Calendar

2008年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Recent Comments

« 総裁選の街頭演説なんてやらなくていい
メイン
月刊文藝春秋の手記でわかった麻生首相の“心変わり” »

総裁選に人が集まらない

総裁選を通して驚いたのは、とにかく人が集まらないこと。
初日(11日)の渋谷では5000人の聴衆がいましたが、これは昨年同じ場所で麻生氏・福田氏・谷垣氏が行った街頭演説会の半分以下。どうみても自民党の関連諸団体の動員がきいていないし、私が後ろで見ていても歩く人で立ち止まる人はいなかった。

最終的には全国17ヶ所で演説会をしましたが、どの場所でも聴衆は少なく、高知では300人しか集まらなかった。小池氏が最後に演説したときは約150人しかいなかったということです。

これほど金をかけて「政策論争12日間」という見出しをつけても、盛り上がったのは永田町だけ。地方は盛り上がりに欠け、岡山県では党員の投票率が46.35%と5割を切りました(前回は52.49%)。これは、いざ総選挙となったときに中心となって活動するはずの地方党員達の半分以上がまったく動かなかったことを意味します。

今回の総裁選で私が注目したのは、総裁として「誰が選ばれれたか」ということではなく、「動員力の衰退」という自民党にとって最も深刻な事態です。

(文責:THE JOURNAL運営事務局)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/2092

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

二木啓孝(ふたつき・ひろたか)

-----<経歴>-----

1949年、鹿児島県出身。
明治大学在学中から出版社勤務。
1979年、小学館「週刊ポスト」専属記者。
1983年、「日刊現代」入社。編集局配属。
1995年、編集部長。政治、企業事件、宗教問題をテーマに取材・執筆。
2007年、「日刊現代」を退社。現在、BS11編成制作局長。

-----<出演>-----

『インサイドアウト』
(BS11)
『NEWSゆう+』
(大阪ABC)
『おはようコール』
(大阪ABC)
『パックイン・ジャーナル』
(朝日ニュースター)
『アクセス』
(TBSラジオ)

BookMarks

-----<著書>-----


『宗男の言い分』
2002年7月、飛鳥新社


『殺人心理』
2000年10月、アスキー


『永田町の通信簿』
1996年12月、作品社

『手に取るように政治が分かる本』
かんき出版

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.