Calendar

2012年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

「菅首相の退陣、脱原発社会」デモにご参加を
  └ ★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★ 05/06
  └ ★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★ 04/28
  └ ★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★ 04/19
  └ psw_yokohamaの第2ブログ 04/16
  └ ★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★ 04/15
あえていう「衆議院を解散し、日本再生のヴィジョンを競え」と ── 「一将功」成り損ねて、「万骨」は元気だ
  └ ★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★ 04/11
  └ ロベルト・ジーコ・ロッシのブログ 04/08
  └ 政治の本質 04/07
  └ ★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★ 04/07
  └ てんしな?日々 04/06
日本を救うために、今こそ発想の大転換が必要だ ── 「共生社会」の岩盤を作ろう
  └ ★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★ 03/24
菅総理では東北・関東大震災は救えない
  └ ★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★ 03/18
マスコミは、なぜ小沢が怖いのか
  └ ★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★ 02/02
  └ psw_yokohamaの第2ブログ 01/31
  └ 山と土と樹を好きな漁師 01/29
  └ ★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★ 01/28

Category

« なぜ、今どき小沢一郎か
メイン
小沢「生活の党」は第二極になれるか »

日本の右傾化を阻止できるのは誰か──いまこそ本物の第二極が必要だ

 11月19日、小沢一郎の無罪が確定した。小沢裁判は帝人事件(1934年)、横浜事件(1942年から1945年)と並ぶ現代政治史上特筆すべき「三大でっち上げ政治裁判」の一つだ。
 こうした政治事件に共通するのは、権力側にとって不都合な政治家を葬るために法務官僚(注:横浜事件は特高)がシナリオを描き、監督・演出(時には出演)をしたことである。帝人事件は元老・西園寺公望にファシストと嫌われ首相になれなかった枢密院副議長の平沼騏一郎が西園寺と西園寺の推薦で首相になった斎藤実の失脚を狙ったものである。
 横浜事件は複雑多岐で、言論弾圧の側面が強いが、近衛文麿のブレーン、昭和塾のメンバーを逮捕するなど反東条英機の重臣・近衛の失脚を謀った面もあった。小沢裁判については多言の必要はないだろう。そして、権力の陰謀を暴き、糾明すべきマスコミが常に権力側の広報役になり、国民の洗脳に不可欠の重要な「社会教育的報道」の役割を果たしたことも指摘しておく必要があろう。

 しかし、より重要なことは、これらの事件を機に偏狭な国粋主義が増長し、日本が亡国の道を転がり落ちたことである。我々は今こそ「前車の覆るは後車の戒め」にしなければならない。

 11月20日、石原慎太郎日本維新の会代表は日本外国特派員協会で講演し、「いまの世界の中で核を持っていない国は外交的に圧倒的に弱い。核を持っていないと圧倒的に弱い」と持論の「核武装論」を展開した。11月10日、橋下維新の会代表(当時、現代表代行)は広島で非核三原則の一つ「核兵器を持ち込ませず」を見直す考えを明らかにした。彼らが右傾化する世情に便乗して、核武装にじわりと一歩踏み出したと言われても弁解の余地はないだろう。

 11月21日、自民党の選挙公約が発表された。「憲法を改正して自衛隊を国防軍に」「自虐史観偏向教育は行わせない」「高校に『公共』科目設置」「教科書検定制度を抜本的に見直す」など戦前戦中を思い起こさせる皇国史観をベースにしたようなウルトラ保守の本性を露呈した。
 行動右翼「一水会」顧問の鈴木邦男は「右翼というのは社会の少数派として存在するから意味があるのであって、全体がそうなってしまうのはまずい。国家が思想を持つとロクなことにならないんですよ。(中略)いま右翼的な主張をしている人は、天敵がいなくなった動物みたいなものですよ。威張るし増殖するし。このままでは生態系が破壊されてしまうのではないかと心配です」(朝日11月22日付『乱流』)と冷厳に批判している。その見識は見上げたものである。

 日本は大きく右旋回しようとしている。これを阻止できるのは誰か。政界は液状化している。カオスだ。混沌の中から、二つの塊が出来つつある。自民・維新を中心とする右翼ナショナリストのグループと小沢一郎が提唱している保守・中道・リベラルの相互信頼に基づく緩やかなグループだ。「国民の生活が第一」は「党議拘束をしない世界で初めての政党」であることも銘記しておくべきだろう。

 橋下日本維新の会代表代行は渡辺喜実みんなの党代表に「国のことを思うなら一緒になろう」と合流を呼びかけた。渡辺代表は「国のことを思えばこそ、理念と政策を一致させなければいけない」と語り、慎重だったようだ。この姿勢は正しい。しかし、この姿勢を堅持出来るかは疑問だ。大臣の椅子は信念・信条を放り出しても座りたい魅力あるものなのだ。大異も小異もかなぐり捨て「国のことを思うならば」という発想は、抵抗感なく大衆受けをするが、危険極まりないものであることを知っておくべきだ。軍官僚が支配した7,80年前の大政翼賛会政治を彷彿させるものである。石原、橋下の動きは自民党に高く売るためパフォーマンスだ。

 自民党は自公に維新を仲間に、経済破綻を予見して「戦後体制の決算」を看板にした戦後初の本格的な右翼政権の枠組みを考えている。公明党の「基本理念」は自民党や日本維新の会の理念とは水と油だ。しかし、政権復帰のためには立党の原点を封印することにはあまり痛痒を感じないようだ。支持者の反対を押し切って消費税増税に踏み切ったのもそのためだ。いまになって軽減税率を叫んでいるが、支持者の不満をそらす姑息なやりかただ。そもそも軽減税率は増税と同時に行なわなければ実現できないものである。自民党右翼路線の強力な補完勢力であることが明らかになると支持者の不満が鬱積し、結果的には政教分離への第一歩になる。いずれは、参議院で「平和、福祉」を発信する、良識の府にふさわしい政党であるべきではないかという衆議院撤退論も出てくるだろう。
 自公維の連立政権が出来たと仮定しても、それぞれが内部矛盾を抱えていて、いずれにしても長続きはしないだろう。

 民主党の野田総理、前原国家戦略相など執行部は、自民党とほとんど変わらない「憲法改正」論者であり、「集団的自衛権」論者である。一方、多くの議員は、本音では保守・中道・リベラリストだ。公認が欲しいがために「消費税増税反対、反TPP 」を封印した気弱な政治家だ。自民党はそこに目をつけ「連立に参加したければ連合の支援を受ける議員を切れ」と揺さぶりをかけている。民主党が大敗すると党内の執行部に対する不満が爆発し、分裂の危機に直面する。小沢一郎に対する感情はいろいろあるが、'07年の参議院選、'09年の衆院選を勝利に導いた「国民の生活が第一」という小沢の理念・政策と行動力は自民党に対する巨大な「第二極」そのものだ。民主党は衆院選敗退と同時に「第二極」ではなくなる運命にある。「小沢潰し」の本質が明らかになるのはむしろこれからだ。

 衆院選の最大の争点は何か。我々は、国民が将来にわたって安心して暮らせる社会をつくるために「原発」「消費税」「地域主権」に関する各党の態度、本気度を知りたい。しかし、目には見えない、隠れた大きな争点は政界再編だ。右翼的、新自由主義的な政治か、自立と共生を理念とする保守・中道・リベラルな政治か、である。大臣の椅子をめぐって離合集散、右往左往するみっともない低次元の政治から脱皮し、政策・理念を競い合う政党政治を実現するために政界大再編の大きな渦を起こす選挙にしなければならない。

 慶応4年3月9日、山岡鉄舟は駿府(静岡市)の官軍が駐留する陣営を「朝敵徳川慶喜家来、山岡鉄太郎まかり通る」と大音声を上げ、単身、堂々と乗り込み、西郷隆盛と江戸開城の談判をした。山岡鉄舟の胆力と行動力を西郷は「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は始末に困るが、そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられない」と感嘆した。崖っぷちに立たされた日本を救うのは誰か。総理の椅子によだれを流すような奴には国は救えない。総理の椅子よりも日本再生に情熱を傾ける小沢一郎はとんでもない大物かもしれない。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8517

コメント (16)

二度に渡り選挙が汚されてしまった。前回の検察介入選挙と小沢一郎弾圧政治の到来である。民主主義をやりたいならば、検察の介入と政治家への弾圧はやめなければならない。だから、本来ならば今回の選挙は民主主義を続けるのかやめるのかを問う選挙だったはずだ。しかし、日本は憲法違反選挙の道を選んでしまった。だから、今回は、先の大テーマに三権分立を続けるのかやめるのかも加えなくてはならない。他方、民主自民公明の三党は選挙の結果を無視する行動を捻れを克服する過程でとりながら、まるでバーター予算やバーター法案を可決してしまった。妥協とは呼べない。従って、今回の選挙の枠組みは次の通りである。
【民自公霞ヶ関マスコミ】vs【主権者国民連合】これが一番すっきりする。選挙戦の個別のテーマは1つだけである。【消費税増税法案信任】vs【消費税増税法案不信任】
既に国民にことわりもなく勝手に可決されたこの法案を必ず次の選挙で信を問うと野田総理は明言した。それ以外は焦点隠しのお店屋さんである。だいたいTPPは我々日本人にとっては白紙の委任状に等しい。その証拠に野田総理は毒素条項を知らなかった。総理ですら知らない事をどう国民に問うのだ。白紙の委任状に判子を捺す阿呆はいない。原発は更に問えない。例えば、立地場所が危険かどうかなんて選挙では決められない。まさか、Aが勝てば危険であり、Bが勝てば安全です(笑)なんて馬鹿な話があるだろうか。最後になるが、投票日直前でみんなで憲法違反選挙を中止にしましょう。みんなで止めてしまえばいいではないか。憲法違反選挙をやった結果、得るものより、失うもののほうがはるかに大きい。

安倍自民、石原、維新を中心とした右傾化はマスコミの過度の報道により強調されていると思われる。

尖閣の騒ぎも石原が東京都で島を買い取るなんて事を米国で発言していなければ、こんな騒ぎにもならなかったし、二年前の中国漁船の海保艦に衝突した事件も上陸目的ではなく、漁民の行動であった事で、大きな政治的な動きに見せたのは、実は日本政府だったのではないか。

それまでは尖閣問題で中国側が日本に強く領有権を迫ってきていたのでもない。

しかし政策実行面で行き詰っていた日本政府が、はけ口として尖閣に焦点を当てたと言える。

なんとはなしに国民に中国恐怖感を植え付け、右傾化をマスコミもあおった事はまぎれもない事実であった。

国民の大多数は中国と戦争などしたくもないのに、戦争にでも突入とあおったのは一部の週刊誌である。

ここにきて嘉田滋賀知事、石原氏などが中心となり反原発で第二極を作ろうとしている事は本当に喜ばしい事で、右傾化のストップ役も果たしてもらいたいし、全力で応援したい。

この先の日本の右傾化などまっぴらである。

どんな家庭であれ、会社であれ、教育現場であれ、官公庁であれ、政治集団であれ、組織を守るということは、絶対的力を持つのであって、集団、組織を破壊しようとすれば、激しい抵抗を示します。ただ一つの例外は、組織を破壊しても、消費税増税に突き進んだ民主党である。

日本においては、組織を護ることに過度に集中し、他の組織のことが全く見えなくなってしまい、国内の内部的な闘いが繰り広げられることになります。この闘いが国内内部に収まっている間はまだ救われるが、尖閣のように、外部と戦いを始めると、際限がなくなり、破壊の道に突き進むだけになってしまう。

自民党、太陽の党は、こ偏向的排他的傾向が強く、日本を破壊の道に導くものでしかない。本日夕方の報道によると、日本未来の党が出来たようであり、「卒原発」でまとまるようであり、少し希望の光がみえてきた。大変喜ばしいことです。どこに投票したらよいか大いに迷っていた票、特に女性票が飛躍的に増えるのではないか。

「国民の生活だ第一」を訂正願います。

>二見がんばれ様

ご指摘ありがとうございました。修正いたしました。

私の11月27日投稿文の訂正をお願いします。
文章の流れからわかるように、ここにきて嘉田滋賀知事、石原氏など、、、、は石原ーーー>小沢氏の誤記です。失礼しました。

『生活」の小選挙区の候補者が少ない様に思えて心配していたが、「未来の党」構想が以前からあり、バッテイングしない様にしていたんですね。サスガ!!!


天木さん、孫崎さん、郷原さんなどが比例単独でも良いから出てくれたら、国会答弁ももう少しマシになると思いますが・・・・。

「日本未来の党」が出来、投票先が出来て多くの人が安堵した事だろう。


それにしてもマスコミのおかしな報道。・・・小沢が黒子だ。小沢氏の役職は?


飯田氏が「小沢氏は無役だろう」と述べていたが、それはとんでもない事だ。管政権の二の舞をしてはいけない。小沢氏が離れないように中心で活動してもらいたい。
われわれ「生活」を応援してきた者にとっては小沢氏に期待して応援していたのだ。例え小沢さんが役職を固辞しても、説得してでも幹事長でも法務大臣でも総務大臣にでも政権を取った時には起用して欲しい。さしあたりは直接選挙に関わる幹事長や共同代表にすべきではないだろうか?

もし、小沢氏がどうしてもダメな時は「女小沢一郎 森ゆう子」を共同代表にしたら『生活」応援団も救われる。

もうそろそろ小沢さんも堂々と表舞台で活躍して、マスコミの変更報道の元凶や法務省の捏造などにも堂々と対して、この国を改革して欲しい。


中国問題は軍隊の力を借りなくても小沢さんのパイプでいい方向に向かうのではないだろうか?


意外に「未来の党」は政権の一角を担えると思う。その時は外務大臣の面白いかもしれない。


無役は行けません。敵陣営・マスコミの落とし穴に嵌らないように。必ず役職に就けて下さい。

””「嘉田さんは本物の環境派だが、党の実権を小沢さんが握る構造は必ず破綻する」と空管が警告した。”” 


よく言うよ!空管が小沢氏を貶めたがために民主党は崩壊の一歩手前だ。野田も同じ事をした。


おそらく旧社会党の二の舞になるだろう。野田氏のマニフェストは白々しくて見る気にならない。

「やると言った事をやらないで、やらないと言ったことをやる」

「嘘おじさん」そのものだ。


嘉田さんや飯田氏が「小沢さんは無役」と言っているが、おかしいのではないだろうか?小沢支持者の多くはそう思うだろう。本来自然体に行くべきだ。マスゴミや野党に言われたからといって何も役に就けない方がおかしい。


この際は堂々と日本の未来のために頑張って頂くほうが良いのではないだろうか?

今度の選挙で『未来の党」が伸びなければ、維新・自民・民主のタカ派がこの国を牛耳り、1945年以前に戻ってしまう危険がある。それに多くの国民が気がついていない。

「国民の生活が第一」が、「日本未来の党」に解党・合流するようです。
さっそく、マスコミはネガティブキャンペーンを始めたようです。
おそらく小沢氏は「自分は有権者の間で好き嫌いがはっきり分かれる人間だ」と客観的に理解されているのでしょう。
そのため、新党では前面に出ずに無役とのことですが、それでも「小沢氏が裏から操るのでは?」とかの悪意剥き出しの報道が出てきています。
おそらくマスコミもこの「日本未来の党」を脅威に感じているのでしょうね。
あとは、候補者と支援者がこのネガキャンに負けないことと、有権者が各種報道の真偽・意図をいかに見抜けるかで、この選挙の結果、そして、日本の将来が決まると言っても過言ではないでしょうね。

いつまで国民は騙され続けるのか?

 シェークスピアの戯曲の主人公・<将軍オセロ>は<イアゴーら>の姦計に嵌まって、自滅していった。

 <イアゴー>は<オセロ>が戦いに勝って帰国し国民の英雄となり、愛するデスデモーナと幸せに暮らすことを許せなかった。

 <小沢一郎>が無実とされ、国民の前にその姿を現し、その知をフルに使って、<国民のために働く>などということがあってはならないのだ。

 国民は<イアゴーらが誰か>を
はっきり知るべきだろう。
 知らねば<オセロ>とともに自滅に向かうしかない。

 マスコミは無実となった今も「でっち上げ裁判の検証」をすることもなく、国民の前に<疑惑の陰>を
<曝している>。
 そう、<陰>なのに、なぜか<晒す>のだ。しかも、この<陰>は折に触れて、大きくなる。
 <小沢一郎>が国民の前に出ようとすると決まって、この現象が起きる。実に不思議な<陰>なのだ。

 というわけで、無実が証明され、
天下晴れて、3年半の不当な扱いは、闘いから戻ったオセロのように迎えられるべきところを、現実では新たなモグラ叩きにあっている。

 マスコミは「国民の生活が第一」の候補者にマイクを向け
「それは小沢一郎の指示か」と聞く。あたかも悪いことをしているかのように。
 何故、選挙対策委員長が候補者に指示を出してはいけないのだろう???
 他党は、みんな候補者が勝手に選挙戦を戦っているのだろうか???
 ことほど左様に、小沢一郎を貶めたいのだ。
 
 小沢一郎が国民の前に<英雄>として現れては<イアゴー=官僚・自公民>の<広報>であるマスコミは
その存在意義を失ってしまう。
 間違っても<国民・オセロ>の側になど立てないのだ!

 このままで良いのだろうか!?
1.原子力規制委員会は本当に機能  しているだろうか??
2.消費税は本当に社会保障費に全  額充てられるのだろうか??
  <復興費>の二の舞とならない  保証は誰がするのだろうか??
  実務を握っているのは官僚のは  ずだが・・。
3.外交を本当に石原前都知事と橋  下氏に任せて大丈夫なのだろう  か??
4.総理大臣でさえ中身を知らない
  TPPにどうして、賛成などで  きるのだろうか?
  TPPに参加すれば、アメリカ  との関係が良くなるなどとどう  したらそんな<幻想>を抱くこ  とができるのだろうか?
  それは、<小沢一郎は無実だが
  きっと悪い奴に違いない>とい  う発想と同じではないだろう   か?
  もうそろそろ<普通に>ものを  考えられる<国民・オセロ>に
  成長したいものである。

 しっかりと目を見開いて<騙されない選択>をされるよう願って止まない。
    TSUKUBA SATO  

 

 
 
 

 

二見伸明さん
帝人事件、横浜事件、山岡鉄舟の胆力‥、
日本の優れた仁士が歴史の中でまた現在進行形で日本の裏権力と様々に闘いその多くで辛酸を舐めた事実に関する部分は、部分的とはいえ情報知識として貴重だと思います。心から多謝申し上げます。
特に西郷の有名な名言「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は始末に困るが、そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられない」は、斯くあってこそ真に「身分高き者」に値し国難脱出を導けると訓えている。

  ≪松本清張Jr.に期待?≫
一方で、冒頭の【不都合な政治家を葬るために法務官僚がシナリオを描き、監督・演出(時には出演)‥】には、残念乍ら「裏権力の実態」に対する予ての私の疑問に応えて戴けるものではありませんでした。
単なる【法務官僚】を霞が関に巣食う「悪賢いモグラ」に拡大解釈し時々の官僚OB達を含めても、如何に頭脳明晰あっても所詮は事務方でしかない官僚に権力者や有力政治家を屠り去るために不可欠な①覚悟と②胆力と③金力の全てを兼ね備えているものなのか?と。
彼らの能力や資質ではシナリオ描きや監督演出や役をこなすことには長けてはいても、目立つ舞台上ではなく大きな舞台装置の闇の部分を取り仕切る闇プロデューサー役や闇金蔓役は果たせまいと。
「悪賢いモグラ」は所詮“モグラ”であって、ブルドーザーではないと。

まあ、世事の中には、「時間が解決してくれるもの」は間違いなく存在するのですが‥、この部分は危険が過ぎて、矢張り松本清張Jr.に期待するしかないのでしょうか(哀笑)。まあ、単純にこのTheJournalがその場ではないのかも知れない。
草々

!!みんなの党・渡辺代表「(日本未来の党代表の)嘉田(由紀子・滋賀県)知事には、操り人形にならないようにしてほしい。背後にいる大物が黒子のように嘉田さんを操るようにならないようお願いしたい」!!


一部に『みんなの党」にも参加を呼びかけているようであるが、間違っても、日本の未来にとってよい結果にはならないだろう。何故なら、こんな見方しか出来ない渡辺代表は
単に目立ちがり屋か隠れ自民か或いは「本当の政治家」の何たるかを知らない単なる二世議員のボンクラかである。絶対に参加させるべきでない。

日本未来の党が出来、細かな公約はまだでていないが、31万円の子供手当ての意味は極めて大きい。

これからの時代は低成長であり、子供がどんどん減っていく状況にあっては、子供に夢を与え、男社会から脱皮し、女性の活躍する社会が進まなければ日本の将来的展望が開けない。

マスコミは、また財源問題を言い出した、いい加減政治に関する評論家的態度は改めてほしいものである。

政治家の政治家たる所以は、限りある財源を時代に合わせてどのように組み換えをしていくかであり、国民的同意があれば組み替えていけばよいのである。組み替えられると、今の権益が削られる人たちが騒いでいるだけである。

我々庶民は、体制とマスコミにごまかされず、日本未来の党が掲げた子供手当は、これからの時代を切り開くための欠かせない政策と見なければならないような気がしています。

自民 国防軍 TPP 消費税 で プログ検索中です。
消費税増税と社会保障 だけれど消費税増税すると 多くの 中小企業が 倒産する ような気がする?
中小企業の土地は 売却~?失業者が 多くなる中での社会となるかなぁ。失業保険~大企業は 優遇あったかなぁ?
TPPを 行うと やはり 失業者かなぁ
土地を 売却する人も 多いかなぁ?~
TPP 兵糧攻め 世界は 平和だろうか?
国防軍 自衛隊を どう変えるのかなぁ?~
だけど~オレンジ 牛肉 輸入問題~ 自国自衛隊~ そういう話も 昔からあるなぁ。政治家は 言われますナァ。最終的に 総理大臣は~ネットも すごい文化ですね。政治研究会(名前検討中 

動画(出典ANNニュース)で石原氏(維新の会 代表)の発言(2011年6月20日、憲政記念館)を見て驚いた。

日本は核を持たなきゃだめ・・・
徴兵制もやったら良い・・・
日本が生きていく道は軍事政権をつくること・・・

昔、ナチスにも言論の自由を認めるか、という講義があったが、維新の会という団体を、テレビで放送していいのだろうか?

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

二見伸明(ふたみ・のぶあき)

-----<経歴>-----

69年12月の衆院選に初当選し、以後8期23年。
小沢一郎、羽田孜、石井一、森喜朗と同期。
公明党政策審議委員長、副委員長、運輸大臣を経て、94年、新進党。
97年暮の新進党解体により、小沢の自由党結党に参加。総務委員長、国対委員長。
2000年春、自由党分裂に際し、小沢と行動を共にする。
小沢対羽田の一騎打ちの新進党党首選では「四海波穏やかなときは羽田がベストだが、激動期は小沢の豪腕がベスト」と表明し、小沢の推薦人になる。

BookMarks

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.