Calendar

2011年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Entries

« 「日本一新運動」の原点(60)── 北辰会の役割について
メイン
「日本一新運動」の原点(67)── 脱原発とエネルギー問題 »

「日本一新運動」の原点(63)── ジョン万次郎記念・日米草の根交流高知大会

 第21回日米草の根交流大会が、6月28日から7月4日まで、ジョン万次郎の故里、高知県下で開催された。日米草の根交流大会は、財団法人・ジョン万次郎ホイットフィールド記念 国際草の根交流センター、会長小沢一郎氏(以下、CIE財団)が、毎年日本と米国で交互に開催しているものだ。この大会の目的は、日米の市民一人ひとりが国境・言語・文化などの違いを乗り越え、同じ人間として互いに心を通わせ合い、理解し合い、友情を深め合うことによって、日本と米国、そして世界中の人々と良好な関係を築き上げていくことにある。

 東日本大震災をうけて、今次は開催を延期するという意見もあったが、米国市民78名の熱意と、地元高知県の尾崎正直知事(大会名誉会長)・橋井大会実行委員長らの「こんな時だから草の根交流が必要だ」という主張で実現した。私も万次郎の故里と同じ土佐清水市の生まれで、6月28日の「草の根同窓会」から参加し、29日のオープンセレモニーが行われた土佐清水市への案内役を務めてきた。

 CIE財団は設立されて20年目となる。本来なら真っ先にジョン万次郎の故里で、草の根交流大会が開かれるべきであった。なのに20年間、開催することができなかったことには隠された事情があった。

 それは、小沢一郎という政治家と私に対する世間(オーバーにいうと日本社会全体)の、とんでもない誤解があったからだ。それを説明すると現在の小沢一郎の立場が理解できる。ようやく高知で草の根交流大会が開かれるようになったことは、日本社会での小沢一郎氏に対する日本社会の誤解が解消し始めたと言いたい。

 CIE財団は平成4年に設立された。その前身は「ジョン万次郎の会」で、平成2年11月29日の国会開設百年記念日に、憲政記念館で設立大会が開かれた。この時期、平成元年暮れには米ソ冷戦が終結し、翌2年8月には湾岸戦争が勃発し、米ソが協力する国連の役割が注目され、新しい国際政治が始まったときだった。

 平成2年7月に、新しい西側の国際情勢を調査し、日本の政治の在り方を研究するため、衆議院の与野党幹事長・書記長等による調査団を派遣することになった。団長は小沢一郎自民党幹事長(当時)で、6月30日、事務局随行者の私と打ち合わせを行ったとき、「ジョン万次郎の会」を設立することが決まった。

 会食の際、私が「来年はジョン万次郎が漂流して150年となる。日本の開国に貢献した人物だが歴史上評価されていない。高知で中内知事を会長に"ジョン万次郎の会"をつくるので、その時に祝電を欲しい」と陳情すると、小沢幹事長は突然機嫌が悪くなり黙り込んでしまった。理由が分からない私が困っていると、権藤恒夫衆議院議員(公明党)が笑いながら「平野君、小沢さんは会長になりたいのだよ」と助け船を出してくれた。すると小沢さんがおもむろに口を開いて、「昨夜、NHKの特集番組"二つの祖国に生きてきた男"を見た。ジョン万次郎のドキュメントだった。冷戦が終わった国際情勢はこれから厳しくなる。万次郎のような国際社会に生きる智慧がないとこれからの日本は生きていけない。会をつくるなら全国版だ。ボクは大臣や幹事長になったときも、自分から頼んだことはない。しかし、これだけは自分が会長をやりたいんだ」と。

 困ったのは私だ。天下の与党幹事長が会長となれば良いことばかりではない。誤解も受けるし運営もややこしくなる。しかし、私が口にした以上引くわけにもいかなくなり、「わかった。準備します」となった。幹事長・書記長調査団の調査目的に「市民草の根交流」も入れて、帰国した直後に湾岸戦争は勃発した。多忙で混迷する国会運営の職責を果たしながら、万次郎関連の資料を調べ、「ジョン万次郎の会」の設立大会にこぎつけた。

 設立大会の日を国会開設百年記念日としたことには、私の執念があった。万次郎の漂流や帰国、草の根デモクラシーの啓蒙がなければ、日本の国会開設はもっともっと遅れていた。坂本龍馬や後藤象二郎も、板垣退助らも万次郎にデモクラシーの原点を教えてもらっているのだ。

 小沢自民党幹事長が会長となる「ジョン万次郎の会」に、野党から批判が出ることを心配していた。ところが以外にも野党側が積極的に協力してくれた。万次郎の人徳のお陰だ。公明党の市川雄一書記長や民社党の米沢隆書記長には調査団の海外旅行中に根回しをしていたので問題はなかった。だが、野党第一党の社会党には何の連絡もしなかった。設立大会の前日、突然に土井たか子社会党委員長から電話があり、「平野さん、ジョン万を世の中に出そうというのに、どうして私に声を掛けないの。同志社の創設者・新島襄が、米国に行けたのは万次郎のおかげよ」との話。驚いて出席を要請、挨拶をしてもらった。高知県出身の共産党衆議院議員・山原健二郎氏も顔を見せた。

 平成3年は、湾岸戦争への国論がまとまらない中で、国際社会での日本の在り方、日本人の国際感覚の向上に「ジョン万次郎の会」は役割を果たしていく。秋には京都で「第1回日米草の根交流大会」を開いた。この年は太平洋戦争開戦50周年であり、唯一の日米間のイベントであった。内外から高く評価され、平成4年には万次郎のアドバイスでつくられた企業や運動の理解者の好意で、「ジョン万次郎の会」は、CIE財団に発展した。

 ところが、物事はすべてうまくはいかない。この時期、わが国では政治改革をスタートに、日本を改造して新しい国家をつくろうという運動が、小沢一郎氏を中心に始まる。私は平成4年7月の参議院議員選挙に高知地方区から自民党推薦で出馬して当選した。万次郎に突き上げられて、小沢一郎氏と共に日本の改革に奔走することになる。翌年五月には、自民党政治に決別して「新生党」を結成する。8月には40年にわたる自民党独裁政権を崩壊させ、非自民細川連立政権樹立を成功させた。そこから今日の苦難が始まるが、それは政権から離れた自民党から集中攻撃を受けることになるのだ。CIE財団の設立資金で新生党を結成したとか、平野の選挙資金や非自民政権樹立の資金になったなど、衆議院予算委員会で取り上げられたり、マスコミからの攻撃を受けた。一方、万次郎の故里高知では、当時左傾化していた「高知新聞」が「小沢と平野が湾岸戦争で万次郎を政治利用した」と批判した。高知県での小沢氏と私の立場は、自民党で万次郎を政治利用しておいて自民党を潰すとは!、と怨念を持たれていた。それが20年間、高知で草の根交流大会が開かれなかった理由である。

 21年目にして高知県民全員に祝福されて大成功したことは、小沢氏の「日本改造」が、これから本格化することの象徴といえる。

■陸山会事件の証拠不採用問題

 日米草の根交流高知大会の成功を見届けて、6月30日深夜、柏市の自宅に帰ると、東京地裁が同日、陸山会事件で検察側の供述調書38通の中で、大多数を「信用できない」としたとの情報が届いていた。その中に「小沢元代表に虚偽記載を報告、了承を受けた」とする秘書たちの調書も含まれていた。小沢問題で検察批判を続けている郷原信郎・名城大教授は次のようにコメントしている。(7月4日夕刊紙要旨)

 「小沢氏の共謀を立証する材料は、石川議員らの供述調書しかない。その信用性が崩れたので、検察官役の指定弁護士は闘う前から武器を奪われたようなもの。もはや、小沢氏を法廷にダラダラと縛り付ける理由はない」。

 不思議なことに、ジョン万次郎のイベントをやると、これに類したことが起こる。西松事件や陸山会事件もCIE財団をめぐる数々の疑惑も、新しい日本をつくろうとする小沢一郎氏に対する悪意の抵抗であった。

 ようやくそのことが日本中の人々に理解されるようになった。

※日米草の根交流高知大会の詳報は、
http://www.pref.kochi.lg.jp/uploaded/attachment/52851.pdf
http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/140201/21-kusanone.html
http://mainichi.jp/area/kochi/news/20110630ddlk39040719000c.html

※CIE財団は会員を募集中です。お問い合せ先は、
http://www.manjiro.or.jp/ まで。

────────────────────────

■日本一新の会事務局からのお知らせ

 皆さんにご愛読いただき、そのコメント数も少なくなかった平野論説、そして地方行政の現場からの発言であった達増論説は、いずれも「メルマガ・日本一新」(有料)からの転載でした。

 全号がTHE JOURNALに転載された「メルマガ・日本一新」はさまざまな階層の方に読まれている様子が事務局や平野代表の元に届いていますが、以後は随時転載となります。

 継続して全号のご購読(有料)をご希望の方は、 http://www.nipponissin.com/regist/mail.cgi からの仮登録、または問合せ窓口、 info@nipponissin.com までご一報をお願い申し上げます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8146

コメント (7)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。

一、コメント欄は匿名掲示板ではありません。投稿は本名(もしくは固定のペンネーム)でお願いします。

一、コメント欄は投書欄ではありません。記事と関係のないコメントや長文(400字以上)のコメントは、内容に関係なく削除する場合があります。

一、コメント欄は噂話を書く場所ではありません。ネット上とはいえ、公的な場である以上、事実関係に誤りがあるコメントは公開できません。情報元のソースはできるだけ開示してください。

一、コメント欄はフラストレーションの発散場所ではありません。感情的な非難や誹謗中傷は受け付けません。なお、最低限のマナーが守られている投稿であれば、記事に批判的なコメントでも削除することはありません。


そのほか、詳細は下記リンクにも掲載していますので、投稿前にご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

至誠天に通ず!でしょうか。
今日の記事はなんだか心に染み入りました。今からですね!
平野さんも健康には留意していつまでも本物の政治をしてくださいませ。

冷戦終結は、世界でも日本でも歴史的転換点だったのですね。
小沢先生が何故政治改革に邁進したか、今になってインターネット等の情報で解ってきました。

冷戦終結は、幕末の黒船来航に匹敵する出来事だったのですね。
小沢先生は冷戦終結以降の日本の苦境、苦難が読めた。小沢先生と行動を共にする人達は、その情報の共有があったと思います。
小沢先生は、今後日本が世界で生きて行くには日本の国際政治力が必須と思われたと思います。
それには政治のリーダーシップが必須だった。小沢先生は、すぐにも総理になれたのに政治改革の動乱に身を沈めていった。これは幕末の志士たちが我が身を投げ打って幕末の動乱に参加した事に似たています。インターネットで覚醒した人々は小沢先生の行動を信じています。

幕末、明治維新で日本は開国し奇跡の発展を遂げました。
平成の志士らの政治改革が成就し、平成維新が達成され、日本が世界で再び蘇るのを期待します。

平野 様

現在の一番の話題は、「脱原発」でありますが、石川衆議院議員の「悪党小沢一郎に仕えて」を読んでみると、小沢氏は、原発を一時的補完的エネルギーと考えていることが明らかになった。

国民の安心安全第一を考える政治家として、基本姿勢を明確にされているのは、大変勇気づけられる。

昨日、記者会見で、菅総理は、「脱原発」の方向性を明確に打ち出された。また、鳩山氏も、時間的幅を持っての「脱原発」は賛成のようである。

今年の電力事情は、国民の節電、省電の意気込みはすさまじく、供給可能電力の85%程度で推移し、日々の需要が安定化している。東京電力は、他電力会社に売電できる状況になってきた。

日本人は本来節約を美徳としており、節電を呼び掛ければ、15~20%などの節電を簡単に消化してしまう底力を蓄えているのである。私の家庭で考えても、エアコン、テレビ、冷蔵庫、照明の4製品をエコ商品にかえ、節電も加わっているが、30%以上の省電が実現できている。

経済産業省は率先して、家庭の省電の実現可能性を大々的にPRするのが本来の姿であるのに、原発が停止すると、価格が20%上がるとか、企業が海外に出て行ってしまうなどと、マイナス要素ばかり列記して、国民の不安をあおっているのは、不思議な現象である。経済産業省の役人は、国民の税金から給与をいただいているより、電力会社からのさまざまな収入の方が多いのではないかと疑ってしまう。

一番分からないのは、海江田大臣である、節電、省電をすれば、電力需要など簡単に乗り切れるのに、安全基準を3.11前に戻し、安易に原発最稼働を宣言してしまった。この方には、国民第一の理念などはないのであろうか。

この方は、国民の安全より東電のことの方が大切なのでしょう。菅氏の提起した安全再確認のストレステストに感謝の言葉があってしかるべきであるのに、予算委員会などでの態度は全く大人げないし、政治家としてのレベルが低いことをさらけ出している。まったく哀れな政治家にしか見えない。もっと幅の広いものの見方ができなければ、今後国民の支持が広がらないのではないか。

3.3事件・大久保秘書逮捕以降、小沢一郎への執拗な捜索が繰り広げられた陰鬱な2年間であったが、久方ぶりにスッキリとした。平野貞夫氏言うところの「小沢一郎完全無罪」が略、立証されたからである。AERA7月18日号の大見出し:{「小沢無罪」決まりの中身}陸山会事件の一連の経緯と、平成のロッキード疑獄捜査からの撤退を余儀なくされる暴走検察の信用失墜記事を載せた編集部、 三橋麻子さんに謝意を表したい。 謂われなき冤罪を検察、メディア、自民党等反対勢力からデッチ上げられた小沢元代表は、本来ならこの国の総理であった。『推定有罪』という嘘の民意を煽った検察組織の暴挙とメディアの狂騒。 法治国家でなく法痴国家だ。一体、この責任を誰がどうとるのか見物である。小沢側弁護団は犯罪対象者に対して然るべき法的措置と賠償を!  主権者国民は国士小沢一郎の人権侵害を声高に訴えよう!・・。なお、伝聞では背後にアメリカCIAや某組織の指令があるとも聞く。道理で無理筋の党員資格停止処分の撤回もできないのか。 何が日米同盟の深化だ。 実に怪しからん話である。 我々市民団体は、日本社会の不条理を糾弾する草の根国民運動を実行してゆくことをここに宣言する次第である。!!

キャッチコピー総理菅総理の政権長期化と反比例で民主党の支持率はみんなの党の8%に対して10%と総理の出身母体出発点小政党へと邁進している。
就任後は消費税アップ財政再建、代表戦は400人全員内閣、当選後は反小沢・クリーン206人内閣、原発セールスマン、平成の開国、税と社会保障の一体改革、原発の専門家、浜岡停止、原発安全宣言、退陣表明、脱原発依存宣言。

キャッチコピーの犠牲者は与謝野と海江田に仙石。
キャッチコピーの源泉は国民人気。
消費税は世論調査と財務省を信じ、選挙の勝利を確信し、歴史に残る総理になりたい一心で、発言するも惨敗。
反小沢も同じく世論調査を信じ、支持率アップの強力な武器として小沢を追い詰めたが、党内基盤の脆弱さと参院のねじれで逆に野党から追い詰められるお粗末さ。
平成の開国は勇ましさだけ、税と社会保障の一体改革も与謝野起用で勇ましかったが、不人気と知り地震のせいにして与謝野の梯子をはずし、最後はうやむやに。
今や原発セールスマン変じ脱原発依存へ、売込みされた国はびっくりしているのではないか。
鳩山も原発のセールスマンであり、二人は競争していた。
脱原発依存は原発推進自民党政治家を挑発し、公明党の胡散臭さもあぶり出し、民主党内の原発推進派を悪とするには格好で、菅としては得意満面である。敵が多いほど正義の味方として国民に受けると踏んでおり、今や元気溌剌オロナミンCである。
しかし、脱原発と言い切れず、原子力委員会、安全委員会や保安院のメンバーに責任も取らさず、原発推進派、原発安全神話のメンバーに頼りきりの脱原発依存では実行力は皆無と国民に見破られている。
小沢の公判は10月からであり、結審は来年春か。
小沢も次期代表戦を目標に活動していると見る。
その間に菅が内ゲバで仙石、岡田、枝野、玄場、安住ら現無能執行部、民主党のがんを粛清することを期待している模様である。
このままでは菅は来年秋の代表戦まで元気溌剌オロナミンCでいきそうである。
脱原発の次のキャッチコピーもその間5個くらいはありそう。
次は何か楽しみである。
政治家とは信念の人といわれたのが、菅は国民人気取り、流行後追い人、歴史に残る迷政治家である。
しかし、菅に政策発言はあっても実行力がないがごとく、支持率低下の一途で人気取り政策も失敗の連続である。このままなら民主党は社会党の後追い間違いなしであるが、またしても小沢が救世主となるのか、それとも本当に死んでしまったのか、焦点はそこに絞られてきた。
裁判と同じく静かに小沢が国民に待望されつつあると信じているが。


暑さにめげず、最後のヒットマン「菅」の「脱原発」を支持しよう。

もはや手遅れでいかんともしがたいのであるが「汚染列島」は「週刊現代」が「スーパーホットスポット」なる表現で的を得ている。肉牛のわらもそのスポット故なのである。
どの程度の影響が出るかなんて「人体実験」の渦中にある我々にわかるわけがないが、少なくとも、当事者たる東電やら霞ヶ関やら国会議員やらも、我々国民と同じく、この「汚染」から無縁でないことが、ザマーミロである。みな「呉越同舟」泥舟の住人なのだ。

冒頭の「脱原発」を総論反対なんて輩はいないはずなのであるが、推進派なり「村」関係者には「青天の霹靂」か、村の中は蜂の巣をつついた状態で松本旧大臣ののように気が治まらない方も多数いるのではなかろうか。政、官、財、学、マスゴミ総力で反「脱原発」=「反菅」キャンペーンを展開することになる。それはそれで楽しみである。

もはや「再生不良貧血」の民主党に未来はなく、せいぜい「えせ左翼幻想」をこの際だから木っ端微塵に打ち砕いていただくことに、菅さんには期待している。あと二年、じっくりと徹底的に心ゆくまで、「日本の洗濯」していただきたい。まさに「自爆テロ」の極みである。

もう小沢氏も鳩山氏も、腹をくくって「民主党」は諦めなされ!
明日は明日の「風」が吹く。

志士あるつわものがいる限り、政治革命の火が消えることはない。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

平野貞夫(ひらの・さだお)

-----<経歴>-----

1935年、高知県生まれ。
法政大学大学院政治学修士課程終了。
衆院事務局に入り、副議長(園田直)秘書、議長(前尾繁三郎)秘書などを経て委員部長となる。
1992年、参院高知地方区で当選し、小沢一郎と行動を共にする。
2004年、参院議員を引退。
以降、言論執筆活動に専念する。

BookMarks

-----<著書>-----


『坂本龍馬の10人の女と謎の信仰』
2010年1月、幻冬舎


『平成政治20年史』
2008年11月、幻冬舎


『虚像に囚われた政治家 小沢一郎の真実』
2006年9月、講談社


『ロッキード事件「葬られた真実」』
2006年7月、講談社


『公明党・創価学会と日本』
2005年6月、講談社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.