Calendar

2011年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recent Entries

« 「日本一新運動」の原点(45)── 民主党政権はどうなるか 巨大震災に考える
メイン
「日本一新運動」の原点(46)── 巨大震災と原発災害に想う »

「日本一新運動」の原点 緊急臨時増刊号:東日本巨大震災に対して、国会は「国家非常事態宣言」を行い、小沢一郎を活用して党派を超え、国家を挙げて、救済復興に全力を尽くすべきである。

 3月11日に発生した「東日本巨大震災」は、想像を絶する歴史にない大災害となった。東北地方を中心に、死者・行方不明者が5万人を超える可能性があると現地からの情報がある。

 併せて、東京電力・福島原子力発電所では、巨大震災の被害を受け、わが国で体験したことがない大惨事が発生している。

 被災現地では関係者が必死の救援活動を行っているが、菅政権には、この非常事態に対応する認識と方策に限界がある。

 2月初旬、菅政権の統治能力が話題となっていたとき、小沢一郎氏は、「国家が異常事態となり、国民の生活に支障が出ないようにしなければならない」と私に語った。(「2月12日付メルマガ・日本一新」載録)

 今まさに、その異常・非常事態が発生したのである。

 まず、衆参両院議長に要請する。速やかに本会議を開き、「国家非常事態宣言」を議決し、巨大震災の被害が国家の存立、国民生活に甚大な影響を与えるものであることを、国民に認識させるべきである。その上で、国民それぞれの立場で、被災者の救援と被災地の復興に協力を求めるべきである。

 菅首相と岡田民主党幹事長は、この国家非常事態に、小沢一郎元代表の統治能力や危機管理力、さらに政治力と見識を活用すべきである。

 そのため「党員資格停止」の処置を解消し、まずは与党である民主党が党を挙げて救援復興に臨む体制を確立すべきである。谷垣自民党総裁の、復興支援増税論など論外である。

 「日本一新の会」会員、並びにこのメルマガを読んでいただいたすべての方々にお願いがある。衆参両院議長及び岡田民主党幹事長他、お知り合いの衆参両院議員に対し、このメルマガの要旨をメールやファックスで要請していただきたい。

★   ★   ★

◎日本一新の会事務局からのお願い

◎日本一新の会事務局からのお願い
この論説は「メルマガ・日本一新」の転載で、日本一新の会が、週一回発行しています。購読を希望される方は、「 http://www.nipponissin.com/regist/mail.cgi 」から仮登録してください。折り返し案内メールが届きますので「規約」をお読み頂き所定の手続をお願いします。

少なからず不着メールがありますので、仮登録後に数日経っても案内メールが届かない場合は、「info@nipponissin.com」へご一報下さい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7912

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 「日本一新運動」の原点 緊急臨時増刊号:東日本巨大震災に対して、国会は「国家非常事態宣言」を行い、小沢一郎を活用して党派を超え、国家を挙げて、救済復興に全力を尽くすべきである。:

» ★暴走原発を制御不能な東京電力と政府の対応! 送信元 ★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★
★暴走原発を制御不能な東京電力と政府の対応!震災、津波の被災者に追い打ちを掛ける [詳しくはこちら]

» 拝啓 菅直人内閣総理大臣殿 送信元 途上の片隅にて
拝啓 菅直人内閣総理大臣殿 [詳しくはこちら]

コメント (46)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。投稿される方は、投稿前に下記のリンクの内容をご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

この非常事態を利用して小沢復権を企むって本当、どういう神経してるんですかね
この事態を利用して23年度予算を通そうとする菅政権も相当狂ってますが

<無いものねだりでは>
平野さんがご提言されるお気持ちはわかります。しかし、その提言が受け入れられる可能性は無いでしょう。
どんな組織でも、組織の盛衰はトップの能力次第です。平野さんの提言を受け入れるような能力と矜持を菅直人が持っていたら、政権交代後のこの民主党の体たらくはありません。
彼には権力の掌握と維持が目的であり、それを実現する手段が小沢氏の排除であったわけです。それ以外の政治行動を何か菅政権がしましたか?
彼は完全に官僚に国家運営を委ねようとしています。官僚は常に国民の不幸を自分達の権力伸張に利用してきました。それが証拠に谷垣自民党総裁は時限増税を菅首相に提案しています。名古屋市議選をみれば菅民主党に明日はありません。権力維持の為には財務官僚が望む増税路線で自民と合流する道に菅執行部は進むでしょう。
今回の大震災によって政界再編のスタートは少し遅れるかもしれませんが、官僚支配の貫徹かそれとも国民主権の奪還かの争点をより明確に国民に提示できるのではないでしょうか。
今、小沢氏にはそれに備えた万全の体制を整えてもらいたいと願います。

平野さんに賛成です。

しかしダメ管さんではそんな事はしないでしょう。

いくらなんでも蓮呆と辻本を起用とは怒りを超えて笑ってしまいます。

今日、60歳の方と話をしていたら、「辻本清美が阪神大震災の時、自衛隊の握り飯を食うのは戦争に加担する事だ」と現地で言ったと聞きました。

真坂と思いネットで調べましたら、下記が有りました。この話は本当ですか?

""
自衛隊より先に現地入りした辻元清美等が、私 たち被災者に「自衛隊は違憲です。自衛隊から食料を受け取らないでください。 ...""

 私もその通りだと思います。

こういうときに実力のある政治家を使うべきです。

小沢さんの統率力、危機管理能力、政治力、どれをとっても
ピカイチですが、なんといっても、「国民に信頼されている」
というのが、非常に大きいと思います。
今こそ、国民が団結するときに
その象徴となる人に、信頼があるかないかではえらい違いになります。

人命救助、原発事故、計画停電、復興・・何をとっても何の計画性もない。

もともと平時でさえそうであった政権であるのに、この政権には荷が重過ぎるし、国民が最大の犠牲者になっている。

こんな時でも反小沢なら人材という扱いを受けていた菅政権だがようやくマスコミからも批判の声が聞こえてきた。

はっきり言って、菅では無理だ。
それに輪をかけて無理なのは枝野だ。

早く枝野を降ろさないと取り返しの付かないことになると思う、

<権力は奪うもの>
菅は小沢氏に協力を要請する勇気などありはしないだろう。
福島原発を視察後、宮城被災地をヘリから視察し、岩手のみスルーだった。そんな男だ。
つくづく権力とは、譲られるものではなく、奪うものだと思う。
小沢グループは、まんまと菅一派にクーデターを許した。悔やんでも悔やみきれないだろう。
小沢氏が提唱し、民が望みを託した国民の生活第一は、いとも簡単に小沢氏とともに捨てられた。
国民が何万人死のうと、小沢氏に頼る位なら、平気で国民を殺すだろう。
平野さん、現政権に期待するのはムダです。
それよりも、今度こそ権力を奪ってください。二度と遠慮して他者に任せないでください。二度と引き下がらないでください。
女神にうしろ髪はないのです。菅政権に協力なんかしないでよろしい。菅がトップにいれば国民は救われない。一刻も早く菅を倒し、権力を握って放さない事。徹底的に菅一派は、情け容赦なく粛正する事。
闘わなければ、権力は手に入らない。菅に挙党一致など求めるなんて、小沢さんは悲しすぎる。
闘え、闘う勇気がないなら、永田町から退場するしかない。

菅政権は放っておいても、メルトダウンする。
福島原発で完全に東電はじめ原発推進派の側についた。

国民を騙すことになる。東電・御用学者・評論家・マスコミの連合軍で真実を覆い隠す、情報操作が始まっている。

これがバレたらおしまいだ。

私は小沢さんを支持する者ですが、
こんな時にこんな現実味のない話を恥ずかしげもなく書いてしまう平野氏に正直幻滅しました。
菅政権がそんなことする訳ないでしょう。それを分かった上であえて政局的視点から書いている。最悪です。
今やるべきことは政権を批判することではなく、協力と助言をする事じゃないでしょうか?
被災地の地域から選出された衆議院議員。小沢さんの資格はこれだけで十分です。

投稿者: hide 様 2011年3月14日 20:42

>小沢さんの統率力、危機管理能力、政治力、どれをとっても
ピカイチですが、なんといっても、「国民に信頼されている」
というのが、非常に大きいと思います。

これ、冗談と言うか皮肉でおっしゃっているんですよね。
特に、「国民に信頼されている」というところ。

平野さんの、速やかに本会議を開き、「国家非常事態宣言」を議決し、巨大震災の被害が国家の存立、国民生活に甚大な影響を与えるものであることを、国民に認識させるべきである。その上で、国民それぞれの立場で、被災者の救援と被災地の復興に協力を求めるべきである。との主張は大賛成であるが、
菅首相と岡田民主党幹事長は、この国家非常事態に、小沢一郎元代表の統治能力や危機管理力、さらに政治力と見識を活用すべきである。との主張には首を傾げざるを得ません。

何故にここで小沢氏の名前が出てくるのか。小泉純一郎氏ならば、好き嫌いを別にして(この非常時に好き嫌いを言ってはいけない)納得できると思うけど。

いずれにせよ、原発の処理と計画停電の実施には賛成できないが、ここは現政権と実務部隊としての自衛隊・警察・消防に任せて、我々国民も協力しようではないですか。

平時で駄目な人間が、危機に対処できる訳が有りません。愛知の選挙で惨敗していても気にはならないようです。菅政権の人間全体が人格崩壊している。民主党議員もまた、駄目だと解っていても執行部を辞めさせられない。これは一体、何なのだ?です。理解できません。全員、政権を失う恐怖のあまりに狂ってしまったか、呆然として思考停止になっているのでしょう。
個別には何がしかの仕事をしていると考えているようですが、浮世離れした話を民主党議員はしているように見えます。腐ったミカンの為に全員が腐ってしまったように見えます。どうやったら発破をかけられるのでしょうか?今は戦時ですから、ぶん殴るように言わなければダメなように思います。この期に及んで、何も自分の意見を言おうとしない。「はっきり、言えよ!菅直人では駄目だって!本心では皆そう思っているんだろう!」と言いたいところです。

最初のコメントに開いた口が塞がらない。
名前を呼ばれたく無いから、無意識の内に記号にしてあるんだろう。
自身の個人や党に対する嫌悪感を抑えきれない神経こそ理解出来ませんね。

誰が見ても今の最悪の状況を纏められるのは、小沢一郎氏以外に見当たらない。
更に彼の選挙区は被災した岩手県である。

緊急事態ほど小沢一郎氏の力が発揮される。
意図的な報道で総すかんを喰らっても闘い続け、恫喝に屈しない彼をおいて他には居ないと思う。

今求められるのは、強力な情報収集能力とそれを解析し判断する政治家として最も必要な資質だ。
それこそが豪腕と言われる小沢一郎の真骨頂。

国民の生活が第一という小沢氏の考えたスローガンを180度否定する現在の菅政権、自民党に何が出来るんだと思う。

... さん| 2011年3月14日 15:34

全く同感ですね。
国家の危機を救済するのに、小沢さんの知見と腕力を活用するのは好い考えだが、其れだけでは此の厳しい批判を受けるべきだと。

平野さんの視野が狭く視点が低く過ぎる。
草々

菅政権の統治能力が歴代最低なのは論を待たないが、誠にタイミングが悪い。

記者会見の内容、本人の見た目の様相から、本人自体が既にパニックとなっており、とても統制能力があるとは思えない。

ここは回りが補填、補強していく他あるまい。

また小沢の地元であり、知事は達増であることから、現地においては一層の活躍が望まれる。

この震災が、戦災であった場合、その対応は誠に情けない状況であると言わざるを得ない。

やはり【救国内閣】は速やかに成立させる必要がある。

今後、復旧にはけたたましい費用が掛り、足元の経済活動も相応の支障が出る事は明らかであり、節電などというレベルでの対応では到底カバーできない。

今の内閣に陣容では、これら対策を講じまた実施していくのは原発、電力への対応を見ている限りもはや無理と言わざるを得ず、どのような手法で【救国内閣】を成立させるかが喫緊の最重要課題である。

226は現実となりつつある!

この政権は全て人ごとあつかいだ。だから国民と接する事を避ける。ヘリから視察して、凄いと思うだけ、被災者と接する事による悲惨な現実をスルーするだけ。だから被災者が何を求めている”物”が速やかに供給されない。東電の報告が遅いと権力者の怒りだけ。こんな事体でも自分の立場優先だ。本当に国家の非常事態宣言を出さなければ国民の戸惑いは変わらない。

菅総理が東電本社に自ら乗り込んで、『福島第1原発爆発事故の政府への連絡が遅れたとして「一体どうなっているんだ」と対応を厳しく批判。「(原発からの職員の)撤退などあり得ない。撤退した時には東電は百パーセントつぶれる。覚悟を決めてほしい」と厳命した。』…。

彼はもはや邪魔なだけではなく国家を破滅へと導くマイナスの存在。
時間が無い一刻も早く、国会を挙げて指導力のある議員を首班とした震災時時限の救国内閣を成立させるべきだ。

小泉議員には、非常時の実務能力は無い、非常時に対応できるのは、小沢議員か亀井議員だろう。

ひと段落後に解散総選挙を行い改めて国民に信を問えば良い。

不肖私、80年間生きてきて、戦争の惨禍を彷彿させる悲惨な事態の再来です。
犠牲者の方たちに、心からお見舞い申し上げます。

この重大な非常事態に、菅直人首相に任せておいて良いものか、どうか……、議論の分かれるところです。

今朝の【朝日】と【読売】を拾い読みしましたところ、

【朝日】は相変わらずの菅擁護で≪政権批判≫をしていませんが、【読売】は東電に対する政府の責任を≪社説≫でも指摘し、記事の中でも≪与野党からの批判を、大きな見出し≫で掲げています。

これまで≪小沢批判・菅内閣の擁護≫一色で染まっていたマスコミも、次第に分かれて来ると思います。
出来れば、逃げ足の速い方法を選びたいでしょうが、【朝日】はあくまで菅直人と運命を共にするのでしょうか。

それとも狡猾な【朝日】のことですから、どこかの時点で、アメリカ権力の示唆を受け、【これまでの論説】と全く違う【路線変更】に踏み切るのでしょうか。

東電の人たちも随分と官僚的だと思う。考えてみると、いまの日本社会では、組織のなかに身をおくひとがみな官僚的になっているように思う。官僚的にふるまうのは、そうするのがその人にとっては安全であるからだが、ひとりの人が組織のなかで安全に存在することが、組織そのものが安全であることではない。またその組織が社会に対して担う責任が果たされることを担保しているわけでもない。そのひとが組織内で個人としての責任を回避し得ても、組織が社会に対して負う責任は回避できない。その行為で社会の価値が毀損されても、組織内の自分に責任が及ばなければよいという態度が官僚主義だとすると、官僚主義がこの社会を破壊していくのは、石原知事が言うところの天罰かもしれない。その意味で官僚主義はいまこの社会に支配的なマインドであって、そのマインドをもって行動する人によってこの社会の価値が毀損されるのは因果応報のようでもある。政治主導とは、ひとつには、中央官僚が自己の組織利益の追求を優先する政治をやめさせ、社会の組み立てを地域主権に切り換えることだが、もうひとつ根本的なところでは、この社会に属するひとが官僚主義のマインドで行動することをやめること、つまり組織に対する責任を社会に対する責任に優先させないことだが、それを個人の自覚や覚悟の問題でなく、この社会が組織の組み立て方を通して組織に属する個人に保障することではないかと思う。

本当に計画停電しか電力不足を補えないのだろうか?勿論、無駄な電気を使うことには賛成できませんが、何か違和感がある。

節電する為に、家庭での制限を訴えても守らない国民なのだろうか?

商店の営業時間を短縮したり、ネオンや照明の数を減らしたりで30%程度下げれないものなのか?

大都市東京で、電車が止まると毎日が地獄のような通勤と成ってるみたい映像が流される。

しかし医療関係、特に入院患者を抱える小さな個人病院程度では自家発電は1時間も持たないという。手術用の緊急手段でしかないそうです。

そんな所の、常に電器を使って治療している入院患者が切り捨てられていく。本当に仕方がないことなのだろうか?

昨日の茨城では被災者が非難した場所まで真っ先に停電を行った。

国民生活が第一と言って奪った政権。それが未曾有の非常事態で行う政策が、国民を見ているのか?

何か、変だ。

マスコミは、この期に及んでも国民の為ではなく他社より良い数字を目指しての視聴率競争をしているかのようにショッキングな映像を繰り返し報道する。

本当に非常事態の認識ならそんな数字は度外視して、TBSは岩手担当・朝日は宮城・フジは福島・NHKは原発担当等として、細かな情報を追い、救いの手を伸ばしている多くの人を助けてほしい。

未だに援助も無く避難所で食料や必需品が届かなくて亡くなる二次災害を出してはいけません。

ツィッターでは、多くのそんな声が聞こえてくるが、マスコミは小さな声は全く報道していない。

取材で飛ばすヘリを物資輸送に使えばもっと多くの避難民が助かる筈です。何故そうしないのか?出来ないのか・・・

被災していない県には食料も物資も沢山ある。それを局アナが取材協力に行く際、持って行ったのだろうか?

国のリーダーがパフォーマンスを捨てて、本当の大決断しなければ国民が不幸に成るのではないのかな。

手遅れになる前にね。

スッカラ菅を論じることの愚を自覚されたし
結論として、「小澤一郎」は動けない
とするなら、ここで展開している議論それ自体がナンセンスなこと

まして、かかる事態に、権力闘争を念頭におくような人は我に返って自戒をしても手遅れです

原発は、「危険が証明できなければ安全」という、営利主義に凝り固まった人間の犯した最大にして究極のミステークであり、恐らく、当事者はつけの大きさに身のすくむ思いをしているだろうが後の祭りだ

自らの手に負えないものを造ってしまうのが人間の愚かさの象徴で、核しかり、映画「ターミネーター」の人工頭脳「スカイネット」の人間狩りも、どこまで地球が続くかを別にすれば、荒唐無稽と片付けるわけにはゆかなくなる・・

福島原発も、人知で制御できる段階を超えたら(既に超えていると見る・・)後は運を天に任せるしかないのである・・

菅さんを選んだ痛恨を取り返しがつかない事態になって分かるようではお仕舞いで、今まさにそうなっている責任は選んだ側にあると自覚すべし

ここは、窮鼠が猫を噛むかもしれない期待を以って見守るしかないではないか

噛まなかったら?
最低限、「一億総愚民」を世界が知ることになるのだが、それ以上のことは「神のみが知る」だ

[ 菅首相と岡田民主党幹事長は, この国家非常事態に, 小沢一郎元代表の統治能力や危機管理力, さらに政治力と見識を活用すべきである ] という平野貞夫氏の主張を, 全面的に支持する。 チェルノブイリ原発事故に次ぐ大惨事になりかねない, と言われる福島原発事故に対する菅直人首相の発言と対処の仕方を見る時, 国家統治能力の欠如は目を覆うばかりであり, 地震と津波による被災者のいや増す怒りは, 想像を絶するものがある。 諸外国の関心はまさに原発事故そのものである。 コロコロ変わるのは良くない,という愚劣極まりない議論で選ばれた菅直人首相の無能無策ぶりは, ここで頂点に達して, 世界史的に最悪の評価を招き, 最低のお手本となってしまった。 菅直人首相には, 日本が直面した危機的事態を解決する事は不可能である。 私達は菅直人内閣を徹底的に批判して, 叩き潰し, 小沢一郎氏を内閣総理大臣とする新たな政府を樹立して, 被災者の生活の再建と被災地の復興, および 「 国民の生活が一番 」 という根本的な課題を実現するために, 今こそ精神を集中して, 各分野で努力しなければならない。 

日本一新の会および平野貞夫様へ

お疲れ様です。

被災地の現況を聞けば聞くほど岩手県についても陸前高田市始め被災のもの凄さが伝わって参ります。小沢一郎さんの心痛が私の心には伝わってくるような…そのような辛く悲しい感情を共有しております。

マスコミは意地が悪い。東電の会見でも官房長官会見でもわざと当事者を煽り立てる。そこまでして視聴率や新聞発行数を勝ち取りたいのか、脳髄が腐っているか蛆がわいているとしか表現のしようがありません。たぶんそのうちに小沢一郎さんは一体何をしているんだとか書き立てるバカが出てくるでしょう。

他方で、枝野官房長官などはきちんとやっていらっしゃる。使命感を良く理解していると感じます。


許せないのは石原慎太郎。津波を利用して? 天罰? …ここですらあの人には誰も書かないけれども、The Journal もいい加減、意を決してもらいたい。石原慎太郎など今更何の役に立つのか?都知事という利権ばかりを利用して、結局何もこの12年間、東京都という原風景を何も残さなかった。

小沢一郎さんの活躍の場はまだまだこれから来ることになると感じています。東北・北関東を再建するためには小沢一郎さんの力は必須だからです。しかし、敵である石原慎太郎などを潰してしまわなければ。三島由紀夫さんが生きておられたら喝を入れて下さっただろうと昨今の暴言に鑑み思いを馳せる日々でございます。

小沢一郎さんの敵は民主党内部にもおりますが、所詮力をどう使うかも戸惑う人たち。ならば、The Journal に関わる書き手・読み手の皆さんもまずは「本当の敵」を倒しませんか?私は敢えてここに書き留めたいと思います。


Liberal

その間に16年という歳月を挟んだ2つの政権交代が、同じ一人の政治家によって主導されたというのは、知らない人に話して信じてもらえないような話ではないでしょうか。私には、ほとんどあり得ないこと、奇跡のように思えます。二度あったのだから奇跡の二乗でしょうか。さらにもう一度、小沢さんに期待するのは、奇跡の三乗を期待するわけですが、小沢さんならと、神に祈るような気持で待っています。

驚いたな 小泉の名前が出るとは

ひとつだけ言わせて下さい。

電力会社(現在、東京電力)を選べるようにして欲しい。

無計画停電のおかげで、市内大混乱です。

編集者はなぜ私の以下のコメントを掲載しないのだ!?

[ 菅首相と岡田民主党幹事長は, この国家非常事態に, 小沢一郎元代表の統治能力や危機管理力, さらに政治力と見識を活用すべきである ] という平野貞夫氏の主張を, 全面的に支持する。 チェルノブイリ原発事故に次ぐ大惨事になりかねない, と言われる福島原発事故に対する菅直人首相の発言と対処の仕方を見る時, 国家統治能力の欠如は目を覆うばかりであり, 地震と津波による被災者のいや増す怒りは, 想像を絶するものがある。 諸外国の関心はまさに原発事故そのものである。 コロコロ変わるのは良くない,という愚劣極まりない議論で選ばれた菅直人首相の無能無策ぶりは, ここで頂点に達して, 世界史的に最悪の評価を招き, 最低のお手本となってしまった。 菅直人首相には, 日本が直面した危機的事態を解決する事は不可能である。 私達は菅直人内閣を徹底的に批判して, 叩き潰し, 小沢一郎氏を内閣総理大臣とする新たな政府を樹立して, 被災者の生活の再建と被災地の復興, および 「 国民の生活が一番 」 という根本的な課題を実現するために, 今こそ精神を集中して, 各分野で努力しなければならない。 


今、そんなことを言っている場合なのか?
国民は皆、この災害に対して己の無力さを痛感している
当分それを他者の批判に変えるべきではない

それぞれが今できる立場でできることを最大限するべき時だ
小沢には、小沢の意思で動く政権与党の国会議員が数百人もいるんだろう
秘書も何十人といるし、東北地方には数多くの後援者もいるはずだ
被災にあった者もいれば、被害が少なく動ける者も数多くいるはずだ
情報も少なからず得られるはずだろう
ネットも使えるはずだ、ネットには小沢支持者が大勢いるんだろう

それらを最大限駆使して、
この掲示板を見ている小沢支持者にもやれること、守るべきことを
直接呼びかける事の方が
もっと大切なことではないのか?

一般国民ならはいいが、ある程度政治に身を置き多少なりとも
影響力を持った者が、今この時期に政局を絡めて
ますます混乱させるような発言は慎むべきだろう

~菅直人と自衛隊の嘘、被災地を見捨てる作り話、政府批判しない野党~

昨夜(3/15)のNHKで、最初で唯一ではあるが、南相馬市長の桜井勝延が番組中の電話インタビューに出て、国と県の無慈悲な仕打ちに怒りを表明していた。南相馬は津波被害で多くの死者・行方不明者を出している地域である。その救助救援に頭を痛めている最中に、今度は原発問題が起き、南からの避難民を受け入れつつ、同時に半径30キロ圏にかかるため新しい避難先を探さねばならなくなり、対応に必死で動いていた。ところが、南相馬は放射能汚染で危険だから救援の米を車両搬送できないので、そっちから取りに来いと県(災害対策本部)に言われたのである。悲痛な告発だった。腸が煮えくり返る思いだっただろう。受話器を取った大越健介は、想定外の桜井勝延の政府批判に狼狽し、桜井勝延の話を必死で逸らして電話を切らせていた。

桜井勝延は、「国はわれわれを見捨てている」と本質を衝いた。当を得た一撃だった。市長は住民代表である。住民の生命と財産を守るトップだ。全国放送の場で、勇気を出してよく言った。3/11以降、国は数十万の国民の命を見捨てた。(記事の末尾)

物事は須らく多面的で複雑だと、短絡的に反応してはことを観誤るのだと、改めて知らされる思いです。反省。

   Kevin Maherさん
あの愚かな発言は真実の一面を指していることは想像の範囲だったが、あの発言を決定した判断はK.Maherさんの多面的人格の極く一部分に過ぎなかったのだ。
日本が直面している危機に際して、K.Maherさんが払われる真摯で優しいご尽力に対して、深く「有り難うございます!」と感謝を申し上げます。
FPThe Cable http://t.co/vJWQ32m 【K.Maher・・working to help lead U.S. response to the crisis. 】

この巨大地震に対する菅内閣の対応は全くお粗末だ。
福島原発について、TVで菅や枝野の顔は頻繁に露出するが、防災担当大臣の顔は見たことがない。何をやっているのだろうか。
NHKでは現地取材で被災者の「水がない、食糧がない」という訴えを聞いているが、NHKは聞きっぱなしにしているのではないか。もしそうならこんな罪なことはない。
あるボランティアの代表が、現地に行きたいが交通手段がないと訴えている。ボランティア担当(らしい)辻元清美はこれを聞いているのだろうか。
「計画停電」なるものも論外である。もちろん節電に協力したいがやり方があるだろう。経団連は「総量規制」をすべきだと言っているがその通りだ。一般家庭に対して東電は「電気予報」を常に
流して節電の協力を呼び掛ける手もある。
巷ではガソリン不足や食料品買いだめが起きている。政府は国民生活担当大臣でも置いて、コントロールをすべきだろう。
今の内閣は全く知恵がなさすぎる。

いつかきた道

■関東大震災では後藤新平が復興担当し復興計画策定と復興組織づくりを進めた。
★これを今回は菅が担うのか?
この後に及んで、選挙向けパフォーマンスで蓮舫に振るような事をやりかねない。

■事業規模は当時の経済状況をかんがみて縮小され復興の組織や意志決定も後藤が思うようにはならなかった。
*渡りに船と岡田が子供手当を回す、、などと野党に擦り寄り、財務省はたった数百億しかまだ手当していない。

■当初は帝都復興計画では30億円という予算を計上していたが、さらに財政事情を考慮し、最低これだけはというぎりぎりの案件約10億円の要求となった。
★まったく足りない額で、復興は大幅に遅れ、ご存じの大戦へと突入していく。

■復興計画審議のために設置された3つの審議機関のうち帝都復興参与会と帝都復興協議会は無事通過するが、帝都復興審議会では大反対され、特別委員会での大幅縮小で決定、5億円強になり議会提出の運びとなったが、それでも議会で復興予算費をさらに2割カットと復興院事務費の全額カットで予算修正、これを忍従して復興計画は確定された。どんどん規模が縮小されていく帝都復興がようやく動き出した矢先こんどは翌年1月の虎ノ門事件を契機に山本内閣は総辞職し後藤自身も失脚することになる。
★政局の混乱は、まさにこれと同じ経過を辿る可能性大。


平野貞夫様

貴方のこの提言は的外れです。

貴方が言っていることは、実現不能。

貴方と一新会は、本当に現実を見ているのでしょうか。

もっと可能性のある実のあることを提言すべきでしょう。

政府が今すぐにやらなければならないことは、震災復旧と原発事故対応の予算をしっかりつけることです。

そのためには、予算の組み替えです。

不急のものは全てカットまたは延期する。

特殊法人への予算は大幅カットする。

公務員が震災復旧の一部を行う。

それが、識者として提言することではないですか。

平野様

昨日NHKにて福島県南相馬市の市長さんが、電話インタビューにて悲痛な訴えをされていました。
南相馬市といえば大津波による甚大な被害を受け、かつ住民の皆さんの一部は原発による避難・隔離生活を送らざるを得ないところです。
やっと救難物資が届いたと思ったら、隔離地域のため原発から30km外の引渡し場所まで、取りに来いと言われたそうです。
市長さんは国・県に見捨てられているのでは?と訴えておられました。

また同じく福島県いわき市在住の方の投書が朝日に載っていましたが、首都圏用の原発で福島がなんでこんな思いをしなければならないのか?東電、国、政府のお偉方はもとよりテレビでしたり顔して危険性がないなどとほざいているコメンテイター含めテレビ局も現地に来て放送しろ!とこれまた痛烈な訴えです。
正直東京在住の私は申しわけなさで一杯です。

福島県以外でも大変な被害が出ており、行方不明者の方の捜索を進まず物資も滞り、寒さに震えインフルエンザも流行の兆しが出ている、感染症も心配されるといった、我々安全なところにいるものには想像もつかない地獄でしょう。

そこでお願いです。
小沢氏にそんなに力があるのであれば、まずは周りから担がれるのを待つのではなく、ご自身がそれこそ一兵卒として行動されるよう直接ご本人に働きかけていただきたいのです。さすがに官邸中枢に余計な口出しを余計なルートから入れればそれこそ混乱を増幅させるだけでしょうから、例えば岡田幹事長経由で現在の問題点や被災地の要望というより絶対にしなければならない切なる要求事項を官邸へ上げて早急に対処するようにしてほしいのです。

特に東北においては小沢氏の影響力はでかい。県知事さんや各市町村長さんにお知り合いが多数おられるでしょう。
上記南相馬市の市長さんはやっと全国に向けて声を上げることができましたが、ほかの首長さんたちはどうなのでしょうか?皆さんひょっとしたら遠慮されておられるのではないでしょうか?
ツイッター上では被災された方たちの生々しい、そして悲惨な物資不足に対する怒りが満ちています。
何とか力になりたくとも物資を送ることも駄目、他地域からのボランティアも今はまだ駄目、と本当にそうなのか?疑問もあります。
テレビではいつまでも瓦礫の山を見せられるわけですが、同じ被災地で一向に片付く様子がない、そして報道は現場には入れている。にもかかわらず大変ですね、かわいそうですねばかり。
何かあるんじゃないかとかんぐりたくもなります。

原発事故は確かに国家の一大事です。しかし同時に被災地の救援・復興もこれまた国家の一大事です。
私自身も官邸の動きに疑問を持っているものの一人ですが、であればなおさら英知を結集すべきでしょう。
取り留めのない話で恐縮ですが、待っているのではなく自ら行動される、それを期待しています。
もうすでに小沢氏が動かれているとすれば大変失礼なことを書きましたので、予めお詫びいたします。

政府は災害対策ではなくて、原発対策に一生懸命で、被災者の事を本気で考えているのでしょうか?

菅さん枝野さん蓮舫さん以外の議員さんは、今何をしているんでしょうか?

私の住む静岡県東部でも15日の夜遅くに地震がありました。かなりの揺れで、一瞬、東海大地震を考えました。私の住む市は多くが海岸の近くなので、東日本大震災のような津波がきたら、市(県ではなく)だけで数万人の死者が出ると思います。
11日の地震でもかなりの揺れでしたが、友人は富士山が噴火したかと思ったそうです。

大災害の時にきちんと対応してくれない政府では困ります。党だの支持率だの選挙だの言ってないで、全員で協力して被災者の救助を最優先で行動して欲しいと思います。

小沢さん、まずはビデオレターでもなんでも良いので、ご自身の考えや国民に勇気を与えるようなメッセージを発信したらどうでしょう? 

screamer さん 2011年3月16日 19:41
(ご無事で何よりです。長駄文、ご容赦下さい。)

ご指摘には同感です。日本は目先的にも中期的にも本当に厳しい危機的状態に至っていますね。
目先的に東北地方の国民の生命と平穏な生活の危機には、此の国に金はないが躊躇せず借金をして脱出に万策を講じるのは当然です。
自民党も此の趣旨を菅某に提言しています。
http://www.youtube.com/watch?v=eD43ruC1eQM&feature=youtube_gdata  3.15【石破政調会長記者会見~当面の政府に対する申し入れについて】

然し一方で、私はこの混乱の最中にあっても、否、その混乱から脱却するのが困難であるが故にこそ、中期的視野を以って国難を脱却できる国家体制と政治組織を造り出すことが急務だと確信しています。
日本の国家財政の過重債務状態が更に、今回の天災と人災によって急激に悪化することが目に見えている。国債格付けも格下げになるでしょう。仮令無慈悲だと嘆いても始まらない。
また、挑戦的な国家戦略なければ、日本経済が一層停滞し地盤沈下し国民生活の厳しさが増すことも目に見えていると思っています。
要は、現下の国家の緊急事態を脱却するには、菅体制を維持しつつ野党ほか政官財の知見を糾合して挙国体制(超党派)で当るに余儀ないけれど、
菅体制の緊急避難的変形体制では、数カ月先に待ち構えている巨大な困難を打破BreakThruすることは不可能だと。

私はこの板での平野論は、広く深く永い視野での国益論ではない、小沢さん一人と周辺の一群の復権を策して狭く浅い政局を論じる故に、切り捨てられるべきだという趣旨でコメントしました。
また嘗て、私見では首相未満でしかない菅某と与党未満でしかない民主党について「止める(辞める)ことはない」と主張した高野論説をも僭越にも切り捨てました。

中長期的課題であっても既に問題解消が不可能なら、ことは緊急を要します。菅某の要求する「残り2年」を許して仕舞っては此の国は再起できなくなる。複雑な日本問題を抱えた国家は、一旦麓まで下山して仕舞っては再起できなくなると。
慎重な「かも知れない運転」を! 然し、固い意志を持って楽観的に!と。

再度持論に戻って仕舞いますが、持論を再確認しています。
早く! 「次」へ行かなければならない!
その「次」とは、今の政党枠組みを取り払った「善き政界再編」しかない。
同時に「政界の世代交代」、同時に「官界と財界の世代交代」も必要になる(=若手の志と覚悟、奮起が必須になる。)
草々

基本的に平野さんのお考えに賛同します。
ただ震災からもう1週間経過したにもかかわらず、被災地に最低限の物資さえも届いてないという現実は異常としか思えません。菅政権はこの期に及んでも国民を第一に考えるきはまるでない。原発の注水作業もも震災直後に米国から申し出があったのを断わったとの情報を知り、怒りに震えました。
日々情報隠し、政権の延命にしか興味のない菅は国民を最大不幸にすることは間違いないでしょう。  いい加減国民は気付くべきではないでしょうか?
枝野氏が大丈夫と言い続けた結果、原発は取り返しがつかない状況に向かっています。
菅直人の政治には心が通っていない、何が何でも国民を救うという意思が感じられない。どんな手段を使っても今すぐ引き摺り下ろさなければ、現状のままの対応では日本は破滅すると考えます。
震災直後に自衛隊最低10万人確保は一般国民の私でさえ気付いたことです。人命救済第一を思えば他国にヘリを要請するなりどんな手段でもヘリを集め迅速に飛ばし、何故救助に行かないのか?
必死の思いで自力で助かった方々は食料もない水もない暖房もない状態で放置され、体力・気力もなくなり、とうとう今日亡なられた方がいました。これは政府の怠慢以外にない。
菅のやっていることは疑問しかない。本気で自国民を守る気があるのか?
平野さん、非常事態なんですから菅を無理やりにでも即刻退陣させ、救国内閣を実現させてください。この非常時に菅を降ろすには天皇陛下の力で何とかならないものでか?
最後に小沢さんは今どうされていますか?
小沢さんほどの方が地元の非常事態に未だ声明文も出されていないことが心配でなりません。ごぶじなのでしょうか?

平野先生。
小沢先生に早く被災地の人々に
会うかコメントを出すように
伝えてください

今しかないです
隠れているように見えます
小沢先生しか今いないと思うのは私だけではないでしょう

「福島原発危機」は、3.17-20の「東京人工地震テロ」計画を隠すためのダミーだ!

金融ユダヤ人の計画は、福島原発問題に衆目を集めておいて、その影で着々と東京人工地震計画を進めることだ。毎日、東京湾で小型核を使った断層破壊が段階的に進められている。断層破壊に到達すれば、関東大震災規模の大地震を「起爆」できる!

そして、金融ユダヤ人に近い筋には首都圏からの緊急脱出の指示が届いている。家族もろとも脱出を始めている。名目は放射能被害からの避難だが、本当は、東京大地震からの避難を目的としている。

金融ユダヤ人の蛮行を止めよう。大衆が事前に真実を知ってしまえば、いかなる犯罪者も計画を実行しようがない。情報拡散を!

http://richardkoshimizu.at.webry.info/

東電の電力の余力は十分あるはず。なぜ、計画停電が必要なのか?

「現在の予想需要が4100万Kwとは、東電HPにもあるのでその通りとして、6448万kWから福島第一、第二、火力発電で失われた合計1357Kwを差し引いても5091Kw発電能力はいまでもあるはずなのだけど...」 

ドイツあたりでも東電の電力は十分余力あるはずと報道していた記憶が。そもそも電力に不足などないのです。東電は嘘をついています。

2.計画停電がされた後で、その近くで大きい地震が起きている例が多い。なぜか?

つまり、「計画停電した地域で、結果として余った大電力を一気に使う需要がある」ということです。では、解説です。

現在、「人工地震」が大いに疑われ、その起震方法として、「核爆弾」が議論されています。なかでも現在の主たる核兵器は「水爆」です。

従来型の水爆は、原爆=核分裂反応を起こして高熱と高圧を作り出し、それを利用して核融合反応を誘発するものです。これですと、爆発時、放射能が飛散してすぐに発覚します。

代わりに開発されてきたのが、純粋水爆といわれるものです。原爆を使わずになんらかの方法で高熱と高圧を作り出し、水爆を起爆する方法です。そのために研究されてきたのが「レーザー起爆」という手段です。公には完成していないことになっていますが、最新の軍事技術が完成したからと言って公表するような馬鹿な国はありません。おそらく米国はとっくに完成し配備しています。

レーザー起爆の水爆を爆発させるには大容量の電流が必要となります。水爆のレーザー起爆装置に辺りの電力をすべて投入して、核融合を実現します。水爆は爆発します。そのためには、計画停電で電力を一度に集中的に投入する必要があります。爆発すれば、大きな地震が発生します。

ということで、日本を破壊しつつある裏社会のゴロツキと東電の連中が裏でつるんでいます。東電社員はゴロツキの日本破壊に手を貸しています。ということは、当然ながら、福島原発の騒ぎにも、裏社会に飼われた東電社員が絡んでいます。深刻に見せる謀略がなされているとみます。原子炉周辺の「爆発」ですが、「爆破」とみるべきでしょう。そして、同じ黒幕に飼われたメディアが危機感をあおります。枝野や菅はもちろん最初から裏社会の犬です。福島原発の危機状況は、半分がねつ造であると理解します。本当に日本の半分が汚染されてしまえば、一番困るのは、今回の陰謀を行使している裏社会そのものですから。

ということで、上記の情報を「裏社会に飼われていない一般の東電社員」の周辺に投下してください。福島原発と東電本社の間では、電話線が切られるといった謀略も行われているようです。裏社会に飼われた社員が必死の破壊工作をしています。一般社員が真実に気づけば、事故は収束に向かいます。現場の担当を入れ替えれば、謀略は行使できなくなります。みなさん、東電社員に働きかけを!

http://richardkoshimizu.at.webry.info/

【ニュース】「東北復興院」が必要 達増知事(岩手日日新聞社) http://bit.ly/hkln0q

私も同意です。こういう所で必ず小沢一郎さんの政治力・実行力が必要になります。

漏れ伝わってきた事ですが、利権が絡んでいる民放は東電の大きな批判ができない。
比較して観ておりますと、NHKを聴いて観ていないと大きな情報伝達に漏れがあると分かります。

他方で海外メディアが昨晩あたりから政府と東電に情報を開示しないことについての猛烈な非難を始めています。ガイガーカウンターを持って現地に入っている各国の援助隊がそれぞれの国に伝えた上で帰国命令を行っております。

この時点で他国の救助隊がどの様な活動をしてくれているかを報道している主メディアは残念ながら国内では皆無です。

利権など言っている場合ではないこと。
そして、今回こそ国民が真実を把握出来る政府会見が行われること。

それを求めつつ、バカな買い占めなど決してしない良識を持っていたいものです。


Liberal


平野貞夫氏へ

 11日以後の 民主党政権の対応をみると、能力もましてや経験もない方たちに、お任せするのは 可哀想です。
それ以上に 国民が不幸です。。。。。


 お考えください!
 何故 このような事態で、 「非常事態宣言」 が取られてもいないのでしょう???


 すべては、 福島第一原発への 政府の対応にシンボライズされております。
これだけでも 非常事態でしょう!
東京電力に 対応できないのは 周知でしょう!
ところが 菅直人政権は東京電力を責めるだけ!!!!!


 
 
 
 

 平野貞夫氏へ
 つてがあるのなら、野中広務氏でも構いません。。。
 救国政権を 作りましょう。。
 この事態には、、、
 与党も野党も ありません。。
 きちんんと 目標を持って 現実に対応できる。
 総理・大臣・政務官・事務官が 連携する必要があります。。。。。

 

  これを まとめられるのは、
  こと ここに至っては、
  小沢一郎氏の 見識しかありません。。


 
 
 

PS.
ツィッターをやって みたのですが・・・・
無力です。
フェイスブックでは トモダチの友達のともだち・・・位は 求める方にたどり着けます。
お得意な方に お預けします。。。
 

今国家は、崩壊した原子力発電所に海水の雨を降らすという通常なら暴挙となるような手立てしかなす術のない空前にして絶後の絶体絶命の窮地に陥ってしまった・・
最悪のケースなら、狭い国土の主要部分が死滅してしまうかも知れないという現実がそこに迫っているのである・・

ここでの、まとも過ぎるネクスト論議も空虚に響くだけではあるが、気持ちだけは痛いほど解る・・

今、一番に市民の努力するところは、被災地への義捐金の捻出だろう
気持ちだけで話になるような段階ではない
ここの方々にそんな愚か者はいないと思うが、物資の買占め行為は厳禁であることは言うまでもなく、以下、浅はかな行動は厳に慎まなくてはならないが、ここでの行為も浅はかな範疇に入るのかも知れない・・がどうだろう?

最後は、宇宙に意思があるとして、縋るのでなく祈ることしかないのである


(日本人を止めた)無国籍人さん | 2011年3月17日 14:05

screamerです。こちらこそご無沙汰しております。そしてご無事で何よりです。
昨日は大規模なブラックアウトが発生するかもしれない、ということで当方バタバタでしたが、おかげで今日は徹夜かな。
仕事の合間に書かせていただいております。

まずは被災地への救援物資補給が少しはましになってきていることに多少ほっとする思いです。
その上で復旧・復興の第一段階での体制については、それこそ亀井氏が提唱する救国内閣で対応すべきではないのかな?と思い始めているところです。
ただし、この段階での管総理交代論にはまったく反対です。
国内外の影響がでかすぎる。

いずれにせよ本格的な復興とは、すなわち国家の大改造になるはずで、どこかで誰かが第二のマーシャルプランが必要だ!と言ってますが、まったく同感であります。
東京(首都圏)一極集中がいいのか?あるいは今後もそうなるのか?脱原発か原発推進か、それも大きな議論となり少なからず国家の骨格設計に大きく影響が出ることでしょう。
逆に国家の骨格設計がうまくいかない場合は、なし崩し的にそれこそ東日本壊滅につながるかもしれない。
それを指し示すことができるリーダーにふさわしいのは誰かというと、管総理も小沢氏も果たして・・・というのが率直な気持ちですが、かといってほかに誰がいる?というのも正直な気持ちです。

おっしゃるように政界再編の動きが4月以降早い段階で起きてくるかもしれませんが、まずは救援・復興第一段階を与野党一致団結して乗り切ってほしい。
いまはそれだけです。

なお石破氏の記者会見視聴させていただきました。
概ね納得がいきましたが一点だけ、管総理が東電に乗り込んだことに苦言を呈されていましたが、あれは仕方のないことだったというのが、私の意見です。なぜかは(承認されていればですが)田中良紹さんの続・3月大乱にコメしておきました。

それではまた。

マスメディアの報道体制

東北大地震においても、ヘリからの・地上からのマス・コミ。
各放送局が 独自に行っており、さらには 番組ごとにも取材報道が為されている。。
1週間経った現在でも 報道される情報は、行き当たりばったりの取材の中で出会ったものだけ。。。
さらに たちが悪いことには、取材途中で個人的に関った個別の事象がピックアップされ始める、そこに 被災者個人に語らせた現状を 感傷的に垂れ流し続ける報道が蔓延してくる…..


1週間見続けても 総合的な災害状況が なに一つ見えても来ない。
個人が何を出来るのか 判断材料が得られない。


“仕分け 出来ないもんでしょうか??”
例えば このような大災害時には、各放送局で“共同取材”できないものか。
担当区域を割り振って よりきめ細かな「取材体制」が出来ないのか。
ヘリからの映像報道。
初期に必要なのは 全体の大まかな把握。
これを地上からの 現場取材が正確な情報をつかむ。
次に必要なのは、問題点の抽出。
そこから 新たな取材姿勢が展開できる。。


マス・コミは 主観を排除した“客観的な報道”が第一義です。
目の前の“命に救いの手を差し伸べること”を個人として突きつけられます。
それならば 現場取材を行う個人をサポートすることが、マスメディア全体に要求されます。
無線を扱うには通常資格がいるとか、、、
別に良いのじゃないか。。 緊急時には、取材途中で必要と思われる場所には”簡易無線機器をヘリから投下”すればよい。


目の前で  生きられる命が 危機にさらされるならカメラをとめる。。

 3月11日から8日目で電気が通り、翌日にはインターネットも回復しました。

 しかし・・水はまだ、です。風呂にも入れませんし、燃料が無いため車も使えません。
 ガソリンスタンドが営業しているという噂があればワラにもすがる思いで列を作りました。その距離5km。しかし、ガセネタでした。なけなしのガソリンが減り、一晩過ごした寒い車内の時間は無駄に・・・。

 それよりひどいのがマスコミで、「営業してないスタンドに車列」と面白がって報道していた。怒りが沸騰した。「てめえら、飯の種の取材なら、来るな!」と思った。


 東北自動車道(高速道路)は、一般車には閉鎖したままです。

 国は何故、燃料等の物流を整えないのか。東北道の閉鎖は、保守点検待ちなのか?
 政治のリーダーシップが求められる時に、なんで菅政権なのか?

 国の施策の遅れは、弱者の命に直結している。
 パフォーマンスより政治力が必要だ!
「決死の覚悟で原発補修!」だと?今は政治力より技術者と作業員だ。菅の出番は無い。

 それより総理としての役割を果たせ!!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

平野貞夫(ひらの・さだお)

-----<経歴>-----

1935年、高知県生まれ。
法政大学大学院政治学修士課程終了。
衆院事務局に入り、副議長(園田直)秘書、議長(前尾繁三郎)秘書などを経て委員部長となる。
1992年、参院高知地方区で当選し、小沢一郎と行動を共にする。
2004年、参院議員を引退。
以降、言論執筆活動に専念する。

BookMarks

-----<著書>-----


『坂本龍馬の10人の女と謎の信仰』
2010年1月、幻冬舎


『平成政治20年史』
2008年11月、幻冬舎


『虚像に囚われた政治家 小沢一郎の真実』
2006年9月、講談社


『ロッキード事件「葬られた真実」』
2006年7月、講談社


『公明党・創価学会と日本』
2005年6月、講談社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.