Calendar

2010年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Entries

« お詫び:坂中英徳氏のブログにコメント投稿ができなかった件について
メイン
第2回 居酒屋田中塾開催決定! 2月3日(水)19:00~ »

《動画UP!》緊急シンポジウム「『新撰組』化する警察&検察&官僚がニッポンを滅ぼす!」

jin_info100117.jpg

 18日に行われたシンポジウムの動画をアップしました! 録画放送は下記URLからご覧下さい!(全6本)

↓    ↓    ↓

http://opinion.infoseek.co.jp/article/721

*   *   *

FILE 1:http://opinion.infoseek.co.jp/article/721
FILE 2:http://opinion.infoseek.co.jp/article/721/2
FILE 3:http://opinion.infoseek.co.jp/article/721/3
FILE 4:http://opinion.infoseek.co.jp/article/721/4
FILE 5:http://opinion.infoseek.co.jp/article/721/5
FILE 6:http://opinion.infoseek.co.jp/article/721/6

 *   *   *   *   * 

 小沢一郎民主党幹事長の西松献金疑惑を発端とした、「小沢VS検察の戦い」がいよいよ佳境に。一連の戦いは検察の暴走なのか、それとも国家権力の亡霊なのか......。魚住昭、大谷昭宏、佐藤優、宮崎学など"最も国家権力にウルさい"面々が終結!今年最も「危険な」シンポジウムを動画配信します!

【配信先URL】
http://opinion.infoseek.co.jp/article/721

【出演者】
魚住 昭(ノンフィクション作家)
大谷昭宏(ジャーナリスト)
岡田基志(弁護士)
木村三浩(一水会代表)
佐藤 優(作家)
田原総一朗(ジャーナリスト)
前田裕司(弁護士)
宮崎 学(作家)

【コーディネーター】
青木 理(ジャーナリスト)

【主催】
フォーラム神保町&現代深層研究会

【開催主旨】
今なぜ、緊急シンポジウムを開催するのか!?

 昨年(2009年)8月の「政権交代」で、民主党中心の政権が誕生した。

 その鳩山首相率いる新政権の中味への評価は別として、今、最も注視すべき最大の焦点は、「司法権力」の狼狽とその後の迷走にある。

 東京地検特捜部は、まず、昨年の衆院選前から、「小沢一郎」へのピンポイント攻勢をかけ、小沢主導の政権交代を阻止すべく、その臣下的存在であるメディアを駆使しての政治介入を行った。

 ところがこの思惑は完全に裏目となり、逆に国民の反発を買うところとなって、結果、「政権交代」を後押しする役回りを果たすこととなった。

 そして、こうだ。東京地検特捜部はこの失地を回復し、また、地検特捜部の威信を回復するためにも、どうしても小沢潰しを徹底貫徹しなくてはならなくなった。それが最近の民主党・石川知裕議員への事情聴取と起訴につながり、最後の狙いである小沢一郎事情聴取に巡り着こうとしている。

 検察の「最終戦争」が始まった・・・。

 一方、警察は警察で、慢性的な内部不祥事と犯罪検挙率の低下を抱え、「犯罪と戦う警察」をアピールせんがため、「反社会勢力との戦いのためには『ありとあらゆる法律』を駆使していく」と、意味不明の「力み(りきみ)」を示している。

 今回のシンポジウム開催は、いよいよ、こうした「司法官僚」の姿の是非を徹底的に議論しなければならないタイミングが来た、と考えるからだ。

 フォーラム神保町および現代深層研究会に関わる論客を総動員して、大いに闊達な議論を繰り広げたい。

フォーラム神保町 (世話人:作家・宮崎学)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6499

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 《動画UP!》緊急シンポジウム「『新撰組』化する警察&検察&官僚がニッポンを滅ぼす!」:

» 鈴木宗男氏、鳩山首相、小沢幹事長のビデオを観て、腹を据え、決意新たに! 送信元 父さんの日記
官僚に「国のため、国民のため」などという姿勢は、今更期待してはいない。せめて、自分の家族や子どもたちに、そして先祖に、神仏に、自らの仕事を誠実に清く正しく... [詳しくはこちら]

» 昨日のフォーラム神保町のアーカイブビデオ 送信元 IT屋もりたの今時パソコン日記
 昨夜、角川文化振興財団(角川書店本社第一ビル2階ホール)で催された、フォーラム... [詳しくはこちら]

» 【犬察ファッショ】「取調べ可視化」を全面導入し痴犬特騒部を解体すべきだ!【反動勢力】 送信元 ステイメンの雑記帖 
 とかく惨経など翼賛マスゴミがミスリードするお陰で誤解している人が多いが、 犬察組織は行政府の一組織であり、法務大臣の指揮下にある組織 である。故に、惨経... [詳しくはこちら]

» 【冤罪】犬察の狗たる惨経が何をほざいても、取り調べの全面可視化を実現すべきだ【人権侵害】 送信元 ステイメンの雑記帖 
 江戸時代以来、自白偏重主義を続ける旧態依然とした日本の事件捜査では、冤罪の発生が後を絶たない。むしろ現在再審が行われている足利事件でも判るように、 警察... [詳しくはこちら]

» 小沢一郎を守るため「検察官適格審査会」に特捜部長の罷免要求の声を! 送信元 父さんの日記
小沢一郎氏が東京地検の事情聴取を応諾した件、23日に行われるらしい 。そしていつもの「関係者」からのリークであるため、どこまで事実かは不明であるが、検察は... [詳しくはこちら]

コメント (272)

是非、以下の記事について論議してください。

<西松事件の大久保被告、無罪の可能性高まる>

1月13日の読売新聞の記事で、大久保秘書の第2回公判で西松建設の岡崎彰文・元同社取締役総務部長が同社OBを代表とした二つの政治団体について「西松建設のダミーだとは思っていなかった」と証言し検察側の主張が完全否定されたことが報じられていた。

さらに、元部長は裁判官の尋問に対し「2つの政治団体は事務所も会社とは別で、家賃や職員への給料も団体側が払っていた」と実体があったことも証言した。大慌てした検察側が「あなた自身が訴訟を起こされることが心配で、本当のことを話せないのでは」と聞いても、「なぜそんなことを言われるのか分からない。もともとダミーだとは思っていなかった」と話した。

この証言によって地検が強引に立件した「西松事件」が無罪になる可能性が強まってきた。そこで地検特捜部は「西松公判」から国民の目をそらすため、陸山会の4億円の土地購入資金の流れについて無理を承知で石川議員らを逮捕したようだ。(関係者によると本件について、これ以上傷を広げたくない検察幹部と現場の検察官の間で対立が深まったようだ)

マスコミや民主党内の反小沢議員が大騒ぎする中、一貫して検察の動きを黙ってみていた小沢氏は党大会で検察との対決を力強く宣言、4億円の資金源についても明らかにするのだろう。こうして小沢氏の術中にはまり国民から信を失った検察は「取り調べの可視化」「特捜部の解散」「民間人の検事総長起用(郷原氏?)」を受け入れざるを得なくなるだろう。

 問答無用の権威をことごとく抹殺し、市民社会の常識に反する如何なる強権も永遠に許さないネットワークを構築しよう!。
平成革命の半永久的な成果にすべし!。

みなさん、基本的なこととして今回の捜査の責任者の顔は覚えておきましょう。
以下のサイトに大きな写真があります。


http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/

いろんなことが言われていますが国民の検察に対する疑問は大きく膨らんできていると思います。
少しでも多くの人にマスメディアで報道されない事実・意見がこんなにも沢山あるということを知らせる努力をしましょう。
小沢支持の輪を大きく強固にしましょう。

>それが最近の民主党・石川知裕議員への事情聴取と起訴につながり、最後の狙いである小沢一郎事情聴取に巡り着こうとしている。

まだ起訴されてないのでは?

中継の決定は拍手です。
パチパチパチ

本日のサンプロを見ていました。自民党の菅氏がこんなコトを言ってました。
「昨年の西松疑惑の時に野党(民主党)は国策捜査だと批判していた。今は与党なので、国策捜査とは言えない。よって特捜の捜査を謙虚に受け入れなければ…」
と、何をバカな発言でしょうか。
検察官僚は未だ自公政権のまま!自民党政権に早く復帰を期待する検察官僚の国策捜査が続いていると思わないのか?
全ての正義が検察官僚にある風潮を造り出す世論誘導をマスコミを通じてリークし続ける官僚達…、
国民が今、立ち上がらなければ、特捜部による戦時中の憲兵制度が到来します。
神保町フォーラムでの活発な議論を期待しています。

サンデープロジェクトを見て、検察ファッショへの不信が一層深まりました。

押坂誠さんの投稿のとおりだと思います。
検察をはじめとする官僚組織やマズゴミはいまだに自公の影響がありますからね。

テレビ朝日の番組でテリー伊藤とか夕刊読んでるキャスターが大沢弁護士の職務権限と収賄の関係を聞いてびっくりしていた。その程度の人間が報道番組のごとく仕切る、ばかで無知な人間に言いたいこと、思いついたことを言わせて番組作ってる。誰か抗議の方法教えてちょ

この表題のポスター簡単にメールに貼付け出来ますので、ぜひ知人にも送りましょう。(コピー&ペースト)

米国ネオコングループとCIAは日本に売国奴(自民党・外務官僚・警察・電通を核とする大手マスコミ)組織を構築し、戦後60年以上に亘り、我々の税金を搾取し、また売国奴達におこぼれが還流していたのは間違いないようですね。だから今回も、ここぞとばかりに、売国奴達を総動員させて、小沢さんの失脚と民主党政権の転覆を図っているのは明らかです。

この観点で、昨年春からの政治状況を見ると判り易いですね。

また米国ネオコングルーブの中核で軍事シンクタンクである戦略国際研究センター(CSIS)で働いた日本人が沢山います。自民党の小泉新次郎氏もその一人ですが、民主党関係でも、渡部恒三氏の子息である渡部恒雄氏や、ザ・ジャーナルに時々投稿している若林秀樹氏もそうですね。

我々日本国民は今回の事件に対して、客観的な目線で、売国奴達を炙り出し、間違いを正す行動が大事だと思いました。

私もサンプロ見ました。
自民党の菅は、自分たち自民党へは捜査の手が及ばない事を知っているからTVであのようなくだらない発言が出来るんだろう。
今回の検察の暴走は、与野党問わない問題なのに、未だに何故自民党が見捨てられたのかも理解できず、政局の事しか頭のない菅や自民党面々の発言・思考には辟易する。
鈴木宗男氏のつめの垢でも飲ませてやりたい。

今日あたりのテレビ見てても「サンプロ」以外は民主党大会での党の姿勢を批判し「小沢おろし」に躍起なのでその線で世論は誘導されて行くのではないでしょうか。
小沢氏もいずれは幹事長辞任に持っていかれる可能性があると思うのですが。
今回の検察、マスコミのおかしさに気づいてる人ってネット以外まだ多くはないと思うんですよね。

今回検察の起こした逮捕劇でマスコミは盛んに検察VS小沢を強調してますが、
昨日の民主党大会において、民主党VS官僚の闘いの一環であるという事が分かりました。
民主党は官僚勢力に屈することなく戦うと、まさに説明責任を果たしたと思われます。
検察は、リーク以上の証拠が示せなければ敗北濃厚ですね。
私の周りも、特に今回の事件は興味すら示してませんのでマスコミによる喧伝で国民が騙される可能性は低いでしょう。

>小池さま
そんなことはないと思いますよ。例えば、地元の両親なんですが、新聞やテレビを素直に信じるタイプの人間でしたが、なんとなく不信感を抱いているようです。

軽く聞いてみると、下記3つに集約されそうです。
1.長年政権の場所に居た自民党の方が絶対に癒着が多いはずなのに自民党の議員が全く取り上げられないのはオカシイ。
2.小沢の件は、去年も同じような話があったのに、何故、去年やらずに今更やっているのか?。見てみると何年も前の話であり。当時やらずに、今になって突然、降って沸いたかのごとくやるのかがよく分からない。
3.小泉の時に思い知ったが、一方的だけに都合が良い情報だけが流されている時は、必ず裏がある。

以上、こんな感じでした。

政権、政党ともに支持率下落の歯止めがかかってきているのは、マスメディアによる一方的な洗脳が効きにくくなっているんじゃないかと思います。

こう考えてみると、小泉政権って言うのは、真実に、自民党と言うか、既得権益側をぶっ壊したんだと思いますね。

水谷建設の経営トップは収監されている筈ですが刑期はあとどの位ですか。いまハイライトになってるのは牢獄の中の証言ですよね。これなら後付けで何でも証拠をねつ造できますよ。鹿島、水谷、小沢事務所の中で口述証言は収監中の水谷だけ。検察は糊貼りして関係づけようとしているらしいが。この道はメディアのみなさんの好む冤罪ではありませんか。火をおこして油を注いでいる事に気づかないのか。それとも風聞としてではなく確固たる信念を持って記事にしているのか。

渡部恒三は、今朝の時事放談に出ていたが、爺様とはいえ常識を疑う発言(ズウズウ弁なのと相変わらず何を言ってるのか分からないが)で、要は小沢やめろ・・といい趣旨を婉曲に言っていた。

別に小沢擁護派では無いが、こういうタイプは基本的に信用できないというのが一般の視聴者の身い方でしょう。
片山という元鳥取県知事も大所高所から言ってるつもりだったようだが、東京の一区くらいのところで行政やった程度の元官僚。
いきなり出演者が決まったのではないと思うが、重鎮が出ていた昔の番組から思うと、程度の悪さが際立つ。
テリーに至っては、論外。
日大で学生運動やったというのは本当かと思うわ。
兄貴の玉子屋手伝うか、鶏の研究でもしていた方がまだ似合う。

渡部恒三はホリエモン偽メール時間のようにならなければ良いが。
前原も同様な趣旨で発言していたが、身内にこういうのがいると大変だ。

以上普通の市民レベルの目線で感じた事を言っています。
ビジネスマンの世界から見ると、まさに三流(マスコミは3.5流)で、志が感じられない。

以下、渡部恒三Wikipediaより。

就任直後(国対委員長)から生放送のテレビ、ラジオ番組に相次いで出演し、9月に行われる民主党代表選の前倒しや、永田議員へ辞職要求などを発言、鳩山幹事長はその火消しに追われた。
堀江メール問題に関して、2006年3月15日放送のTBS系「みのもんたの朝ズバッ!」で涙を流して謝罪した。

本件について、久々にテレビを見て感じたこと

「国民の納得がいく説明を」
自分たちの予断と偏見に合致する説明でないと、説明とは認めていただけないようで。

「なぜ事情聴取に応じないのか」
検察が「全員で力を合わせ、なんとしても調書にサインさせよう」「サインさせるまで根競べだ」と気合を入れている所に、なぜのこのこ出掛けていける?
「可視化」の論議が先。

元検事で弁護士をされている方が、「検察内部で適切にブレーキがかけられない事態が生じれば、国民のためにも、指揮権発動ということを否定すべきではないと考えています」「虚偽記載は、やはり形式犯で、そこをテコにして、資産形成過程を追及、というのは、やはりやりすぎ。こういう手法は一種の検察ファッショにつながる」と、指摘しています。

シンポジウムのタイトル「新撰組化する」には違和感があります。「戦前の陸軍化する」の方が適切では。官僚統治国家を築いて軍国主義路線のレールを敷いたのは明治政府ですから。

もし潔白なら、

事情聴取受ければいい。
会見も誠実に受け答えすればいい。

すごくシンプルな話。

この国の“主権は検察にあらず国民にあり”
この程度の微罪で執拗に小沢を追う検察の姿勢は異様である。他にも類似案件はあるのだから、どれも公平にやれば問題ないではないか。
昨年来の小沢一点攻撃は、やはり小沢に政権の中枢にいられると困る既得権益勢力の戦線布告と見なせる。その結果が政権交代だったはず。
国民そっちのけの戦いなどいい加減にしろと言いたい。
昨日の民主党大会における小沢の「断固戦う決意」に主権者国民として支持します。

別に気負って戦ってもらわなくて結構。時間と費用の無駄。

潔白を証明するか、罪を認めて償うか。

小沢氏はそれをさっさとすればいいだけの話。

民主党大会での、鈴木氏や小沢幹事長の演説について、検察の不利な部分を省いて報道しているマスコミが多いです。後、逮捕後の検察のリークについても、西松事件の時も大久保氏の自殺の恐れ云々とかの記事が有りましたが、また石川氏に関しても同じ様な記事が出ています。更に、石川氏の弁護士が、逮捕に到る原因になった石川氏の供述を否定してます。大久保氏の保釈されてからの言動、西松の今の公判から、当時の検察リークの多くが嘘としか思われない状態です。西松公判では、検察側証人がダミーの認識を否定する異常事態で無罪の可能性も出て参りました。当時は私も恥ずかしながら鈴木宗男氏は酷い政治家だとリーク報道を見て信じておりましたが、様々な機会に演説を聞くうちに印象は変わりました。今は、国策捜査と感じております。鈴木氏の他にも村上さんの件についても調べると疑問な事ばかりです。政治家の暴走は選挙民が正せますが、検察の暴走は誰も正せません。三井氏の裏金告発阻止事件など驚愕の限りです。検察リークと大手マスコミの異常な世論誘導についても議論して頂ければと思います。

水谷建設からの献金?が問題というが、ムショに入っている元経営者?の証言ばかり報道されるが、出所は会社経理からだろうからそれの反面調査の様子が出ないのは何故なのか?
確かに重機械土木建設では国内最大手で三重県内第一位(全国148位、水谷一族以外は日立建機が大株主)で従業員550名くらい、売上400億くらいの会社。資本金は1.5億なんで上場はしていないが一応国税管轄。
税引後利益は2005年24万!、2004年34万!。
*2008年13億。申告所得は20億前後。
今時、土建屋でも完成基準とかうるさいし、使途不明金で処理すると言ってもこのサイズの会社では1億程度の不明があれば検察以前に、国税査察があると思う。
オーナー会社とはいえ、対応するのは経理筋の人なんで、その取材記事はどこにも見当たらない。

そちらの報道なり、調査情報が無いのは不思議。

ただ、今回(に限らないが)の特捜のやり方は憤りと、後進性を感じる。
世の中全体が劣化するのを憂える。

風邪薬にだって、副作用はある。
薬にケチをつけるのは飲みたくない人のすること。
薬は飲んでから副作用対策を立てましょう。
飲まずに病状を悪化させてはなお困る。
今回のことは小沢が絶対かどうかではない。
検察をはじめとする行政官僚対策(治療)が必要なだけだ。
小沢には検察官僚と刺し違えるまで死なれては困る。
主権者によって放ったれた「刺客」と思って、頑張れ!小沢
副作用対策は別途考えるから安心されたい。

他記事へのコメントと重複お許しください。どうしても気になるポイントがあって。。。
それは「なぜ自民には捜査がいかないのか」です。
政治と金の問題、としてひとくくりで誤魔化されますが、4ヶ月前まで民主党は野党。つまり公共工事などで予算執行の便宜を図る権限はなかったのです。
それではどこにあったのか?そりゃ時の与党ですよね。実効権力のない大物より、たとえ小物であっても権力を持つ与党議員に賄賂を渡しませんか?普通は。
小沢支持うんぬんよりも、この違和感がずっと晴れない(誰も指摘しない)ので、検察とメディアが信じられなくなっています。
金額の大小よりも賄賂性を取り締まるのが趣旨の法律ですよね?野党議員への献金は、国会議論を吹っ飛ばしてでも今やらなきゃいけない話なんでしょうか。

鳩山首相が小沢さんに検察と戦うよう励ましたことを不見識だ!というジャーナリストがいますが、私に言わせていただけるなら、それほどに検察当局が異常であるということなのです。私自身、特に思想的な背景などのない、極めて平均的な国民ですが、昨年来、検察当局の”思い上がった”やり方になんとも言いようのない嫌悪感を抱いています。どちらかというと小沢さんが嫌いだと申しておりました妻も検察のやり方に対して激しい憤りを示しています。
鳩山さんには荷が重いのかもしれませんが、しかるべきタイミングで、総理大臣の立場を大いに活用して大掃除を断行してもらいたいものだと感じています。

<慎重に用意周到な戦いを>
民主党大会での小沢幹事長の宣戦布告以後、マスコミは予想通りの報道をしている。小沢氏が第一番にするべきことは、鉄壁に自身の身をガードすることである。新聞マスコミは一切無視して構わないと思う。彼らは検察と思いを一つにする敵だからである。そして鉄壁の守りの中で、全国の支持者を行脚し、その場で直接語ることである。わざわざ馬鹿な敵を相手に記者会見などする必要は無い。そして、検察の攻撃には用意周到さを持っての反撃を準備してもらいたい。彼らは理由を問わず国民の誰かでも身柄を拘束出来る恐ろしい集団である。恵美さんが敵の逮捕攻撃の後、若干消耗された中で語っておられましたが、重々に気を付けなくてはならない点なのである。この小沢一郎との戦いはその権力を賭けた壮絶なる戦いなのである。小沢一郎と共に戦いたいと願う私は、この検察権力の恐ろしさと検察マスコミ一丸となった小沢一郎に対する攻撃の真実の姿を、出来るだけ多くの友人知人に語ってゆく事だと思っています。これは国民が初めて選挙による政府を誕生させた責任なのです。検察権力の攻撃で破綻させるわけにはいかないのです。一票でこの政府誕生させた心ある国民はこの政府を育てなくては成らない重い責任があることを自覚して下さい。長年の夢をやっと実現させてくれた小沢一郎をとことん守り抜く責任もあるのではないでしょうか。
やっとスタートラインに立ったばかりではありませんか。本物だからこそ試練が立ちはだかるのです。本物だからこそ敵は恐怖し形振り構わぬ権力を行使してくるのです。さあ小沢一郎は先頭を開始したのです。それぞれがその一翼を担う覚悟を決めましょう。

2009年5月21日以降は検察審査会により検察の権限(公訴権)の行使に民意を反映させ、また、不当な不起訴処分を抑制するために、民意を反映出来る・・となった。

「不起訴不当」又は「起訴相当」議決が3回なされた例
*岡山市短大生交通死亡事故
*明石花火大会歩道橋事故
ある刑事事件が冤罪であると暗に指摘した検察審査会の議決の例
*徳島ラジオ商殺人事件(証人への偽証罪)
*丸正事件(被害者親族への殺人罪)
*高知白バイ衝突死事故(警察への証拠隠滅罪)


これに西松事件で二階側に対する、「不起訴不当」が出されやっとこさ起訴された(本人でなく)たのは記憶に新しい。

ここのところの流れを見るにジワジワ検察が追い込まれていると思うが、特に検察に対する罰則は無い。

ただ冤罪の場合、例の足利事件でも金銭的補償(当然)以外に、関係者(検察・警察・裁判官)が相応の罰を受ける事にはなっていない。

常識的に悪質性がある場合、役人及び関連組織に対しても、罰則なり相応の処分が下されるような改正が必要かもしれない。

国民の意思を示すために、小沢氏に一人100円ずつ官僚機構対小沢の戦争に、小沢を支持する者は献金したらどうだろう。小沢を支持するものは全国に700万人はいる筈だ、将来の政治家をそだてるために書生だけで10人以上いたという。スポーツ選手でも年間に何億円も稼ぐ時代に、10年ぐらいで数億円の金にぐちゃぐちゃ言う検察や国民のケツの穴の小ささにあきれる。オバマは選挙期間中だけでも600億円くらい集めている。
 ほんとに”お前らこまいのー”と言いたい。
小沢が、秘書や書生の寮に金をかけてどこが悪い、小沢が豪邸を建てて錦鯉でも飼っているのか。
 検察は、「なめている」とか「よーし、それならやってやろうじゃないか」とか怒りや、メンツや、恣意で権力を行使している。ただのごろつきである。
これから先は、選挙はだんだんと官僚対国民が対立軸になる。
 検察官僚は時代のながれが分かっていない、陸軍の青年将校団程の純粋さがあるわけでもなく、頭が悪い時代の読めないKYなところは新撰組とそっくりである、時代の変化とともに滅んでゆくところも。

冤罪が確定した時点で、あるいは被告の無罪が確定した時点で、遡って検察の当時の担当検事、検事上司が処罰される法律改正を次期国会で早急に検討すべきである。

あたかも検察の人間は間違いを絶対起こさず、すべて正しいという性善説にたったものである。そんなことは有り得ない。

現に警察、検事はこれまで多くの罪なき人を冤罪に陥れてきたではないか。冤罪となった被告は一生をダメにしてしまう程のダメージを受けることになる。

誤逮捕、冤罪による警察、検察を処罰する法律はない。これでは恣意性が入る余地があり、何でもありとなる。検察の暴走も認めことと等価となる。

えくすかりばー | 2010年1月17日 16:19 さんへ

久々に胸のすくコメントでした。大拍手です,有り難う!!
 
時代遅れの気の毒な新選組・・・言い得て妙ですね。

こんな国益のそぐわないことに時間と費用を使ってホント損害賠償請求モノです。

投稿者: えくすかりばー | 2010年1月17日 16:19 様

 失業中の私でさえ二万円を献金しました。
今は文無しの受験生です。
本試験(恐らく落ちる)が終わったらまた働いて、献金しようと思っています。


「超法規的権力」組織に告ぐ

大きな議論(土俵) vs 小さな議論(土俵)

小沢さんが検察(特捜)との対決に勝利するには、検察(特捜)の小さな議論(土俵)に乗らないことが肝心要の要素だと思います。

此処で土俵の大小を分かつのは、
1)現時点で、2)上辺だけではなく真髄の部分で、3)「国家の将来を肝に据えているか、国民の安寧が行動と判断の基礎にどっかりと座っているか」。
対象者に「現在とその延長としての将来」に国家と国民の為に善(※注)を齎す志と覚悟と熱さが有る前提で、「過去」を裁量的に処遇する度量があるか。
  (※注)組織の延命可能性の大小ではないことは当然である。

検察(特捜)が「超法規的権力」として存続し続けたいと欲するのならば、小手先ではなく、上記程度の分別をする程度の高い資質は持ち合わせて居ること、それを実際に行使することが重要であろう。
然らざれば、「超法規的権力」としては存在する価値も拠り所も消滅する・・「民主主義の敵」となる。旧政権時代の表層だけの民主主義とは、民主主義が違うのだと気づくべきだと勧告する。

「普遍的な善」を標榜するなら、新しい民主主義下にあっても、特例としてその存在を許そう。
如何なる民主主義も万能ではないのだから・・。

戦時中、軍国少年だった私です。

太平洋戦線が始まった頃、学校の担任教師が『2・26事件』を論評し、政府要人を殺害した青年将校の所業について≪彼らの行為は自分の生命を犠牲にして、腐敗と悪臭に満ちた重臣たちを征伐した≫と、小学生の私たちに教えました。

戦後になって、その教師たちも、自分たちの誤りに気づいてことと思いますが、戦時中は、大多数の日本国民が、『2・26事件』の犯人(青年将校)を、そのように評価していたのは事実です。
これは戦時中に書かれた数々の書物に残っていますが、中には事件の犯人たちを≪幕末の勤皇の志士≫と同じとまでなぞらえ、称賛していた作家もいたのです。

だからこそ、事件を起こした青年将校たちは≪自分たちの政府要人たちの殺害は、昭和維新を実行する【正義の鉄槌】と信じ込み≫新聞・世論も、それを安易に容認していたのです。
その結果、あの悲惨な太平洋戦争へ傾斜していったのです。

今回の東京地検特捜部の独走は、戦前の『2・26事件』ほか、数々の≪自分たちだけが、正義である≫の誤った独断で、日本を破滅に導いた悪夢の再来としか思えません。

【自分たちたけが正しい】。こうした考え方を、凶器同然の【国家権力の逮捕権】を持っている人々が思いこんだとき、民主主義は破滅いたします。

投稿者: 処罰法制度研究会 | 2010年1月17日 16:34 殿

①冤罪判決確定で訓告か戒告
 (冤罪敗訴は重大な無能力)
②不注意に拠る冤罪判決確定で解雇
③重大な不注意の立証で弁護士資格の剥奪
④故意が立証できれば刑事罰

>山口七郎 様
>≪自分たちだけが、正義である≫
>【自分たちたけが正しい】

これは民主党と民主党支持者にも当てはまることだと思いますが

投稿者: おやおや | 2010年1月17日 18:30

あなたの言っていることが仮に正しいとしても、

>凶器同然の【国家権力の逮捕権】を持っている人々

ではないのだから問題ないでしょ?

まずは文章全体を把握する力を身につけましょうね。

>匿名 | 2010年1月17日 19:05

そうですよね。その能力に「おやおや」ですよ。(超失笑)

いや、226の青年将校って【国家権力の逮捕権】あったの?
無いよね。そういう意味では山口さんの投稿は例えで出してるだけだから。
その中の
>≪自分たちだけが、正義である≫
>【自分たちたけが正しい】
部分について言及したんですよ。

そーいう早合点なところは自分の独善性から招いてるものとも言えますよ。

<佐久間について>
検察特捜で、強硬に小沢を付け狙う佐久間は、在アメリカ大使館の書記官をしていた事があり、アメリカの共和党右派と繋がりがある可能性大です。安倍総理時代に引き立てられました。従って今回の検察の暴挙は、対自民党ファクターを通して見るのは間違いで、アメリカ軍産複合体をファクターに見るべきです。
<水谷建設について>
すでに水谷がらみでは、元福島県知事の佐藤栄佐久氏が冤罪で嵌められている。佐藤は著書で「お前は社会の害悪だ。断固排除する」と言われた事を明かしている。
最高裁で、ほぼ無罪の判決がでたが、佐藤の人生はメチャクチャにされた。
佐藤は原発に反対した知事であった。逮捕の理由は、原発を推進したい国に逆らったから…。水谷建設との土地取引で、不当に利益を得たとの収賄容疑だったが、のちに常識的な価格での取引だったと裁判所が認めた。
今回また検察が水谷の与太話を小沢案件で使おうとしているのは、水谷の元社長が検察の求めるままに証言してくれるからである。佐藤元知事の例を見るまでもなく、検察の正義はかくも歪んだ正義なのである。
<献金について>
100円献金ナイスアイデアですが、献金は郵便振替を窓口が開いている時に行わなければならない、という決まりがあり、手間隙が非常にかかります。早くネット献金が解禁になるといいのですが…。
<処罰法制度研究会様>
大賛成です。検察に限らず官僚の罪(血液製剤のエイズ問題など)は、事件が発覚した時点で、当時の担当責任者を裁ける法改正が必要です。

@em5467-2さんへ

em5467さんがお書きになったことは
知らないことばかりで、たいへん勉強になりますが、
原子力については
ちょと誤解があるように思います・・・

佐藤元知事は、反原発じゃありません
彼が反対していたのは、

 ○地方自治体に対する
  原発事業者の一方的な態度

 ○プルサーマルをはじめとする
  国の核燃料サイクル政策

この2点です
そして
この2点に関しては、当時の経産省でも
電力自由化と関連して
「9大電力体制とか、核燃料サイクル政策やめね?」
という形で、
国をバックにしているつもりの電力さんが
真っ青になりそうな政策変更論議が盛んだったそうですよ
ぶっちゃけ
省内が真っ二つに分かれるほど
原子力政策をめぐって意見が分かれていた、と聞いています

また、こちらのサイトでは御用学者と呼ばれそうな、
国の原子力政策に大変影響のある
著名な原子力研究者も
佐藤知事のブレーンとして活躍してもいます

そんなわけで、
佐藤元知事に対する検察の動きに
原子力が関連しているとは、とても思えないのですが・・・

(ちなみにぼくは核燃料サイクル推進派ですが、
佐藤元知事の問題提起は
非常に大切だとは思っています)

RE:<佐久間について>

 世界中の笑い者、ブッチズムの信者だったとは。

 アメリカ共和党右派は、日本を隷属国に戻したがってる。そんなやからを礼賛するとは、無知なのか○○な
のか、

あと23時間!!
小沢さんには全力を駆使して欲しいです。はっきりいって、どんな手でもいいから奴等に身柄を拘束されるんじゃないよと言いたいです。
1番効果を狙うのは検察のいつもの手じゃないですか!!
1/18の午前0時から13時まで・・
相手はもう狂っているんですよ。
誰が守るのですか?
私も含めてPCに向かってマスターベーションしているに過ぎないじゃーありませんか?
高野さん!
小沢さんの信奉者ではありません。が、今必要不可欠な存在だと
思っています。期せずして闘っている。相手は同じです。
綿々と続く、断ち切れない性に
・・

自民党を離党した田村耕太郎氏の指摘

西松献金事件の判決で、昨年7月東京地裁は「寄付が特定の公共工事を受注できたことの見返りとして行われたものではない」と判示して、寄付と公共工事の受注との対価関係を明確に否定し、「小沢氏に向けられている疑惑についての具体的根拠が示されていない」等と検察側の立証手法を批判している。

http://twitter.com/kotarotamura/status/7824788434

たった今、NHKニュースで小沢氏の提出した通帳の引き出し額が約3億円だったので、再度任意の事情聴取を依頼したとの報道あり。
出頭次第逮捕する可能性あり、二三日後、しかも昨日の今日だ。
間違いない!!!
小沢氏は明日の国会終了後以降に応じるか、反論を声明するべきだ!!!

先程まで、先週号、つまり2010年1月22日号の「週刊朝日」を読み返していたら、書評にこんな本が紹介されていました。しかも片隅にです。
以下にURLを貼って置きます。
http://www.soshisha.com/book_search/detail/1_1735.html

この本、話題にも上っていないけれど、とても重要な本ではないでしょうか?
田中角栄さんから小沢さんや鈴木宗男さんに繋がる貴重な本ではないか、と思うのです。
私は早速購入して読んでみようか、と思います。皆さんに紹介しておきます。

恐怖心というのは人生の一番の友人であると同時に敵でもある。ちょうど火のようなものだ。火は上手に扱えば、冬には身を暖めてくれるし、腹が空いた時には料理を手助けしてくれる。暗闇では明かりともなり、エネルギーになる。だが、一旦コントロールを失うと、火傷をするし、死んでしまうかもしれない。もし、恐怖心をコントロールできれば芝生にやって来る鹿のように用心深くなることができる

日本テレビの調査

鳩山内閣支持率45%、6%の急落

小沢が説明責任果たしてない 91%

91%の人が小沢の件は納得してないよ

そういえば、みなさんの心の支えである郷原さんも小沢は説明不足と言っていたね。

洗脳された信者の皆さん、これが冷静な世間の反応ですよ。小沢はメチャ怪しいことしていて、きちんと説明できてないんですよ。早く目を覚ましてくださいね。

「平成10年頃の通帳の引き出し額が約3億円だったことがわかった」なんて、完璧な検察のリークですよね。通帳を見られる立場にある者しか出せない情報ですから。残りの1億円が、水谷建設の裏金という印象操作で、幹事長辞任の世論を起こしたいのでしょう。
だいたい、通帳の情報は今月初めに検察に教えたにもかかわらず、出入を調べるのに、なぜ今までかかるのか?水谷からの1億円裏金情報を広く行き渡らせてから、わざわざ出してきたとしか思えませんね。

きっこのブログに、「有識者の間からは東京地検の佐久間達哉特捜部長を国家公務員法違反の容疑で刑事告発する動きも起こっている。」

とありましたけど、こういうことが可能なのであれば、もう少し早くできていればなと思いました。

『私たちがだけが正しく、国家権力の逮捕権を欲しがっているのでしょうか』
-------------------------
(1)『私たちだけが正しい』に付いて
(俄か支持者なので、他の人のことは判りませんが)
私は小沢先生の西松建設事件から民主党議員に献金を始めました。
『私たちが正しい』や『彼が正しい』からでは有りません。
私が献金しないばかりに、ガードの甘い金に手を付けさせてしまうのではと思うからです。
私は個人史的にはかなり反小沢ですし
逆に、学生時代の私の様な小沢先生には違和感を感じます。(還暦の今は)
-------------------------
さて、私が献金する先生は学生時代は土井たか子フォロワーズだったそうです。
小沢先生がリベラル化したのは、彼らの影響が大きい様です。
よく小沢氏は権力欲の権化と言われます。
しかし先生は彼ら若手に権力を継がせたいと願っています。
小沢先生が認められるのは、豪腕だけでは有りません。
----------------------
(2)【国家権力の逮捕権】に付いて
 少なくとも私は民主党に特捜を操ることはして欲しくはありません。
現在の地検特捜部は大政奉還後まで戦い続けた新撰組残党を彷彿とさせます。
しかし特捜が新政権におもねる変身する事の方がより恐ろしく感じます。
団体献金の禁止・ネット献金・全領収書の添付義務等の、政治家への特捜の係わりを減らす工夫をすべきです。
--------------
最後に おやおや様に伺います。
現政権は旧政権に報復攻撃をするとお考えですか。

2010年1月17日 21:48 匿名さん

「民主党の小沢幹事長は、自らの資金管理団体における2004年の4億円の土地取引をめぐる資金の流れについて、検察庁が捜査中であること理由に、具体的な説明を避けています。あなたは、小沢幹事長は説明責任を果たしていると思いますか、思いませんか?」
この質問の文章では、説明責任を果たしていると答える方が不思議だと思いますが。

世論調査なんて、誘導尋問と同じ。
小沢氏に責任説明を果たしているか否か。○か×かの2者選択。

私なら、そのうち話せばいいです。
まずは検察が説明責任をリークではなく、果たすべき。
こんな回答は無回答扱いでしょうね。

マスメディアが作り上げたシナリオに乗っかるほうが、洗脳されてる。

しかし、おっかない国になりましたね。

「永田町異聞」で、よく説明されています。
http://ameblo.jp/aratakyo/

政治資金規正法関連の捜査には「現場」がなく「物証」も乏しいため、自ずと密室における「供述」を証拠として検察側がストーリーを組み立て、それに沿って調書を作成する傾向があることも承知しておく必要がある。
「供述」は、取調官の誘導によって導き出されることが多く、そのため裁判が始まると、調書に記された供述内容を覆すケースがたびたび見られるのは周知の通りだ。
ーーーーーーーーーーーーーー
収監されている水谷建設元幹部の供述も、組み立てたストーリーに沿ってつくられたものでしょう。

陸山会はマスコミ対策として銀行から4億円の融資を受け金利を支払うこと、融資契約書(小沢氏個人)をマスコミに示すことで小沢一郎氏の自己資金で不動産購入を行っていたことをマスコミから隠そうとしただけ、そしてその過程で発生した4億円の入りと出を収支報告書に記載していなかった、しかし一般の人が陸山会の収支報告書を見ると借入金 小沢一郎 4億円と書いてあり政治資金の流れは透明化されていて刑事罰を問うに値するようなものではなく行政法であることからしても記載の修正を求め指導するのが妥当だろう(過程で生じた4億円の入りと出を記載すべきかも含め議論する必要があり指導項目としては今後マスコミ対策を行わないことという程度であろう)、現職の国会議員を含む3名もの逮捕を行った検察の捜査は不当であると言える。

特捜は昨年の3月、「政治団体がダミーであった」との嘘(2回目公判で判明)を使って「看過できない重大で悪質な事案」と言い切り事件を捏造した。そして今回は「任意の事情聴取に応じないから強制捜査に切り替えた」と嘯き、現職の国会議員を含む3名を逮捕した。しかし今回の事案も、過料せねばならぬ性質の事案ではなく強制調査に切り替える正当な理由が全く存在しない。検察の暴走はこれで2回目だ。

尚、ここに来て急浮上している1億円の出所は小沢氏の会見待ちです。そもそも、3億円の出所がはっきりとしているのなら最初っから捜査対象は1億円であると検察はリークすれば良かったのであり・・現状況だと信憑性は薄い、よって小沢氏の会見待ちである。

結局は前記したように今回も検察の不当捜査でしかない。虚偽記載での逮捕は前記で示したように無理筋だし、そうしてまで入口をこじ開けたは良いが・・・ゼネコンからの闇献金という検察の筋書きそのものにも無理があって出口は見えないというより辿り着くことは不可能だろう。

>投稿者: とーくめい | 2010年1月17日 22:03

>最後に おやおや様に伺います。
>現政権は旧政権に報復攻撃をするとお考えですか。

現政権というか民主党は独善的な傾向があると思います。また、現在でも旧政権へ責任転嫁する言動も度々見られます。
それでも彼らが「報復攻撃」をするとは思ってません。政治家としてその辺の矜持はあると思います。
(支持基盤を切り崩すとかは報復などとは別の話なので)

~検察の司法権力の濫用と政治介入 - 不公正で恣意的な裁量主義~

議題違いですが本投稿で
どなたか核燃料推進派
だとか仰っている方が
いるようですが、現場
を知らなさ過ぎます
ね。

核燃料サイクルなんてとっくに技術的に破綻しているのですよ。!!

その証拠に政府が高速増殖炉の
当初計画を大幅に変更し、
無期限延期を事実上認めている
のですから。

「もんじゅ」なんぞ開発のふり
をしているだけであり、技術的
に到底無理であることはわかり
きったことです。

莫大な税金の無駄使いです。

推進派が知らなかったとしたら、
笑いものですよ。

まやかしの検察コメントを一つ。先のニュースでは石川代議士を逮捕したのは自殺の恐れがあるからとの話になってたが、今度は逃亡の恐れがあったと。http://www.yomiuri.co.jp/feature/20100116-014762/news/20100117-OYT1T00029.htm
特捜部が手詰まり感を打開する狙いもあって関係先の捜索、石川代議士らの逮捕へと一気に突き進んだとは驚きだ。これは彼らの捜査能力の限界を証明している。都合が悪くなれば胸先三寸で逮捕でも何でもありと云うことか。これは昔の特高を彷彿させる。人権問題だ。決して許せる行為ではない!
彼らの入手する調書や証拠に信憑性は最早ない。

投稿者: 市民研 | 2010年1月17日 23:40 様

 プルサーマルと高速増殖炉と混同していませんか?

検察・・リークで「政治」する
    
マスコミ・・世論調査で「政治」する

「誰が政治をやっても同じ」は
本当に邪魔な政治家は
こいつらが「殺す」からだ。

こいつらの特権を奪わない限り
この状況は変わらない。

投稿者: 匿名 | 2010年1月17日 21:48さん

>日本テレビの調査
>鳩山内閣支持率45%、6%の急落
>小沢が説明責任果たしてない 91%
>91%の人が小沢の件は納得してないよ

なるほど、これだけ特捜と大手報道機関が必死になって反小沢キャンペーンをやっても45%の支持があるんですね。
説明責任についても、91%のうち36%くらいは支持してるんですから、いい加減な報道をするマスコミを黙らせるために、きちんと説明するべきだと思っている訳ですね。

支持率の低下は、小沢幹事長のせいではなくて、民主党内にいる自民党の指示で動いている議員に対する怒りもかなり入っているのでは?
せっかく自民党に鉄槌を下したのに、自民党から何か貰っているやつがいると。大臣なんかやらせとかないで、切れと。
これだけ必死になって、自民党の支持率は上がったんですか?

このシンポジウムの情報をmixiのニュースに日記でリンクしようとしたんですけど、何度試してもできません。

mixiって検閲があるんですかね?

スレッドの趣旨からは若干ずれますが、私には小沢一郎幹事長がモンテ・クリスト伯に思える時があります。
批判的な意味合いではなく、むしろ悪意により故なくして失脚させられた政界での父親の無念をこれから晴らそうとしているのだ。
それほどの強い信念、鉄の意志を感じさせます。
この強い信念と実力は多くの国会議員を巻き込み、やがて必ずや司法制度刷新を含む日本の構造改革を強力に推進していく原動力として機能してくれると確信しております。

さて、大久保秘書の政治資金規正法違反を巡る公判では、三月の検察側敗訴の気配が濃厚となってきたため、検察側はこの度の裏献金容疑での逮捕をもって訴因変更により公判の引き伸ばしを図る模様です。醜態を曝しているとしか言いようがありません。またこれは有ってはならない著しい人権侵害ではないのか。
検察お得意のフレームアップと拷問まがいの尋問により、如何な小沢秘書軍団と言えども転ばないとも限りません。
今だ取り調べの可視化が実現していない今、この三名を守るためにも関係各位には最善を尽くして頂きたいと思います。
それにしても、主権者国民の代表者であり、国権の最高の地位に有る石川衆議院議員の身柄を拘束しておいて当たり前の様な大きな顔をしている東京地検特捜部、それに拍手を送り追従する大マスコミの人々は一体これによりこの国をどうしたいのか、理解に苦しむ所です。

この件は「小沢VS検察」であって「国民VS検察」ではまったくない
党大会の後、テレビで森裕子議員が「検察をトップとする官僚機構と国民の代表である民主党政権との全面的な戦争です」と気勢を上げているのを見て、それはちょっと違うでしょ、とドン引きした国民は多いだろう
ネットを含む各種メディアの世論調査で支持率が低下しているのはそれを裏付けている
このサイトに集まるコアな民主支持層以外の国民は、けっこうシビアな目で見ていることをお忘れなく
お隣の韓国のように、政権におもねる警察・検察権力を望むのですか?それこそ民主主義・法治国家の姿ではありません。国民は新しい政治を望んだのであって、独裁政治を望んだのではありません

投稿者: 田中 | 2010年1月18日 01:56 様

『お隣の韓国のように、政権におもねる警察・検察権力・・・』
この部分は仰るとうりと思います。


しかし、私を含め『コアな民主支持層』の中でも特捜による報復を望むコメントはほんの一部だと思います。
『特捜解体』の意見も多いのですが、現実的ではないと私は思います。
初めての政権交代で、難しい問題だと思います。
より温和な政治に向かう様に努力しようではありませんか。
(小沢先生は過激ですね。)


投稿者: R | 2010年1月18日 01:38 様

小沢先生を『モンテ・クリスト伯』とすると
鈴木宗男氏も亀井氏も鳩山首相も、その他の民主党員も道具でしかない。
先生は若き志士達のエネルギーを利用して積年の思いを遂げようとしているのかも知れない。
先生のリベラル化も説明できる。
先生の不可解な部分が理解できる様な気がする。
自民党壊滅⇒旧特捜壊滅⇒米隷属脱却⇒東アジア共栄圏・・・・・全て辻褄が合う。
田中派vs(自民党+特捜+対米追随者)
危険と思う人がいて不思議ない。
木村三浩(一水会代表)の意見を聞きたい。

谷垣氏はNHK番組で、「首相と幹事長の周辺で次々と逮捕者が出るのは異様な事態だ」と指摘。

そんなこと、日本人皆が思っているんだよ。
検事総長を参考人に呼んで聞いてくれ。

石川知裕議員の元秘書?金沢敬氏の自民党での講演メモしらしき物が読んでみた。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/345922/

最も怪しげな人物が、『怪しげな石川議員等を失職させる為』として証言している。
逆恨み証言の部分を信用するのは難しい。
しかし、民主党は金にも人にも困っていた。
訳の判らない人物や金を短期に貸し借りしなければならない状態だったのではないか?。
小沢先生が1年生議員に徹底教育をする原因もそこに有るのではないだろうか。
私が献金し始めた頃、金沢敬氏の様な怪しげな人物の痕跡を見かけた。
特捜が民主党をだけを追い回す理由が無い訳ではない。
しかし、それらの怪しげな人と金が、
最も多量の安定した資金と鉄壁のガードを確保していた筈の陸山会を目指すだろうか。

平成22年度国会の朝、東京地検特捜部はそれら怪しげな、短期の小口金銭のやり取りと奮闘しているのだろ。
6年も前の話、正確な記憶がある訳がない。
献金の入り口の部分でない限り、
任意事情聴取応じてはいけない。

鳩山、民主党諸君、これは小沢と検察

の死闘ではない、新政権と検察の生きるか、死ぬかの戦いなのだ。

なぜ、民主党諸君、傍観してるのだ。

小沢を消しても、政権運営ができる?

もちろん、可能だ。表面上は。

民主党諸君、胸に手をあて、耳に聞こえる、歴史の大鼓動がきこえないのか。

眠れる国民を覚醒させ、子々孫々

日本国家の為、今、革命の扉を、死して開けるのだ。

今、小沢を死なしてはならないのだ。

臆病風に吹かれた、民主党諸君

立ち上がり、新民主主義の扉を開くのだ。

小沢を、検察からまもれ!

小沢を明智光秀からまもれ!


今日、狂った地検が理性を失い、

18日午前中、逮捕に動く、守れ!

我、死して、この革命を守りぬかん!

もはや魔女裁判と同じですね。告げ口によって魔女の疑いをかけられた人間に対して、おまえは魔女でないことを説明しろ!といっているのと同じですね。

説明責任、説明責任と騒いでいるクソバカマスゴミや野党の連中は何についてどう説明すれば納得するのか?

1.政治資金収支報告書の不記載は認めている。これ以上、何を説明すれば良いのか?

2.水谷建設からの裏金の授受は明確に否定している。双方の証言が食い違う場合、立証責任があるのは逮捕した検察。なぜ「水谷建設だけが」野党の「小沢氏側だけに」、「1億円もの裏金」を渡す必然性があったのか?また水谷建設はいつもこのような裏金を国会議員に渡していたのか?そうでないのであれば、なぜ今回だけ特別に裏金を渡したのか?検察の方こそ一切説明していない。また証言以外には具体的な証拠は何も示されていない。これもこれ以上何をどう説明すれば良いのか?

3.土地購入4億円の原資は小沢氏の蓄財であり、検察に銀行名・支店名をきちんと伝えて好きなだけ調べてくれと捜査に協力している。

それにも関わらず現職国会議員を含む3人も逮捕したのであるから、検察の方こそリークでは無く正式な記者会見を開いて、このお金の流れではここのこういう所が非常に怪しいから逮捕した、と説明する義務がある。それもなされていない段階で何をどう説明すれば良いのか?

あれだけクソバカマスゴミが大騒ぎして説明責任がなされていないとされた西松事件の公判では、検察側の証人さえもダミーという認識は無かったと証言している。また他の裁判では「天の声」という収賄容疑は裁判長が明確に否定している。私は日本国の最大の癌は、検察よりもクソバカマスゴミだと考えています。

辺見庸氏の語るところを一部紹介させていただく。「記憶と沈黙」2007年から。

「意識を搾取するために、ひたすら意識を誘導する」・・・・・
・・・・・・・・・・
「高度資本主義化下のマスメディア特にテレビメディアはその成り立ちからして予め身体深く病を持たされているのだと思う」・・・
・・・・・・・
「新しい時代の意識産業の底知れない実態に基づく、根源的で革命的なメディア論をいまわれわれは必要としている。本音を言うならば、広大無辺の無意識の海原を実力で破るようなメディア内部からの反乱がなければ希望はないと思う。メディアを撃て!」・
・・・・・・・・・
「もうクライム(犯罪)とスィン(罪)を同義のものとして語ってはならない。マスメディアは前者をあげつらい、後者を絶えず生成し、自らそれに塗れている。不可視の菌糸のように絡まりあう、深い罪業をこそ追い、表現しなければならない。さもなくば、不安の球根は目には見えなくとも膨らむばかりである。マスメディアはやはり、撃たれるべきだ」・・・・
・・・・・・・・・

上記コメント一部訂正です。

高度資本主義化下 → 高度資本主義下

朝の各局の番組見てまわりましたが、テレ朝だけが昨年からの検察のメンツの為の逮捕じゃないかといった論もコメンテーターや新聞記事で割と公平に取り上げていましたが・・・

他はNHK含めて大本営発表を聞いているかのような、本当にあきれるばかりに偏向した一方的な小沢バッシングのみでした。

マスゴミとよく言われますが、彼らだってそこまで馬鹿ではないから、わかった上で検察リーク垂れ流ししてるんでしょう。

今の検察が明らかにおかしい(自民党議員や秘書は一切逮捕も事情聴取もしない)事はわかっていながら、やはり最強の権力機関で「恣意的な逮捕が可能」な検察を敵に回すのは怖いのではないかと思います。

検察マンセーなどのキャスターもコメンテーターも、表情がこわばってますから

皆さんに単純な質問なんですけど、今に至っても、検察は小沢さんの逮捕状を取ってません。
これって、検察の’弱さ’の表れなんですか?
又、今日中の逮捕が出来ない、とすると、「検察の実質上の敗北」なんですか?
普段、法律とは縁遠い生活なのでいまいちわからないのですが・・・・・・・・・。

鳩山政権支持 45% -11%
鳩山政権不支持 42% +8%

小沢は説明不足 91%

小沢は辞任すべき 70%
そのうち議員もやめるべき 70%


これが冷静な国民の判断です。
まじめに国の将来を考えている国民は、小沢は必要ない人物と見切ったわけですね。

だって、何の理念も政策もなく、恫喝力で権力と金を集めることだけが得意ワザなんだもん。それりゃ、国民に見透かされるわ。


検察が金の流れを追うのはむりがある。税務署がやればいい。
罪に問うなら政治資金規正法のようなものより「脱税」は重罪!
一年もかかってまだもたつくのは能力のない証拠。

今朝駅のキオスクで週刊朝日を買い、上杉隆さんの『検察の狂気』を電車の中で読みました。考えれば考えるほど異常な捜査と報道です。地検では毎晩集まって、酒を酌み交わし、団結を誓い合っているとか。
家に帰ってテレビをつけると、コメンテーターが、鳩山さんは国民と小沢一郎と、どっちを向いているのか嘆かわしげな表情でいい、『朝日』の天声人語にも、「国民そっちのけの運命共同体」とある。
おまけつきで内閣支持率42%、小沢辞職要求67%。
この世論操作、誘導を何とかしなくていいのですか。
鳩山さんも記者会見をオープンにして、この捜査の異常性を指摘すべきではないのだろうか。小沢さんも党員に訴えるだけでなく、国民に向かって地検の無法を説明すべきです。
こんな風に際限なく一方の情報のみがまことしやかに垂れ流されるのを黙ってみている政府、とりわけ法相の存在感のなさにあきれます。『週刊朝日』の記事によれば、鈴木宗男議員の質問趣意書に対し、閣議決定された答弁書は、「検察においては(中略)捜査情報や捜査方針を外部に漏らすことはないものと承知している」というものだったとか。唖然としました。これでは小沢さんにいった「戦ってください」は、「ひとりで戦いなさい」ということなのだろうか。

>匿名 | 2010年1月18日 08:38

まじめに国の将来を考えている国民は、腐敗しきった金権政党・自民党とカルト教団・創価学会の公明党は必要ないと見切ったわけですね。

だって、何の理念も政策もなく、恫喝力で権力と金を集めることだけが得意ワザなんだもん。それりゃ、国民に見透かされるわ。

西松関係で自民議員は真っ黒だと国民が知っても、「ああやっぱり」としか思わなかったので、騒動になってないだけだしね。

当然そんな真っ黒な金権腐敗政党自民党の支持率は全く上がってないから。

ああそうそう、公明党が池田大作センセイに貢いでいる、「P献金」の問題とかどうなってるんでしょうか?

何の疑惑もないクリーンな現人神(笑)池田大作先生の国会承認関門期待してます。

マリアンヌさま

逮捕状の取れないのは犯罪の証拠が無いのです。
今、猛烈な尋問で3名の小沢秘書(元・前・現)自白させようとしています。
今日、逮捕状が出た場合は裁判所が不正な請求に応じた場合でしょう。(官邸もです)
国会会期中の場合は、誰かが落とされた場合になります。(当然、官邸もです)
今回の石川議員の逮捕はどう見ても官邸は逮捕に許可を出してます。
鳩山総理は見ての通りで腰が定まってませんが、官邸の方針は決定していると見てよいと思います。
どちらにしてもマスコミが変わらない限り、国会でしか状況は変えられないのが現状でしょう。
大久保秘書の公判がテレビでは報道されずにその日の夜に強制捜査があり、因果関係をマスコミは取り上げていないのですから、国民洗脳装置はフル稼働中ですが、逮捕理由は、石川議員は不明瞭でも可能だったが、さすがに小沢幹事長は二の足を踏んでいるのでしょう。

今日18日の報道では、すでに報道された泣きながら告白と
石川議員へのリーク報道がぶり返している。
さらに、石川議員の事務所から名刺などの隠蔽のための
持ち出しをリークしていたはずだが、今日はなぜか石川
議員の事務所から水谷建設の5千万円を渡した人間の名刺
が捜索の結果見つかったと報道している。
この強引な擦り合わせが何を意味するか?
すべて、検察の捏造とマスゴミの編集報道により
組み立てられたストーリーによると判断出来る。
そこにまた、天木直人氏のブログに、明日、日米同盟50周年
に合わせて日米共同宣言が発表されると言う。
国民は一切知らされていない。
官僚だけの協議で決定されると言う。
政治家も国民も知らされない重大国是が決められる。
恐ろしい日本官僚の暗黒政治となってきた。

済みません、行変など間違いました。
そのまま読んでくださいますようお願い
致します。

29日に発生した手順ミス

これが本来やろうとしてた手順 (収支報告書に記載されている内容)
---------------------------
①小沢氏4億円→陸山会へ預ける
④小沢氏が定期預金を組んで銀行から4億円の融資を得る
⑤融資された4億円を陸山会に貸し出す
②借りたお金で不動産の支払いを済ませる。 (これは05年に記載した)

手順ミスにより実際はこうなってしまった
---------------------------
①小沢氏4億円→陸山会へ貸し出す
②借りたお金で不動産の支払いを済ませる。 (これは05年に記載した)
③小沢氏に4億円を返済する。
④小沢氏が定期預金を組んで銀行から4億円の融資を得る
⑤融資された4億円を陸山会に貸し出す

これで現職の国会議員を逮捕するのか?
ちょっと私には理解できない。

民主党は「官僚政治を終わらせる」といってる。官僚はそうはさせないと抵抗している。今回の出来事はその凝縮された局面であり、民主党の党首が官僚の抵抗と闘うのはあたりまえだろうに、民主党議員にもそこの肝心要のポイントが理解できていない人間がいるようで、心許ない。
マスコミやもとの自民党御用評論家は当然抵抗勢力に味方するものと思われる。あの森田某という評論家もまったく的のはずれた解説を今朝のFMラジオでしていた。
平和ボケした日本の象徴のような今の世論の動向だと思うのだが・・・

新聞社&テレビ局に抗議の電話をしよう!

 私は朝日新聞をとっています。
一面トップに地検発表が載っています。
他の新聞も同じだと思います。
内容は完全に地検発表のみです。
抗議の内容は
①全ての段落の主語を『地検は/地検が』にする事
②述語を全て『と見ている/としている/と考えている』する事。
③表題に『地検発表』を加える事です。

執拗に抗議し続けましょう!!!
マスコミ監視隊を作ろう!!!

鳩山友愛(アマちゃん)総理

記者会見:マスコミ&官僚を配慮し非オープン
宮内庁長官、米国駐米大使:好き勝手発言の処分なし

友愛精神の本領発揮

そして、東京地検も何をやっても大丈夫だと安心して大暴走
マスコミ追随

舐められっぱなしです

不良にターゲットにされた優等生のよう
意気地が無く、文句を言えず、好き勝手にされてます

本気で闘う気持ちを出さなければ誰も付いて行かなくなるでしょう

マリアンヌ様

 私も、あらいぐま様と粗同意見です。
違う所は
①小沢先生と石川議員議員では、重さが違う、正式に抗議している小沢幹事長を別件逮捕して、立件できなければ、特捜だけの問題では済みません。
検察自体が責任を問われます。
新撰組化しているのが特捜だけであり、東京地検の中でも少しは浮いた状態にあるのでは???と勘繰っています。

②石川議員への逮捕状の許諾ですが、鳩山氏が見捨てたのではないと思います。
寧ろ、小沢氏から『大久保・石川・池田は筋金入りに鍛えてある。そう簡単に落ちやしない。』とでも言われているにでは???っと勘繰っています。

③小沢氏は相手の反則を待っている様な所が有ります。
羽毛田氏に対する抗議や、韓国の国民大学での講演など、戦略のない敵を平原に誘い出しているのでは???と勘繰っています。

匿名 | 2010年1月18日 08:38様

世論調査は設問・切り口でかなりかわりますよね。

ためしに、

①検察(捜査手法も含め)を支持できるか?
②現職議員逮捕は妥当か?
③検察は捜査情報をリークしていると思うか?
④検察の捜査に政治的意図を感じるか?
⑤マスコミの報道は信頼できると思うか?
⑥マスコミは公平な報道をしているか?


…なんて設問も是非設けて欲しいね。

思ったより内閣支持率が下がらなくて良かったです。
この国の国民もさすがに異常事態に気づき始めているということですね。

これだけの攻撃を受けて40%を割っていないのであれば、もうネガキャンでは支持率は下がらないでしょう。

検察リークに乗っかり世論誘導に必死のマスゴミ。
検察ファッショ・暴走に不信感が募るばかり。

避けて通れない茨の道

昨年の総選挙で国民が勝利した時は誰もがこれで国民主権の政府が、そして「無血革命」だと喜び胸をなでおろした。しかし「暴虐の嵐」」にさらされて「無血革命」どころか、二重権力状態の不分明な「国家権力」の攻撃に疑心暗鬼になり始めている。さらに、原口氏の「クロスオーナーシップの禁止」発言が無視されているように、あるいは民主党党大会の会場に押し寄せた右翼集団のように、「闇の勢力」の蠢動が既に開始されている。更に「外国人参政権」のテーマになれば、右翼・国粋主義者どもの更に熾烈な攻撃が展開されることは必死である。マスゴミ、右翼団体の妨害活動の嵐の中で、真に「革命」というか民主主義国家を樹立するためには、今以上に強固なる信念に基づく行動、そして組織的な戦いが繰り広げられねばならない。

 さてそういう覚悟があるのかないのか。

 とはいえ、総選挙の前にも同じような反民主党キャンペーンやら、「世論調査」なる恣意的な世論誘導にも関わらず、圧倒的な国民の支持を得て、民主党政権は誕生したのである。
そして今、3000万の国民が支持する民主党が党大会において正式に検察との全面戦争を宣言したのである。国民の選挙という審査を受けることもなく、戦後体制の60年余りに渡って日本国民を支配してきた「国家権力」の姿が次第次第に明らかになり、国民の選択に異議を唱える勢力によるこうしたクーデターかアンシャンレジームみたいなものに、いつまでも騙されるほど国民はバカではない。バカでいてはならない筆頭は民主党議員たちであり、「戦う民主党」としての真価が問われる。

 さてビビリまくりのノラクロ鳩山はどうするのか。革命第二幕に向けて、しし心中の虫は誰なのか、いよいよあぶり出しのお膳立てが整い始めている。
 「暴虐の嵐」は益々熾烈を極めるのを覚悟で、対峙する気概が勝つときのみ、真の「革命」は成就される。おそらく「無血」では終わらない気がする。

<小沢応援団>
以下アドレスは、小沢応援団(会費無料)の入会窓口です。
小沢氏を応援したいという意思をお持ちの方、検察に怒り治まらぬ貴方、お金はいりませんので、ネットからの入力だけです。
ご参加をお願いします。
また、ご友人などにもお勧め頂ければ、なお幸いです。
https://www.ozawa-ichiro.jp/support/ouendan/mail.cgi

阿修羅拍手ランキングに三井環さんの「裏金」公演に関する投稿が掲載されていますので、よろしかったらご一読ください。今回の一連の事件の背景を考えるうえで、参考になると思います。
http://www.asyura2.com/10/senkyo77/msg/800.html

そういえば、いきなりの強制捜査が行われる前日、小泉が谷垣に対して、どんどん責めろ、ってハッパをかけたっていうようなニュースが出ていました。
ついでに、民族派右翼「一水会」の検察批判もどうぞ。
http://ameblo.jp/issuikai/entry-10435669549.html  

10時からの国会がまだ開かれていないのが気になります。
何かあったんでしょうか・・・

楽天カードをお持ちの方でしたら
下記から小沢さんにネット献金できます。
ちなみに私は私の選挙区の先生にしか献金していません。

https://www.ozawa-ichiro.jp/support/rikuzankai.htm

「リクルート事件・江副浩正の真実」を読んだが、これを読むと東京地検特捜部が半ば拷問のような尋問で、いかに巧妙に誘導尋問をして取調べを行い罪をでっち上げて、リクルート(江副さんの会社)と江副さんの人生をめちゃめちゃにしてしまい、当時の日本の政界をも大混乱に陥れたのかがわかります。

今は民主党小沢幹事長と東京地検特捜部とそれにタッグを組んだマスメディアとの三つ巴の戦いになっているだけに見えるけれど、実際は自民党時代に政・官・業が、既得権益まみれのずぶずぶの状態で、それぞれがお互いに甘い汁を吸い続けていた仕組みを改革するべく、根本から変えようとしている新政権に対し前政権に戻りたい官・業がスクラムを組んで昨夏選挙によって国民が選んだ新政権を陥れようとしている姿だ。

これは民主主義の「先進国」の中ではあり得ない恥ずべき事態であって単に小沢一郎が好きか嫌いか、自民党支持か民主党支持かの問題じゃない。
日本がいかに民主主義国家としては発展途上国であるかということがよく出ている。
このままでは民主主義国家だなんて絵に描いた餅になってしまうだけ。
一体この先日本はどうなってしまうんだろうか。

>外国の検察の権力の違いを知りたい・・・

民主党で公務員制度改革、国会改革など官僚の天下りを含めて政治に、行政に大ナタが入る事を期待していたが、小沢問題でペースダウンしたのは厳しく残念だ。日本の政治家がとりわけ自民党を中心とする政治献金にまつわる金権政治の裏世界は、多くの政治家が黒に染まっていたのは事実である。今更小沢の脇の甘さを嘆いても遅いが参議院選挙への勢いが削がれたのは現実です。

・国民にとって小沢と地検の権力しのぎあいは所詮関係ない話であるが、政治主導の改革が遅れた。
・ガサ入れ報道に始まる地検の、メディヤへの情報リークのゲスなやり方には怒りを感じるが国民が反抗する手段がない。
・ワイドショウ化した報道は反小沢と鳩山の支持率低下に大きく影響する。
・何回も映されてTVで繰り返される小沢画像報道は国民にマイナス印象を与えている。
・関係者から取材云々報道たぐい・・検察の会見無しの捜査手順は国民の検察への反発を上手くかわしている。
・小沢を応援したいのはやまやまだが検察優位に進行している。口惜しいが官僚の知恵は組織化されている。

・自民残党と既得権益ゴロのメディヤが検察と結びついている背景は、簡単に見えないし見せない。過去の自民、官僚政治をいっきに葬りたいのだが情報が左右から提供されないと国民支持率が落ちていくのは当然である。

見ると聞くとますます憂鬱になるので他力本願で宇宙
人鳩山総理の大胆な行動に何かを?期待したい?
小沢に始まり小沢で終わっていくとしたら権力が
一箇所に集中すると改革は、政治はモロイことだと思う。

日本の検察は傾いて偏向している? 
官僚は自分達だけの価値・世界観を持つ宇宙人ですか?
分からん・・・・・
過去はかこで今現在・・・・
反小沢は国民利益からそれて外れていると思います。

皆さん、これは去年と
全く同じ状況です。

大久保タイホ→小沢辞任→
衆議院圧勝→小沢復権

石川タイホ→幹事長辞任?
(してほしくないけど)
→参議院圧勝→小沢復権

ここまでの
シナリオを描ける人です!
小沢さんは。
このシナリオも
熱狂的な応援あってこそ。
応援しましょう☆

一人の国家議員を逮捕して、検察はその容疑の説明記者会見さえしない。国民から選ばれた、正に国民の代表である石川氏を当事者の国会議員はどのように思っているのか?
せめて検察へ、今回の逮捕の容疑、経過説明を、『表でしろ』と、法務大臣は促すベキではないだろうか。政権の中枢にいる法務大臣の声が全く聞こえてこない。仕事をしているのか?
『表で説明しろ、記者会見ぐらいしろ』そのぐらいの仕事はしてもらわなくちゃ、連立政権にいる存在価値もないのではと思う。

旧体制の残党がしかけてくる攻撃に、連立政権と私たち国民対抗するには、情報の公開しかないと思う。

民主党は両院議員総会でもいい、完全に議論を公開して欲しい。
記者クラブを廃止し、記者会見を完全に公開すべきである。
民主党、社民党、国民新党のホームページに画像を公開する、あるいはネットでリアルタイムに公開して欲しい。
取り調べの可視化に向けての法律を緊急に上程すべきである。

本日のシンポジウムは絶対マスコミは公開しないであろうが、有志は各ブログ・ツイッターにリンクを張ろう。
情報公開で世論誘導に対抗しよう。

あらいぐま様、とーくめい様、大変詳しく教えて頂きどうもありがとうございました。
国会がもうすぐ開催されるけれど、それまでに「強制捜査」が行わなければいいですね。それと「逮捕状」が出なければいいですね。

上にも書き込みましたが、興味深い本なので、URLではなくここに題名を出して置きます。
山岡淳一郎著「田中角栄 封じられた資源戦略」(草思社)
という本です。
皆さんがこれはいいと紹介している「リクルート事件・江副浩正の真実」と同じくらい重要な本「だと思います。
昨日の夜、1月22日号「週刊朝日」を読み返していて気づいた事なんですが、書評欄で紹介されていました。
田中角栄氏、日本独自の資源外交をしようとしたのですが、米国の国益とぶつかってロッキード事件でつぶされていく様を描いたものだそうです。
田中角栄氏の系統である小沢さんや鈴木宗男さんなどは、アメリカの国益をぶつかる人物と見なされてしまったのでしょうか?私にはよくわかりませんですけど、この本、早速読んでみたいと思います。


あのS紙が、以下の記事を18日07:56の同時刻に二つ。
弁護団 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100118-00000032-san-soci
検察
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100118-00000030-san-soci
検察の手法は常軌を逸脱している。現政権を選択した多数の有権者が望む所ではない。

毎日テレビ出演しているレギュラーコメンテーターで、今回のメディア報道のあり方に明確な疑義を唱えたのは、スパモニの鳥越さん。今朝も一人奮闘されていました。応援します!

危機管理です


トラブルが生じた場合、自らが情報を提出しリードすることです

対策チームを立上げ、無用なデマを抑えることです

公式な会見(ネットで配信)を主導的に開催することです
会見以外から情報で出れば、検察のリークです
リークには守秘義務違反で警察等の公的機構を使いリークした検察官を合理的に取り締まることです

マスコミの根拠の無い報道(例、石川議員が自供した等)には、会見(ネットで配信)を開き弁護士を通じ抗議をし、公開の場で矛盾を指摘します


インターネットを公式の物とするのです
既存マスコミの弱体化が益々進むでしょう


危機管理の場合、
先手、先手を打つことです

小沢先生が判らない。
なぜこんな時期に外国人参政権発言や羽毛田氏へあのような反論をするのだろう。
諸賢様、解説願えないでしょうか

昨年の西松建設の献金疑惑が、何故、小沢幹事長に特化して、益々エスカレートしているのかは、概略理解しているつもりですが、シンポジュ―ムの生中継があるようですが、折角の貴重なシンポジュ―ムが開催されますので、これから出かけて、行ってまいります。政権交代の意義が再確認できればと思います。

山口七郎さま          お名前は存じていましたが、同世代の方と知り、お説にも共感し嬉しく拝聴いたしました。   当時は小生もご多分に漏れず軍国少年でした。 憧れの予科練(乙種)も僅か年齢足らず、 多少の縁故から陸幼を志願した経緯(合否を待たず終戦)があります。 三ッ子の魂百までとか。 この国が危ないときには、ひとりでも断固戦う気概はあります。     時代は変わり、平和ボケの日本人もネット情報の普及などで利口になっています。        昨年の西松事件以来の失地回復が目当てか、元旦からの大新聞、系列テレビ局の検察リークと思われる偏向報道は、戦中の大本営報道そっくりで民主党のみ一方的、不公正な誹謗中傷により世論を誤誘導する姿勢には反省のかけらもありません。小沢vs検察の対決とは、これこそ国民に対するまやかしで、正しくは 悪徳ペンタゴン対国民の構図であり民意による平成維新 新政府の転覆を企てる暴挙そのものです。           このところ、老人党掲示板見るのお休みしてましたが、1月11日からの書き込み急増でした。日ごろは温厚な皆さんの殆どの方は
[検察の陰謀とマスコミ腐敗]肯定派でしたよ。        念のため、冒頭の見出しをご覧ください。             叫べ!爺さん!! 怒れ!婆さん!! マスコミは"公権力の公平性を論じるべきなのに、一方的な報道に協力する姿勢は見苦しい"と。         今夜の緊急シンポジウムのご盛況を楽しみにしております。

小沢さんは検察に対して、国民の多くが注目している事案なので、「テレビ中継入りで聴取に応じます。」と逆提案すればいいと思います。密室ではクソバカマスゴミのせいで真実が捻じ曲げられて国民に伝わります。

西松事件の時も、彼らは散々「関係者の話によると」として、公共事業でさも収賄が行われていたかのような報道を毎日のようにしていました。しかし、起訴内容や裁判では一切具体的な事実は出ていません。国民をこれほどだましたのに一切責任をとらず、また同じような事を偉そうに述べています。彼らは日本のクズです。

「関係者によると」と検察リークばかり流し、小沢=悪者とイメージダウンの情報操作。
マスゴミ・カスゴミに社会の木鐸たる資格はない。
検察ファッショ、暴走は危険。気付いている国民も少なくありません。

--リーク報道からインサイダー報道へ--

あまりにも偏った報道、昨日のバンキシャでは小沢氏の発言(東京地検に銀行名を伝えた)を全く流さず、東京地検と対立する映像ばかりを放送して、4億円の元である自己預金を小沢氏が説明したことを報道しなかった。

もし、今回の記者クラブの報道が 「リーク報道」と定義せず、「インサイダー取引」と呼んだらどうだろうか?
呼び方を変えただけで、一気にマスコミの犯罪となりはしないだろうか?

「インサイダー取引(報道)」が許されるのだろうか?これが許されるのだったら、暗黒時代ではないだろうか?
2010年1月15日は インサイダー報道で マスコミと東京地検が談合して「1・15事件」として語り継がれるだろう。

北朝鮮より恐ろしい、日本の世論操作

ところで
高野さん、田中さん、の石川氏逮捕後のご意見がこのサイトでは聞こえて来ませんが、ショックで寝こんじゃったんですか?
そろそろ元気のいいこの件の論評をお願いいたします。

<国会が召集された>
よかった~。
とりあえず不逮捕特権が適用される。
国会を延長して、5~6月迄閉じないで、検察人事で大林更迭を基本に佐久間も閑職へ追いやって頂きたい。
やられたら、やり返せ!
右の頬を殴られて、黙って左の頬を差し出す事が無いように。
鳩山さんの胆力が試されている。

事実関係の推移はLedLine氏のものが冷静で説得力があると感じています。
問題になるのは、原資である4億のうちの1億の出所だけ。
不謹慎な事例だが、振り込み詐欺で数千万円の現金をだまし取られる人が結構いるのだから、小沢氏が1億のタンス預金をもっていてもなんら不思議ではない。
むしろ手元に流動性の高いお金がないと政治団体の運営はやってられないでしょう。
ましてや土地購入の予定があったのだから。
なぜ反撃しないのか、という意見も散見されますが、兵器の物量において検察側が圧倒的なのだから、すぐに反撃するのは有効ではない。
幸い、旧式兵器ばかりで威力も精度もひくく弾薬の残量も少なそうなので、ある程度時間が過ぎればほとんど兵器として意味をなさなくなるでしょう。
ただ、その間はすさまじい音量をあげるから最前線の兵の恐怖心は大きいし、場合によって弾があたるかもしれない。
でもそこをしのげば大丈夫。
十分敵を引きつけて隘路にひきいれそこで攻撃を加える。七面鳥撃ちの状態にすれば十分勝機がある。そう、真田昌幸が得意にした戦法。
兵が鍛えられ将を信頼していないと成立しない戦法ですが。

本当はね、不逮捕特権の後半部分、国会議決での石川氏奪還、までやるのが筋なのですがね。

とりあえず、小沢氏を会期中は逮捕できないのだから、会期中に対策法案を
次々と成立させることである。

敵は予算と法案成立を妨害するしかない。

昨日の『サンプロ』での討論を文字起こしして「Yoronz」に投稿いたしました。
お見逃しの方、確認されたい方はどうがお読み下さい。
http://www.the-journal.jp/contents/yoronz/2009/11/post_27.html

※尚、現在は掲載中ですが、著作権上の扱いから編集者の方で削除されるかも知れません。
それについては了解の上で投稿しております。


小沢さんサイド、およびシンポジウム・パネリストと『The Journal』&ビデオニュースに提言と提案です。

鈴木宗男新党大地代表も民主党大会で訴え、民主党でもマニフェストに掲載していた「取り調べの全面可視化」の先鞭をつける意味で、小沢さんが任意の事情聴取を受ける前提として、その様子を全て生中継でネット配信を求めてはどうでしょうか?

小沢さんも「全て公開~ディスクロージャー」を旨としており、そのひとつの実行形態となると思うのですが。

企業団体献金の廃止法案については、今国会での提出には小沢さんと亀井さんは消極的なようですが、社民党はやる気マンマンだとか。これについて共産党はどうなのでしょうか?共産党が法案提出すれば、民主党議員はマニフェストにあるわけだから賛成しないわけにいかないでしょうし、案外通ってしまうのではと思うのですが…。

今国会で企業団体献金が廃止されれば、自民党側のダメージは相当でしょうから、敵失を狙った攻撃どころではなくなるのではと思うのです。

<任意の事情聴取について>
小沢さんが師と仰いだ金丸元副総理は、検察から任意の事情聴取といわれ、検察を前にして秘書に「今日バレーボールの試合があるから、録画しておくようにいっとおいて」と語り、検察に「で、聞きたい事は何だね」と言った途端に逮捕された。
そのやり取りを知っている小沢さんが、国会召集前に軽々に聴取に応じる訳がないのである。
それが、判っていながら、TVで古株の評論家たちが、小沢さんは聴取に応じるべきなどと、良くいえたものだ。
鈴木宗男さんが、ムネオ日記で、自身の取調べについて書いているが、実質何の取調べもなった様です。
はじめから筋書きはできていて、宗男先生が懸命に無罪を主張し、
証拠も出してるのに、一切受け付けなかった。
要は、儀式に過ぎなかったそうです。

連日検察の都合の良いリークをマスコミが垂れ流し、検察の問題点は何も報道しない。
このような検察やマスコミに誘導された後での世論調査で支持率が下がったり、小沢辞任しろの結果が出るのは当たり前だと思います。
西松と時とまったく一緒のパターンですね。
西松裁判もそうですけど、無実になったら誰が責任をとるのでしょうか?
西松事件後に設置された政治資金問題の第三者委員会でメディアの問題点もかなり指摘されていましたよね?
あの時マスコミは何も学ばなかったのでしょうか。

4億の原資が本当に裏金だとしたら許せませんし、その事実が明らかになったら辞職は当然だと思います。
ただ、裏金の詳細も検察の本当かどうかもわからないリークだけでハッキリしてないのに新聞各社の報道はおかしいと思います。

今日鳥越氏がTVで紹介した
東京新聞の論説室から(長谷川幸洋筆)の一文を紹介いたします。
小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体『陸山会』の土地購入をめぐる疑惑事件が元秘書らへの強制捜査に発展した。私は取材現場の事情は知らない。ただ、読者として多くの記事を読む限り、正直言って『これはいったい、なんだ』という感じも抱いてきた。
なぜなら、当事者本人か捜査当局しか知り得ない情報がしばしば盛り込まれているからだ。ときには当事者が捜査当局に供述したとされる内容が報じられたりしている。
という事は、当事者が取材記者に話したか、或は当局が記者にリークしたのではないか。疑惑があるなら解明されなければならないのは当然である。現場で取材する記者の苦労は理解できるし、多としたい。
だが、結果的に当局の情報操作に手を貸す結果になっているとしたら、それもまた見逃せないのだ。
検察が公判請求し裁判になってからも、判決が報道された内容どころか起訴状の記載事実とさえ異なる場合はある。読み手としては、情報の出所にも注意を払わざるを得ない。
民主党と鳩山内閣は一連の報道でダメージを受けた。その結果、支持率も落ちるだろう。この疑惑は間違いなく、本日から始まる通常国会で焦点になる。
記事を書く側の一人として『本当に起きていることはなにか』という点に細心の注意を払って、今後の展開をウォッチしていきたい。おわり。
以上になります。

石川議員の弁護団が、取調べの全面可視化、取調べ時間、黙秘権の尊重等を求めることを検察法務省に要求したそうです。小沢幹事長も全面的に取調べを可視化し、国民に全てを明らかにするという条件で出頭に応ずることを表明すれば良いのではと思います。民主党にとっても、取調べの可視化はテーマであったはずです。これは一つの大きな武器ではないでしょうか。

右の頬を殴られたら,左の頬を差し出せ,という教えは、田川建三氏の『イエスという男』(三一書房)における解釈では,当時の権力に対して,無力で手も足も出せなかった抵抗できない大衆の,抗議の意志を示す唯一のぎりぎりいっぱいの反抗の姿勢だったそうです。

手や足を出せとは言いません。リークに対する告訴や正当な人事権の行使で,反撃に出てもらいたいものです。何もできなくて,残念です。

国会召集により、検察の第一次攻撃(逮捕)は一旦終了
マスコミへのリークは続け、イメージ戦略は続行し続けるだろ

そもそも、民主党の政策が嫌いで始まった官僚の攻撃
国会で天下り防止等の政策をどんどん進め、人事も刷新していくべきだ

マスコミは大騒ぎが大好きなので、前政権や官僚の腐敗等の餌を与えおけば好いのです

官僚に負けずマスコミを使いこなさなければならない

恵美様へ

今日は何故か、老父母の’介護’(まだ二本足で立って歩けてまだ意識もしっかりしているのですが、この1年ばかり急激に世話が焼ける状態になりつつあります)をそこそこにしてPCの前に張り付いております。(苦笑)

さて、こういう金丸信さんの扱い一つとっても、検察が今まで基本的人権を無視する形で任意事情聴取・逮捕・取調べ・拘留をやってきた「報い」を受けているのではないでしょうか?
でもびっくりです。
ほとんど’騙し’に近い状態で、任意事情聴取を金丸信さんに持ちかけたんですか?初耳です。これは酷いですね。
今年になってから、植草一秀さん・ムネオさん・ホリエモンさんなどが、相次いで検察の実態を表に出してきていますね。こういう事態が、少なくともネット上で続いたら、検察はどういう動きをするのでしょうか?
通常国会の会期、どうなるのでしょうか?参議院選挙まで引き伸ばすとか、そういう考え、山岡さんにあるのでしょうか?選挙まで引き伸ばしたら、小沢さん、選挙の指揮、直接取れますよね。
本当に毎日見逃せません。
でも、恵美さん、私も最近、地上波をほとんど見なくなりました。と言っても、BS・CS放送も余り見ません。見るのは、英国のBBCWORLDNEWSだけです。これを見て、世界と日本の政治を比較しているんです。こえれを見ていると、自民党政治家の’知的’レベルでは、この21世紀の激動する世界には到底追いついていけない事がますますはっきりしてくるのです。
民主党政治家の「教養深く」「洞察力溢れた討論能力」など、どれも自民党政治家に無い能力だからです。
欧米・アジア全般(中韓・インド・アラブ)・アフリカ・中南米の’真の’エスラブリッシュメントに太刀打ちできるのは民主党政治家でないと駄目だ、という気持ちが日に日に強くなっていっているのです。

ハレー彗星 | 2010年1月18日 00:20さん

勘違い、冗談も休み休みに願いたい。まさかプルサーマルが本来の核燃料サイクルとでも。

プルサーマルは形式的には核燃料サイクルもどきかもしれないが、所詮、頑張ったところでウラン資源の節約効果など高々1-2割に過ぎない。この節約のために、効果の見えぬ莫大な費用もさることながら、国民はいかなる膨大なリスクを背負わされているか考えてもらいたい。プルサーマルは高速増殖炉と比較してメリットは殆どない。本来の核燃料サイクルとは高速増殖炉と再処理を活用して行われるものである。

高速増殖炉計画は理論上の絵に描いた餅に過ぎず、実験的には高速増殖炉を利用した核燃料サイクルはすでに世界各国で破綻しており、そこで、たまり続けるプルトニウムをどうにかして費消しなければということで、出てきた苦し紛れの泥縄の策がプルサーマルである。

そもそも使用済み核燃料を搭載したトラックが一般道を走ること等、論外であろう。この危険性の他にも安全性に関する重大な問題点が存在している。

どこが、核燃料サイクル推進の根拠というのだ。

本板は現在の検察、官僚、メディアの問題であり、大分かけ離れているので、これ以上の議論は別のスレで行いたいものだ。

日経ビジネスアンケートです。ご協力お願いします☆

http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100117/212247/?bvr

敬愛する【恵美さま】へ

貴女さま同様、国会が始まって良かったと思っています。

法務省の人事ですが、今日の新聞(朝日)に【法務省人事(18日)】で、かなりの検察官の移動人事が載っています。
これがいつ決まったか知りませんが、伝えられる原口総務大臣の≪事務次官の更迭人事≫のように、所管大臣が黙って人事を断行すれば良いのです。

理由なんて、記者会見で述べる必要はありません。所管大臣が、自分の意に反する部下がいれば、それを更迭するのは当然です。役所でも会社でも、組織の長が≪自分の部下が不満≫なら、更迭するのは当然です。

法務省人事だって、法務大臣には検察官移動の権限があると思います。それとも、検察官だけは法務大臣に権限がなくて、検察官僚トップの決定に従わなくてはならないのでしょうか。そんなことは絶対ないと思いますが。

政権による司法介入などと、大げさに言われなくても、今日の新聞に載っているように、黙って移動させれば良いのです。

原口総務大臣に出来て、千葉景子法務大臣が出来ないはずがありません。

em5467-2こと恵美 様へ

国会が無事に開会されて良かったですね、私も一安心しております。

ところで鳩山総理の胆力も大事ですが、恵美様の胆力にも期待している一人です。

今こそご活躍の時ですよ。

平沼赳夫元経済産業相(衆院岡山3区)が岡山市で17日に開かれた後援会パーティーのあいさつで、政府の事業仕分けで注目された民主党の蓮舫参院議員について「言いたくないけれども、もともと日本人じゃない。帰化して国会議員になって事業仕分けでそんなことを言っている」2010/01/18 13:42 【共同通信】

さぁ、剥き出しの日本人のエゴ、が始まったようですね。
「もともと米国人じゃない」、と移民や黒人達を米国で発言してみたらどうなることか、こういう不見識がまかりとってきたのが旧政権です。

安倍晋三氏にして、岸信介氏が親戚であり、平沼赳夫氏にして、騏一郎氏が親戚である、と言う事でしょうか。
以下のURL参照;
http://hiroseto.exblog.jp/11978030

戦後の政界は、戦前の体制の御陰で、大きな犠牲を払ったにも関わらず、我々日本人が元「権力者」の責任を不問にしたばかりか、そのまま「その体制」を潜り込ませ、彼等の親戚まで、「65年前と何も変わらぬ」思想を持って、政界に居る「異常な」事態です。

彼等にとっては、日本の国民の幸福はどうでも良く、「戦前の既得権」が守られれば、「米国の要求」を受け入れる事を、「倫理に反する」事であっても、罪と思っていないと言っても、過言では無いでしょう。

東久邇宮稔彦氏の「一億総懺悔」、「もはや戦後では無い」、
中曽根康弘氏の「戦後政治の総決算」・・・。我々はシベリア抑留から帰還した人々を、今日に至るまで共産主義によって、「洗脳」されたとして冷遇して来ましたが、我々は結局戦後に成っても「戦前の体制」によって「洗脳」されて来たのでは、と思います。

その為、日本の公立学校では「時間切れ」を理由に、日露戦争以降の日本の歴史を勉強する事を「生徒任せ」にしていましたが、実際は「政府が意図的」に教えず、「戦争を知っている人々」が居なくなったのを見計らって、「戦争の正当化」を図ったのでは、と勘繰ってしまいます。

しかし、「当時を知る指導者」は鬼籍に入っている筈なのに、誰が一体そんな事を「伝え続けて」いるのか、そこが謎です・・・。

政権は代わりました。しかし、我々は「戦後」どころか、「戦前」の総括を済ませていない事が、「今回の事態」で露に成りました。

以下のURL参照;
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/ronsetu/CK2010011802000087.html

「当時の指導者」はもう居ません。しかし、僅かながら、シベリア抑留者(「不毛地帯」で話の冒頭に出ていますが、その後の「商社」に繋がる意味が今の所、伝わって来ませんが)や、アジア等からの「引き揚げ」者、東京大空襲を始めとする「空襲被害者」は現在も居ます。

彼等の証言は貴重です。時間は有りませんが、「彼等の声」を生かす事が、「せめてもの」罪滅ぼしだと思います。

これが「最後の機会」です。

<石川議員逮捕の真相は?>

いままでのマスコミの報道は散発的、情緒的な記事が多く何が問題の本質なのか分かりにくかったが、昨日のサンプロでの専門家の意見を聞いて、次のようなことが認識できた。

1)検察側の筋書き
陸山会の不動産購入資金の政治資金収支報告書への記載については過少記載(4億円の支出に対し3億5千万円の収入)があり、これは小沢氏側も(5千万円の)記載漏れを認めているので有罪である。しかしこれだけでは(会計責任者の大久保秘書の)微罪でおわるため、検察のやりすぎという批判は免れない。

そこで検察は、この資金に水谷建設からの(胆沢ダムに関連した)献金一億円のうちの5千万円が入っていることを立証することで記載漏れの悪質性を証明しようとしている。なお小沢氏は野党であったため職務権限が無いのでの贈収賄に関する起訴はできない。また斡旋利得についても水谷建設側から斡旋してもらったという証言も出ていないので起訴は難しいだろう。

2)小沢氏側の対応
一方、小沢氏の元秘書の石川議員は水谷建設からの5千万円の授受を否定し、不動産購入資金は小沢幹事長の預金口座から支払ったと主張している。また小沢幹事長も「預金通帳のお金は、自分が積み立ててきたもので不法な金の流入は無い」と「献金授受」について間接的に否定している。

公私を峻別する小沢幹事長の性格や、すでに預金通帳を検察に提出済みという経緯から、預金通帳に献金が流入していた可能性は低いし証明も難しい。むしろ宗像元検事は「検察が逮捕や強制捜査に踏み切ったということは、何時、何処で、誰が金銭授受をやったかという証拠を既に押さえている」のではないか述べている。

一方、郷原元検事は、もしそうなら、そのように発表すれば良いのに、単なる記載漏れでの逮捕となっているのはおかしいと反論していた。いずれにしろ鹿島建設ー>水谷建設ー>石川議員への金の流れがあったのかどうかが唯一の論点になっているが、もし水谷建設が鹿島からの献金をピンはねして小沢氏側に渡していなかったら検察側の完敗である。

また仮に水谷建設が石川元秘書に5000万円の献金を渡し、石川元秘書が何らかの理由で政治資金報告書に記載していなかった場合には検察は悪質性が高いと判断し会計責任者の大久保秘書を虚偽記載で起訴するだろう。しかしこれだけの大騒ぎをした結果としては検察のやりすぎという批判も出る可能性はある。

3)検察の狙い
ところで自民党のベテラン議員であればこんな事はよりもっと悪質なこと(国民政治協会を通じた迂回献金)をやっていることは検察もよく分かっている。今回このように小沢氏を狙い撃ちした検察の狙いは小沢氏の議員辞職で検察介入阻止を狙ったことはまず間違いない。しかし虚偽記載程度で小沢氏の政治生命が絶たれるとは思えず、検察は小沢氏のしっぺ返しを覚悟しなければならないだろう。

ヤメ検弁護士、落合洋司さんのTwitterです。
http://twitter.com/yjochi
郷原さんのように客観的にみれる検察OBも沢山いるのかも?
こういった方々がどんどん発言すれば腐りきった検察も少しは良くなるかもしれませんね。

はじめまして。

先ほど朝日新聞の勧誘員が来真下。「新聞どこ取ってますか?朝日ですがいかがですか」などと、いとも明るく話しかけてくるモンで、思わず「はぁ~?!!」とワタクシ。

いやあ、勧誘員に罪はないのだろうけども、よくもここまで国民を愚弄した垂れ流し報道をし続けてくれて、一体どの面下げて新聞取ってくださいなんて言えるんだ、このドアホ!と思わずアドレナリンが大放出。「ざぁけろ~!!今不買運動真っ最中だ~!」と、早々と帰って頂きました。

「朝日」と言えば、その昔は、あのバカ新聞社で有名な「読売」や「産経」などとは少しは違うリベラルさがウリだったような記憶もありますが、特に昨年3月からの報道を見る限り、それまでその姿勢はタダの“ガス抜き役”に過ぎなかったことが分かり、罪は更に重いと感じております。その意味では「共産党」も全く同じ役割だったのですね。(恥ずかしながらワタクシ、両組織とも、少しは信じていた時期がありました)

小沢さん事件おかげで、世の中の仕組みがよ~く理解できました。逆に言えば、私のような無学なモノにもハッキリ分かってしまうほどお粗末な構造だったということでしょう。

例えば二階氏の件ですが、検察審査会で「起訴を相当とする」決定が幾度か出ましたが、あそこまで堂々とスルーしてしまっては子供にだって、コレは何か変だ?ってことがわかるというもの。あそこで二階が人身御供になっていれば、今の検察の立場は全然変わっていたと思う。(でなくて良かったのだけども)これだけ稚拙なやり方が通ってしまうと信じていること自体、いかに検察が国民を舐めているかが良く分かります。“国民のための正義”なんてこれっぽちも考える輩ではないでしょう。

この事件をきっかけに本当に良い世の中が出来上がることを祈ります。

私にできること=恵美さんい着いていきます!

みなさん報道に不満があるならここで書いてる内容をTV局や新聞社にぜひ意見しましょう。

報道ステーションhttp://www.tv-asahi.co.jp/hst/opinion/form.html

特捜佐久間もマスコミも頭が悪い、やりすぎると、小沢がいったん辞めて菅が総理になって夏の選挙を迎えることになる。
 その時期は予算成立のめどがったた頃であろう。小沢退任で、ガラッと、世論の雰囲気が変わり去年の選挙の再現となる。
 もし、佐久間やマスコミの頭が帽子の台でなければ、小沢や鳩山で参院選を迎えることを考える。
 小沢さんはは、自分が取り調べられる万一の可能性を考えて、捜査の完全可視化を成立させておくべきだ。
 ま、検察マスコミは犬猫ほどの学習能力もないのかもしれない。
その証拠に、自民の官僚下僕政権があっても、権力総動員しても政権交代できなかった。あらゆる権力リソースを行使できながら、ぼろ負けしていることは、いかに頭脳が悪いかという証左である。
 本当に頭の良いのは、菅や鳩山のように微分方程式や数学演習で徹底的に右脳を鍛えている優秀な理系である。一連の特捜のばか丸出しのやり口を見ていると、参院選は民主圧勝とみる。

政治資金規正法違反=法律違反
検察リーク(守秘義務違反)=法律違反
片方は説明責任だ、何だカンダとマスゴミ一斉攻撃。
片や、守秘義務違反を利用して新聞一面トップ記事。テレビニュースはトップ報道。
両方悪いと糾弾するなら、多少理解できるが、完全に片手落ち。
ネットをやらない民衆はテレビ、新聞を完全に信用している。
クロスオーナーシップ禁止や、公務員制度改革への最後の抵抗を、検察、マスゴミ巨塔一致でやっている。
ネットをやる人間も、結局テレビや新聞を見て踊らされている。
俺は新聞もテレビニュースも信用していないから、見ないし購読しない。
不買運動や見ない運動すれば、速攻でマスゴミなんて干上がるのにね。
皆さん、せっせとマスゴミ共にお布施を払ってる。
典型的なマッチポンプで、マスゴミ大喜び。
残念!!

えくすかりばーさん、余談ですけと郷原氏も理系出身ですよ。(東大理学部・地質学卒)。

<予測不能 予断許さず>

しかし国会閉会後、検察は小沢氏を逮捕する可能性もあるのです。
 
小沢潰しは、民主党の骨抜き強いては民主党つぶしを図っていますが、やはり旧来の既得権者の総攻撃を受けています。

法務大臣の権限は検事総長に指示するに留まっているようで、検察官に直接指示する権限がない。公務員守秘義務違反で粛々と左遷なり首にして、官僚に見せ付けてほしいです。小沢氏の件で指揮権の発動は難しく、いっそ国民政治協会の捜査を指揮権を発動し徹底捜査をさせてもらいたい。

霞ヶ関官僚のトップは、最高検察庁の検事総長です。これは検察官にしか資格がありません。検察官は各国の大使なども経て、最高位の認証官を得た検事総長に君臨するのです。アメリカの息の罹った検察に天皇より認証官の権威を与えられる事は腹立たしい限りです。

そしてこの東京地検特捜部が本丸霞ヶ関を易々と無血開場させまいと鳩山政府、民主党政権を官僚国家転覆の反乱軍と見ています。

それだけでなく東京地検特捜部のバックにアメリカのCIA、さらにロックフェラー財団の関係。
ロックフェラー系フリーメーソンの関心は普天間基地の移設問題とその利権の行使であり、自民党政権時代の日米合意の実行に難色を示している事に圧力をかけている。アメリカの軍事戦略、政治戦略の一環とも囁かれています。

そしてそれを阻む原因者を小沢一郎と断定し、官僚支配システムを根本から変革し日本を変革しようとする改革者小沢一郎を、あらゆる旧来の既得権者と民主党の反小沢派が「何でも小沢のせい」で抹殺しようとしています。

YouTubeに亀井静香氏の演説がアップされています。亀井氏は、最近の日本人はいくらやられても怒らないで権力者にする寄って行くと嘆いています。聴いてみてください。
1/2、2/2 です。
h ttp://www.youtube.com/watch?v=qb2CGMzUOUw 
h ttp://www.youtube.com/watch?v=8UPOlCzdd6k 

現在のこの政治状況を非常に危惧している有志は多いと思う。

そこで提案なのだが、現在のマスコミ・検察の動きに抗議するまとめのサイトを立ち上げるのはどうであろうか。
皆さんいろいろなサイト、ブログをお気に入り等に登録し議論を読み込んでいると思うが、一つのサイトを入り口にアクセスすることでできれば、と思う。
その意味ではこのサイトや阿修羅掲示板は有用なのだろうが、誰もがそこをみればネット上の重要な論説に触れることができ、またネットで視聴できる記者会見の情報であるとか、シンポジウムの情報であるとか、行動の呼びかけ等が載るまとめのサイトがあれば、と思う。
そしてそのサイトを支持する方々のブログ/ツイッター等の一覧がずらっと並ぶとかは、どうであろう。

私自身その様なことができる技量が無く、提案だけで申しわけ無いのであるが。

<皆様>
暖かい言葉や励まし、叱咤のお言葉も含めありがとうございます。
持病の十二指腸潰瘍の痛みが治まるとともに気持ちも方も大分おちついてきました。
いろいろゴメンナサイm(_ _)m
さて、またまた山口ダメだめ編集長にかわり、PRをします。
本日発売の週刊朝日は上杉隆氏の署名原稿「検察の狂気」がメインです。
原稿の内容は、このサイトで私みたいに知恵熱を出しちゃっている
人たちにとっては、少々物足りないかもしれないが、一般週刊誌としては、十分がんばっている。
逆に上杉さん、山口さん、大丈夫?
と心配になってしまう。
今朝発売にもかかわらず、午後2時に書店に買いにいったら残り一冊でした。
売れています。となりには、週刊現代と週刊ポストが山積で売れ残っています。
結局、横並びで予定調和的なものは売れず、週刊朝日の様に「他媒体との違い」を明快に打ち出せば売れるのです。
週刊朝日はこれで二週連続で反検察大特集です。
お金に余裕のある方、余裕はないが、缶ビールを一本我慢しちゃおうかな?と思える人は、ぜひ、山口編集長への応援の意味でも買ってあげてくてださい。
最後に上杉氏の記事の締めの言葉だけ紹介します。
「新聞・テレビに小沢の悪性情報が溢れる一方、ネット上のブログやツイッターでは、一斉に検察批判が溢れ出した。検察が正義であった時代が終わろうとしている」。

異常な報道をすればするほど
酷い捜査をすればするほど
あんた達自身の改革のスピードが
早くなっていく。
何故気付かないのかな~?
まあ好きにするがいい。
民主党議員さん
「何を改革すべきか」
しっかり頭に叩き込んで
おきましょう♪

みなさんすみません、これスレ違いなんで無視して下さい・・・

@市民研さんへ
ぼくの※は
佐藤元知事の問題と原子力は関係なさそうだよ、
という主旨だったので
市民研さんのご反論はスルーしてたんですが、
さすがに上の文章はちょと・・・

高速増殖炉(FBR)抜きに核燃料サイクルはありえない、
プルサーマルは費用対効果の点で全然ダメ、
というご指摘は、まったく正しいと思います
ですが、
FBR研究が破綻している、という指摘は事実誤認です
たしかにぼくは政治「現場」をよく知りませんが
市民研さんの見方は、あまりに政治的だと思います

FBRは戦後直後にE・フェルミが提唱した
原子力利用で最も効率のよい炉です
この炉を使えば
あと数十年分しかないウラン埋蔵年数の制約を
数百年単位で広げることができ、
しかも
原子力利用の最大のネックである
高レベル廃棄物の量も減らせる、というメリットがあります

しかし、技術上の困難と開発コストの高さのため、
つい最近まで
日本とフランスを除いた諸先進国は
研究から撤退していた、という事情がありました

ま、巨大科学仲間のスペースシャトルと同じです
今の段階でも
動かすだけならなんとかなるのですが、
実用化(商業化)レベルにするには
技術的困難をのりこえる開発コストがあまりに高く、
そのため撤退される羽目になったのですよ

スペースシャトルは技術的に未熟で問題も沢山ありました
でも、技術的に破綻している、
という指摘は、フツー誰もしません
開発コスト的に破綻しただけです
同じ事が、FBR研究にも言えるのです

では、FBRもスペースシャトルと同じ運命をたどるのか、
といえば、そうでもありません
今のところ
新エネルギー技術は原子力よりもずっと未熟なため、
化石燃料の枯渇対策には
原子力を使わざるを得ないのが実情です
また、
ベトナムをはじめとする途上国が、
CO2を出さずに近代化するエネルギー源として
原子力利用に次々と参入しているという現実もあるのです

しかし、上にも述べたように
ウラン資源にも量の制約があります
そこでFBR研究が
世界的にたいへん重視されてきているのです
じっさい昨年末、京都でひらかれた
「高速炉システム国際会議(FR09)」では
『おまいら、撤退してたんじゃないのかよ・・・』
と不愉快になるほど
欧米各国の研究者がブイブイいってたりします

とはいえ今は日本とフランスが開発のトップですが
個人的には
中国の追い上げがすごいと思っています
もし民主党政権が
従来の自民党政権のように、国がコソコソ隠れ
電力会社だけを正面に出して原子力を扱う限り
早晩、日本の原子力研究も
太陽光パネル産業があっさり中国企業に負けたように
中国に抜かれてしまうでしょう

ただ政治はややっこしく、今回の小沢さんのケースでも、
「ほら見ろ、小沢はやっぱり悪だろ!」
といった書き込みが2chからドッと入ってきたように
原子力もまた
悪者退治のカタルシスを満足させやすい分野です
(小沢さんも、何か放射線出していそうな顔ですし・・・)
日本の原子力がどうなるかは、
小沢さんが民主党内で今後どうなるかが試金石だろうな、
なんて思っていたりしますよ

緊急シンポジウム新撰組化する検察!会場。
ツイッター読みました。
続々人が集まっているとのこと!
ああ、行きたかったなぁ!
夕食準備が終わったので午後7時10分前から、PC前に待機しています。

音声が途切れ途切れで良く聞こえないので、あとで見られるようにしれ欲しいです!!!!

sakebuningen | 2010年1月18日 19:08 様

低解像度なら声あまり途切れません。絵だけじゃなく声も低解像度になりますが…

西松違法献金事件で公判中の大久保被告は今春にも無罪判決が出る公算が大きいと報じられていましたが、今回また逮捕されましたね。
これは訴因変更をして、公判を遅らせる事で参院選前に西松違法献金事件で無罪判決が出るのを阻止しようとしているんじゃないでしょうか。
全く特捜部ってどうしようもない連中ですね、どんどんやることがせこくなる、コップの中でしか棲息できないような連中なんでしょうか?
一国民としてなんだか情けなくなってきます、『お前ら国民の為に働けよな!(怒)マスコミは何やってんだこれが権力の濫用だろうが、これこそお前らが糾弾すべき事だろうが!(怒怒怒)』って感じです。


以下yomiuri onlineからの引用です。

大久保被告は、西松建設の違法献金事件で公判中で、26日に被告人質問を控えており、特捜部は東京地裁に公判期日の延期を求めることを検討している。

 大久保被告は、陸山会の07年分の収支報告書に関する虚偽記入容疑で逮捕されたが、特捜部は04年分と05年分についても大久保被告が関与しているとみている。04、05年分については西松事件で既に起訴されているため、新たに立件する場合は、裁判所に、起訴事実の変更(訴因変更)を申し立てることになる。

 その場合、裁判所は被告側の請求があれば、公判を一時停止しなければならず、今春にも言い渡されるとみられていた判決が延びる可能性が出てきた。

どうでもいいけど、この導入画面の世耕の馬鹿写真、取り替えてくれんかなー。
胸くそ悪くて、かなわんがな。

検察官も大変ですね。
被疑者を落とすためには同情してる芝居でも何でもしなきゃならないそうです。
次は「今にして思えば間違ってたとは思わないかい?」で落としにかかる。

全国の検察官よ。あなたに良心があるなら国賊特捜に抗議して辞表を叩き付けよ!

民族派右翼って好きなんですが、なぜかみんな毛が薄い。男性ホルモン過剰だろ。それと昔大隈講堂の前でビラ刷ってた民族派右翼は薔薇族というか紅顔のおにいちゃんたち。三島由紀夫も森田必勝もホモ。
だから親米右翼だらけになったんだ。

恵美様へ

夕食の後片付けが終わり、PCを開いたら、今週号の「週刊朝日」の情報、貴女の書き込みで知りました。大変ありがとうございました。
(世話の焼ける)父に感謝です。父が「週刊朝日」を実は定期購読しています。確実におこぼれにありつけそうです。当地では発売日、水曜日ですから明後日になります。待ち遠しいです。
でも、民主党は参議院選挙前に公職選挙法を改正しそうですね。ネットを味方に付けて、完全な「インターネット選挙」に持ち込みそうですね。そうなれば、日本にもようやく「インターネット政治の幕開け」になるでしょう。
民主党は早急に公職選挙法改正に取り組むべきですね。

すみません。ハンドルネーム間違いました。
民族派かま? | 2010年1月18日 20:42は私でした。

視聴者3000人突破です。
決起集会大成功ですね。兄貴、やったね!郷原さん、大谷さん、毛の薄い右翼さん、佐藤さん、鈴木さん、あと知らない皆さん、ありがとう。
編集部様、次回は音切れしないようにお願いします。

素晴らしいシンポジウムです。
これだけのお忙しいメンバーを集めていただいたスタッフの方達に、心より感謝いたします。

21時までこのライブのために時間を空けていたのですが、仕事でこれ以上は見ることが出来ません。
後ろ髪を引かれる思いでパソコンから離れます・・・

これって、後から見ることは不可能なのでしょうか?
何とか映像をストックしていただけることを切望します。
この映像は、国民の為に必要です。

衆院議員石川知裕(ともひろ)容疑者(36)の弁護士によると、石川議員は「小沢氏が立候補する可能性がある党代表選前に、多額の資金を持っている印象を持たれたくなかった」と虚偽記載の動機を述べ、「大久保秘書に相談したことはない」と話しているという。http://www.asahi.com/national/update/0118/TKY201001180175.html (1/18 18:34配信)

しかし18日のNHK9時のニュースでは、「関係者」によると石川議員は大久保秘書に相談したと言っていると、報道していた。

「関係者」=検察ですよね。去年の西松事件の時もそうでしたが、弁護士に内容確認する事もせず、検察のリーク情報だけを報道しているようです。しかも、検察はウソをリークしているという事でしょう。

本当に勉強になりました。
大変有意義な時間をありがとうございます!

19:21 莫郎様ありがとうございます。聞こえました。

出演者の皆様、スタッフの皆様、お疲れ様さまでした。
長時間だったのにだれることなく最後まで拝見することが出来ました。大変素晴らしかったです。
三井環さんのコメントがちょっと聞き取りにくかったのが残念でしたが、公の場で検察の実態をどんどん話してくれると思うので今後の活動が楽しみです。

佐藤優さんはサンプロや朝生にどんどん出て発言して欲しいと思いました。数字取れそうですし、どうでしょう?田原さん

帰宅後途中からですが最後まで拝見しました。

前回に比べるとかなり充実していて深い話がいろいろ聞けて大変良かったです。
ただ、高画質の方はブチブチ音声が切れまくり・動画もすぐ完全停止になってしまったのが残念。

冒頭見れなかった部分やブチブチきれて聞こえなかった部分も多かったので、可能なようでしたら後でYouTube等でビデオとして拝見出来ると幸いです。

こういうシンポジウムのギャラ関係がどうなってるかわかりませんが、Gyaoがやっていたような途中でスポンサー広告を挟む形等でもっと定期的にやって欲しいです。

右左や政党の枠超えた討論や話の聞けるこういうのは貴重ですので。

センスのなさと言うよりいい加減な“誘導見出し”だな、これは。検察が検閲しているのかな?
「検察は公正中立の立場で仕事をしていると、そのように信じたいと思っています。」の言葉が、何故、願望の「そのように信じたい」が消去され断定の「検察は公平公正と思っています」に置き換えられるのか。だれか国文の先生はおりませんか!!(笑)

朝日新聞の見出し:
「検察は公平公正と思っています」18日の鳩山首相
記事本文の内容:
記者質問: 
小沢さんは「検察と戦う」と言ったが、総理が認めた「検察との戦い」というのは具体的に何をすることなのか。
首相回答:
「それは私ども、これは政府の側にあることは言うまでもありません。検察は公正中立の立場で仕事をしていると、そのように信じたいと思っています。戦うというのは幹事長としてそのような思いを持っていると言うことでありますから、その幹事長の思いに対して、それならば身の潔白を示すというために、どうぞ頑張って下さいという意味で、申し上げたということであります」
http://www.asahi.com/politics/update/0118/TKY201001180359.html

マスコミによる検察のリーク報道が過熱する一方です。

取り締まる立場の検察が法を犯している訳だから暴走以外に言葉が見つかりません。

今日も、大久保容疑者が水谷建設の接待を受けたとニュース23の膳場さんが報道していました。

絶対あり得ない情報です。

関係者報道に辟易します。
検察を糾弾しようとして逮捕された元検察の三井環氏によると架空の関係者をでっち上げ経費を裏金に回しているようでです。
つまり関係者によるリークがでるたびに検察の裏金が増える算段になるといった状況のようです。
ふざけています。
三井氏はやっと釈放されたらしいので、検察の闇について大いに語って欲しいところです。

投稿者: とりあえず様 | 2010年1月17日 20:31

佐藤前知事は、東電の原発トラブルの情報隠しに対して、安全性の観点から強い疑念を持っていて、言葉にも出しておられたと思います。
地元の、おじさん、おばさんも知事逮捕の報に「東電かねえ」と言う反応結構普通にありました。

勘ぐってみれば、

検察が自ら姑息な裏金作りを常習してきたので、「誰でもやっているに違いない」と、やたら確信が持てちゃう、ということかも。

魚住さんが最後に仰っていた事が気がかりです、数ヶ月内にクーデターが起るのでしょうか?

出演者の皆様
スタッフの皆様
お疲れさまでした。
前回同様、今回も中身が濃く、とてもよかったです。

会場で途中迄立見していましたが、3時間10分がとても速かったです。

民意を国家権力で覆すようなことがあってはならないというメッセージが、本シンポジウムから世間に広くことを強く願っております。

国家権力と大マスコミがタッグを組み、選挙を通じた民意を潰してしまえば、北朝鮮と同じです。

NHKも朝鮮中央テレビよろしくリークの垂れ流し報道を行っており異常です。

民主党もクソかも知れませんが、天の声を受けて国家権力が統制する日本になったらおしまいです。

国民が国家権力に勝利しなければ、民主主義とは言えません。

恵美さん!13:00までヒヤヒヤしましたネ。気違い相手ですので本当に心配して、自分も気の触れたような投稿をついしてしまいました。反省!!
良心派さまへ
「田川建三氏」の解釈は間違っています。あれは全共闘時代の時代の空気に押されて書いてしまったたものです。右の頬云々の話は次元が違います。
貴方達の言わんとしているのは「目には目を・歯には歯を」です。西暦を用いている国では2010年前以来この法を捨てていますが
・・
闘いはいいのです。が、己の主旨に同意しないからとて早急な仲間への排除・非難は慎むべきだと思います。嵩じると「浅間赤軍」になってしまいます。
多分あの時の挫折組はほとんど今小沢さんを応援しているでしょう。なんとも皮肉な事よとおもいつつ・・ネ。

@K.T様

ご指摘は正しいと思います
個人的にも、佐藤知事が中心になって
原発立地3県が連合した3知事提言などは
原子力業界にとって
けっこうショックだったという話を聞いています

直に総理大臣に提言されちゃったからですから
電力さんにとって
佐藤知事はすごく厄介な首長さんだったでしょうね

ただ、電力さんがそれで検察を動かした、
というのはないと思うんです
そもそも
検察の人はたいてい
司法試験を上位でパスした自負心があるんで
もう発展の余地のない
電力業界の訴えごときじゃ動かないと思いますよ

電力さんが経産省に頼み込んで
検察を動かした、
というケースも想定できますが
電力自由化をめぐって省内が割れていた
当時の経産省にできることとは思えません

とはいえ、佐藤知事のこうしたスタンスが
お上に逆らう首長さん、
という認識を、検察に与えたことは確かでしょうね

連投、スミマセン!

上の第1行目は
「ご指摘は、間接的には正しいと思います」
ですた
申し訳ありません・・・


初めて投稿します。初めてPCで生シンポジュウムを見ました。面白かった!
戦時下にジャズを聴くような♪ 居間では、NHKニュースが流れていますが、もう気の抜けた(毒入りの)サイダーのようで、ペっ!、だわ。

 それで、私も、長年購読していた朝日新聞をやめました。「そういうお客さんが最近多くて、、」と販売店のお兄ちゃんが嘆いていました。
 
 配達員のみなさんの仕事を守るように、朝日の”星”は、ニタニタせんとしっかり仕事せんかい!
 
退職してよかった!!。こんな革命戦に参加できる時間ができて!
     
     投稿者ドキドキ
 

すごくよかったです。ありがとうございました。

どうしようかと思っていたのですが、この際、新聞をとるのをやめようと決めました。

検察、マスコミはこの国をどこに持っていきたいのであろうか。

この経済状況である。毎日100人近くの方が自ら命を絶っている社会である。

百歩譲って小沢氏に非があったとしても、この様に騒いでいる余裕はこの国には無い。
全力で国民を挙げて経済回復に向けての議論をすべきである。

検察、マスコミの今の姿勢は、極論すればこの経済状況を放置し、間接的に多くの人を殺していることになっていることに考えが及ばないのであろうか。

私たちはこの経済状況で、命でさえ危険にさらされている方々のためにも戦わなければならない。

今の検察、マスコミは国賊である。

素晴らしい内容でした。

途中で途切れるのは仕方ないですね。
それを差し引いても、テレビなんかより内容も濃く、充実していました。

テレビがネットに取って代わられるのは決定的ですね。

みなさん、本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

先のコメント欄で紹介した亀井静香氏の演説のURLですがスペースが入ってエラーになるようなので紹介します。

題して「怒りの街頭演説」です。

http://www.youtube.com/watch?v=qb2CGMzUOUw

http://www.youtube.com/watch?v=8UPOlCzdd6k

久々の投稿です。

シンポジウムに行ってきました。
日本にまだ、言論の自由が確保されていたんだ・・・と思い。声を上げて行動をしてくださる言論家たち、そして鈴木宗男さんのエネルギーに感銘を受けました。

とはいえ、正直、魚住さんが危惧されていましたように、今まさに民主主義の先行きを悲観しています。検察の強硬な姿勢によって、民主主義とは全く相容れない捏造された世論が日本を混乱に陥れています。
それをなんとかしなければと、自分でもできることはないのか・・と感じ、シンポジウムにはとにかく行って議論を肉眼でみて、そして世の中で何が起こっているのかは把握したい・・。そういう思いで行ってきました。

生で声をお聞きして、シンポジウムでは新聞が書いていないような事柄を堂々と議論してくださったことには感謝しています。新聞を見ている限りでは、バランス感覚が失われた日本社会にほんとうに悲観したけど、パネラーの皆さんには、僕ら一般国民が感じているような、人間らしい平衡感覚がちゃんとあって、事態を把握されている・・・ということがわかっただけで、少し日本に希望がもてるような気がしてきました。

ただ、残念だったのは、というか、色々聞いてみてわかったのはマスメディアの自覚のなさです。

シンポでの言ってたことを解釈すると、「マスメディアが検察リークを垂れ流して、そして検察と一体化してしまっているのは、仕方がない・・。一記者が出世するため・・、他誌に遅れをとらないため・・、検察を敵にしないために、垂れ流しにするしかない・・・」ということで、あのような異常な報道がなされているのだそうだ・・。それ以上の話はなかった。

ほんとに、そんな主体性のない安易な理由で、あのようなマスコミの異常で暴力的、扇動的報道がまかり通ってしまうのか。「関係者」情報などの客観性の定かではない話を記事にして、さらにそれに憶測による解釈を付け足して世論を混乱に巻き込んでいるという自覚がないままに、あれだけの、扇動キャンペーンがまかりとおって良いのだろうか。

悪意があって小沢に狙いをつけている検察も、それ自体、国民に対する裏切りだと思うし、それは大問題だと思うけど、僕は、それに同調しているマスコミは、同罪である。いや、むしろ検察よりもっと罪が重いと思います。あれは暴力です。そして、検察にねらわれた瞬間に、そのねらわれた個人の尊厳はずたずたにされ、マスコミこそが横暴な刃物を振り回してトドメを刺している・・・、ということに気づかないのでしょうか。

ながいものには巻かれろ・・ってだけで、怖くて自分の意見が言えない新聞記者やマスコミ関係者って、それじゃあ、ほんとに困ります。日本に民主主義が育たないのは、ああいった検察の暴走を許してしまうマスコミの甘い姿勢こそが、大問題であるし、実はマスコミこそが事件の当事者であり、加害者である・・・・というのが、僕の感じた結論です。

主語のない伝聞形式での記事を書くことで、「主体性」を持つことから逃げ隠れしているマスコミこそが、今、そのもっとも改革が必要な分野ではないでしょうか。

自分たちこそが言論の公平さや客観的報道のリーダーシップをとり、国民の目線で第三者としてチェックする社会的役割を担い、権力に依存せず、同時に個人の尊厳を守る、そんな気概をマスコミの方々にはぜひ持ってほしいと願ってやみません。

密度の濃い、有益な時間をありがとうございました。またすぐにでも次の企画をたててほしいです。おつかれさまでした。

本当に有難うございました。
関係各位の勇気と冷静な行動力に心からの感謝を申し上げます。

壊れた官僚機械の暴走を壊れた報道機械が正当化している。一般大衆は機械が壊れているとも知らず洗脳され狂気に陥れられていく。これまでも繰り返してきた歴史が今また繰り返そうとしている。

このシンポジュームを拝見して、
漠然とした不安が具体性を持った恐怖に変わりました。

建築家 | 2010年1月19日 00:37 様

メディアの腐敗はどこからくるのか。メディアが旧来勢力政党である自民党政治家、旧来勢力に任命された検察、諸官僚、CIA等と通じているために起きているのである。これを断ち切る人事異動以外に手はない。まさに利権の権力闘争である。

記者個人のレベルの話ではない。

まずはこのような機会を提供して下さったザ・ジャーナル事務局の方々にお礼を申し上げたいと思います。ご苦労様でした。

会場中継の画面の脇には「トウィッター」の欄が表示されており中々気の利いた短文が多かったのですが、その中に「戦時下の地下ラジオを聞いているような感じだ」といった文があり、微笑ましく感じると同時に、今から丁度三十年前に結成されたポーランドの独立自主管理労働組合、「連帯」の事を思い出しました。
「連帯」は後に反政府運動化して共産政府から弾圧されましたが、民主化革命以後代表者であったレフ・ワレサ氏はついにポーランド大統領にまで上り詰めました。
この「連帯」が弾圧の間市民のネットワークを維持していくために利用したツールがカトリック教会を舞台にした秘密集会と西側の情報をキャッチする為のラジオであったと言われます。
この様に地下ラジオ、つまり吹けば飛ぶような小さな規模のネットワークでも、価値ある情報が伝えられるネットワークは強い影響力を持ち得るものなのです。
時代を動かしていく力は決して巨大な存在、強い存在が独占している訳ではなく、むしろ今回の企画の様な、たとえネットも含む聴衆が三千人程度であったとしても、価値を共有した人々が次々と影響を与え増殖していく事で発揮される部分の方がはるかに大きいと、今回は強く感じさせられました。

大いに参考になった点としましては、検察と大マスコミの共依存関係が抜き差しならぬ所まで来ている現状。世界中の国々に検察もあれば、またマスコミもありますが、先進民主主義国の中でもここまで共依存関係の進んでしまっている国は他には見当たらないと思います。
また日刊全国紙の社会部や政治部記者、また編集委員など高級幹部がなぜ斯くも狂信的な思考回路の人間と化していくのかについても良く理解する事ができました。

最終的には個人として何を判断の基準とするのか、つまりは何を信じるのかの問題に帰着すると思うのですが、今回の企画はこれに対して貴重な選択肢、判断材料を与えてくれたものと考えます。

党内一枚岩だから」小沢氏問題批判なし…首相 - 読売新聞(22時35分)

これ、きえてるって、どういうことなのでしょうか?

東京地検特捜部は小沢氏に参考人聴取を再要請し、小沢氏も聴取に応じる意向を示していることが同日、明らかになった。

みなさんの貴重な意見、ありがとうございました。
今はちょっと、ショックっていうか、そういう状態です。
「なんとなく…」って事は思っていたけど、ここまでひどいとは思わなかった…。

販売店の方には悪いのですが、いろいろ考えてやはり、新聞を取るのをやめることにしました。
TVのニュースも見る気がしません。
これからはネットの情報だけをたよりにしていきたいと思っています。

 おはようございます。

 先の衆議院選挙の際、民主党に対する下劣なネガティブキャンペーが繰り広げられた。今、民主党がこの状況に陥ったのを見て、敵対勢力は捏造情報を駆使して、更に低俗な、民主党に対するネガティブキャンペーを繰り広げようとしている。昨今のネガキャン動画などを例示して考えてみる。

自民党、自民党シンパサイザーの関与が噂されている
【捏造】フランス国営テレビ:お笑い日本の実態 !?-『外国人地方参政権で日本終了』  
(注:フランス語で語る内容と、日本語字幕は全く関係ない)

 民主党に対するネガティブキャンペーン動画の効果について、間メディア社会研究会が20~60代の男女千人から取ったアンケート結果によれば、5.5%が批判動画を見ており、そのうちの63.5%が自民党に対して「悪印象を持った」と述べた。自民党に投票した回答者に限っても、33%が批判動画に悪印象を持ったとし、「逆効果」であったと主張している。

日本人の嫌韓感情を刺激したい、狭量な偽保守主義者の方々が編集関与しているとされる
【捏造】British people's ancestor韓国に学ぶ歴史と文化の起源
(注:捏造内容は殆どが韓国発。だが、中には強ち捏造とも言えないものも・・・?(笑 )  

 最近、中国発、韓国発、米国発などの報道とされるものの中に、明らかに民主党、鳩山由紀夫民主党党首、小沢一郎民主党幹事長などを貶める目的で捏造されたものがある。その中の多くは民主党が次期通常国会に上程しようとしている所謂「永住外国人への地方自治参政権」を快く思わない勢力の関与が疑われる。

 その勢力の方々は、民主党が次期通常国会に上程しようとしている所謂「永住外国人への地方自治参政権」「外国人参政権」と意図的に言い換え、恰も「外国人」の全てに「国政参政権」を与えるかのように誘導する策謀を試みている。このような策謀に惑わされることは、その勢力の詐欺啓蒙に屈する愚行である。賛否は兎も角、正しい判断をするには正しい情報を得る努力をし、それに惑わされない正しい知識と真っ当な論理を身に付けて措かねばならない。

 そこで、私が別テーマに投稿した、この件に関して整理したものを転載しておく。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆ 外国人、参政権で考えるべきこと ☆

 外国人とは、自国人の対義語で、自国国籍を持たぬ全ての人を指し、自国内居ようが、他国に居ようがそれらの人々全ては外国人である。

 参政権とは、普通は国政に関わる代議員を選出する選挙への参加権利を指し、一般には自国国籍保有者のみに与えられた主権に基づく最高決定権力、統治権の由来を意味する。しかし、地方自治にその統治権の一部、地域統治権が国から委託付与されている場合、その地方自治体の政に当たる代議員など選出選挙への、政治への参加の権利を含む。

 「外国人参政権」とは、・・・何ぞや?

 ここで盛んに議論されている「外国人参政権」なるものは、一般に国民の認識に近いものだろうが、それは一方の勢力が恣意的にそう語って喧伝しているか、自分で調べれる努力もせず無知丸出しで語っているのか、言語活用への無恥無配慮なのか、ただ単にセンスが無いのか、私には解りませんが、幾つかの投稿分を読むと、民主党が次期通常国会に上程しようとしている所謂「永住外国人への地方自治参政権」のことなのだろうと思う。つまり、「永住外国人」への「地方自治参政権」であって、決して「外国人参政権」ではないのだ。

「永住外国人」について

 さて、では「永住外国人」とは、外国人なのだから、当然、日本国籍を有しない人々であり、永住しているのは日本国だ。しかし、それだけの理解では、これらの言葉を明文化している法律案の理解には不十分であると思うので、私なりに整理してみる。

 日本居る外国人の中に、「永住外国人」が居ることは確かですから、日本に居る外国人の重複が無い法的分類をすると

1.来訪外国人
2.定住外国人
3.「永住外国人」
 1). 特定永住外国人
 2). 一般永住外国人

である。この内、今回の法律の対象となるのは、3.「永住外国人」 1). 特定永住外国人 、 2). 一般永住外国人 。

 1). 特定永住外国人 とは、戦前から日本に居住して(日本国国籍者)いて平和条約国籍離脱者(朝鮮人・韓国人及び台湾人)となった者と、その子孫を対象とする制度で定められた特別永住者を指す。その子孫の内、特別永住者であるためには直系卑属で日本で出生し、その後引き続き日本に在留する者であることが基本的要件である。平成20年(2008年)の特別永住者の実数は、前年より9924人減少し42万305人であり、国籍別では「韓国・朝鮮」が41万6309人で99%を占める。近畿地方に約半数が集中する。 2). 一般永住外国人 とは、

 2). 一般永住外国人とは、入管法第七条第一項第二号による別表第二の「永住者」「定住者」に規定された者の内、永住者資格を与えられた「永住者」を指し、永住者資格を与えられる要件は
・10年以上在留(我が国への貢献認定で5年以上)
・素行が善良であること
・独立生計を営むに足る資産か技能を有すること
・その者の永住が日本国の利益に合致すること
などがあり、申請者は入管法第二十二条および二十二条の二に基づき申請手続きを行い、法務大臣によって認定が行われる。2008年末現在で492,056人。国籍別では「中国〔台湾〕」が142,469人(29.0%)、「ブラジル」が110,267人(22.4%)、「フィリピン」が75,806人(15.4%)、「韓国・朝鮮」が53,106人(10.8%)、「ペルー」が29,976人(6.1%)、「タイ」が12,519人(2.5%)、「米国」が11,814人(2.4%)などとなっている。

 偏狭による差別意識の顕在として、永住者の中の「韓国・朝鮮」だけが恣意的に取り沙汰される事が多く、永住者の中の大半を占める印象があるが、上述のように約半数はそれ以外の人であるのが実態だ。そのような差別意識が単なる偏狭によるものか否かは定かで無いが、一説には、帰化人とそうでないものとの確執があり、日本国国籍を取得した帰化人がその偏狭、差別意識を顕在化しているともいわれている。

 しかし、そもそも「韓国・朝鮮」は特別永住者、つまり、もともと日本国国籍を有していた者と規定要件を満たす子孫、が大半である。それらの者の帰属意識に関しては、植民地支配からの開放、独立への自尊意識や、帰化申請手続きへの高い心理的閾値などが影響していて、偏狭による差別意識の源泉ともいわれている。日本国在住日本人の中には日本名を持った多くの帰化人がいたことは、ミトコンドリアDNA分析などによる朝鮮半島人由来の比率が約25%にも上ることからも判っている。

◇ 地方自治参政権について

 次に、地方自治参政権については、日本国憲法第8章 地方自治 第92条 第93条 第94条 第95条 に規定がある。そもそも参政権は、政治へ参加する権利であり、市民権の一つであるという理解もある。また、市民権は、市民革命を背景にした国や多民族国家では国籍と同じ意味で使われることもあるが、特に法的な権利と義務との関わりで用いられる。

 地方自治は、自国内に、自国の統治権などが及ぶ範囲内に存在する地方地域の運営について、国からの関与によらず、地方の住民の意志に基づき行うことをいい、その地域における住民を構成員として、地域内の地方自治を行うために、憲法や法律が定めた自治権を行使する団体を地方公共団体、一般に略して自治体などともいう。

 地方公共団体の組織・運営に関する事項については、日本国憲法の規定により、「地方自治の本旨に基づき、法令で定める」とされており(日本国憲法第92条)、議事機関として議会を設置し、地方公共団体の長、議会の議員は、その地方公共団体の住民が直接選挙するとしている。地方公共団体に付与される権能は、財産を管理し、事務を処理し、及び行政を執行することや、法律の範囲内で条例を制定することができるとされている(日本国憲法第94条)。 詳細については地方自治法で規定されている。

◇ 民主党該当法案の源泉

 民主党が次期通常国会に上程しようとしている所謂「永住外国人への地方自治参政権」の源泉には上述の背景があり、韓国への訪問時や在日韓国人団体への民主党議員発言の動機であろうと思われる。また、民主党は「地域主権」を謳っていて、権利と義務の対称性是正志向の下で、市民権として地方自治参政権を位置付けているのだと思う。

 国家統治権への侵害を危惧する向きがあるが、それは永住者以外の策謀、邪な意図を持った外国人に拠る策謀(例えば、直近のGoogleへの中国人による妨害工作など)や、かつて居た日本人共産主義原理主義者による革命策動、宗教原理主義者に拠る洗脳活動、・・と同列に、日本国憲法規定の下、現行法の厳格適用を以って対処すれば済むことのようにも思う。様々な価値観のグローバル化が進む中で成立する社会である日本国は、多民族、多宗教、・・・の許容を否応無く受け容れなければ成り立たなくなってきている。その流れの中で先駆的に在ろうと願えば、この民主党該当法案の存在意義は自ずと見えてくる。


以上、どうだろうか?

 旧体制、戦後レジームに利権を依拠する勢力が、その維持に躍起になっている様子がよくわかる。しかし、時代は大きく動いたのである。先の衆議院選挙時に盛んに試みられた守旧目的の、民主党への、苛烈なネガティブキャンペーンの効果を省みてみると良い。もはや、時代は元へは戻らない。


 凧(いかのぼり) きのふの空の 有りどころ
 
                   -- 蕪村 --


“覚悟して、諦める。” それも矜持でしょう。
 ・・・、多分(笑。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 これら全てが正しいと主張する心算は無い。検証は、読者各人の努力と能力に委ねたい。また、私は、該当法案に対する賛否を、更なる検証の必要を感じ、留保している。
何卒、ご容赦を。

これは一体なんなのだろうか、本当に恐ろしいことである。
現象としては、対検察と国民の選んだ選択である政府と民主的勢力との闘いではあるのだが、一部を除いてすべての新聞マスコミが「大本営発表」に毒されてきた、ことを意味する。そして「すべて押して知るべし」とするならば、その「すべて」において、国民は事実と異なるプロパガンダを伝えられ洗脳されて来たことを意味する。

 少なくともたとえ取材記者は無知蒙昧な若造かもしれないが、記事として世に出るためには、その上のデスクがいてキャップがいて、論説委員がいて、最後の「社主」がいる。それらすべてが毒されている、ことなのだ。これは本当に穏やかなことではない。

 政治のみならず、産業。経済、科学技術すべての分野においても同じような「ある意思」に基づいて「報道」して来たということである。一体、いつから、こうなってしまったのか。今回の事象を契機にすべてを根源的に疑い、洗いなおさなければならない。
 

きっこのブログにもあったが、朝日で「官房機密費引き出し 河村前官房長官を市民団体が告発」と報じられている。
http://www.asahi.com/national/update/0118/TKY201001180179.html
この告発の行方を注目したい。

もうメディアの不信を言っている状況を超えています。

検察とメディアは、一体化していると考えたほうが妥当です。

メディアは、強い方を選んだ。
これで、小沢さんが生き残ったら
身の破滅と首をかけて、鳩山、小沢攻撃を加速させてきます。

検察の目標は、鳩山政権の瓦解か変質です。
これは、クーデターです。
彼らは、政治家を馬鹿にして歯牙にもかけない、まして国民は、愚民なのです。

官僚の組織防衛と彼らの考えるちっぽけな国益(?)のみです。

小沢さんを、信じる。

それにしても、新聞、テレビの、報道の横並びのタイトルは、嫌気がさす。
内容、意図がまったく同じ方向を向いている連帯メディア連合軍であることに納得する。


新聞は宅配購読しない。
テレビは極力見ない。

検察、新聞、テレビは、国民の生活第一を選択し民主党政治への最大抵抗勢力だ。

新聞、テレビ程度と安易に購読し、批判的に捉えられない国民は
洗脳される。
昨日、取引先課長が、小沢さん騒動を話題にしてきた。
読売を記事そのまま鵜呑みで、かみ合わないと判断し、
当方、The JOUNALアドレスをメモし、退散した。

IT社会で、様々な情報入手、自己思考のツールが、選択が格段に広がった。

日本の抵抗勢力官僚、新聞、テレビの時代感覚無さを、今回騒動でさらに再認識し、政権交代してよかったと確信を深めた。
政権交代の大きな原動力となり、全力でご活躍させた小沢さんに
感謝し、ますますの活躍を願う。

 法律と検察を研究し尽くし悪党が、私腹を肥やすために法律の網をくぐりぬけて悪いことをし続けてきた。
 検察はその巨悪をなんとか立件しようとしている。

 だから状況は複雑に見える。巨悪は法律すれすれのところを狙っている真の悪だから。逮捕や捜査も無理筋に見える面が出てくる。

 だけど、ことの本質は、法律の網をかいくぐっている巨悪を、検察があぶりだそうとしているということ。

 そのことにうすうす感づいてきたから、国民は民主党の支持から離れはじめ、7割の人が小沢にNOを叩きつけている。

 これはまじめで冷静で賢い国民の判断だ。
 洗脳されている信者には、技術的で細かいことをまさぐって小沢の正当化に腐心するよりも、本質を見る目を取り戻してほしい。
 あなたがたのレンズは、一時的に曇っているだけですよ。

 

>巨悪は法律すれすれのところを狙っている真の悪だから。

巨悪の定義を自分勝手にされても困りますよ。じゃあ、どうどうと法律違反すれば巨悪ではないんですか?だから自民党議員は巨悪じゃないと言いたいのかな?

検察やマスコミが巨悪と定義すればなんでも罷り通るのかな?
法治主義や罪刑法定主義の意味を考え論じてもらいたい。
空気で社会の在りようが決まっていくあるいは誘導されていくことこそが恐ろしい。オーウェルの描いた社会はまっぴらごめんだ。

「民主党支持の諸君!」

ジャーナルという井戸の中で蛙のように、いくら検察の横暴、小沢支持、民主支持を叫んでも無駄な努力だよ。

あなた方よりはるかに頭のいい検察官僚が検察ポチのマスコミを上手に操っているのだから敵うわけが無いよ。

それが証拠に愚民の世論調査でも小沢辞めろの大合唱だ。所詮、日本国民はこの程度なのだから諦めな。

それより民主党政権を潰し、お役人や自民党議員にゴマをすって甘い汁を吸うほうが利口だよ。

 再び、ちょっと気になったので、書かせて下さい。

◆ 支持率などについて ◆

 以下に示すように、自民党、民主党のコアな支持層の厚みに差が生じてしまったように思う。しかし、今年度2次補正予算案、来年度予算案、民主党連立政権提出法案などが成立し、それが実施された後の効果の実感度合い、小沢民主党幹事長の任意事情聴取の行くへなどによっては、再び逆転するかもしれない。今のところは、民主党の支持率に、それほどの心配は不要に思う。兎に角、今年度2次補正予算案、来年度予算案などの成立可否、時期、小沢民主党幹事長への東京地検特捜部動向とマスメディアのバッシングに要注意であろう。

「政治に関するFNN世論調査」

・ 秘書逮捕直後
  2009年3月7日(土)~3月8日(日)

 Q1. あなたは麻生内閣を支持しますか。支持しませんか。
  支持する   17.0%
  支持しない  71.0%

 Q2. あなたは、どの政党を最も支持していますか。次の中から1つだけお知らせください。
  自民党  26.6%
  民主党  23.9%


・ 小沢前民主党代表辞任直前
  2009年4月25日(土)~4月26日(日)

 Q1. あなたは麻生内閣を支持しますか。支持しませんか。
  支持する  28.2%
  支持しない 59.2%

 Q2. あなたは、どの政党を最も支持していますか。次の中から1つだけお知らせください。
  自民党 29.2%
  民主党 21.5%

その後、小沢前民主党代表の戦略的撤退を受けて行われた第45回衆議院議員選挙では、民主党が「圧倒的」(*)支持を得て、圧勝。


・ 現・元秘書三人逮捕直後
  2010年1月16日(土)~1月17日(日)にかけて

 Q1. あなたは鳩山内閣を支持しますか。支持しませんか。
  支持する  44.3%
  支持しない 40.3%

 Q2. あなたは、どの政党を最も支持していますか。次の中から1つだけお知らせください。
  民主党  32.4%
  自民党  18.6%


(*)~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ちょっと気になったので、「圧倒的」といわれた2つの総選挙について比較してみました。

 小選挙区得票は、選挙区の個別事情の影響が大きいので、得票に関しては比例区のみで比較します。

A.第44回衆議院議員総選挙(小泉旋風選挙) 
  2005年(平成17年)9月11日

  自民党 42.8% (296議席)
  民主党 33.9% (113議席)

 a-1 得票率比 (自民党)/(民主党)≒1.26
 a-2 獲得議席比 (自民党)/(民主党)≒2.62
 a-3 得票議席反映率 2.62/1.26≒2.08

B.第45回衆議院議員総選挙(政権交代選挙)
  2009年(平成21年)7月21日

  自民党 26.7% (119議席)
  民主党 42.4% (308議席)

 b-1 得票率比 (民主党)/(自民党)≒1.59
 b-2 獲得議席比 (民主党)/(自民党)≒2.59
 b-3 得票対議席反映率 2.59/1.59≒1.62

 これらを見ると、小泉旋風が吹き荒れたA.第44回衆議院議員総選挙に比べて、政権交代選挙といわれたB.第45回衆議院議員総選挙の方が、得票率比の a-1/b-1≒0.792 と大きな変化のわりに、獲得議席比の a-2/b-2≒1.01 というほとんど変化が無いなど、得票対議席反映率が a-3 2.08 → b-3 1.62 と改善されている変化がある。

 つまり、得票が議席に反映される割合が改善した中での今回B.第45回衆議院議員総選挙(政権交代選挙)民主党獲得議席は「圧倒的」により相応しい結果だったといえます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

甘い汁を吸いたい者は吸えば良い。

たとえ不器用でも、何も知らないまま奴隷にされるより、人としての矜持を持って戦ったほうがいい。

たとえ勝ち目のない戦いでも、希望を失わず戦って来た「馬鹿者」が、過去どれだけいただろう?彼らがいてくれたおかげで、今の私たちがいる。

暴走検察官僚、マスゴミ抵抗連合軍は民意に反する。

思い上がりもいい加減にしろ。
検察の裏金、いい加減さの反省、追及しろ。

民主主義の選挙で選んだ、議員に作法で対応しろ。

何も、法と証拠を基に淡々と手順を踏んでやればいいんだ。

変化のできない、単眼固定偏差値脳ミソ人種が、グローバル世界の障害物、化石だ。

暴走検察管に言いたい。
足元もしっかりやれ。
検察管を国民が選択していない。
マスゴミに民意の代弁を頼んでいない。
それらが証拠に、部数がどんどん減少しているだろう。

Web世界は、世界標準の常識で活動、思考しないとつぶれるのだ。
毎日、マスゴミのいい加減の証拠を、自ら配達している。
本来、1000円でも高い。
談合記事で売るな、汗して書け。

小沢さんを選んだ、民意、国民に、作法ある対応しろ。


大手企業の内勤者、暴走検察、下請けマスゴミに共通しているだろう現象がある。

人に頭を下げず、物事を要求する人種だ。

そいつらに、民主主義の何たるかがわかるはずもない。
楽して金を搾取するやからが多い。
全部が全部といいませんがネ。
反民主的人種の割には、報酬が高すぎる。
適当に、リストラされろ。
時代に逆らえ、天に唾した顔を出せ。

特捜検察の捜査手法及びメディアとの癒着(或はリーク)問題は、それ自身としてまず議論され、批判されなければならない。

小沢氏を悪人としか見る事ができない人も、または氏を英雄視する人も、まずは検察とメディアの関係そのものを凝視し、問題視し、是正への声を上げるべきである。小沢vs検察などとやっては問題の本質から遠ざかるばかりである。

純粋に法権力とメディアのあり方の問題として、政治的問題とはどこまでも突き放して、別個に考えねばならない。

健全なメディアなくしては政権交代の意義も発揮されず、健全な民主主義への歩みも進まない。情報源を明かにしない(ぼかす)、或は明らかにできない理由すら記述しない報道は、信頼されるべき資格は無い。これは党派云々の政治的問題とはまったく別である。報道倫理の問題である。

毎日新聞は、
「小沢氏団体不透明会計:民主「捜査情報漏えい対策チーム」設置 識者の話」
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100119ddm001010024000c.html
という記事を上げている。識者と言ってもたった二人で、両人とも対策チームの動きを政権与党の報道への圧力として危険視している。

記事によると、大石泰彦・青山学院大教授(メディア倫理法制)は、

「マスコミが、小沢氏の政治資金の疑惑を調べ、報道するのは当然で、検察に情報を依存したとしても、国家権力である政権党がけん制しようとすることは極めて不健全で異様なあり方だ。」

と述べているそうだが、政権党側の国会議員が国会開会直前に逮捕されるという「異様」な事態に至っても、検察の捜査情報漏洩疑惑に対して政権党は何もすべきでない、ということであろうか。

大石教授は「メディア倫理法制」を専門にされているようだが、ご自分の言がメディア擁護に利用される可能性があるという考えは持たれなかったのであろうか。メディア倫理とはメディアの利権擁護の学問であると誤解される危険を少しも考えなかったのであろうか。

メディアや法権力が増長し、腐敗し、自己の利益追求が公共の利を脅かす様になった時に、それを正すのは誰か。それは(良識有る)国民であり、国民が選んだ政治家であってなんの不都合も無い。

毎日新聞も、メディア側のあり方を問う意見を併せて掲載する度量と勇気は塵ほどもないと見える。

<自民党は巨悪になれ>

匿名 | 2010年1月19日 07:24
のような正義面した愚民には、もっと政治を勉強しろと言いたい。
こんな連中が小泉みたいな吉本政治家に騙されるのだ。

政治家は巨悪といわれるぐらいでないと一人前ではない。尊敬する桝添議員が「自民党には小沢のような独裁者が必要」といっているのは正にその通りだ。

残念ながら今の自民党は巨悪がいなくなってカスみたいな政党になっている。「独裁者」桝添の誕生を待ちたいものだ。

巨悪で、なおかつ、何にも世の中の役になっていない政治家。

法の網をくぐりぬけて蓄財すること、恫喝で権力を集めることだけが得意な政治家。

こういう政治家は必要ありません。
検察には、最高権力者にひるまず立ち向かって欲しい。

ご存知の方も多いかとは思いますが、1/18付の東京新聞論説室の長谷川幸洋記者の記名記事をそのまま転送します。こういう人にもっと頑張って欲しいものです。皆で後押ししてはどうでしょうか。

【以下引用全文掲載】

『小沢疑惑報道』の読み方
2010年1月18日

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる疑惑事件が元秘書らへの強制捜査に発展した。私は取材現場の事情は知らない。ただ、読者として多くの記事を読む限り、正直言って「これはいったい、なんだ」という感じも抱いてきた。

 なぜなら、当事者本人か捜査当局しか知り得ないような情報がしばしば盛り込まれているからだ。ときには当事者が捜査当局に供述したとされる内容が報じられたりしている。

 ということは、当事者が取材記者に話したか、あるいは当局が記者にリークしたのではないか。疑惑があるなら解明されねばならないのは当然である。現場で取材する記者の苦労は理解できるし、多としたい。

 だが、結果的に当局の情報操作に手を貸す結果になっているとしたら、それもまた見逃せないのだ。

 検察が公判請求し裁判になってからも、判決が報道された内容どころか起訴状の記載事実とさえ異なる場合はある。読み手としては、情報の出所にも注意を払わざるを得ない。

 民主党と鳩山内閣は一連の報道でダメージを受けた。その結果、支持率も落ちるだろう。この疑惑は間違いなく、本日から始まる通常国会で焦点になる。

 記事を書く側の一人として「本当に起きていることはなにか」という点に細心の注意を払って、今後の展開をウオッチしていきたい。 (長谷川幸洋)

http://www.tokyo-np.co.jp/reference/


ゴキブリのようなバカ工作員が何をいわんや。
「世渡り上手」とか「匿名 | 2010年1月19日 10:05 」はいい思いをしてきてきたのかな?(失笑)

マスゴミがリークを垂れ流そうと、世論はそう簡単には誘導できない。
検事総長人事で民主党政権がどう出るか。
検察ファッショは危険大です。

この配信を何回も見たいので、再配信願います。生放送はアクセス集中で全部隈なく見れませんでした。

いっそ
検察のリークを認めたら
どうでしょうか?
多くの国民は
まさか公務員が
仕事中の情報を
好き放題マスコミに
垂れ流してるとは
思っても無いでしょうから。

逆に「許可してる」と
わかると
あ~また検察がマスコミ使って
言いたいこと言ってると
想像出来る。

今の
「禁止してるが
どこからか情報が」
パターンが1番問題です。

今回をキッカケに
公務員リークを
許すのか許さないのか
はっきりさせましょう!

裏金暴走検察マスゴミ談合反国民連合軍。

君らに、国民は民意の代弁を委任していない。

国民を欺き、陽動することをやめなさい。

お前らは、民主主義の邪魔だ。
すでに、多くの国民はあきれている。
お前達が、まともな活動するように、様々な世界標準の法律を定める。

小沢さんへの民意、支持した国民へ、常識ある作法で対応しろ。

作法と、常識があればの事だが、
固定脳ミソで汗しろ。

「巨悪とは?」

正義漢のような面をして「巨悪はけしからん」というつまらん人間がいるようだが、日本の歴史で天下を支配した政治家は皆、巨悪だよ。

例えば巨悪の政治家には源頼朝、豊臣秀吉、徳川家康、伊藤博文、最近では岸信介や田中角栄、反対に義経や明智光秀、石田光成といった正義漢は潰される。

「巨悪」の必要条件は軍隊と警察、検察権力を握っているのが普通だ。残念ながら田中角栄は検察を握れなかっただけに巨悪の資格は無いだろう。

その点岸信介は警察、検察や任侠道までも抑えていた立派な巨悪。しかし後継者(清和会)には政治能力が劣る軽薄な連中ばかりで、岸の後を継げないどころか、逆に手下の検察に頭が上がらない有様だ。

ところで小沢が巨悪になるためには、清和会に代わって警察、検察を握れるかどうかにかかっている。ちなみに金を溜め込んだ人間が巨悪という発想は、政治を知らない人間だ。

自民党には小沢よりもっと金を溜め込んだ議員もいるが、こんな連中に巨悪の資格は無い。

一億分の一のお話。

ある夫婦がおりました。

夫は最近の不況で収入が少なく年収48万。
必要最低限の生活費と子供達の学費、新しい仕事の道具を買うため等々で銀行から44万借りて合計92万でこれから一年間やり繰りをしなければなりません。

夫婦が急いでやり繰り算段を始めようと思ったところ、引き出しの奥から夫の古い財布が出てきました。

中を見ると一円玉4個と4円の文字は読めるものの、内容が薄くぼけて読みにくい4年前のレシートが出てきました。

妻は夫に「何これ?」と聴きましたが夫は良く覚えていませんでした。

さてこの後賢い妻は4円の事で夫を追及したでしょうか?

昨夜のシンポジゥームに行って来ました。
様々な、多様な考えをお持ちになっているパネリストの話は、終了予定時間を1時間10分も超える熱のある、示唆に富むもので、ありがとうございました。
総括して言える事は、選挙で選ばれた石川議員の逮捕は、逮捕理由からみて不当で、議会民主制を、破壊するもので、民主党の政策について、賛成でなくとも、又思想・信条に関係なく、抗議しなくてならない。という事でした。選挙の投票で、政権交代が日本で始めて、できたのですから、選挙で付託されていない勢力に屈してはいけないと考えさせられました。その勢力に対抗している小沢幹事長を強く支持します。

週刊誌を読む習慣の無い私が昨日、近所の本屋に行って週間朝日を買ってきましたよ~
上杉さんの「検察の狂気」そんな記事どこにも無いがなと思ったら先週号でした。さ、これから買ってくるか。

木村三浩(一水会代表)様

民主党に実弾が送られてきたそうです。

多分右翼の跳ね上がりだと思いますが、

「送り先を間違えている、本物の右翼なら、検察特捜にこそ送るべきだ」

としっかりご指導してください。

賢い妻さん | 2010年1月19日 11:58

賢い妻さんの面白いお話の意味も意図も不明なので、それを引き出す目的で(笑)、次の通り反応致します。

1.賢明な妻なら、全ての事態をネガティブにする「追求」をせずに、褒めると思います。苦境にある場合には尚更に。

このケースでは、例えば「ご亭主様、よくぞヘソクリをしていてくれました。この4円は大変に役に立つ貴重なお金です。ありがとう。」と。
お礼を言われて気分の良いご亭主が、翌日ハローワークに行くと、希望の職種で、然も何と!年収5百万円の仕事が決まりましたとさ・・(笑)。

2.検察(特捜)が追求を続け彼らのいう社会正義が自己満足的に満たされても、結果として社会が混沌に陥り社会の不安が一層増幅するだけ。
正義は常に善ではない。特に法律を表層や額面だけで機械的に執行して得られる正義は、非善である場合が多い。(例えば、前後左右に人も車もない地点での、車線変更違反、スピード違反(笑))。善は、賢明な人間が「大きな議論(土俵)」から賢明に懸命に考えてこそ、実現される。

さて、小沢さんに関して、検察(特捜)は「大きな議論(土俵)」をする賢明さを兼ね備えているか?
「引き受ける政治」の時代には、小沢さんも(ご本人は勿論先刻ご承知でしょうが)、民主党議員達も、民主党の支援者も民主党の健全な批判者も、検察(特捜)に対して声を揃えましょう、非難や追求ではなく、緊迫感を持って、大所高所から諭す余裕が欲しいものです。
善を為せ!!と、
「大きな議論(土俵)」に与しろ!と、
小さな自己満足に陥るな!と
目を覚ませと。

(日本人を止めた)無国籍人 | 2010年1月19日 16:06 
第1項を訂正します。独り相撲(笑)で済みません。
賢い妻さんの設定を漸く理解しました。その4円は、92万円と一緒にしてはいけないお金でした。

賢明な妻は、ご亭主の偉大さを賢明にも知っていましたので、その出所を追求をすることもなく、優しく返して、より善い仕事に没頭するように促しました。ご亭主は、身を清め心を引き締めて仕事に勤しんだ結果、・・・
5百万円云々は活かしてください(笑)。

無国籍人様

大変稚拙なたとえ話に反応して頂き、恐縮至極です。

今回の土地取引問題(4億)と国家予算の金額(92兆)を我々庶民の感覚に置き換えてみたら?と思い書いてみました。

この話を高校生の息子や70歳の母親に話してみると「4円の事より92万円の使い道の方が絶対先だよね!小学生でも分かるんじゃない?」って言ってました。

たとえ夫が「キャバクラ」へ行って来たときのオツリだとしても、今執拗に追及する事でも金額でもないはず。

今はとにかく借りたお金の利息も日々増えていくので、急いで新しい仕事をして、家族を安心させなければなりません。

今この状況で、4年前の「キャバクラ」のオツリを執拗に追求してくる「妻」は怖いですし、決して「賢明な妻」とは思えません(笑)

大義のためには何をしてもいい。

それがカルト宗教が自らの犯罪を正当化する理由です。

オウムもそうでした。

小沢信者も同じようですね。

アンチ小沢も、小沢をつぶせるんならば手段を選ばないようですけどね。

今朝の朝ズバでは、民主党の森ゆうこ議員が昨日のシンポジウムのパネルを手に掲げながら、検察がおかしい!と力説されてました。

今までは民主党議員もマスゴミ総バッシング→小沢=悪と洗脳された支持者からの苦情に自信喪失状態だったと思いますが、昨日のシンポジウムに参加・視聴した人は、やはりこれは検察の暴走だ!闘わないと駄目だ!と確信出来たと思います。

ただし、失礼ながら正直申しましてほとんどの国民は存在自体知らないドマイナーなシンポジウムです。
その上告知も十分にされたとは言いがたく、私もここ以外では告知を見ていません。
もし知っていれば見たかもしれない人達でも見れた人は極わずかでしょう。
数百万・数千万単位を一度に洗脳可能な東京キー局地上波TVの力に比べるべくもありません・・・

公式サイトには未だ録画動画アップがなされていないようですが、一刻も早くアップして、民主党議員全員はもとより、今回の検察のやり方に漠然と疑問を抱いている人達に知らせてみてもらうべきです。
運営の方々は、興味があっても見れないメディア=存在していないメディアと同じです。今は国の存亡の危機の真っ最中です! 可能な限り早く録画をアップするべきです。

それか、今後は圧倒的に有名なニコニコ動画で配信した方が良いでしょう。
ネトウヨの溜まり場というイメージの強いニコニコですが、コメントは特定の悪質な荒しを排除して放送する事も可能ですし、ニコニコ動画そのものは中立的な立場で運営されている独立系メディアですので、一人でも多くの人に存在そのものを知らせるには有利なメディアだと思います。
(神保さん等と一緒に大臣の記者会見に生放送参加されているメディアでもあります)

投稿者: 匿名 | 2010年1月19日 18:21さん

この手の方は、
犯罪は犯罪だから検察が正しい
   ↓
民団とか朝鮮がどうしたとか
   ↓
しまいにカルト宗教

出没する時間から、下っ端官僚の強制残業かな?と思ってましたが、ワンパターンのコメントを見ると、マニュアル片手のバイトですかね?
本当に自分の意見でコメントしているのか?疑わしいです。

さて、オウムはれっきとした犯罪集団であり、それを引き合いに出して誹謗中傷する行為は犯罪になります。つまり、あなたも犯罪者!(私もですけど)もっとも特捜部もリークしているのが事実なら犯罪者集団(リークした当人及びその事実を知りながら隠匿しようとした者並びに制止しなかった者)ですが。

強盗集団が立ちションの摘発に全力をあげる暇があったら、景気対策を早くやらないと、甘い汁の元がなくなってしまいますよ。

賢い妻?さん | 2010年1月19日 17:24

折角ですからお話をもっと膨らませてみませんか・・(笑)。

その「賢い妻」は、今日の今日までアングロサクソン流の単眼思考で単純な二元論(正義か悪か)を確信していましたが・・、
翌日永田町一丁目7番1号での仕事の合間を縫って出頭してきたご亭主と話をして気付きました、今は立派な仕事師に変貌していることを、そしてそれが本物かどうかもう暫く泳がせて観る価値があることを。複眼思考で東洋流の「気」(蛇足:合気道の気)が齎す胆力が重要な局面があるのだったと。
世間の批判は全く恐れるものではないが「賢明を取り戻した妻」たるもの、よくよく考えれば「過去」の不始末を騒ぎ立て亭主の志を挫き、家族の将来を危険に晒すだけが能ではない、自分はそんなに愚かでも馬鹿でもないことに気付いたのでした。
振り上げた拳の下ろし方何ぞ、周囲の注意は直ぐに余所に向かうので気にすることは全く無いのだと・・。
肝心なのは、家族と社会の将来であり未来なのだと。
さあ、精々亭主の頭ではなく尻を叩きましょう、しっかり働け!!と(笑)。

木村三浩(一水会代表)様

昨日は大変失礼なことを書きまして申し訳ありませんでした。今にして思えば勘違いでした。

昔、大隈講堂前は夕方になるとブルーグラスバンドが現れ、傍らではベンチを台にして新右翼の薔薇族おにいさんがビラを刷っている。不思議な光景でした。木村様は当時高校生でしょうから、私の間違いです。

きのうは本当にすばらしかったです。これからも頑張ってください。日本をまともな国にしていきましょう。次回は田中真紀子を連れてきてください。

木村三浩殿
 やっと本当の右翼が理解されかけていると思いませんか。
『日本の一番長かった日』に、愛宕山で手投弾で自決したエリート達、その翌日の『指揮官たちの特攻 』・・・・・右翼も左翼も無い。
そこに有るのは歴史の重み。
2010/01/18日に貴殿の発言があった事を、少なくとも私は忘れない。
------------------------
貴殿が武彦先生の愛弟子であることをこれかも貫いて欲しい。
今、一枚の写真を見ている。
半世紀前の横浜華正楼。
武彦先生と周明先生ゆかりの人々、その後ろに台湾独立党の党首。
小学生の私に判らなかった。
日本政府は強制送還を許し、蒋介石の死刑になるとは。
-------------------------
金大中先生の拉致を幇助した政府の犯罪。
右翼も左翼もない。
人権を尊重しない人間が日本人なのだろうか!!。
『君が代は千代に八千代に、公平で平和な日本』を作らなければならない。
お互い、このちっぽけな、そして稀に見る豊穣な島に生きている。
---------------------------

思想や政治的立場を超えて、多くの有識者が今回の検察とマスコミの動きに批判の声を挙げていること。それをもっときちんと明らかにする必要があると思います。どなたかが音頭を取って、共同で声明のようなものを発表することはできないのでしょうか?ただ単に、個々で声を挙げることだけでは埋もれてしまわないか心配です。シンポジウムを見ていて感じたことの一つです。ぜひ考えてください。急いで。

<治安維持法の復活を!>

小沢問題に関し世論は小沢批判で満ち溢れている。これは国民の検察擁護にも通じるが、今回のシンポジュームを見て、狂ったジャーナリストや犯罪者が大きな顔をして検察批判をしている姿を見て大いなる違和感を感じた。

「正義の超エリート集団の検察」を批判するとは、所詮、負け犬の遠吠えという感じはするが、油断をすれば国体を揺るがす蟻の一穴にならないかと心配した。

とにかく国民を<匿名 | 2010年1月19日 18:21>のような知能レベルに維持し「生かさず殺さず」しておくことが国家支配の要諦だ。

関係者によると自民党の清和会では、今回のシンポジューム出席者のような反体制ジャーナリストやお上に逆らう国民を監視するためにも戦前のような治安維持法の復活が必要だという意見も出ているそうだ。

何と心強い話だろう。

検察OB | 2010年1月20日 21:38

また出てきた。バカが出た。

そんなヒマあるなら仕事探せよ。

あっ、これが仕事だったんだよな。(超超超超超大大大笑)

 こんにちは。
 こちらにも、書かせていただきます。

 今回の一連の東京地検特捜部による捜査活動に対して、現段階においてだけでも、

 時を見て、指揮権発動をすべきです。
 
 それぞれが独立した検察権を行使出来る職責にある検察官は、訴追権限独占している上に強大な強制捜査権力を有して、主権者たる国民の負託を受けた現職国会議員を国会中に訴追できる権能を持つ者であるから、常に真実の前に謙虚であるべきで、求められる倫理観は国会議員のそれを凌駕するものでなければならず、常に法の元では公平・公正を旨とすべきである。その検察官は刑事裁判における訴追官として審級を通じた意思統一が必要であることから、検事総長を頂点とした指揮命令系統に服している(検察官同一体の原則)。

 司法行政最高権限を有する法務大臣は、検察組織全体への監視責務を一手に担っているわけだから、個別事案に関わる検察官に著しい瑕疵を見出したなら、実務統括指揮する検事総長に糺し、検事総長に対して躊躇うことなく指揮権を発動すべきである。もしそれを躊躇う事があれば、国家の統治権を、主権者たる国民から負託を受けた国会議員によってく構成される日本国統治最高決定機関としてのを権能を、検事総長に易々と譲り渡す、憲法違反を犯すことになる。もし、法務大臣が行使しないのなら、内閣の長としての内閣総理大臣が、速やかに法務大臣を解任し、自ら兼務して指揮権を発動すべきである。

 法務大臣の指揮権には、民主主義的な支持基盤を持たない行政機関である検察が、独善的な行動をとらないよう掣肘する目的がある。法務大臣の人事権とあわせて民主主義的な行政機関のコントロールを意味している。法務大臣と検事総長の意見が対立した場合、法的には「法務大臣の職務命令に重大かつ明白な瑕疵がない限り違法なものでも服従する義務がある」とされ、個々の事件についても検事総長を通じて各検察官に対して間接的に法務大臣の指揮命令が及ぶことになる。その結果是非については、指揮権を発動した際の国民世論が決定することとなり、政治責任の問題である。

捜査担当検察官の著しい独善による瑕疵など
 
1.政治資金規正法の適用において著しく法の基の平等を欠く、独善性の存在。
 1-1.直近にあった、鳩山由紀夫氏に関わる同法違反事件における悪質性認定との不平等な独善性。
 1-2.西松事件など、同法違反事件における同違反事実の他議員への訴追権現行使有無の不平等な独善性。
 
2.政治資金規正法適用実態の恣意的変更の独善性の存在。
 表で寡黙な検察官が、わざわざブリーフィングを開き、その変更について、何故か弁明している。
 
3.被疑者人権を著しく毀損する捜査担当検察官による秘密漏洩の独善的世論操作意思の存在。
 客観的事実として、捜査担当検察官か被疑者担当弁護士しか知り得ない供述内容が、
 3-1.被疑者担当弁護士が、自身が情報提供は無いと否定しているにも拘らず、一言一句正しいと認めるほど正確な内容が報道されている事実。
 3-2.被疑者担当弁護士が、全く誤った内容であると指摘するものが報道されている事実。
 
4.違法行為である別件逮捕を疑わせる、繰り返される強制捜査の独善性の存在。
 
・・・ など、幾らでも在る。

 しかし、・・・? 鳩山内閣は怯んでいるように見える。
法務副大臣 加藤公一 氏(衆院 菅グループ)、法務大臣政務官 中村哲治氏(参院)等にも期待できないのか?

 ならば、 国会:衆議院 法務委員会委員長 - 滝実氏(元法務副大臣 新党日本出身現民主党)、法務理事 - 阿知波吉信、石関貴史、辻恵、樋高剛、山尾志桜里 (民主党無所属クラブ )と、参議院 法務理事 - 今野東、松岡徹(民主党)(因みに、法務委員長は松あきら(公明党) )、その他民主党所属議員にご活躍願いたい。
 

検察OB | 2010年1月20日 21:38ヘ

こんなトンマがいたから、検察はさらに狂ってきているんだ。と云いたいが、
といってもあなたは検察OBではないとみた。
検察OBなどと言っているとまずい事にならないかな?何でも捕まえる検察だから、、

昨年の大久保秘書逮捕に疑問を感じ地検特捜部にかれこれ30回ほど抗議をこめて意見を述べました。またテレビ局や新聞社にも抗議意見もしました。特捜部に関しては電話するたびに事務官がかわり(50~60名位いるみたい)対応してきましたが、最近では通りいっぺんの例えば「リークはしていません」と声までが官僚そのもののアクセントのない答えしかかえってこない状態です。上の検事(40名程)を無理筋だとは分かっていたが絶えず要求しましたが結果はやはり皆無でした。それでも2人の事務官でしたが30分ばかりの話の中から、こちらの抗議に納得出来る雰囲気を感じさせるものもありました。もちろん彼らは自身の意見は述べられないわけですが、こちらからの問題提起に内心では納得し検察のやり方が少しおかしいなと思っていると確信じみたものを私は感じました。何より彼らは過去の検察の過ち事件や数々の冤罪にも詳しい知識がありました。それらに関する書物もたくさん読んで理解して、私に自分の意見も言ってみたい様子でした。最近は最初に言ったように紋切り型の答えしかかえってこず、昨日も検察不信で怒り心頭で、恥ずかしながら大声で抗議してしまいました。小沢氏の黒白よりその捜査手法はどうみても腑におちないからです。それと朝日新聞の購読をやめようと思い、おそらくスルーされるが一言述べてみました。
1月20日付社説は相も変わらず民主党批判ばかりでした。1行だけ「検察も無謬ではないだろうが」と触れていますがまさにどのメディアも何故か検察は善であり正義なる存在としての前提をもって小沢悪物語を展開しています。もしその前提が間違っていたらという想像力を何故持てないかがまことに不可思議な事象であると言わざるを得ません。それとも最初から恣意的に小沢叩き、民主党潰しありきではないかとおもわれるような報道のしかたがなされていますが…貴紙の昭和報道や大江氏の定義集を楽しく読んでいる私にとっていくら政治記事とはいえ朝日新聞の産経化はまことに残念です。何も政治と金を軽くみろなんては思ってはいませんが、とにかく偏り過ぎるのです。ジヤーナリズムは権力をウオッチすべきと確か去年、論説主幹の船橋氏は述べられていましたが、(およそ自民党政権時にそんな発信を聞いた記憶もなく大いなる違和感をもちました)それは本来的に政治家や行政府だけではなく検察官僚権力への検証も当然含まれなければならないはずです。過去の歴史はまさにその過ちをたびたび起こしています。そこから我々はどんな権力も腐敗する危険性がある事を学びました。そのため何万人いや何百万人もの命が失われました。そこにはある権力の暴走があり、その傍にはかならず本意か不本意かは別にしてジヤーナリズムが寄りそっていました。話は少しそれましたが、今回の件でも政治権力はもちろんの事、何より身体を拘束可能にする検察権力には特にジヤーナリズムは鋭敏になるべきではなかろうかと考えます。よく説明責任という言葉(ある面で私は違和感を感じますが)を小沢氏に求めますが、検察側に説明責任を求めるメディアを聞いたり見たりした例は記憶にありません。政治家の顔はよく見るしメディアにもしつこく追いかけられてますが、検察側の顔も声もこんなに世間の関心をよんでいるのに見た事も聞いた事もない。あるのはメディアを通しての真偽が定かでない報道のみです。おかしいと思うのは私だけでしょうか?それでいて時々、考えられない冤罪報道がなされている。これなんかは司法の怠慢故の結果である場合が多いようです。しかしその時メディアはどんな立ち位置をとっていたのでしょう。こんな現実を私は憂います。以上

<よく考えよう!>

匿名 | 2010年1月20日 22:18
匿名 | 2010年1月21日 15:50

同一人物なのかどうか分からないが、文章の裏を読みもせず反応する単細胞の人間だな。こんな人間が小泉劇場で乗せられたのだろう。

ジャーナルでも「小沢頑張れ!、検察くたばれ」と叫ぶ小沢信者といわれる人間も、5年前の小泉劇場では「小泉頑張れ!抵抗勢力くたばれ」と言っていたのではないかな?

どうも日本人は、表面的事象だけ捉えて単細胞的に反応する人間が多いような気がする。世の中や政治の世界は「水戸黄門」や「大岡越前」のような勧善懲悪の世界ではない。

政治は白黒がはっきりしない灰色の世界だからこそ、その中から真実をつかむためには、何事にも疑問を持ち、情報を集め、物事を論理的に考える「リテラシー」がなければならない。

B層のように何も考えず、識者や他人の意見にただ迎合していると、利口な役人、政治家に操られるよ。

今回は、文章は敬体です。

~小川敏夫議員と森ゆう子議員へ - 検察とマスコミに対抗する3提案~

「大岡越前」については、以下のURLを参照;
http://hiroseto.exblog.jp/12002622/

今、21日18:20。

1/18のシンポジウムの録画を
再生しようと、何度もトライしたが、画面がループして見れない。

どなたかこの原因が分かる人がいれば教えて欲しいのですが。

音声が悪くて聞き取りにくくて,途中で見る気がしなくなりました。
大手メディア並とは言いませんが,もう少し何とかならないでしょうか。
こんな物理的なハードルで,視聴者が脱落してしまうのは,もったいない気がします。

今回のシンポジウムでは、批判する対象の範囲が警察&検察&官僚とかなり広いですが、

今現在、小沢氏へのフェアで無い捜査に対する国民の憤りというものは、検察全般ではなくて、
東京地検特捜部という一点に向かうべきものではないでしょうか?

判っている方は、ちゃんと使い分けて書いているようでうすが。。。

今は、三井環氏が検察の裏金追及をしている事等と分けて考えたほうが、
事象がシンプルになるし最優先で抗議しなければならない相手が明確になり、
その一点に国民の怒りを集中したほうが効果的ではないかと考えます。

小沢氏の件は、一般的な検察批判とは違うように感じたので思いを書いてみました。

自民党大臣経験者の資質に?
 先ほど、NHKの午後7時のニュースで高村元外相がこう発言していました。「検察の暴走よりも民主党の暴走が100倍怖い。」と私は笑ってしまいました。これではまるで自民党自ら検察の暴走を認めていことを白状しているようなものです。こんな○○な方が派閥の領袖であり、日本の外務大臣であったということに開いた口がふさがりません。これではいくらお金を積んでも国連安保常任理事国入りなどかなうわけがありません。無能官僚と一緒に浪費した税金を国民に返してもらいたい。

今日の千葉法務大臣
個別な事案には(小沢さんの事)答えないが
一般論としては指揮権発動はありえる。谷垣氏しつこく小沢氏について訊いたが、否定はしなかった。指揮権発動はある、、一般論としては
もしかしてあるかも、、と思いました。検察に対する牽制にはなっていると思いましたが?
今日の予算委員会、自民党の質問、三人でしたが鳩山 小沢のカネの問題ばかりで、三人とも同じ繰り返しでダブリ、少しは打ち合わせをして質問をしろといいたい。
全部、新聞TV、からの引用質問で
自民党には攻めるネタなど一つもない事がわかりました。
ひどい質問ばかりで、鳩山さんから、憶測で話さないでほしいとたしなまれ、民主党議員からはヤジのシャワーを浴びて、柴山議員、小里議員、この二人最悪で、恥さらしでへろへろのくだらない質問をしていました。同じ自民党議員からも、こりゃだめだと思われたに違いない。今日は鳩山さん、気分的には楽ではなかったかな。谷垣氏は人がいいのか、攻めの押しは弱く、話題をすぐ切り替え、もっと押せと自民党議員に云われたりして、完敗、不発の巻でした。

浮浪雲さん

人によってPCの設定が異なるので何とも言えませんが、ブラウザを別のもので試してみてはいかがでしょうか。

恐らく最初からインストールされているIE(Internet Explorer)を使用していると思いますが、FireFoxやOpera等をインストールしてみたら良いかと。

今までIEではおかしかったものが、別のブラウザだと正常に表示できるようになる事が多いので、二種類のブラウザをインストールしておくと便利です。

音が悪くて、何を言われてるのか聞きとれないところが多い。

匿名様 (1月21日21:18)


早速のご教示有難うございます。
トライしてみます。

特捜部は、参考人としてではなく、黙秘権を告げた上での「被疑者聴取」とすることも検討しているもようだ。<時事通信1.21.20:24配信>
ガセかもしれないし、脅しとして流した情報かもしれないが、とにかく狂気の検察がいよいよ本性を見せ始めた気がする。マスコミは検察についている。国民は、どちらにつくのだろう。狂気に加担するのだろうか。狂気を阻止できるのだろうか。

私のPCも浮浪雲さんと同様に画面がループして見れない状態です。
ただ、匿名様1月21日21:18)が紹介してくれたプラウザの変更については躊躇しております。
以前他のプラウザに変更した時、あるソフトが機能しなくなった為、元のIEに戻すのに苦労しました。(単に操作知識が無いこともありますが)。

それで要望なのですが、発信側のほうでこの障害の対策を検討していただけないでしょうか?。

ループ状態で見れないのは私達だけでしょうか?他の方は?。
22日 0:34現在。 

少なくとも私の環境では正常に動画を閲覧できています。

何もせずに見れない見れないと文句を言う前に、検索エンジンを駆使して解決策を探ったり、別のブラウザを利用してみる努力をしましょう。

IEのバージョンを変えるとか、一時ファイルの削除、クッキーの削除などで見れるようになる場合もありますよ。
ツールからインターネットオプションを開いて閲覧の履歴を選択。
削除Dタブをクリック。
インターネット一時ファイルの削除タブをクリックすると削除が始まります。
Cookieの削除のタブも同じくクリック。
削除終了になったらインターネットオプションを閉じ、動画をDLしてみます。
大抵はこれで見られると思います。
IEはマイクロソフトのホームページにいき、自分のパソコンのスペックを検知してからスペックに合ったバージョンのIEをDLするか、他のブラウザを入れてみたらどうでしょうか。
IEはバグるので私はFireFoxを入れてますけど、IEとの同期性は殆んど変わらないので今は何の問題もないですけれどね。

>>投稿者: 匿名 | 2010年1月22日 00:09
たぶん国民の多くは検察を支持するでしょうね。このサイトに集まってるのは異常に民主に肩入れする人ばかり。まあ編集長からそういなんだが。

角栄の愛弟子の小沢氏に、カネでクリーンさを期待するのが間違ってるだろうね。ゼネコンへの影響力も無いワケが無い。

自民党には今更期待はしない。しかし民主にもガンがある。膿どころではない。それが世界が認める権力者なのだから始末が悪い

総理という人形は世間知らずのお坊ちゃん、操るのは最大の金権政治家。代議士は腰抜けロボット。衆院選では民主に投票したが、あまりの不甲斐なさに絶望してる。

伊藤ゆうき | 2010年1月22日 01:20 様

コメントする前にCookie、一時ファイル、履歴の削除を試みましたが、ダメでした。
ちょっと、いろいろと模索してみます。
お心遣い有難うございました。

>匿名様

まあ、はっきり言ってここは異常です。
なんで「小沢さんでなければ官僚に対抗できる人がいない」とそこまで頑なに信じ込めるのか、まるで理解出来ません。

多くの国民はとっくに鳩山・小沢政権を見限ってます。

本来、ここに結集した左派の最も嫌っていた政治家が小沢一郎だったはずなのにいつの間にか盲目的信奉者になってる。

わけがわかりません。

まあ、国民がどちらを支持するかは参議院議員選挙で結果が出るでしょう。

上司の命令ですか、必死になって検察を擁護したり、異常だの信者だのと書き込んでいる方がいますが。
特捜部のリークが問題になった時、「部下が勝手にネットでリークしてました」なんて責任なすり付けられないように気をつけた方がよろしいかと。
部下に汚れ仕事をさせる上司は、責任取りませんよ。まあ、将来有望な部下にはそんなことさせませんけど。

匿名 | 2010年1月21日 21:18 様
伊藤ゆうき | 2010年1月22日 01:20 様

試行錯誤の結果、最終的にFireFoxをインストールしてこのプラウザで表示した所、画面のループ現象は解消され視聴できました。
心配していたソフトは今回正常に機能しています。(前回の障害は何だったのだろう?)

皆様、及び配信元のスタッフ様、お騒がせして大変申し訳ありませんでした。

ちなみに、プラウザの変更で何か障害が起きた時の修復は、
①「スタートメニュー」
②「プログラムのアクセスと既定の設定」
③「カスタム」
④「既定の Web ブラウザを選択してください」
でプラウザを指定すればOKみたいですね。

何でこんな記事が事前に流布されるのか。検察と報道は全く誤った手法をとっている。常軌を逸していると言うだけでは済まない。小沢さん側がコメントしたわけではないだろうに。以下は日経から:
小沢氏「個人資金7億円」 自宅に現金保管
 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で、小沢氏は東京地検特捜部の任意の事情聴取に対し、土地代金に充てたとする「個人資金」が総額7億円弱に上ると説明する方針であることが20日、関係者の話で分かった。2001年までの9年間に小沢氏や家族名義の定期預金や金銭信託、外貨預金などを解約、自宅で現金で保管していた、と主張する見通し。
 特捜部はゼネコン側の裏献金が土地代の原資の一部に含まれているとの見方を強めている。聴取では、土地購入までの保管状況や資金の内訳などの説明を求めるとみられる。(08:11)
同郷の者は何時までも小沢応援団だ。地縁血縁は固い。

前の記事にも書きましたが、再度、投稿致します。

この広義の「鳩山・小沢問題」を国際的な議論とする為に、人権と報道のあり方を取り上げて下さい、とアムネスティーインターナショネル・ジャパンとBBCWORLDNEWSジャパンにメールをして置きました。
民主党は世界の人権団体と国際的なメディアを味方に付ける必要がありますからね。
昨日、再審が開始された足利事件の二の舞にしてはいけません。小沢さんと3人の逮捕された人達を。絶対に。明日までに、この問題を世界的に広める必要があります。

大谷さんとか出席して色々とおっしゃてますよね?、しかしスーパーモーニング等での発言は全く違ったことを言ってます。又、山口一臣さんも週刊朝日の編集長ですから本来言いたいことをスーパーモーニング等では殆ど発言されていないように思うのですよ。
未だにテレビでは「小沢氏からの不記載の4億円の出所」という嘘報道を垂れ流していますし、虚偽記載に付いても不記載の4億円と嘘の報道に終始されてます。これは一体どういうことでしょうか?逮捕状に記載してある容疑すら正しく報道せずに報道は一体どうしてしまったのでしょうか?
こんな無茶苦茶な報道を許してて良いのでしょうか?

テレビ、特に、朝ズバの内容は、最悪です。

何が最悪か、ミノモンタの執拗で、もんきりワード、ビックワードの連発、意図ありありの番組編集は、最悪だ。

もんた氏、弁・・私達国民は、新聞しか情報が無い、などマァー思惑コメントの連続、あきれます。
もちろん適当にOFFにいたしました。

それにしても、新聞は、読みませんが、テレビも今回騒動で小沢さん関連は、多少見ますが、もう見ません。

Webのみ情報収集し、自己思考で状況を見て行く決心をする。

新聞、テレビ。具に拝見、多幸々々。

一、陸山会の儀、その元において種々雑説申すについて、検察様ご不審の由、もっとも余儀なく候。さりながら、ネットの間にてさえ、色々雑説止まる時なく候。いわんや遠国と云い、秘書若輩と云い、似合いたる雑説と存じ候。苦しめからざる儀に候の条、尊意安かるべく候。定めて連々聞こしめし届けらるべく候こと。

一、小沢の心中、毛頭別心これなく候えども、讒人の申し成し御糺明なく、逆心とおぼしめすところ、是非に及ばず候。かねてまた御等閑なきしるしに候わば、讒者と御引き合わせ、是非をお尋ねしかるべく候。さようにこれなく候わば、検察様表裏と存ずべきこと。

一、内々に検察様へ使者をもってなりとも申し宣ぶべく候えども、某国より讒人打ち詰め、種々申しなし、家中より金沢引き切り候の条、逆心歴然に思しめさるべきところ、ご音信などと申し上され候わば、表裏ものの第一とご沙汰これあるべく候条、右の条々、御糺明なきうちは申し上されまじき由に候。全く疎意これなき通り、せっかくのお取り成し我らにおいても畏み入るべく候こと。

一、何事も遠国ながら校量仕る儀候条、有り様に仰せ聞かさるべく候。当世様に余情がましきこと候えば、自然誠のことも嘘の様に罷りなり候。申すまでもなく候えども、御目にかけらると云い、天下黒白をご存知の儀に候条、書付けまいらせ候。慮外少なからず候えども、愚意を申し宣べ候。尊意を得べく、その憚りをかえりみず候。侍者奏達。恐惶敬白。

arakawaさん

みのもんたは安倍政権の時に安倍元総理と一緒に食事している事を、番組の中でニタニタ笑いながら何度も自慢していたような自民党とズブズブの人間ですよ。

先の自民党・石原都知事によるオリンピック招致イベントにメインゲストで呼ばれて言った事も自慢してましたし。

政治の事を扱う番組の司会者であれば、普通の先進国じゃありえないでしょう。
その上みのは自分のやっている水道メーター会社の事もあり、元から自民と深い仲です。

田原総一郎のような偏向司会者というより「番組の司会もやってる自民党関係者」ですよ。

武術の達人は戦わずして勝つ、いわゆる「無手勝流」であり、気迫のみで相手を圧倒する。
「伝家の宝刀」も別に抜く必要があるわけではなく、相手にこの気迫を示すだけでいいのである。

思うに「指揮権発動」も同じである。
少なくとも原口氏の「クロスオーナーシップ禁止宣言」は、この役割を果たしている。
ならば、各政治家たちに問う、国会議員として「誇りと自負」に裏付けられた「気迫」を何故示せないのであろうか。

国民の審判を受けたわけでもない、検察官僚ごときが、3000万の国民に支持された政党幹事長とどういう面下げて対峙するというのであろうか。

小沢が悪いと百歩ゆずっても、自民党、二階の秘書、在宅起訴それも検察審議会差し戻し
2回後、それも容疑を突然否認から認める。そんな検察のやり方を信じろと言っても無理だ。もっとマスコミも報道してほしい。そんな公平に扱えない検察官はやめろ。自分たちを正義、国家は自分たちで動いてるとしか思えない行動だ。

官僚主導の政治の終焉の道のりはこれからです。政治主導に政治を改めるには、今年の夏の参議院選挙では自民党ならびに公明党に徹底的に鉄槌を下さねばなりません。

自民党清和会は言うにおよばず、創価学会と警察、検察との間の目に余る実態は凄まじいものがあります。本来なら議論の俎上にも載たくありませんが、未だ知らない人のために引用します。

創価大学を卒業した身内が創価学会に批判的な乙骨正生氏の記載は参考になりましょう。(http://www.forum21.jp/contents/04-9-1.html)

尚、当方は創価学会、公明党とは何の関係もございません。また本サイトを引用した根拠は創価学会の批判部分のみであります。誤解無きように)

「原口一博総務相が「関係者によると」との表現を使うテレビの報道が「不適だ」と発言、「報道規制だ」との批判が起きている。」

またまた出ました、ご都合主義の「通信の自由論」
こんなことは、既に決着済みのこと。
かつて、「通信の自由」をたてに、通信会社やISPは犯罪捜査であっても「通信の秘密」を楯に協力を拒んでいたくせに、多勢に無勢にまけていまや180度転換している。「報道規制」か否かを云々する以前におまえ達には「放送の公正中立」が問われ、「規制」を隠れ蓑に「リーク垂れ流し」と恣意的捏造による世論操作と、検察メディアへの無批判的迎合の姿勢そのものが問われているのだ。なにが「報道規制」であろうか。

ひよるな、原口大臣!

話がくどくなること承知の上なれど、ご容赦下され。

我々の出来ることは、検察、メディアに正当な抗議の電話や電子メールを送ること、また会社同僚、近隣市町村会合、自治会会合、同窓会、同好会、NPO会合等々で今の検察の狂っている実態、過去の誤った検察歴史(冤罪等)を話すことでしょうか。

あるいは電子メールで知り合いに事実を知らせる関係資料、URL、ブログを紹介すること。そして、新聞、テレビでの誤った垂れ流しの実態を伝えること。そのほか新聞購読不買運動位でしょうか。微々たることですがひとこと。

 自民党の異端児(良識)河野太郎衆議院議員のブログ「ごまめの歯ぎしり」1月21日を読みました。
 やはりこの一連の報道に対し、リーク情報の可能性を含みながら批判していました。
 普通に考えれば当然のことですが

日本は戦後60年以上も経過し、一見独立国であるようだが、未だ本当に独立できていない。自民党時代に日米問題は外務官僚主導で米国従属外交を貫き、本質的問題解決を先送りしてきた。そのつけが現在におよんでいる。

反米を唱えているのではなく、対等の日米同盟を望んでいるのである。今の日米関係はどうみても対等ではない。

また沖縄基地移設問題は、結局、日・米の利権問題という我欲に行き着き、これが政権交代後の政治をこじらせ、歪ませている。

肝心な政治変革の時を迎えようとすると悪徳ペンタゴンが動きだし、旧来の既得権益維持のため何でもありで暗躍する。特に国際金融資本、国防総省、軍産複合体等がCIAを介して動き出す。これは過去の歴史をみると陰謀論では済まされない。

下記の一覧表は何度見ても驚愕せざるをえない。

(田中派) 田中角栄 逮捕 ロッキード事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)竹下登  失脚 リクルート事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)金丸信  失脚逮捕 佐川急便献金・脱税 (←東京地検特捜部&国税) 
(経世会)中村喜四郎 逮捕   ゼネコン汚職 (←東京地検特捜部)
(経世会)小渕恵三 (急死)(←ミステリー)
(経世会)鈴木宗男 逮捕 斡旋収賄 (←東京地検特捜部)
(経世会)橋本龍太郎 議員辞職 日歯連贈賄事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)小沢一郎  西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)二階俊博  西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)  (人身御供にされた)

(清和会創設、CIAから資金援助) 岸信介(CIA工作員) 安泰
(清和会)                 福田赳夫   安泰
(清和会)                 安倍晋太郎  安泰
(清和会)                 森 喜朗    安泰
(清和会)                 三塚 博   安泰
(清和会)                 塩川正十郎  安泰
(清和会)                 小泉純一郎  安泰
(清和会)                 尾身幸次   安泰

なんともわかりやすい構図ではないか。経世会、親中外交を推進する政治家が検察に嵌められている。
結局、今にいたっても、親米、CIAの支配下にある検察は日本の政治を歪ませていることが如実にわかろうというものである。

虚偽記載で国会議員逮捕なら自民党の主要議員は殆ど逮捕とならねばならない。しかし清和会自民党議員には逮捕者は出ていない。どう見ても検察は恣意的に国家権力を行使している。法治国家であるまじき法の番人が法を犯している。

検察は違法行為である取り調べ情報を捏造し、リークとメディアの垂れ流しによる世論誘導までしているのであるから、最終的手段として指揮権発動は当然である。

「治安維持法を復活させろ」だの
「指揮権を発動しろ」だの
ほとんどカルト教団の様相を呈して来ましたね。

このサイトに集うジャーナリストや書き込みが信用できないのは、もしこれが自民党に対して行われたものや、小沢が自民党にいた場合、全く逆の検察支持に回るだろうと言う事が読めるからですね。

「治安維持法」に「指揮権発動」を自民党に対しても言えますか?

度し難き愚物どもだ。

WL1の風  さま(| 2010年1月22日 12:10)

ご存知かもしれませんが、原口大臣の「議員日記」の一文を転記しておきます。
彼は彼の行政府の一員という立場の中で精一杯に国民のために闘い、小沢さんの援護射撃もしてくれてますね。
がんばってほしいものです。

============================================
2010年01月21日(木)
自由を奪うものの正体?


  問答無用・ルール無用。
社会の至るところに古い長期政権時代に作られた「統治」の仕組み。
それに反抗するものは「抹殺」しようとする既得権益。
網の目のように張り巡らされた仕組み。
「おかしいけどしょうがないね。出入り禁止にされたら困るし。」とジャーナリズムの自由まで奪う。

 自由を奪っているのは?

 表現の自由をうたう一方で「暗黙のルール」を破ろうとしないどころかそれに便乗していく既得権益。

 かつて既得権益に挑み、自らも新しいメディアをもとうとした若者たち。「虎の尾」を踏むことに?「怖れ」に屈せずに頑張ろう。


あの シンポジュームの音声がこもって ほんどんよく聞き取れないんですけど。 みなさんはどうですか。 聴き取れますか。それとも、私のパソコンが悪いのかな。どうなんでしょうか。

<支離滅裂の蛆虫だ!>

ここは小沢信者の巣窟 | 2010年1月22日 13:01

この蛆虫、何が言いたいのだ。多分、文章の表面的な部分に過剰反応し精神が錯乱しているようだな。社会性の無い未熟者なのだろうが、もう少し落ち着いてよく考えな。

俺も未熟者だが、君の未熟さは小学生以下だよ。

投稿者: 瓜生 | 2010年1月22日 12:37さん

国会議員として初めて政治資金規正法で逮捕された、坂井隆憲さんは何派だったかご存じですか?

勝元 | 2010年1月22日 17:00 様

パソコン画面の右下にある言語バーのミュート(スピーカーマーク)をクリックして最大に
また
動画画面の右にあるスクロールバーを最大にして聞きました。

ただ、田原氏の声はハンドマイクを使用していない為、聞き取りにくかったです。 

LUES | 2010年1月22日 17:38 さま

ご解答ありがとうございます。
わたしも 一応 音量を上げたんですけどね。
音がこもるのは なかなか取れないです。
イコライザーが使えるとかなり「こもり」を取れると思うんですが、イコライザー機能は見つかりませんでした。

勝元 | 2010年1月22日 20:07 様

私も????な状態です。
どなたか、ヘルプお願いします。

ここは小沢信者の巣窟 | 2010年1月22日 13:01

ネット初心者ですか貴方は?

2ちゃんねるでいう所の「釣り」(※)に引っかかり相手にする貴方も、同様の掲示板荒しですよ。

※釣り:わざと誰かの怒りや反論等を煽る発言を行い、レス(返答)を期待する書き込み。2ちゃんねるでは相当の初心者か、本当に精神に異常のある人でもない限り普通は誰も相手にしない。相手にするのは同様の掲示板荒しとして叩かれる。「10年ROMってろ」といわれる。

勝元 | 2010年1月22日 20:07 様
LUES | 2010年1月22日 21:33  様

私は、動画を見るときはヘッドフォンを使うようにしています。以前、高野氏の出演されている動画を見たときに声が聞き取りにくかったので、それ以降はvideonews.comを見る時でもヘッドフォンをつかっています。

一度使うと、手放せません。

hiro | 2010年1月23日 06:46 様

なるほど、ヘッドフォンですか。
さっそく私も使用してみました。
私の場合、安い電気機器付属のイヤホンでも確かに聞き取り易いですね。

有意義な情報有難うございました。
勝元さんもこの方法で解消出来ればいいですね。

あのー、私はすでに
ヘッドフォンを使っているんですけど。(笑)

ヘッドフォンを使った上での
質問でした。

勝元 | 2010年1月23日 09:33 様

ちなみに、最初に発言しているコーディネーターの青木氏のマイクは確かに音声は良くありません(「こもり」がちに聞こえる)けれど、他の出演者の声は田原氏を除き良い状態です。

他の動画の音声に比較して、極端に悪いのであれば、PCが原因ではないと考えられます。

勝元様 再度のコメントすみません。

このシンポジウムの一部を別のサイトでも公開しています。

http://www.ustream.tv/recorded/4066036

同じ動画ですから変わらないでしょうか?

投稿者: LUES | 2010年1月23日 10:52 さま

再三再四、親切な解答ありがとうございます。
同じですね。

windows media playerではエコライザー機能があるので、それで周波数を調整できるのですけど。
低いほうの周波数をある程度
抑えれば 大分聞きやすくなると思いますが、そういう機能がないので ざんねん。

検察OBさん
神保町フォーラムを批判してますが、このフォーラムには一水会代表まで呼んでいます。どこに偏りがあるのでしょうか?犯罪人とも批判していますが、罪をでっち上げたのは貴方達ではないのでしょうか?彼らは顔も身分も全てオープンにして自分の意見を述べています。貴方は検察OBと名乗っていますがそんなの幾らでもいるでしょ。過去に悪い事(冤罪作りか裏金作り等)でもやって居なければ堂々と名前または本当のイニシャル位つけてみてはどうでしょう。きっともう少し真面目な書き込みに変えられるでしょう。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

ここは《THE JOURNAL》運営事務局からのお知らせが中心になります。
コメントも入れていただけますので、もしご質問等ありましたら、お気軽に書き込んでください。
お答えできる範囲内の事は、できる限り対応させていただきます。
個人情報を含んだものに関しましては、こちらではなく、トップページから「お問い合わせ」にて送信ください。

BookMarks

東京万華鏡:TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER(インサイダー)
http://www.smn.co.jp/insider/

株式会社ジェイトランス
http://www.jtrance.co.jp/





当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.