« 2006年5月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月25日

「政治家と病気」〜大丈夫か?安倍さん〜

朝日新聞が今月11、12日に実施した全国世論調査(電話)によると、安倍内閣の支持率は53%で、前回調査(10月)の63%から10%下がった。

また、安倍首相が自分の政治的な信念や考えを「あいまいにしている」は13%増の55%と、「きちんと説明している」の31%を大きく超えていて、安倍首相の説明不足に不満を感じている世論の様子が伺える。

各メディアにおいて、このままでは来年の7月まで安倍内閣はもたないのではないかという声も聞こえ始めているが、実はもう一つ不安材料がある。

それは安倍首相の健康問題だ。

安倍首相はお腹を壊しやすく、過敏性大腸炎ではないかと言われている。これは難病指定を受けている原因不明の病気で、体調管理に相当気を使う必要があるという。

前々から、安倍首相は腸が弱いとは言われていたが、はたして、そんな状態で今後の激務に耐えられるのだろうか?

言うまでもないが、政治家と病気と言うのは非常に密接な関係にある。

安倍首相の父である安倍晋太郎氏は総理直前ですい臓癌で他界し、病状は最後まで本人に明かされることはなくマスコミにも胆管結石と発表された。

よく、永田町では「風邪は癌、入院は危篤」と言われ、肉体的な生命よりも前に政治的生命を危惧する政治家の風習を揶揄するのだが、これは一つ間違えると国民を欺くことにも繋がりかねない。

例えば、2000年の5月に小渕元首相が心臓病で亡くなる前、当時の自自公連立から自由党の小沢一派が政権を離脱する騒動があり、3党党首による会談が行われた。

その後の記者会見の場で、記者団から「話し合いはどうでしたか?」と聞かれた小渕さんは約10秒間目がうつろのままの沈黙状態が続いた。

小沢一派の連立離脱が相当ショックだったのだろうと私たちは考えたが、実は、あの段階ですでに小渕さんの心臓は完全に駄目になっていたのだ。

そして、その日の深夜に小渕さんは意識不明に陥るのだが、救急車を呼ぶとマスコミに漏れてしまうため、首相官邸にワゴン車をひっそりと運び込み順天堂大学病院に入院させた。

実は、そのタイムラグが小渕さんの死を早めることになったのである。

その後、『五人組』と言われた青木幹雄や村上正邦、野中広務、亀井静香、森喜朗がホテルの一室に集まり森首相が誕生することとなった。

しかし、結局この密室談合が国民の不信感を高め、一年後に森首相は辞めざるを得なくなる。

つまり、もしマスコミに漏れるのを避けずに、すぐ救急車を呼んでいれば、あるいは小渕さんは助かっていたかも知れない。さらに言えば、森首相が誕生することもなく、小泉さんが首相になることもなかったかもしれない。

まだ私が駆け出しのころ、1980年に大平正芳元首相が選挙の直前で亡くなったとき、求心力が失われることを危惧した当時の自民党は大平さんが元気だと証明する写真を公表した。

ohhira1.jpg.jpg
(C) 2001 THE MASAYOSHI OHIRA MEMORIAL FOUNDATION

そのとき、すでに大平さんは顔が土色でほとんど意識朦朧であったのだが、顔に肌色のドウランを塗り笑顔の写真を撮影した。

そして、その写真を撮影した後に意識不明となり他界してしまったのだ。

その後、大平さんが急死したことを機に、自民党候補の多くは『弔い合戦』という名目の元、衆参同日選挙に大勝した。

ohhira2.jpg.jpg
(C) 2001 THE MASAYOSHI OHIRA MEMORIAL FOUNDATION

一国の首相の、死を含めた病気というのは極めて政治的で、処理の仕方によっては吉と出るか凶と出るか分からない。

例えば、アメリカではホワイトハウス詰めの記者のことを「デスウオッチャー」と呼んでいる。

つまり、大統領の健康状態というのは国政に多大な影響を与えるため、常に記者は大統領の健康状態(生死)を監視しているということなのだ。

しかし、日本の場合は一貫して悪い状況を隠す傾向にある。

皆さん、これからTVで安倍首相を見かけたら、すぐに顔色を注視しましょう。

2006年11月22日

コメントを読んで

デモをしろとか、老人行動隊とか昔とった杵柄とか・・・。

そんな物騒なことは考えていません。(やれと言われればやりますが!!!)

あらためて、団塊地方議員のシンポジウムについてお知らせします。

公式には次のサイトをご覧あれ『団塊ネット事務局』(03-5228-2961)。

ほらね、おとなしいもんでしょう。

誤解がひとつ。団塊の世代=全共闘世代というのは間違い。

65年から70年まで大学に進学したのは全体の12%、その内、デモに参加したり石を投げたりしたオッチョコチョイは約3割。

つまり、社会の矛盾を感じても自由に行動に出せた”恵まれた”人は一握りの人たちだった。

昔、私が水溜りを避けながらデモの後ろにくっついて、お決まりの機動隊との乱闘になったとき、対峙した敵の顔を見たら、なんと高校時代の同級生であった。

お互いニヤっと笑って別れたが、コイツも高校時代は世の中の矛盾にブーブー文句を言っていた奴だ。一緒に万引きもした。彼は現在、東京下町の警察署長である。

つまり、わたしは団塊の世代を全共闘世代として、ひと括りにはできないと思っている。

年金食い逃げ世代と言われる団塊のオジサンたちも、社会に出て”思い”を封じ込められて苦労したんだよ。

だから、「やり残したことはありませんか?」である。

そんな、オジサンやオバサンたちが27日に集まるはずだ。

2006年11月17日

定年後は「蕎麦うち」でいいのか団塊世代!~地方議員で恩返しというのはどうだろう~

2007年、およそ700万人の団塊世代の定年退職が始まる。

これまで、定年後の生き方についてあれこれ言われてきたが、私はあえて提案したいことがある。

あなた方は、やり残したことはないのか?

若い頃、「世の中に異議あり」と叫びつつも就職したら企業戦士となって若い連中をこき使い、退職後は受給額が最も多いとされる年金を享受する。

そんな団塊世代を、若い世代は「食い逃げ世代」と呼んでいる。

どうせ、年金をもらうのは65歳から。その前にやり残したことがあるのではないのか?

そこで提案、

①地方議員に出馬しよう
②国政は目指さない
③権腐10年。権力は10年経過したら腐ってしまう。任期8年の期間限定
④大都市に住む団塊世代の7割は地方から出てきている。もう都会にしがみつくな!高野孟氏だって鴨川移住を計画している。

諸々の事情(カミさんなど)で出馬できない人は、団塊地方議員を物心(ぶっしん)で支えよう。

11月27日、そんな思いの言いだしっぺが永田町の星陵会館でシンポジウムを開く(18時30分開始)。

すでに、団塊地方議員として出馬の名乗りをあげる人が数人。そして、パネラーとして浅野史郎(元宮城県知事)、残間里江子(メディアプロデューサー)、田中康夫(元長野県知事)、吉永みちこ(作家)、蓮舫(民主党参院議員)などが『出でよ!団塊地方議員』をテーマに熱く語る。

ちなみに、司会は私、二木啓孝です。

諸君血気(決を起こ)せよ!

2006年11月 8日

国会が北朝鮮問題の集中審議をしないホントの理由

futa061108.jpg

 10月31日、米中朝3カ国は6カ国協議を再開することで合意した。協議は、早ければ11月中にも再開される見通しで、北朝鮮による追加核実験の可能性も当面は減少しそうである。当然、日本は当事国として協議再開前に国会で北朝鮮問題を論議すべきなのであるが、なぜだか一向にその気配がない。少なくとも、安倍首相は、北朝鮮の核兵器が日本にとって、どの程度の脅威となりうるかを国会で説明する責任がある。にもかかわらず、国権の最高機関であるはずの国会が、この問題の集中審議をしないのはなぜなのだろうか。

 安倍首相は、今国会の最重要課題として教育基本法案の成立を掲げている。その他にも、憲法改正の手続きを定める国民投票法案の成立や集団的自衛権行使の問題など様々な審議が行われており、いずれの論議も「わが国と郷土を愛する」という、いわゆる愛国心がキモとなっている。もしかすると、安倍首相は、あえて北朝鮮による脅威のアウトラインを明確化しないことにより国民の不安と恐怖を増長させ、「戦う愛国心」を芽生えさせようと考えているのではないか。北朝鮮の核の実態を下手に明らかにするよりも、国民が北朝鮮に漠然とした恐怖を抱いている現状のほうが安倍政権にとって好ましいということではないのか。

 戦前、日本はアメリカから経済封鎖をされるという混乱の中で、戦争遂行の法律を決めてしまった。そのような過去の過ちを繰り返してはいけない。そのためにも、国会は北朝鮮の核実験が、どの程度のものであったのかを明確にし、それが日本国民にどのような影響を及ぼすのか、そして北朝鮮は本当に日本にとって巨大な脅威たるのかを論議し、国民に説明すべきでなのである。例えて言うなれば、北朝鮮は穴に逃げ込んだ狸なのだ。経済制裁という煙で燻してはいるが、煙で狸が死ぬことはない。最後に必ず飛び出してくる。飛び出してきた時にどうするのか、というのが「核武装論」や「集団的自衛権の行使」であるから、穴にはドデカイ狸が入っていたほうが安倍政権にとって都合がよい。その結果、日本国民のほとんどは漠然とした情報が入り乱れる中で、この狸が物凄い勢いで飛び出してくるとむやみに恐れているのだ。

 6カ国協議が再開されることになり、北朝鮮が今後どんな条件を提示してくるのかは相変らず予測不可能で、楽観視はできないが、基本的には脅威のベクトルは去る方向に向かっている。だが、安倍政権は国民に北朝鮮による恐怖と不安を煽る中、国の針路を左右する重要な法律を通そうとしている。これはフェアではないし、国会を軽視しているのではないか。なにより、ひょとしたら案外小さな狸が出てくるかもしれない。

Profile

二木啓孝(ふたつき・ひろたか)

-----<経歴>-----

1949年、鹿児島県出身。
明治大学在学中から出版社勤務。
1979年、小学館「週刊ポスト」専属記者。
1983年、「日刊現代」入社。編集局配属。
1995年、編集部長。政治、企業事件、宗教問題をテーマに取材・執筆。
2007年、「日刊現代」を退社。現在、BS11編成制作局長。

-----<出演>-----

『インサイドアウト』
(BS11)
『NEWSゆう+』
(大阪ABC)
『おはようコール』
(大阪ABC)
『パックイン・ジャーナル』
(朝日ニュースター)
『アクセス』
(TBSラジオ)

BookMarks

-----<著書>-----


『宗男の言い分』
2002年7月、飛鳥新社


『殺人心理』
2000年10月、アスキー


『永田町の通信簿』
1996年12月、作品社

『手に取るように政治が分かる本』
かんき出版

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.