Calendar

2011年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

« 「日本一新運動」の原点(80)── 小沢・TPP問題にみる日本国家の危機
メイン
「日本一新運動」の原点(86)── 『平野貞夫』の消費税制度物語! »

「日本一新運動」の原点(85)── 民主党よ「国民の生活が第一」や「政権交代」はどうなったのか!

 菅政権が統治能力を失い、野田政権に代わって3ヶ月が過ぎた。ご祝儀期間が過ぎ、国民から厳しい目で監視されるようになった。平成21年夏には歴史的政権交代が行われたが、民主党政権の鳩山首相が265日、菅首相が452日と、政治の混迷を象徴するような短い期間である。

 鳩山政権をひと言で総括すると「夢遊政治」といえる。政治の本質を知らない偏差値政治家集団が、経済規模で世界第3位の国家統治をやろうというのだから大変だ。政治は「理想と現実」を調整し、妥協させることが本質であるが、鳩山内閣を動かしていた人たちのやったことは「夢と現実」の調整であった。鳩山首相の個性が影響していたかも知れないが、こんな発想で政治が正常に動くはずはない。 小沢一郎という稀代の政治家を政策遂行から事実上排除したことが、失敗に至るすべての要因であることは、このメルマガでも再々述べた通りである。

 菅政権をひと言で総括すると、「反議会民主政治」といえる。政権中核の内閣官房長官や、民主党幹事長などの言動を分析すると、「不勉強なマルキスト」、否、「米国追随のトロッキスト」といえる。菅首相本人が「議会民主政治は、時間を限定した独裁政治だ」と放言したことがある。この発言は議会民主政治家の資質に係ることで看過できない。民主党内から格別の反論が出ないのは、民主党国会議員の中に議会政治を知らない政治家が大勢いるのではないか、と危惧している。


 鳩山首相は「夢遊政治」であったが、心の中では「国民の生活が第一」という政治目標を忘れてはいなかった。問題は理解の仕方で、高等数学的発想で政治をとらえていたことだ。政治というのは"深層心理学的"に理解しなければならない代物である。理屈だけでやれるならば、コンピューターに任せておけばよい。人間の集団というものから発する「集団的感情」をどう調整して説得するのか、これが政治だ。菅首相の場合、「弁理士シンドローム」が性格のコンプレックスを形成しているといえる。弁理士とは発明家・創造者ではない。特許などの登録出願などの代理や鑑定を業とする。一方の政治家は、創造者でないと役割は果たせない。さまざまな分野から情報を得て、制度や政策を組み立てて、創造する仕事だから『決断と責任』が伴う。政治家・菅直人を分析すると、弁理士的に発明者が出願したものをチェックしたりすること、即ち野党側で政府を攻める(ケチをつけたり、揚げ足をとる)ことには破格の能力がある。しかし、それぞれの情報を整理・判断して、責任を負う形で政治という化物を処理する能力に欠けていた。菅氏が首相となって驚いたのは、国会での論議も国民への説明も、自己の論理を一方的に押しつけようとすることで、説得しようとする姿勢がない。日本の議会主義を崩壊させた政治家として、議会史に残るひとりとなった。菅首相的弁理士能力が発揮されたのは、財務官僚の洗脳とシナリオに乗って、政権交代の原点「国民の生活が第一」を全面否定し、「財政再建・消費税増税」を高らかに表明したときだ。さらに参議院選挙用のマニフェスト発表記者会見で、菅首相は自ら補足説明、消費税を含む税制の抜本改革をめぐって超党派協議を提唱し、自民党提案の消費税率10%を参考にすると表明するにいたったことだ。その後、発言にブレもあり、参議院選挙で歴史的惨敗となったが、反省の弁は聞かれずに終わった。

 国民は、なぜ政権交代を選択したのか。そこでは「消費税増税は衆議院の任期中(4年間)行わない」と約束したはず。それを自民党に抱きつくように10%に賛成すると言ってしまった。これでは政治にならない。完全に「国民の生活が第一」の原点から、自民党の「財界の儲けが第一」に跳んでしまった。東日本大震災の対応も全国民を裏切り、被災者の窮乏さえも顧みることはなく、遂には政権から追われることとなった。

 そこで登場したのが野田首相だ。政府・党役員人事では若干のバランスをとったものの、政策は完全に"韓流"ならぬ"管流"を継承している。野田首相と、管前首相の違いは、菅氏が財務省に洗脳されたのに対して、野田氏は財務省の汚泥で育成された、「ドジョウ」だ。どちらも「民意」を冒涜したことは同じだが、野田首相の方が質(たち)が悪い。

■消費税増税を急ぐことは亡国への道

 野田首相は「平成24年に消費税増税法案を国会で成立させた後、衆議院を解散して民意に問う」という趣旨の国際公約をした。この発言は議会民主政治の本旨を冒涜するものだ。政権交代の総選挙で「消費税増税を4年間やらない」と公約したが、昨年7月の参議院選挙で、菅首相はその公約を反故にして10%にすることを提示した。国民はこれを拒否し民主党は惨敗した。2回の国政選挙で、民意は明確に示されているのだ。

 野田首相はこの事実を何とも感じないなら"政治的精神鑑定"の必要がある。民主政治の原理が、国民主権にあることは憲法にも明記してある。国民は早急な消費税増税を拒否しており、憲法原理からいっても、国会で決めてから総選挙で民意に問うというやり方は許されない。野田首相は、この発言だけをとらえても、政治家である前に、人間としての資質が問われている問題だ。「蚤の心臓・鮫の脳味噌」というが、「泥鰌の脳味噌」を追加しなくてはいけないようだ。

 12月2日(金)、野田首相は記者会見で消費税増税について、「素案を野党に示し大綱をまとめる。大綱を踏まえて法案提出の準備に入る。増税の時期、税率などを含め、なるべく素案や大綱の段階で具体的に明示したいと思う。あくまで年内をめどに素案や大綱づくりに進んでいきたい」と述べ、「消費税増税の捨て石になる」とまで言い切った。何故、こうまでして急ぐのか。野田首相の"背後霊"といわれる勝財務事務次官が焦っているという見方もある。麻生内閣でつくった「所得税法改正案」附則一〇四条を根拠とするという論もある。消費税に関し「平成23年度までに必要な法政上の措置を講ずるものとする」という規定だ。これを財務省は「義務規定」というが、「経済状況の好転」が条件になっているから「裁量規定」である。さらにいえば、民主党は「消費税増税は4年間やらない」と公約して政権交代したのだ。憲法に従えば「政治的裁量」として決着済みであることは明白である。


 さて、消費税増税を急ぐと、なぜ亡国の道になるのか、その理由の一部を述べておく。

(1)平成9年に消費税を5%に上げたときの歴史を学んでほしい。金融危機と重なり、国民生活を苦しめて自殺者を増しただけではない。期待した総税収を減らした上に、橋本政権は参議院選挙中に減税に言及し、自己破綻した。

(2)東日本大震災や、福島原発事故の被災者の生活が元に戻る目途もない。世界の金融危機は、日本のデフレをさらに深刻にさせている状況は平成9年の比ではない。日本経済をどん底に追い込むのは必至だ。消費税を払わない新聞社や、一旦は払っても、いろいろな制度で還付を受けられる大企業だけが影響を受けない仕組みを放置して良いのか。

(3)赤字財政を放置できない論があるが、その通りだ。財政再建は大事なことと私も思う。しかし、よく考えてほしい。財政赤字を解消するための消費税増税なら、財政が恒常的に正常化することは絶対にない。財政赤字の解消は「その原因を改革することが必要」だ。テレビタレント出身の女性大臣がやっている事業仕分けなど、どんな言辞を弄しようとも、財務省作のシナリオを読んでいるに過ぎない。政権交代の総選挙で公約した「総予算の組替」をどうしてやらないのか。予算編成権を手離したくない財務省の振付で踊っているのが野田政権だ。

(4)世界規模の金融パニックが起きて、国債の金利が上がったら日本も財政破綻だ。消費税増税で財源を確保しておくなど、バカも休み休み言え。財務省や日銀の責任回避のために消費税増税をするというのか。財源は「総予算の組替」と節約で捻出可能だ。それに民間の埋蔵金「休眠口座」も立法措置で活用できる。

 最後に結論として言いたいことは、20世紀の福祉社会を前提とした消費税増税はやめるべきだ。社会保障に経費が掛かるから増税という論は、財政赤字のための増税論と同じであることに気づいて欲しい。21世紀の資本主義をどういう形にするか、その原点を何故論じないのか。その上で、公正・公平な総合的税制改革を断行すべきだ。米国マネーゲーム資本主義をモデルにする、野田政権では、日本国民を亡国の道に誘うことになる。

「国民の生活が第一」の共生資本主義社会をつくることが急務だ。

────────────────────────

■日本一新の会事務局からのお知らせ■

「メルマガ・日本一新」(有料)のご案内は、http://nipponissin1.blog136.fc2.com/ の入会申込を参照願います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8320

コメント (11)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。

一、コメント欄は匿名掲示板ではありません。投稿は本名(もしくは固定のペンネーム)でお願いします。

一、コメント欄は投書欄ではありません。記事と関係のないコメントや長文(400字以上)のコメントは、内容に関係なく削除する場合があります。

一、コメント欄は噂話を書く場所ではありません。ネット上とはいえ、公的な場である以上、事実関係に誤りがあるコメントは公開できません。情報元のソースはできるだけ開示してください。

一、コメント欄はフラストレーションの発散場所ではありません。感情的な非難や誹謗中傷は受け付けません。なお、最低限のマナーが守られている投稿であれば、記事に批判的なコメントでも削除することはありません。


そのほか、詳細は下記リンクにも掲載していますので、投稿前にご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

平野 様

消費税増税を言う前に政府がしなければならないことは、数多くあります。
1.国会議員の大幅削減と歳費の大幅カットです。議員の特権も大幅に縮小しなければならないのではないか。
2.特別会計の一般予算組み替えであり、特殊法人の抜本的見直しである。
3.公務員改革であり、給料、人数とも抜本的に見直す必要があります。
4.バラマキ社会保障費の見直しです。足りないところと過剰な支援の見直しが必要ではないか。

来年度、44兆円の国債発行を考えているようであるが、半分位は特別会計を含め上記項目を遂行して、削減しなければならないし、残りの半分位を消費税増税論議すべきではないか。

このように先ず、プライマリーバランスを考えずに、増税といっても新たな社会保障とか公共投資などに分捕られるのが目に見えています。今までと同じで何をやっているか分からないことになりかねない。

財務省主導で、公約違反が分かっている消費税増税を政府が進めようとしているのは、国債に回る原資が枯渇し始めているのでしょう。個人国債で、安住財務大臣の感謝状とか、金貨のおまけまで考えて、本当に実行している姿は尋常ではありません。滑稽を超えて深刻さが伝わってきます。

増税によって、国債発行額を増やさないようにしないと、監督官庁として、海外投資に回っているお金を銀行、保険会社に要請して国内に戻すようなことをしなければならなくなってしまう。アジアの国々だけでなく、巨大な日本の投資に頼っている弱い国々が、国家破綻に追い込まれかねません。我が国の問題を超えて、国際問題に発展する可能性を否定できないのではないか。

このような時に、財務省は身内に甘く抜本的削減要求をせず、国民にだけしわ寄せするやり方は絶対に容認できないのです。人が嫌がることは、まず、要求する人自身が身を切らなければならないのです。真剣さが足りないのではないか。

平野さんには失礼ながら、今更の感のある民主党に視座を据えた叱咤激励論は横に置いて‥。
自民党元気印平将明さんツイート【どこの会合に行っても、自民党はもっと世代交代をしろ!と言われる】
逆にこれを言わないのは、自民党に限らず民間大企業でも、老害を巻き散らず本人達とそこに寄生している取り巻きだけだと思う。

民間企業は兎も角として、粗雑ながら「自民党世代交代」の工程表を描いてみる。
中核メンバーは、総理の役職を担いうる方々数名、
世界の中で将来の日本を担う芽を持つ中堅若手十数人、
その域にはなくても志と覚悟を持つ中堅若手数十名。
此れだけでは、知見や経験の分厚い在庫に懸念なしとしないし、既成勢力に志の高さにも拘らず嘗ての「青年将校の謀反」に貶められる懸念があるので、「世界の中の日本」に視角を持つ重鎮数名の参画が不可欠でもある。
第二第三グループは中堅若手に組成させれば好いが、重鎮の参画には第一グループが当たることになる。

スケジュール感は、政治の外野には極めて考え難いこと乍ら、今の国家の悲惨な状況や適格な重鎮殿の齢などを考え合わせれば、「来年の自民党総裁選挙まで」。何れにせよ急ぐ必要がある。急ぎ過ぎてはいけないが、果断にスタートを早く手順を迅速に進めることはできる。

と、此処まで描いて来て、適格な重鎮は自民党にしかいない一方で、矢張り自民党単独の改革では、手駒が足りないと実感する。
矢張り、健全な自民党議員が中核になって、「善き政局」と「善き政界再編」を経て「政界の世代交代」に至るのが、国家にはベストに違いない。
実際には、「今の現実」と「そのベスト」との間の何処かを模索して続けて戴くことになるのでしょうが。
野球と違って、政治には一発逆転ホームランは無い。
21世紀は「走りながら考える」時代だと。
草々

ぱちぱちぱち・・・・

心の底から、全くその通りですよ!!といわせていただく。
マスゴミの馬鹿記者や、馬鹿キャスターに、そしていい加減なタレントキャスターどもに、よ~く読ませてあげたい文章です。

大沢湯ー理だの、田勢ナンジャラなども、よく読んどきなさい。
と、申し上げたい。

みのもんたには、漢字が多くて読めないだろうな。

評論家としての素晴らしさ満載の論説です。

この際、小沢氏の参謀という肩書き(あるとするなら)はバッサリと外すべき。

平野貞夫 様

『小沢一郎という稀代の政治家を政策遂行から事実上排除したこと』
⇒いいえ、事実上排除どころか、抹殺されますよ。
公判の状況から、小沢裁判は、勝ち目はないと思います。
平野様は、いつでも小沢さんを助けられる位置にいるのですよ。

日本一新の会の皆様も、これを読んで目を覚ましてほしいと希望します。
最後の聖戦(小沢裁判)!小沢さんヤバイよ。もう一度、タイムテーブルに従って解説します。
http://www.asyura2.com/11/senkyo123/msg/302.html

西岡武雄議長が亡くなられた為に、小沢一郎ホームページに「意見」と「政策」の掲示板に、あれこれ書き始めました。もっぱら細野豪志ホームページに意見をしていましたが、民主党議員は概して、人間的にひ弱のようです。地位をひけらかされると弱くなってしまう、おぼっちまばかりのようです。地位を傘に来て威張る人間に対しては、「選挙の惨敗の責任をいつになったら取るんだ!責任を取れ!」くらい言える者がいないのでしょうか?
震災復興は簡単です。しなければならない仕事が有るのですから、資金を手当てしてやれば良いだけの事です。そこから、次々と仕事ができてお金が回って行くようにするのが経済政策というものです。その結果、増税などと言わなくとも、税収が増えるようにするのが、仕事のできる人間です。現実の社会で仕事をした事が無い人間だから、できて当たり前の事ができないのでしょう。例えば、本を読んだら泳げるようになったり、自転車に乗れるようになったり、飛行機の操縦ができるようになどならないのと同じで、実際にその仕事をやって熟練しなければ、仕事のできる人間意はなりません。それが無いままに、エリートコースの人生をやって来て、実際の事が何もできずに、増税、TPPと中身など解らず、言葉の肩書だけを見て、それをやれば手柄になるとしか思っていないのでしょう。
民主党は会議が多いそうです。間違いなく、必要のない会議をし、形だけ会議をして仕事をしているふりをしている、仕事をしているつもりになっている病気に取りつかれている筈です。実際に仕事をしないで、無意味な会議を作って収入の手段にする人間が存在します。役人でも会社でも存在します。タカリという人種です。
震災復興は、戦後復興に比べたらずっと容易です。日本が無一文の状態で有った時に比べて、資金を作る事は簡単と言えます。インターネット上で実体の無い、マネーが肥大する仕組みなどより、紙に印刷して仕事と同時に実体化させても良い話です。第二次大戦のアメリカの戦費調達に資金など有った筈が無い事です。アメリカの場合は至言の恵まれていた為に、戦争という大量物資の消耗と仕事の発生が経済になったと言うものです。肝心なのは、仕事の有無です。資金は、いかようにだって付けられるはずです。金持から借りても良いし、新しい札を刷ったってできる事です。経済を作らない限り、財政などいつまで立っても成り立つ筈がない事です。増税というのは、商売をする時、カネを払え!だけど商品はないから渡さないと言うような詐欺の手法です。金を払うのは、商品と同時で値段が正当でなければ誰も買うはずのない話です。経済を解らない人間が、総理大臣、閣僚をやって失敗の上塗りを続けている状態と言えます。経済という生物を作って育てる事のできる人間でなければ、無限に赤字を増大させるだけです。頭が悪いと言う以外に有りません。平たく言えば、バカです。

平野貞夫様 いつも有難うございます。二年余りの民主党B派による亡国政治の実態がすべて凝縮されており納得いたしました。終わりの一桁。云いかえれば、『国民との約束、マニフェストへの原点回帰を!・・』の小沢元代表による不屈の政治信条を、日常・市民活動の現場に立つ私たちも万遍なく、一般大衆に拡散することこそ急務であると心得る所存であります。

閑話休題
日経【外国人党員認めず 民主党検討委‥既に外国人の党員サポーターの党代表選挙投票権廃止の方針】
喩えていえば、毒素の濃い土壌で育った樹が表舞台に出て批判に曝されたからといって、「汚れた枝葉」を切り捨てても、「根幹の汚れ」や「毒素が染みついた組織文化」が除去される道理も綺麗な花が咲く道理もない。

汚れた文化の組織は消え去るべきだ。組織文化の善し悪しを決定することこそが経営者の最大の責務であって、それに失敗した経営者は馘首されるのが相当だと。東電然り、霞が関の「悪賢いモグラ」然り。
一旦は組織は消え去っても、一念発起する健全な人達を抜擢して新しい組織を造り同様の責務を与えれば、世代交代が実現され、組織文化も一新される。

民主党のこの汚れた文化に、小沢さんや平野さんが直接的に関与されていないと期待していますが、黙認(三猿、見ざる聞かざる言わざる)を含めた間接的消極的関与は否定し切れまい。
草々

「 政治というのは " 深層心理学的 " に理解しなければならない代物である 」 という平野貞夫氏の言葉を, 日本の政治家の何人が理解しているだろうか。 なぜなら, 日本の文筆家でさえ, わかっているかどうか, 甚だ心許ないからである。 " 深層心理 " とは, 一般大衆の < 沈黙の言葉 > である。 東関東大震災における被災者達が < 黙々と > 事後処理に当たっている時, 困難な事態に耐えているその態度だけを賞賛した馬鹿者達がいたが, < 黙々と > という " 深層心理 " に思いを馳せなかったら, 本質的な問題解決には至らないのである。 現今の政治において, 一般大衆の " 深層心理 " に呼応する政治的命題とは何か。 簡潔明瞭に言うと, 「 消費税増税は4年間やらない 」 という極めて端的に表現された公約である。 平野貞夫氏は 「 政治は < 理想と現実 > を調整し, 妥協させることが本質である 」 と述べているが, 目先の問題として, 取り敢えず 「 消費税増税は4年間やらない 」 という難題を解決しないと, 一般大衆の生活は, にっちもさっちもいかないのである。 「 21世紀の資本主義をどういう形にするか, その原点を何故論じないのか。 その上で, 公正・公平な総合的税制改革を断行すべきだ 」  と平野貞夫論説は最後を締めくくっているが, これは専門の学者・思想家が解かないといけない必要必須の重要な課題である。

私は、十数年前小沢さんが、羽田さんや奥田さんと自民党を離党した時から小沢一郎を、見続けてきました
その間、小沢さんにすり寄ったり、又離れていった人々を多数みてきました。その離れて行った人のほとんどは小沢さんの(無私の原理主義)
とも言うべき信条に、付いていけなかった人達なのですが、少し理解できないのが、なぜ藤井裕久までもが
離れていったのか?ということであります。私は小沢さん達が自民党を
離党した後、羽田さんと袂を分かつような事があると、この国は、取り戻す事が出来ない損失を被る事になると危惧していましたが。今はまさにその心配があたってしまいました
羽田さんの人間性と、小沢さんの先見性があって始めてこの国は良い国になったはずなのに。あの時、羽田さんに総選挙をやらせなかったばかりに、二人は袂を分かつことになって、  ただ、遅すぎる事は決して
ありません。もう少し何人か、
小沢一郎を正しく評価する人が出てくれば、もう一度、小沢一郎をそしてこの国を、よろしくお願いします。平野氏の人を見る目と、その生き方には感動しています。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

平野貞夫(ひらの・さだお)

-----<経歴>-----

1935年、高知県生まれ。
法政大学大学院政治学修士課程終了。
衆院事務局に入り、副議長(園田直)秘書、議長(前尾繁三郎)秘書などを経て委員部長となる。
1992年、参院高知地方区で当選し、小沢一郎と行動を共にする。
2004年、参院議員を引退。
以降、言論執筆活動に専念する。

BookMarks

-----<著書>-----


『坂本龍馬の10人の女と謎の信仰』
2010年1月、幻冬舎


『平成政治20年史』
2008年11月、幻冬舎


『虚像に囚われた政治家 小沢一郎の真実』
2006年9月、講談社


『ロッキード事件「葬られた真実」』
2006年7月、講談社


『公明党・創価学会と日本』
2005年6月、講談社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.