧ください!

■コンセプト
共有から、参加へ

■討論テーマ
『どうなるこれからのジャーナリズム!』

■放送メディア
動画:『Ustream』(PTFlive)、『ニコニコ生放送』([NKH]ニコ生企画放送局)
文字:『Twitter』

■放送日時
10/02/28(日)19:00-25:00

■会場
TimeOut Café&Diner(恵比寿)
営業時間 : Mon.~Fri. 11:30-23:30 Sat. 13:00-23:30 Sun.&Holiday 13:00-22:00
住所 : 東京都渋谷区東3-16-6 リキッドルーム2F
http://www.timeoutcafe.jp/

■詳細
ケツダンポトフ
http://ketudancom.blog47.fc2.com/

Free TV : Ustream

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6674

コメント (10)

お疲れさまでした。
次回はもちょっと早めに告知を。
前半見逃してしもた...(涙)

検察捜査情報リークとメディア報道、記者クラブ開放、世界の恥さらしのぶらさがり&記者クラブの記者懇談等、検察権力と政権権力の公権力とメディア報道の有り様等々についての議論があり、これまでにも何度も議論されているが、メディア報道の有り様を今一度、考える上で意義がある。

いつも明快に正論を述べる上杉さんと、正論者のようだが肝心のところで旧来体制に毒された保身が目に付く池田信夫さんとの違いが明瞭で面白い。池田さんは、日本は官僚を軸に回っており、官僚すべて善とする官僚擁護の老害をまき散らす、どうにもならぬ立花隆よりはまだましだ。

http://ketudancom.blog47.fc2.com/blog-entry-342.html

非常に面白かった!
途中から見て、途中で寝てしまいましたが…
ネットの双方向性やリアルタイム名感じがよかったです。
「有料視聴ならいくらならOK?」という件がありましたが、私は50円ぐらいなら多くの人が見るんじゃないかなあ?という感想でした。
これからもドンドン続けてください!
次回を楽しみにしてます!!
それと、早めの告知も…

こうしたものを見せられますと如何にTVの報道や報道バラエティーが偏向していてつまらないかを実感します。意図する枠内だけの報道や、許容される方向に向けてだけの芸人による過激な発言など出汁をとった後のイリコ以下に見えてしまいます。

検察は組織防衛のためにリークで風を吹かせましたが、TV、新聞は何のために絶えず風を吹かせているのでしょうか。

本当にこうした企画を見てしまいますともうTVや新聞には戻れない、戻りたくもないです。

ちょうど折りよく総務省において「今後のICT分野における国民の権利保障等の在り方を考えるフォーラム」の第三回フォーラムというものが開かれ、総務省のサイトに動画がUPされています。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/kenri_hosyou/25418.html

”ある意味”とても面白い内容なのでオススメです。

記者クラブ問題はアジェンダ(議題)にするな、という意見をよくもまぁ恥ずかしげもなく言えるもんだと驚くばかりです。

上杉隆氏は私はあまり好きでは無いのですが、こういう”輩”と何年にも渡り戦ってきたのだと思うと頭が下がりますね。

ダダ洩れ討論会の最後の神保氏の「現実」という言葉が身に染みます。

===小沢氏は金に汚いと頷く面々===

違った場所にUPしたので、ここに再掲させてください。
--------------------------------------------------
「朝までダダ漏れ討論会」を見ていました。前半の小沢氏をどのように思うかとの発言です。

・神保氏---「取材対象としてはやりがいがある」と言う。なかなか的確な意見だと思った。

・山口氏---弱小販売量の悲哀が発言にみられ 少し寂しかった

・上杉氏---「小沢氏は都合の悪い質問ははぐらかす」と言う。あ!!又かと思った。上杉氏はよくこの話を持出すが、彼は小沢氏を非難することでジャーナリストとしての立ち位置を確保したいのかと見えてしまう。私の偏見だろうか?

・田原氏---「小沢氏の自宅にあった4億円は 選挙で金をばらまくための現金だ」と断定するには閉口した。いつものように、まるで見てきたような説明でした。田原氏の決めつけに対して、神保氏、山口氏、上杉氏達は 頷くのでした。(その様に見えた)

---------
私は情けなくて電源を切りたくなりました。朝スバの みの氏が発言したら全員で頷く 「うなずきトリオ」と「ダダ漏れ討論会」が同じ(この瞬間だけ)と感じたからでした。


記者クラブの問題点を論議するより、田原氏の話が真実か?予断を持った話か
?を見極めてから 頷いてもらいたかった。みんなで寄添う姿はまるで記者クラブそのもの、これでは、記者クラブを批判できませんよ。

  少々批判めいた文章ですが、私の率直な感想でした

朝生と同じクオリティの番組がUSTREAMで十分できることが立証できたんじゃないですか!

中盤、ネットビジネスを安定軌道に乗せることの難しさを神保さんの実体験を通して聞けたことは収穫だったかなぁと。神保さんの実体験を踏まえた上でネットビジネスを展開しないと失敗するってことでしょうね。経験者の言葉には重みがあります。

USTREAMで週に1回朝生みたい番組をやるってことと、他にいくつかのコンテンツを複合させて1つのパッケージにして会員制にしてサービスを提供すれば結構加入者は集まるんじゃないでしょうか?

会員はvideonews.comのコンテンツも見れるとか、あるいは、週刊朝日が毎週送られてくるとか、そういう風にタイアップしたっていいんじゃない?

つまり、映像媒体や掲示板やメルマガや紙媒体など様々な媒体を通してサービス提供できる総合メディアとしてまとめ上げていったら全体としてかなりのインパクトになるんじゃないかということです。

それら総合メディアをコアな会員が当面支えて行くことでいろいろ実験的なことをしながらも徐々にあるべき姿に変容できればそれはそれで面白いんじゃないかと。

どういう風に成長するかわかりませんが、そういうものに会員として参画できるわくわく感もあって、試行錯誤に参加できる面白みという意味ではそれだけで会員になりたいという人を呼び込む魅力はあるんじゃないですか?

とにかくいろいろな試みに自分が参加できていろいろ意見も言えるといるという、そういった作り上げていく過程も楽しめる喜びが何より面白いんじゃないでしょうか?

そういう方向でやっていったらどうですか?

>山田正太郎さん

見ました。
mms://wm-ict.bmcdn.jp/wm-ict/100301/100301_01_28k.wmv

「記者クラブ問題は議題から外せ!」と、ジャーナリストとは思えないしゃべり方(偏屈な官僚っぽい感じ)の新聞協会の人が言ってましたね。

しかし、良くもまぁそんなことを言えたもんだと驚いちゃいました。「原口大臣、総務省にそんな権限があるのか!」まで言ってましたね。この不遜な態度はどっからくるんでしょうか?非常識にもほどがあります。

「議題からはずせ!」なんて委員会を侮辱しているとしか思えませんね。ゴロツキの言うことジャン

ところで、上杉さんのときだけマイクの音が聞こえませんでした。あぁ、勘ぐっちゃう癖がついてしまったのが嫌ですね。(笑)

<大鶴がついに出世>
法務省の3月1日付けの人事異動で大鶴氏が予測どおり、特捜次席検事に出世した。谷川も最高検検事に無事栄転です。
以下、千葉法務大臣のサイトです。サイトの右上にお問い合わせボタンがあります。
抗議したい人はジャンジャンお願いします。
私は、神奈川選挙区では民主党のもう一人の候補金子氏を支援します。
石川議員逮捕・マスコミリークの首謀者・大鶴を東京の特捜に置くとは・・・。千葉オバは前回の選挙で、連座制には問われなかったものの、選挙違反が出て、だいぶビビッテいたとは聞いていましたが、ここまで腰抜けとは・・・。
「小沢さんをどうぞ、やっちゃってください。その代わり私は大目に見てね」という事か?許せない。
http://www.keiko-chiba.com/

恵美さん
情報ありがとう
さっそく千葉氏のHPに投稿いたしました。
「神奈川には、自由党の支持者も多い事をお忘れなく」と

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

ここは《THE JOURNAL》運営事務局からのお知らせが中心になります。
コメントも入れていただけますので、もしご質問等ありましたら、お気軽に書き込んでください。
お答えできる範囲内の事は、できる限り対応させていただきます。
個人情報を含んだものに関しましては、こちらではなく、トップページから「お問い合わせ」にて送信ください。

BookMarks

東京万華鏡:TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER(インサイダー)
http://www.smn.co.jp/insider/

株式会社ジェイトランス
http://www.jtrance.co.jp/





当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.