« 2010年7月 | メイン | 2010年9月 »

2010年8月 8日

「悪党」待望論 ── 菅総理はどうする?

 小沢一郎は「悪党」である。もしかすると、とてつもない「大悪党」かもしれない。なにしろ、日本の歴史上初めて、「国のかたち」を変え、国民主体の国にしようというのだから。

■元の木阿弥じゃ ── 熊と八の憤りと嘆き

「えっ、憲法には国民が主権者と書いてある? 冗談じゃねえ。実際には、一番偉いのはお役人よ。国会議員なんざ、お役人の手のひらで踊る人形だ。地元では威張りくさっている知事や市長さんだって、毎年暮れになると、補助金欲しさに、揉み手して、役所にお百度詣りさ。それを地元の支持者たちは『中央に顔が効く』と、ばか丸出しで、感心してるってわけさ」

「ペコペコ頭下げて、補助金なんかもらいに行かなければいいのに」

「そりゃあ無理だな。今の仕組みでそんなことしてみろ。県も市も何の仕事もできねえ。学校の校舎の改修にしろ、保育所作るにしろ、何から何までお上にお伺いを立て、お許しをいただき、補助金をもらわなければ、何にも出来ねえ仕組みになっているのだ」

「つまり、知事も市長も、補助金で首根っこを抑えられているってわけか」

「補助金をやめて、その金を地方に『自由に使え』って仕組みに変えちまえばいい。そうすりゃ、知事は補助金もらいに上京する必要はないし、その分、カネと時間の節約にもなる。ところが、役人は、本音では大反対よ。地方に睨みが効かなくなるし、天下り先がなくなるから。補助金だけじゃねえ。役人は、独立行政法人や特別会計など、何から何まで、改革には反対なのさ。本気で変えるには、命を捨てる覚悟がなけりゃ出来ねえよ」

「事業仕分けなんて、格好いいじゃねえですか」

「役人は利口だから、議員さんの顔が立つように塩梅してくれるが、肝腎要なところは絶対に見せねえよ。それより、政治が財務省の下請けになるのでは、と心配だ」

「政治主導だろ。大臣が一喝すりゃ、役人は言うことを聞くんじゃねえんですかい」

「そんなわけにはいかねえな。普天間問題では、新米の総理大臣の言うことなんか聞いていられるかってんで、外務省、防衛省はサボったらしいな。棚ぼた総理の菅なんて、役人にかかっちゃ、赤子の手を捻るより簡単さ。『これを言えば歴史に名を残す名宰相ですよ』なんて甘い囁きに舞い上がっちまって、『消費税、消費税!』とは、正気の沙汰じゃねえ。これじゃ『これからは、俺たちが主役。国民の生活が第一の時代が来た、と喜んだのも束の間、元の木阿弥にしたのは菅じゃねえか』と怒るのは当然だろう」

「俺たちゃ、鼻もひっかけられねえってわけか」

「あたぼうよ。お役人は、昔で言えば『士農工商』の『士』。五百石、千石取りのお侍だ。首にならねえし、辞めた後も、天下りで小遣いを稼げる。一番えれえ事務次官の退職金は八千万円から一億円だぞ。大会社の社長だって、役人から見れば『工商』さ。要所要所に役人の目が光っている仕組みがある。熊さん、八つぁんの暮らし向きになんぞ、興味はねえんだ。
 役人の世界には『5%理論』なんて、信じられねえ考えがある。たとえば、学校の成績表の『5』はクラスの5%、1,2名だ。東大なんぞの『一流』大学出身の、一握りの『オール5』組が行政を握っていれば、国家は大丈夫という思い上がりだ」

「どうすりゃいいんだ、ご隠居?」

「電気紙芝居で、飛んだり跳ねたりしている政治家や、かわら版屋は『気楽な稼業ときたもんだ』だ。お役人が支配する国を、わしらが主人公の国にしようってのは、並大抵ではねえ。命はいくつあっても足りねえくらいだ。そんな土性骨のある奴、なかなかいねえ。そんな奴を探がそうじゃねえか」

■「悪党」は革命児だ

「悪党」は悪人ではない。既存の体制をひっくり返そうとする革命児だ。悪党とは、本来、鎌倉中・末期から南北朝時代にかけて現れた反幕府、反荘園の在地領主、新興商人、有力農民の集団をいう。歴史上有名なのは、天皇・後醍後を助けて鎌倉幕府を倒した流通業者・楠木正成である。

 幕末・明治維新期の「悪党」は坂本竜馬、西郷隆盛、大久保利通だろう。勝海舟を含めてもいいかもしれない。坂本竜馬は「船中八策」で、幕藩体制を否定し(大政奉還)、議会開設、官制改革、条約改正、憲法制定、海軍・陸軍の創設、通貨政策を提唱した。国のかたちそのものを、根本から変える革命理論であった。

 竜馬の理想を具現したのが、西郷隆盛、大久保利通である。徳川慶喜に大政奉還させ、版籍奉還・廃藩置県で幕藩体制にとどめを刺し、地租改正、陸海軍を創設して近代国家の礎・大枠を築いた。憲法制定、議会開設はこの延長線上にあり、当然の帰結だった。

 戦後昭和期の「悪党」は田中角栄だ。アメリカに相談せず、日中国交正常化、資源外交を展開した。怒り狂ったアメリカは、日本の検察に「ロッキード事件」を示唆し、でっちあげた「収賄事件」で田中の政治生命を絶った。これは、戦後の日米裏面史の知識がないと、理解し難いだろう。

 理解の一助に、「CIA 、ホワイトハウス、国務省の公文書館」の文書と「直接取材と一次資料に基づく」、ピューリッツアー賞を受賞したニューヨーク・タイムズのティム・ワイナー記者の「CIA 秘録」(文芸春秋)の一部を抜粋しておこう。

■自民党は買収されていた ── 「CIA秘録」の衝撃

★「CIA には政治戦争を進める上で、並外れた巧みさで使いこなせる武器があった。それは現ナマだった。CIA は1948年以降、外国の政治家を金で買収し続けていた。しかし世界の有力国で、将来の指導者をCIA が選んだ最初の国は日本だった。(中略)釈放後、岸(信介)は、CIA の援助とともに、支配政党のトップに座り、日本の首相の座までのぼりつめるのである」

★「フォスター・ダレス国務長官は1955年8月に岸と会い、面と向かって――もし日本の保守派が一致して共産主義者とのアメリカの戦いを助けるならば――支援を期待してもよろしい、と言った。そのアメリカの支援が何であるかは、だれもが理解していた」

★「CIA と自民党の間で行われた最も重要なやりとりは、情報と金の交換だった。アメリカ側は、三十年後に国会議員や閣僚、長老政治家になる、将来性のある若者との間に金銭による関係を確立した」。

★「アイゼンハワー大統領はCIA が自民党の主要議員に引き続き一連の金銭を提供することを承認した。CIA の役割を知らない政治家には、この金はアメリカの巨大企業から提供されたものだと伝えられていた」

★「CIA の買収工作は1970年代まで続いていた。『われわれは占領中の日本を動かした。そして占領後も長く別のやり方で動かして来た』。CIA の東京支局長を務めたホーレス・フェルドマンはそう述懐した」

 CIAは日本の買収に成功し、対米従属外交は自民党の「党是」になった。マスコミはこのことを、ほとんど、検証していない。官邸機密費も問題だが、別のワクと別のルートで、CIA 資金がマスコミにも流れていたのではないか、と疑わざるをえない。

■本物の政治家を総理大臣にしよう

 参議院選が終わって、一か月になる。9月14日に選出される民主党党首は、日本を率いる総理大臣になる。「好き嫌い」「かっこいい、わるい」という愚劣なレベルではなく、また、「親小沢、反小沢」という低次元の争いでもなく、民主党員は、大きな国家観、社会像を、冷静に吟味、判断すべきだ。「総理をコロコロ変えるのはよくない」という「安っぽい、アホウ同然の『常識』」など、糞くらえである。

 1993年、小沢一郎が世に問うた「日本改造計画」は、社会各層に衝撃的な影響を与えた。発行部数60万を超え、既成勢力にとっては「悪魔の書」だった。以来、この書を凌駕する「悪魔の書」はない。小沢は17年間、ひたすら、「国のかたちを変える」戦いを続けてきた。

 小沢は「日米対等」「日米中二等辺外交」を主張し続けている。日本はアメリカを通して中国と対峙して来た。小沢は「米」のみならず、日本にとって「中」も大事だと、米中を平等に捉えている。昨年、600余人を率いて胡錦涛と会見した小沢に、アメリカは不快感を抱いた。長い年月と巨額の金を使って買収・篭絡したはずの日本から「日米対等」を主張する実力者が出たことが、アメリカの逆鱗に触れたのだろう。

 「悪党」も一人だけでは日本の改革は容易ではない。小沢を超える、あるいは共働出来る「悪党」が欲しい。自分のことは棚に上げ、「重箱の隅」をほじくるのが政治だと錯覚している「潔癖・清潔症候群」の民主党国会議員は、ここで判断を誤ると、政権を失うだけでなく、国を滅ぼすことになりかねないことを銘記すべきだろう。

 菅総理に苦言を呈しよう。私は、元旦に開かれる恒例の小沢一郎邸の新春の集いで、何度か彼と話をしたことがある。それが、「小鳩」の辞任で、はからずも、総理の座を手に入れた途端、掌を返すように、しかもテレビを介しての「しばらく静かにしているように」発言には、唖然とした。これは人格を否定する暴言である。全共闘や新左翼の内ゲバならいざ知らず、常識人の世界では考えられない人間への侮蔑そのものである。

 「歴史にはもしもが利かず原爆忌」(後藤洋子)
 シャンソン歌手クミコの「INORI  祈り」が人びとの心を動かしている。米大使、国連事務総長が「平和記念式典」に初参加、核なき世界へ大きな一歩を踏み出した。オバマ大統領のプラハ宣言は、ある意味ではアメリカの守旧派やネオコンにとっては「悪党」宣言だった。

 「悪党」は一人だけでは大事を成し遂げることは出来ない。「悪党」を支える名もなき庶民が地から湧き出すように現れて、時代が大きく動く。庶民こそ、本物の「悪党」であるべきである。マスコミは「悪党派」か「反悪党派」か、それとも「日和見派」はたまた「ただの情報産業」人か。奇しくも一年前と同じように、日本は歴史の歯車を前に進めるか、後戻りさせるかの厳しく、熱い夏の真っ只中に立たされている。

Profile

二見伸明(ふたみ・のぶあき)

-----<経歴>-----

69年12月の衆院選に初当選し、以後8期23年。
小沢一郎、羽田孜、石井一、森喜朗と同期。
公明党政策審議委員長、副委員長、運輸大臣を経て、94年、新進党。
97年暮の新進党解体により、小沢の自由党結党に参加。総務委員長、国対委員長。
2000年春、自由党分裂に際し、小沢と行動を共にする。
小沢対羽田の一騎打ちの新進党党首選では「四海波穏やかなときは羽田がベストだが、激動期は小沢の豪腕がベスト」と表明し、小沢の推薦人になる。

BookMarks

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.