Calendar

2010年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Recent Entries

« 「日本一新運動」の原点(28) ── 北見でのチャレンジ・フォーラムとピーター・タスカ氏との懇談
メイン
「日本一新運動」の原点(30)── 「政治資金収支報告」に対する謀略的報道 »

「日本一新運動」の原点(29) ── 民主党政治が劣化した原因は何か

■民主党政治が劣化した原因は何か

 柳田法相の放言による辞任、仙谷官房長官の度重なる暴言・失言をめぐる問責決議案の提出などで、補正予算の審議遅延、そして北朝鮮による韓国砲撃で、菅首相のリーダーシップが問われている。

 11月23日(日)、反小沢で名を売った、生方衆議院議員の選挙区である千葉県松戸市で市議選が行われた。民主党は11人の候補を立てたが、当選はわずか新人2人だけであった。現職4人全員が落選し、法定得票に満たない候補が3人いたという大惨敗である。

 また、来年の統一地方選を調査している著名な機関によれば、西日本(関西・中国・四国・九州)で民主党は壊滅的とのこと。10月末の帰省のとき、民主党高知県連で同党公認で立候補予定者数人から、新しい形で出馬したいがどうだろうかとの相談があったが、この状況を民主党国会議員がどれだけ知っているのか、はなはだ疑問である。

 菅政権が、国会運営を始め外交・内政あらゆる面で機能を喪失している原因は、直接的には「小沢排除」の政治を続けていることにある、と言えば反論する人もいようが、私に言わせれば昨年の政権交代のときから事実上「小沢排除」が始まっていたのだ。「政策の協議と決定に関わらない与党幹事長」で議院内閣制が運営できるはずはない。

 昨年3月から麻生自民党政権が仕掛けた「小沢の政治と金」は、政治捜査で政権交代を阻止し、小沢氏を政権から排除する政治謀略であった。鳩山氏はそれを理解していたが、菅氏は民主党内の反小沢グループに同調し、「小沢はずし」を工作していたと私は推測している。昨年8月の政権交代の前後、「旧さきがけ」関係者の小沢批判と小沢下ろしは異常であった。それは麻生自民党政権と検察の方針を事実上継承するものであった。

 鳩山民主党政権が発足した時期、細川元首相は私に「細川政権を潰したのは小沢さんではない。"さきがけ"に問題があったのだ。日本新党から"さきがけ"に移った人たちは、人間として性格が悪く、誠実さがない」と民主党政権の行方を危惧していた。

 菅政権が発足して、民主党政治が政権交代の原点から離れ、自民党政治より悪質になった状況を心配した鳩山元首相は、小沢氏を参加させた挙党体制を再生させようと努力した。しかし、菅首相は拒否して九月の代表選となる。代表選での菅首相の言動から本性を知った国民の中には、その能力に疑問を持ち、今日の状況を予期した人たちは少なくない。

 小沢氏は、菅首相が劣化させた政治に反省を求め、民主党政治を正常化し、日本経済を回復させ「国民の生活が第一」の政治を実現すべく、多くの出馬反対論を排して代表選に挑戦した。小沢氏が「代表選出馬反対論」に乗って、「静かにして」いたなら、この危機的状況で民主党は、国民からどう批判を受けたか自明である。政権交代の大義は泡となって消え去っていたのである。小沢氏が代表選で、混迷する日本を如何にして再生させるか、具体的提案をしたことが、民主党がどうにか国民に支えられている一筋の糸といえる。反小沢の先鋒マスコミを任じている、サンケイ新聞の世論調査で、望ましい首相のトップに小沢一郎氏が8.6パーセントと躍り出たことが何よりも証明している。

 現在の悲劇的ともいえる菅政権の政治劣化の責任は、筋論からいえば「代表選での菅首相で菅代表に投票した人たち」にある。党員・サポーターはマスコミの俗論に影響されてのことであろう。国会議員の中には政治体験の浅い人たちもいるので強く責めるつもりはない。

 また、小沢排除の確信派すなはち、欲に凝り固まって自分本位で動き、善良な国民を裏切る輩は論評するだけでも無益である。

 一方、自民党時代から小沢氏と政治行動を共にしてきた「渡部恒三・藤井裕久・石井一」らの責任は論じておかなければならない。彼らはマスコミなどを通じて小沢氏を誹謗し、時代背景も読めずに「代表選に出馬すべきでない」と論じた。ニンジンを鼻先にぶらさげられてのか、毒マンジュウに当たったのか知らないが、貴方がたは何のために、何年政治家をやっていたのか。他の2人に関しては自民党時代からの行状はいやというほど知っているので何も期待はしない。しかし、藤井氏は、私が衆議院事務局時代からの知り合いで、政治家としては同志であった。私たちの積年の課題であった政権交代をなし得た今、小沢排除による日本政治を劣化させた氏の責任は重大である。

■民主党はどうすべきか

 この日本の危機に、私がもっとも残念に思うのは、民主党国会議員の大多数が小沢一郎という政治家の実像を知らないことである。否、知ろうとしないことである。政権交代を阻止しようとする国家権力が、約30億円という税金と、1年数ヶ月という時間を使って、小沢氏のあらゆることを捜査して不起訴となった問題を、憲法違反の権限をもつ検察審査会を怪しげに操作して、小沢氏の政治活動を停止させる事態を、座して見過ごしていてよいのか。それで社会の木鐸といえるのか。

 しかも、政権交代以後は民主党内で小沢氏の活動を封印しようとする動きが目立った。わけても小沢氏に近い人たちでさえ、強制起訴となり刑事被告人となれば政治活動はできない。ましてや、首相になることは不可能だと思い込んでいる国会議員がいることが残念だ。

 国会議員たちが議会民主政治の精神を理解しておれば、強制起訴を止めることもできるのである。麻生政権が指示し、検察権力が民主政治に仕掛けてきた事件であるという認識を、国会議員が認識しないところに今日の問題があると同時に、小沢氏の国会での説明を国会対策の駆け引きに利用するという悪例を放置しておくことは、なんとも情けない政治家どもである。

 今一度、小沢氏に代わる政治理念と高い見識を持つ政治家が他にいるのかと問いたい。民主党が再生政権交代の原点に立ち返り、外交も内政も国民が安心して生きていける日本とするために、小沢一郎という政治家を民主党政権の「ど真ん中」で活動できるようにするのが、喫緊の課題であり、民主党が再生するには他に術はないと断言する。

 違憲で違法の強制起訴を阻止するのが、当面の重要課題である。劣化した司法関係機関が強制起訴裁判とし、万が一「刑事被告人」と呼ばれても、内閣総理大臣に就任しても憲法上何の問題もない。衆議院事務局に奉職し、後に参議院議員に転じても、一貫して憲法に照らした議会民主政治の実現に生涯を託した私だから自信を持って断言する。

 これらはむしろ、日本に真の議会民主政治を確立できる絶好のチャンスともいえる。ここ数年の小沢氏に対する国家権力の弾圧は、戦後民主主義を誤って生きてきた、私利私欲に生きた日本人の足掻きであった。小沢グループといわれる政治家は、せめてこのことを肝に銘じておくべきである。

★   ★   ★

◎日本一新の会事務局からのお願い

「日本一新運動」の原点として連載している論説は、「メルマガ・日本一新」の転載であり、日本一新の会が、週一で発行しています。配信を希望される方は http://www.nipponissin.com/regist/mail.cgi から、仮登録してください。折り返し案内メールが届きます。

 相変わらず不着メールがあります。メールボックスの管理や、アドレスのタイプミスもあるようですから、各自で対応をお願いいたします。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7551

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 「日本一新運動」の原点(29) ── 民主党政治が劣化した原因は何か:

» ★沖縄県知事選挙結果は沖縄の敗北では無い! 送信元 ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw
★沖縄県知事選挙結果は沖縄の敗北では無い!対米従属の日米関係を容認して沖縄に過重 [詳しくはこちら]

コメント (18)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

時の流れは、今、小沢氏ではない。こんな腐ってしまった日本国民、行政システム。頭でっかちがまいた種の結果である。一度はご破算になるべきである。(北朝鮮にでも攻められれば分かるかも・・・)それから立直れば小沢氏が必要になる。その時期は近い将来必ずやってくる。オーラが予言している。

【たった一ヶ月しか政権を担当していない】第1次菅内閣に参院選でレッドカードをつきつけたくせに、【まだ三ヶ月しかたってない】という理由で民主党の代表選で菅首相を勝たせた。更にマスコミはそもそも民主党の代表選挙をしたことじたいが間違いだったなどと、わかのわからないことをいっている。国民は早く小沢一郎氏の軟禁状態を解くべきである。マスコミは郵政民営化を総括せず、イラク参戦を総括せず、鳩山普天間問題を総括せず、民主党代表選挙を総括せず、検察・検審問題から逃げ回り、もはや新聞テレビに国民が必要とする情報等流れてはいないことに早く気が付くべきである。

民主党が劣化したのでなく、小沢抜きならこの程度ということです。
オリジナル民主党に戻っただけです。七奉行といえども特に政策はなく、反小沢で大きく見えただけ。小沢がいなくなればただの政治家であるだけ。
仙石・前原・野田、玄葉に至ってはただ以下の政治家である。
小沢以外民主党の再生など不可能だが、意地でも七奉行は小沢に頭を下げまい。
民主党ジエンドである。
小沢新党に期待したい。

<粘り強く頑張るしかない>
 これまでも平野さんの論説に違和感を感じたことは一度もなく、私は平野さんと同じ視座から政治家の動きを見ているような気が致しております。
 しかし、今回の沖縄知事選の結果を見ても、私の期待とは違っていますが、選挙結果という現実は受け入れざるを得ません。
 全ては闇の中の検察審査会に対する疑惑についても、ネットで問題にされても、残念ながら多くの国民に問題意識が広がっているとは言えない状況と思えます。
 私自身はデモやシンポジュウムに極力参加し、踏みにじられている法治主義や国民主権の回復に尽力するつもりではありますが、早急な成果については期待しないでおこうと思っています。
 官僚政治の打破を掲げて既に40年、とりわけ、自民党を離党して以来の小沢氏が歩んで来られた苦難の道のりのことを思えば、これからも粘り強く、懸命に氏の活動を応援していくつもりです。

日本一新の会の趣旨から離れてしまい申し訳ありません。

匿名 | 2010年11月29日 17:57 様に対する以下感想です

現在のメディアは視聴率にとらわれた川原乞食と化し、客観的な情報や論説を伝えるジャーナリズムから程遠い媒体であることは、既にインターネットにアクセスされる多くの方にとって自明なものとなっていることはご存知のとおりです。
この問題に対する解消に向けての課題としては、①より多くの国民に新聞やTVなどの現在のマスメディアがいかに国民を愚弄した謀っていることを理解させることができるか、②これとは反対に、国民にとって有意義な客観的情報を提供するマスメディアを形成するために、如何にしたらメディア体質の変革を行うことができるか、にあるものと思われます。
前記①に関しては個人的な行動によって幾ばくかの影響を与えることも期待できますが、②に関しては一個人では不可能な制度のあり方を含む、大きな影響力の形成が不可欠です。
今後、是非とも国民的議論をしていただきたい課題であると考える次第です。

「小沢除名解散」
(平成22年11月30日版日刊ゲンダイの記事より)
ー中曽根、宮沢切りで人気回復の小泉マネるー
「小沢に国会で説明するよう求め、応じない場合は離党を勧告、最終的に除名に追い込んで支持率を上げる計算です。小泉元首相は、高齢批判があった中曽根、宮沢両元首相と面談し直接引導を渡したことで人気が出た。その再来も考えているのでしょう。結局、菅・仙谷コンビは、小沢を悪者に仕立て上げ、それを叩くことで人気を回復させるしかないのです」
「もちろん、小沢を除名すれば、党内は大荒れになるでしょう。親小沢、反小沢が入り乱れてグチャグチャになる。そうなればしめたもの。“正義は自分たちにある”と解散すれば、小沢嫌いのメディアはついてくるし、国民も支持してくれると踏んでいる。選挙後は反小沢で大連立。自民党でも何党でもいい。小選挙区で“小沢派”に勝った連中が集まって新しい政権を発足させるのです」

このシナリオは、悔しいけれど説得力がある。マスゴミに“悪党小沢”と刷り込まれたB層国民は、ほぼ間違いなく反小沢派を支持するだろう。もし、反小沢で大連立政権が誕生したら、それこそ官僚政治・対米従属路線の復活であり、ガス抜き程度の公務員改革で、代わりに消費税10%の大増税はやむ無しとなる。
そして、この時点で「国民の生活が第一」の政治は終りを迎えることになる。
昨日当選した沖縄の仲井真知事も、国民の支持が得られた(?)反小沢大連立政権に歩み寄らざるを得なくなり、米軍基地の辺野古移設を容認するだろう。「東アジア共同体」構想は頓挫し、景気後退して苦しむ米国に国民の財産「郵貯」を差し出すことになろう。おそらく米国は骨の髄までしゃぶり尽くそうとするのではないか。独立はおろか、日本の再生もなくなるのではないか。

嫌だ!絶対に嫌だ!この最悪のシナリオのようにはなって欲しくない!
小沢さん、国民のために頑張って欲しいと、今は祈るしかない。

>>民主党政治が劣化した原因は何か

小沢氏を排除したからだ、などという理屈は噴飯モノです。学生運動の延長で政治をやったつもりになっているのだから、現実にやればボロが出るのは当然でしょう

失言の柳田さん、常に眉間にシワを寄せ、官僚の書いたペーパーを読むだけの菅さんに「ああ、大臣なんてサルでもできるんだ」と国民は思っています

小沢氏が復権して総理大臣になったら、谷亮子当たりが文部科学大臣になるんですか?勘弁してください

民主議員はその覚悟も見識も経験も無いのに政権に就いてしまった、それが「劣化」の原因でしょう
国会サボリ魔の小沢氏が総理なっても同じこと。「国会を軽視している」との柳田氏への批判と同じ言葉が最初から浴びせられ、あっという間に行き詰る。大連立を組んだとて、国民は民主党を支持しないでしょう。そこで解散総選挙に打って出たところで、有権者はもうアナウンサー出身の投票要員のバカ女に投票しますか?
「有権者をナメるな」というのが現在の民主政権の失速の理由でしょう。小沢氏など、どうでもいいのですよ

平野代表の『日本一身運動』今週号と達増知事シリーズ小沢論7:危機存亡の秋を拝読して、両先生の悲壮感というか、現下の危機的状況を嘆く・・溜め息がひしひしと伝わりました。ただ、じっと成り行きを見守るサポーターの私たちとて同様であります。「一体、あの政権交代は、なんだったのか」、「こんなはずではなかった」と。昨年の総選挙を振り返り
、投票を民主党へお願いした方たちには、情けなくて恥ずかしい思いをしている昨今です。辛口の平野代表からは「菅政権の政治劣化の責任は、筋論からいえば『代表選での菅首相で菅代表に投票した人たち』にある。党員・サポーターはマスコミの俗論に影響されてのことであろう」との手厳しいお叱りもいただいた。ご尤もです。確かに代表が仰るとおり、選挙結果を総括するまでもなく、小沢サイド敗因は、党員・サポーターの得点不足にあることは歴然です。菅、小沢氏の得点差は230ポイント。うち、党員・サポーターによる敗数はー198ポイント(五分の一)だったので、勝負の大勢はこれに尽きることは認めざるを得ません。今更、泣き言いっても始まりませんが。私たちは総理を選ぶ代表選だったので、使命感に燃え、いつになく期日前投票にも行きました。一方、サポーター制度に馴染まず投票義務を履行しない連中もいたことでしょう。でも、私が聞いた限りでは、そんなのは極く少数だと思います。何よりも地元議員ご自身が、親分の指示が徹底しないまま、どっちへつくのか疑心暗鬼となり。サポーターとの集会連絡など熱心でなかったと思量されます。それよりも、党員
・サポーター票をめぐる選管委員会の取り扱いの杜撰さには驚きました。恣意的な不正があったとすれば由々しき問題ですが、これは別の機会に譲ります。いずれにしても、党員・サポーター制度については、反省すべき点が多々あるようで、再検討が必要であります
。   今回、大阪デモに参加しましたが、スローガンは「検察とマスコミの横暴を糾弾する」ですが、参加者みなの意思は、権力側の不当な迫害を受ける、救国の革命政治家小沢一郎氏の復権を訴える、純粋な国民運動でした。 各地の情報でも、小沢氏を理解する人たちが増えているとの明るい二ユースも多く、そもそも「小沢問題」は背後の勢力であるアメリカの戦争屋が元凶であり、日本中がそれに汚染しているとの発言をする仲間が沢山できて、小泉・竹中のペテン改革以降、すっかりアメリカ嫌いとなった小生は意を強くしたものです(笑) それはともかく。今や、この国は、まさに危機存亡のときです。我々サポーターが率先して、日本のため、民主主義を守るため立ち上がるべき時期です。志ある同志が寄って結束強化を諮ろうではありませんか。然し。私など峠を越した老兵では呼びかけするのが精一杯。  ここは是非、元気のいい皆さんに期待いたします。
   

民主党政治が劣化した原因は小沢さんがその時々でどの役職だったか、過去をひも解けば明確ではないですか。
・小沢無役(菅、岡田、前原代表)
・小沢代表
・小沢代表代行(鳩山代表)
・小沢幹事長(鳩山総理)
・小沢無役(菅総理)
この流れとその時々の民主党の党勢がどうだったのかは余りにも分かり易い相関関係ではありませんか。

>また、小沢排除の確信派すなはち、欲に凝り固まって自分本位で動き、善良な国民を裏切る輩は論評するだけでも無益である。

無益どころか、もはや愚の骨頂の行為ではないでしょうか

ここまでくると、裏切られっぱなしの善良な国民にも非は多々ある

馬の話で恐縮ですが、基本的に馬は賢く、救おうとする者には身を任すが、中には虐待されるとでも勘違いするのか激しく抗う馬もいる

救国の政治家を見抜けないこの国の民の知のレベルは馬にも脅かされているのである

国民が変われば国が変わる

11月24日のシンポジウム「検察・メディア・民主党」のビデオをご覧になる事をお勧めしたい。
(岩上安身氏のサイト)

特に辻議員の講演をお聞きいただきたい。
民主党の議員たちは、この辻さんくらいの事を「辻立ち」で、発言しなくてはいけない。
一人でも多くの国民に聞かせなくてはいけない。
「菅さんのひどさに呆れている」
「松下政経塾に任せてはいけない」
「西松は、既得勢力の陰謀だ」
等々…センセイショナルで良い。
こんな言葉を、国民に聞かせなきゃダメ。

汚れた老人たちや、菅政権にぶら下がり続けようという議員たちは、追い出さなくちゃいけない。
こんな連中を置いておいたら、いつ足をすくわれるか解らない。

クーデターだと言われてもいい。
どっち道、「革命」なのだ、「維新」なのだろう?
思い切って、膿を出さなくてはならない。

また、生方や牧野のような議員を輩出してしまった地域の方々は、彼らをしのぐ候補を用意しなくてはいけない。
奴らは、落とさなくてはならない。

明日、以下のデモが行われる予定です。

~民主党(菅)内閣倒閣宣言!12・1 国会・首相官邸包囲 国民大行進・国民大集会~

http://www.ganbare-nippon.net/news/diary.cgi?no=22

表向きは、「倒閣」を名乗っていますが、「登壇者」の顔触れは、米国のお墨付きの、アジア人を蔑視する、復古主義の固まりで、小沢一郎氏を嫌っている事が共通です。

知性・教養の欠片も感じられず、田母神氏に至っては、以下の醜聞が最近、発覚しています。

http://www.janjanblog.com/archives/24280

この調子では、明日は、在特会や幸福の科学の人間を動員して来るでしょう。

彼等の立場で、「倒閣」運動をされ、その正当性をNHK等の報道でされたら、たまったものではありません。

最近の「反中国」デモは彼等が行って、NHK等の報道機関が放送を流す様に成っているからです。

極左・極右化の情勢を小沢氏は危惧されているそうですが、果たして明日、この運動をどう思われるのでしょうか。

ちなみに、明日参加予定の、西村眞悟氏。一時期、小沢氏の側近と言われ、防衛政務官に抜擢されました。しかし、西村氏が、小沢氏から離れたとされています。一体、何の為に小沢氏に近付いたのでしょうか。

 民主党国会議員の中にも、地方選挙での状況が分かっている方も居られるようです。
 先日の私共の地元での地方選挙で、民主党のある国議員から「○○候補を応援します」との選挙チラシがやって来たのですが、
その文書のどこにも「民主党」文字が入っていない。
 嫌な方向での状況対応もあったもんです。

民主党政治が劣化した原因は何か?

国民の劣化そのものである。

その一翼も二翼も担ったのはマスゴミである。

マスコミに操られ本来国会議員に値しない様な人間が「風」により当選してくる。

総裁選では自分の信念も判断能力もなく、捏造された世論に左右され総裁を選んでします。


その総裁も今の日本にとって何が大事か、これからの日本のためには何を為すべきかなど全く考えない、いや考える力もない。

ただ、総理の椅子に座っているのが唯一の目的だ。

「雌鳥鳴いて国滅ぶ」がすでに始まっている。

雌鳥と賎国官房長官に操られ、お気の毒に顔に既に正気が無くなって、眉間に皺をよせ、お気の毒この上ない。


原稿読みだけは上手くなった。破棄は無いが・・・。

もっとも自民党政権時代、中国と喧嘩をするのに、相手の顔を見ず、下を向いて原稿を読んでいた外務大臣町村大先生もいた。喧嘩は言葉は分からなくても相手の顔を睨みつけ、大きな声で相手を威嚇する事だ。


未だにこのところの痴呆での民主党の負けを小沢問題に摩り替えているアホな議員がいる。今の民主党の支持の下落は管政権そのものである。


内閣・党の人事の大改造をしないとますます下り坂を転がり落ちていくだろう。

僅かでも支持率回復を願うなら


小沢氏を要職に据える事!

原口氏を官房長官に!

もちろん幹事長は細野だ!

法務大臣の郷原氏の起用も良いだろう!

以外に財務大臣の榊原氏も良いかも!


この際、石橋氏を防衛大臣にコンバート!

小沢氏が動けないなら、亀井氏か与謝野氏を首班にした救国内閣を目指すべきだ。

12月5日の日比谷公会堂と日比谷公園に注目!


■「三井環・ウォルフレン講演会」&デモ

検察裏金問題を内部告発し検察から迫害う受けた三井環氏と、小沢氏を世界的大指導者と評価したウォルフレン博士の講演会があります。

是非、多数の方のご出席をお願いいたします。

1)開催日時
2010年12月05日(13:00~19:30)

2)開催場所
東京都(日比谷公園内)

地 図:http://www.mapion.co.jp/m/35.6704491666667_139.760311666667_9/

3)内容
・13:00~14:00
 日比谷公園内音楽堂
 三井環氏ほか各人挨拶、その他

・14:30~17:00
 デモ行進
 主催「12・5 市民の連帯の会」

・18:00~19:30
 日比谷公園内公会堂

 カレル・ヴァン・ウォルフレン氏講演会

 主催「権力とマスコミの横暴を正し権利を守る国民の会」「真っ白」

  入場料:無料

このサイトの多くの投稿者の意見を読んでいると、日本がどんどんと墜落していくように思えてならない。小沢を総理大臣にしたいと思っている人たちは、昨年夏の総選挙で民主党による政権交代を期待したのではなかったのか。小沢に総理大臣になってもらいたくて民主党の候補者に投票したのか?そういうことなら、小沢は民主党から出て小沢党を作り、政権獲得を目指すべきだ。あの選挙で民主党の候補者に投票した者の多くは小沢を総理にしたいわけではなく、自公政権を野に下らせたいと思っただけだから。小沢がのさばっいている民主党政権は早く退陣すべきだ。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

平野貞夫(ひらの・さだお)

-----<経歴>-----

1935年、高知県生まれ。
法政大学大学院政治学修士課程終了。
衆院事務局に入り、副議長(園田直)秘書、議長(前尾繁三郎)秘書などを経て委員部長となる。
1992年、参院高知地方区で当選し、小沢一郎と行動を共にする。
2004年、参院議員を引退。
以降、言論執筆活動に専念する。

BookMarks

-----<著書>-----


『坂本龍馬の10人の女と謎の信仰』
2010年1月、幻冬舎


『平成政治20年史』
2008年11月、幻冬舎


『虚像に囚われた政治家 小沢一郎の真実』
2006年9月、講談社


『ロッキード事件「葬られた真実」』
2006年7月、講談社


『公明党・創価学会と日本』
2005年6月、講談社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.