Calendar

2012年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

「菅首相の退陣、脱原発社会」デモにご参加を
  └ ★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★ 05/06
  └ ★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★ 04/28
  └ ★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★ 04/19
  └ psw_yokohamaの第2ブログ 04/16
  └ ★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★ 04/15
あえていう「衆議院を解散し、日本再生のヴィジョンを競え」と ── 「一将功」成り損ねて、「万骨」は元気だ
  └ ★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★ 04/11
  └ ロベルト・ジーコ・ロッシのブログ 04/08
  └ 政治の本質 04/07
  └ ★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★ 04/07
  └ てんしな?日々 04/06
日本を救うために、今こそ発想の大転換が必要だ ── 「共生社会」の岩盤を作ろう
  └ ★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★ 03/24
菅総理では東北・関東大震災は救えない
  └ ★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★ 03/18
マスコミは、なぜ小沢が怖いのか
  └ ★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★ 02/02
  └ psw_yokohamaの第2ブログ 01/31
  └ 山と土と樹を好きな漁師 01/29
  └ ★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★ 01/28

Category

« 「小沢問題」は終わった ── 日本再建、新たな国づくりを始めよう
メイン
日本の右傾化を阻止できるのは誰か──いまこそ本物の第二極が必要だ »

なぜ、今どき小沢一郎か

「国民の生活が第一」茨城県連設立記念パーティーのお願い
なぜ、今どき小沢一郎か

誇り高き自由人  二見伸明

拝啓

 錦秋の候になりました。筑波山が色づくのも間もなくでしょう。朝晩もめっきり冷え込んできましたが、お元気でご活躍のことと、お慶び申し上げます。

 さて、甚だ不躾なお願いで恐縮しておりますが、小沢一郎代表を迎えて「国民の生活が第一」茨城県連(代表:石井章衆議院議員、取手市在住)の設立記念パーティーを下記の要領で行うことになりました。なにとぞ、お力添えを賜りますようお願い申し上げます。

【日時】
平成24年11月29日(木)18時30分開会(18時開場)

【会場】
ホテルレイクビュー水戸 2階 飛天
〒310-0015 水戸市宮町1-6-1(水戸駅南口下車3分)
Tel:029―224-2727

【会費】
5千円

 私は小沢一郎とは、与党と野党の違いはありましたが、昭和44年初当選の同期の桜です。彼の初当選の選挙公報では「官僚政治の打破」「政策決定を政治家の手に取り戻す」を公約していました。今でこそ石原慎太郎氏などもっぱらポピュリズムの官僚叩きをする政治家は数え切れないほど増えましたが、43年間ぶれることなく、この本質を主張し続け、国の在り方を国民主権=政治主導に変えようとしているのは小沢だけと言っても過言ではないでしょう。

 「原発ゼロ」については既に昨年一月(大震災の2カ月前)、上杉隆、江川紹子氏などフリーのジャーナリストとの懇談の席で、「科学技術庁(現文科省)政務次官のとき、原発を調べた。最終処分場が不可能なので、過度的なエネルギーとしてはともかく、エネルギー政策を脱原発に切り替えなければいけないと思った」と語っていました。今秋、小沢は日本の政治家・政党の代表者としては初めて、計画的、かつ、ちみつに廃炉に取り組んでいるドイツを視察しました。「小沢は本気だな」と直感しました。「原発ゼロ」は世界の文明史観を変える画期的な政策であり運動だと思います。

 昭和63年、竹下内閣が消費税導入を決めたとき、彼は反対の急先鋒だった私に言いました。「消費税は中小企業、中低所得者を直撃する逆進性の強い税だ。だから、財政が厳しいからといって安易に引き上げてはいけない。そんなことをすると、国がおかしくなり、国民生活が破壊される。まず行財政改革をして税の無駄遣いを排除した上で国民の理解を求めなければいけない。不況下の消費増税は絶対にしてはいけない」と。小沢はデフレ下で、シロアリ退治もしないで、「赤信号、みんなで渡れば恐くない」とばかり3党談合で消費税の引き上げを決めたとき、志をかなぐり捨てた民主党に絶望感を抱いたと思います。6日に閉幕したG20 財務相・中央銀行総裁会議では「財政再建より景気対策」の共同声明を採択しました。小沢理論が正しく、財務省に踊らされた民自公3党が誤っていたことが明らかになりました。「消費税増税は廃止」は「原発ゼロ」と並んで「命と暮らしを守る」ためのこんどの衆院選の最大の争点です。3党連合軍は争点ぼかしにどんな悪知恵を働かすのでしょうか。

 一昨年1月、アメリカで行われた「世界を動かす政治家」の世論調査では「1位 胡錦涛、2位 オバマ大統領、3位 小沢一郎」でした。総理大臣でも閣僚でもない民主党幹事長(当時)の小沢が3位!?  私は驚きました。その前年、'09年3月、小沢の大久保秘書が不法逮捕された直後、アメリカの高級週刊誌「タイム」が「日本を救うのは誰か」と題する「小沢特集版」を組みました。そして、衆院選で民主党が勝てば小沢が総理になる前提で「アメリカにとって手ごわいパートナーだ」と評していました。クリントン国務長官との会談で小沢が「これからは貴国の世界戦略と日本の世界戦略を話し合い、一致したことをやろう」と提案し、米側はアメリカの戦略に唯々諾々と追随してきた歴代の日本の総理との違いに驚嘆するとともに、中国について「共産主義と市場経済は原理が違う。このままでは中国は破綻する。(国内の諸矛盾が爆発して大動乱にならないように)軟着陸させるのが日本とアメリカの役割だ」との小沢の発言にクリントン国務長官は「たいした洞察力だ」と感嘆したそうです。小沢は中国の動向には世界を大混乱に陥れる危険性のあることを指摘したのです。

 大震災のとき「いまこそ小沢の『剛腕』を活用すべきだ」という声が澎湃として沸きおこりました。これに恐怖を覚えたマスコミは「震災対策で小沢を復権させるな」と論陣を張りました。震災直後、岩手県入りした小沢は「いま大事なことは国が直ちに、県・市町村に必要・充分な資金を出すことだ」と言いましたが、国は財布の紐をきつくして出しませんでした。菅総理との会談では「全ての情報を開示せよ」と忠告しましたが、菅総理は無視しました。情報隠蔽が復興の大きな妨げになったのです。

 小沢ほど熱烈な支持者と強烈な拒否反応者をあわせ持っている政治家も珍しいと思います。しかし、日本や世界の情勢を考えると、好き嫌いで判断すべきではありません。現状は本来的意味での二大政党対立ではありません。民自公は別々の政党の体裁をとっていますが、実体は「民自公党」の野田派、安倍派、山口派です。その3派閥が次の総理・閣僚の椅子をめぐって争っているだけです。日本には「民自公」という一極があるだけで、第二極は存在していないのです。私はお互いに切磋琢磨する二大政党をつくるために、良識ある民主党員が政界再編を視野に入れて「自立と共生」「国民の生活が第一」の原点に戻り、小沢とともに真の「民主党」に変えつくることを期待しています。小沢が真価を天下に示すのはこれからです。

 政治家は総理の座を目標に権力闘争をしながら権力の階段を上っていきます。しかし、小沢は不思議な人です。総理の椅子にはあまり関心がありません。「中央集権体制を打破し、国の在り方を『地域が主役の社会』にして、国民の生活が第一の政治を実現する」ことが彼の目標です。
   
 私は日本のため、子や孫のため、老骨に鞭を打って、人生に悔いを残さないようにしたいと考えています。お粗末なあいさつで失礼しました。

敬具

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8509

コメント (9)

二見 様

格調高い久しぶりのご投稿、すがすがしい気持ちで読ませていただきました。政治家は、先ず第一に、日本だけでなく、世界を包み込んだ格調の高い包容性が大切であるのに、小沢氏を除いて政治家らしい政治家がいないといって過言ではありません。

12日の判決が無罪となり、日本の夜明けとなることを祈らずにはおれません。橋下氏に一時期待していたのですが、物の見方、考え方の本質が幼稚であり、間違っていたら変えればよいとか、TPPは参加してから日本に有利にならなければ下りればよいとか、他の国が核を保有していれば核廃絶はむりだから核保有を検討すべきなどという世界を相手にする外交的思考が全く垣間見られません。

小沢氏は、丁寧にお話を聞いていれば良くわかるのに、読み難く老獪な悪人という先入観が先行し、排除の論理が出てくるのですが、この難局は小沢氏を除いて打開できる人がいない状況です。、明日の判決は今後米国属国化の道を加速をつけて進み続けるか、日本人としてプライドが取り戻せるかの分かれ道のような気がしています。

久々の二見様の小沢評、感銘です。本当に理想的な政治家であり、国民の為の政治家です。これに逆らう政治家、マスゴミ、官僚がいかに小沢氏に反する利益と権力を維持したいと願っているか。マスゴミ、検察、裁判所の動きを見ると一目瞭然です。なんと多くの政治無関心層と洗脳される不勉強な国民が多い事か、恐ろしくなって来ます。国民も白人の前では弱く、東南アジア人の前では胸を張る、こういう無節操が中国、韓国そしおて多くの東南アジアからも抜かれて行っている現実に危機感を感じない恐ろしさ。小生も海外におり、日本の衰退、政治の無節操に気付かず、生活している国民の悲哀を感じます。

 今日、11月12日東京高裁において、検察審査会の検事役弁護士が起こした控訴審の判決が出ます。

 これだけ書くのさえ、上記の文章が成り立つものか、危ぶまれるような強引な裁判でした。
 検察審査会の運用に大きな汚点として記録されことになるでしょう。

 これまでにも多くの冤罪裁判が行われてきましたが、3年半の間、いえ、陸山会事件をでっち上げ、3人の元秘書を逮捕した時点から、この国の政治は迷走を始めました。
 国民の意図した政治改革は泥船に積み替えられ、ちゃんとしたリーダーの居ないまま、大海を彷徨うことになったのです。

 この責任を司法界はどう取るつもりなのでしょう!!被告に判決が下るより先に、関係者の検事や、判事が辞職したり、左遷されたりするだけで済む問題ではありません。
 
 この国が法治国家であることを
司法が証明できるまで、まだまだ闘いは続きます。

 この長く苦しい戦いの一つの扉が今開かれようとしています。

 小沢一郎を司法の場に縛りつけておいたことは、この国の民主主義が破壊され、ジャーナリズムが死んだ
ということです。
 そして、この国はどこからも相手にされない国になり下がってしまいました。

 このままで良いのでしょうか!?

 原発を再稼働させることは、日本の国土そのものを破壊してしまうのです。

 また、今、消費税を増税することは国民生活を破壊することになるのです。

 野田総理の行動を見ていれば、官僚が何を求めているのかが、手に取るように分かります。
 彼らは原発推進、消費税増税、明らかにこの国の暮らしを破壊すると分かっているものに進んで行っています。

 それを止められるのは 小沢一郎
しかいないと思っています。
 小沢一郎には巨大な敵が存在します。その敵がこの国や我々国民を幸せにすることはないのです。
 

   TUKUBA  SATO  


 
 
 
  

 

二見伸明様

小沢さんの今の主張が初当選から一貫していることは驚きです。非常に分かりやすい説明ありがとうございます。
小沢さんを中心とする勢力と自公民+官僚+マスコミとの戦いは厳しいものとなっていますが、今日の時点ででっち上げ裁判には勝利しました。次は選挙による勝負です。

マスコミは相変わらず国民生活が第一がまったく支持されていないような調査結果を拡散しています。本当に困ったことです。

しかし、私は二見さんも同様と思いますが悲観していません。小沢総理のもとで政策決定を政治の手に戻す改革、すなわち政治主導の政治が実現することを信じています。

""
小沢代表無罪 「国民は無罪と無実は別と思っている」自民・安倍総裁""


民主主義の危機であった検察・マスコミ・バカ議員による攻撃からやっと開放され様としている時に、一国の総理を経験した人間が何も検証しないでこんな毒饅頭コメンテイターと同じ様な事を言うのか・・・・・?


自民党の再生は無いだろう。人権を無視して何が総裁か。何が次の総理を狙う男だ?


野田や仙石とどこが変わるというのか?石破も同じだ?


本当に官僚と立ち向かい、国民の生活を第一に考える小沢氏に頑張ってもらうしかない。


TPPは是非反対して欲しい。これは官僚・アメリカの思う壺だ。

""「民意」に対する司法の答えは、2度目も無罪だった。小沢氏の裁判は強制起訴制度のあり方に何を残したのか。波紋は広がり続ける。""

民主主義国家と思っていたが、裁判が済んでもこんな報道をする新聞が有るとは・・・。

東京・中日新聞以外は似たり寄ったりの新聞かもしれないが・・・。


それにしても自分たちの偏向頭脳を民意と勘違いで頂きたい。

もう頭が腐っているのではないだろうか?

二見 様

当然予想されたことであるが、小沢氏二審無罪による政界の反応は凄まじい。石原氏がこのときに合わせたように新党を結成し、野田総理が、党首討論にあわせ、解散宣言を行った。

第三極も、小沢氏を無視した報道を行っており、マスコミの態度はあまりにも恣意的であり、公共性を全く意識しない偏狭性を露骨に表面化させており、この国の国民の意識が一方的に形成されていく危うさを感じないわけにはいきません。

尖閣に代表されるように、米国に追随する姿勢を強めていくことが果たして日本の国益につながるのかという思考が停止し、強いもののほうに流れていく風潮は、自己自立の放棄であり、国家の危機以外の何物でもありません。

二見伸明様 ご壮健のご様子お喜び申しあげます。東京でのデモ、シンポジウムではお世話になりました。"同期の桜"小沢さんとは、永田町政治を共にされたことからも、12日の小沢氏控訴審無罪判決、大慶に存じます。 久し振りのご投稿、興味深く読ませて戴きました。  ところが、ご論説中ほど(世界の政治家・・云々)で、たわいもない話で恐縮ですが、我ながらお恥ずかしい因縁があることを思い出しました。どうしょうかと実は何度も思案しましたが、この際思い切って白状いたします。 それというのは、ご承知のように、昨年9月19日より私ども「大阪宣言の会」が続けておりますJR大阪駅前の街宣活動の事です。確か、始めて1ヶ月ほどしてからですが、私が、小沢一郎氏についての演説中、途中でネタ切れとなり、ふと思い出したことを喋ってしまったのです。いつ何処で仕込んだのかもサッパリ覚えがないので、口から出任せでした。『日本では゜「政治とカネ」のでっち上げで嫌われ者の小沢一郎氏ですが、海外での評価はまるで違うんです。ある海外の某有力紙によれば、世界の国家指導者の中で、1位は胡錦濤氏、2位はオバマ氏、3位が日本の小沢氏で、1位の胡錦濤と2位のオバマを指導できる国家指導者が小沢一郎さんなのです」と。そして、それが意外と受けたようで・・・それから何回喋ったことか(笑) WIKIPEDIAででも索引していたら、ポカが判ったのでしょうが・・。今更、仲間に知れたら「なんやTさんの大風呂敷やったんかいな」と叱られそうですが。草の根ボランティアに免じて、何卒ご内聞の程 !  二見先生たいへん失礼いたしました。

小沢一郎さんは、何度も辛酸を経て、身も心もずいぶんすり減っているのではないだろうか。

しかし、小沢さんは、二見伸明さんのような艱難の友を得ることができた。

得難い真の友がいるということは、なんと幸福なことだろう。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

二見伸明(ふたみ・のぶあき)

-----<経歴>-----

69年12月の衆院選に初当選し、以後8期23年。
小沢一郎、羽田孜、石井一、森喜朗と同期。
公明党政策審議委員長、副委員長、運輸大臣を経て、94年、新進党。
97年暮の新進党解体により、小沢の自由党結党に参加。総務委員長、国対委員長。
2000年春、自由党分裂に際し、小沢と行動を共にする。
小沢対羽田の一騎打ちの新進党党首選では「四海波穏やかなときは羽田がベストだが、激動期は小沢の豪腕がベスト」と表明し、小沢の推薦人になる。

BookMarks

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.