Calendar

2010年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 与党過半数割れで早くもはじまった民主の「友党」探し
メイン

最終決着をつけてほしい民主党代表選

 菅・小沢の一騎打ちとなった民主党。菅さんの消費税失言による参議院選挙敗北以降、全く萎縮してしまった菅内閣だから先行き不安だと感じる民主党議員がいても不思議ではないが、それにしても、この対決にはやはり違和感を感じる。

 一つは「青い鳥症候群」。この代表選で小沢氏が勝てばこの1年で3人目。鳩山さんがダメなら誰か、菅さんがダメなら誰かと「青い鳥」がいるだろうという党内の雰囲気。ツッコミどころ満載の菅政権だが、2ヶ月で成果を出せと言う方が無理だと思う。ここはじっくり菅さんに仕事をさせて、ダメであったら交代するという長い目で見ることも必要だと思う。

 違和感のその二。6月2日の首相退陣表明演説で鳩山さんは「政治と金にクリーンな民主党をつくろうではありませんか、みなさん」と呼びかけて小沢さんとダブル辞任をした。それから2ヶ月後、政治と金にクリーンだという形が果たしてできているかどうか。「政治と金の疑惑はメディアが作り出したものだ」という声は大きいが、しかし、小沢さんが一連の報じられた疑惑についてとことん説明をしたということはない。2ヶ月前に退場した2人が、1人は候補、1人は仲介役に出て来ることの違和感は否めない。

 さらに、民主党の新執行部が政治と金をクリーンにするという観点から、これまでの民主党の資金の点検を行っている。そのなかで、どうやら小沢さんが党を束ねているときに経理上とは別の口座を作り、民主党の資金を入金していたという事実がある。総額4年間で35億円余。民主党の現執行部はこの結果を公表していないが、すでにメディアにはこの資料が流れている。週明けあたりにこの資料が公表されたときに、政治と金の問題でさらに小沢サイドは釈明を求められることになる可能性が高い。

 この代表選、小沢さんは世論と戦い、菅さんは世論を味方につけようという選挙である。しかし、民主党の若手はこんなことを言っている。「小沢さん、菅さん、鳩山さんの対立構造はここで決着をつけてほしい。なぜならば、60代以上の争いだからだ。小沢さんはすごい人だと思う。会社で言えば、バリバリの仕事をした先輩がいるというイメージだが、その先輩のようになろうとは思わない」という意見だ。つまり、いま民主党の大半を占める40代前後の人たちからすれば、今度の代表選は60代以上の人たちの決着をつけることであり、むしろ世代交代を早めてほしいという見方をしている。この決着がどちらになっても、次は50代の前原・野田・枝野の世代、そして若手といわれる40代が次の中堅になっていく。つまり、この代表選は世代交代を促す選挙であるとすれば、不毛とは言えないであろう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7287

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 最終決着をつけてほしい民主党代表選:

» 傲慢な小沢一郎の政治に期待する日本人の不幸 送信元 日本と世界を観望する
民主党が代表選挙を実施することになった。今の情勢からすれば、小沢一郎が代表に選ばれる可能性はかなり高い。が、今から言っておくが、これは政治に対する不信を極... [詳しくはこちら]

コメント (116)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。投稿される方は、投稿前に下記のリンクの内容をご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

二木 様

いつもパックインジャーナルで拝見しております。

私はどうしても二木さんと折が合わないようです。

今回の代表選は明らかに政局よりも政策の違いだと思っているからです。代表選の討論が始まればきっとはっきりするでしょう。

> 「政治と金の疑惑はメディアが作り出したものだ」という声は大きいが、しかし、小沢さんが一連の報じられた疑惑についてとことん説明をしたということはない。
----
いや十分過ぎるほど説明済みだと私は思う。というよりも大手マスコミの偏向報道にこそ問題がある。調べれば調べるほどマスコミ報道は常軌を逸しており無茶苦茶で、よくもまぁここまで嘘報道を恥ずかしげもなく大々的に報じるものだと感心した次第です。大手マスコミが国賊であることは否めませんな。

私は「世代交代 論」や「政治とカネ」あるいは「青い鳥症候群」なる言い回しで何かいったような気にさせる論にも与しない。

多様な「国民」の中で、いわゆる底辺層の人々にきめ細かい、温かな援助をすることのできる人物はあるいは主張は…という一点のみで判断したい。

あらゆる論が空中戦的な議論に堕したものであり、そのような言説を費やしても「政治が弱者に届かない」という格差を内包した構造[社会的・経済的・文化的]に何一つ影響を与えていないではないか。

二木さんには、そのような構造的・システム的なものに対する批判と説明を期待したい。菅さんのように、選挙で負けて無責任ならば、戦いにやぶれても突っ込んで行く旧陸軍の指導者とどこが変わっているのかと、二木さんに問いたいのだが…日頃の二木さんのテレビ解説やこの発言をきめ細かく読み込むと、それを十分に知った上で、ある種のニヒリズム的な感覚で書いている[どうしようもないなあ]ので批判を控えたい。

表面的な発言の裏に隠されたものは、文意どおりのものではないことを、二木さんの論から読み取ったのだが…。どうでしょう? 二木さん。

なお、世代交代論というのは、若き世代の政治家が、社会的弱者に対して温かな視線を持った人物である場合、つまり旧世代以上の力を持ったという点があった場合においてのみ限定的に有効な議論だ。二木さんは、例として、前原・野田・枝野の名を挙げているが、彼らが上記説明のような政治家であることを検証してから論じてもらいたいと願います。彼らからは、老年世代よりも遥かに冷たいネオリベ的な思考を読み取っているのですが、間違いでしょうか…? そんな世代交代はオコトワリ。

失礼しました。

[2ヶ月で成果を出せと言う方が無理だと思う。ここはじっくり菅さんに仕事をさせて、ダメであったら交代する]
と言われるが、「参院選で国民の審判を求める」と言って、審判が「大敗」だったのに、菅はもとより執行部の誰一人責任を取らない。
政治は結果責任を負うものではありませんか?
こんな男に国政を任せよというのが無理のまた無理。

しかも党を分断して、あえて小沢さん以下を固くなに拒み続ける頑迷さ。
要するに「器量が小さい ということではありませんか?二木さん。

二木 さま

この国の舵取りを任せられる若い政治家がいますか?
若けりゃ良いってもんではないでしょう。経験もなく思慮も浅い今の閣僚達を承知の上で仰ってるとしたら、本当にびっくりです。

60代の方がまた出てくる事に違和感を覚えるのであれば、その前に若い政治家があまりに傲慢で努力を惜しみ無能で、経験者から学ぶ姿勢がないため、世代交代が出来ない現実をを嘆くべきでは?

<二木様>
こんにちは。毎週、パックイン観てますよ~。
さて、二木さん、大丈夫ですか?
>どうやら小沢さんが党を束ねているときに経理上とは別の口座を作り、民主党の資金を入金していたという事実がある。総額4年間で35億円余。<
万一、これが誤報なら名誉毀損で訴えられても不思議じゃない。
私は二木編集長時代の日刊ゲンダイが大好きでした。
反権力、逆張りのメディア。このサイトは、小沢氏の側近もいます。本当に大丈夫ですか?

二木様

民主党支持者にはあなたがいっておられるように,仙谷氏,枝野氏のような人が次の世代の指導者と考えるグループと、全く違った世界にいるグループが、政権交代の一点で、一緒にいることの矛盾がはっきりしてきたようだ。野党では一緒にいることができたが、与党では責任ある政策を遂行しなければならないので。一緒にいることは所詮無理というものであった。
民主主義と、社会独裁主義との政策面での差を明確にして、正々堂々と代表選を戦い政界再編に向かう環境が整ったことは極めて自然なあり方です。私は喜んでいます。
しかし、二木氏の考えている社会を目指す人は今の民主党では半分にも満たないでしょう。たとえ勝てることがあったとしても、政策を実現しようと考えるなら、小沢グループと妥協し、もう少し実績を積んで分裂覚悟したほうが好ましかったと思います。少し有頂天になり舞い上がっているのではないか?小沢氏の協力なしに政権など維持できるものではない。自分の力をよく知っていれば違う選択を摂るのであろうが。親の言うことに何でも反対し、後で反省する息子にならなければいいが。今のままでは二大政党の一翼を担うには力不足と思う。

現政権がマスコミを使ってネガキャンに近い事をやるという事は
「クロス・オーナーシップ」の件や
「記者クラブ問題」なども進展は望めないでしょうね。
さらに失望しました。
もちろん小沢政権なら進展するのかといえば不明なんですが。

普段あまりコメントはしないのだが。。。

この二木氏のコラムはどうも論理性に欠ける。

私は小沢氏の支持者ではないが、彼は充分に説明していると感じている。ただ、口下手なだけだ。口下手と説明不足をイコールにするのは悪意ある混同だと思うし、その違いがわからないようならメディアとしての資質に欠ける。
そもそもメディアは、その口下手な説明を十分に報道していないのだから、彼の説明不足(実は口下手)を批判する資格すらない。

あと、わずか2カ月でというが、管政権は選挙で大敗した責任を何も取らず、うやむやにし、それについてメディアはろくに批判もしない。おかしいではないか? 青い鳥だとかなんだとか、それ以前に筋が合わない話ではないのか?

私のように片手間で政治を見ている、決して小沢支持でもない者でもこの程度の疑問は普通に出てくる。この認識がおかしいのなら、しっかり理路整然と説明してほしい。

申し訳ないが、物事を「あるがまま」に捉える、根本の認識が歪んでしまっているのではないか? もっと歪んでいる大多数のメディアからすればはるかに健全だけれど、その程度の健全さで政局を観察し、まっとうな情報を我々に提供できるとはとても思えない。


やっと別サイドからの論説で、ほっと息がつけます。

このところ平野先生と田中先生の度重なる投稿と、それにわっと集まる一色に塗られたコメントで窒息しそうでした。

私もずっと「青い鳥」願望(幻想)への疑問を言ってきました。
第一、小沢さんはそもそも「青い鳥」ですらない。
なぜなら、首相になった時の国会の停滞は目に見えているから。

> 小沢さんが一連の報じられた疑惑についてとことん説明をしたということはない <

そのとおり。小沢さんがとことん説明をしたことはありません。
民主党幹事長時代も、いつも15分とか10分という短い時間で記者会見を切り上げて逃げていました。
岡田さんや枝野さんのように少々なら時間を延長してでもとことん質問を受け付けたことは一度もない。
こちらからは逃げに見えます。
何度も書きましたが、とことん説明をしたのは郷原さんであり、平野さんであり、周りの人間ばかりです。
検察が正しい捜査をしてシロと出た。なんらやましいことをしていない、で済ませています。

ここの皆さんとは違って、私も含め多くの日本人には答えられない疑問が残ったままです。

第3の使途不明資金については、ここにきて急な菅おろしの一番の理由は、この資金の流れを小宮山さんに止められたからではないかとの邪推を以前にasuwoyokuさん宛に投稿しましたが、掲載されませんでした。

いずれにせよ、私も鳩・菅・小沢の堂々巡りはもう結構です。
小沢さんは必死の周囲の支持者ばかりが声をあげ、本人は黙して語らず。
よって失言で揚げ足を取られることもない。
……と思っていたら、先日の講演では、ご隠居や学者の講演ならまだしも、首相たる者としては結構な失言の数々(英米人に対する侮蔑的な表現。また事実誤認のエピソード披露。
少し肩すかしをくらった感じです。
とても感じのいい半おじいさん政治家で、ちょっと古くさいけどよいお話しが聞けたなあ、という感想。

が、「なるほどこの人なら日本を任せられる」と確信できるほどの話の内容ではありませんでした。

小沢さんは十分な力量と人格的魅力のある、希有な政治家の1人だということに異論はありませんが。

先ほどの「人格的魅力」は「人間的魅力」の間違いでした。

 「青い鳥症候群」に陥っているのは民主党内だけでしょうか。私には日本中に蔓延しているように見えます。それどころか、コロコロと変わることを面白がっているようにすら感じています。その感覚は、一発屋芸人を見る目線と然程の違いもありません。
 そのような状況が自らの足元を侵食していることに気がついているのに、宝くじを買う程度の期待感で、次だ、次だ、次だ、と救世主を探し回っている。
 そのような雰囲気を創り出し、定着させてしまったのはマスメディアである。
 特ダネ、スキャンダル、勝手な予測・・・、「言論の自由」をかさに、金になるならどんな情報も撒き散らす。
 安定、静寂、平穏、おそらく大半の人が求めるであろうこういった状態は、堕ちたマスメディアにとっては絶対に許容できない状態である。金にならないからだ。
 世論誘導などという悪賢さなどではなく、誰しも持っている俗な部分を最大限に引き出すことに特化していった姿、それが今のマスメディアである。
 そして。
そういったものを頼りにする者と、敢然と立ち向かう者の真っ向勝負が、この代表戦なのである。

気の毒な管総理!

円高で困っている工場に行き、円高を食い止めるあらゆる手段を取るとパフォーマンスを取ったつもりでも、誰かが書いたと思われる原稿を棒読みには迫力もなく、パフォーマンスにもなっていない。マーケットもそんな総理の発言を見透かしている。


どう考えても勝負は有ったと思います。  最も程度の低い民主党議員が多いので、最後の最後まではわかりませんが・・・・。


二木さんはほんとにこんな総理で良いと思っているのですか?

■短命でもいいから,小沢総理を体験してみたい■

「どうやら小沢さんが党を束ねているときに経理上とは別の口座を作り、民主党の資金を入金していたという事実がある。総額4年間で35億円余。」
正に金権/豪腕小沢の面目躍如です.それらしきことが有るだろうとは想像していました.ということで驚きません.35億円をどう使おうと,私にとっては,どうでもいいことです.民主党議員も,怪しい金の動きが有っても,選挙に勝てるのならOKということでしょう.総理になれば,官房機密費も自由に使えるので,野党対策も前進するでしょう.
問題は,国民の生活に直結する,経済振興,雇用促進,対等な日米同盟へ向けての改革,がちゃんと行なわれるかです.
この3ヶ月の菅さんの行動を見ていると,見掛け倒しのような気がしてきた.
この辺の政策実行力で,小沢氏が勝っているのであれば,小沢氏が代表になって欲しいと思う.
しかし,先日の小沢塾での小沢氏の45分の講義を聴くと,論理構成力に疑問を感じる.あの講義を受講者が納得したとは到底思えない.
そんな心配も有るが,ひとまずは,短命でもいいから,小沢総理というものを体験してみたいというのが,今の心境です.

小沢さんの終りの始まり?

別のスレッドで「民主党とは一体何だったのか?」を書いたばかりです。
今回の代表戦がどのような結果になろうが、民主党の行く末が見え始めたような気がする。
多くの国民は、国債増発によるマニュフェスト実現など望んでいない。そんな中での原点回帰。
暫定税率維持の際、「これは国民の声」と言ったことが記憶に残る。
多分、これが小沢さんの政治姿勢なんだろう。
「財源不足から、公約だった暫定税率の廃止が実現できず、国民の皆様には深くお詫び申し上げる」と何故言えない。

「政治と金」では、多くの国民は「法的な問題」よりも別の問題認識をしている。
「資金提供した」水谷建設の幹部の証言」があり、一方「4億円の現金を台車で運んだ」という秘書の証言がある。
タンス預金は違法ではないが、多くの場合は「お金を隠す」ことを意味する。
この報道から国民は疑念を持った。国民感情だ。更に言えば、小沢さんの資産形成過程にも疑問を持っている。
「法的には問題はない」証言だけでは、むしろ逆効果になる可能性さえある。
ここでも小沢さんの政治姿勢が問われる。

どこへ行く民主党!行く先は政界再編なら良いが。。。

まってました二木さん。

私もgatosさん同様で、まともな記事をまっていました。
平野さんや田中さんの記事は現在既に死んでいるのにその亡霊を追って、自分が全盛期のあの頃は良かったのにと、時代が変わっている事を認識しようとせずに懐かしんでいる老人の独り言にしか思えない。

是非とも、永田町やその周辺で流れている‘情報‘を今後とも伝えて下さい。お願いします。
はっきり言って、それが真実かどうかは問題では無く、その情報が流れている事が大事で、その情報からその意図をみる事が個々人のリテラシーで、その情報に一喜一憂するのはリテラシー欠如の証拠。

そういう意味で二木さんが書かれる記事を大変参考にさせて頂いています。

私も今回の鳩山・小沢タッグの代表選出馬には大変違和感を覚えています。また、大多数の一般的感覚からした大いに違和感がありえると思うし、そこにもちろん大儀などあろうはずはない。
二木さんが、おっしゃる通りに金の問題で辞任した二人が、その金の問題をクリアーにしていない、もしくは、十分に釈明していない現状では二人がタッグを組み出馬などありえない。
まさに茶番。

また、‘青い鳥症候群‘ですが、自民の末期に似てますね。そのウダウダにウンザリし政権交代が起こったはずですが。
しかも今度は3ヶ月で変えようとしている。まずはその任命責任をはっきりさせるべきで、今まで散々自民に民主が言ってきた事です。
3ヶ月で変えようとするという事は、3ヶ月前の自分達の一票を否定する事で、自分達の判断を否定する事。自分達はバカであったと認める事。それならば、まずはそのバカな判断に対し総括すべきで、その総括無しに頭を変える事に大儀を見出そうとしている事に、国民はしらけるし、違和感を覚える。

まずは、3ヶ月前の自分達の判断・結果に責任を持ち、一身に菅を支え、間違っていると思うならば菅に意見をすべき。もし菅に意見ができないのであればその方法を考え実行する事が、その一票で判断し決断した責任の取り方。
民主議員一人一人の一票の後ろには、何十万という国民の意思の委託があるという事を認識すれば、こうも簡単に責任転嫁などできようはずもない。
菅のせいだ!小沢小沢だ!と騒ぐ民主議員たちはまずは、誰かに責任転嫁する前に自分の責任について考えて貰いたいし、考えるべきだ。


>経理上とは別の口座を作り、民主党の資金を入金していたという事実がある。総額4年間で35億円余。

う~ん。リーサルウエポン。
税金の錠剤をあたかも自分のお金のように配り、配下をふやしたのか!?まさに田中流金権政治の生き残りですね。
まさにハマコウの言っていたやり方だ。
ただ、これが出るとしたら、小沢がこの情報を止める事ができないとしたら、間違いなく小沢も菅に対するリーサルウエポンを出してくるだろうし、そうなると。。。

代表選は政策論争では無く、不毛な批判合戦になりそうでアタマガイタイですね。。。

>どうやら小沢さんが党を束ねているときに経理上とは別の口座を作り、民主党の資金を入金していたという事実がある。総額4年間で35億円余。

この事が事実なら、小澤氏は完全にOUTだね。

「すでにメディアにはこの資料が流れている。」って、「情報リーク」ですよね。
ジャーナリストなのですから当然裏を取って(小沢氏側に)書いているのですよね?
オフイス・マツナガさんのTwitterでは
「これも民主党の菅続投派の企てか?小沢代表、小沢幹事長時代の、民主党の経理帳簿がマスコミに流出。「小沢のカネ封印」が狙い?だが、「やりすぎ」(ボス)。責任者は枝野幹事長、小宮山洋子財務委員長。これでは「党の体裁をなしていない」(辻野。内容みたが決め手にならず。むしろ流出責任が重い。
9:19 AM Aug 26th webから」
と書いていますがね。
本来、党内で調査してからの話であるべきで完全な反党行為ではないですか?
中立・公平な立場に立って考えてください。

梅光 | 2010年8月27日 23:16へ

>二木さんはほんとにこんな総理で良いと思っているのですか?

立候補表明したと思ったら、あちこちの団体へ出かけ、支持をお願いに回っている。あげくの果てには、「自分が総理になったら郵政改革法案をしっかりやる」と全特
に期待を持たせる。しかし、連合の会長は「連合はどちらを支持し、どちらを支持しない、という指令は出さない」と言われてしまった。
梅光さんはほんとにこんな人が総理で良いと思っているのですか?

人間3人よれば派閥が出来るの例えがありますが、私も若き時代の地方勤務において実体験を十分してまいりました。たった3人の出先機関でしたが、係長と平社員の私は気があって、係長と所長は反目で、所長は浮き上がり早々に都心へ帰還していきました。その後、係長も帰京して、新しい所長と係長になった私とはそりが合わず、入ってきた平社員と所長は絶えずタッグを組んで、私の居心地は最悪となりました。

大きな政党です、それぞれの意見があり、共通の志を保持する人達もいるでしょう。様々なグループが出来るのは極自然で当たり前でそれぞれが意見を戦わせればよいのです。そうして志を同じくして数が多くなれば影響力もそれに比例して大きくなるのは道理です。

小沢さんのGrの勢力は半分には満たないが第一の勢力ではないでしょうか。当然、組閣においてもそれに見合った人員の配置はしかるべきで、それらを全く排除した組閣は不自然で安定を保てるはずはないでしょう。

最大Grを全く排除して聞く耳を持たない内閣は何れにしても機能しません。政治家とは自己の意見の具現化を目指すものであり、そうした人々の多くが影響力を行使できない状態になれば、機能する状態に持って行くことは極自然な成り行きではないかと思います。

管さんのGrの5倍以上はあるGrの人々を、政治への影響力のあるポジションから殆どをスポイルする管内閣にこそ異常性があるのではと考えます。元々こうたものが成立するわけがない。

無理筋の組閣を強引に推し進める管さんへの批評が全くなれない全国紙やTVの金太郎アメ的小沢バッシングは異常で本当に不気味な傾向だと実感します。

マスメディアが本来のメディアとしてもう機能することはないのではと危惧しております。

私的には、過去のソ連圏のプラウダやイズベスチャと同一だと確信していますので、5大紙の社説、論評、TVの報道的的バラエティーの解説や内容の真逆を連想して真実だと思うことにしております。

今日の菅さん町工場で原稿読みながらのお話でしたね。 よっぽど
自信が無いのね・・・

 とことん説明しろ。
なぜそれを検察に向かって言わないのか。
なぜ立件できないのか?なぜ逮捕できないのか?その理由を、捜査のプロ中のプロになぜ聞かない。記者会見の質疑応答で納得するのなら、検察など無用ではないのか?
 検察を審査する検察審査会が、検察の捜査のあり方を審査せず、検察の代わりに捜査対象をクロと断じている姿にはなぜ違和感を感じない?

 政治と金の新たな情報が週明けに公表されるとのことであるが、この手の情報が出てくるのは決まって小沢さんばかり。その情報がどこから、誰からメディアに流れてきたのか?このタイミングで誰かを利する情報が流される、その裏側でどれだけの金が動いているのやら。政治と金を追及する情報の裏に蠢くものはクリーンなのか?

 少し考えれば、違和感を感じるべきポイントは別のところにあることに気がつく。

 そのポイントをつかないジャーナリストに、大いなる違和感を感じます。
 

2ヶ月前に「お金」の件で辞任されたうちの一人が代表選に立候補し、もう一人が仲介役として表立って行動している。部外者からみれば理解されにくいことではある。

検察の暴走かもしれないが3人の秘書が起訴されていることも辛いところですね。
巷間言われているところの150人ものグループ議員は何をしていたのでしょう。少なくとも西松関連の誤解を解く努力はいくらされても非難される筋合いのものではないでしょうに。
小沢さんの不起訴時の「検察の正しい捜査の結果」の一言で力は抜けましたけどね。

鳩山さんは一丁上がりなのですからこのようなことに関与せず、グループも後継者にゆずり元総理として超然として活動されることを望みます。確かそのようなことを言っておられましたね。地元選挙区の後継者も公募し選定に着手された方がよろしいかと思います。

私見ではありますが、今回の代表選は政策選択の争いではないと見ています。マニフェスト原理主義とマニフェスト修正主義に大差はありません。

小沢さんの政治手法を許容できない人たちと許容できる人たちとの対立以外のなにものでもない。
前原・仙谷・枝野・野田・岡田・蓮舫・安住・小宮山さんたちは間違いなく前者でしょう、原口さん、細野さんは小沢さんの剛腕優先なのでしょう。

誰がやっても大変な時にえらい騒ぎになってしもうて国政の停滞は避けられない、小沢さん、もう少し後まで辛抱できませんでしたか?菅さんがこけるかもしれない時まで。

鳩山さんは宇宙人て誰が言ったのでしょう?感服する今日この頃です。

小沢氏の説明不足について

説明が十分かどうかを決めるのは、今、説明不足だと考えている多数の国民です。
どれだけ説明すればいいのかを決めるのは、今、説明不足だと考えている多数の国民です。

まあ、説明不足だろうが選挙に勝ちさえすればいいという考えもありますが。

Kobamitsuさまへ
公職選挙法の制約を受けない選挙戦です。
 細かいことですが
 出馬の挨拶で仁義を切っただけ。後は地方を含め個別で対応しますということ。今回の比例表を見ても本部の統制よりは地方組織をと。
 全特は組織票としては一番その中で党員サポーターはどのくらいいるか。掴んだ上での挨拶。すでに郵政法案は菅さんも約束積みですよ。
戦いの本番は政策です。
 おそらくマニフェスト重視
 特に政治主導か官僚依存か
 日米合意の見なおし
 消費税問題が対立点になり
 最後は実行力の有無が問われるのではないかと思います。

■「党財政の透明化」は当然であり,経理帳簿公表は正しい■

「小沢代表、小沢幹事長時代の、民主党の経理帳簿がマスコミに流出」し ,その犯人は,枝野幹事長、小宮山洋子財務委員長とのことである.
これを小沢グループは「反党行為」と批判しているようであるが,もしこの批判に正当性が有るとすれば,党のトップで有る菅党首に無断で公表したという場合で有る.
しかし文面からすると,菅党首も了解していると思われ,「党財政の透明化」の観点から行なわれていると判断できる.「政権運営の透明化」を主張している民主党である.「党財政の透明化」は,「いろはのい」である.
マイナスの金権小沢とプラスの豪腕小沢をどう按配し,菅総理との優劣をどう判定するかが,この度の代表戦の核心であろう.

二木様
読売ネットみんなのYES/NOをご存知ですか。
小沢一郎が民主党代表選に立候補します。支持しますか、支持しませんかのアンケートに対して
1189票の回答があり、76%が支持する。24%が支持しない。
投稿もおおむね最後の切り札とか期待という声で満ちています。
読売新聞のインターネット版のアンケートですよ。
この国民の声をどう解釈するのですか。
ヤフーみんなの政治欄では小沢一郎に期待するが35%、期待しないが59%ですが、一方菅内閣の支持率はなんと22%です。支持しないは74%です。当然です。円高対策ひとつとっても何もできないのですから。お陰で株価は世界で独歩安です。
二木様の判断とは違います。
菅内閣に対しては国民は絶望しているのです。菅総理が世論を味方につけようというのは政治評論家と大手マスコミ記者の幻想で、もはや無理なのです。
更に民主党内部のアングラ情報を流すなら、ネットではなぜ菅が挙党一致を取れなかったのか、なぜ仙石を切れなかったのかについて、仙石と組んで菅が小沢に離党勧告を行うため、検察審議会に関与したという情報があり、マスコミから流れるということです。
小沢一郎の金の問題もどっこいどっこいでしょう。真偽どちらでも国民は構いません。
国民はこんな情報に左右されることなく、どちらがこの国を再生し、国民を生活第一の観点から最大幸福社会をつくってくれるのかを、政策と信念、覚悟、これまでの政治行動から判断するのです。
政治の社会は会社ではないので、年代は関係なく、民主党めざす平成維新が成し遂げられる人物が総理になるべきで、その意味では前原、岡田は完全失格、40台にいるのかどうかです。
良く言われる政治家は就社じゃないので、年代や世代交代を言うなんて勘違いしているのではないか。
若くてもそれだけの人間なら総理になれば良いのだ、60台を押しのけて。それくらいの気概がないと官僚は使えない。
二木様いつも正義ぶっていますが、つまらん枝葉の評論はやめてください。
特に最近はおかしくなっていますよ。
政治家とは国民のために仕事をするのです。
仕事ができるかどうかで評論してください。
日本は世界でただ一カ国の長期のデフレ国家なのです。省益しか考えない責任の取れない官僚ではこの国は再生できないのは世界から指摘されています。
その観点から菅では駄目だと国民も判断しているのです。デフレ期に増税すれば大恐慌のフーバーの二の舞です。そんなことをしたがる総理は即刻退陣してほしいのです。
デフレ脱却してこの国を成長過程に乗せる大改革ができると期待されているのは小沢一郎です。
小沢一郎が世論と戦っているのでなく、世論は小沢一郎を待っていたのです。
是非読売ネットのみんなのYES/NOを読むことをお勧めします。
国民の生の声を見てください。
いかに小沢に期待しているかわかりますよ。

>どうやら小沢さんが党を束ねているときに経理上とは別の口座を作り、民主党の資金を入金していたという事実がある。総額4年間で35億円余。
さて、これが事実だとして、何か問題でもあったのですか?
これを見れば、何となくまた小沢がまるで裏帳簿でもつけて如何わしい金でも作り、私的に流用でもしたかのような印象を受けますが、そんな事実でもあったのですか?
先ずは、問題の根拠を示すべきです。
それも示さず、特に全体の構成からしても、こんな内容を軽々に載せるべきではないと思います。
ジャーナリストとしてこのような振る舞いをどうお思いか、私にはとても悪意に満ちた内容にしか見えません。

二木さま
>>>
40代前後の人たちからすれば、今度の代表選は60代以上の人たちの決着をつけることであり<<<

この言葉に引っ掛かります。
昨年の政権交代以来、何よりもがっかりしたのは挙党体制をとるのではなく、「私の仕事」のみに拘って、国家を運営するという意識に欠けていた事です。引用の言葉からも、選挙なんて無駄なことをやる。私たちには関係ないことなのに、全く迷惑な!と読んでしまいます。

菅さんはその最たるもので、鳩山代表の時には、副代表としての自覚が無いというよりも、早く鳩山さんにとって変りたいという、気持ちが先立っていました。二木さんの仰るこの度の若い世代も、全てその願望に突き動かされているのでしょうか。

菅さんに対する失望は、与えられた役割に真摯に立ち向かう、或は、創造的な働きをするという姿が見られないこと。
仲間だけが大事、或は自分だけかしら。国民は国民のみなさまであって、国民ひとりひとりが見えていない。よって、取りあえずは、検察・マスコミなどの不純な介入以前の状態に戻って、小沢、鳩山、菅の挙党体制で行ってもらえればベターですが。。。

ジャーナリストならば、キチンと裏をとった上で人々に伝えないといけないのではないだろうか。しかも、金の使い方について懐に入れたとかいう具体的な証拠を掴んでいらっしゃるのであれば、週刊誌その他にご自身がレポートすればいい。伝聞であるならばプロフェッショナルとは言い難い。

2回目投稿御免。

今回の代表戦は政局よりも政策と書いた。2人の政策の違いがはっきりしている。

でも敢えて政局的に見ると、小沢対菅ではない。菅氏は小沢氏の相手にすらならない。小沢対反小沢の戦い。

小沢氏には色んな抵抗勢力があるが、小沢対検察はどうやらほぼ決着が付いた。(石川議員の公判が始まれば、さらに検察の醜態が明らかに。)

今回の代表戦はどうみても、小沢対マスコミですなあ。よって小沢氏によるマスコミ対策に注目してます。

なお場外ではネット対マスコミ対決という要素もありますね。

小沢氏の政治と金の問題。
もう聞き飽きました。
小沢氏の本来の政治家としての
力量を誰も批評することなしに、
ただ政治とかねの問題をほじくる
ことに一生懸命。
菅であろうが、小沢であろうが、
民主党が野党に下る確率は高い。
そのことに気づかず、党内で争いばかりしている民主党議員には呆れるばかりだ。本当の敵は違うところにあるはず。
 私は悲観的に、どうせ野党に下る可能性が高いなら、一度、小沢一郎総理を見てみたいという気がするだけだが、期待はほとんど無い。
マスごみの餌食になるだけだとは思う。しかし他に誰かいい人材がいるとは思わない。小粒な議員さんが多すぎる。
 小沢氏が本当に政治家としてすごい人かどうかは、実際に総理をやらせてみて、判断するとしよう。
 まあ、半年もてばいいほうだとは思うが、菅総理のままでも、いずれ解散に追い込まれるだろう。
 もはや民主党バブルは去年の選挙の時だけで、その後は完全にはじけたと考えていいだろう。
 いずれにせよ私は民主党がこのまま良い方向には向かわないと想像する。昨年、民主党への1票は何だったのだろうかと悔やむ。
 

投稿者: kobamitsu | 2010年8月28日 00:11様

小生は小沢氏に期待しています。
彼に対して「政治と金」でしか攻撃できないとは情けないです。乱世においてはクリーンだけではやっていけません。ましてや捏造でもって取調べを受け、検察の徹底的な追及にもかかわらず不起訴となった方です。これほど白い人間はいません。自民党にも、民主党にも問題になりかけた議員がごろごろいます。 

豪腕とも言われます。逆に言えば、そのぐらい出なければ難局を乗り切る事が出来ません。

直ぐ世論世論と言いますが、これまで世論調査で人気が高いから選挙の顔になると選ばれた総理がどうなりましたか? 安倍・麻生を見れば分かります。 政治は人気投票で、それも創られた世論調査で決めるべきではないと思います。 国のリーダーはその時には人気が無くても、後になって「あの総理はいい政治をした」と言われるべきです。

創られた世論を利用し、熱狂的な国民の支持の下、それを利用し、国民を悪い方向に向かわせた戦前、またナチスドイツも大多数のドイツ人がヒトラーを支持した事をみれば明らかです。

小沢氏は初めは支持率は低いでしょう。しかし、国民にとってより良い政治をすれば、逆に支持率は右肩上がりで増えていくでしょう。  最も今回の代表選挙は民主党議員や支持者が決める事で国民の世論とは関係ないことです。要は民主党の人達がどちらが良いかと選ぶ事です。民主党政権を選んだのは国民です。だから、新聞の世論調査は関係ないです。民主党の議員・サポーターなどの支持をどちらが得られるかと言う事です。

「朝まで生テレビ」を観たが、偏向報道の最たるもので最後まで観る気になりませんでした。人選がわるい。生方・村田とか酷い人間の意見を聞かされる国民の身にもなって頂きたい。下地氏だけはそれでも冷静に発言していた。

以下の投稿を別の欄でしましたが、今の執行部は本当に民主党がすきなのでしょうか?

民主党はもう分裂した方が良いのではないでしょうか?  そう思えるこの頃の閣僚の発言。

ねじれがどれだけ大変なのかも全く理解していないノウテンキな発言を繰り返す執行部。 マスコミに良い様にあしらわれて、愚かな発言を平気でテレビの前でしゃべる。

野党が言うならいざ知れず、同じ民主党の閣僚が未だに小沢氏の「政治と金」を口にしている。

本来、推定無罪の原則、ましてやこの小沢氏の問題は捏造の疑いが有るとも言われています。郵政不正事件の村木女性局長の無罪はほぼ決まりと言われています。

それを承知で政策や実行力ではコテンパンにやられると思うのかただただ「政治と金」と愚かな発言。

もっと正々堂々と政策論争をしたらどうですか?   菅さんのこういう政策に賛同して支持するとか、こういう小沢氏の主義には反対だとか・・・。


もうこうなったら、いっそのこと分裂した方が良いのでは無いでしょうか?

新人議員だけでなく、素人以下の考えの方も多く見られます。静岡県には本当に愚かな議員がいます。

参院選に負けても誰一人として責任を取らない。オマケに国民がNOとした千葉法務大臣まで留任させる。自分の穴の始末も着けれない愚かな議員が多いことか?


このところの円高に対する総理や野田氏の愚かな発言を本当に支持するのでしょうか?  選挙民はこれを良しとする様な愚かな議員をよく見極めて次の選挙には是非政界から去って頂きましょう。国を治めるのは中学・高校のサークルとは違うのだから・・・。


投稿者: 梅光 | 2010

いまだに説明責任ですか?
また、菅首相のここ二カ月の言動をみれば、「2ヶ月で成果を出せと言う方が無理だと思う。ここはじっくり菅さんに仕事をさせて、ダメであったら交代するという長い目で見ることも必要だと思う。」なんて悠長なことを言っておれる状況ですかと言いたい。
民主党の官主導から政治主導へといった方向性を、180度反転させるような方向性が示された以上、様子を見ようなんて信じられない意見です。
これまで二木さんを買いかぶっていたような気にさせられています。

二木さん・・今日もパックインジャーナルに出演しますよね。毎週、見ています。
ところで二木さんの記事とは思えない投稿ですね。<最終決着をつけてほしい民主党代表選>その通りです。
菅総理の政策と実行手法を支持するのか?小沢さんの主張(少なくとも手法は対峙するでしょう)との論争に期待しますし、論争の中から民主党の進路が明らかになるでしょう。
何故、小沢さんの立候補を避けたいのでしょうか?小沢さんが代表戦に勝利すると都合の悪いことでもあるのですか?
<2ヶ月で成果を出せと言う方が無理だと思う。>貴方は政治ジャーナリストでしょう。私のような素人でも菅総理の2ヶ月の言動を見聞きしていると、総理の資質があるか?ないか?分かりますから、どなたかに代えた方が良いと思っています。
そして民主党内部の経理資料がメディアに流れている?それが真実なら、内部資料を外部に流した人物こそ罷免・離党させるべきでしょう。

二木様

今の経済状況、庶民の暮らしを考えれば、「政治とお金」の問題なんかどうでもいいのです。私たちの生活を少しでも良くしようとする政治家を求めているのです。相変わらず、マスコミは新聞、テレビで「政治とお金」を問題にし、そういう人には、立候補の資格がないとまで言っている。国民の世論を素直な気持ちで問いかければ、国民の大多数は、景気、雇用対策を求めていることがわかるだろう。今国民が求めていることに、マスコミが鈍感になったら、いずれ社会から淘汰されるだろう。二木氏にも考え方を今一度見直してほしい。あまりに「政治とお金」にこだわりすぎると、本当のことが見えなくなってしまうのでは、失礼とは思いながら助言申し上げます。

""
総理をコロコロ代えるのは良くない””””外国から見ても物笑いだ””

菅さんの続投を支持する人たちは必ず言う。

考えてみればコロコロ代えるのが良くないのではなく、コロコロ代えなければならない様な総理を選ぶ方が問題だ。  世論に迎合したりする議員が多いことの証明かも知れない。 国民受けが良いとか、選挙の顔になるとかで選ぶ方が間違いだったのだ。

本末転倒の議論をマスコミも評論家も愚かな閣僚もしている。

要はコロコロ代えなくて済む総理を選べと言いたい。


ただ、それにも困った事が付き纏う。  小泉政権はどうだったか?やがて歴史が決めてくれるでしょうが、長くやったために日本を駄目にした代表的な総理であったと・・・。

二木さん、政治はお金なんですよ。貴方も政治評論家を自認してるなら政治の本質、権力は何を目的にしてるのかわかりますよね。権力は国家の税金をどう配分、使うのかを決めることでしょう。政治とは金そのものなんではないですか。政治を語るなら奇麗事を言わないでくださいよ。世代交代の話なんですが年齢で区分けするような考え方は非常に危険です。政治は権謀術数の世界です、経験と指導力と理念が大切です。貴方のような考え方はアメリカに支配され、骨の髄までしゃぶられ、それに気づかず平和を享受している今の日本人と同じですね。政治評論をするなら歴史と政治権力についての勉強をされてからのほうが良いと思います。貴方のような論説が庶民を惑わすのです。

二木さま
元日刊ゲンダンの編集長として,情けないですね。郷土の先輩としても一目おいてたんですが,菅内閣の非力さを見れば,ど素人の我々から見ても,一日でも早く総辞職してもらいたいと思ってしまいます。

「民主主義国家において革命に代わるものが政権交代である」と言ったのはカール・ポパーであったと思うが、まさに民主党政権の誕生は日本での革命の始まりであったと言っていい。
しかし革命には反革命がつきものであって、案の定、官僚を中心とする反動勢力の抵抗はすさまじく、力不足で鳩山政権は倒れ、菅政権は国民の意思に反し官僚迎合政権になった。
小沢氏の立候補は国民の意を受けてこの動きにNOを突き付け、マニフェスト2009の原点に戻そうとするまっとうな動きであると私は認識しているが、二木氏はどうお考えか。
「青い鳥症候群」などという呑気な認識がどこから出てくるのか私には理解できない。
最後の「つまり、この代表選は世代交代を促す選挙であるとすれば不毛とは言えないであろう。」という文章がおっしゃりたいことのようだが、なぜ代表選が「世代交代を促す」可能性があるのか理解できない。菅・小沢両氏が相討ちして両人とも早く民主党から去ったほうがよいという願望なのかもしれないが、この文章は論理的に理解不可能ですよ。

二木様へ

ザ・ジャーナルにもたまには肩がこらないガセネタ満載のゴシップ週刊誌のような記事があればと思っていたので、楽しませていただきました。

ただ笑いを誘うオチがないので、もう少し勉強してね。関西出身者としてはペケポンで~す。

青い鳥?菅が『青い鳥』だと思っていたら、実は『アホい鳥』だったんだから、次の青い鳥に変えるしかないんちゃう。すっから菅じゃアカンという事でっせ。

クリーン・説明不足?二木はんの疑問は何でっか?国税を浪費して1年以上に渡って虱潰しに調査した検察が起訴不能と判断してるんやから、説明するとすれば小沢はんでなく愚かもんの検察では?推定無罪で、小沢氏はクリーンでええんちゃう?今の日本はそんなこまい事言ってる状況やないんちゃう?

35億円?本当に民主党の裏金やったら、小沢・鳩山・菅はんや幹部も全員知ってるんちゃう?会社でよく尻尾切りしてるけど、会社幹部は間違いなく全員知ってまっせ。自民党もどこも一緒、菅政権も機密費ばら撒いてるし。スキャンダル闘争じゃなくて、今は政策闘争しなきゃダメでしょ。

年寄りは去れ?最後に、二木はんの現役引退表明ならオチになりまっせ。失礼、冗談でんがな。実力があれば年齢は関係ないんちゃう?若くても年寄りでもアホはアホ。個人的には、実力よりも国民への愛情かな?愛があれば年の差なんて・・♪小沢はん、応援してまっせ!!

今回の民主党代表選に関して、3ヶ月以内で総理がコロコロ変わることがいけないと言う世論形成を促すマスゴミの論調に腹がたつ。
これでは選挙の前から菅首相が負けると言っているのと同じことであり、マスゴミは自覚しているのだろうか。代表選で勝てないような人物が総理であることの方が問題であって、代表選で負けるということは総理の資質でないことを意味しているのである。要はコロコロ変わるような人物が総理に君臨してることの方が大問題である。
マスゴミが菅支持ならば、はっきりと増税賛成、米国偏重賛成、沖縄米軍基地容認、官僚政治賛成、既得権益維持賛成、格差社会容認とはっきり主張せよ。これがマスゴミの主張であり、国民はそう言った論調の新聞を買っていることを自覚することだ。

「外国からどうみられるか」なんてことばかり気にしてリーダーを選ぶ国なんて日本以外にどこにあるんでしょうね。
どの国も国益のためなら外国と対立も辞さないくらいの勢いで自己主張しているというのに。
「外国から笑われる」なんて小学生がクラスメートの目を気にするような幼稚な議論はやめてもらいたい。
それと支持率アップのために世論に量った政治ばかりしていたら「衆愚政治」になるだけです。菅さんも財務省に言いくるめられたとはいえ本当に「消費税アップ」が焦眉の急だと思うのならその政策を信念を持って貫けばまだ信用できたのにと思います。

首相をコロコロ代えないに越した事はないが、問題は首相になってみないと本当の実力が分からないという事にある。
菅直人がこの程度だと知っていた人はいますか。菅支持派でも内心こんな筈ではなかったと思っているだろう。だからコロコロ代えるのは良くないだとか、これからが実力発揮だとか言っている。今が想定通りの実力だと言うなら、良くやっているではないか何か文句は有りますかと主張すれば良い事だ。
麻生太郎が首相になった後のバッシングの時、TVタックルで三宅爺さんが麻生がこれほどひどいとは思わなかったと言ったのを記憶している。政権担当の長かった自民党で大臣経験の豊富な麻生ですら首相になって初めて真の実力が暴かれた。
鳩山さん、菅さんにはハンデがあり同情すべき点もある。権力の行使の仕方を知らないまま首相になってしまった。そうであるなら何故に二人とも民主党内でもっとも経験があるはずの小沢さんに政府に入って貰い指導を受けながら首相を続けるという発想がなかったのか。特に菅さんは鳩山さんの失敗をまじかに見たのに、今、脱小沢とバカを言っている。
政策の方向性は別として、前原、岡田は首相の器でない事はこの1年の大臣経験で暴露された。まだまだ経験は必要だ。今は小沢さんしかいないではないか。小沢さんも真の実力が試される時が来るが期待するしかないではないか。次の世代は大臣経験をしっかり積んでから首相を目指して頂きたい。

二木様

「今の大臣の中に親戚でもいるんですか」
これから代表選挙や自民党の総裁に立候補しようとする人を報道がここまで批判すると言うことが今まであったんでしょうか ?

菅総理はそんなに立派な総理なんですか ?
先の参議院選挙で取り返しのつかない大惨敗を喫しても何の責任もとらない。誰一人として責任を取らない。

こんな人たちにこの国を3年間も任せるんですか。マスコミは何を考えているんでしょうね。

小沢さんや鳩山さんが政治主導の政治を実現するために、長い間苦労して手に入れた政権を、官僚に売り渡し、次の総選挙では自民党に取られることは目に見えています。

先の方が書かれていましたが、「政治とカネ」に決着が付いていないといういつものマスメディアの論調にはもううんざりするものがある。検察サイドの捜査は正当だったのか、なぜ当時野党だった鳩山、小沢両氏だけが問題視されて当時与党の自民党議員には捜査が及ばなかったのか。そんなことをすべて検証した上で、なお小沢氏だけには説明すべき事があるというのならまだしも、検察とマスメディアがスクラムを組んで、検察に不利なことは報道しない、小沢氏に不利なことは憶測が混じろうが報道するという姿勢があからさまに見えているのに、そしてそれは不公平だという声もかなり世論にあるとしても黙殺する。野中氏が、政治評論家、政治記者にも官房機密費を配ったと暴露しても、身内に都合の悪いことは黙殺し、伝えない。そんなマスメディアには信頼を置けないと考える知識層がここに来てかなり増えていることは誰でも気づいていることだと思う。

今回の民主党の代表選にしても、まだ菅・小沢各代表候補の政策・方針が示されもしないうちにどちらが良い悪いを論じることに何の意味があるだろうか。論点は、どちらが示す政策に日本の将来を託せるかでなくてはならないはずだ。

また首相がコロコロ変わる状態が良いのかというが、小泉首相のように長ければ良かったのかということも考えなくてはなるまい。たとえば、安定多数の中であれば民意を顧みることなく消費税増税は将来のために必要だからと法案を通されてしまうような政治状態は正常なはずはない。国民に負担だけが残り、格差が広がり、未来を背負う子供達に平等なチャンスを与えられず、高齢者が増加する一方で介護する家族が疲弊し、若者が働く場を得られない今の閉塞した社会を、少しでも明るい方向に導く政治を求めるのは幻想に過ぎないのだろうか。マスコミの前ではラーメンを食べて庶民派を気取り、普段は高級ホテルで食事をするようなパフォーマンスだけの人間より、ビールケースの上でも国民に声を伝えようとする政治家の方を私は信じて悔いがないように思うのだ。書きたかったことの半分も書けませんが、この記事を読んで非常に違和感を覚えましたので僭越ながら感想を書かせていただきました。

二木様

6月以来の菅氏の言動を意識高い国民は注意深く見守ってきたわけです。

鳩山前政権の政権交代したときの政治主導を目指した方向から、大きく転換し、旧来の自民党時代と変わらぬ対米隷属官僚主導政治へ舵を切ったと判断されても仕方ない菅氏の言動は公知でしょう。これで、二木氏曰く「2ヶ月で成果を出せと言う方が無理だと思う。ここはじっくり菅さんに仕事をさせて、ダメであったら交代するという長い目で見ることも必要だと思う」は到底通用しません。理がありません。

最近の、手に持つ紙(官僚作文)を見ながらの菅氏の発言では為替介入も迫力、説得力も有りません。自分の言葉で喋れないのでしょうか。これでは官僚に操られた政治の始まりと思われてもしようがありません。

それに、またまた「政治と金」発言ですか。小沢氏関係の政治と金の問題は自民党清和会と検察官僚とマスゴミ連合が仕組んだデッチ上げだったことはもはや疑いようのない事実ではなかったのでしょうか。どこかのプロパガンダのような事実認識欠如のスレと思います。

レトリックで印象操作するのが、ジャーナリズムなんですかね。


>経理上とは別の口座<
どういう意味で別の口座なのかしら? 裏金とか、私腹というニュアンスを印象付けるレトリックはお上手。
前原偽メールではないけれど、非実存口座では?

菅・小沢対決の最中に囁かれる「民主党政治資金」スキャンダル
現代ビジネス
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/1100

>事実、永田町ではこんな話が騒ぎになっている。週明けの8月30日に発売する『週刊現代』が、民主党の政治資金使途に関して「不明瞭な巨額なカネ」が支出されていた事実をスクープしているというのだ。

 今回の小沢氏出馬決断に至る過程でテレビに露出し、先頭に立って旗を振り続けた、最側近を自任する山岡賢次前国対委員長が、小沢氏が代表だった2007年の1年間に、財務委員長として約16億円もの巨額な「対策費」を引き出していたというのである。

 同年夏には参院選挙が実施され、小沢代表率いる民主党が安倍晋三首相下の自民党に圧勝した。しかし、それについては選挙対策費として別途に約12億円計上されている。では、「対策費」とは、いったい何なのか。<

これも”スキャンダル”と題し、”選挙対策費として別途に”、”不明瞭な”として、あたかも私腹を肥やしたという印象操作のレトリック。

政党に政治的買収とか、使途を表に出すと不味い使途があるのは、大人の常識でしょう。学級委員会ではあるまいし、こういう印象操作が、民度を低くするのではないでしょうかね、二木さん。

こうしたネガキャンが2週間つづいて、>世界のどの国の政治家も言わないような幼稚な事を言い、学級委員レベルの政治手法<(田中良紹)の政治に日本をしてしまうのだろうか??

>ナゴヤシミン氏

>これから代表選挙や自民党の総裁に立候補しよう
>とする人を報道がここまで批判すると言うことが
>今まであったんでしょうか ?

普通にあったよ。今まで何を見てきたんでしょうか?
自分と違う意見を持つ人(二木氏)を「利害関係者」呼ばわりするようなモラルのあなたは、政治を語る前に身につけないといけないことがあるのでは?

>小沢さんや鳩山さんが政治主導の政治を実現するために、
>長い間苦労して手に入れた政権

3ヶ月前にその政権をずたぼろにした責任をとって辞任したのもその二人ですが。

■二木さんの世代交代論に賛成■

二木さんの,「今期代表戦が世代交代を促進するという,二木世代交代論」に批判的なコメントが多いので,二木論説支持派としてコメントします.
説明下手で,豪腕,金権の小沢氏しか対抗馬がいないことは,国民にとってはとっても不幸なことです.説明できない分を金の配分で誤魔化すと言うのが,小沢流でしょう.
それでも,小沢氏が総理になって,特捜解体を筆頭に,官僚制度の抜本改革をやってくれるのなら,後3年は続けて欲しいと思います.自分に降りかかった火の粉を自力で払いのけることが出来るかどうかで,その実力が見えて来ます.菅さんは,官僚改革は眼中に無い様で残念です.

理論派で,論争も出来,信頼感も有る,そういう人物が総理になることを願っています.
現時点で60歳台の菅と小沢ですが,この選挙後はその次の世代の出現を願っています.

民主党代表選挙のスケジュールは前から決まっていることであり、だれが立候補しても良いことではないか?
何故菅首相継続を無理やりマスコミは押そうとするのか?
どちらにしてもねじれ国会の運営の困難さは小沢氏あたりの経験者でないと乗り切れないであろう。
もういい加減に支持率だけの考え方を切り替えよう。マスコミは眉唾の世論調査で非難することは得意だが、あるべき国の将来像を考えて民主党員は投票すればよい。
その結果で政治運営がおかしいと思えば、国民は選挙でNOを突きつけるだけである。

masaya様に同感です。
小澤氏は、昨年の政権交代の原点にもどり、国民が307議席を与えるほど強く支持した、民主党のマニフエストに記された改革を実行するために、代表選に出馬するのです。
自分の権力を獲得するために、それを維持するために、自分の魂も民主党の魂であるマニフエストをも、改革すべき対象である敵に売り渡した菅氏は、民主党を支持した国民の敵であり、民主党にとっても敵となったのです。
党内同意もなく党のマニフエストを改竄した内閣を存続させるなら、政党政治は、地に落ちます。
民主党という党の存在理由が、根本からがらがらと崩れ去るのです。
しかも、そのマニフエスト改竄を国民は、認めなかった。菅氏は、国民に不支持を突きつけられて、選挙で惨敗したのです。
マニフエスト掲げた本人である小澤氏が、ここで、「菅許すまじ」と立ちあがるのは、当然です。

菅氏は政党政治を破壊し、民主党を破壊することを狙っているようです。
それでなければ、党の資金運営の内情を、確たる裏付もなしに、ネガテイヴなイメージを対抗馬に増幅させるためだけに、外部にもらすというようなことは、しないでしょう。
最大の後援者であるマスコミに「小澤の政治とかね」キャンペーンのやり方を真似しろと、知恵をつけて貰ったのでしょうか?
でも、残念ながら、マスコミと検察のキャンペーンは、ほぼほぼ、失敗が見えて来ていますよ。
党の資金運営に本当に問題があるなら、まず、党全体で協議するのが、先ではないですか?
ここまで、やってしまえば、選挙後、どちらが勝っても、もはや挙党態勢は組めないでしょう。自党の内部資料を外部に出して、同じく自党の代表選選対抗馬を攻撃するなどというアサマシイことは、自民党でもやらなかった。
菅内閣は、お世話になったみなさんから、「第2期小泉政権を作れ。かつてのようなうな一党独裁による、アメリカと官僚の言うコトをきく体制を作れ」と指示されてれているようにしか私には、みえません。
菅内閣を存続させて、この日本に一体どんな未来があるというのでしょうか?
小沢氏が、首相となり、ねじれ国会を乗り超えて、2009年のマニフエストを実現してゆくことのなかに、国民は、今、改めて、希望を見いだしているのです。
困難のなか、激しい攻撃のなか、代表選出馬を決断された小沢氏に、深く感謝するものです。
民主党議員たちが、民主党の魂を失わず、政権交代で、国民に託された民主党への「希望」をしっかり思い出して、小澤氏に投票することを強く望みます。

■小沢政権での外交案件を念頭にした鳩山氏の副総理入閣案,面白い■

小沢政権になれば,鳩山氏を副総理にし,外交案件を任せる組閣の構想,なかなか賢い話だと思います.
病気持ちで,論争下手,勿論英会話なんてどう考えても無理という,小沢さんが国際舞台で,日本の国益を背負って活躍することなど,まったく想像できません.しかしその役を鳩山さんに委ねるというのであれば,納得です.CO2の25%削減,東アジア共同体構想,北方領土返還など,鳩山政権の摘み残した課題は山積です.
是非鳩山さんに引き続きやって貰いたい.ただし普天間はどうするのでしょうか.これは難題です.小沢総理の指示の元,日米合意の実質廃棄が可能なのか,見ものです.

外務大臣は引き続き岡田さんでもOKと思います.総理の立場での外遊の部分を鳩山副総理にお願いすればいいのですから.

二木さんが「事実」と言い切ったのだから、ジャーナリストとして取材もされたのでしょう。当然、事実出なかったらゴメンでは済まんよ。

いくらなんでも 様 2010年8月28日 15:53

コメントありがとうございます。
小沢さんはマスコミの報道によって追い込まれただけで、選挙に負けた訳ではありません。
菅さんは責任をとるべきと考えております。

>匿名 | 2010年8月28日 17:30氏

参院選挙で負けたことに小沢氏の責任はないとお考えですか?
マスコミに追い込まれたって言っても、止めると決めたの小沢氏本人ですよ。
何でも他人のせいなんですね。
大人の言うことじゃありません。

上記コメントが匿名になってしまいました。

政策論争より相手の攻撃に終始していては両陣営とも自民党以下と言われても仕方がないですね。
自民党の総裁選挙ではこれほど相手を攻撃するような戦いは余り記憶にない。

>どうやら小沢さんが党を束ねているときに経理上とは別の口座を作り、民主党の資金を入金していたという事実がある。

はじめての投稿です。
資金を誰の口座に入金したの?小沢さんの政治資金団体?
それが事実だった場合、政治資金規正法に違反したということ?
説明が不足していて、事実関係や法律関係がわりづらいのですけど。

二木啓孝さん

【民主党の『新執行部』が・・・。総額4年間で35億円余。民主党の『現執行部』はこの結果を公表していないが、・・・】

此れはまた大変な爆弾情報ですねえ。田中・金丸仕込みの流儀が、つい2-3か月前まで続いていたことになる・・。今は未だ傍証もSideInformationもない状況なので判断も評価も保留しておきますが・・。

処で、細かいことですが、『新執行部』と『現執行部』の表現の違いには何かご意図や事情があるのでしょうか?単に筆が滑っただけでしょうか?
同じ枝野体制を指すのなら、たった2カ月余りで発見されメディアに資料が流す決定が為された・・・。
現時点では判断ではなく心象としては・・・、
1.お粗末な事務処理と表するのか、堂々と表するのか、時代錯誤と表するのか。
2.メディアへの流布決定の驚くべき迅速さ・・遣れば出来るんだ!(笑)。

> 経理上とは別の口座を作り、民主党の資金を入金していたという事実がある。総額4年間で35億円余。

これが不正なら、小沢氏は立候補するだろうか? この話は、小沢氏が立候補する前の段階で、小宮山洋子が毎日新聞に流したリーク情報ですよね。 

にもかかわらず、小沢氏が立候補したということは、これは問題無いと判断したからでしょう。

問題が大きくなれば、おそらく、小宮山洋子、週刊現代を名誉毀損して対抗することになるでしょう。

しかし、二木氏の今回の記事に腑に落ちない。

菅政権を長い目で見る必要などどこにあるのでしょう。

そして、クリーンな政治ってなんですか。すべての国が国益で動いているのと同じで、すべての政治家は、個人のため・団体のため・地域のため・国益の利益のためにも動いています。

何をもってクリーンというのでしょうか? お金をつかわなければクリーンな政治なんて、まるで子供みたいなことは言わないですよね。

今日夕方のNHKニュース。
菅が「代表になったら挙党態勢を行う」という見出しでした。

「おや 形勢不利と見ての変心か」と思い、NHKのHPで確認しましたところ、なんのことはない。
「議員、党員に適材適所で力を発揮してもらう」ですと。挙党態勢ということばもなし。
ここにもNHKの世論誘導が見られて不快だ。

それが鳩山さんも求めた「挙党態勢」だというのだから呆れ返る。
過日「今も挙党態勢」と言った発言となんら変わらない。

それに、この台詞 どこかで聞いたと思ったら、仙谷がほとんど同じことを言っていまいました。

もはや 菅は仙谷の操り人形だ。
小沢支持グループの諸氏 この点を突いてくれ!
阿波狸に政権を任せていいのか??!!と。

二木氏がいう別口座の資金の件のことだと思うが、週刊ニュース新書に出演した松木謙公氏が語ったところによると松木氏も最近騒がれているその資料を見たそうだが選挙資金の傾斜配分の事のようだった。
安泰な所にはお金を配らないで、もう少しという所には大量の資金を投入するのは当たり前でしょ、僕の所も基本的な部分しか配られていないですよと言っていた。(こっそり選挙に強いところをアピール)

時事通信による記事で、
>前原誠司国土交通相は28日、民主党代表選の争点について「一つは経済、二つ目は党運営の在り方と衆院選公約の扱いだ」と指摘した。その上で、小沢一郎氏の幹事長時代の党運営に触れ「透明だったとは決して思わない」と批判した。

果実だけはしっかり頂いて、その手法を批判するのはどうなんだろうか。

二木 様

35億円の金の件です。
ご自分で取材しましたか?
4年間に2度の選挙がありました。
全国に候補者をたてました。
しかも、麻生政権は、1年選挙を延ばしました。
地盤、看板、金もない候補が多いこの党を勝利に導く為、
どれほど小沢さんが苦労した事か。

この35億円の話がこんな事に利用されて、民主党の職員が一番怒っています。
この35億円の資金は、職員が候補者に配った金ではないですか?
この事を誰よりも知っているは、枝野、小宮山両氏と新人議員さんだと思います。

金を言うなら、今現在、機密費がばらまかれている方が問題です。

同じ党の中で、これ以上醜くい闘いにならないよう祈ります。

両者の堂々と政策を語るのを見たいものです。

二木さんが、「どうやら小沢さんが党を束ねているときに経理上とは別の口座を作り、民主党の資金を入金していたという事実がある。総額4年間で35億円余。」の詳しい事実を知りたくて注意深くネットの情報を探していました。
現在把握している範囲では、ネット上の現代ビジネス「歳川隆雄のニュースの深層」で、8月30日発売の週刊現代に小沢一郎代表の時期に、’選挙対策費’および’対策費’として多額の資金が使われている。
そして今夕の夕刊フジの記事で「小沢氏が、代表時代と幹事長時代の帳簿など党内資料がコピーされ、大手新聞社Aと出版社Bに提供されたという話だ。『反小沢』色が強い議員2人の名前が挙がっている。小沢氏の失脚を狙ったものだろう...」となる。
二木氏も歳川隆雄氏も週刊現代とは浅からぬ付合いであり、情報元としては頷けます。
しかし、夕刊フジが報道している「大手新聞社Aと出版社Bに提供されたという話だ。『反小沢』色が強い議員2人の名前が挙がっている」が正しいとすると、明らかに不法に持出した資料であり、不法に持出された資料を使って第三者に報じることは明らかに違法行為であり犯罪行為にあたります。
歳川氏は「週刊現代のスクープ」などと報じていますが、とんでもない違法行為です。
違法コピーを入手した新聞社Aと週刊誌B、および二木氏、歳川氏の今後の報道を注視していきたいと思っています。

大野保志 | 2010年8月28日 01:53 さま


「党財政の透明化」というなら、全ての国民・有権者がアクセスできる形でしょう?例えば、民主党のHPに開示・公開するとかなら「透明化」

「小沢氏が、代表時代と幹事長時代の帳簿など党内資料がコピーされ、大手新聞社Aと出版社Bに提供されたという話」
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20100828/plt1008281341002-n2.htm

これなら、良く言って「内部告発」、悪く取れば「怪文書」でしょう。

>その犯人は,枝野幹事長、小宮山洋子財務委員長とのことである<(大野保志)
そうなら、内部告発する必要はない、堂々と幹事長、財務委員長の立場で記者会見なりして公表して「党財政の透明化」をすれば良い。

そうはしていないのだから、「怪文書」でしょう。
信憑性、本物のコピーという裏付けは、二木さん等、ジャーナリズムの仕事ですよね。
政党に政治的買収とか、使途を表に出すと不味い使途があるのは、大人の常識でしょう。違法性があるとか、その辺のニュースバリューの判断は、二木さん等、ジャーナリズムの仕事ですよね。
ダダ漏れでは、ジャーナリズムとはいえないでしょう。

二か月で結果を出せというのは酷 とおっしゃる二木さん
もはや全部ばれちゃったんですよ、菅さんおよび仙谷政権じゃなかった仙谷さんの本性が。
去年の歴史的な政権交代の理念を見事に放擲し、官僚丸投げドンに様変わり たったこれだけでも 菅さんには退場してもらわなければならない 即刻。
日刊ゲンダイは落合博満(小林信彦氏によるとイチロー)をぼろくそに言うのが難であるが、いまや大新聞にかわる愛読紙であります。

菅直人が先の参議院選挙で勝っていたら菅VS小沢などおこらなかった。勝利していれば小沢氏に9月の代表選出馬の大義名分などない。
「脱小沢」戦略の正当性を語るには何が何でも7月の選挙は「勝利」することしかなかったはずである。そして結果は44議席の大惨敗。6年間ねじれ国会決定。事実上マニュフェストの放棄は決定です。そして野党に解散権をにぎられてしまいました。
ジャーナリストの中には今回の選挙結果を前鳩山小沢政権にも責任があると言いますが、そんな状況はわかった上で菅直人は6月の代表選に出馬したのだから責任のすべては菅直人にあります。選挙に勝つ戦略がなければ民主党の代表に立候補することを避けるべきでした。それほど大事な選挙だったのです。菅直人には民主党の代表を続ける資格などありません。


ダブル辞任は、B層向けのパフォーマンス。
マスコミに「不当に」攻撃されて支持率が低下したので、やむなくお二人がわが身を犠牲にして辞任したのはふつうに理解できることです。

マスコミに煽られた善男善女(またはいわゆるB層に該当します)はほんとに気の毒な存在です。

それ以上に、身を犠牲にして支持率アップを試みたらば、「消費税10%アップ」などと叫んでその犠牲を台無しにしてしまい、選挙の惨敗を呼び込んでしまったあの首相は、どんな成算を持って全国を飛び回っていたのか。
そして結果責任をとることもなかった。

>投稿者: 大野保志さま

>小沢政権になれば,鳩山氏を副総理にし,外交案件を任せる組閣の構想,なかなか賢い話だと思います.
小沢さんが国際舞台で,日本の国益を背負って活躍することなど,まったく想像できません.しかしその役を鳩山さんに委ねるというのであれば,納得です.CO2の25%削減,東アジア共同体構想,北方領土返還など,鳩山政権の摘み残した課題は山積です.
是非鳩山さんに引き続きやって貰いたい.ただし普天間はどうするのでしょうか.これは難題です.

おいおい、あなた、気は確かですか?鳩山内閣は外交の失敗(普天間だけでなく、対米国外交の大失敗)で崩壊したんですよ。

金持ちボンボンの鳩山に秘密警察出身ののプーチンと交渉なんかできるわけないじゃないの。サラリーマン、特に営業マンなら周知の事実だよ。
東アジア共同体なんてのは建前であって、そんなものは日本だけが負担を強いられるなんてことは大人だったら誰でも理解できるでしょう。

もう少し、現実社会を勉強しましょうね。

>小沢総理の指示の元,日米合意の実質廃棄が可能なのか,見ものです

小沢は自民党の幹事長の時代から一貫して米国のポチだよ。支持者の前では強がり言っているけど、米国が本気になると譲歩の連続じゃないか。
その昔、師匠の田中角栄が日米自動車交渉で米国の要求を全面的に受け入れ、見返りに自動車業界に補助金をばら撒いたことがあるけど。
同じだね。

いくらなんでも 様 2010年8月28日 17:39

参議院選挙に民主党が負けた以上、一平卒の小沢一郎さんにも責任はあると思っています。

辞任して3ヶ月で代表戦に立候補することを非難する声がありますが、昨年は鳩山幹事長は確か幹事長を辞任してすぐに代表戦に出馬され、その後衆議院選挙で国民から絶大な支持を頂いたことをお忘れではないでしょう。
また小沢さんを非難するなら、菅さんも副総理と言う重要なポジションにいた訳ですから鳩山さんと同罪とも言えます。
鳩山さんは「政治とカネ」で辞任したような挨拶をしましたが、国民は沖縄問題に怒ったのです。政治とカネの問題は衆議院選挙の前からありましたが選挙には圧勝しました。

>どうやら小沢さんが党を束ねているときに経理上とは別の口座を作り、民主党の資金を入金していたという事実がある。

昨年、与野党逆転の衆議院選には、その口座から当落線上の候補者に臨機応変、集中的に資金を流したの! 「もう一息だ資金は心配するなガンバレ」てね、いちいち決済をしていたらそんな芸当はできません! 一方惨敗した参議院選、余裕で当選する者も、明らかに大差で落選する者も、当落線上の者も、小宮山の馬鹿が一律支給にしたから、死屍累々になったんだよ。
一旦、別口座にすることは何の問題もないんだよ。
こんなことは秘密でもなんでもない、参議院選後わかっていた話、さも重大な事が露呈したかのように論ずる二木氏の見識を疑う。それとも知らなかったのかな。
 

    二 木 様
 何か変ですね。今までと少し違ってきているように感じます。二木さんの論調に違和感?
 その1 菅さんを長い目で見ると、消費税が上がると思う、困ります。
 その2 小沢さんには政治と金の説明は、一切必要ありません。悪いことをしたと言ってるほうが証拠を集めて説明すればいいだけの話です。
 その3 今度の代表選で、何故小沢さんは世論と戦わなくてはいけないのですか?何故菅さんは世論を味方につけようとするのですか?おっしゃる意味がわかりません。
 その4 世代交代を促すなら意味がある、不毛ではないとは、いささか乱暴です。
 私には、今度の代表選挙は違和感を感じるようなつまらない選挙とは到底思えない。日本の進路にかかわる極めて重要な、底に流れる政策を選択しなければならない、それこそ生死をかけた闘いに見えます。
 その5 小沢さんに頑張ってほしい。だって、テレビを見る限り人の悪口を言っているのを聞いたことがない。珍しい方だ。いくら賢くても(朝日の星さん、毎日の岸さんなど)批判ばっかりする人はあまり信用できないな。

投稿者: 民主主義者 | 2010年8月28日 21:31 様

気は確かかとの,お気遣い有難うございます.
あなたから見れば,狂っているとの御指摘ですが,本人は確かな積もりです.
ですから,あなたの御指摘は的外れだと思っています.

小沢政権を想定したとき,「国際舞台での小沢」はイメージ出来ないので,鳩山さんと二人で丁度一人分の仕事は出来るかと想像した次第です.
菅さんのカナダサミット参加の映像を見ましたが,菅さんは初歩の英会話も出来ないと感じました.英語が出来なくてもそれなりのコミュニケーションが出来る人も居ますが,菅さんにはそれも期待できないように思います.
その点では,鳩山さんは,十分です.
先刻普天間で失敗したので少しは学習し,成果が出ることを願っています.

小沢さんの毎度の手口(表現に品が無いことをお許し下さい)ですね。
誰も私腹を肥やしてるなんて思っちゃいません。
私兵を増やすのに使っているだけです。
新進党・自由党の時と同じことをしているにすぎません。
当時の野田幹事長?藤井幹事長が受取人になっていますが
お二人とも関与していないしお金を見たこともないと発言しています。
小沢代表・鳩山幹事長の時も鳩山さんはお金の扱いに関与していないと
田原さんのインタビューに答えています。
つまり小沢氏は党のお金を差配出来ないことには耐えられないのでしょう。
自己の大義を達成するために。

違法ではないのでしょうが、
こういう小沢氏の政治手法を許容出来ない人たちが「反小沢」なのだと理解しています。
西松事件などは問題ではありません。

kouhukujiさん | 2010年8月29日 00:49

書かれた論旨に賛成します。

【違法ではないのでしょうが、】
このTheJournalの他の板に書きましたが、法律は人知の限界を戴しているもの故完全ではあり得ない、法律の精神(※注)を行間に読みとって初めて適切な秩序が造られ守られるのだと考えています。
信号が赤で横断歩道を渡ってはいけない場面もあるし、何ら支障のない場合もある。

法律に違反していなくても、肝心の精神や求めるものに違背する場面もある。書き物の法律の世界を脱却し法律精神の高みに棲まう人物が間違いを犯す原因の一つが、時代精神の変化と其れが許容する手法の変化に付いて行けないことだと思います。私は此れを「時代錯誤」と呼んでいる。歴史上には、そのような傑出した人物が少なくない。
そのような人物群に対して、私の基本姿勢は「反XXXさん」ではなく「非XXXさん」で有るべきだと思っています。

(※注)法律の全てが完全無欠ではない。
例えば、政治資金規正法は、規制を儲けたくない政治家達が嫌や嫌やをしながら形を整えただけで魂(健全な精神)が入っていない。それ故に西松事件に対する小沢さんの説明主張は法的には意味を持つが、国民の心には意味を持たないのでしょう。
また、現在は法案ですが今の郵政改革法案は立法精神自体が濁っていて危険な法律だと。

>一旦、別口座にすることは何の問題もないんだよ。
こんなことは秘密でもなんでもない、参議院選後わかっていた話、さも重大な事が露呈したかのように論ずる二木氏の見識を疑う。それとも知らなかったのかな。>

ふううんん、そうなんだ。
しかし、それ知っていてそれを異常とは思わないんだ。小沢シンパの一部の人達は。

Kouhukujiさん
>誰も私腹を肥やしてるなんて思っちゃいません。
ならば結構。

>違法ではないのでしょうが、
ならばわざわざジャーナリストを名乗る人が取上げるような問題ではないということでよろしいですね。

>こういう小沢氏の政治手法を許容出来ない人たちが「反小沢」なのだと理解しています。
そう。そして、そのような「反小沢」な人たちが、選挙を指揮させても駄目だし、国民の生活のことは考えてないし、ただの「文句言い」なだけだと僕は理解しています。
確かな野党が似合う「反小沢」連中(笑)。

二木さんもそうだが、マスコミ報道は「政治とカネ」がさも重要と言って大騒ぎするが、海外メディアからは検察が不起訴とした問題をなぜそんなに問題視するのか不思議がられている。

首相をコロコロ変えることよりこちらを恥じるべきだと思う。

裏献金を貰ったかどうかが争点ならマスコミ報道を理解しないでもないが、その点は特捜が死に物狂いで組織を挙げて調べた結果、起訴に持ち込めなかった訳であり、今問題となっているのは収支報告書の記載の時間的ずれを共謀したかどうかと言うだけの問題を、抽象的な「政治とカネ」と称し、さも大げさに扱うマスコミは、小沢さんが総理になったら困ることがあると思わざるを得ない。

匿名君へ
>それ知っていてそれを異常とは思わないんだ。小沢シンパの一部の人達は。
小沢シンパであろうがなかろうが、選挙に勝って政権を奪取するためには、やるべき戦術の一つだろ。
それが異常だという神経がわからない。

反小沢陣営が小沢代表時代と幹事長時代の党の帳簿のコピーをマスコミに流したとの事。
小宮山財務委員長あたりが噛んでいるのでしょう。
党の資金配分が均等でない事を問題にするなんて、クリーンを通り越して単なる病的な潔癖症なのでは。そういえば岡田氏の病的潔癖症は有名ですね。
こんな事で代表選を菅有利にしたいのでしょうが、永田メールの二の舞にならねば良いが。
岡田、菅、前原代表時代の帳簿は大丈夫ですか。
それより、仙谷官房長官の息子さんへの政治資金流用の方が問題では。蓮昉さん、仙谷さんの問題はクリーンなのですね。説明責任は必要ないのですね。
何だか今の政府や執行部を牛耳っている連中はご都合主義者ばかりで開いた口が塞がらないですよ。

投稿者: 大野保志 | 2010年8月28日 23:19様
小沢氏はジョン・万次郎の会を長年主宰していて米国に知己は多いですよ。英語も心配ありません。
従って外務大臣兼務も可能ですよ。
ただ彼の英語は岩手訛りが少し入っていますが。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/political_fund/?1283054125

小沢信者の方達は違法ではないと騒いでいらっしゃる。
違法ではないなら、必死になってなんら騒ぐ必要はないのでは?
うしろめたさがあるから騒ぐのではないのでしょうか?これが表にでて困ると思っているから騒ぐのですよね。

なんら違法性がないというなら、騒がれた方がいいのではないでしょうか?
小沢を陥れるために菅側がだしたのなら、違法性がないのに小沢を陥れるためにだしたという事がはっきりしたなら、寧ろ、菅側が逆境にたたされる。小沢の方が有利になるでしょ?まさに墓穴になる。

それに小沢は、今までの金の問題もしっかり説明し国民に理解を求めるといっているし、ついでにこれについても説明すればいいだけじゃないですか。

ただ現時点では、以前から噂されていた小沢の選挙手法が表にでてきたというだけ。
民主党の結党理念の全てを公にするという事には適っている。
問題は公にせずに、あたかも自分の金をばら撒いているように振る舞い、ある種ウブな新人議員を‘俺のおかげだよ‘と恩を売り、民主党ではなく‘小沢党‘に入党させたのだと錯覚をおこさせてきた事に違和感があるのはないのでしょうか。

例えるなら、ある宗教団体の教祖様が浮く事ができ奇跡を起こす事ができる、と信者を集めていたが、実はワイヤーでつって浮いていた。という種証がされた。たんなるフツウのオヤジだったとわかった。
つまり、金をあんなに集められる小沢は流石だと思っていたが、実は党に入ってきている税金だったと。

別口座に移し、それを純粋に選対のみに使用していたというのか、それとも、不動産購入や自分の秘書費用などに私的流用していたのか、キャミソールを買っていたのか。。。

ガンガンやりあえば、詳細が公になる。いい事ではないですか。

二木さん

青い鳥は小沢さんしか居ませんよ(笑)。だからこそ、官僚組織やマスコミは小沢さんだけを叩き続けてるんでしょ?

それが判っているからマスコミは菅さんを今、持ち上げて小沢総理を阻もうと必死な訳ですよね。貴方もその片棒のコメントだと受け取りました。

長い目で見て菅さんに数年任せた後、次期衆議院選挙で民主党が勝てない事を判っていますよね。

国民は、偽改革ではもう生活を維持できないと言ってるの。本気で既得権益を切り崩してと叫んでるの。

「政治とかね」と言う小沢さんへの冤罪もフォーラムで司会をしていた二木さんなら当然ながら理解していますよね。

そして今回、貴方が言う35億円・・・

これは犯罪ですか?大政党が政権交代めざし選挙を戦う上でのお金としては大金では有りませんよね。

それとも、自分の懐に入れて豪遊する為に使ったのだと言いたい?

http://homepage2.nifty.com/~matsuyama/0018.html

政権を争う無血戦争は、魑魅魍魎な世界であり、クリーンな政治などと言う奇麗事では絶対無理なことは、その世界を見てきたジャーナリストなら知ってますよね。

それを対立政党は全くクリーンで小沢さんだけが悪であるかの発言ではないですか。

おそらく、どっちもどっちであり、犯罪ではない。けして威張れることではないが政治資金規正法や公職選挙法に違反していないのなら、外野が他方だけを意図的に言うべき話では無いでしょう。

自民党もそれ以上のお金を使っていますが、誰がそんなところを批判していますか?政党のお金をその党の有利に成るように使うことは党の問題であり自由です。犯罪で無ければね。

小沢さんはクリーンな政治家では無いのでしょう。でもクリーンな政治家が、官僚が蔓延らした血税の無駄使い放題である国家の国民を救えるのですか?

どんなに汚れて見えても、法を犯していないなら、そしてその政治家が国民生活を良くしてくれるなら・・・私は支持を貫きます。

菅氏が、ロシアまで何度も電話して鳩山氏と話し合いを持ちたいといっている意図は何だろう。
小沢氏が出馬すると聞いて、元気よく14名の一年生議員と「エイエイオー」と気合をかけていたし、代表選があることは良いことだといっておられたが、本音はどうなのか?
条件など飲まなくても、100%小沢氏は出馬できない、しないと
考えていたのではないか?
或いは小沢氏には負けないと自信を持っていたが、どうも勝つ見込みがなくなってきたのか?
鳩山氏に条件を飲むような話を伝えるようであれば、菅氏の人間性、信頼性が全くなくなり、野党との「ねじれ」対策など成り立つわけがない。
ここは、正々堂々と小沢氏と戦ってほしい。それでなくては男ではない。
代表選を逃げたら、民主党に活力が生まれない。

ガンガンさん
>違法ではないなら、必死になってなんら騒ぐ必要はないのでは?
騒いでいるのはマスコミでしょ。

で、小沢支持者が思っているのは、
「反小沢」派が情報を公開するのは結構なことだが、それをどうしてあるマスコミだけにリークする必要があるのか。また、どうして小沢時代の公表で、今の仙谷氏について公表しようとしないのか。
まあ、「反小沢」は卑怯なんですよね。そしてそれを「クリーン」にする,「公開」する,「民主的」っていう三流マスコミが喜びそうなお題目を唱える。姑息なんです。はっきりと「オザワンの評判を落とすため」って言えばいいのにね。

国民にとっては、無能なクリーン政治は悪です。

クリーンじゃない、無策だという理由で、自民党ではなく民主党を国民は選んだ。
無策なことをこの一年で露呈した今、更にクリーンじゃないとい開き直って、果たして国民は納得できるのかな?

小沢支持者に聞きたいんだが、財源はどうするんだ?
マニュフェストを破った(暫定税率・高速道路建設中止)を通したのは、小沢幹事長(当時)体制なんだが、そんな間近のことを忘れるような人に政治を語る資格はあるのか?

いくらなんでも氏
あのさ、政権交代した翌日から未来がバラ色に変わるはずないんだよね。
去年もすでに財源が足りなかった、しかも景気最悪って状態で、「財源はどうする?」なんてそれで反論してるつもり?なのがイタイね。
しかも国債発行額を抑制なんて自縄自縛しちゃったら、とりあえず暫定税率据え置きにせざるを得ないやろ。
民主党政権4年間のうちに是正されればよいんだよ。
それをマニフェスト破ったなんて言うような民主党支持者には、参議院選挙に勝つっていう最も大事な政治課題をなし得なかった菅をはじめ、枝野・玄葉・安住・仙谷・小宮山等に「政治を語る資格」はあるのかな?って問いたいね。

「違和感」「不快感」「不適切」「国民目線」「市民感覚」「政治とカネ」「クリーンな政治」

  雰囲気操作に終始する連中が多用する言葉だと思う。

二木さんの投稿に対しては今まで皆さんが、色々コメントされているので、屋上やを重ねても仕方ないのでコメント控えますが。

ひとつだけ?
>総額4年間で35億円余

の別口座ってありますが、民主党ってやはり貧乏政党なんですね。

4年間衆院選(総選挙)参院選があってこの程度の支出金額ですか は~ぁ 貧乏ですね。

はがき一枚50円10,000人に出せば500,000円かかるご時世封書ならば80円ですね。印刷代もかかるし人件費も、秘書にさせろってw秘書は寝る間もないのかね。

35億円一年当たり9億円弱、47都道府県で割れば、7千500万にも満たない(さむ~)

本来の口座があるとはいえ少ないと思いませんか?大金と思う感覚が不思議ですよ。

個人に取れば大金ですが、政権をとろうとする公党にすれば少ないと思いますがね。

2回の選挙で集中的に出したとしても、1億5000万弱にしかならない。選挙ともなれば、地方議員の動くし(当家にも封書はがきチラシが着ますよ)議員は当然ですね候補者も動きます。

又戦略として、画一配分以外に傾斜配分するのは当然と思いますが。

いずれにしても大金なんて馬鹿馬鹿しい限り。


投稿者: 横丁の永田 さま| 2010年8月29日 14:1

>ただ彼の英語は岩手訛りが少し入っていますが。

良いですね、まだ聞いたことは無いのですが、岩手訛りの英語どのような英語なのか、聞いてみたいですね。

いくらなんでもさん

>クリーンじゃない、無策だという理由で、自民党ではなく民主党を国民は選んだ。<

クリーンだから選んだ?誰がデスか?小沢さんの疑惑が有りながら衆議院選で大多数の国民が民主党を選びましたよ。

自民党がクリーンじゃないなんか関係ない。血税を利権関係者どおしに無駄に垂れ流していることに
怒ってるんですよ。

廻り廻って、献金を受けてるが、そんな微々たるお金に文句を言ってるんじゃない。

潜在的国民負担率に、生活費用を考えれば高福祉国家以上の負担をしている国民が、生活苦に喘いでるんですよ。

民主党の現状は、自民党と変わらない無策と今は言えるが、示した方向性に進んでいないだけですよ。それを進める豪腕が必要だといってるんですがね。

財源!?有るでしょう。
まだ、手付かずの特別会計の見直しや、優先順位の切り替えで子供手当て分は出てきます。

各法人や下部組織の数千に渡る外郭団体の排除、地方整備局などの二重行政の廃止、公務員への過剰な優遇排除など一体どれだけ出て来る事でしょうね。

要は本気でやるのかどうかですが・・

■極度の円高の現状では,緊急避難的な国債増発政策も有りと思う■

小沢政権が成立したらの,話です.
財政再建派の菅政権に対抗して,小沢政権は国債増発政策を取って欲しい.現状は極度の円高なのだから,緊急避難の対処ということで,OKと思う.
ばら撒き政策と言われる「国民の生活が第一」の政策を打つにはこれしか無い.
そうすれば,デフレからインフレへ,円レートの下落,輸出企業は元気,ぶら下がる中小企業も元気,株価上昇,当面困るのは輸入産業のユニクロとニトリ,そして海外旅行の予定者,それから海外企業の買収計画している会社,
ということになると思うのですが.

超円高の現状で利益を得ている人々は,本来「現状が出来すぎの円高」なので,少しは我慢して貰っても文句は言えない.

tatsuya 氏
自分で何を言ってるか把握してる?
「政権担当準備完了」とかいうキャッチコピーを掲げたポスターを貼ってたのも忘れてるのかな?
せめて一年前くらいの”事実”は覚えておこうよ。それができないなら、自分が講釈垂れる資格がないってことくらい自覚するべきだと思うんだけどね・・・

正直、財源関係についても正気の沙汰とは思えない内容です。小沢幹事長時代って10ヶ月あったんだよ。それさえも忘れて、反小沢を叩いて責任転嫁すれば誤魔化せると思ってるその性根。

正直、民主党、小沢支持者にも求められてますよ。

 モ ラ ル

ってものを。

>政権交代した翌日から未来がバラ色に変わるはずない

翌日からはなんて誰もおっしゃってないと思いますが。100日なんとかまでは我慢していた人が多かったですよね。もう1年も経っているのですよ。

>、「財源はどうする?」なんてそれで反論してるつもり?

財源はすぐ出てくるっておっしゃっていたのは民主党の方々だと思いますが。

明日、アエラ、週刊現代に小沢グループが党費(山岡・輿石に入金)を使って子飼議員の面倒を見ていたという報道がなされる。
マスコミに叩かれている小沢にとって更なるダメージになり、あおられた世論は激高、小沢は壊滅となる。
それにしては、今日の菅・仙石のあわてぶりは腑に落ちない。
三馬鹿トリオ(枝野、安住、小宮山)の性質の悪いリークが、山岡・輿石の反撃に持ちこたえられないと思ったのかもしれないな。

いくらなんでも、
がんがんやればいい、
という事じゃないだろ

暫定税率の件は仕方ないだろ。
歳入見積もりが9兆円も違ってれば、やりたい事の半分は無理だ。
そんなこと解ってるくせに、イチャモンと云うんだよ、そう言うの。

ここしばらくの財源不足は、国債の増発しかないですね。
補正も組まなきゃならんだろうし、国債しかないでしょ。
いや、国民生活がむちゃくちゃになっていいというなら、国債増発なんかしなくてもいいんですよ。
国が残れば、国民はどうなってもいいのなら。
(まるで、昭和初期だな。)

政治家の誠意を、一般国民のそれと一緒くたに考える奴は「馬鹿」だと思うよ。

投稿者: tatsuya | 2010年8月29日 19:42さま
投稿者: 元株や | 2010年8月30日 05:53さま

横レス失礼します。
いくらなんでもさんの言い分が正しいのでは?

政権交代時の最大の公約はご承知の通り「207兆円の組み替え」でした。つまりマニュフェスト実現の財源はムダを削減すれば捻出可能との主張でした。特別会計から約10兆円、一般会計から10兆円の捻出です。
税収不足は別の問題です。大塚副大臣は、どうせ国民は解らないだろうから、税収不足に問題をすり替えて説明していましたね。

2010年度予算編成時は、余りにも時間不足で組み替えは出来なかったのは、国民も理解している。
2011年度予算編成はどうなるのか?「組替え」可能なのか?
小沢さんが原点回帰と言うからには、暫定税率の撤廃も行うはずですよ。

2010年度では、麻生時代よりも約5兆円増の一般会計予算を組み、国債を増発し、子供手当、農家の個別保障等々を実現したのです。これなら誰でも出来る。

民主党首脳の誰もまだ「組替え」不能とは言っていない。
これが「政治家の誠意ある態度」ですよ。

YKKさんのおっしゃるとおり、財源捻出の筋書きがダマシだった(かもしれない)と多くの方々が失望しているのですよ。

>やりたい事の半分は無理だ。

やりたいことの半分はできたのでしょうか?
メドも立ってないように見えるからみなさん呆れているのでしょうに。

>イチャモン

民主党は、鳩山氏も小沢氏も菅氏も誰もが信用ならない、と思われ(はじめて)ていることが問題なのです。イチャモンと解釈するのはあなた方の勝手です。が、そりゃないでしょ、と思います。

YKKさん 2010年8月30日 10:35 が農家の戸別所得補償制度に言及されているので、思い出して書いてみる。此の板の論旨からは完全には離れないように気を付けながら・・。

月刊「農業経営者」副編集長の浅川芳裕さんがその著「日本は世界第5位の農業大国、大嘘だらけの食料自給率」で、この制度は日本農業の自立と自律を妨げると酷評されている。
農業関連の集票システムだとも・・小沢さんらしい制度か?

私は農業には全くの門外漢なので全体像も観えないし判断のしようがないのですが、浅川さんの論旨は一貫していて、あながち見当違いでもなさそうに読めた。

何方か、この戸別所得補償制度に関して極力大局を踏まえて冷静かつ適切な論陣を張って戴けないでしょうか?
または、TheJournal編集部で、何方かの寄稿をご手配戴けないでしょうか?

>民主党首脳の誰もまだ「組替え」不能とは言っていない。
これが「政治家の誠意ある態度」ですよ。

政権が発足して1年経っていないのに、国民との約束について「出来ない」という政治家はいないでしょう。
しかし玄葉政調会長は参院選前にこう言いました。
「無駄の削減が不十分であることは率直にお詫びする。しかし財政再建は待ったなしだ。したがって消費税増税について早急に議論させていただく。」
これは「予算の組み替え」は不可能と言っているも同然です。
約束したことをやろうと努力もせず、お詫びの一言で反故にして増税を訴えたから国民は怒っているのです。
これが「政治家の誠意ある態度」ですか。
この国民の怒りを受けて、小沢氏は代表選に立たれるのだと私は思っています。

やれやれ。
政権交代した「翌日」ってのは比喩であって、僕は「民主党政権4年間のうちに是正されればよい」と書いてるんですが。衆議院選挙はおよそ4年間の日本の政治を託す選挙なんじゃないんですか?
100日…マスコミが書いてることそのまんまやん!1年あるいは10ヶ月あるいはたった100日しか我慢できないなんてさ、そんな人が民主党支持者なんて、心底ガッカリだよ、ほんとに。

>財源はすぐ出てくるっておっしゃっていたのは民主党の方々だと思いますが。
補正予算の7兆2千億円を調達したのが民主党政権だってご存じですか?
でさ、「財源はムダの削減(と特別会計の精査)で捻出可能」との主張は、藤井財務大臣がTV(古イタチの番組)で公言してたんだが、その藤井さん、そして後を継いだ菅・野田は「反小沢」の有力メンバーだよね。できますと言った担当者が手を付けることができませんでした、しかしその責任は当時の代表だったオザワンが悪いって論法が、「卑怯」だって思うんよ。
言ってる意味分かる?実現できなかったこと、結果的に「騙した」形になったことを、政治家は真摯に反省し、お詫びしなければならない。マニフェストの草稿作ったオザワンは特にね。当時の代表は鳩ソーリだけど。でも担当者もちゃんとケツくらい拭けよって思うんですわ。

>自分で何を言ってるか把握してる?
してるよ。で何、反論が「せめて一年前くらいの”事実”は覚えておこうよ」だって?
あれは確か「参議院選挙は菅政権に対する信任投票です」って言って、44議席どまりの大惨敗。で、悪いのは「鳩山・小沢時代の負の遺産のせい」って総括をしたことだっけ(笑)。あ、ごめん、たった2ヶ月前の“事実”やった。で、誰か責任取ってやめたって話も聞かないなぁ。まったく、 モ ラ ル ってものが欠けてますねぇ。
で、たった1000人程度に聞いて、小沢より菅の方が人気がある、これが本当の世論だって?おいおい、参議院選挙<新聞社の世論調査って、非常識だよね。そのような論調をおかしいと思わないなんて、ジャーナリズムとしての モ ラ ル はどこに行ったんだろ。
所信表明演説翌日に腹痛起こして「オザワンが会ってくれないんだもん」って泣きながら辞任した某総理もいましたねぇ。まったく大人としての モ ラ ル のカケラもありませんな。あ、ごめん、自民党やった。間違えた。

元株やさん,masayaさん フォローありがとうございます。

元株やさんの仰るとおりです。

ガソリンの暫定税率維持の件を持ち出して小沢さんのごり押しによる「公約違反」と鬼の首を取ったように言う人達が多いですが、藤井裕久元財務大臣の文芸春秋8月号でのインタビューの内容によるとあの時小沢さんに割って入ってもらって助かったんだそうですよ。明言してました。メディアは藤井さんが小沢さんに押し切られ嫌気が差したのが原因で辞任したとか散々小沢批判していましたが本人の言質も取っていなかったわけです。もちろん渡部恒三も嘘を言っていたことになります。

不思議?
世論調査を行うと、圧倒的に菅さんが有利で小沢さんは支持されていないと言う。ところが、民主党議員が地元に帰ると県連ははっきりしないが、地元民は圧倒的に小沢さんを応援しているらしい。
地元民の家には電話が無いのだろうか?

ここで言うべきではないが、
すごく円高になっているんだから、円が高いうちに国債を発行して、米国の国債や欧州の国債を買い取ってしまえばいいのに。
あと、日本の大企業は投資を控えてお金が一杯あるそうだから、米国の企業をどんどん買収してしまえばいいと思います。
米国が円高を何とかしないと将来困ることになる、と思うくらい。

たとえ「政治と金」の問題があっても、小沢さんに辺野古移設を止めて、「最低でも県外」を貫いてほしい。
菅さんでは「辺野古移設」は変わらない。おまけに「核抑止力」肯定では話にならない。
菅さんでは日本が変わらないことがはっきりした。

二木さんにでたらめリークしたのは、誰なんですか?


民主党の枝野幹事長は30日の記者会見で、小沢一郎前幹事長の代表時代の党の「組織対策費」の使途に関し、不適切な点はなかったとの見解を明らかにした。

 枝野氏は、「民主党の昨年までの経理は、適正、適法だと認識して引き継いでいる。より効果的な資金の使い方を目指し、資金の調査はしてきたが、公表するとか、しないとかという次元のものではない」と述べた。

 組織対策費の使途を巡っては、一部週刊誌などが、小沢氏は特定議員に集中的に配分したのではないかと問題視したことを受け、民主党幹部が調査をしていた。

■代表選回避の動きに断固反対する■

鳩山さんが,代表選回避の話し合いによる候補者一本化の“伝書鳩”を演じているとのことである.この動きは談合そのものであり,断固反対する.
小沢さんは,堂々と選挙に出て,負ければ,挙党一致で,菅総理に協力すべきである.
選挙をやれば,二人の勢力図が明白になる.その明白に成った場面から,新しい党のあり方を模索すべきである.それが党内民主主義というものである.
立候補するという記者会見を行った小沢さんが,もし事前調整で降りることが有れば,「小沢さんもウソつき」ということになる.

二木氏が指摘した小沢氏側の資金問題は、枝野幹事長が公式に否定しました。
ガセネタとは言わないまでも、見通しを誤った記事については、二木氏から何らかの釈明が欲しいところ。
狼少年は2度の嘘で信用を失ったが、何度嘘をついても平気で公の場にいる人が多すぎると思うから。


小沢代表当時の資金配分は「適正」…枝野幹事長

民主党の枝野幹事長は30日の記者会見で、小沢一郎前幹事長の代表時代の党の「組織対策費」の使途に関し、不適切な点はなかったとの見解を明らかにした。
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20100806-849918/news/20100830-OYT1T00965.htm

【二木氏が指摘した小沢氏側の資金問題は、枝野幹事長が公式に否定しました。】
こんなに単純な記事ではないでしょう。

枝野さんの慮り(おもんぱかり)、読売の慮りが行間に溢れている。
読売の誘導?は判然としないが・・。

>枝野さんの慮り
好意的に読めば、ね。
まあ枝野にこれっぽっちの同情も湧かない僕には、自分で落とし穴を仕掛けて自ら落ちた無能なヤツとしか見えないが。あるいは、人をムカつかせる天才とか。

どちらにしても、鳩元ソーリお疲れ様です!たぶん袋だたきに合うでしょうが、僕的にはGJです。(^o^)

>「民主党政権4年間のうちに是正されればよい」

進捗率ってご存知ですか?
その観点から4年間での達成など不可能ではないか、と強く疑われているのですよ。

>1年あるいは10ヶ月あるいはたった100日しか我慢できないなんてさ、そんな人が民主党支持者なんて、心底ガッカリ

コアな民主支持者はこの際無視してよろしい。大事なのは今回だけ民主を支持した人をつなぎとめることができるかどうか。その方々に気長に我慢することを求めるのは酷でしょう。すでに多くの人が呆れているのが問題なのです。イチャモンとして処理するのはあなた方勝手ですが。

>結果的に「騙した」形になったことを、政治家は真摯に反省し、お詫びしなければならない。

「結果的に」騙した、などと好意的に解釈するのはコアな支持者だけでしょう。認識が甘すぎます。

207兆円の組み替え
鳩ポッポは、枝野は、ゲンバは、レンホーは、それを行いましたのでありましょうか?
やってないですね。
補正の組み替えやらなんやらで、1兆円弱のお金ひねりだしたのと、独立行政法人を少しいじっただけですね。
それも、財務省に道案内をお願いして。
(結果として、お金は出てこないのだな~と、自覚しちゃった)

鳩ポッポも、菅も、予算の組み替えの難しさを知っただけでした。

ところで、小沢さんは一体何をしていたのでしょうか?
何も出来ないで、「切歯扼腕」していたんでしょうね。
昨年9月、石井議員が「功労者は小沢だ。幹事長くらいは任せなきゃ」とかなんとか言わなければ、小沢一郎議員は、一兵卒のまんまだったんだよ。
幹事長就任は、党務限定だ。
政策には、首を突っ込まないでね。
そう言われていたのだよ。

だから、政策で小沢一郎にクレームをつけちゃ、ダメ。 ネ!

はっきり言わせていただければ、この1年間の民主党政権の失敗は、小沢を排除しようとした事の結果でありましょう。

だから、民主党が、何もできなかったことを批判するんであれば、その方々は鳩ポッポと菅を批判しなさい。
少なくとも、禁を破って「国民の要望だ」と、すごんじゃった小沢を批判しちゃいかんな。
あのままほっといたら、あの年末は何も決まらなかったかもしれない。(公共事業も少しは残さないとえらいことになる・・・という事だったのでしょうが)

まあ、こんだけマスゴミが連日、捏造インチキ身勝手批判記事を書きまくれば、ナイーブな心の持ち主の心美しき老若男女が、小沢を正しくとらえる事が出来ないのは解るけど。
少し冷静になって、自分たちの暮らしや、現在の経済情勢を眺めて、クリーンかどうかわからないけど騒がれない菅がいいのか、ダーティかどうかは解らないけど指導力の有りそうな小沢がいいのか、よくお考えになればいかがだろ。

仙石、枝野、前原、有象無象、マスゴミ、小沢嫌いの国民、
みんな政治の一歩手前で思考停止している。
「綺麗」でなければ政治家ではない。
クリーン、クリーン

それが、自分たちの生活を預ける政治家を選ぶ条件ですか?

だったら、誰もおらんわな。

207兆の話からいつの間にか横道へ・・・失敗、失敗

>民主党が、何もできなかったことを批判するんであれば、その方々は鳩ポッポと菅を批判しなさい。

これはおかしい。
鳩山氏、菅氏はその民主党内で選ばれた。
おっしゃるように彼らはほとんど何もできなかった。
ですから、多くの方々が民主党そのものに呆れているのです。

>民主党そのものに呆れている

私もあきれています。
昨年の夏時点で小沢さんを外してやっていこうとしていた鳩ポッポが、また暗躍している。

本当に、呆れている。

民主党の「お子ちゃま体質」を何とかしないと、これは日本の悲劇につながります。

>私もあきれています。

ならば、妙に民主党をかばったり、民主党内の個人の責任へとごまかしたり、イチャモンよわばりするのはおかしい。しっかりと民主党そのものを批判しなければならない。

支持者も「お子ちゃま体質」なことに呆れているのです。

オザワンが立候補したので今さらどうでもいいことなんでしょうが

そりゃないでしょさん
>進捗率ってご存知ですか?
もちろん知ってますよ。で、そのように仰るそりゃないでしょさんは、進捗率が通常、二次曲線のような曲線を描く(1年が過ぎたからといって全体の25%が進行しているわけではない)ってことくらい、もちろんご存じなんですよね?
実際、基本計画段階では、達成進捗状況なんて5%程度しか見積もられないわけです。で、今はまだ1年しか経っていない、つまり基本計画段階であることが強く推測できるのに、
>その観点から4年間での達成など不可能ではないか、と強く疑われているのですよ
なんてセリフでは、とても「進捗率」という概念を他人に振りかざすほど、知識がある方とは思えないのですがね。
まあ、そんなことはどうでもいいです。
僕とそりゃないでしょさんの認識の差は、
>コアな民主支持者はこの際無視してよろしい。
にあります。国政選挙と違って、今回は民主党内部の代表を選ぶ選挙です。コアな民主党支持者を大事にしなければならない、と僕は思います。ま、僕は亀ちゃん(国民新党)支持なので、部外者だけどね(笑)。
民主党は政権与党だから、その代表を選ぶ=総理大臣になる可能性が非常に大きい なので、「今回だけ民主を支持した人をつなぎとめることができるかどうか」なんてことを言ってるんでしょうが、逆におうかがいしますが、今回参議院選挙だけ民主党を支持した人ってどれだけいるんですか?
菅さんそれほど支持率あるんだったら、今回の参議院選挙で民主党が惨敗するはずはないわな(苦笑)。そりゃないでしょさんは「認識が甘すぎます」。
もう、菅さんではコアでない民主党支持者をつなぎ止めておくことができないんですよ。そう思えないのは、「あなたの勝手ですが」。

>オザワンが立候補したので今さらどうでもいいことなんでしょうが

わたくしは いくらなんでも | 2010年8月29日 20:33さまではありません。小沢批判ではなく、民主党そのもの及びその支持者に呆れているのです。

>つまり基本計画段階であることが強く推測できる

これはあなたの独断と偏見です。少なくともマニフェストに照らし合わせた進捗程度と展望を、少なくとも先の参院選や代表戦ぐらいでは、民主党自身が示さなければテンポラルな支持者は離れるばかりでしょう。それすらしない、できない党、代表候補、首相に呆れているのです。また、先にも書きましたが「結果的に」騙した、などと好意的に解釈するお子チャマ弁護では、認識が甘すぎます。

>今回だけ民主を支持した人

「1年」や「100日」の語句を使用している文脈から、これは衆院選で投票した方々を指しています。そのテンポラルな支持者が激減中であることは参院選からも明らかです。

代表戦が身内の勢力争いであることに異論はありませんが、その内容が下らないことに呆れているのです、衆院選で投票した方々もおそらく。

私見ですが、あなたの支持される国民新党や亀井氏の政策、国家観、良識のほうが何百倍もまともでしょう。そして、あなたのような部外者ではなく、お子チャマ支持者たちに「呆れる」と書いているのです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

二木啓孝(ふたつき・ひろたか)

-----<経歴>-----

1949年、鹿児島県出身。
明治大学在学中から出版社勤務。
1979年、小学館「週刊ポスト」専属記者。
1983年、「日刊現代」入社。編集局配属。
1995年、編集部長。政治、企業事件、宗教問題をテーマに取材・執筆。
2007年、「日刊現代」を退社。現在、BS11編成制作局長。

-----<出演>-----

『インサイドアウト』
(BS11)
『NEWSゆう+』
(大阪ABC)
『おはようコール』
(大阪ABC)
『パックイン・ジャーナル』
(朝日ニュースター)
『アクセス』
(TBSラジオ)

BookMarks

-----<著書>-----


『宗男の言い分』
2002年7月、飛鳥新社


『殺人心理』
2000年10月、アスキー


『永田町の通信簿』
1996年12月、作品社

『手に取るように政治が分かる本』
かんき出版

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.