Calendar

2011年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Entries

« 「日本一新運動」の原点(77)── 小沢氏の初公判での主張について
メイン
「日本一新運動」の原点(80)── 小沢・TPP問題にみる日本国家の危機 »

「日本一新運動」の原点(78)── ロッキード事件の捜査と裁判の不条理

 平成21年3月3日、西松事件で大久保秘書が逮捕された一週間後、私は小沢一郎氏に会いにいった。その時、この事件は「ロッキード事件」のように小沢氏が狙われていると確信して、私の著書『ロッキード事件「葬られた真実」』(講談社)を手渡した。小沢氏は「参考にさせてもらう」と受け取り、その後、乗用車の後部座席に同書が置いてあるのが、テレビに撮されていたのを、憶えている方があるかも知れない。

 この著書は平成18年7月、「ロッキード事件」から30年が過ぎて、何故、田中元首相が逮捕されたか。三木首相や中曽根自民党幹事長が、何を企んでいたのか、そして当時の検察や裁判所が、田中元首相逮捕にわが国の憲法以下の法令に違反してまで拘った理由は何か。何故、前尾繁三郞衆議院議長は衆議院の解散を阻止することに政治生命を懸けたのか、などを執筆したものである。

 何でこのような出版をしたのか。私は「ロッキード国会」の頃、衆議院事務局から出向して、前尾議長の秘書を務めていた。前尾議長は議長就任10ヶ月前まで法務大臣であった。衆議院議長になっても、法務・検察の関係者が指導を求めてしばしば来訪していた。三木首相は「椎名・前尾」ラインで政権に就いた関係で、前尾議長に頭が上がらなかった。

 「ロッキード事件」が発覚するや、「ロッキード国会」といわれる大混乱となった。法務省や検察関係者は、前尾議長を利用すべく非公式に接触してくる。三木首相は、私恨を「キレイゴト」で糊塗し「田中排除」という権力闘争を仕掛けてきた。野党は事件を政治的に利用して国会審議に応じない。私は、こんなことで国家が維持できるのかと思い立ち、「ロッキード国会覚書」というメモをつけていた。この覚書を中心に、ロッキード事件で田中元首相の鎮魂のため、逮捕されて30年という時が流れた平成18年7月に刊行したわけだ。

 この本には、事件当時にはわからなかった重大な新情報を書き込んでおいた。児玉誉士夫証人が何故国会に出頭できなかったのか、という問題である。児玉証人の国会証言が実現していれば、田中元首相への捜査も大きく変わったと思う。児玉証人を廃人同様にして、国会に出頭させないようにした大きな政治権力の動きがあったことを具体的に書いた。

 朝日新聞社会部がそれを知り、出版予定日に特ダネで報道するといい、前夜、確認のため私に記事のゲラをファックスで送ってきた。ところが、深夜になって担当記者から「上からの指示で、報道しないことになった」と連絡があった。

 この時既に、朝日新聞には問題があったのだ。

 著書では、2つの側面から田中元首相は無罪であったと主張している。ひとつは、憲法を始めとして刑事法上の「無罪」であること、もうひとつは政治的・社会的にも「無罪」であること、である。

 この本を講談社は廃刊にしているが、「小沢問題」の真相解明にもなることから、文庫本で再刊するよう「メルマガ・日本一新」の読者の皆さんから働きかけていただきたい。(田中元首相を逮捕する証拠はなかった)

 「ロッキード事件」とは、全日空ルートで5億円、児玉ルート(対戦哨戒機P3C)で約21億円のワイロが、日本の政界に流れたというものだった。全日空ルートで田中元首相が逮捕されたわけだ。児玉ルートでは当時の中曽根幹事長に疑惑があったが、児玉氏が国会に証人として出頭できない状態となり、このルートでの捜査は脱税で終わった。

 この事件は米国上院多国籍企業小委員会で火がついたもので、証拠資料に類するものはほとんど米国側にあった。日本の国会は真相究明のため国会決議までして、米国上院に資料の提供を要請した。三木首相は政敵・田中角栄を倒すべく、フォード大統領に親書まで送り資料の提供を要望した。その結果、米国司法省と日本の法務省で「日米司法取決め」が行われ、米国の捜査資料が日本の捜査当局に提供されることになる。これは田中首相を逮捕するための国家間の条約であったが、三木首相と検察当局は「法執行について相互援助のための手続」と主張した。本来なら国会の承認が必要であり、憲法違反の行為であった。大量の捜査資料が米国側から提供され、必死の捜査を行ったが、田中元首相を逮捕する証拠となる捜査資料は何ひとつなかった。(最高裁のマッチポンプ。刑事免責の嘱託尋問問題)

 米国側から提供された捜査資料には、田中元首相を逮捕する証拠がなく、捜査は壁に突き当たる。そこで検察がしぼった謀略は、ロッキード社のコーチャン副社長らに刑事免責(起訴しない)を与えて、米国連邦地裁に尋問を嘱託して、その調書を証拠に田中元首相を逮捕することであった。これは日本の憲法と刑事法規で容認されていないやり方だ。

 これが実行されるまでの動きを時系列でみると問題の所在がわかる。

(1)昭和51年6月3日 ワシントンで三木・フォード日米首脳会談。(堀田検事らのシナリオで嘱託尋問実現に利用したもの)

(2)同年7月2日 米国連邦高裁が、嘱託尋問は非公開で行うが、証言調書は日本の最高裁がルールなどによって「刑事免責」を保証するまで引き渡さないことを決める。

(3)同年7月6日 ロサンゼルスの連邦地裁で、コーチャンの嘱託尋問が始まる。翌七日の尋問で、初めて田中角栄との関係を証言。

(4)同年7月24日 日本の最高裁裁判官会議で、コーチャンらに対して、「不起訴の宣明書」を発出することを決める。直ちにロサンゼルスの連邦地裁に提出され、同日、コーチャンらの証言調書が日本の捜査などで使用できることになる。

(5)同年7月27日 東京地検は田中角栄前首相を外為法違反で逮捕。

(6)同年8月16日 田中前首相、外為法違反と受託収賄の容疑で起訴。

 かくして、「ロッキード事件」は企てられて「ロッキード裁判」となった。逮捕から7年と3ヶ月過ぎた昭和58年10月12日、東京地裁は「懲役4年、追徴金5億円」の実刑判決を下す。直ちに控訴するも、昭和62年7月、東京高裁は一審判決を支持。この間、田中元首相は昭和60年2月27日脳梗塞で倒れ、長い闘病生活に入り、平成5年12月16日死去。

 田中元首相の死から1年2ヶ月過ぎた平成7年2月22日、最高裁はロッキード裁判「丸紅ルート」で、元丸紅役員の桧山・榎本両被告の上告を棄却した。がしかし、最高裁はここで重大な決定をした。それはコーチャンおよびクラッターへの刑事免責した嘱託尋問調書には「証拠能力がない」と判決したのだ。

 この時期、私は参議院議員になり法務委員会の理事であった。最高裁の判決に「法の支配の崩壊」と「司法権の不条理」を感じ、参議院法務委員会で法務省当局を追及した。質問の趣旨は、最高裁の裁判官会議が「刑事免責で証拠として使うこと」を容認しておいて、最高裁の最終判決で、その証拠とされた調書を「証拠能力を否定」するという矛盾をどう考えるか、というものであった。

 法務省当局は、「相当な智恵を出した捜査手法で得た調書の証拠能力が否定されたことに、いささか戸惑いを覚えている」との答弁だった。私は「嘱託尋問調書に証拠能力を与えたり、その一方では否定するという最高裁の異なった判断は、日本の司法制度そのものの信頼性、根本問題に関わるものだ」と糾弾しておいた。

 小沢氏の陸山会事件と問題の内容は違うが、検察や裁判所の発想や、手法は当時と同根・同質である。自由主義世界では、司法の基本である「推定無罪」が、ロッキード事件において冒涜されていたのだ。

────────────────────────

■日本一新の会事務局からのお知らせ■

「メルマガ・日本一新」(有料)のご案内は、http://nipponissin1.blog136.fc2.com/ の入会申込を参照願います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8286

コメント (16)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。

一、コメント欄は匿名掲示板ではありません。投稿は本名(もしくは固定のペンネーム)でお願いします。

一、コメント欄は投書欄ではありません。記事と関係のないコメントや長文(400字以上)のコメントは、内容に関係なく削除する場合があります。

一、コメント欄は噂話を書く場所ではありません。ネット上とはいえ、公的な場である以上、事実関係に誤りがあるコメントは公開できません。情報元のソースはできるだけ開示してください。

一、コメント欄はフラストレーションの発散場所ではありません。感情的な非難や誹謗中傷は受け付けません。なお、最低限のマナーが守られている投稿であれば、記事に批判的なコメントでも削除することはありません。


そのほか、詳細は下記リンクにも掲載していますので、投稿前にご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

平野 様

「最高裁の裁判官会議が嘱託尋問調書を刑事免責して証拠として採用することを容認しながら、最高裁の最終判決で証拠とされた調書の証拠能力を否定した」。

今回の西松、陸山会事件でも同じことが言える。事件に関係する人の言葉は、時、場所、尋問者によって変わるのが当たり前で、変わらない普遍的な言葉が得られると考える人はいないのではないか。

特に、親兄弟、伴侶、子供、孫、親族など影響が及ぶような話を出し、認めれば影響が及ばず、刑も軽微なものに減軽されるような話を解決策としてベストのような話を進め、供述させるなどは、検察のテクニックとして普遍的に行われていると見て間違いがないのでしょう。

供述などは、時、場所によって変わりえるものという事例をロッキードの時経験し、同じような供述調書問題に直面しているのが、西松、陸山会事件ではないか。

共犯、共謀などの事件を立証しようとする場合、一方の証言だけでは十分でなく、必要条件にすぎないのであって、相手方の共謀容認があって初めて事件が成立するのではないか。小沢氏の場合は、小沢氏の共謀容認の供述なくして事件の整理はあり得ないと考えています。

万一、共謀罪が成立するとしたら、ロッキードの時の最高裁の判断が変わると言うような段階から、民主主義が崩壊し、司法が堕落し暗黒裁判がまかり通ることになってしまう。

本日(11/1)、小沢一郎裁判で証人として出廷した石川知裕議員は、次のように証言したとあります。

検事調書に署名したことについて「検事から、ここまで書いても(小沢被告)を起訴しない」という話だった」「判断の甘さ、自分の弱さだったと思う」と、説明したとあります。
署名した当時、自分の秘書や後援会が東京地特捜部の聴取を受けて「どこかで折り合いをつけないと大変なことになると、書かされた調書である」と主張し、調書の内容を強く否定したと、報じられています。

不肖私、これを読んで、あきれ果て、真実、やりきれない思いであります。

いやしくも、石川知裕は国会議員です。私たち庶民と違って、それ相当の学識・人間としての倫理・哲学は有しているはずです。

その石川知裕(元秘書)が、(東京地検特捜の検事から、殴るけるの暴行を受けたり、その寸前の恐喝を受けたりして、やむなく検事の作成した調書にサインをした) わけでもありません。

それが、かかる理由で、大恩ある小沢一郎の不利になる検事調書に署名するなんて……。

これまで、私は【石川智裕は被害者だ】だ、と思ってきました。石川智裕の女性秘書が東京地検特捜部の違法同然の取り調べを受けた時、この【ザ、ジャーナル】に何度も投書して、抗議の声を挙げた一人です。

余命わずかの、80歳を過ぎた私ですが、この石川知裕を心から軽蔑します。
かかる人物を選良として認めたくありません。次回の選挙で落選することを切望しています。

せめては、この法廷での【石川証言】を、東京地裁が認めてくれることを、切に祈るだけであります。


投稿者: 山口七郎様 | 2011年11月 1日 15:51

深く同意いたします。
それにしても、彼は軽いです。
著書出版に際しても、その軽さに加え、胡散臭さをも感じて購買を取り止めたという経緯があります。

信じられる物が次々と削り取られていく思いです。

戦前の特高なら殴る蹴るはあるでしょうが、現代ではそれは殆ど無いでしょうが・・・、心理学などを駆使した追い詰め方は、より巧妙で被疑者には辛い物となっている事でしょう。

だから私は石川知裕議員のサインを無理からぬことと思います。多分私では耐えきれないでしょうから・・・。


問題は、真実追及では無く犯罪者を作り上げることを目的としている検察の姿勢です。

被疑者を責める検察、かばう弁護士、判断する裁判官。
役割に徹して真実に関心の無い検察の姿勢は、冤罪の温床でしょう。


役割の上に「真実追求」という基本理念が無ければ、彼らの存在は犯罪者に似ている、傷害事件の犯罪人ではないかな?

取り調べ官のストリーは巧みな手練手管ですから、石川知裕議員としても容易ではない。

たとえば、やまりん社長は、捜査が親族、関係会社に及ぶとほのめかされた。
また「あなたは3年で時効だから、罪に問われないから検察の用意した供述書にしたがいなさい」と脅された。あとで陳述書で「誘導されたウソ供述書」とやまりん社長は宗男さんに謝罪した。
講演で陳述書の文面が公開されたが、マスコミではあまり報じない。
鈴木宗男さんは「政治家だから5年の時効」でウソ誘導のやまりん社長の供述書が採用された。

石川知裕さんも巧みな検察誘導でだまされたのでしょう。
石川さんを責められない。うそでも脅しでも誘導する検察官が悪い。
だから、取り調べの「可視化」法案が必要でしょう。

平野貞夫 様
そして、日本一新の会の皆様

ロッキードの話は、石川氏等が「有罪判決」となる前に、いや、逮捕された時にしてほしかった。

11月1日に小沢裁判の第4回公判が開廷されました。
もう、小沢裁判も手遅れかもね。
本気で、小沢さんを救う気持ちがあるならば、私を小沢さんに会わせて下さい。

最後の聖戦(小沢裁判)!第4回公判の摩訶不思議!これでいいんかい!訴追委員会。
http://www.asyura2.com/11/senkyo121/msg/629.html
【内容のひとつ】
売主が不動産業者でしたので、「法人税基本通達2-1-2」によれば、棚卸資産である当該土地の引渡しの日は、「相手方(陸山会)において使用収益ができることとなった日」でありますから、陸山会が当該土地の権利書を取得した日の2005年1月7日となります。

小沢さんは政治家としてもう終わった人です
引退して静養されるのがご自身にも周囲にも一番良いでしょう

2大政党制を実現した功績は大ですが、政治家の質の低下をもたらした罪はもっと大きい

少なくとも自らに不利なことを「民主主意に反する」とお題目のように唱えるのはやめていただきたい。選挙で選ばれたから何をやってもいいんだ、と言ってるようで幼稚極まりない

地元岩手は震災で大変なのに、あれから一度でも足を踏み入れたのですかね。地元のために汗もかかず、政治資金で土地を買いあさる

誰が支持しますかね?
ロッキードと比べると小粒すぎませんか

アイドル藤波心さんが「政治家って、クリーンな人というのも大事かも知れませんが、クリーンばかりではなくて、多少悪くてもというと語弊があるかもしれないけどトータルで日本を良い方向へ導いてくれていればある程度いいんじゃないかと私は思うんです。政治家は、清廉潔白・クリーンに越したことはないけど、今はそこばかりにこだわり過ぎて、大切なものを見落としているような気もします」
その通りだと思います。


それに引きかえ、テレビや御用学者は酷過ぎます。プライムニュースで御厨氏と山内氏の二人の東大教授が出ていたが、口ではマスコミが悪いといいながら、今の政治家はお粗末だに近い発言。胆力があるのは野中 広務だと・・・。その説明に「小沢は悪魔だと一貫して対抗していた・・」とか、政治記者はお粗末だが、そんな事に腹を立てないで見過ごす事がリーダーの器だと・・・。馬鹿言うでないと言いたい。これまでマスコミや検察・御用学者らに寄ってたかって叩かれて怒らない方がおかしい。東大教授としてちやほやされている優雅な御仁が何を寝言いうかと言いたい。

要は増税やTPPをやるのが総理の器だと・・・。

この震災で大変なときに
小沢氏ごときに振り回されている
余裕が日本の政治にありますか

彼は地元の被災地に一歩でも足を
踏み入れましたか。涙のひとつぶでも流しましたか

角栄とは人情の厚さで違う。比べるのもおこがましい

恫喝のプロだったら、長期拘留期間内に、調書に捺印させるなんて、朝飯前ですよ。日本の冤罪が、どのように作られてきたのか、改めて考えましょうよ。

キーワード 人質司法

貞さん

 小沢氏は、地元に迷惑をかけないように、4月に静かに地元を訪問してますよ、ちゃんと確認してからコメントするようにね。

田中さん

あなたは角栄氏と同じ姓なのに、角栄氏とはまったく違って、確認もせず無責任発言をするんですね。
そんなあなたが角栄氏と小沢氏の比較をする事こそ
>比べるのもおこがましい<
ですね。

被災地が求める物は、「お涙ちょうだい」ではない!!


適切で迅速な施策だ!!


地元の苦しみを救う政治家を、卑怯な罠にかけて遠くからヤジっている偽善者!


こうした輩が、政治の周りをうろつくから、政治は正しい姿を成しえないのだ。

貞さん

>2大政党制を実現した功績は大ですが、政治家の質の低下をもたらした罪はもっと大きい

政治家の質の低下の原因は小沢氏にあるというのですか?
質の低下は、本当に国のために仕事をしようとしている政治家(別に小沢氏のことを言っているわけではないですよ)が、アメリカや検察、記者クラブメディアなどの権力組織によって、政治の表舞台から追いやられて、これらの権力組織に従順な人間ばかりが残ったからでしょう。
あなたの言っていることは、「郵便ポストが赤いのも小沢のせい」とかいうように、何についても小沢のせいにするというような戯言の類でしかありません。

>地元岩手は震災で大変なのに、あれから一度でも足を踏み入れたのですかね。地元のために汗もかかず、政治資金で土地を買いあさる

もうこの中で何度も書いたので詳細は省きますが、地元に足を踏み入れているし、国や地方の関係機関との間で、さまざまな調整も行っています。
土地を買った件についても、何のために購入したのか分かって言っていますか?
そしてそれ以前に、あなたは小沢氏以外にもたくさんの政治家が政治資金で不動産を購入している事実はご存知なのでしょうか?

世の中には、小沢嫌いがたくさんいることは知っていますので、小沢批判してもらっても別にかまいませんが、批判するなら事実に基づいてしてもらいたいものです。

連投で失礼します。

田中さん

>彼は地元の被災地に一歩でも足を踏み入れましたか。涙のひとつぶでも流しましたか

貞さんのところでも書きましたが、ちゃんと事実を確認してコメントして下さい。
涙を流すことが政治家の役割ですか?
彼も地元に足を踏み入れていますので、その惨状に心を痛めていることと思います。
でも、政治家の役割はそんなことではすむものではありません。
国のため、地元のためにいかに身を粉にして働くかではありませんか?
涙を流す役割は、芸能人にでもまかせておけばいいと私は思います。

>この震災で大変なときに小沢氏ごときに振り回されている余裕が日本の政治にありますか

言葉がやや正確ではないと思います。
小沢潰しの目的で、さんざん日本の政治をかき回してきたのは、記者クラブメディアや検察といった権力組織です。
重要な政治課題があるにもかかわらず、それを放置していわゆる反小沢といわれる連中とマスコミが結託して小沢叩きに邁進する。
その裏で、官僚のやりたい放題が続いているのがここ最近ずっと続いている日本の政治状態です。
震災と原発事故でぼろぼろになった日本には、あなたがおっしゃるように一政治家たる小沢氏にかまっている余裕はありません。

>角栄とは人情の厚さで違う。比べるのもおこがましい

比べる必要がありますか?
角栄氏は角栄氏、小沢氏は小沢氏です。
それ以前に、あなたが角栄氏や小沢氏の何を知っているのですか?

「小沢一郎」を政治家として機能させたいと願う心ある人々の想いは叶う気配さえも見せない・・世の情勢を鑑みるなら、もう間に合うということではないのかも知れない・・

TPP参加の賛否が二分しているようだ。価値観を巡ってのものではなく、立場の違いとそのものに対する解釈の違いがそうさせているのなら滑稽な騒動というしかないが、国家リーダー不在ではそうなるのも自明の理。もはや、この国の動向の全てが滑稽である・・放射能マップとやらが日常の中で違和感もなく披露される・・ユーロ危機で財政は恐慌のレベル必至だが、100%官僚の意のままになっているような財務相のあんちゃんに不安を覚えるどころか違和感すら抱かない民衆が八割を占める国家なのである・・外国首脳と対等に渡り合うという境遇にただ目を潤ませているだけの首相を戴いていることの失望感など欠片もないであろうことは想像に難くない

滑稽といえば
ここで「小沢一郎」の重箱の隅を楊枝で穿っているような人々も然りである

平野貞夫様 どうか国民の声を聞いてください。   陽出国様、11月6日のご意見は正論です。 私たちが現場(街宣活動)で往き交う大抵の人は「陸山会事件」なんて関心がないようです。小沢さんの捏造冤罪事件の真相やデタラメ判決も全く判ってないのですから。TPP問題なども論外です。多少は小沢さんのこと判っている男性でも「民主党がだらしないのは小沢の所為だろう・・ホントに信用できるのか」なのです。そこで陽出国さんが仰る危機感八割を占める国家・・。確かに、この国の民衆意識八割が愚民という、俗に、二ッ八国家といわれる所以ですが。 平和ボケの国民を洗脳して愚民化を進めてきたのが、植草一秀氏謂うところの悪徳ペンタゴン(政官財学報)が跋扈する八割方の反小沢勢力=売国奴集団の所業であり、今の二ッ八国家の姿ではないでしょうか。さらに、この背後には経済安保を仕掛けるアメリカの存在があり殊更厄介です。   売国奴集団の中でも、世紀の政権交代を成し遂げた立役者であり恩人の小沢氏を貶めて私欲むき出しで強大な国家権力を掴み取った謀反人一味だけは許せません。  世界中が注視した無法国家ぶりを露呈した暗黒裁判。このままでは日本が危ない。不条理には正義です。『あとに続くを信ず』という古い言葉があります。  小沢陣営国会議員の団結を信じます。 そして、この国には二割の小沢支持国民がいるのです。  及ばずながら私たち市民団体も全国規模の国民運動に展開する用意があります。起死回生となるやも知れません。


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

平野貞夫(ひらの・さだお)

-----<経歴>-----

1935年、高知県生まれ。
法政大学大学院政治学修士課程終了。
衆院事務局に入り、副議長(園田直)秘書、議長(前尾繁三郎)秘書などを経て委員部長となる。
1992年、参院高知地方区で当選し、小沢一郎と行動を共にする。
2004年、参院議員を引退。
以降、言論執筆活動に専念する。

BookMarks

-----<著書>-----


『坂本龍馬の10人の女と謎の信仰』
2010年1月、幻冬舎


『平成政治20年史』
2008年11月、幻冬舎


『虚像に囚われた政治家 小沢一郎の真実』
2006年9月、講談社


『ロッキード事件「葬られた真実」』
2006年7月、講談社


『公明党・創価学会と日本』
2005年6月、講談社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.