Calendar

2010年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Entries

« 「日本一新運動」の原点(6)── 参院選敗北の理由は「唐突な消費税発言」ではない
メイン
「日本一新運動」の原点(7)── 朝日新聞も理解していない菅首相の政治責任 »

わかりやすい国会の話[第21回]昭和時代の議会政治(8)

 吉田首相は、第2次から第5次まで内閣を続け、昭和29年12月7日に政権運営に行き詰まり総辞職する。政権を担当した5年間で講和条約と日米安全保障条約により、敗戦処理と戦後復興を行った。

 昭和23年12月23日、吉田首相は少数単独内閣を解消するため衆院を解散。翌24年1月23日総選挙を実施した。結果は、吉田総裁が率いる民自党が264人の絶対多数を得た。民主党連立派との提携も成功し、参院緑風会との協力関係もでき、順調な発足となった。吉田政権は、米ソ冷戦でGHQが変更した占領政策に取り組んでいくことになる。ドッヂ九原則やシャープ税制改革らであった。

>>続きは「Infoseek 内憂外患」で

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7227

この一覧は、次のエントリーを参照しています: わかりやすい国会の話[第21回]昭和時代の議会政治(8):

» 小沢一郎氏へ3つお願い 送信元 杉並からの情報発信です
昨日の民主党両院議員総会では参議院選挙で大敗を喫してもなお未練がましく言い訳を繰り返す菅首相への強い怒りが爆発していました。 菅首相と執行部はもはや民主... [詳しくはこちら]

» 小沢一郎氏への四つ目のお願い 送信元 杉並からの情報発信です
私は一昨日のブログ記事「小沢一郎氏へ3つのお願い」で小沢一郎民主党前幹事長に対する3つの願いを書きました。 一つは国民に直接話しかけて検察と大手マスコミ... [詳しくはこちら]

コメント (1)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容をご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

平野貞夫(ひらの・さだお)

-----<経歴>-----

1935年、高知県生まれ。
法政大学大学院政治学修士課程終了。
衆院事務局に入り、副議長(園田直)秘書、議長(前尾繁三郎)秘書などを経て委員部長となる。
1992年、参院高知地方区で当選し、小沢一郎と行動を共にする。
2004年、参院議員を引退。
以降、言論執筆活動に専念する。

BookMarks

-----<著書>-----


『坂本龍馬の10人の女と謎の信仰』
2010年1月、幻冬舎


『平成政治20年史』
2008年11月、幻冬舎


『虚像に囚われた政治家 小沢一郎の真実』
2006年9月、講談社


『ロッキード事件「葬られた真実」』
2006年7月、講談社


『公明党・創価学会と日本』
2005年6月、講談社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.