Calendar

2011年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

Recent Entries

« 「日本一新運動」の原点(41)── 異常事態の菅政権
メイン
「日本一新運動」の原点(43)── 朝日新聞政治からの卒業を! »

「日本一新運動」の原点(42)── 憲政史に残る民主党十六名の志士

 2月17日(木)、民主党衆議院議員16名が「民主党政権交代に責任を持つ会」(通称:民主党国民の声)を結成、「民主党・無所属クラブ」の岡田克也会派代表に会派離脱届けを提出した。同時に新会派届けを衆議院事務局に提出したが、岡田会派代表から16名の議員が離脱した旨の届けがなされるまで、新会派届けは衆議院事務局預かりとなった。

 突然の出来事で、永田町は大騒ぎとなった。ほとんどの政治家と記者たちは、この十六名の活動と手続の真意を理解できないようだ。岡田会派代表に至っては、「会派離脱届は無効だ」と、司法試験勉強中の学生のような発言をしている。とても政治家の感性を持っているとはいえない。新会派結成宣言を真摯に読むべきだ。宣言文は「菅政権は国民との約束・マニフェストを捨て、政治主導の御旗も捨て、国民の生活が第一も捨て、本来の民主党そのものを捨て、民主党の支持の上に比例代表で当選した我々の存在意義すらも打ち消した」と、単独比例で選出された国会議員の心の叫びを列挙している。そして「我々は民主党と国民との約束の上に存在する比例代表の議員だからこそ、本来の民主党の姿とはかけ離れた今の菅政権にはもう黙っていない」と、はっきりとその覚悟を示している。久しぶりに見る政治家としての志に敬意を表したい。

 私は昨年以来、わが国の議会政治の劣化、特に国会議員の志の低さと、見識のなさを批判し続けてきた。先週のメルマガ・日本一新で、「完全にファシズム化した民主党が、このままの状況であってよいだろうか。民主党所属議員たちよ、エジプトの民衆の方がましだと言われないよう、国家の危機に対処して欲しい。来週の動きを期待して注目している」と結んでおいたが、16人の志士は「日本一新の会」の願いを見事に果たしてくれた。

 この16人の「民主党政権交代に責任を持つ会」のこれからの展開を予測しておこう。前例のないことだと、新会派の結成を葬ろうとする意見があるが、実は前例があるのだ。平成7年1月17日、当時の社会党で山花貞夫衆議院議員ら17名が、村山自社さ政権に反対し、社会党に会派離脱を提出したことがある。丁度、この日の早朝に阪神淡路大震災が発生し、この会派離脱届けは国会で議論されることなくウヤムヤとなった。手続としてどういう問題があるかといえば、岡田会派代表の主張する「無効論」は間違っている。同じ党籍で会派を複数持つことは理論的にはあり得ることだ。

 地方議会では自民党籍のまま二つの会派が存在するのはざらにある。現に金沢市議会では、民主党員で「金沢民主議員会」と、「民主クラブ」の二つの会派がある。国会では法規的に妨げるものはない。かつて、菅首相が所属していた「社民連」という政党が、「社会党会派」と「民社党会派」に所属していたことがある。このことについて議院運営委員会で議論した前例がないだけである。

 その議論を始めるためには、岡田会派代表が16人が離脱した旨の届けを出すことが必要となる。多分、岡田会派代表は党の方針に従わないとして、党規違反の処分をしてくる。16人の志士たちには、菅政権と岡田執行部の行動こそ「党規違反」として、民主党の機関に提起して議論すればよい。しかし、岡田執行部は異常な党運営で引き延ばしを図ることになろう。結局は、ある時点で党の離脱「新党の結成」やむなしとなる可能性がある。

 となると、統一地方選を目前に「衆議院解散」という緊張状況を背景に、民主党内の問題を離れ、与野党にわたって、菅政権を継続させることが国益となるか、という政変モードとなろう。そこで混乱を深めるか、冷静にわが国の政党政治のあり方について議論が起きるか、重大なポイントである。折から地方政党の活動が注目されている。16人の志士の決断は、このようにわが国の政党政治の構造・システム改革のきっかけになる可能性がある。「日本一新の会」は、こうなることを期待してる。

■京都から日本を変えよう

 東京は永田町で、民主党16人の志士の決断により、菅政権やマスメディアの大騒ぎが収まらない18日の午後、私は京都で、「日本一新の会」の行事に参加した。日本一新の会・京都支部で「河上みつえ元衆議院議員後援会主催の「居酒屋ミニ集会」に出席のためだ。せっかくの機会なので、多くの人が集まりやすい、「四条河原町」で街頭演説もやろうということになった。

 京都といえば、幕末に日本を改革した原点であった。私の人生の師、故前尾繁三郎元衆議院議員議長の出身地・選挙区でもあった。まず、嵯峨・清涼寺の前尾先生の墓参りからスタートさせた。墓前で政治状況を説明し、日本に真の議会民主政治 ── 国民の幸せを第一とする政治の確立に尽力された意志を実現させることを誓った。

 「四条河原町」の街頭演説は、メールなどで呼び掛けた関西の「日本一新の会」のメンバーを中心に大勢の市民が駆けつけてくれた。

 まず、小沢塾出身の大谷啓衆議院議員が、混迷する民主党内の状況と再建を誓った。そして、会派離脱届を提出した16人の志士の一人である渡辺義彦衆議院議員が、決断への経緯と覚悟を示すとともに、これからの方針を語った。さらに河上元衆議院議員が力一杯、志士への連帯の意を表明するとともに「京都から日本を変えたい」と支援を訴えた。

 私は、土佐は四万十川・足摺岬生まれで、京都の戦乱の落人が先祖であることから話を始め、現在の日本政治で最優先すべきことは、菅首相の退陣により、党派を超えて健全な常識を持つ政治家で救国・選挙管理政権を樹立すべきだと訴えた。

 最大の理由は、エジプト改革から始まった中東の問題が紛争から戦争に変わる可能性があり、世界の混乱が激しくなる中で、菅首相では日本は生き延びていけないことである。更に、日本政治の劣化の最大の原因は、政党の劣化である。既成政党である民主党・自民党・公明党・共産党・社民党は、いずれも二十一世紀の変質した資本主義と情報社会の中で、いかなる政治を行うべきか、反省も展望も持っていない。どの政党も民意を代表し、指導する能力を失っている。

 民主党の16人の志士の動きは、彼らが意識していないかも知れないが、政党政治を改革する出発点である。天命が16人の志士にそれを命じたといえる。この京都には昔から秀れた政治家が出て活躍した歴史がある。現在でも、谷垣自民党総裁や前原外務大臣がいるが、この人たちがどの程度、自己の利害を捨て、国家と国民、そして人類に尽くせるか、新しい政治の仕組みを真剣に考えて欲しい。

 民主党に会派離脱届けを出した16人の志士のことを、巨大メディアは口をそろえて、背後に小沢一郎がいるとか、単独比例の生き延び策と、意地悪く中傷している。私には彼らの志が新しい日本をつくる原点になることがはっきりと見える。既成政党と巨大メディアの不条理な生き残りを許してはならない。16人の志士の行動は、多くの国民が心で考えていることを実行してくれたと思う。

 坂本龍馬は生きている。十六人の志士の心の奥深く───!。

 今日(19日)の予定は、午前中に奈良市内で「政策研究フォーラム」で講演した後、午後「日本一新の会関西有志の会」と、「中村てつじ事務所共催」の会合に出席、帰参して夜は、「妙見会」に出る予定だ。

★   ★   ★

◎日本一新の会事務局からのお願い

◎日本一新の会事務局からのお願い
この論説は「メルマガ・日本一新」の転載で、日本一新の会が、週一回発行しています。購読を希望される方は、「 http://www.nipponissin.com/regist/mail.cgi 」から仮登録してください。折り返し案内メールが届きますので「規約」をお読み頂き所定の手続をお願いします。

少なからず不着メールがありますので、仮登録後に数日経っても案内メールが届かない場合は、「info@nipponissin.com」へご一報下さい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7857

コメント (123)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。投稿される方は、投稿前に下記のリンクの内容をご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

エジプトに続け!不条理な公権力に抵抗する100万人運動 〔配信日時〕2011年2月20日(土)●緊急シンポジウム 9:30~12:00 ●デモ 16:00~17:00〔配信場所〕東京・渋谷..

■主催 権力とマスコミの横暴を正し、人権を守る国民の会
http://kennryoku-teikou-kok.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-1d03.html

■配信元 APF
http://www.apfnews.com/whatsnew/2011/02/apf_live_220_100.html

この16人は、驚く事に、鳩山氏と小沢氏が決めた沖縄基地問題の決着を、綺麗さっぱりオミットしているのだ。民主党最大の詐欺行為だと言うのにである。ふざけた事をいうんじゃない。そんな輩を志士だと平気で呼ぶなど、とんでもない詐欺師、まさに老害といってもよかろう。基地問題で威勢のいい事を言っていた奴は何とか言ってみろや。

今の日本の政治構造は民主主義とは形だけのもので政党が劣化した「官僚&マスコミ」主導のファシズム社会であり、中国の構造とよく似ていると思っている。
そろそろ「真の民主主義」を国民の手に取り込まないと、GDPだけでなく10年後には民主化の面でも中国に追い抜かれてしまうかも知れない。
日本のマスコミは、旧体制の温存に執心しており、今回の【民主党政権交代に責任を持つ会】16名が民主党会派を離脱することに一斉に批判の狼煙を上げているが、私は16名に拍手を送りたい。
平野先生が仰る通り、この16名の志士が起爆剤になり、愛知・名古屋の既成政治に対する反乱や、地方に生まれつつある「地域維新の会」etcとの連携を含めて、政界再編成の輪が広がることを期待している。

管さんを除名する

と予め警告しておいたほうがいいのでは・・・

もし解散し、民主党が惨敗した場合のこと

平野貞夫様 おつかれさまです。

 安穏としておれない、無様な政界の惨状で、平野先生も枕を高くして寝てられないご苦心をそんたくいたします。
 権力を握る側がその力を行使して、よりよい日本に道筋をつけてくれるのかと期待したいところですが、なかなか混乱から抜け出ないようです。
 勇気ある16名の離脱宣言に対して、
「今、権力闘争している場合か」という厳しいマスコミの批判があります。民主党の代表選挙以来、政党内権力闘争で民主党の半数を象徴する小沢一郎氏をいわれなき事件を虚構として、叩きつづけてきたのが、誰あろう菅直人氏です。そして、1年にわたり小沢犯罪虚構を報じてきたのがマスコミです。政治の停滞は相撲の八百長より国民生活の影響に直結します。
 菅内閣の最大政策は「小沢叩き」ではないかと見まがうばかりです。(笑)
 ウソを伝えるマスコミも批判の対象ですが、もう既成政党も「賞味期限切れ」で、国民感情から離れてきています。名古屋革命は、その政党不信の結果でしょう。16名の行動に批判もあるでしょうが、雑音は却下です。意識が高いネットの総意はこれを支援するでしょう。

<減税日本はノアの方舟になるのか>
平野様、こんにちは。
減税日本の東京事務所が開設された。菅総理が破れ被れ解散に出る可能性が捨てきれないだけに注目に値する。
名古屋の市長選挙において、民主党は河村氏を敵に回し、自民党と事実上の相乗りで石田氏を擁立し、田中美絵子氏をはじめ鈴木氏二名の河村秘書出身議員にも支援を禁じ、酷い仕打ちをした。民主党執行部がお得意の非情な戦略であり、情が解らぬ政治家が国民に情をかけられるはずもない。温かみにかける最小不幸社会政治である。
さて、それにつけても名古屋の河村選対の方々、裏で支援に入った小沢支持者には足を向けて寝れない。何故なら、それは一市長選挙にあらず、政界再編にも繋がる可能性の種子を永田町に植え付けたからである。
事実、名古屋のトリプルスコア敗戦後の菅執行部は、見る陰もない。名古屋で河村支援に動いた方々の先見性に敬意を抱くものである。
また、本サイトで河村支援の論説を書いて頂いた二見さんにもお礼をいいたい。
菅氏が万が一、破れ被れ解散をした場合、減税日本の推薦が受けられれば、一定のショックアブソーバになるだろう。
名古屋で、石田支援に(イヤイヤではなく)積極的に動いた民主党議員は、自らの選挙によって、あがなうことになる。
そして時を置かず16人の蜂起、中間派議員もマニフェストの原点回帰に声をあげている。
どなかは知らないが、ストーリーを作られた作戦参謀は見事である。
敵に悟られず、電光石火であり、我々小沢支持者は久々に溜飲を下げた。
ありがとうございました。我々はデモや署名活動、友人知人への日常活動で隊列に加わらせて頂く。

幕末の赤報隊を思い出しました。

カリフォルニア州が財政緊急事態宣言を出した折り、前原(国交大臣)が財務省に掛け合って「特別会計から2兆円」貸してやったのはつい最近。
なのに高速鉄道ヤメ。
要はアメリカの州政府は赤字繰り延べは認められていないからで、学校の教師含めて公務員の給与も払えない、、という事態だった。

ただし、一人当たりの赤字額は数十万レベル!!

日本国の税収は40数兆。
公務員(国家58万人、地方237万人)、人件費(国家5.2兆、地方21.7兆)、併せて26.9兆が公務員人件費が消えている勘定となる。
何と税収の半分以上!!

ただ、公務員数で割ると、一人当たり年収900万程度になるんで、臨時などは数には入っていないんだろう。
共済年金などの社会保険も人件費には入っているはず。
臨時職員は物件費に入っているという話もあるんで、総体の人件費はヤブの中。

どちらにしてもいかにも高いな。

予算が通らないと国民が困る、、とかマスコミもこぞって主張しているが、[公務員]と周辺の何とか法人が困るだけじゃないか。

19日のウェークアップ!ぷらすで辛坊が16人の反乱を予算があるのに、、と非難調で持っていこうとしたら、大阪の橋本が、「そんなもの通らなければ良いんだ。通さないで困るのは公務員と周辺で蠢く業者だけだ。一回こういう事をやらないとわからないんだ」と言っていたが、まさにその通り。

その場合は、チャンと計画を提示してからやらなければいけない、、なんて財務省OBの米系コンサルファームのオッサンが云ったら、「そんな事してたらいつまでたっても出来ないんだ。やりながら考えれば良い」と橋本がバッサリ。

辛坊もコンサルオヤジも、石原子供幹事長も何も言えず、、、。
オヤジの慎太郎でさえ、バランスシートの無い会社(国、地方団体)はあり得ないと云ってる。

消費税増税なんて馬鹿な事云う前に、マニフェストを実行しないと話にならない。
マニフェストなんていう横文字は好きじゃないから、約束と言えば良い。

今回の反小沢派の一連の行動は、鳩山が最初の組閣で小沢を政府側に入れなかった事から始まっている。
というか前段は検察の捏造秘書逮捕からだが。

菅に至っては、あそこまで狂気じみた党内人事やれば喧嘩になるに決まっている。
あの自信はどこから来るのか、相当なアホとしか言いようが無い。

とにもかくにも、小沢を何とか総理大臣にする方法を考えないとだめだ。

後に続く奮起を期待したい。

 続々と賛同のコメントが押しかけよう。

 政治は、運動であるという性質からして、岡田ガチガチの反応は的外れだ。正に彼の存在が幹事長や議員であることと相容れない。

 いいね、16名が百花繚乱の「国民の生活が第一」路線推進宣言に発展してゆくと信ずる。

""
中田氏は16人に対し、「偉そうなことは、まず謝ってから言え」と怒りをあらわにする。""

こんな事を言える人物ですか?  今頃こんな事を言うくらいなら、もっと前に管政権を批判すべきではなかったのか?


そもそも参議院で国民からNOと言われた管さんとその執行部が何の責任も取らずに、自分達の権力志向と汚いマスコミに支えられてこれまで続け来たほうがおかしい。

中田氏の論はその経過に至った事には全く触れないで、マスゴミよりの発言をする。「たかじん」にたまに出るが「偉そう以外の何者でもない人間」に見える。

そんな男の発言をさもマトモナ発言の様に取り上げる某新聞社は腐っている。

誰もこれまでバカ猫に鈴を着けなかったのに、この勇気ある十六名の志士を褒めるべきで、非難するのはトンでもない事です。

この大事な時に国民をほったらかしにして、とメディアは言うかもしれませんが、つまるところ、ひとりの何の志も使命感もない政治屋がただ地位を求めたのに対して、おこぼれにあずかろうと群がった小人どもが、もともと多くもない遺産を喰い散らかしたというところでしょうか。この「体たらく」を何とかすることが、政治家のほんとうの責任だと思います。ほんとうに政治が動く時は、「国民」をおいてけぼりにして動くものだろうと思います。国民目線なんてもので政治が動くとは思えません。この16人の方たちには頑張ってほしいなと思います。

""
民主党の衆議院議員16人が、会派を離脱すると表明しました。

 これに対して菅総理は「まったく意味がわからない」というコメントを発表なさいましたが、私蓮呆も意味がわからないです。

 政府与党にいる国会議員は「国民のために」を最優先にして働くものだと思います。(べつに与党じゃなくてもそうなんですけど)。

 いま、国民のために何が最も大事かというと、予算案と予算を執行するための法案を国会で成立させて、国民のみなさまが安心して暮らせるようにすることです。""

こういう愚かな議員が政権の中枢に居る事事態が異常なんです。

パフォーマンスだけで政治は出来ないはずです。

もし国民のためを思うなら、初めから参院選で国民からNOと言われたアホ管を総理にした一人である蓮呆自身が間違っていたと国民に頭を下げ、自分でもっと早くに鈴を着けるべきではなかったか?

黒い猫でも白い猫でもネズミを捕る猫が良い猫なのに、ネズミは捕らないは汚いドブネズミでは救い様がない事に蓮呆さん未だ気が付かないのですか?


この勇気ある16人の進言を何故素直に認めないのか? これでは管政権も持たないし、統一地方選でも民主党と名乗っただけで落選でしょう。


浜松中区の民主党公認は6期と4期の現職が出るでしょうが、16人の意見と同じ様な「志のある議員志望の若者」が出てこないだろうか?

応援します!

民主主義政治の原点である「選挙」を軽視する菅政権は、国民を軽視しているということなのです。

比例代表で選ばれた議員を鼻の先であしらう様な執行部は、国民の支持を鼻であしらい、拒否していることを意味します。

小選挙区で選ばれた議員を優位にあると位置づける事は、国民に自分達の都合の良い議員を押し付けているということです。 もっと広い社会から、能力と志のある議員を選びたいと思う国民が欲するのは、比例代表です。
だから、選挙区選出議員が落ちるのは、国民が不適格であると考えて、落としたのです。 それを比例代表名簿のトップに位置づけるのは、そもそもからして、国民への裏切りです。

国民にとっては、特に参議院の場合は、比例のみに名を連ねるものは重要な人材なのです。

「16名」の方々のことを、失うものが無い人のごとく扱い、貶めている執行部及びマスコミは国民に背を向けてどこに向き合っているのでしょう。

勇気ある人々、それを支える人々に感謝します。

小生もこの16名は何の権力も無く、何の将来の保証(民主党国会議員として)。彼らが政権に擦り寄る事も無く、彼らの理由こそ政権交代前に国民に約束した事であり、これを忘れずに政治生命を賭けた、これが政治家の純粋さだと思う。何も目立つ事無く遣ってきた人達に何のパフォーマンスなのか執行部から具体的な理由を聞きたい。このままでは、国民はこのパフォーマンスをマイナスとして捕らえるマスゴミの論調に晒されてしまう。野党は国民の求める政策より政局のみ、小沢氏は一兵卒として、政権に影響を与えられない。そんな状況の中の抵抗こそ国民として応援すべき事だと思う。管政権、野党、民主執行部よ。この姿こそ出発時の民主党なのだ。思い出せないのか?今、名古屋も含めて既成政党に国民からダメ出しされている現状に気付かないのか。民主党が政権交代出来たのは、自民党政治にノーを出した結果だと言う事をもう一度顧みることを彼らは提起しているのに、管他執行部は人間が真逆に変わってしまったのか?彼らを批判出来る根拠が解らない。2年前だったら執行部は彼らに謝罪するなり、反省をする心が有ったはずだ。

消費税は輸出に関わる売上については還付されている。
何と2兆円。
そのうち上場大手で半分以上。
すなわち会計上利益となり、国税から現金還付されるから資金もたまる。
一方、下請けは国内取引で払う仕組み。

経団連は消費税率が上がれば上がるほど、何もしないで利益が上がるという事!!
社会保険の会社負担もなくして、税負担にしろ、、と言っている。

法人税も下げるそうだが、実際に上場会社で法人税払っているのは一部。

企業も人で構成されているわけだが、どう考えてもおかしい。
企業はソシャルユニット、、という事で、働いている社員の家族、ひいては下請けも含め成り立っているという原点を忘れているな。

新聞社は生活必需品を無税に、、というのに便乗して、いかに「紙」はなくならないかとキャンペーン。
新聞は生活必需品で、無税もしくは還付対象にしようと画策。

イヤハヤ。

この無法をやろうと必死になっているのが菅。

国家財政危機を煽るが、赤字国債の伸びは、社会保険負担の伸びでなく、役人人件費と周辺の数千!の何とか法人が原因なのは言わない。

世も末。

 
>投稿者: 旁葉 烏 |2011年2月20日 11:29


それをいうんだったら鳩さんに言いなよ!(笑) そして菅さんに言うのが筋だろう。

現政権には一切基地問題を問掛ける事もしなかったくせに、
「さきがけ」の元代表竹村正義さんみたいに
蘇ったゾンビの如く呪文を唱えてる輩はあなたなだったんですね!(大笑)

生きた化石みたいな事をいってて恥ずかしくないのかな?


沖縄のアメリカ軍基地は、いずれアメリカのほうから、撤去するとの連絡が来るから、
あなたが声を張上げる事では無いのですよ(笑)

平野さん、邪魔にならないように頑張ってください。(にやり...)

沖縄の辺野古への移設問題は鳩山元首相が軸足を、岡田、菅、前原、仙谷、に寄せていたから解決出来なかった、覚悟の問題なんでしょう。
裏切りに気が付いた鳩山さんなら日本の真の独立を目指して、東アジア共同体実現も目指して、これからでしょう。
志士のご活躍をお祈りしています。
解散総選挙になれば、減税新党の候補者になって、菅、岡田、前原、野田、仙谷、玄葉、安住の刺客候補になって、世直ししてください。
裏切り者が裏切られコウモリ状態の菅首相、これからは連合米軍宦官派として官邸に立てこもりでしょうか。
解散総選挙で現職の総理大臣で落選で歴史に名を遺す勇気はないでしょう。
自分以外はどうでもいい人たちので集団ですから。

平野様

志士なのかどうなのか知りませんが、あなたが会派離脱の発案者なんですってね、朝日によれば。自画自賛ですか?
まぁ管政権が倒れることは私にとっても喜ばしいことですよ。次に前原(大連立)政権ができるのではなければ。

しかし再分配論者の私にとって所詮新自由主義者間のコップの中の争いにしか見えませんね。
かたやデフレ下の消費税増税とTPP、かたや行政サービス削っての金持ち減税とTPP(後に消費税増税が見え隠れ)。自民党政権下の中川秀直氏ら上げ潮派と与謝野馨氏ら消費税増税派の争いを更に強力にした感じですかね。
だってそうでしょ。小沢氏は河村・(TPP推進派の)大村両氏と面談した際、減税を大絶賛。小沢派の誰だか知らないけどこの地域政党との連携もぶち上げる方々もいるとか・・・
また16人の方々がどうだかはわからないけど、川内博史議員ら真の挙党体制を求める議員有志の記者会見では河村・大村両氏の勝利を庶民革命とぶち上げてましたな。

個人的には今まで消極的理由により小沢氏を支持してきましたが、もうやめにしました。
小沢氏は結局新自由主義者であることを巧みに変わったんだと見せていたけれど、とうとうお里が知れたか、それとも(よく言われるように)機会主意義者で政策は保守二大政党制なるものを確立するためのツールにしか過ぎないのか、どちらかとしか見えませんので。

そうそうミニ小沢氏になりたいかのような原口氏も入るのかどうかはわかりませんが、お仲間には財政的には新自由主義的政策をとることは明言させてくださいね。
ひょっとしたら私のような再分配論者がお仲間に紛れていると、後々民主党お得意の内紛劇が起こるかもしれない。それほど政策は真逆のはずですから。
われわれ国民の多くが主義主張は違えど、失われた10年がいつのまにか20年と言われるようになった現在、永田町のせいで更に30年、40年と続くのはもう願い下げ、と思うでしょうから。

あと老婆心ながら方便発言の鳩山氏とは手を切ったほうがよいのではないですかね?民主党内ではどうだかわかりませんが、一般国民の間ではとっとと引退しろ!という声が圧倒的だと思いますよ。もちろんご存知のように沖縄は怒り心頭ですな。
それでは倒閣運動がんばってください。その後は野となれ山となれであろうとも。

投稿者: おやおや 様| 2011年2月20日 16:29

反論の際は、文章をよくお読みの上、その主旨を理解してからにして頂ければ有難いです。また、論点を明確にして頂きますよう、重ねてお願い申し上げます。おやおや様におかれましては、あまり必死にならず、平静を保ったほうがよろしいかと。お体に障りますし、より理解が進むかと存じます。では、くれぐれもご自愛下さいますよう。

撹乱陽動作戦の駆使

〔一発の銃弾〕を契機にすでに戦いの火蓋は切られました。
敵味方の入り乱れた権謀術策の白兵戦が開かれた以上、戦場における情報戦に負けるわけにはいきません。マズメディアを含めた「敵陣営」に一切の手の内を明かすこともなりません。明かすとすれば「謀略」の一環としての「リーク」の一つですので、その撹乱情報から本当の「ヒント」を得るには、各々のセンスに依存します。

いつも言うように世の中にはいまだ平均して25%程度の「アンチ」がいるのは確かです。無視するのは心苦しいのですが、その程度に過剰反応する必要はありません。

すでに、「追い討ち」が求められた段階です。全国各地から七変化の追撃の狼煙を上げましょう。

最近の日本人は、多寡が知れている自分を余りにも高い評価を与え自分に執着し過ぎだろう。
死界に安住できない無様な鳩山某然り、死界に行くべくして無様に抗う菅某然り。小沢某は恐らく周囲に執着を強要されても抗っているのだろう。

恬淡として、国民と国家を最優先に考える士(もののふ)は、此の国から消えて仕舞ったのかな?
草々

ようやく政治家の方でも動きが現れたと思っている所です。何と言っても検察審査会の虚偽が、国民に広く知れ渡るようにする必要が有ります。裁判を引き延ばして時間稼ぎをしようとする魂胆が見えております。これは森ゆうこ議員と支援する人達が頑張っているところであります。
菅政権は日本にポルポト政権やスターリンが出て来たようなもので、到底容認できるものでは有りません。マスコミの異常化した報道の背景には先ず自分が売れようとする人間の卑しさが根底にあると思います。それが事実を追及する姿勢ではなく、自己利益追求の体質となっていて後戻りできない状態で権力に必死でしがみ付いているのでしょう。これは議論だけではどうなる事ではなく、行動によってしか道は開けない事だと思います。人によってできる事は様々ですが、できる事はしなければならないと考えます。

Screamerさん
>再分配論者の私
亀ちゃんを応援しなはれ。

でもね…、プラグマティズムのオザワンが新自由主義に見えるとは、まだまだお勉強がたりませんね(笑)。

 
>くれぐれもご自愛下さいますよう。

>投稿者: 旁葉 烏 |2011年2月20日 17:41

おやおやと申します。
(別名「気持ち悪い」とも名乗ってましたが。)

以前は当方、このジャーナル上で小沢さんを批判していたので、常連さんは皆ご存じかと思います。

あなたの最初の投稿、ちょっと言葉が乱暴過ぎます。良く投稿承認されたものだと思いました。

加えて今回の投稿はまるで手のひらを返す如く丁重なねこ撫で声での、さっぱり判らないお言葉。
私の名前と同じく、気持ち○いです。

どの位豹変してるか
ご自分で比べてみてくださいね。
前回>投稿者: 旁葉 烏 |2011年2月20日 11:29
今回>投稿者: 旁葉 烏 |2011年2月20日 17:41
とで。

小沢さん批判的はどんどんして構いませんが、但し味方から゙どん引ぎされたり、著しく汚い言葉は良くない様におもいます。お願いします。


それで、
本題ですが、
沖縄の基地の問題はあなたが心配しなくても大丈夫なのです。

理由は、
いずれ(いずれとは近い将来数年以内にです)、アメリカ側のほうから、
沖縄米軍基地の撤去の話が来ますので、ご心配要りません。
なので、日本政府のほうから今あわてて基地移転問題をアメリカ政府に持掛ける必要など無いのです。 逆に、その話を持掛けたら、移転費用が余計にかかるという訳です。
ご理解頂けましたか? 旁葉さん。

拍手ランキング阿修羅に小生と同様な意見が有った・・・・・・・・

「中田宏氏の血も涙もない16人に対する発言(まるこ姫の独り言)」

鳩山批判をされる方いますが、まだこの欄に投稿は少し早いかも。マスコミ報道に100%騙されているB層と言われても 仕方ありませんよ。宜野湾市の市長が 昨日鳩山発言に対して、「良かったと評価」してましたよ。辺野古移転はしない、国外、最低でも県外と言ったが、岡田外務、北川防衛、前原沖縄担当相、官僚が、ついでに副総理の菅直人が、全く協力せず、反対に足を引っ張って辺野古移設潰した。責任とっただが、人間が良い鳩山は まさか閣僚が足を引っ張ったとは言えず、学べば学ぶほどになったと言う事ではないだろうか?

【憲政史に残る民主党十六名の志士】

処で、此の標題、誰が付けたのか知らないが‥、
善く言えば「自己陶酔」、
悪く言えば「憲政史の偽造」だろう。

まあ、いずれにせよ、出来の悪いプロパガンダだろう。
草々

おやおや様へ

皮肉を皮肉と分からない振りをして返すあたり、なかなかのもんです。まさかの、読解力不足で文体を変えている意味を理解出来ていないという事は、よもやありますまい。いや、もしかしたら、豹変て言いたかっただけちゃううんかと。

冗談はさておき、私の投稿の主旨は、この16人は筋が通っておらず片手落ちであり、修飾された言葉に、明らかな裏がある事を、刺激的な表現を用いて指摘したと言う事です。しかし、(笑) なんてのを文末に付ける様な人に、文体を指摘されるとは予想外の事で、生きていると何かしら驚かされる事に遭遇するもののようです。貴方も、くれぐれもお気をつけ下さい。

そうそう、あれは確か鳩山前首相が辺野古に決めた数ヶ月前でした。コメントにウルトラCがあるなどといった文字が躍っていた頃でしたが、私は、次の様な主旨の投稿をしています。基地問題は地位協定の改定で辺野古に落ち着く。徳之島やらフロートなんとかなどは有り得ないとね。地位協定の改定を持ち出す事で、国民的世論を喚起しつつ、返還交渉を有利に進める。更に地位協定の交渉過程では、別途で日本の警察・検察のあり方を問うという側面を持ち合わせており、その議論も国内で広く出来たのです。米国との交渉でありながら、これは内政にも絡む問題であるが故、国家のあり方を問い直す絶好のチャンスでもあったのです。それをみすみす逃してしまった。これ、やれていれば以後の展開はいろいろと違ったものに出来た筈ですがね。鳩山前首相(小鳩政権)がした事は、問題に取り組む術をしらず、ただただ放置しただけなのですよ。結果として、小鳩政権は妄言を繰り返しただけだった。別の言い方をすると、ぐだぐだ言うだけで何も出来ない無能だったんですよ。この16人はそれには、一切触れていない。これはもう、推して知るべしですね。

 
≦引用開始≧

日本駐留を含む米軍の前方展開戦略が「財政上の問題になっている」ロン・ポール議員
2011年02月16日 | 外交
日本駐留を含む米軍の前方展開戦略が「財政上の問題になっている」
在日米軍は撤収すべきだと主張する米下院のロン・ポール議員(共和党)
ロナルド・アーネスト「ロン」ポール(Ronald Ernest "Ron" Paul)議員は2012年の大統領選挙で共和党大統領候補になる可能性がある。

◆米議員「在日米軍は撤収すべき」 財政赤字で 2月15日 共同通信

【ワシントン共同】米下院のロン・ポール議員(共和党)とデニス・クシニッチ議員(民主党)は15日までにそれぞれ共同通信との単独会見に応じ、日本駐留を含む米軍の前方展開戦略が「財政上の問題になっている」(ポール氏)と述べ、米財政赤字が最悪規模に膨らむ中、在日米軍は撤収すべきだとの考えを示した。

 孤立主義外交を唱えるポール氏は保守層に人気があり、クシニッチ氏は民主党内で最もリベラル派の一人として支持を集める。いずれも過去に大統領選に挑戦した経験を持つベテラン議員で、在日米軍を維持する「余裕はない」(クシニッチ氏は民主党内で最もリベラル派の一人として支持を集める。いずれも過去に大統領選に挑戦した経験を持つベテラン議員で、在日米軍を維持する「余裕はない」(クシニッチ氏)と共通認識を訴えた。

 米軍は、8日発表した指針「国家軍事戦略」で「北東アジアの戦力を今後数十年間堅持する」と明記。米議会内にも台頭する中国や核問題を抱える北朝鮮を念頭に、在日米軍の重要性を説く声が依然としてある。

 しかし、ポール氏は「日本がすべての責任を自ら負う時だ」とし、平和と安全を確保する上で米軍依存をやめるべきだと主張。在日米軍は抑止力だとする議論は軍事的プレゼンスを維持するための「口実だ」と一蹴した。

 クシニッチ氏も「米国に世界の警察を務める金はない」と強調。在日米軍を「過去の遺物」と呼んだ上で「移転して軍事優先政策から脱却すべきだ」と述べた。

≦引用終わり≧


アメリカの共和党議員さんでさえ『在日米軍は抑止力だとする議論は軍事的プレゼンスを維持するための「口実だ」』と素直に言えるのに、
日本でそれを口にする議員は、
すぐに失脚させられるかスキャンダル塗れになるのは、
ある意味日本という国は何なのでしょうね。

前原さん、在日米軍が居なくなったらどうするんですかね。


 
>投稿者: サ  様|2011年2月20日 12:24

素晴らしい投稿ですね。
いかにマスコミという組織が、国民に情報を意図的に隠したり或いは、国民の目が違う方向に向く様巧妙な仕掛けをして報道しているかが、
この数値を目にする事で分かります。

私は特にサ様の下記記述ヶ所が気に入りってます。もし許されるのであれば゙下記のヶ所の記述コピペを広く拡散し、多くの国民の目に触れさせられたらな…とおもいました。


《転載開始》

日本国の税収は40数兆。
公務員(国家58万人、地方237万人)、人件費(国家5.2兆、地方21.7兆)、併せて26.9兆が公務員人件費が消えている勘定となる。
何と税収の半分以上!! ただ、公務員数で割ると、一人当たり年収900万程度になるんで、臨時などは数には入っていないんだろう。
共済年金などの社会保険も人件費には入っているはず。
臨時職員は物件費に入っているという話もあるんで、総体の人件費はヤブの中。 どちらにしてもいかにも高いな。 予算が通らないと国民が困る、、とかマスコミもこぞって主張しているが、[公務員]と周辺の何とか法人が困るだけじゃないか。 19日のウェークアップ!ぷらすで辛坊が16人の反乱を予算があるのに、、と非難調で持っていこうとしたら、大阪の橋本が、「そんなもの通らなければ良いんだ。通さないで困るのは公務員と周辺で蠢く業者だけだ。一回こういう事をやらないとわからないんだ」と言っていたが、まさにその通り。

《転載終了》

 
今度は威しですか。

だから16名の方達に普天間の件漏れてると言うのじゃなく、鳩山さんに言えばいいでしょ?

マニフェスト通りにやろうとしたら財源がなくてムリだった。だから現実的に対応した。それだけの話なのに造反して坂本竜馬扱いというのが意味不明

民主党政権の支持率の悪化はあまりのシロウトぶりに国民がビビった結果だろうよ。財政破綻まっしぐら、さらに外交がどれだけ悪化しているのか分かっているのか

小沢問題はその一つにすぎないし、その一つさえ処理できない「市民活動家」に愛想を尽かしているのだ。さらに言うならルーピー鳩山の口を閉ざすこともできないヘタレっぷり

これが小沢や樽床になって変るとも思えない。期待しただけに、有権者の反発は大きいと知るがいい。「やらせてみたがダメすぎた」それが結論。統一選でも時期衆院選でも勝てるなどと思わないことだ。狂信者以外は二度と民主党に投票しないだろう

あれあれ?

チョット違うと思いますよ、旁葉 烏さん。

>鳩山前首相(小鳩政権)がした事は、問題に取り組む術をしらず、ただただ放置しただけなのですよ。結果として、小鳩政権は妄言を繰り返しただけだった。<
って・・・。

 確かに日米交渉をタフに乗り切るほど、鳩山首相はたくましくなかった。
 これが小沢首相なら違ってた、と思うのは、小沢氏のかつての日米交渉の成果を見れば、間違いではないでしょう。


 >この16人はそれには、一切触れていない。<
のではなく、それがあるから小沢氏の政治手腕に期待しているのですよ。

 今の政権には何ら展望がなく、民主党のじり貧は自明の理だ。無能の政権の連続する失政では、日本の国益に反し、民主党の凋落を招く、として、立ち上がったのですよ。


まあ、もう少しで菅政権は倒れますよ。

いろいろな方が、いろいろ言って居られるが、この16名の方たちが、主導権を握ってしまったことは確かである。菅氏が総辞職しなくとも、予算、ならびにその関連法案が否決される可能性が、0%ではなくなった。

公明党次第であろう。原口氏など臆病な人は、16名の志を無にするようなことを言っており、論理矛盾に陥っている。予算に賛成するなら、菅政権に反対する理由はない。また、「日本維新の会」を立ち上げる意味がわからない。

与謝野氏主体の予算に反対していたと思うが、何か、急に腰が引けたイメージが際立ってきた。16名の方たちは、予算などに反対するといった意志が明確で、強く支持したい。

平野氏のお話の通り、小沢グループは、16名の方を強く支持すべきであって、自重を促したり、無視するのであれば、何のための決起か分からない。自爆装置に等しい16名の意志をないがしろにするものである。喧嘩するとき、腰を引いて喧嘩するのでは,喧嘩にならない。

》投稿者: 旁葉 烏 |2011年2月20日 21:52


鳩山政権において基地問題が成し遂げられなかったからと言って、何故今ごろになってこの問題を無理やり、今回の16名の課題として押し付けようとするのだろうか? 理解に苦しむ。

この方の言い分は、元横浜市長の『16名は、偉そうなことはまず謝ってから言え』発言とまったく同じ構図であって、
まさに、既得権益層の筋書きに沿った発言をしてるだけの事である。

言いたいやつには言わせておけばいい。
国民が正しく判断してくれるさ。

日本テレビ系(NNN)報道によると、
見出し:【枝野官房長官,北方領土視察。菅首相の北方領土視察も検討。】

そして、
視察の詳しい内容:【北方相を兼務する枝野官房長官は20日、北海道・知床半島から納沙布岬まで海岸沿いに北方領土を、海上保安庁の航空機の中から【視察】した。今後は菅首相の北方領土視察についても見当する事を明らかにした。…」

そして【海上保安庁航空機の窓から海の向こうのほうの地上を眺めてる枝野官房長官の横顔の写真が。】


見出しと中身が違うんですけど…(嘆)。 上げ底の和菓子の詰め合わせセットのような?


確かに視察と言えは視察なのだろうけど、正しく書くなら、【北方領土(方面)を航空機の機内の窓から視察】って書いてね。


実に虚しい事をしてるように思うな。


このニュースが世界中に配信されたら、なんか、何とかの遠吠えしてるみたいで…笑われかねないかな?


予算が通らなかったら、どうなるか?

実際の話。

公務員の給与は最低賃金(時給7ドル25セント)。

財政危機のカリフォルニア州の話。
新年度の予算が通るまで。
20万人以上の州職員の給与が対象

http://www.sacbee.com/2010/07/02/2864614/governor-puts-200000-state-workers.html

 
司馬 様のおっしゃってる通りです!!


予算などそんなもの通らなければ良いんだ。
通さないで困るのは高給取りの公務員と周辺の何とか法人が困るだけじゃないか。

何が、予算が通らなければ国民が困るだ!!

一回、こういう事をやらないと、真実が国民に知れ渡らないんだ!

ここは、日本である。
あくまでも、日本の問題なので、他国の例など関係ない。
と、言われればそれまでだが、
昨日の、植草一秀氏のブログを参照される事をお勧めしたい。
読んでいただきたいのは、その前段。
1840年代、英国における「穀物法」をめぐる、ロバート・ピーリーと、デイズレーリとの論争に、
憲政の常道とは、との問いを投げかけ、菅内閣のおかしさ、非を糺している。

特に、菅内閣を支持する方々(旁)は、ご覧になると良いと思う。

本多平直
とか言う、衆院議員が予算委員会で質問に立っている。
たまにしか見る事が出来ないのに、こんな奴を見、こんな奴の話す事を聞くとは、なんともはや…である。
どうせ、松下政経塾か社民連みたいなところの出身なのだろう。

やるなら、はっきりやればいいのに、はっきり「小沢が悪い」と、やればよいのに、それは言わない。
一番笑えたのが、菅の答えだ。
「都内に大きな家も立てられない・・・」
政治家になる目的は、そんなところには無い事を言いたいのか?
それとも、大きい家を持ちたいが、持てない事を、つい愚痴ってしまったのか?
いづれにしても、何が言いたいのやら・・・だ。

続く村越ユーミンの質問は、何を菅に言わせたいのか?
誰にでも、政治家になる機会が有りますよ。そう、誰でも、どのような人でも、政治家になる事が出来るのです。
その事が、菅内閣のいや、民主党のメリットなのだと、言うのだろうか。
そんな事、どうでもいいじゃないか。
国民に喜ばれる政策をやる事が、重要なのだ・・・という事が、解らないんだろう。

菅も菅で、相変わらず、日本がギリシャになっては大変だ。だから、消費税を上げると言ってる。
ギリシャには、ならない、なれないという事が、全然わかっていない。
乗数効果が解らない財務大臣は、経済が全く解らない総理大臣になってしまった。

本当に、早くどこかへ、風に乗って飛んで行ってしまって欲しい方々であります。

「昨年11月にうかがった事ですが、
悪いところからいただいた100万円は、お返しになりましたか?」

こんな事を、
自民党の稲田朋美に尋ねられて、すぐに答えられない菅総理大臣様様は、
一体何を「政治と金」だと思っているのだろうか?

問題無くても億単位は許せない。
100万くらいは、みんなやってる事なのだから、適当でいい。
そんな程度の頭なのだろうか。

隣の財布が気になってしょうがない、意地汚い日本人の代表みたいだ。

風を起こそう!

次の総選挙の原動力は「風」です。各地で風を起こしましょう。「春風」か「木枯らし」かは、国民が決めることです。ただし、一斉に大風を起こす合図はまだ先です。

「風」の勝負に「公認費」とか「毒饅頭」はいりません。「国民が第一」の「義」があれば、
国民は献金でも支え、ボランティアにも協力します。

名古屋、愛知を見てください。昨日「阿久根」でも「議会リコール」が勝ちました。
もはや「風」の時代なのです。

※「革命かしからずんば死か」リビアの革命戦士達に畏敬!

投稿者: アイドル様 2011年2月20日 23:03

お褒めいただきましたが、国のHP見ても、何とディスクローズのレベルが低いというか、わかりづらいというか、
肝心なことを論理立てていないというか。

一般企業はIFRSなど会計規則で、事細かに事業内容、財務内容の開示とグローバル基準化が求められています。
国の財政状況を知るとき、何と苦労することか。
今だに、埋蔵金などという言葉が飛び交う国は、先進国ではあり得ません。

良く財務省が隠している、、などと言われますが、簿外であるいは勘定を変えて(捏造)して金を貯めるのは企業では法律違反であり処罰、否、刑事事件とされる行為です。

そんな前提がわからない状態で、国会で議員がやりあう小芝居とか、事業仕分けなどと称して木端役人いじめ劇場をやっても何の解決にもなりません。

正確な財務諸表を開示されれば、国民はそんなにおかしな判断はしないと思われます。
恣意的な粉飾をしないように見張る前提ですが、会計検査員は不正云々が主で、そもそも収支の面からしか見ていません。

今朝の衆院予算委員会。

菅・・日本に残された時間はもうないんだ!と訴えていきたい、、だと。
小松左京の小説(日本沈没)じゃあるまいし。
ウルトラマンでも出てくるのかと思いきや、だから増税なんだ、、とはオッタマゲです。
それが救国ですか!?

続いて、「政治と金」での[呼び水質問]を村越祐民がしている。
当初から反&嫌小沢で発信している小僧が、億単位の金になると理解ができないから説明しろ、、と。
子供には収支報告書は難しくて理解できないようです。
億で理解できないんじゃ、国の予算の兆など国民に向かって説明できるのかはなはだ疑問。
収支で理解できないのでは、到底、腹式簿記での財務諸表でのお国の状態ななど理解の外です。

青学出で、サラリーマンやってから早稲田の院に入って、千葉県議、、というキャリアだが、相当頭がわりぃんでしょう。
単なる思い上がりの目立ちたがりで、よくあるタイプです。

こういうのを含めて、議員が多過ぎる。
ただ、彼らが今時の若者を代表するとは思えないし、かつ若者でも立候補する権利はある。
団塊世代含め、年寄りが若者より多いいびつな世代構成の時代に突入しているから、世代別定数制にでもした方が、公平なのかどうか。

前提は、60過ぎても現役(仕事に従事)でいられる社会にする事です。

菅は小沢処分に世論調査を利用し、己の支持率は世論調査は無視である。
どんな困難があってもやり遂げるとまるで正義の月光仮面並みの発言である。
岡田、江田は今こそ総理を支えるのが与党の責任と挙党一致を訴えているが、挙党一致を崩したのは菅、仙石、岡田ではないか、連合の古賀会長は笑っているのではないか。
一方執行部で菅おろしに動いた仙石は無言であるどころか次期総理に誰誰とキングメーカーよろしく動きまわっている。
菅居座りを潰すには次の決定打がいる。無責任岡田は東京・三重の知事選は不戦敗で責任逃れを決め込むから、やはり名古屋市議選が勝負である。ついでに三重県知事選で減税日本が自民を破れば大旋風になる。
恐らく民主党議員の大半は組織と金で執行部の支援で選挙は大丈夫、落ちるのは執行部の支援のない小沢派の新人議員と参議院戦時を想定しているが、当時は支持率は40%あった。今は20%割れである。菅は応援演説はできまい、更に連合と地方議員も割れるなかでの選挙だ。それが名古屋市議選で実感できるかどうかである。
それが駄目なら次の統一選惨敗で目覚めるかだ。
そうなれば大パニックが起こる。
菅は社会保障会議で四団体から消費税増税を発言させ、野党時代消費税増税に反対したことを陳謝したが、それをそのまま選挙で国民に発言すれば良い。
大幅経費削減をやり遂げる英国は増税も国民は納得するが、無駄がゼロというのは理解できない菅を国民は完全に見捨てる。そんななれ合い会議など何の意味もないのだ。
自民党は党内議論があったが、民主党には党内議論どころか、菅の独裁で党がそれを追認する完全独裁政権である。
自民党より悪い。ということは国民の見捨て方は自民党以上ということである。
いまだに自民党は己の政治が良かったと自画自賛している党である。国民は自民党にも戻らない、国民は英国のように真の政治家を求めているのである。
地方には河村や橋下と出てきたことを感じている。
16人の行動が日本の政治を変える端緒になる可能性があるのは間違いではない。
我々は官僚下僕菅や与謝野、自民党でなく、真の政治家を求めている。それが小沢かという思いで小沢が駄目なら次を探すのみだ。

下記は菅が学んだ真の政治家の国英国の財政健全化処置です。
「今後4年間に渡って、各省庁の歳出予算を約20%カットする。49万人もの公務員を削減する。129の特殊法人を廃止する
 英国キャメロン保守党自民党連立政権が4年間でGDP比4~5%、810億ポンド(約10兆4490億円。1ポンド=129円換算)という戦後最大の歳出削減に乗り出す。一方で、増税を中心にGDP比1.6%、290億ポンド(約3兆7400億円)歳入も増加させる。
 この合計1100億ポンド(約14兆1900億円)に上る財政健全化措置によって、2015年に公的部門(一般政府+公的企業)の構造的経常収支(後述)を黒字化し、2010年度GDP比で10.1%まで拡大した財政赤字を1.1%まで縮小しようというのである。英国のGDPは約1兆4000億ポンド(約181兆円)だから、4年間で9%に当たる1260億ポンド(約16兆2540億円)もの財政収支の改善を行うということになる。」
日本なら経費削減だけでGDPの5%で25兆円である。民主党マニフェストの16兆円は可能なのだ。英はインフレだから増税も可であるが、デフレ日本は増税すれば税収減を招くので無理。消費税は3%から5%に増税した後税収減であった。その後も続いている。
官僚・マスコミに騙されない真の政治家を国民は求めている。
菅の一刻も早い退陣を望む。

会派を離脱しようとする議員には早速、さまざまな悪罵が投げつけられています。16名の議員のお1人の「ここで降りると物笑いになるから、ちゃんとやります。」という言葉が救いです。がんばってください。

漸く16名の志士?が行動に出たかという感じである。
 
全国で一部民間の勇気ある志士たちが集会とデモを行って、菅政権と検察組織を筆頭に裁判所、警察と中央官僚どもの暴走に対して、そしてそれらに連なるゴミ化しているマスメデアに対して既に行動に出ているにも拘わらず、やっと国会議員なる身分をもったメンバーが参加してきたものであろう。
 
 昨日も外務省の国会議員活動に対する暴走行為の内容が明るみになってきたが、
 これらの官僚どもの思いあがった行動とそれに連なる族議員、裏の悪徳権益者をあぶり出さなくてはならない。

 もはや民主党でも自民党でもない、真に国民本位の政治と行政司法を取り戻すべく、志のある全国の市民住民も議員も立ち上がるべきである。

 自民党時代の官僚どもの暴走と民主党に政権交代した後もさらにそれに輪を懸けた異常なまでの行動はもはや退場願うしかない。

 薄笑いを浮かべながらの会見を行う魂を売った民主党の面々も、
税金に巣食う官僚どもとともに一緒にすぐにでも退場願いたい。

 この投稿は昨日投稿したがなぜか不承認となったものである。

>「我々は民主党と国民との約束の上に存在する比例代表の議員だからこそ、本来の民主党の姿とはかけ離れた今の菅政権にはもう黙っていない」と、はっきりとその覚悟を示している。<

「十六人の志士」の行動の主たるモチベーションは↑以下でも以上でも無いと見るべきではないでしょうか。そういう意味では極めて真っ当な行動だが、真っ当の希薄な政界では光芒を放つのである。まあ、人間の遣ることだから幾許かエゴは絡むとして、詮索好きの格好の餌食となってしまうのも已む無きことではある。一方で、その行動の実態が謎で真に担った役割の不明な「赤報隊」をイメージする方もいるようですが、「十六人の志士」の実態が明らかになるのにそう時間は要すまい。坂本龍馬に準えるのも大形ですが、その強い志は、スッカラ菅辺りに彼らの爪の垢でも煎じて飲ませたい。

スッカラ菅といえば、彼のことを未だに事細かに論っているのを見かけますが、見苦しい行為に映ります・・ことの責任を彼に被せるのは筋違いで、問題はむしろスッカラ菅を宰相に選択した国民の側にあるのであり、何人も彼を責めることなど出来ないのです・・

スッカラ菅と認定された彼には、国家を担うべきまともな思考力などあろうはずもなく、既に議論の対象ではなくなっているのです。テレビに映る彼の虚ろな風情は、その思考が常にデフォルト活動の状態であることを如実に物語っているのである。


平野貞夫 様

みのもんたの番組に、うろちょろ出て、なにやってるんですか。
少なくとも16人も小沢さんも、良いこと言われていませんよ。
ご自分の自慢なら墓の中に入ってからしてください。16人の決起は菅退陣へ布石と評価しますが、こういう時に、自分の功を自慢する平野さんの発言は最低だと思う。

憲政史に残る民主党十六名の志士

「十六名」は、来年度予算案に反対するかどうかで「志士」かどうかが決まる。今更、賛成はないだろうし、反対すれば憲政史に名前が残るのは間違いない。
何故なら「十六名」が反対すれば、民主党は間違いなく小沢さんを中心に分裂するだろうからだ。民主党分裂の引き金を引いた志士として名前が残るのも意味がある。
分裂しなければ、「十六名」は議員辞職まで追い込まれかねないし、また、小沢さんの捨て駒だったことになり、小沢さんの命運も尽きるだろう。

政権交代の原点を忘れるな!とのことのようだが、民主党とは一体何だったのか?
「207兆円の組替え」が本当に出来れば、20兆円相当の国民の血が流れたはずだから「革命的」と言えた。
(原口某は出来たと言っていたが)それが出来なかった民主党を見るにつけ、残念ながらマニュフェストに始まりマニュフェストに終わるのだと思う。
「国民の生活が第一」を唱えながら、志士として予算に反対し、国民の生活を無視した「十六名」と言われないためには、民主党を分裂させることだ。
とにかく、管対小鳩の個人的な面子争いに終止符を打つことだ。

投稿者: サ様
カリフォルニア州が財政緊急事態宣言を出した折り、前原(国交大臣)が財務省に掛け合って「特別会計から2兆円」貸してやったのはつい最近。

そうですか。情報ありがとうございます。(このテーマから逸脱しますが)
 以前、カリフォルニア州の財政赤字は、日本のTPPの参加問題と関連していると私は投稿で指摘しました。TPPでカリフォルニア州の果実、野菜、穀物、牛肉を日本に売りたいのでしょう。
 アメリカは日本の2倍ちょっとの人口で、農地は日本の90倍。農薬、遺伝子組み替え作物、牛肉BSE混入心配です。次世代のこどもたちに遺伝子異常、奇形が危惧されます。最近、保育所でも食べ物アレルギーが増えてます。体が拒絶しているのでしょうか?
 数字の計算だけで、輸出産業が潤い、国内の一次産業が破壊され食の安全が脅かされるのは反対です。

つまらない国会を見てしまいました。 公明党は何とかできないのでしょうか。 選挙の手足は○会員。選挙にお金が掛からず、鶴の一声で議員になれる。
普通の議員がアルバイトに賃金を払うと政治資金規正法に引っ掛かり、議員資格を失う。 
共産党も然り、一方的に企業献金廃止を言うのではなく、公平に誰にでも立候補できる制度を考え出した上で、言ってもらいたい。

平野様、フロントライン見ました。
マスコミやマスメディアにはご用心ください。今日の予算委員会で藤井さん突っ込まれていましたよ。
”チョコッとインタビュー”を重ねていると、リップサービスをしてしまうかもしれませんから。

はじめて投稿いたします。
下記は「週刊朝日」で「菅首相の黒衣」と紹介された方の「弟」さんのブログのようです
http://wakeari-book.jp/?p=671
菅総理の「真意」がわかりやすく語られています。
小沢派も菅執行部も志、目標は同じだと思います。
平野さんには分裂を煽るのではなく、避ける方向での活動を期待します。

菅直人首相は、
さまざまな案件に『命を懸ける』と言ってる。いったい菅首相にはいくつの命があるんだろうか。
自分の「命」の安売り商売は止めて貰いたい。


日本の国家運営には、
毎年いったいいくらのお金がかかるのだろう…??

平成23年度(財務省)、
■『一般会計の総額』……92.4兆円(内,税収による歳入は約40兆円)

■『特別会計の総額』……約400兆円


実に、一般会計総額の約4倍にあたる巨費が特別会計総額とは、まったく驚いてしまう。

しかもこれだけの巨費である特別会計が、一般会計の外側にあって国民の目に触れる機会が少ないのにも財務省の意図を感ずる人は少なくないと思う。しかも特別会計は一般会計と違い国会審議を得なくても良い特権がある。
まるで、国民の目を一般会計の国会予算案審議に向けさせ、その最中に
特別会計予算のぶんどり合戦を財務省その他の省庁間で行なっているのだろうか? だとすれば、それは`茶番`と言わざるを得ない。


国民は、一人一人の目で、この『建前』と『本音』とも言えるシステムに対し常に関心を持ち注意深く見守っていく必要がある。


菅直人首相が必死になって唱える「税と社会保障の一体改革」は国民への`まやかし`だと言われている。
つまり、`ごまかさないでくださいよ菅首相!`という意見だ。


心ある民主党議員にお願いしたい。
「税と社会保障の一体改革」などと、まやかし言葉で国民をあらぬ方向へ導かないで、
せめて「税と公務員給与の一体改革」を実現して欲しい。

民間年収400万円、公務員年収800万円だとするなら明かに差が開き過ぎだろう。
公務員給与を下げる改革を遂げてくれるなら国民だって納得するし、消費税増税に反対はしないはずだ。
もっとも、公務員と民間の給与格差が無くなる位まで公務員給与を下げれば(1人辺り年間50万円で良い)消費税増税論は吹っ飛ぶし、社会保障制度にも余裕ができるだろう。

『オレは公務員だから当然それは反対だ!!』と言わないで、
ガムシャラに反対抵抗するのではなく、これだけ今の国民の体力が弱ってる時期、更に痛め付ける様な増税は無し、あなた方の貰い過ぎを少し国民に返して欲しい。

菅直人首相は、
さまざまな案件に『命を懸ける』と言ってる。いったい菅首相にはいくつの命があるんだろうか。
自分の「命」の安売り商売は止めて貰いたい。


日本の国家運営には、
毎年いったいいくらのお金がかかるのだろう…??

平成23年度(財務省)、
■『一般会計の総額』……92.4兆円(内,税収による歳入は約40兆円)

■『特別会計の総額』……約400兆円


実に、一般会計総額の約4倍にあたる巨費が特別会計総額とは、まったく驚いてしまう。

しかもこれだけの巨費である特別会計が、一般会計の外側にあって国民の目に触れる機会が少ないのにも財務省の意図を感ずる人は少なくないと思う。しかも特別会計は一般会計と違い国会審議を得なくても良い特権がある。
まるで、国民の目を一般会計の国会予算案審議に向けさせ、その最中に
特別会計予算のぶんどり合戦を財務省その他の省庁間で行なっているのだろうか? だとすれば、それは`茶番`と言わざるを得ない。


国民は、一人一人の目で、この『建前』と『本音』とも言えるシステムに対し常に関心を持ち注意深く見守っていく必要がある。


菅直人首相が必死になって唱える「税と社会保障の一体改革」は国民への`まやかし`だと言われている。
つまり、`ごまかさないでくださいよ菅首相!`という意見だ。


心ある民主党議員にお願いしたい。
「税と社会保障の一体改革」などと、まやかし言葉で国民をあらぬ方向へ導かないで、
せめて「税と公務員給与の一体改革」を実現して欲しい。

民間年収400万円、公務員年収800万円だとするなら明かに差が開き過ぎだろう。
公務員給与を下げる改革を遂げてくれるなら国民だって納得するし、消費税増税に反対はしないはずだ。
もっとも、公務員と民間の給与格差が無くなる位まで公務員給与を下げればそれ程良い事は無いがそれは無理としても、1人辺り年間50万円ならできるだろう。それで消費税増税論は吹っ飛ぶし、社会保障制度にも余裕ができるだろう。

『オレは公務員だから当然それは反対だ!!』と言わないで、
ガムシャラに反対抵抗するのではなく、これだけ今の国民の体力が弱ってる時期、更に痛め付ける様な増税は無し、あなた方の貰い過ぎを少し国民に返して欲しい。

浅はかなことを書き込みました。
あるところに↓のようなコメがありまして、反省しています。

>>
平野氏が何故自分がその策士だったと告白したのか。自慢したかったのではない。民主党内では小沢派には政権からの嫌がらせがつづいている。狂気は16人にどんな方法で脅しを行うか分からない。その矛先を変えるためだろう。命がけの菅政権暴走抑制行動。慎重な評論をもって対応してほしい。

投稿者: 読者の声様 2011年2月21日 17:22

とにかく国の実態が分からない、、というか分かるように説明せんから混乱し、混沌とする。

TPPだって、(GDP)の中で第1次産業の割合は1.5%だからガタガタ云うな、、という論調だが、日本の輸出依存度だってGDPの中では11.5%しかない。
しかも輸出の77%以上は、「企業向け」の資本財。
すぐ頭に浮かぶ、耐久消費財(家電、自動車)は、輸出全体の14%。
GDP比率では、1.6%!

農業が1.5%なんだからガタガタ云うな、、、というのは大嘘!
TPPで関税が下がっても大してというか、殆ど誤差の範囲。

競争力は、円の高止まりと、対ドルとの総体的な韓国などの通貨安でしかない。

デフレが止まらないと何も解決しない。
逆に云うとデフレが解決するとすべてが解決に向かう。

そのためには、公共投資の拡大、大型減税、大規模量的緩和しかない。

先にアメリカが必死になってやってるじゃないか。
対米従属の菅なら、そのまま真似すれば良いだけの話。

日銀のハゲも、短観で、晴れ時々曇りだの、上向きのキザシがみられる、、なんて寝ぼけた事言ってないでやる事やればいいんだが。

> 2月17日(木)、民主党衆議院議員16名が「民主党政権交代に責任を持つ 会」(通称:民主党国民の声)を結成
>宣言文は「菅政権は国民との約束・マニフェストを捨て、政治主導の御旗も捨 て、国民の生活が第一も捨て、本来の民主党そのものを捨て、民主党の支持の上に比例代表で当選した我々の存在意義すらも打ち消した」と、単独比例で選出さ れた国会議員の心の叫びを列挙している。

以下、ご意見いただいた方への回答にかえて
私が思うに、普天間基地解決は、民主党の約束・マニフェストの大きな柱であった。鳩山政権でこれが頓挫し、菅政権がそれを引き継いでいるわけですが、この件について “一切触れない” のは明らかに大義が無く宣誓文の主旨に反している。本来ならば、小鳩政権での基地問題の決着と、その後の継続に対して、今後についてどの様に考えているのかを 表明すべき なのです。何故なら、基地問題は民主党マニフェストの根幹とも言える政策だった筈だからです。3党合意までして大騒ぎしていたのだから。小沢氏の手腕に期待するとするのでも結構だし、鳩山氏の決断で問題が無かったと言うのならそれでも構わない。大事なのは、それに対しての見解を表明する事なのです。“一切触れない”との表現で私が指摘したのは、なにも鳩山前首相に謝れと迫る事が目的ではない。マニフェストの根幹に対してどのように考え、今後どうしようと考えているか言わないのは、国民からすると到底納得できるものではないからです。これでは、裏があると言われても仕方がない。思惑が透けて見えているのに素っ惚け、筋が通らない事を言われて、ハイそうですかと通すわけにはいかないですね。私が強い怒りを覚えるのは、この16人よりも、軍師気取りの老害に対してなのです。

1.普天間米軍基地の国外・県外移転は民主党のマニフェストなのか?
2.この16人の基地問題の決着に対する見解は?
3.また、今後、普天間問題をどう解決すると主張するのか?
4.ガソリン税の暫定税率延長についての見解は?
5.「民主党政権交代に責任を持つ 会」(通称:民主党国民の声)具体的には何をする?
少なくとも上記の疑問に、明確に答えられないようじゃ駄目ですよ。1もそうだけれど4も厄介です。もともとの小沢さんの判断自体は、妥当であり評価できる。しかし、これに言及すると、宣誓文の整合が取れず、主張がぼやけてしまうし、 別の目的 にそぐわない。だから、それら都合な事実をオミットする事になる。5は会派の名称のようだが、いかにも大衆受けを狙う取って付けた様なネーミングで笑ってしまった。まあ、そこまで言うのであれば、やはりその内容にも責任を持っていただきたいものです。宣誓文には、他にも訳ありな文言がみてとれます。国民から見れば、マニフェストを守らなかった、また、私からすれば、出来もしない事をさも出来るかのように言って騙そうとしたのは 民主党 なのです。菅さんだけじゃなく所属議員はみな同罪。それを、わざわざ冠を付けた表現にしている。普通の人なら、ざっと目を通しただけで、その文言になった意図は見抜いている筈です。実態は国民の生活を人質にした党内抗争です。やる事為す事、すべてが姑息だ。せこい。実にせこい。ほんとにせこい。

かつて、菅首相が景気は需要側が大事だなどと屁理屈を捏ねていた。その馬鹿さ加減については、誰だったかに粘着された際、散々意見させていただいた。だから、菅氏のような無責任な者に任せておくと、いずれ大増税になるとも指摘しておいた。そもそも民主党は思想的に怪しい者が多く、その危険性は最初から指摘している。友愛の海なんてのはその最たるものだ。そんなこんなで、昨年末には、今春にも政権崩壊を迎えると、私の予測を投稿している。菅氏を擁護する為に小沢氏を攻撃しているなどといった、下種の勘繰りには、ただただ失笑するしかない。株やだかなんだか知らんが、たまには遠吠えよりも正面からの反論を期待する。

「方便とは真理に導く手段」

誰かこれを説明してくれんかな

我々北海道民は、このアホを次は落とす気満々ですよ

沖縄に申し訳ないとか思っていられない。北方領土どころか北海道がやばいかもと思ってしまう

旁葉 烏 さん

1.普天間米軍基地の国外・県外移転は民主党のマニフェストなのか?

 そんなことは、自分で調べりゃいいだろう。
 普天間基地は国外・県外へ移設すべきだよ、そりゃあ。
 あとは米国への交渉力だろ。当事者は菅と前原だろうが。16人に疑問をぶつけるのは、難癖付けてる行儀のよくない兄ちゃんの所業だよ。

2.この16人の基地問題の決着に対する見解は?

上記と同様の見解となる、当然。

3.また、今後、普天間問題をどう解決すると主張するのか?

上記と同様の見解となる、当然。

4.ガソリン税の暫定税率延長についての見解は?

 政治は言葉の遊びじゃないんだよ。あの時民主党の暫定税率反対で1時的に税収がストップした時、当てつけのように各地の道路整備工事が工事中止となった。
 で、小沢氏が、鳩山政権に現実的な対応で騒ぎを鎮めさせた。賢明な判断だった。

5.「民主党政権交代に責任を持つ 会」(通称:民主党国民の声)具体的には何をする?

 決まってるじゃないか!自民政治に回帰して既得権益層に媚びる菅政権を打倒し、本来の国民の生活第一路線に戻すことだよ。

 何を聞きたいのかねえ。

 
 それこそ、不毛な対立を煽る難癖をつける事よりも、菅政権の
1、自民回帰
2、行政の無駄調査放棄
3、国民の生活無視
4、財界&米国追従
5、民主党全体の路線転換に邪魔な小沢氏の排除

を、自らの墓穴を掘ることだと忠告したらいかがかな?

昨日、テレビタックルでコメンテータが16名の批判を始めると、原口氏は16名の行動については、実際は会派を分離するなんて出来ないんです!と言ってコメンテータを納得させていた・・・
民主党Aと言ったのはあんたじゃなかったか?と思い、誰が信用できるのか解らなくなってテレビを消しました。

<uchi-uchi様>
原口氏は昨夜菅総理と高級な日本料理店で食事をしています。(産経サイトの総理動向)
また、維新の会に東国原氏を入れる事で合意。早速、橋元大阪府知事が維新の会と距離を置く発言。
彼がラグビーボールといわれる由縁でしょう。
注意しないと各地の地域主権政党に楔を打ち込む役目を原口氏が担っているのかもしれない。

uchi-uchi さん

ま、原口も人の子ですから
美味しい据え膳をだされると
コロッとゆくのかもしれません。

      平野工作は民主党の野党転落への促進策
 
 今回の会派離脱には、二つの側面がある。一つは、小沢処分への阻止行動。もう一つは菅内閣への倒閣運動。マスコミの報道も、ほぼ二つの影響力を伝えている。平野氏の言動を検討してゆくと、「新党結成」も視野に入れていることのようだが、ほとんどが新人議員で、新党結成への構想を持っているようにはとうてい思えない。                               会派離脱宣言の仕掛け人である平野氏にお尋ねしたい。           
今回の会派離脱の行動が一面において「倒閣運動」であるとするならば、平野氏はどのような「次期政権構想」をお持ちなのか。民主党が、政権・与党であるならば、今回の倒閣運動が「政権・与党継続」を前提としての倒閣運動なのか、「野党転落」を想定した上での倒閣運動なのか、これは重大なことである。   

あくまでも民主党が政権・与党を堅持することを前提とした倒閣運動ならば、次期代表に誰を担ごうとしているのかが問われなくてはならないだろう。そこまでの見通しもなく、「菅おろし」をするということは、まったくナンセンスだ。 また解散・総選挙近し、という見通しのもとで、「解散・総選挙の促進策」として会派離脱を構想しているとしたならば、「政界再編」を予期して、一度グチャグチャにしてしまおうということになろう。つまり、「政権交代」はご破算にしてしまいましょうという行動なのだ。「政権交代の大義・マニフェストの実現」を掲げた会派離脱行動が、「マニフェストなどすべて(子供手当ても、高校無償化も)すべてご破算にしてしまえ。マニフェストが実現できない民主党なら、野党に転落した方がよい。」という結末になるということがわかっているのか。そうであるならば、「解散・総選挙なんかこわくないんだ。どうせ、国会議員は今回限りなのだから、オレ達にはこわいものはない。後は野となれ、山と成れだ」ということになる。                        
また平野氏の構想する「新党結成」が実現すれば、マニフェストの実現に近づくとでも言うのであろうか。                         
もしも、宣言文のように「マニフェストの実現」を目指しての行動であるならば、民主党が政権・与党の立場をしっかり確保しているというのが前提条件であろう。そうであるならば、ポスト菅政権の「次期・民主党政権構想」がなければ、実に無責任であると言わなくてはならない。それが政権・与党としての民主党としての責任であり、国民に対する責任でもあるからだ。                           

 
旁葉 烏 さん


旁葉さんは 要するに早く普天間の沖縄米軍をへのこへ移設したいだけでしょ?

普天間の米軍基地の周りは、昔は民家も少なく殺風景だった。
それが、
今では、
まるで普天間基地の周りに吸寄せられる様に人が住みだした。30年40年前の写真と現在の写真を見れば一目瞭然ですよね。基地の周りだけに集中して人が来てる。
そして、
元々あった基地よりも後に自分たちが来て、
『騒音やら治安やら非常に危険な基地だ』と、
してる訳でしょ?

その理由は、まさか補助金目当ですか?

旁葉さんは何故そんなに騒ぐんですか?


菅首相は、普天間問題は先送りする意志なので言って無駄だから、
話が進む可能性が未だ菅首相よりは小沢だと旁葉さんが思ってるから、
このタイミングを逃してなるものかと、必死で必死で、夢中になられてるんでしょうか??

WL1の風さん

風を起こそう!

大賛成です。

小沢さんは、間もなく日本改造計画の続編を出版予定と仰っていましたが。予定を切り上げて出版願いたいものです。

この本が、風の原動力となり”春一番”を吹かせる事でしょう。

戦略の大原則からして、
「戦力の逐次投入」は最も避けなければならない策。

今回の16人の先鋒に
速やかな後詰、
十分な補給がなく、
かつ、この状態が長引けば・・・

sirokumaさん

どんな風になるか今はまったくわかりませんが、できれば「神風」がいいですね。

その風には、現代版のネットが貢献する事でしょう。アラブの人々の死を無駄にはできません。

旁葉 烏へ

たまには遠吠えよりも正面からの反論を期待する」
と、言う事なのですが、
HNが、私の好みに合いません

しかし、何か書かないとだめのようですので、
・・・普天間、辺野古の問題は、公約に入っていたかが問題ではありません。
公約なんかではなくて、時の総理大臣が、満天下に宣言してしまったことこそが重要です。
私は、総理が語ってしまった以上、米軍撤退に向けて努力続けるべきだと思っています。

しかし、新しい総理が
「おいらは米軍は必要だ。居てほしい」と、思うなら、
菅は、あの鳩山総理の言葉をお詫びして訂正するところから始まるべきだったのでしょう。

公約だからドウノコウノなんて、見当違いなことです。
総理の発言は重いのです。

ところで、
「言ってみろや」は、
困ったもんだと思って茶々を入れました。

お返事が遅れましたのは、書き込みが却下されているからです。

21日の原口氏のツイートです。
--------------------------------------
≪kharaguchi 
2011.02.21 13:39
 今日は、小沢一郎元民主党代表に会います。二週間前に地域主権改革の進め方などについて相談に行ってきました。その後の活動の報告と今後の活動についての話をします。

2011.02.21 13:45
「日本維新の会」、設立に向けて友人から「協心戮力(きょうしんいりょく)」という書が送られてきました。協心戮力とは、全員の力を結集し、心を一つにして任務に当たること。地域主権確立のために協心戮力する人々による団体。  #niishin

2011.02.21 16:22
昼休みに総理秘書官から電話。何事かと思ったら次いで総理。夕食をとりながら意見交換をとのこと。お断りする理由は無いので、お受けすることに。ただ初めてのことでーーー。年金改革についても意見を申し上げるつもりです。

2011.02.21 17:39
小沢一郎元代表との対談を終えました。ポイントは3つ。地域主権改革をはじめとする改革の進め方。エジプト、リビア、日ロ関係など国際情勢の分析と危機管理。今後の政治情勢と政治の立て直し

2011.02.21 17:42
@t_ishin  橋下知事、頑張っておられますね!日本維新の会準備会の方も綱領を作っています。大阪維新の会の綱領を大いに参考にさせていただきます。小沢さんと今、会談を終えましたが知事に対する期待が益々大きくなっています。体に気をつけてご活躍ください。#niishin

2011.02.21 19:18
東国原前宮崎県知事さんと会談。日本維新の会の活動へのご協力のお話をいただきました。地域重視、政策重視、国政自由のネットワークで地域主権改革を実現したいと思います。#niishin

2011.02.22 00:05
先ほど、総理と会食を終えて帰ってきました。科学技術と成長戦略、地域主権改革、国際情勢と今後の戦略など幅広く意見を交わしました。税と社会保障、年金改革についても多次元解析的視座が必要なことを主張しました。民主党の世界に対するアプローチと党勢拡大についても 議論


@kawauchihiroshi おはようございます。川内さん、日本維新連合の立ち上げ、宜しくお願いします。僕は、昨日、二人と会談しました。民主党に遠心力を起こしているものの正体がおぼろげながら見えた気がしました。国を思い誠実に努力する者が何故、破れさるのか?≫
--------------------------------------
原口氏が、日本維新の会について説明すると、カン首相は「地域主権改革をすぐやろう」と応じた、という。
そんなカン首相の「抱きつき」発言、そのひたすら権力にしがみつこうとしている見苦しい姿をみて、「民主党の遠心力の正体」を見た思いがしたのではないでしょうか。まさに「かわいそう」という哀れな男への感想だったと思います。

司馬さん、のご指摘どおり、なのですが

あまりオツムがよろしくない人が多いので、結構面倒です。

駆け引きの中でしか、勝敗の展望が見えません。が、それが政治でしょう。

あぁ、こんなことより
アラブやリビアの人々を救いたい!
国連は何をしているのだ。

""
米倉会長は、民主党の小沢一郎元代表に近い衆院議員16人の会派離脱の動きについても、「予算案や関連法案の審議が進み、これをどうしても通さなければならない時期に、与党の一員として無責任極まりない」と苦言を呈した。""

経団連の会長ともあろう方が多くのマスゴミと同じ様な意見を今頃になって言うとはアホくさくてお話にもならない。

本来、この時期にこの様なコメントをするのは的外れで、もっと早くに対策を立てるべきではなかったか?

管・仙石内閣の小沢排除は尋常ではなく、早晩この様な事態になる事は避けられなかった。今、下手に妥協をして、管政権を延命させる事は長い目で見れば、日本にとって言い事ではないと思う。

マニフェストを無視し、自民の経済の中心にいた与謝野とか柳沢を迎えるとは何たる事か?  小沢支持派にも良い人材はいるはずだ。総裁選でノーサイド・全員野球を言いながら、マニフェスト同様に直ぐ反故にする。

こういう総理をいつまでも担いでいるほうがおかしい。勇気を出して、今の管政権を諌め様とした16人を非難するとはトンでもない事だ。


そもそも今のこの内閣の体たらくを造った責任はマスコミにもある。参院選で国民からNOを突きつけられた管さんを「総理をコロコロ代えるのは良くない」と持ち上げた。今こそマスコミは反省して、16人を褒め称える側につくべきではないだろうか?

「二八国家」は不可逆性であった・・半世紀も前に慧眼の士の唱えた「一億総白痴化」が不治をも意味していたのは十中八九間違いないであろう。

「小澤一郎」という不世出の政治家がこの国で活かされるということなど土台無理な話なのであろうか・・

可也昔の事(新生党のころ?)になるが、ある小澤一郎本のあとがきに「彼はどん底の日本政治に光を当てるために遣わされた使者に違いない・・」というような一節があり、遠からず訪れる小澤一郎総理大臣をイメージして感動したのを思い出す。今にして思えば、その時既に侵食は始まっていたのかもしれない・・

こういうところへの参加は今回限りにしたいのだが、ネットの猛者の皆さんが名残惜しくも感ずる不思議な感覚に襲われている・・

GOOD LUCK!!

原口氏にも困ったもんだ、

菅に対して『一緒にやりましょう』などとのたまわっておる、、、あっちにイイ顔、こっちにいい顔、、、

テレビずれした政治家は必要ない、、

「政治とメデイア」の政治報道もネットへ政権交代すべし、、
テレビ新聞は、娯楽、スポーツ、社会文化のみの放送に徹するべし、、

今回の原口氏取り込み作戦など、菅のミエミエ幼稚な動きは、現代の「森蘭丸」気取りの秘書官寺田学(先の代表選の動き方、票読みの的中からその後、完全に操られている)の青臭さにあり、、

長い、自民党政権後の政治が混乱するのは、仕方ないとも思うが小泉後10年や20年はかかるだろう、、それでも国民は生活いきてゆかなくてはならない、、

今の時代に、残された大きな課題を誰がやっても、国民すべてが納得する事などありえない、、

誰が、泥をかぶって、悪者になって、断行出来るか、、、
普通に考えれば解かりそうなもんだがなー。

昨日は、菅氏からの誘いがあり、原口氏が長時間の会食をしたようである。

菅氏は、仙谷氏などの協力は限定的なもので、前原氏、野田氏、岡田氏の次の世代が出てくれば、お払い箱は必然と判断しているのでしょう。

菅氏得意の政界遊泳術を遺憾なく発揮しているのが、原口氏への接近であり、原口氏が推し進めている「地域主権」を主テーマとした「日本維新の会」の状況把握が主眼ではなかっただろうか。

流石に、目利きは確かであり、総理を辞めた後どこに身をおいたら、完全排除されずに日のあたる場所に居られるか,その一点に移っているような気がします。

原口氏抱き込みの思惑ではなく、菅氏の処遇につき何らかの働き場所を提示すれば、以外にあっさりと総辞職するのではないか。菅氏の性格からして、政治生命を完全に失いかねない解散などできるわけがありません。

破れかぶれ解散などに持ち込む前に、菅氏保身の話し合いがもたれるかどうかが、大きな分かれ目のような状況になったのではないか?

梅光様

今回の米倉発言には感極まりました。絶句!です。

おまけに与野党ともに「税金泥棒」ですからね。日本の経済は良くなるわけないですよ。

ついでに連合会長にも「おひとこと」頂戴したいものです。

""
「判決が確定するまでの党員資格停止」と、22日の民主党常任幹事会で正式に決定した""

この決定は非常に重い。全員一致というのがおかしい。


これにより今アホ管総理が総辞職しても、小沢氏は総裁選には出れない。ひょっとして反小沢の前原・野田・岡田などを後釜にするための布石か?

もうこうなったら、チャンスを見て新党を立ち上げた方が良いのではないだろうか?

今の国民の多くが管政権には反吐が出るほどの嫌悪感があり、河村氏などと組んで「国民の生活第一・減税」を旗印に戦えば真の2009年の衆院選で民主に期待した国民が再び戻ってくると思う。

みんなの党などが内閣不信任案を出せば、その時こそチャンスだ。

ピンチの後にチャンス有り。「党員資格停止」というピンチをチャンスに変えない手はない。


それにしても原口氏の態度が気になる!

小生の応援していた細野氏の態度も気になる!

16人の勇者に続く議員が少しでも早く現れん事を!

16名の方々は「売られた喧嘩を買っただけ」でしょ。
首相が一兵卒に喧嘩を売らなければ良かったものを。
それにしても、なぜ、民主党執行部やマスコミは、ここまで小沢さん処分に拘りますかね?国民の多数は、もうそんな事にほとんど関心無いと思いますが。
ところで、こんなにバッシングされても平然としている小沢氏は、やはり相当な大人物と思います。
早く小沢待望論にならないかな。

 
投稿者: 旁葉 烏 様|2011年2月20日 21:52

投稿者: 旁葉 烏 様|2011年2月21日 21:37

旁葉様を心強く支持いたします。


旁葉様も辺野古周辺或いは普天間周辺住民の方でしたか! 
どちらでも良い、我々基地移転派としてはあなたの様な心強い味方の存在が必要。心強い限りです!!

これからも、基地移転を声を大にして口にして行こうではありませんか!!

だいたいが、我々国民は自民党が辺野古に基地を作る決定をすると言うからこの地に移り住んで来たんだ!

民主党政権になって辺野古案を白紙に戻そうと画策したのだ。我々は旁葉様と同様、断固戦う。

今回の16名の行動は我々国民の民意無視も甚だしく、まさに民主党の暴挙と言わざるを得ない。

基地移転反対は負け犬の遠吠えだ。

普天間基地移設問題は、我々国民全員の総意なのだ。旁葉様を団子支持する。

民主党が訴えていた事は、
①予算を組み替える。これが意図する所は、「歳入は変わらないとしたら、当然、予算を減らされる事業が発生するから困る人が出る。その事業に関わる人は困るでしょうし、もしかしたら、年金も減らされるかもしれないし、医療費負担が増えるかもしれない。」という事だったと思います。
②しがらみの無い民主党だからできる。これが意図する所は、「この事業は止めると総理が決め、もし官僚が出来ないと言ったら、しがらみの無い民主党の政治家なら「出来ないなら担当者を変える」と言えると思った。それが政治主導だと思った。」
という事だったと思うのです。所謂、「痛み」が生じても、それでも、この閉塞感が充満している日本が変わるなら、それを歓迎する。という国民の思いが政権交代を起こしたと思うのです。

それなのに、自民党政権とほぼ何も変わらない様を見せられては、失望するのも当然です。

そういう意味では、鳩山さんの普天間返還の行動は成就しなかったけれど政権交代のひとつの姿(何とかしようと努力する姿)を見せてもらった気がします。

歳入は増えないのですから、既存の事業を切らずに、新しい政策は出来ないわけで、だからと言って財源が無いから諦めると言うのでは、「あの訴えはどこに行ったのか!」とあきれ返るばかりです。

目を覚ませ、菅総理と民主党執行部!

""
今夕に常任幹事会が党員資格停止処分を正式決定""

言いたくないのですが、決まった以上は「今のところは」不平不満を言う事なく、目の焦点の定まらない管に従いましょう。


「今のところは」深く静かに潜行せよ。

そして、ここと言う時に浮上して、敵艦(管)目掛けて砲撃せよ。


今となっては、チャンス到来を待つのみ!

補正予算案の再可決の時!

みんなの党か自民が総理の不信任案を提出した時!


そのチャンスを逃したら、決して小沢派の春は来ないと思う。

16人を見捨てるな。今や206は残っていない。200のままではない。

チャンスはそんなに多くはない。腹を据えてかかって欲しい。

投稿者: 毘沙門天 様| 2011年2月22日 06:36

私の投稿を要約すると、この16人の理屈は破綻しており、菅政権を牽制する事が目的である事を隠しているのだと書いているのです。平野さん、白々しい事を言いなさんな、というのがそもそもの投稿で、それだけの事です。まったく、潔さがないじゃないですか。こんな取り巻きこそが、小沢さんがジリ貧になった原因と思いませんか?私は、小沢さんの批判ばかりしていますが、他は雑魚の人ばかりなのだから、これは仕方がありません。小沢さんに、真に防波堤となる人が居ないのも一因なのかも知れませんね。

投稿者: 種子島住民より 様| 2011年2月22日 12:46

私の駐留米軍基地に対する考えは、究極的には沖縄に限らず日本全土から出て行ってもらう事です。長くなるので詳細は割愛しますが、実現に向けてポイントとなるキーワードとして、国連常任理事国入り、諜報機関の重要性に過去の投稿で触れていた事だけ記しておきます。さて、基地問題に関してですが、どう決着しようが私には何の利害もありません。では何故こだわるかというと、上にも書いた16人の目的と背景を、合理的に説明する為に必要だから取り上げたのです。

投稿者: 元株や 様| 2011年2月22日 16:40

基地問題とガソリンの暫定税率廃止は、紛う事なき民主党のマニフェストです。この16人の主張を揺るがす問題で、宣誓文でこれに触れないのは、とても都合が悪いからなのです。また触さえしなければ、嘘を言った事にならないし、菅政権を牽制する目的も果たせる。だから、触れられないのです。このやり口は、官僚のやり方と一緒なのです。こういうご都合主義が、私は一番嫌いなのです。「いってみろや」は、無批判に何でも肯定する人達への挑発です。一部の小沢支持者の、代表選以降の鳩山前首相に対する批判のトーンダウンぶりに呆れているのです。ともあれ、ご意見いただきました事には感謝しております。

投稿者:: 民意を無視するな! 様| 2011年2月22日 20:50

私は沖縄に縁が薄く、行った事もありません。基地問題に対して、過去においても、基地問題がどうなるかの予測しか書いた事がありませんし、どうすべきなど、とやかく言わないよう控えています。だから、私なぞ、たいしたお役に立てそうもなく申し訳ないと言う他ありません。

>投稿者: 民意を無視するな! |2011年2月22日 20:50 さん <

のご意見が 褒めゴロしに聞こえるのは、私だけでしょうか?

国からの保証金絡みで基地近隣住民へ移り住んで来られた方からすれば、小沢氏の復権は何としても阻止せねばなりませんね。

そう。

よっちゃん のおっしゃる通りだと思います。

①予算を組み替える。
②しがらみの無い民主党だからできる。

 既に時代が不必要とした、法律、行政組織、独法、公共事業担当民間会社。

 これを切らずに何の政治か!

 既得権益層が手段を選ばず反撃してくるのはわかっていたが、これほど卑劣な手段に出るとは・・。


 勝敗の分かれ目は、庶民が江戸時代の百姓のようになるか否か。

「百姓は生かさぬよう殺さぬよう」


 既得権益層に近い立ち位置にありながら既得権益層に立ち向かう小沢氏は、インドの王族に生まれながら庶民を救わんとしたゴータマ=シッダルタに似ている、とは言い過ぎか?

匿名さん 2011年2月22日23;00

私は、民主党を選んだ理由というのを書かせていただいた事が有る。様々なご意見をいただいた。
あれが、民主党に期待した全てです。
マニフェストでも、公約でもどっちでも、名前なんかどうだっていいのです。
公約の全てをやれなどと、子供のような、夢のような事も言う気はないのです。

あえて言えば、子供手当なんか、それこそどうでもいいのです。
高速道路だって、いくらかは金をとったほうがいいだろうと思うくらいです。

沖縄についても、あれほど短兵急に宣言してしまうとは、あごが外れる思いでした。
じっくりとやらないと、失敗すると、これは確信していました。
(しかし、今は、あの短兵急を忘れてはいけないと思っています。生かさないと)

長々書きましたが、私が民主党に期待したのは、この国と国民を食い物にしてきた一部の既得権者との戦いを開始してくれること・・・でした。
そして、それを民主党のマニフェストだか、公約だと受け止めてきました。
そして、菅直人とその後一統様は、それを放棄しました。

何が暫定税率据え置きは公約破りだ・・・ですか。
議論する気も起きません。

公約なんてものは、その基本をなすモノが何かが重要で、
100あるモノが、仮に40しか出来なくとも、それが核心部分に触れる事が出来ていれば十分なものだと、
わたくしは、思っているのです。

他人に強制するつもりはありません。

*沖縄については、昨日の文章が、私の立ち位置です。

*あまり「匿名」氏とは、やり合いたくないのですが、
他人を烏だというような方よりは、相手としやすい。

<選挙で民意は示される>
梅光様 2011年2月22日 20:31のご投稿に常任幹事会で全会一致とありますが、倫理委員会で全会一致の誤りではないでしょうか?
山岡議員や川内議員がいる常任委員会が全会一致とはならないでしょう。
ただ、菅執行部はスターリン的党運営ですので全ての決定機関を仲間が多数を占めるようにしています。彼らが口では非難している「数の論理」を自分達はきちんと実行しているのです。倫理委員会に小沢氏が提出した「私の主張」などは一切無視して国会では「熟議」を唱えるとは私にはその神経がわかりません。
推測ですが小沢氏は解散・総選挙を見据えて、着実に行動されると思っております。予算関連法案の不成立、統一地方選挙での民主党惨敗を受けて、民主党内での代表交代となるのか内閣不信任の可決に進むのか。
ここまで行けば総選挙は不可避でしょう。その時にこそ真の国民の意志が示されます。
我々小沢支持者が我慢できないほど一見小沢氏が動かないでいるのは戦いはまだ少し先と読んでのことではないのでしょうか。
今はそれに備えて着々と布石を打っておられると思います。

平野貞夫様


 しっかりして下さい。
 マスコミの論調と一緒で、恥ずかしい限りです。

  誰や彼やの行動をあげつらってどうするのですか?
 「どうです、私の正しい分析は」「だから私は正しいのです」といっているように思えてなりません。

  
 新しい流れをはっきり決めて、我々をリードしてくれなくてはこまりますよ?
 平野さん達が評論家集団であり続けるというのであれば、「日本一新の会」も作る必要はなかったのではないでしょうか?

 平野さんが竜馬を研究されているからといって、朝日・読売・NHKのまわし者のように「坂本竜馬よ出てこい」ですか?
 坂の上の雲などというバカげたマンガのようにつくられた話を流布させて、単純過ぎるであろう脳味噌に刷り込みを図って、さて我々国民の何を変えるというのでしょう。

 仙石さんの代わりを誰にするのか?
 管さんの代わりをどうするのか?

 再び小沢さんを担ぐだけでよいのか、原口さんをまじえるのか、連鈁さんを説得するのか?
 他に誰なら担げるのか?
 あるいは、党を割って関西勢と一緒にやっていくのか?
 
 世の隅っこでずっとみてまいりましたが、この混迷の中で何か支柱のようなものが欲しくて、初めてメールをいたします。
 お気に触られましたらご放念下さい。

  あたらしい流れの道筋をぼんやりとでも具体的に指し示してくださるよう願っております。

                    申年の一読者より

スッカラ菅氏政権が財務官僚に操られて久しいが、今年度予算組変えが元の自民党時代に回帰してしまい、例えば卑近な例だと子供手当も危うくなり、政権交代時に国民に支持された「国民生活が第一」政策が次々と雲散霧消しつつあり、国民に対する背信行為が常習化しており、次期国政選挙では今のスッカラ菅氏政権の民主党は国民から総拒絶となるは論を待たない。この現状をスッカラ菅氏はどうみているのだろう。スッカラ菅氏流にいえば、国民は「理解できない」のだ。はやくスッカラ菅氏には退陣して欲しいのだが、さりとて口先番長前原氏だけは勘弁願いたい、スッカラ菅氏の二の舞になること必定で、国益を損ねるのが落ちである。

事業仕訳などというイカサマパフォーマンスが財務省主導(事務局が「構想日本」(代表は財務省お抱えのOBの加藤秀樹氏)ではイカサマは最初から計画的だったが、この歯車に乗せられた蓮舫氏の振る舞いは見るに耐え難かった)で行われ、財源捻出は難しいというイカサマをマスゴミ連合を介して情報操作され、思考停止の国民は新聞、テレビの偏向、捏造垂れ流し報道に騙され、やっぱり財源捻出は無理だったのかに至り、2009年政権交代時の民主党マニフェストの見直しは賛成多数だと世論操作される始末である。しかし、思考停止していない国民は財務省イカサマに騙されていない。これでは政権交代の意味はないばかりか、この過程に一矢報いることなしはありえない。

時の政権に加わらない限り、国会議員は何もできないのだろうか。誤解ならご容赦願いたいが、小沢氏はイカサマ検察審査会起訴問題で手足を縛られ、政策課題対応もままならぬなら、国民から国政を託された「国民生活第一」の国会議員は一体何をしていたのかと言いたくもなる。

スッカラ菅氏政権の体たらくに対し、スッカラ菅氏に危機感を抱く議員が集まり、外部の財務識者や財務省内部事情に詳しい大蔵、財務省OBも巻き込み、理論武装し、財務省がひた隠しにしている無駄予算、累積財源、運用益あるいは各省庁積み上げ予算をどう見直すか手を打てなかったのだろうかと不思議でならない。それとも、すでに調査済みのものがあるなら、国民に提示されたらよろしいのでは。

投稿者: M.I.(団塊世代) | 2011年2月23日 09:01様

ご指摘ありがとうございます。

小生もピンチの後にはチャンスありと思っています。

代表戦に立候補出来ない小沢氏であっては国民の期待に答える事が出来ません。

機が熟すのを待って一気に勝負をつける事を期待しています。

それにしても新聞もテレビのコメントはひどいものだ。今日の朝刊の県内版には反小沢の議員のコメントがずらり・・・・・・中には「小沢氏は16人が予算関連法案に反対しない様に指導すべきだ」と」


何? 一方で党の活動を制限し、他方では指導せよと・・・・!

バカも休み休み言え!!!!!

平野貞夫氏や、16名の会派離脱組を批判している方へ!

今夜(23日)のBSフジで、21:00から、日本一新の会代表、平野貞夫と通称:民主党国民の声会長、渡辺浩一郎衆議院議員が生で出演し、皆さんの疑問に答えます。どうぞご視聴下さい。生ですから、局側の意図的な編集はなく、文字どおり16名の真意を語ってってくれるはずです。

また、16名へのご批判をしている皆さんには、彼らが発した【約束を果たす民主党への回帰宣言】をもう一度熟読されることをお願いします。ここには、マニフェストであれ、公約であれ、その呼称はどうあろうとも、選挙を戦うにあたって皆さんとの約束をどう処理すべきかを語っているはずです。無論、文字数には制限もあり「基地問題」には触れていませんが、同じように、その核の一つであった「子供手当」も文字にはしていません。それは基本を語る「宣言文」ですから、至極自然なことなのです。

日本一新の会事務局・大島 楯臣

鳥越俊太郎氏を東京都知事に!

今日のテレ朝で「党員資格停止」を推定無罪の中で行うのはおかしいと声を震わせながら

話していた。


多くのコメンテイターが毒饅頭の影響なのかみんな「小沢悪」で報道している。

そんな中、鳥越氏の理に適った解説はすばらしい。

鳥越氏なら東京から日本を代える司令塔になれると期待する者です。


今、予定されている誰がなっても興醒めです。インチキな輩が名乗りを上げている。


河村・橋下・原口などと連携して是非政治に新しい風を吹いて頂きたい。


間違っても「そのまんま東」のパフォーマンスとは一線を画して欲しい。

~「政局」と「政策」の言語とシンボル - 落合恵子と鳥越俊太郎の凋落~

~(2/24)の朝日が、また小沢叩きの社説を掲載した。2/19、2/22に続いて一週間に三度目で、二日に一度のペースで小沢攻撃のキャンペーンを絶叫している。常軌を逸した乱発と暴走としか言いようがない。テレビのニュース番組は、NZの地震とリビア情勢の報道で埋められているのだが、朝日にとっては小沢叩きの連呼こそが新聞の使命なのだろう。あまりに度を過ぎた偏執狂ぶりに空いた口が塞がらない。こうして社説で叩き固めたからには、その主張の「正しさ」を証明すべく「世論調査」を出す魂胆なのだろうが、一足先にYahooがネットでの世論調査を公開しているので注目しよう。「党員資格停止の処分についてどう思うか」という設問に対して、「そもそも処分は不要」の回答が60%で圧倒的に多い。マスコミ報道の方では、2/14にNHKが世論調査を発表していて、「議員辞職すべきだ」が54%、「離党すべきだ」が21%とあり、ネットとマスコミで全く逆の結果となっている。こうした状況は昨年9月の代表選のときも顕著で、マスコミの世論報道では菅支持が多数だったが、ネットの世論では小沢支持が凌駕していた。ネットの世論調査はサンプルに偏りがあり、つまり、代表選の立会演説会に集まった新宿西口前の聴衆を対象にアンケート調査をするような具合になる。この政治に高い関心を持っている層の声が出る。全体の平均値とは看做せない。しかし、だからと言って、ネットの世論調査が意味のないものだとは言えない。
【続き - 以下は有料です 転載禁止】

BS TBSニュースを見た。16人の代表渡辺氏の落ち着いた応答はすばらしかった。

ますます支持者が増えるだろう。小生も「ありがとう!頑張れ!」とメールした一人である。

それに比して顔を赤くして興奮して話す反町氏は見るも哀れであった。「今、この予算を前にして・・・・」と多くのコメンテイターと同じ事を言っていた。ここに至った経過が大事なのに・・・。16人が立ち上がらざる状況を造りだしたのは、全員内閣を反故にした政権中枢の責任と分かっていても言わない。既得権益に居る者としては仕方が無かったのかも・・・・。

残念ながら松木氏はもう少し自信を持って話して欲しかった。

平野氏はいつもながら博学を感じる応答であった。

カダフィーの末路に重なる菅内閣というファシズムの病巣

もはやそれが完成することはないが、危うく再び日本をファシズムという亡霊に席巻されるところであった。今後、二の矢、三の矢と攻撃が続くが、もはや一刻も早く、菅内閣に引導をわたし、国民のための政治を取り戻す作業に入るべきである。
 外堀もほぼ埋まってきた。もはや逃げ道はない。あとは料理のレシピがあるだけだ。

それにしても、1000人とも2000人とも言われる国民を殺し、最後のひとりまで血の一滴まで徹底的に戦うという、フセインの頑なな態度は、見事に追い詰められたわが国の菅の姿、言動に重なる。

昨日の平野さんは、もう、切れていましたね。戦後政党全てを根本からガラガラポンとすべき、だという、「新説」を唱えておられました。

また、松木さん、元気を出してください。国民は見ています。「国民の生活第一」という理念は生きてますよ。未練を捨てて新しい道を探りましょう。

党利党益を離れた全党選出の「救国内閣」も新たな選択肢のひとつではあるが。
頭の固い御仁ばかりの既成政党では、実現は無理でしょうな。
ならば、「決戦」あるのみ。
戦闘は間髪をいれず、短期決戦あるべし。それが国を救い、国民を守る。
さぁ、決起のとき、いざ戦わん!

""
 自民党の石原伸晃幹事長は24日午前、松木謙公農林水産政務官の辞任表明について「無責任だ。ニュージーランド(の地震)で邦人の生死が取り沙汰されている中で、内輪もめをしている余裕はない」と批判した。また、「(菅直人首相に)統治能力がないということを国民にさらけ出した」と強調した。党本部で記者団の質問に答えた。""


また青い愚かな幹事長の発言。後半の管首相に統治能力が無い事はその通りだ。

だが、前半の松木氏の件を言うのは筋違いだ。もし、これを自民が言うなら、民主党の出した予算案を黙って承認するつもりか?

いままで、自分たちの予算に臭性(修正)せよと言ってこなかっのか?

子供手当ての満額も了承するのか?


相変わらずのオタンコナスだ。


何か皆さんの話、議論がグルグル回りしているな。

■変わらない事
・菅と小沢は元々水と油
・管政権はいつまでもモタない
・自民党が民主党にとって替わる事は無い
・小沢が民主にズットいる事は無い
・検察含めた役人の根性は変わらない。
・支持出来る政党無し(無党派)は70~80%はいる
*その割合は高年齢になるほど高い→投票率の高い人
・個人別首相候補願望は小沢が一番高い
・小沢と秘書の裁判では今後の公判で更に検察側に不利益な事が暴露される
・TPOとか増税とか、国民にそのうさん臭さが感覚的に広がっている
・マスコミの偏向した報道姿勢には国民はウンザリしている

以上から、どう考えても既成政党は自滅の道である。

やはり小沢待望論がジワリと浸透している感じである。
石原が国政に色気を出しているのも、どういう形かは分からないが、救国ワンタイム首相を狙う。

小沢が226事件を引き合いに出していたが、流石である。

世に倦む日日 | 2011年2月24日 00:59 様

いつもながらの本質を突いた論説、ありがとうございます。

日本には未だ未だ偏向・恣意的新聞の購読者や偏向テレビ報道の視聴者が多く、その論調に染まり易く、流される人が多く、その隙をつかれ世論誘導されているのが現実です。昔から新聞やテレビは恣意的編集をした情報シャワーを毎日国民に浴びせ洗脳し(民放ばかりでなくNHKも例外でない)真実を国民に伝えないことが日常茶飯事であるという現実の大問題を認識かつ自覚する意識改革が大きな課題ではないでしょうか。

結局は、主権在民のための政治を行う力量ある政治家の出現と主権在民が目覚め、意識が変わり、民が立ち上がり参画しない限り、日本はいつまでたっても、米国(新自由主義のネオコン、戦争屋)、官僚(外務、財務、防衛、法務・司法、資源エネ庁官僚)、政(米国隷属の自民党旧清和会政治屋、米国隷属のため新自由主義にベクトルを変えた民主党菅・仙谷政権の政治屋)、業(経団連)、マスメディア(新聞社、広告電通、テレビ放送会社)の5つの連合体に支配され、搾取し続けるでしょう。ここには私欲、強欲が蠢いている。これでは国民のための政策は実現しない。

日頃、新聞、テレビでしか情報を得ず、パソコンを一切扱わない人向けに、異なる観点からの良質の情報を視聴いただくために、普及しつつあるデジタル液晶テレビで良質のインターネット動画(例えば岩上安身氏の動画インタビューとか)を視聴出来るようにすれば、頭が固く思い込みさせられている人も少しは変わっていくのではと思われます。

さて、蛇足ながら、現在販売されているデジタルテレビ単独ではUstreamやYou Tubeが視聴出来る機能が搭載されていません。この辺りをカバーするのは例えばDLNA対応のネットワークメディアプレーヤーとかデジタルメディアアダプターとかテレビアダプターとかの名称で呼ばれ、機能の違いで価格差も有りますが約15000円から2万円前後の装置(応答速度に若干の改善の余地が残されていますが)があり、これで動画含めたインターネットウェブ視聴が可能となります。現在、販売会社は数社あり、さらにUSB接続可能な外付け大容量ネットワーク対応のHDD(1万円以下)を購入すれば録画も出来る機種もあります。参考までに。

今日のおもいっきりドンにて、ロッキード事件の特集をしていた。

田中先生にこの事件の深層を教えられている者にとっては、何とも空しい上辺だけの事件経過と見えてしまう。

そして、例の如く日テレの小沢批判の急先鋒、河上元検事がその恩師、田中角栄の逮捕当時を語る。

法の下では平等に裁かれなければならないからと。もちろん正論だが、貴方が言うセリフではない。

http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-1467.html

何より、自民党の大罪をワザと見逃したことで今のTV出演が約束されてるのだと思うのだが。

http://ameblo.jp/capitarup0123/entry-10438009675.html

政権樹立への構想なき「菅おろし」一揆
 

「菅おろし」の流れが加速されているが、「菅政権」を倒して、「○○政権」の樹立を目指そうというのか、まるでわからない。幕末の志士たちは、「徳川政権打倒(倒幕)」を掲げたが、他方において「天皇政権樹立」という明確な次期政権構想を持っていた。もし、「徳川政権打倒(倒幕)」だけを目標に決起したのなら、それは単なる「一揆」にすぎない。こういう盲目的な行動は、「菅おろし」には成功するであろうが、その目的達成の果実は、反動勢力(自民・公明)に持っていかれてしまう可能性が大きい。ポスト菅政権樹立構想がなければ、政権奪還を虎視眈々とねらっている、自民・公明の思うツボにはまってしまうだけということになる。                 
           
小沢シンパの連中は、「菅おろし」の実現後、まさか代表選挙に「小沢一郎擁立」などという空想を描いているわけでもあるまい。現実性があるのは、原口擁立、しかないだろう。原口議員に、「マニフェスト実行内閣」を樹立するだけの覚悟があるのか。「子供手当て26000円満額給付、ガソリン暫定税率撤廃、高速道路無料化、・・・・」など、今年度予算で組み替えしようというのだろうか。(来年度ならできるというのだろうか。)                 
マニフェストの制度設計は、45兆円の税収見込み(実際は9兆円減収)と、16兆円の経費削減効果を前提に組まれているが、仮に16兆円の満額の経費削減が達成できても、9兆円分の穴埋めをどう実現するのか。              

菅総辞職、「原口マニフェスト実行内閣の樹立」が本当に可能かどうか実に疑わしい。当の原口氏自身が「マニフェスト実行内閣」を引き受ける覚悟と実行力があるのだろうか。原口氏自身が、「マニフェスト実行内閣」を組織しようとしても各省大臣を引き受けることはよほどの勇気と覚悟が必要だろう。原口氏自身、代表選挙に打って出るとすれば、その際に「マニフェスト実行プログラム」を提示しなくてはならなくなることは確かだ。                

小沢シンパの連中の議論を見ても、「小沢待望論」は多いが「原口待望論」はほとんど出て来ない。                           
そうなると、「菅おろし」の成果は、自民・公明党にかっさらわれていくほかはないだろう。

投稿者: 匿名 | 2011年2月22日 23:00

上は私の投稿で、HNを入れ忘れていました。

不思議だ???

菅政権を倒すのは、次の政権を用意してなきゃ駄目だと・・?

 リビアのカダフィ大佐打倒の先に○○政権が用意されているのかな?
 あほらしいね。とにかくカダフィ政権を倒すことが先決で、その先はそれからの情勢で決まるものだ。

 自民党の倒閣運動も次の政権を用意してなされた例は無いよ。
 総辞職または総選挙の後、次の総裁が自民党内の協議で決まってた。


 だ・か・ら ヨウスケ さんの多弁は、意味が無い。

 特におかしいのは、菅政権打倒の後自民公明に成果をかっさらわれる、という話。

 菅政権が総辞職すれば、民主党を菅一派が割ると言う事かな?


 それこそ愚の骨頂だな。菅一派は永久の野党転落だろうな、与党の資格と言うか知恵が無いからね。

>>とにかくカダフィ政権を倒すことが先決で、その先は【それからの情勢】で決まるものだ。( 理駅遊道氏)


 問題は、次期政権の受け皿がある場合とない場合とでは、政権崩壊後の混乱の度合いが決定的に違うということです。

もともと政権交代のシステムは、二大政党体制を前提としており、それは政権樹立に伴う混乱を回避するシステムでもあるわけです。

政権樹立の最低要件は、衆議院過半数の勢力を確保するということですが、民主党が現有勢力300余議席を保持したままで、政権・与党を継続担当しようとすれば、ポスト菅に誰を擁立するかが問われることは当然です。それからの情勢で決まると言ったって、親小沢系なら、原口議員以外にはいないですよ、ということです。                           
また菅総理で解散・総選挙なら、①民主惨敗、野党転落まちがいなし。あるいは、菅総理が、解散・総選挙に打って出た直後、②民主分裂の可能性が高いでしょうが、その際親小沢系の議員が、原口氏を代表とした「日本維新の会」に集結して、「民主党・日本維新の会」候補として総選挙を戦うという構想もありえますが。

その際も問われるのは、「日本維新の会」は「民主党・09マニフェストの実行」を掲げるのか、降ろすのかどうかということです。少なくとも、「日本維新の会」は「09マニフェスト」をまったくご破算にした政権公約を作成することは、国民に対する背信行為となるはずですから。ただ国民は「09マニフェストの実行」など誰も信用しないでしょう。                  
いずれの場合にしても、政権の行方を「事の成り行き次第」に任せることは、政権・与党としての自覚が全く欠如していると言わざるをえません。むしろ、無責任野党勢力の、「倒閣運動」の心理状態に近いということでしょう。

「それからの情勢」次第では、政局の混乱が長期化する可能性がさらに高くなるということです。そこに「政界再編論」のウサンクササがあります。

  ヨウスケ さん。

 >菅総理で解散・総選挙なら、①民主惨敗、野党転落まちがいなし。<
なんでしょ?

 つまり、菅政権は国民に拒否されてる訳だ。
 だから内閣総辞職を語るのは当然の事だ。

 倒閣運動が混乱を招くから胡散臭い、などと言ってる場合ではない。時が経てば、いよいよ民主党と言う片方の政党への失望感が定着し、2大政党制は遠のく。だからスグに菅政権は倒さねばならないのだよ。
 新政権がどうなるかなど、預言者でもわからない。
 小泉政権が長期化するとは誰も思っていなかったように。

 で、次の総理候補を挙げれば、その欠点をあげつらって否定する。そして倒閣運動は駄目だという詭弁が残る。


菅政権は継続すべきだ、という結論は愚の骨頂ですな。

>>で、次の総理候補を挙げれば、その欠点をあげつらって否定する。       

そして倒閣運動は駄目だという詭弁が残る。(理駅遊道氏)
 

菅政権・倒閣運動の大義名分は、「09マニフェストをしない菅政権を打倒しよう」ということです。そうであるならば、次期総理候補の原口氏は「09マニフェスト実行内閣」を組織して、民主党政権を継承し、国民との約束を果たさねばなりません。ところが「09マニフェストの実行」など、国民は誰も信用しない。小沢系の議員たちも「原口・09マニフェスト実行内閣を樹立しよう」などとは考えていないという無責任さ。           

小沢系議員も「09マニフェスト実行内閣」などは、どだい無理な話であることは重々承知の上で、「菅おろし」の理由付けとして、使っているに過ぎないというわけです。要は、「小沢処分反対運動」がホンネで、「09マニフェスト実行要求」は、「タテマエ」であることは明らかです。               
つまり、16人の会派離脱宣言じたいが、国民を欺いた偽装宣言であるということです。                                
 はっきり予言しておきます。「菅おろし」が実現したら、小沢系議員は「09マニフェストの実行が政権交代の大義」など誰一人として言わなくなるでしょう。    

<菅政権の継続の意味は?>
私は理駅遊道様と全く同じ見解です。
ヨウスケさんは
>「菅おろし」の成果は、自民・公明党にかっさらわれていくほかはないだろう。
とおっしゃっていますが、自公政権以上に隷米と官僚依存の増税路線に突き進む菅政権をこれ以上存続させる意味は政策転換を政権交代に期待した私にとっては全くありません。
自民党の経済政策を担ってきた与謝野氏を経済の重要閣僚に迎え、これまた自治官僚であった片山氏を総務相に任命して、市民の為の改革を行おうとする竹原前阿久根市長や河村名古屋市長を批判させているのが菅政権です。
私から見れば菅政権を支えているグループと自民党は頭の中は同じに思え、政策的には自民党が菅政権を支えても全く不思議ではありません。しかし、現実にそうなっていないのはこれまでの行動から菅グループを信用できないと思っているからでしょう。
人の社会であれば考え方や意見の違いはどこにでもあり、それは容認されるでしょうが、人間として信用されないのは致命的ではないでしょうか。
メディアがいくら小沢叩きで援護しようが、国民もそれを感じ、菅執行部になってから全ての選挙で民主党が惨敗していると私は思っています。

投稿者: 匿名 | 2011年2月25日 09:43

は、ヨウスケです。名前欄への記入漏れです。

 ヨウスケ さん

>菅政権・倒閣運動の大義名分は、「09マニフェストをしない菅政権を打倒しよう」ということです。< とのことですが・・・。

政治は現実なので、理想をそのまま実現できるとは思いませんが、理想追求と現実妥協のバランスをどう見るか、という事でしょう。

 小沢氏とて、ガソリン暫定税率を維持する方向で軌道修正した。それは、・・・・
 我が家の前を走る国道が、バイパス工事の完成を間近にして、付け替え工事がストップした。ガソリン税が財源だという理由で。
 で、各地に広がろうとした騒ぎの前兆を聞いた小沢氏が鳩山政権に助言した。前原大臣はプンプンだったそうだが。


 こうした理想を見据えながらも
現実に対応した政治と、菅政権の理想実現の努力を投げ捨てた政治を、同じ妥協と論じるのでは余りに乱暴な見方と言わざるを得ない。


 菅政権は内閣の延命を見据え、財界と官僚と米国とマスコミに擦り寄った。
 その理想も信念も無い姿は、菅直人の政治理念の無さを顕わしたのである。
 で、与謝野、片山の起用である。


 さて、財源の裏付けが無いと言われる09マニフェスト。
 財源は、既に不要な施策、法律、関連する国の体制機関、独法、地方の関連機関団体、関連会社等への、補助金を停止する事だ。
 でないと、いくら消費税を上げても、税金は際限なく不要の機関等に注がれ続け、既得権益層を潤し続け、借金総額はスグに1千兆の大台を超え、国債の格付けは下がり続けることになる。


 既得権益を守りたい人とは話し合う余地はないが、庶民の暮らしを守りたいと考える人であれば、一致点を見出す可能性もあるのではないかと思うが・・・。

一、
>>①我々は民主党と国民との約束の上に存在する比例代表の議員だからこそ、本来の民主党の姿とはかけ離れた今の菅政権にはもう黙ってはいられない。みすみす旧来からのしがらみにはまり込み、無原則に政策の修正を繰り返す【菅政権に正当性はない】
>>②歯を食いしばっても、【国民との約束であるマニフェストの実現に取り組む我々】こそが、本来の、そして【真の民主党】であるからだ。
従って、我々は、【国民との約束を果たす議員集団】であることを、改めて国民の皆様に行動で示すために、衆議院での民主党・無所属クラブとは分かれ、新たに院内会派を設立する。(2月17日 民主党・衆議院比例代表単独議員有志一同)

 これを読んでも、菅政権に「マニフェストの実行を要求」しているのではなく、「菅政権に正当性はない」と断じているわけですから、「菅おろし」の行動であることは明らかです。

 (1)マニフェストの実行のためには、民主党が今後とも「政権・与党」であることを前提とする。                           

(2)マニフェストの実行を放棄した現・菅政権に正当性はない。      

 マニフェストの実現に取り組むとすれば、「マニフェスト実行内閣」を樹立するほかないことすらわからないようでは、一人前の政治家とは言えません。彼らが政治家として【国民との約束を果たす議員集団】であるならば、菅政権に代わる「(親小沢系)民主党・マニフェスト実行内閣」をただちに樹立する準備行動をとることが、国民に対する責任でしょう。それができないのは、彼らの行動の主たる目的は「マニフェストの実現」ではなく、「小沢処分反対」であるからです。小沢氏の知恵袋である平野氏の巧妙な作文ということであれば、ナットクです。

 二、
>>政治は現実なので、①理想(09マニフェスト)をそのまま実現できるとは思いませんが、②理想追求と現実妥協のバランスをどう見るか、という事でしょう。(理駅遊道氏)

 同感です。小沢系議員たちも、空想的なマニフェスト教条主義を捨てて、上記の理駅遊道氏のように現実をふまえた議論を、党内でしっかりするべきと思いますね。小沢系の川内議員などは、相変わらず、「特別会計のムダ削減」でマニフェストの実行は十分に可能だと、無責任な発言をし続けていますが。

あのね、ヨウスケ さん

16人は、あなたの言うとおり
①マニフェストの実行の為に小沢氏の力が必要だ。

②だから>「小沢処分反対」である<なのですよ。

それを、
マニフェスト実現は本気で考えておらず、小沢氏処分反対が主眼だ、などという表現は、言葉の迷路で迷った挙句、意味の無い中傷に堕した表現となってしまっている。


 政治目標の実現を図る政治家は、政治力が無ければ何事も実現できない。

 党内で、偏った人選による体制下で処分を強行される小沢氏は、政治理念の構築や与党運営や野党操縦、更には外交交渉などに類稀なる力を発揮してきた。
 また、選挙戦略・戦術の卓抜さも群を抜いている。

 そうした力があるが故に排除しようと菅はするが、小物は所詮大物を扱う事は出来ないのだと感ずる。

 小物は早く打倒されねば、国益は刻一刻と損なわれてゆくね。

>>小沢氏とて、ガソリン暫定税率を維持する方向で軌道修正した。それは、・・・・
 我が家の前を走る国道が、バイパス工事の完成を間近にして、付け替え工事がストップした。ガソリン税が財源だという理由で。( 理駅遊道 氏)


 22年度予算でガソリン税を廃止したならば、ガソリン税を財源とした政策は廃止されるのは当たり前の話。プロの政治家ならば、その程度のことは当然折り込み済みなはず。そもそも「09マニフェスト」が、その程度のシミュレーションで成り立っていることの方が大問題。「09マニフェスト」を取りまとめた当時の小沢代表が、自らマニフェスト破りの先陣を切ったという事実を、しっかり踏まえる必要がある。しかも9兆円の減収で制度設計の前提が崩れた状態。今「マニフェストの十全実行」を強調している連中は、政府や与党の役職にない、野党的立場の国会議員たちばかりである。野党の主張は、しばしば正論であるが、その正論は現実に立脚しない無責任な机上の正論であることが多い。(それが野党の役割でもあるのだが。)つまり野党の理想論vs与党の現実論というのが、正常な議会政治のあり方なのであろう。政権・与党の国会議員としての自覚があるならば、そのような机上の正論(理想論)を吐いて、会派離脱などできるはずがない。                                 

そういう意味では、現在小沢系の「マニフェスト十全実行」派の主張は、民主党の党内野党の主張であり、無責任な机上の正論(理想論)でしかない。ひとたび、彼らが政権の主導権を握ったなら、「マニフェストの十全実行」は、たちまち頓挫することは目に見えている。

ヨウスケ さん

>ガソリン税を廃止したならば、ガソリン税を財源とした政策は廃止されるのは当たり前の話。プロの政治家ならば、その程度のことは当然折り込み済みなはず。<
って。

そこまで言うなら、菅政権でマニフェスト見直しは、
「プロの政治家ならば、その程度のことは当然折り込み済みなはず。」
となるんじゃないの。
 菅直人は「子供手当が小沢氏によって1万円上積みされた。」(俺のせいじゃない)と総理として答弁したが、自分は当事者じゃなかったと言いたいのか?
 民主党の代表だから総理になってるのに、過去の党の決定事項は俺の知った事じゃない、とでも言いたいのだろうか。
 そんなこと!バカ丸出しの発言だろう!
 だったら民主党代表に立候補する資格は無いよ!
 いやしくも代表なら、過去にも責任を負うのは当然の事だ。担当者レベルでも「前任者のやった事だから知らない。」などと言えるわけが無い。

 マニフェストについては、ガソリン税どころの見直しじゃないよ。
 無責任の領域にまで入ってるんだよ。
 これは程度問題の判断だから、人によって判断が分かれるのは仕方ないが、・・・
ガソリン税を維持して地方のライフライン整備を継続した事と
財務相に洗脳されて国民生活を見捨ててマニフェストの根本的転換を図るのでは、まったく次元が違う。

 ガソリン税とマニフェストを同列に論じる者は、愚か者であるか詭弁を良しとする者だね。

 で、小沢氏は、現執行部の誰よりも与党経験が長く、しかもその中枢に居続けた。

 その彼が提案した予算の組み替え案を机上の空論と言う人は、現在の税金の私的流用を温存したい既得権者かその詭弁にかぶれた人かだね。


 中東の独裁政権は、いずれも数兆円の税を私的に流用し、国民の為の政治を行うと言い続けてきた。

 日本の既得権益層は、集団で数百兆円を簒奪してきたと思う。
 それを手助けする者は、うまい汁を吸い続けたい者か、その連中の詭弁にたぶらかされた者か、
 
 いずれにせよ庶民の敵だろう。

 >>日本の既得権益層は、集団で数百兆円を簒奪してきたと思う。 それを手助けする者は、うまい汁を吸い続けたい者か、その連中の詭弁にたぶらかされた者か、いずれにせよ庶民の敵だろう。(理駅遊道氏)
 


 この既得権益層には、全国自治労を始めとする公務員労働組合も当然入るというのが、国民の常識。大阪府の橋本知事は、府の職員組合と戦って職員給与を下げたことが大きな評価の要因。全国の自治体の財政悪化の元凶は、自治体職員の高い給与水準にあることは、国民周知の事実。国家財政の悪化の元凶は、官僚の天下りと国家公務員の高い給与水準にあることは、これもまた国民周知の事実。 ところが小沢氏の側近で前参議院幹事長・高嶋良充氏は、自治労の出身。国家公務員の給与が下がれば、これに連動して地方公務員の給与も下がることになるので、民主党政権下では、非常にむつかしい。これは菅でも小沢でも同じこと。(片山総務相も苦労している。)「選挙の小沢」にとっては、連合傘下の労働組合(国家公務員・地方公務員労組を含む)の支持は、政権維持にとってはどうしても必要な条件。小沢なら既得権益に切り込めるというのも、神話です。相変わらず土建業界からの政治献金も多いことは周知のとおりです。

 そうね。 ヨウスケ さんのコメントにも一部同意できるが。

 国家公務員のキャリア組は、それ以外の公務員を「一蓮托生だよ」と抱き込んで、自分たちは大きな利権を貪り、それ以外には少しのおこぼれを分け与えて懐柔してきたというのが実態に近いだろう。


 で、だから、財界と高級官僚にに恭順の意を示した菅直人が、改革の希望となるのかねえ?

 
 政治は現実だよ。

 与えられている条件の中で、比較的良い者を選ぶのが、政治的選択だ。


 小沢氏の方が、菅直人よりも財界や高級官僚やマスコミなどの既得権益を潰し、庶民に分け与える可能性は高い。
 

 自治労の原動力は、高級官僚ではなく、冷遇されている公務員だ。
 彼らの不満が、自治労運動の力になっており、高級官僚はそれを横目で見ながら彼らが勝ちとった賃上げの成果をいただくという構図だ。

 
 で、何度も言うようだが、問題なのは、既に不必要となった法律とそれに付随する国から地方までの体制なのだよ。

 それを切るのが政治の役目だ。
 それで借金を減らす以外にない。消費税など、そうした政治の動きが無ければ焼け石に水なんだよ。


 政治力は仲間が必要で、菅は自前の戦力は殆ど無く権力を握っていればこその仲間が多いが、小沢氏は自前の戦力が多い。
 で、小沢氏が権力を握った時、既得権益層から庶民への税金の還流が始まるだろうが、その過程で味方の小さな権益も犯し軋轢が生じるかもしれない。

 そうした先の話ばかりしては、有言不実行の菅内閣と変わらなくなる。
 

16志士のオウン・ゴールで野党転落は確実となる


 小沢か、菅かの議論の大前提として民主党が衆議院300余議席を保持して政権・与党に留まっていることがある。民主党が、野党に転落したならば、菅も小沢もへったくれもない。二度と政権・与党への返り咲きはないだろう。                                
今回の16志士の分派行動は、菅政権への打撃であると同時に民主党への打撃であることがまるでわかっていない。国民の民主党不信が高まれば、菅おろしには成功する可能性が大きくなるが、同時に「小沢総理待望論」も絶望的となる。たとえ小沢氏の「党員資格・無期限停止」であっても、実際に「一審無罪」を獲得できれば、その段階で復党運動も可能なはずであり、その時点で民主党政権が継続していれば、小沢氏の復権も可能性が出て来るというものだ。「一審無罪」でも野党ならば、小沢氏の復党はほとんど意味がないであろう。(民主党自体が、あるかどうかも疑わしい。)       

私が見る限り、16志士のオウンゴールは、「菅おろし」→民主党・野党転落→「小沢復権つぶし」の結果を招来すると思えてならない。       
自民党は、世論調査で民主党の支持率が下がれば下がるほど、解散・総選挙の機は熟したとみなすであろうから、仮に民主党から新代表が選出されたとしても、予算関連法案を通すことはありえないことをはっきり言っている。                                 
鳩山総辞職の時は、もう一度民主党にチャンスを与えようという国民世論も多かったが、ここで菅総理が総辞職しても、国民世論も「もう一度民主党にチャンスを与えよう」ということにはならないであろう。したがって新代表にだれがなっても、解散・総選挙で野党転落は確実であり、新代表は敗北の責任を取らされて、さらなる代表選挙となる。             
「菅おろし」グループの中から、「新代表擁立運動が」今一歩出てこないのは、だれもその貧乏クジを引きたくないからである。                       

いや、ヨウスケさん

>「菅おろし」→民主党・野党転落<

とはならないでしょう。

議員が最も大切にするのが議席で、選挙すればその地位を失う可能性が高い中で、何故総選挙をする?


 自民党の麻生内閣が、最後まで解散できなかったのは、自民党の議席が小泉郵政解散で300を超えていたからで、
 それは今の民主党と同じだ。
 任期切れまで解散などするはずが無い。

 予算関連法案が通らなければ、騒ぎになってそれを阻止した野党に非難が集中する。
 これはその通りで、6月頃から野党は非難の集中砲火を浴びるだろうね。


 だから・・・・・

 16人の志士の行動はオウンゴールにはならないのだよ。
 

 再度言うが、

自民党の麻生内閣が、最後まで解散できなかったのは、自民党の議席が小泉郵政解散で300を超えていたからで、
 それは今の民主党と同じだ。
 任期切れまで解散などするはずが無い。


 それより、菅の居座りを許せば、次の総選挙の惨敗の程度がひどくなる。今のままでは100議席を切る事さえ確実だ。

 16人に続いて菅政権を追い詰め、総辞職を図る事だ。
 渡辺も、仙谷も、前原も、菅直人を見捨てた。もう少しだ。


 とにかく菅政権存続よりはマシである事請け合いだ。

     ウサンクサイ16志士の予算案採決・欠席理由


>>私たちは今回、①小沢一郎元代表に対する党執行部の対応に反対するために行動したのではなく、②あくまでも来年度の予算案に対しての判断であることをまずは述べさせていただきます。(3・1「民主党政権交代に責任を持つ会」会見)

 ①がホンネであることは誰が見てもわかることなのだが、国民に対してウソをついてまで、「小沢処分阻止」行動を断行しようというところに、彼らのウサンクササがある。今回提出された、「23年度政府予算案」が成立させてはならないというのなら、欠席せずに反対票を投ずるのがスジというものだろう。少なくとも、有権者にはその方がわかりやすい。むしろ、「予算案に対して反対する」ことが、真意ではなく、「小沢処分に反対する」ことが、真意であるからこそ、欠席というアイマイな行動を取っていると解釈したほうが合点がいくというものだ。 

>>そして【公務員人件費など、マニフェストで国民に約束した方針】に沿う減額修正を行うべきです。そうでなければ、この予算案には賛成できるものではありません。(同上)

 この文を読むと、マニフェストの子供手当て26000円満額支給、高速道路無料化・ガソリン暫定税率廃止などは具体的にふれておらず、どういうわけか「国家公務員人件費2割削減」だけが不満であるかのように述べているのもまことに不可解である。彼らのマニフェスト実行要求という大義名分も、実にあやしいものだ。                    

>>自民党の麻生内閣が、最後まで解散できなかったのは、自民党の議席が小泉郵政解散で300を超えていたからで、それは今の民主党と同じだ。      任期切れまで解散などするはずが無い。( 理駅遊道氏 )

 現状認識が違います。福田・麻生内閣の時代は、自民・公明両党で3分の2議席が確保されていたので、重要法案は参議院で否決されても、衆議院再可決で乗り切ることが可能でした。それで任期満了までは、政権運営が可能となり、解散・総選挙を回避できた最大の要因でした。                
 菅内閣が苦労しているのは、3分の2議席の確保ができていないからで、それは仮に新総理になったって変わらないというわけです。菅総理が総辞職して、新総理を選出しても、参議院で否決され、衆議院での再可決もできないので、何も法案は通らない状況は同じです。こういう現状で、どうやって任期満了まで、政権運営を継続しようというのですか。予算関連法案が通らなければ、新総理の場合でも解散・総選挙は避けられないでしょう。

 新年度予算が通らずに国民生活にも影響が出て来るという時に、またまた政治空白を作って、権力闘争(新代表選挙)に明け暮れている民主党に対して、国民はどう思うのであろうか。民主党の「菅おろし」一派の一番の狙いは、「(統一地方)選挙対策総理」を選出することであり、そのためには「菅以外」なら誰でもよく、政治空白もやむをえないということなのだろう。

そろそろ民主党は、「選挙本位(政治家本位)」の政党を卒業して、「政権本位(国民本位)」の政党に脱皮しなくては、政権・与党としての存在意義はない。 

 ヨウスケさん。

 3分の2の議席に届いてない事なら誰だって知ってるよ、現状認識が違うなどと大袈裟に言う事じゃない。

 仮に総選挙を実施して自民が過半数を得ても、参議院では過半数に届かず「ねじれ」は温存される。


 で、また総選挙なのかね?


 そこまで考えると、民主党は総選挙が解決策にならないと訴える事が出来る。
 今の自民のように反対を貫けば、政治は決定権を持たない存在に堕してしまう。

 
 だから、民主党は、法案が通らなくとも選挙はしないで、野党の政治に対する無責任さを追求し、やがてマスコミも同調するだろうね。


 キーワードは
「総選挙で自民が勝っても捩れは残るから、法案が通る事は無い。
 だから野党の建設的な対応が無ければ政治は死ぬ。」
ということさ。


 法案が通らないから総選挙だなどと言うのは、先の見えない幼稚な話だね。

ヨウスケさん。

>①小沢一郎元代表に対する党執行部の対応に反対するために行動したのではなく<
>①がホンネであることは誰が見てもわかることなのだが<

って?

「①がホンネでないことは」の間違いでしょ?


 で、
 予算案にあからさまに反対すれば、反党行為で離党処分を招くから欠席しただけだよ。
 反対するなんて、政治的成果・成算の見通しの無い、役立たずの青臭い行為だよ。いやしくも政治家ならそんな愚かなことはしない。

 日本の子供手当はフランスの四分の一だそうだが、フランスは出生率が2.0になったそうだ。効果はありそうだ。

 暫定税率はあくまで暫定だ。不必要になればやめたらいい。

 高速道路無料化は、料金徴収にかかる人件費や設備費を差し引いてどうなるのかな?
 高速道路を無料で走れるとなったら、やはり旅行の機会は増えるだろうね。
 まあ、自民党末期から、高速料金は減額されてきてたけどね。


 で、財源はあるの?無いから止めざるを得ないでしょ?ってはなしになってるが、
 必要な施策なら財源は作るべきで、信念と政治力がそれを可能にするだろうね。

 まあ、菅政権じゃあ、政治力が無いから諦めが先に立つのはわかるけどね。
 
 

>>仮に総選挙を実施して自民が過半数を得ても、参議院では過半数に届かず「ねじれ」は温存される。
で、また総選挙なのかね?そこまで考えると、          

①【民主党(新総理)は総選挙が解決策にならないと(国民に)訴える事が出来る。】      (理駅遊道氏)                             

 問題は、民主党の政権・与党としての国民的信頼感が、今回の16志士の分派行動でますます低下しているということです。予算関連法案を通過させて新年度予算を執行するということが、政権・与党としての最低限の責任であるのもかかわらず、造反議員が続出して、それすら果たすことのできない無責任な民主党。

そしてまたまた3人目の代表(総理)選出をめぐっての政治空白と小沢派・反小沢派の醜悪な権力闘争。これらを見せ付けられた国民に対して、新総理が①のようなアピールをしても、説得力はありません。国民世論は、「(そんなことより)早く国民に信を問え」です。                             総理を変えたからといって、解散・総選挙の流れを変えられるほど、状況は甘くはありません。むしろ、16志士の分派行動は、民主党不信を増大させ、解散・総選挙への流れを推進するという結果を作り出しているということです。

ヨウスケ さん

 解散総選挙を決意するのは総理の専権事項だ。
 もしくは、内閣不信任決議案の衆議院通過で総辞職か選挙だ。

 菅氏の内儀も言ってるじゃないか。「支持率にマイナスはありません。」って。

 
 例え菅が狂気に囚われて「解散だ!」と言っても、閣僚は同意署名するはずが無い。署名しない大臣の首をすげ替えようにも、新閣僚のなり手は居ず、総理兼任大臣が増えて、形にならない。

 甘い辛いでいえば、総選挙が簡単に行われるとの見通しを持つ事が、・・・甘い!

 というより、先を見通す力が無い。

 16志士の行動は、菅内閣の打倒であり、自民党復活を秘かに望む既得権益擁護者たちへの、大きな打撃になる。


 自民支持者は、表向きは菅内閣を支持し、その致命的な失敗の連続を歓迎している。
 
 そして自民が復権し、既得権益が守られる事を願っている。

 今や完全に庶民の敵になってる自民は、かつての永久政権自民とは力量が違う。
 そんな自民の復権を望む者は、やはり庶民の敵だろうね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

平野貞夫(ひらの・さだお)

-----<経歴>-----

1935年、高知県生まれ。
法政大学大学院政治学修士課程終了。
衆院事務局に入り、副議長(園田直)秘書、議長(前尾繁三郎)秘書などを経て委員部長となる。
1992年、参院高知地方区で当選し、小沢一郎と行動を共にする。
2004年、参院議員を引退。
以降、言論執筆活動に専念する。

BookMarks

-----<著書>-----


『坂本龍馬の10人の女と謎の信仰』
2010年1月、幻冬舎


『平成政治20年史』
2008年11月、幻冬舎


『虚像に囚われた政治家 小沢一郎の真実』
2006年9月、講談社


『ロッキード事件「葬られた真実」』
2006年7月、講談社


『公明党・創価学会と日本』
2005年6月、講談社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.