Calendar

2009年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

梨元勝『酒井法子 隠された素顔』緊急発売!
山和 10/11
Rio 10/11
文闘春潮 編集長9/x 10/11
10/11
Rio 10/12
文闘春潮 編集長9/x 10/12
匿名 10/14
Recht 10/15
ハレー彗星 10/15
匿名 10/15

« 週刊ダイヤモンド:相川俊英氏が注目知事をインタビュー
メイン
山崎養世、"高速道路無料化"について語る! »

梨元勝『酒井法子 隠された素顔』緊急発売!

noriko091009.jpg
『酒井法子隠された素顔』

《THE JOURNAL》でもお馴染み、梨元勝氏の新刊の紹介です。

おなじみの芸能リポーター梨元勝さんが、テレビ、週刊誌、新聞に持ち込んだものの"拒否"されたネタを、余すところなくまとめた一冊。

復帰へのデモンストレーションと噂された記者会見での「21粒の涙」の真相から、酒井法子の生い立ち、なぜ薬物に溺れたかまでを明らかにする。

nashimoto091008_1.jpg
2009年10月8日:編集部撮影

10月6日の緊急出版に合わせ、昨日8日、トークイベント「ストップ・ザ・覚せい剤」が行われましたが、編集部は、現場にうかがい、イベント後に独占取材をおこないました。

その模様は、後日、映像でお届けいたします。

梨元 勝(なしもと・まさる)
1944年東京都中野区生まれ。法政大学社会学部卒業後、講談社「ヤングレディ」取材記者、テレビ朝日「アフタヌーンショー」リポーターを経て、1988年より同局「やじうまワイド」「モーニングショー」(現「スーパーモーニング」)のリポーター、コメンテーターとして活躍。2000年には芸能リポーターとしては初めて函館大学客員教授に就任。現在は「サンデージャポン」(TBSテレビ系)、「どですか!」(メ~テレ)、「めんたいワイド」(FBS)に出演するほか、携帯サイト「梨元・芸能!裏チャンネル」などで芸能スクープを飛ばし続けている。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6050

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 梨元勝『酒井法子 隠された素顔』緊急発売!:

» 五輪招致失敗で150億すっただと!? 「痛くも痒くもありません」 意地張る 慎太郎 送信元 ラ・ターシュに魅せられて
このところ、更新作業が滞っています。 別に、交通事故にあったわけでも、インフルエンザに罹ったわけでもないのですが、本業以外の細々とし... [詳しくはこちら]

コメント (27)

私はハンドルネームのごとく、山奥で蟄居しておりますので、なかなか書店に行くと言うことが出来ません。
アマゾンなるネット書店からは断固買わないという主義でもありますし・・・(地域の書店は地域の文化を守る場合もありますので)

梨元氏のことですから、酒井法子のことをもって、芸能界の闇の部分にメスを入れられていると想像します。

芸能界は社会の「はれ」を受け持つと同時に「け」の部分も司ると思っております。
その「け」の部分で闇の勢力と繋がり、又は闇そのものであったりしていましたね。
美空ひばりと山口組との関係など周知のことですし、地方の「芸能社」などはそのまま「その筋」であったりしています。

その関係を肯定するわけではないですが、「出雲の阿国」の時代から持ちつ持たれつ出来ており、双生児のような関係でしょう。

そこに「薬」が入ることにより、それが犯罪になる状況になるのでしょう。
また、芸能人という「有名人」が「薬」をすることにより、若者にとって「薬」を近い存在にさせる効果があるのが問題です。

芸能界からどうやって「薬」を追放できるのか?
梨元氏の活躍に期待しています。


限りなくどうでもいい話なので、たぶん一生読むことはないと思いますが。裁判前なのにいいのかな、という感じ。判決において「社会的制裁」の一環として、執行猶予や減刑の理由にもなるはず。
裁判員制度がはじまったのに、マスコミはこういうことこそ改めるべきだろうに、「売らんかな」主義ではね。
このサイトの運営者に猛省を促したい。宣伝するべきではないのではないか

私は芸能人が刑事事件を起こした場合、刑事罰の量刑は一般人よりもはるかに厳罰であるべきだと考えてます。そこで誰が芸能人かでそうでないかを線引きするために、芸能界を統括する役所なり公的団体を作って、そこに登録しないと芸能活動できないようにすべきだと考えています。そうすればここに登録していたら芸能人と認定して量刑は厳罰、また有罪確定とともに除名して一切のメディアから永久追放できるような制度を作るべきです。これは犯罪だけでなく、政治的に不適切な発言をした芸能人にも除名・追放制度を適用できるようにすべきです。芸能人だけではなくスポーツ選手や作家やクリエイターなどにもこの制度を作るべきです。
どうしても秩序から逸脱する傾向のある人間が多い文化芸術界の人間を、公的機関がしっかりと管理することこそが芸術文化の発展につながることだと思います。

梨元氏には悪いですが酒井法子の事件のマスコミの扱いは矛盾を感じこの件を単なる商売のネタにしようとしているだけではないでしょうか?
覚醒剤は犯罪であるのは充分承知していますが「なぜ今酒井法子」で出版なのか、今までにも芸能人で何度も覚醒剤で逮捕された人がいるのでは?何度も逮捕されている様な人を取材し本にして出す方が説得力があると思います。
本の内容は知りませんがもしも生い立ちがどうとか父親が元ヤクザだったとか育ての母だとかは今更だし薬だって夫に勧められて始めたとの話だし、夫は正直素人目に見ても元々普通の人には見えないような方でしたし。
テレビ・週刊誌・新聞に拒否されたという内容ならば個人的には酒井事件の直前に起きた押尾学の事件の方が興味持たれるのでは?噂では押尾学の件は現場となった六本木ヒルズがらみで深く追求していくと大物にぶち当たるのでそれを回避する為前々から内定していた酒井の夫を急遽職質から逮捕というシナリオを作ったと言われていますが。

梨本さんには厳しいですが、ここ「THE JOURNAL」への投稿は梨本さん自身のものはいくつあったんでしょうか?

仮に法外な事実があったとして一般人であっても芸能人であっても悪は悪ですが、まだ起訴もされていない裁判も行われていない段階で、人をネタにして飯の種にするようなこういった類の本を、宣伝する事務局様の姿勢に疑問を感じます。

私自身果てしなくどうでもよいことですが、サイトの運営姿勢としてどうかと思いましたので。


自らを、特権階級であり選ばれた人種であることを自認している芸能界の連中の不始末など、この場に必要でしょうか。政治や一般世間に多少なりとも関連したことであればともかく、別世界でテキトーによろしくやってる人達のことを敢えて取り上げる意味が分りません。まして、それ幸いに待ってましたとばかり、暴露本の前宣伝ですか。正直願い下げです。

<どうでもいいけど...>
《THE JOURNAL》事務局を批判するのは筋違いではないでしょうか。
梨本氏に対して意見を述べる事は大いに結構だと思いますが...。
例えば、私も田原さん板には、田原さんへの批判をコメントしたりしますが、田原さんを取り上げた《THE JOURNAL》事務局は批判しません。
どんなにくだらない書籍の宣伝でも、イヤなら無視すればいい。私も含め、どうせ買わないのだから。梨本氏に対しても裁判を控えたこの時期に、金儲けしようとは、見損なったぞ!と人物評価を下げた。
ただ、それだけ...。氏に対してコメントするのもバカバカしい。

梨元さん、色々大変ですね。
既に酒井法子事件は、ネットの世界では押尾事件を隠蔽するためとの常識が成り立っているのを未だご存じないとは・・・。それよりも、梨元さんがその情報網?を駆使してこの厳しい世の中をどれほど上手く泳いできたかを本にしたほうが余程売れると思いますけどね。自公政権時代、政財界に深く浸透し、その影響力を深めてきたのかを含め、闇に隠されて来た真実の公開をぜひともお願いしたいものです。それと、あの悪名高き「二階堂ドットコム」の管理者との関係もきちんとご説明頂いたほうがよろしいかと思います。政権交代後の梨元さんが、今後どのように変化して行くのか、それとも自滅に向かうのか?とても楽しみにしております。

■芸能ネタで食べてるだけに情報源とマスコミ開示枠をネゴってあとは自己利用。でもほんとうの父親像に迫っているかで取材力がわかる。リポーター生命を賭けオッシーネタに迫る気概・根性があれば口角あわや宣伝は不要です。

 事務局を聖域化するのはよくない。批判を助言と受けとめてはいかが。民主党嫌いな(?)nikaidou.comさんも今日「中小企業事業整備機構に1兆円くらいキープされてますけど。」とありがたい助言をしてくれてます。民主党の皆さん、この助言をどうぞ生かしてください。

押尾ネタを取り上げないのは
つまり取材する側もひっくるめて
つまりはそう言う事なんだと
解釈しております。

芸能の世界をリポートするのは、それはひとつの仕事と考えられます。また、極めて表面的な芸能の世界の裏側を紹介するのも、その仕事と思います。しかし、芸能を職業としている人たちは、プライベートも売り物にしているわけではない。プライベートもどうぞ報道してください、という芸能人がいたとしても、それは少数であることは伺い知れる。
それでも、芸能人のプライベートは知りたい。これは大衆のゴシップへの興味がそうさせている。芸能リポートはそれに応える。では、その「ゴシップへの興味」とはそんなに必要があるのか。公益に準じるといえるのだろうか。誰にでも、私にもそういった興味は内在するが、そんなのは「あの女の人の裸が見たい。あの男の人の裸が見たい」というのと同じようなもので、だからといって実行に移せない、やってはいけないと感じるものに部類する。しかし、その「やってはいけないと感じるもの」を、芸能リポーターは代行してくれる。
人気のバロメータがそのまま生きる糧に繋がる芸能人にとっては、不当であろうと正当であろうと、大衆の意見に従わなければいけない。苦境にあり問題を解消しなければならない状況であればなおさら、土下座して足蹴にされても文句ひとつ言えない。それを良い事に、無関係であり被害を受けていない者までもが、それに参加して憂さを晴らそうとする。芸能リポーターはそれを煽って利益を得る。
そこには人権配慮やら社会的利益などは微塵も感じない。であるのに、大衆の負の興味を錦の旗印のように、反抗できない相手を貪る。それがどれだけ醜いことなのか、これに関わる全ての人は分かっているのだろうか。

芸能リポートの全てを無用・人権侵害ばかりであるとは言いませんが、人の負の感情ばかりを煽り立てて、より重要な解決や問題点に霞をかけてしまうやりかたは、魔女裁判のそれと同じではないでしょうか。芸能リポーターは、火あぶりの薪に火をつける存在であって良いとは思えない。

押尾をやったら読みますよ。

麻薬と売春に関する報道・司法自体が下らなさ過ぎる。
歴史的・世界的には麻薬販売者・売春仲介者の取り締まりこそ法目的である『良俗の保護』ではないのだろうか。
末端の麻薬患者だけをを犯罪者にするのは、本末転倒している。
『麻薬使用者の処罰』は刑法の目的ではなく手段なのではないか??。

囮捜査やマネーロンダリングの摘発等、
良俗保護への検討課題に余りに消極的ではないか。
私の住む町ではデリヘルの携帯電話番号が所狭しと貼られている。
これが法治国家なのだろうか。

要はシャブ中、酒井法子の暴露本ですよね。全く興味がありません。芸能記者としては飯の種でしょうが、このサイトの空気を読んで投稿してもらいたい。同じお金を払うなら、もっと良質な本を買います。

梨本さんはじめ芸能レポーターの人たちについていつも思うのですが、人のことを言う前に、貴方や貴方の家族の隠し事を話してからやれよと言いたいです。人間だれしも弱みがあるのではないでしょうか? 自分の弱みを棚に上げて、弱い人たちをいじめる人は最低だと思います。

芸能人が転落しようが墜落しようが知ったことではない。だいたい本人が出すバクロ本ならともかく、他人が人のプライバシーを暴いて公にし、カネ儲けすることに嫌悪感を覚える。
名うての芸能レポーターだというなら、芸能界の薬物汚染の実態を暴き、世に告発してもらいたい。

em5467-2こと恵美さま

この投稿は事務局によるものです。投稿者に対して意見するのが普通かと。梨本氏は自分で投稿したわけでもないのに批判され、むしろ戸惑っているのでは?

私はTHE JOURNALがこのような「暴露本」の宣伝に加担することは疑問に思いますが。

未成年は実名報道しない、裁判員制度により「予断を与えない」報道が要求されること、メディアスクラムの問題など、報道機関にはさまざまな課題があるようです。ネットメディアと言えどもメディアである以上、無関係ではないはずです。ネットだから何でもアリではたまったものではない。
報道や倫理における基準は整っているのか疑問です

全然記事投稿なしで広告宣伝。しかも弱い者叩きの本の広告ですか。外道でしょう。The Jounalはこの人をブロガーと言うのですか。失望しました。

仮にも芸能レポーターを名乗るのでしたら、「芸能人本」ではなく「芸能本」を出版して欲しいものです。

私には、どうでもいい事ですが、新聞先進国と言ってもいい英国では、高級紙・一般紙でもゴシップ記事は広く取り扱われ、意見記事も大きく掲載される。
最近テレビのニュース番組は、ほとんど観ないので分からないが、ニュースステーションで久米宏がほとんどコメントを言わない時期があった。
これはコメントをすれば誰かしらに良くも悪くも影響があるからである。
だから、自主規制をして、なんの意味も無い優等生で一見真面目で無難なコメントをするようになる。
このサイトでも勘違いしたコメントをよく見かけるが、
これは、日本が欧米にくらべて言論の自由の意識が低く稚拙な為である。

欧米基準も結構であるが、本件の歪な報道こそが自己規制の結果ではないのかな。

文闘春潮 編集長9/x さま

日本のマスメディアの卑怯なところは、自身の立場を明確に表明せず、中立であるかのように装いながら、実態は偏向報道をしていることです。

ザ・ジャーナルだけの事で言わせて頂くと、今の読者から大体どんなコメントだ寄せられるか予想される中、スポーツやゴシップ、様々な立場のブロガー、人によってはどうでもいいような事でも掲載される。
無意味に思える事でも意味を持っているのではないだろうか。

そんな意味深なことかね
ただのインフォメーションでしょ

どっちにしろくだらないよ

とりあえず、本の内容を読まずして梨元さんを批判している人ばかりに思えるがいかがか?

梨本氏の本の内容なんてどうでも良い。
本質は司法・警察・マスコミが問題の本質を取り違えている事だ。
『The journal』はその基礎となる論理構築の場になるべきだ。

なにが悲しくて金払ってこんな本を読まなければならないのだ?

のりピーのファンならともかく、いち芸能人の素顔など一般市民にとってどうでもいいこと。生い立ちや家族がどうだというのか?そんなの知ったからといってどうするんだ?

ゲスな覗き趣味にすぎない。ムシズが走るというものだ。アマっ娘ひとり虐めて喜んでやがる。それで金儲けするのか。糞喰らえだ。

こんなものジャーナリズムでもなんでもない

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

ここは《THE JOURNAL》運営事務局からのお知らせが中心になります。
コメントも入れていただけますので、もしご質問等ありましたら、お気軽に書き込んでください。
お答えできる範囲内の事は、できる限り対応させていただきます。
個人情報を含んだものに関しましては、こちらではなく、トップページから「お問い合わせ」にて送信ください。

BookMarks

東京万華鏡:TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER(インサイダー)
http://www.smn.co.jp/insider/

株式会社ジェイトランス
http://www.jtrance.co.jp/





当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.